遠海准司 本名。 門跡寺院

《大清律例》

遠海准司 本名

皇族や摂関家などの身分の高い貴族が出家して、住持となった寺院。 宇多法皇が仁和寺に入室したことが始まりとされている。 門跡の格は室町時代には宮門跡(親王)・摂家門跡(摂関家)・清華門跡・公方門跡(武家門跡)・准門跡(脇門跡)に分かれていたが、 江戸時代になって禁中並公家諸法度第13条において宮門跡(親王)・摂家門跡(摂関家)・准門跡の3つの寺格に統制された。 明治4年5月 【太政官布告第二百七十】に一旦門跡号は廃止されたが、 その後、旧門跡寺院で残存している寺院に限って名乗ることを許された。 門跡とは、師資相承して法脈を伝える「門葉門流」の意味。 enmanin. 宮門跡 息。 母鷹司輔平女福子。 生母家女房清香院〔仁和寺御伝。 によれば、 名は光子。 称千坂。 寛政11年6月8日(1799年7月10日)卒〕。 乳母大弐、号厚淑院〔仁和寺御伝〕。 光格天皇養子。 准母葉室頼熈女新典侍局頼子〔後改督典侍、又改民部卿典侍。 又号藤中納言。 詰所系図によれば、天明6年4月5日(1786年5月2日)被召出。 同27日称新典侍。 寛政4年12月19日(1793年1月30日)改督典侍。 仁和寺御伝作号厚淳院〕。 俗名脩道。 号不壊身院。 勧修寺。 寛政9年3月7日(1797年4月3日)生。 享和元年5月7日(1801年6月17日)勧修寺宮相続。 文化4年8月11日(1807年9月12日)依仁和寺深仁親王願為附弟。 文化5年3月22日(1808年4月17日)為光格天皇養子。 文化6年6月20日(1809年8月1日)為親王。 同年9月25日入寺得度。 文化7年12月2日(1810年12月27日)叙一品。 文化10年3月26日(1813年4月26日)伝法灌頂。 弘化4年12月24日(1848年1月29日)薨。 弘化5年正月18日(1848年2月22日)葬于法金剛院。 伏見宮邦永親王息。 母家女。 霊元天皇養子。 俗名庶康。 天台座主。 号蓮華寿院。 元禄10年7月25日(1697年9月10日)生。 宝永7年4月27日(1710年5月25日)親王宣下。 同5月11日入寺。 正徳4年5月4日(1714年6月15日)灌頂〔詰所系図〕。 享保5年8月23日(1720年9月25日)叙二品。 享保7年12月19日(1723年1月25日)任天台座主。 享保18年6月22日(1733年8月1日)復任。 元文元年12月25日(1737年1月25日)叙一品。 延享2年9月27日(1745年10月22日)再任座主。 同閏12月24日牛車宣下。 延享4年後9月18日(1747年10月21日)寂。 葬于粟田山。 伊勢守藤原 〔魚名流〕孝忠男。 輦車 〔尊卑分脈〕。 証誠 〔尊卑分脈〕。 延暦寺。 維摩講師 〔尊卑分脈〕。 東尾房 〔天台座主記・僧官補任宝幢院検校次第〕。 妙法院 〔諸門跡譜〕。 天台座主。 天王寺別当 〔曼殊院門跡伝法師跡次第。 僧官補任天王寺別当次第によると長元6 1033 年2月任。 治2年〕。 宝幢院検校 〔僧官補任宝幢院検校次第によると長元元年12月28日(ユリウス暦:1029年1月15日)任〕。 法印 〔尊卑分脈・曼殊院門跡伝法師跡次第〕。 権大僧都 〔尊卑分脈による。 諸門跡譜作権僧正〕。 天元2 979 年生 〔天台座主記。 諸門跡譜妙法院項作天元元 978 年〕。 永承2年6月10日(ユリウス暦:1047年7月5日)入滅 〔天台座主記・諸門跡譜妙法院項〕。 当サイトへのリンクは、どのページに対してもご自由になさってくださって結構です。 また、リンクしていただいた際のご報告も不要です。

次の

田中美海

遠海准司 本名

其餘各丁有馬者出二錢,無者五分,朋湊買補。 凡錦衣衛直差馬匹,隆慶二年議准,各該委官不許 剋減草料,及借雇與人騎坐。 如有作踐倒失者,就於 本名下追買「好馬還官。 」 又議准:本衛將見在馬備 造原領官校姓名,并馬匹毛齒青冊一本,送兵部行 令該司,各給勘合一張,備載領馬年月毛齒,以便查 對。 如有倒死,俱開送兵部,該司查明,方許買補。 其所 補馬匹,亦赴該司驗中,送寺印烙,改給勘合。 每年俱 要赴寺印烙。 差占者候事完之日,仍行補銷毛齒不 對者,即不准。 印定以抵換盜賣治罪。 凡勇士營馬 匹,隆慶二年議准倒死,照四衛營例決打,分別年限, 追納樁銀。 凡各邊馬匹,隆慶二年議准,固原入衛 官軍馬匹倒死八年以裡者,照近例行。 以外不論官 軍,追納肉臟銀五錢。 十年以外者俱免。 凡比較京 邊騎操馬匹,隆慶二年題准薊昌宣府各鎮,將騎操 馬匹,置立《循環文簿》,送太僕寺提督馬政少卿倒換 稽查,每年終聽少卿點閘一次。 宣府、永平、山海等處, 地方懸遠,聽行各兵備道就近點閘,有倒失數多者, 該管將領聽其參究。 《南京馬政》,隆慶二年令南京 各營馬減去八十三匹,以甦上江二縣民困。 凡南 京牧馬草場,隆慶二年題准將御用監租銀八百三 十一兩歸併該部。 以後節年坍洗逃荒、開墾陞科不 一。 今實在額銀一萬五千三十兩每五年行各軍衛 有司清查一次。 每歲將前一年額徵災免并徵完數 目、造冊奏報。 按《續文獻通考》:「隆慶二年二月,從總督陳其學請,發 太僕寺馬三千五百匹,分給宣、大二鎮及標下官軍, 仍發本寺銀三萬六百兩買馬。 三月,南京兵部劉采 等言:南京各營馬每歲三百匹,除江南原改解馬九 十七匹,其二百三匹出於上江二縣,馬戶極為民累。 乞用南京太僕寺議,於廬、鳳二府,滁徐二州折色馬 千六百餘匹,內量改二十分之一為本色,可得馬八 十三匹發營,每匹該折色銀十八兩,本部徑代解京, 以補營用之數。 餘一百二十匹,仍令上、江二縣買納。 」 上從之。 五月,戶科陳行健等言:「京營馬匹倒損過半, 由料價太少。 宜比巡捕例,月給銀八錢五分。 或以歷 年扣存銀,或以牧地子粒、太僕樁朋銀增給,或汰其 病損不堪者,發賣收價。 又,祖宗時,牧馬草場在薊州、 霸州、固安、新城、雄縣、香河等處,近為勳戚奏討浸沒, 存者無幾,宜視舊籍查復。 且民間種地,一畝差徭,租 稅出其中,而牧地皆膏腴,每畝稅銀三分太薄,宜如 先朝屯田例,稅外增一分,以充料價。 」從之。 太常寺少 卿武金言:「種馬之設,專為孳生備用。 今備用馬既別 買,則種馬可遂省。 且種馬有編審之苦,有雜役之害, 有點視之害,有歲例之害,有交兌之害,有輪養之害, 有賠償之害。 重以官吏之需索,里甲之影射,民日益 窮,沿襲至今,滋弊尤甚。 乞命兵部驗計每年應解之 馬若干,某省若干,某州縣若干,俱照原數買馬,按季 查解。 如備用馬已足二萬,則令每馬折價三十兩輸 太僕寺。 遇各邊缺馬,分發估價買一馬,折價可買戰 馬二匹,不必加賦,而馬數自倍。 且令各府州縣取前 之所養種馬,盡賣以輸兵部。 如一馬定價十兩,則直 隸、河南、山東十三府可得銀一百二十萬。 其草料,令 各府州縣每馬折銀二兩,計又得銀二十四萬。 則戰 馬之數,解俵之丁,不更舊制。 而邊餉獲急用之資,百 姓免無窮之害。 足國裕民,無踰於此。 」疏下兵部議。 於 是御史謝廷傑言:「孳生種馬,乃祖宗舊制,軍機所係。 但當修法以除弊,不當因弊而廢法。 萬一有警,無可 調發,咎將誰歸?」金議非是。 兵部主廷傑議,亦言金議 不可行。 上獨可金奏,謂:「備用馬久已買俵種馬,徒存 虛名,百姓乃受實害。 姑革其半,以甦民困。 合行事宜, 兵部覆議以聞。 已而兵部言:『明旨買種馬之半,其半 尚存,猶資民牧。 而養馬者費多,折徵者費少,恐有不 均之歎。 宜下南、北直隸、山東、河南及兩京太僕寺,令 變賣其半,每馬價銀十兩,徵收草料銀二兩。 如金言, 其存留之馬戶為正頭,變賣之馬戶為幇頭,養馬則 輪流,折徵則攤派,庶惠澤均而法可經久』。 」上從之。 六 月,發太僕寺寄養馬七百匹,兌給薊鎮遵化遊兵;又 發二百二十九匹,兌給大同八衛遊兵。 八月,從薊遼 總督譚綸請,發太僕寺寄養馬七百七十匹,兌給寧 夏諸路八衛遊擊王國等兵。 隆慶三年議准各營各項馬匹事宜。 又准「四川茶馬」、 及御馬倉料之例 按《明會典》,凡調兌馬匹,隆慶三年議准調兌京邊官 軍馬,務照次第關領,果係不堪,方許抵換。 敢有故意 刁蹬,及倚勢混爭,聽該寺參送問罪。 甘肅軍士買 馬,隆慶三年議准,每匹定給樁棚銀十兩。 凡京營 騎操馬匹,三年奏准各營將官嚴督官軍,務要用心 餧養馬匹,以後遇有倒死,查果不係作踐,如領養一 年以上者、比常量加追銀一兩。 二年以上者、比常量 加銀五錢。 五年以上者、仍照例追樁。 凡各邊馬匹.

次の

遼史卷四十六 志第十六 百官志二_《遼史》遼史卷四十六 志第十六 百官志二 在线阅读_正史_史部

遠海准司 本名

皇族や摂関家などの身分の高い貴族が出家して、住持となった寺院。 宇多法皇が仁和寺に入室したことが始まりとされている。 門跡の格は室町時代には宮門跡(親王)・摂家門跡(摂関家)・清華門跡・公方門跡(武家門跡)・准門跡(脇門跡)に分かれていたが、 江戸時代になって禁中並公家諸法度第13条において宮門跡(親王)・摂家門跡(摂関家)・准門跡の3つの寺格に統制された。 明治4年5月 【太政官布告第二百七十】に一旦門跡号は廃止されたが、 その後、旧門跡寺院で残存している寺院に限って名乗ることを許された。 門跡とは、師資相承して法脈を伝える「門葉門流」の意味。 enmanin. 宮門跡 息。 母鷹司輔平女福子。 生母家女房清香院〔仁和寺御伝。 によれば、 名は光子。 称千坂。 寛政11年6月8日(1799年7月10日)卒〕。 乳母大弐、号厚淑院〔仁和寺御伝〕。 光格天皇養子。 准母葉室頼熈女新典侍局頼子〔後改督典侍、又改民部卿典侍。 又号藤中納言。 詰所系図によれば、天明6年4月5日(1786年5月2日)被召出。 同27日称新典侍。 寛政4年12月19日(1793年1月30日)改督典侍。 仁和寺御伝作号厚淳院〕。 俗名脩道。 号不壊身院。 勧修寺。 寛政9年3月7日(1797年4月3日)生。 享和元年5月7日(1801年6月17日)勧修寺宮相続。 文化4年8月11日(1807年9月12日)依仁和寺深仁親王願為附弟。 文化5年3月22日(1808年4月17日)為光格天皇養子。 文化6年6月20日(1809年8月1日)為親王。 同年9月25日入寺得度。 文化7年12月2日(1810年12月27日)叙一品。 文化10年3月26日(1813年4月26日)伝法灌頂。 弘化4年12月24日(1848年1月29日)薨。 弘化5年正月18日(1848年2月22日)葬于法金剛院。 伏見宮邦永親王息。 母家女。 霊元天皇養子。 俗名庶康。 天台座主。 号蓮華寿院。 元禄10年7月25日(1697年9月10日)生。 宝永7年4月27日(1710年5月25日)親王宣下。 同5月11日入寺。 正徳4年5月4日(1714年6月15日)灌頂〔詰所系図〕。 享保5年8月23日(1720年9月25日)叙二品。 享保7年12月19日(1723年1月25日)任天台座主。 享保18年6月22日(1733年8月1日)復任。 元文元年12月25日(1737年1月25日)叙一品。 延享2年9月27日(1745年10月22日)再任座主。 同閏12月24日牛車宣下。 延享4年後9月18日(1747年10月21日)寂。 葬于粟田山。 伊勢守藤原 〔魚名流〕孝忠男。 輦車 〔尊卑分脈〕。 証誠 〔尊卑分脈〕。 延暦寺。 維摩講師 〔尊卑分脈〕。 東尾房 〔天台座主記・僧官補任宝幢院検校次第〕。 妙法院 〔諸門跡譜〕。 天台座主。 天王寺別当 〔曼殊院門跡伝法師跡次第。 僧官補任天王寺別当次第によると長元6 1033 年2月任。 治2年〕。 宝幢院検校 〔僧官補任宝幢院検校次第によると長元元年12月28日(ユリウス暦:1029年1月15日)任〕。 法印 〔尊卑分脈・曼殊院門跡伝法師跡次第〕。 権大僧都 〔尊卑分脈による。 諸門跡譜作権僧正〕。 天元2 979 年生 〔天台座主記。 諸門跡譜妙法院項作天元元 978 年〕。 永承2年6月10日(ユリウス暦:1047年7月5日)入滅 〔天台座主記・諸門跡譜妙法院項〕。 当サイトへのリンクは、どのページに対してもご自由になさってくださって結構です。 また、リンクしていただいた際のご報告も不要です。

次の