華山転生 作者。 華山のブックマーク一覧

華山のブックマーク一覧

華山転生 作者

「小説家になろう」は日本最大級の小説投稿サイトで、作品数は40万以上にものぼり書籍化された人気作品も数多く存在する。 この小説家になろうの嬉しい所は完全無料だという点。 小説家になろうは、春休み・夏休み・冬休み・年末年始など長期休みの暇つぶしに最適です。 しかも、別に登録していなくても作品は読めるので、登録に抵抗がある人にもぴったり。 そこで今回は、小説家になろう(小説を読もう)の作品の中から皆様にぜひ読んで欲しいおススメのなろう作品を15個、ランキング形式で発表します。 気になった作品があったらぜひ読んでみてください。 ・名作からマイナー、人気作までごちゃ混ぜです。 ・「完結済み」と「未完・連載中」どちらも対象です。 ・書籍化の「されている作品」と「されていない作品」どちらも対象です。 ・Web版の評価のみ(書籍の評価は対象外)です。 ・2017年6月29日現在の情報です。 随時更新致します。 これらを了承済みの上、ご覧ください。 ・感想の後にあるURLから各作品へ飛ぶことが出来ます。 ・目次を開くと1位~15位までのすべての作品が一覧で確認できます。 15位:君の屍が視える【完結済み】 2017年6月29日現在:全20話 七日以内に死ぬ人間の、死体の様子が視えてしまう大学生のお話。 主人公はある日、駅のホームから、路線上に肉片が散らばっているのを視ます。 死ぬ予定の人間は透明人間のように薄くなるので誰が死ぬ予定の人間かが主人公にはわかっていました。 そして、主人公はわかっていながらあえて関わらないようにしていたのですが、思わず、主人公は死ぬ予定だった女性を助けてしまいます。 そこから運命の歯車が動き出していくのでした。 綺麗な文章で読みやすく、テンポも悪くないです。 全部で20話なので短編としても非常に読みやすいです。 ただ、なろうではあまりニーズが無く人気が出ていないようですが、一度読んで欲しい作品。 しかも日常系は大体がラブコメが相場と決まっていますがこれは違います。 まあ、少しラブコメ要素もありますが。 舞台となるのはアゾリアス王国。 その執政をしている男、そしてその一家には常に黒い噂が付いてまわっていました。 国を裏から操っているとか、悪魔と契約しているとか、その他もろもろ。 でも実は全部誤解なのです。 この執政をしているアクトス公爵とその家族は心優しいほのぼの一家なのです。 ですが、行く先々で誤解され、誤解が誤解を生んだり、その誤解を解こうとストレスがマッハの大臣がいたり、読んでいて楽しい素敵な作品。 俺つえええええ作品に疲れた人は読んで見ましょう。 癒されます。 そしてそこで魔導士を育てている「塔」の学院に入学する試験を受ける事になります。 しかしそこは想像を絶するほどの各社社会なのでした。 ユインに教えを乞うが断られ、何をどうしていいかもわからない。 そこは財力があるものは上に行け、無いものはずっと底辺で生きていかなければいけないという厳しい世界。 しかしある日、指輪魔法の授業で「ヴェスぺの剣」を発現したことから彼の運命の歯車は大きく動いていくのでした。 イメージとしてはハリーポッターのような感じですね。 塔の上に行けば行くほどすごい魔導士として認められ、特権もいろいろ得られます。 なのでみんな授業を受けながら上を目指して勉強しています。 主人公も才能はありますが、決して無双するわけではなくきちんと努力して少しずつ強くなり、そして世の中の仕組みを理解していきます。 物語を読む進めていくと、様々な事が判明していきます。 なぜリンは塔に連れて来られたのか。 なぜ連れて来たユイン先生はやる気がなく教える事をしないのか。 仲の良い先輩とお金持ちで指導を受けている人との意見が違うのはなぜか。 なぜ底辺の人間は底辺のままなのか。 理不尽なルールが下界には設定されているのになぜ見過ごされているのか。 世界観が非常にしっかりと作られていて、アニメ化されてもおかしくないレベルだと思います。 俺tueeeeeeじゃないハリーポッターのような魔法の世界を体験したいならこの小説で決まり。 主人公はアルス・レーギンという16歳の少年。 この少年はただの少年ではありません。 16歳という若さで10年という軍役を満了した天才です。 通常であれば魔法師の育成学校(日本で言う高校)を卒業した後に軍に入るためこれがいかに異常かがわかります。 魔法師は世界に10万人以上おり、その強さによって順位がつけられています。 また、順位によって呼称があり、100位から999位までをトリプル魔法師、99位から10位までをダブル魔法師、そして世界に9人しかいない各国の最大・最強戦力ともいえる9位~1位をシングル魔法師と呼んでいます。 アレス・レーギンはすべての魔法師の頂点に君臨する序列第1位の世界最強のシングル魔法師なのです。 どうですか?中二病心を揺さぶられますね!設定が最高です。 主人公は10年という軍役を異例の若さで成し遂げ、そして退役を申しでます。 しかし、国が最大戦力であるシングル魔法師を手放すわけもなく、学園に入ることを条件に第一線から退くことをを認めます。 そして主人公は実力を隠したまま学園に通い、いろいろな少女たちと出会っていきます。 いやはや王道でいいですね! またまさに俺tueeeeeeを体現しており、主人公と他のシングル魔法師との実力差は埋められないほどに開いています。 どれくらい力の差があるのかというと、この世界の魔物は一番上から、SSレート、Sレート、Aレート、という順番にランク分けされていますが、Sレートの魔物はシングル魔法師の2位~9位全員で戦うと、半数以上の死を持ってやっと倒せる程とされていますが、主人公ならこれを単独撃破できます。 最初の頃は日本語の使い方にうん?と首をかしげる箇所もところどころありましたが、後半になればなるほど文章力やキャラの魅力がアップしていきます。 小説家になろうでは定番の「異世界転生」もの。 34歳の職歴無しニートがある日トラックにひかれて死んだと思ったら、前世の記憶を持ったまま異世界に転生します。 主人公の異世界での名前はルーデウス。 主人公は転生したからにはこの世界で本気で生きて行こうと決意します。 主人公は前世の記憶があるために赤ん坊の頃から魔法を身に着けるべく独学で勉強し・・・といった流れで、異世界転生からの天才少年というなろうでの王道ストーリーですね。 ライトノベル化されているだけあって非常に文章がうまく、全く飽きません。 なろうでは未完のまま終わる作品も多いだけに【完結済み】というだけで安心して読めます。 また、286話とボリュームもかなりあるため読みごたえはばっちり! 無職転生は年間累計ランキング1位の名に恥じない内容ですので、まだ読んだ事の無い方は一度読んでみて損はないでしょう。 主人公は定住地を持たないため、村の村長に村に泊めてもらえないかと頼みます。 しかし、村長は「オオカミ」が出るから滞在は許可できないと言うのです。 聞くところによると、毎年「赤ずきん」と呼ばれる子供たちがオオカミに食い殺されていて、ちょうどその時期が来ているとの事でした。 主人公は、六人の赤ずきんを守るために「魔女の塔」に1日立てこもりオオカミからやり過ごそうと決意します。 なろう系では珍しいホラー系の作品。 ホラー系はなろうではニーズがなく、作品数も少ないのですが、私はホラー系が大好きなのでずっとなろうでホラーを探していました。 そこでこの小説を見つけました。 お話の途中で、6人の赤ずきんがそれぞれ特殊能力が持っている事がわかるのですが、なぜ赤ずきんは一人一人能力を持つのか、一体どんな能力なのか。 なぜ赤ずきんはオオカミに狙われるのか、最後までハラハラドキドキ、素晴らしい作品でした。 話数自体も17話と少ないので、ちょっとした息抜きに読んでみてはいかがでしょうか。 なろうのおススメホラー作品です。 しかし、ある日突然能力を発現させます。 能力の名前は「音支配(ドミナント)」と呼ばれるものでいまだかつて世界のこの能力者はおらず、主人公が初めての能力者でした。 ところが、社会の治安を維持するための能力者が集まる行政機関「自衛軍」が能力の危険性が高いと判断、排除対象に指定し主人公の抹殺へ向かいます。 自分を守ってくれる存在である自衛軍に殺されかけてパニックになる主人公、そしてそんな窮地から主人公を救ったのは、悪の組織「Anonymous」でした。 主人公は生き残るため、Anonymousに入ることを決意します。 そして、主人公は自衛軍と命を懸けた戦いに身を投じていくのですが、この時彼はまだ知らないのでした。 親友である「御堂弦気」と幼馴染である「古谷凛」が敵対する自衛軍であるという事に。 近い作品で言うと「アカメが斬る!」ですかね。 正義と悪・・・それぞれの視点から物語が進んでいきます。 そして好きなキャラが容赦なく死にます。 それがこの作品のいいところでもあります。 死別や裏切り、そして親友との命を懸けた戦い・・・主人公がもがきながら成長していく姿を描く良い作品です。 しかしある日突然、所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶してしまいます。 次に目覚めた時に居たのはどこかの実験室。 そしてそこで行われたのは主人公への人体実験でした。 その結果、主人公は黒魔法を身に着けます。 黒魔法を使った実験を来る日も来る日も行われ、ある日いつものように人形相手だと思い黒魔法を使い相手を撃破すると・・・それは人形ではなく少年・・・人間でした。 主人公は初めて「人殺し」を行い、その行為によって自意識を深く深く閉じ込めてしまいます。 その後は淡々を実験をこなす日々。 同じ実験体の少年少女を殺め続ける日々。 この地獄は永遠に続くかと思われましたが、突如起こった大地震によって主人公は実験室から逃げ出します。 この作品は結構暗い話も多いので苦手な人は注意ですが、非常に面白いです。 特に本領を発揮するのは、ヒロインたちが出てきた後です。 最初ヒロインたちは普通ですが、徐々にヤンデレ化していきます。 ヤンデレが大好きな僕にとっては非常にワクワクする展開です。 ヤンデレヒロインたちが主人公を巡って殺しあう素敵な作品です。 もちろんヤンデレ要素以外(ストーリーとか隠された真実とか)も面白いのでおススメです。 わけもわからないまま路地裏を歩いていると3人の男に絡まれてしまいます。 その窮地を一人の美しい少女が助けてくれます。 主人公は彼女に助けてもらったお礼として彼女の探し物に協力します。 しかし探し物の途中で主人公と彼女は何者かに襲撃を受け命を落としてしまいます。 しかし、気が付くと主人公はなぜか最初に召喚された場所に立っていました。 そう、彼の能力は「死に戻り」だったのです。 この作品のいいところは、なろうの異世界転生・召喚では、転生・召喚された際に他を圧倒する最強の能力を授かる事が多いのですが、この作品において「俺tueee」は存在しません。 あくまで主人公が持っているのは死んでもまたやり直せるという「死に戻り」のみ。 主人公は浅はかで弱く、そして脆い。 しかし、度重なる死に戻りや絶望の中でそれでも何とか前に進んでいこうとします。 主人公の性格が嫌いという人もいますが、自分がもしある日突然何の能力もなく、死と隣り合わせの世界に舞い込んだら、泣きたくもなるでしょう。 悪態もつきたくなるでしょう。 愚痴も言いたくなるでしょう。 でも、一通り嘆き終わったら前を向いてがむしゃらに運命に逆らっていく。 私はこの主人公の人間らしい部分が好きです。 ES能力者は第二次世界大戦末期ごろに確認され、徐々にその数を増やしていきました。 世界各国でES能力者の発掘、育成、保有が行われ、これにより軍事バランスは大きく変動される。 ESの国家名称は「Evolution Seed(進化の種)」と呼ばれ、ESは宇宙からの隕石とも、地層から発掘された鉱石とも噂される物体であり、その形状は磨き抜かれた宝石のようなもの。 ESに適合した者、ESによって力を得たものは総じてES能力者と呼ばれ、主人公はES能力者に幼少の頃から憧れを持っていました。 憧れた理由は「空を飛ぶ事ができる」という点。 しかし、ESに適合する確率は宝くじに当たるよりも低く、主人公は半ば諦めていましたが、主人公はESに適合している事が判明し、その運命が大きく変わっていきます。 主人公はES訓練校に入学しますが、最初その成績は一番下。 他のクラスメイトができる事すらもできずクラスメイト達に馬鹿にされます。 しかし、主人公は他の誰も持ちえない能力を持っていたのです。 この作品を有名どころで例えると「NARUTO」ですね。 才能の欠片もなく弱い主人公だけれど、実は他を圧倒する最強の力が封印されている。 努力し続ける主人公に好感が持てますし、ストーリーやキャラがしっかりしていて最期まで飽きずに読む事が出来ます。 主人公は車に轢かれ死んだはずだったのですが、気が付いた時には前世を記憶を持ったまま赤ん坊として異世界に転生していました。 その異世界では、国の脅威である魔獣達に対抗するべく「幻晶騎士」と呼ばれる兵器が生み出されていました。 それは人の持つ魔道技術の結晶にして、人が手にし得る最強の力。 幻晶騎士とは、魔力を動力として動く魔道兵器の事なのです。 主人公は前世でメタオタクだったため、幻晶騎士に惚れ込み、幻晶騎士に乗るために騎士になる事を目指す。 男ならやっぱりロボットものは憧れますよね。 主人公は、作中でパイロットであり設計士でもあるため、いろいろな次世代型幻晶騎士を作り出します。 これがまたカッコイイのです。 特に、物語中盤で新型機をお披露目する模擬戦があるのですが、これがまた興奮する。 何度も読み返してしまいます。 ロボットものが好きな方なら読んで損はないと思います。 なろう定番の「異世界紹介」+「俺tueee」作品。 クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと転職を授かる中、主人公の南雲ハジメの転職は鍛冶職で、しかも魔法適性がありませんでした。 最弱の彼は召喚した王国はもちろん、クラスメイトから邪魔もの扱いされる事になります。 そして、レベルアップのために潜ったオルクス大迷宮でクラスメイトの手によって奈落の底に落とされてしまいます。 奈落の底で孤独・恐怖・絶望を味わい、必死に生きるためにもがきます。 奈落の底での地獄は、彼の髪の毛を真っ白に染め、平凡で優しい性格すら根本から変えてしまうのでした。 奈落の底から這いあがった主人公は気が付けば世界最強になっていたのです。 なろうで人気のある「俺tueee」もので、この作品を私が読んでいた頃は、「異世界召喚・クラスメイトで最弱・でも最終的に最強」的な作品が流行りランキングのほとんどを占めていましたが、私はこのジャンルでこの作品が一番クオリティが高いと思います。 最初から最後まで飽きることなく読めました。 むしろ最初からクライマックス。 「俺tueee」&「ハーレム」ものなので読み手を選ぶかもしれませんが、そこら辺に抵抗が無い方は一度読んでみて欲しいですね。 魔王の名前は「ルルスリア=ノルド」。 しかし、気が付いた時には赤ん坊として転生しています。 魔王時代の知識や魔力を有しているため、現代で最強の存在なのだが、本人にその自覚は無し。 すでに仲間は勇者によってすべて滅ぼされていたと思っていたのですが、主人公は遺跡の中でカプセルで眠るかつての親友の娘を発見します。 カプセルを起動させるとその娘は意識を取り戻します。 主人公たちは他にも魔族の生き残りがいるかも知れないと、仲間を探す旅に出ます。 この作品は非常に文章力が高く、引き込まれます。 主人公が最強キャラなのでいわゆる「俺tueee」作品ではありますが、俺tueee作品であって俺tueee作品ではありません。 なろうの俺tueee作品は時々読んでいてこっちが恥ずかしくなる事がありますが、この作品には一切ありません。 強さに嫌味が無いとでも言うのでしょうか・・・とにかく主人公の最強キャラをすんなりと受け入れる事が出来ます。 主人公にはその自覚がなく、自覚がない所がこれまた可愛いです。 かわいい系主人公です。 これほど完成度の高い作品はなかなか拝めませんので、一度読んでおくことをおススメします。 ゲームが開始されてから8760時間以内に指定されたすべての女性を攻略しないと死んでしまうという理不尽なルールを突き付けられます。 主人公が使用するのは主に「セーブ」「ロード」「アイテム」の3つ。 アイテムはいろいろ存在し、すべてに値段がついている。 手ごろな値段からめちゃくちゃ値の張るものまで様々ですが、基本的にはこのアイテムはゲームに重要なので買う事を避けては通れません。 買うために必要なお金は女性をクリアするごとに入金され、またアイテムを強化する事も出来ます。 ロードは、いわゆる、ゲームで詰んだなと思ったらロードしてやりなす事になります。 あと、自分が死に至るような傷を負ってしまった場合でもこのロードを行えば死を回避する事が可能です。 ただ、セーブ後に支払ったお金などは戻ってこないためこまめにセーブを行う事が必須の模様。 この作品ははっきりってめちゃくちゃ面白いです。 タイトルで敬遠していましたが、読んでびっくり。 ただのギャルゲーじゃない。 これ絶対にタイトルで損していますね。 もちろん、ちゃんとラブコメ要素はあるのですが、どちらかと言うとミステリーサスペンス。 様々な事件が起こってそれに攻略対象の女性たちが絡んでくる、謎解きもあるし、時には殺されかける事も。 タイトルがちょっと・・・という方も騙されたと思って一度読んでみてください。 主人公には冷たく当たっていました。 しかも、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。 家を追い出されてしまいます。 そんなライエルが家を出る前に手に入れたのは【青い宝玉】でした。 宝玉には歴代当主たちの【スキル】と【本人たちの生前の記憶】が保管されていました。 宝玉に記憶されていたウォルト家のご先祖様たちは総勢7人。 ご先祖様たちは主人公に対して情けないだのなんだと言いたい放題。 家を追放された主人公は7人のご先祖様たちとともに再び立ち上がるために旅に出る。 初めに皆様に言いたいのは序盤の物語で読むのを辞めないで!という事です。 実は私も最初、序盤の物語だけ見て面白くないなーと思って読むのを辞める寸前でした。 しかし中盤から最後にかけて盛り上がります。 7人のご先祖様たちがそれぞれの持つスキルを主人公に託すのですが、託された後どうなるのか。 なぜ両親は主人公に冷たかったのか。 なぜ主人公は無能とされていたのか。 妹セレスの強さの秘密。 などなど、秘密が徐々に判明していきます。 7人のご先祖様たちの過去ストーリーもしっかりと作られていて、非常に良かったです。 私がなろうで一番好きな作品。 ぜひ一読を。

次の

(妻が)異世界転生 小説家になろう 作者検索

華山転生 作者

ソフィア・サンチェスとして生まれ変わっていることを思い出したのは、ゲームの断罪イベントの時だった。 ソフィアはモブとして生まれ変わっていたのだが、辺境の令嬢でも、平民でもなかった。 攻略対象の1人でもある第二王子の身内という立場。 第二王子 婚約者との仲は良好で、第二王子に断罪されるはずだった婚約者を救った事で変化が起きる。 隣国同盟国の王子、ラファエル・ランドルフにダンスを申し込まれたソフィアの運命が今、動き出す。 乙女ゲームED直前から物語が動き出す攻略方法が不明のED後の世界。 R15設定は念のためにつけています。 更新速度は遅いと思いますが、よろしくお願いいたします。 暴走トラックに轢かれて死亡した16歳の女子高生『隆美』は、幸運にもキリ番を踏んだおかげで『魂の管理人』というお爺さんから、『前世の記憶』と『人間の平均の1万倍の魔力』、その他の能力を貰って異世界に転生できることになった。 異世界転生のテン プレ同然の転生を果たした隆美は、『ムセリット』という魔法の存在する世界で『マセル』という男の子に生まれ変わった。 冒険者になって『前世知識でのイージーライフ』と『チート魔力での無双』を夢見ていたマセル。 そんなある日、マセルは『能力』を認められ、王都にある『王立第二学院』の入学試験を受けることに。 そこで、次々とトラブルに巻き込まれながら成長していく、マセルの冒険物語が始まる! ~~~~~ 【旧題】 私、チート持ちじゃなかったんですか? ~転生して無双できると思っていたのに何か変です~ 【注意】 序盤以外、マセルの魔法無双展開はありません。 途中からマセルの戦闘スタイルが一変します(その後も魔法は使います)。 カクヨム様でも掲載中 魔法が当たり前の世界で小さい頃から何故か二重に記憶があるような、不思議な感覚を持っていたベルトリア。 ある日ひょんなことから、不思議な記憶は前世の記憶であることを思い出す。 「憧れていた魔法が自由に使えるこの世界で、魔法を使わない手はなし!! 」 成長するにつれ、段々この世界に既視感を持ち始めた時。 この世界が前世で少しプレイしたゲーム『アドリアスに花束を』の世界だと思い出す。 その世界でベルトリアは主人公にちょいちょい嫌がらせをする所謂悪役。 みみっちい嫌がらせにしては壮大な割を食う役所。 しょうもない嫌がらせとかする必要ないし、興味がない!!原作のストーリーなんて知らないし!私は私の新しい人生を生きる!モブに紛れて平穏無事に生きる為、原作改造始めます。 傑作ダークファンタジーとして一世を風靡した人気ゲーム『夜明けの勇者達』。 それは、特権階級たる貴族のみが魔力という超常の力を持ち、権力と暴力を振りかざして民を虐げる悪の帝国『ブラックダイヤ帝国』を、主人公が革命軍の仲間達と共に打ち倒すと いう王道バトルRPGである。 そんな世界に、前世の記憶とゲーム知識をバッチリ持って転生してしまった少女セレナ。 そして、転生先はブラックダイヤ帝国の貴族の娘。 しかも、家族は最愛の姉以外お手本のような帝国クソ貴族という始末。 これは革命起きたら死ぬ。 セレナは自分の運命を察した。 そして、そんな破滅の運命を覆す為に動き出した。 具体的には、革命が始まる前に国外逃亡する方針で。 しかし、この残酷な世界はセレナを逃がさない。 これは、残酷な運命に翻弄され、絶望し、その果てで最愛の人の為に、憎くて憎くて堪らない悪の帝国に忠誠を誓う事を選んだ、一人の少女の物語。 30歳を目前に事故死した俺は500年近くも昔の日本に過去転生して、また29歳で死んだ。 そして2回目の転生は異世界。 また29歳で死んでしまうのだろうか。 いや今はそんなことを考えずに、新たな人生を堪能しよう。 たとえどんな事態に巻き込まれたとし ても。 剣の腕前や、女神に転生特典で与えられていた能力を幼少期から取り戻しつつ、ザックは過去の2回の人生経験と記憶や知識を持ちながら、異世界での新たな人生を歩み始める。 これまで経験したことのない新たな環境、新たな世界。 前世で戦いが当たり前にある世界に生きて来たザックは、今度はのんびりと早死にしない人生を送りたいと思う。 しかしこの世界で与えられた立場や環境、そして持ち前の「だいたいはなんとかなる主義、なんとかならない場合でもなんとかする主義」にも後押しされて、徐々にこの世界の動乱とその奥に潜む謎へと直面していく。 どん底から始まる、悪役令嬢の英雄譚? 魔物も悪魔も魔法でぶっ倒せ! 悪名高き我儘公爵令嬢、ルシール・ネルソンは、王子に婚約破棄され、悪魔と契約しようとしていた。 しかし、悪魔と契約する一歩手前、ルシールは前世の記憶を思い出した。 自分が悪役 令嬢であること、このまま契約していたら悪魔に体を乗っ取られていたこと。 「危ねええええ」 色々罪を犯しすぎたルシールは新たな人生を送ろうと、隣国に逃亡することを決意する。 その際に見た、自身のステータスがチート級の数値をたたき出していて、これ幸いと彼女は隣国で『エイリー』と名を変え、冒険者を始めるのだった……。 なろうでも投稿始めました。 地球末期。 パーソナルデータとなって仮想空間で暮らす人類を管理するAIシステム・イリスは21世紀の女子高生アイドル『月宮アリス』及びニューヨークの営業ウーマン『イリス・マクギリス』としての前世の記憶を持っていた。 地球が滅びた後、彼女は『虹の女 神』に異世界転生へと誘われる。 エルレーン公国首都シ・イル・リリヤに豪商ラゼル家の一人娘として生まれたアイリスは虹の女神『スゥエ』のお気に入りで『先祖還り』と呼ばれる前世の記憶持ち。 優しい父母、叔父エステリオ・アウル、妖精たちに守られている。 三歳の『魔力診』で保有魔力が規格外に大きいと判明。 魔導師協会の長『漆黒の魔法使いカルナック』や『深緑のコマラパ』老師に見込まれる。 『巨大な斧を振り回し、しなる鞭で皮膚を削ぎ、鋭利な剣は四肢を裂く。 放たれた矢は一切を穿ち、無慈悲な鎌が首を刈る。 全ての武具を使いこなすは稀代の英傑。 その者 【武具の支配者(ウェポンマスター)】 と呼ばれ語り継がれたり』 国と国の争いが絶えぬ世界で、唯一平和な国『ダンダルシア』に一人の少女が転生した。 前世の記憶を持ちながら、幸せな家庭に生まれ何不自由なく育ち、そして……。 普通に大きくなって普通に平凡な生活を送る。 しかしある時、せっかく異世界に来たのに刺激が無さすぎない? と思った彼女は冒険者となる。 転生による恩恵は何もない。 そもそも転生時に説明を受けた覚えもない。 そんな彼女は、幼い頃に出会った一匹のスライムと共に冒険者となった。 あらゆる武器に対する適性を持ち、初めての依頼で獲得した『適性武具霊装化』と『嘔吐物武器類適性』 そしてダンジョンの異変。 大きな地震により、異変で封鎖されたダンジョンの下層に落ちてしまい……。 少女とスライムが、ほのぼの(大嘘)と英雄になるまでの、それはそれは小さな小さな物語。 ツギクル様、アルファポリス様への外部URL連携をしております 自分を失わぬ為、大切なものを殺さぬ為に彼女は世界の災厄となる____。 不運にも死んでしまい、人間だった記憶を持ちながらも思い出せないとという困難に陥った彼女(名前思い出せず)。 そんな彼女は魔素がない場所に行くと死んでしまうという不安定で 最弱の存在、魂喰らいになってしまった。 生きるために死んだ肉体を探し求めて極寒の地へ。 そこで封印されていた神龍の体に憑依するが。 その最中で出会った梟獅子(オウルグリフォン)の少年コーリンと共に平穏な日々を過ごしていたが、彼は突然目の前から姿を消してしまった。 それをひっかけに彼女の物語は大きく動き出す。 最強の能力を手にいれ、その人格に蝕まれながらも自分が自分であることを望む彼女と絡み合う前世、その周りに取り巻く数々の時を巡る物語。 …毎週火、金、の16時でお話更新中。 詳しくは後書きで。 零章が長いですがお付き合いくださいませ。 初めの第零章は主人公視点少なめです。 それと造語多めです。 タイトルは仮ですので変える予定です。 遅筆ですが感想あればあるほど次回投稿が早いかもです。 是非によろしくお願いいたします。 僕はゲームが好きだ。 でも遊びほうけて勉強もろくにしておらず45歳まで独身を貫いていた。 今の記憶を持ちながら過去に戻れたなら・・・夢想する日が続いていた。 ある日特殊能力「セーブ&ロード、設定」を授かった主人公。 まずは試しに今の性別と逆 を選択して、ご都合主義ともとれる完璧な人物として生まれ変わり幼少期よりやり直す。 はたして未来の知識を持つ主人公は幸せになるのか、または知りすぎる知識の為不幸になるのか・・・。 聞くところによればしようと思えば現在45歳の自分の相手として異性の自分自身になれるので両親に孫の顔を見せる事も出来るらしい。 果たして主人公の運命は・・・。 syosetu. 現在1977年(昭和52年)が舞台で、極力当時の事柄を描写していきたいと思います。 時たま現代の考え方等が入り、時代考証がままならない箇所が見受けられるかもしれませんので、 感想欄にご指摘していただけるとさいわいです。 僕はゲームが好きだ。 でも遊びほうけて勉強もろくにしておらず45歳まで独身を貫いていた。 今の記憶を持ちながら過去に戻れたなら・・・夢想する日が続いていた。 ある日特殊能力「セーブ&ロード、設定」を授かった主人公。 まずは試しに今の性別と 逆を選択して、ご都合主義ともとれる完璧な人物として生まれ変わり幼少期よりやり直す。 はたして未来の知識を持つ主人公は幸せになるのか、または知りすぎる知識の為不幸になるのか・・・。 聞くところによればしようと思えば現在45歳の自分の相手として異性の自分自身になれるので両親に孫の顔を見せる事も出来るらしい。 果たして主人公の運命は・・・。 中堅貴族の三男であるフィン・ライサンダーの人生は、苦難続きだった。 その利発さから『神童』と呼ばれ将来を嘱望されたのも今は昔。 だが、幸運の女神はフィンを見捨ててはいなかった。 運営を任された辺境領地でまたもフィンは大怪我を負うが、これがフィンの奇跡の始まりとなる。 島名 大翔は17歳、高校三年で一度死に、異世界リスタエルスに転生をした… したよね? たぶん死んだと思ったけれど、その辺りの記憶が曖昧らしい。 巨木の大樹海で意識を戻した大翔 ヒロト は、この異世界がゲームのようなシステムの上にあ ることを知った。 すぐに黒髪の大和撫子風の少女、月歌 ツキカ と出会い、彼らがこの世界での異分子であることに気づくのだった… 割とガチに初心者を殺しに掛かる深い森で、二人の異世界サバイバルが始まった。 悲壮な別れと、出会いを経て、アンサンブルと呼ばれる多職持ち達は、狩りと戦いの中で、運命のように世界の真実へと近づいてしまう… 美くしも残酷なアレス大陸で、再会を望み育っていく主人公は、やがて誰よりも強くなっていく。 異世界リスタエルスの物語は、序盤から想像するよりも、ずっとリアルで生々しく進んでいきます。 少しずつ違和感が強くなる歪な世界観… 無意味な闘いを強いる陣営戦争に、それぞれの前世に関わる、フラッシュバックする記憶の断片…。 そして、その残酷で哀しい事実に行き着いた時、彼等の葛藤と愛情は、どんな答えを得るのだろう…? 王道のゲーム世界風味の異世界転生ものです(一度本気で書きたかった)。 美しく残酷なアレス大陸で、想い、寄り添うキャラクター達を書いていきたいです。 30種の職業に27種の二次職があり、300を超えるスキルを考えてみました(:基本設定: 職業とスキル) 楽しんで頂ければ幸いです。 そして前世の記憶を持ちながら、転生した先は剣と魔法のファンタジーな異世界! 魔法使いによって全ての生活が支えられていたが、年々減少 する魔法使い、世界中に散らばる魔力(マナ)がなくなっていくなどの問題が起きており、魔法頼りの生活では立ち行かなくなってきていた。 前世の知識を頼りに、魔法が無くても生きていけることを提案しながら、魔法とは何なのかを模索し、少女がより豊な生活を目指して人々を導いていく物語です。 それに伴いタイトルを変更しました(旧:ハイスペック女子高生の異世界転生).

次の

【ピッコマ】2020年まだまだ流行る!注目の“異世界・転生・なろう”系マンガ・ノベル11選!今年も話題作をピッコマでお得に読み進めよう

華山転生 作者

「小説家になろう」は日本最大級の小説投稿サイトで、作品数は40万以上にものぼり書籍化された人気作品も数多く存在する。 この小説家になろうの嬉しい所は完全無料だという点。 小説家になろうは、春休み・夏休み・冬休み・年末年始など長期休みの暇つぶしに最適です。 しかも、別に登録していなくても作品は読めるので、登録に抵抗がある人にもぴったり。 そこで今回は、小説家になろう(小説を読もう)の作品の中から皆様にぜひ読んで欲しいおススメのなろう作品を15個、ランキング形式で発表します。 気になった作品があったらぜひ読んでみてください。 ・名作からマイナー、人気作までごちゃ混ぜです。 ・「完結済み」と「未完・連載中」どちらも対象です。 ・書籍化の「されている作品」と「されていない作品」どちらも対象です。 ・Web版の評価のみ(書籍の評価は対象外)です。 ・2017年6月29日現在の情報です。 随時更新致します。 これらを了承済みの上、ご覧ください。 ・感想の後にあるURLから各作品へ飛ぶことが出来ます。 ・目次を開くと1位~15位までのすべての作品が一覧で確認できます。 15位:君の屍が視える【完結済み】 2017年6月29日現在:全20話 七日以内に死ぬ人間の、死体の様子が視えてしまう大学生のお話。 主人公はある日、駅のホームから、路線上に肉片が散らばっているのを視ます。 死ぬ予定の人間は透明人間のように薄くなるので誰が死ぬ予定の人間かが主人公にはわかっていました。 そして、主人公はわかっていながらあえて関わらないようにしていたのですが、思わず、主人公は死ぬ予定だった女性を助けてしまいます。 そこから運命の歯車が動き出していくのでした。 綺麗な文章で読みやすく、テンポも悪くないです。 全部で20話なので短編としても非常に読みやすいです。 ただ、なろうではあまりニーズが無く人気が出ていないようですが、一度読んで欲しい作品。 しかも日常系は大体がラブコメが相場と決まっていますがこれは違います。 まあ、少しラブコメ要素もありますが。 舞台となるのはアゾリアス王国。 その執政をしている男、そしてその一家には常に黒い噂が付いてまわっていました。 国を裏から操っているとか、悪魔と契約しているとか、その他もろもろ。 でも実は全部誤解なのです。 この執政をしているアクトス公爵とその家族は心優しいほのぼの一家なのです。 ですが、行く先々で誤解され、誤解が誤解を生んだり、その誤解を解こうとストレスがマッハの大臣がいたり、読んでいて楽しい素敵な作品。 俺つえええええ作品に疲れた人は読んで見ましょう。 癒されます。 そしてそこで魔導士を育てている「塔」の学院に入学する試験を受ける事になります。 しかしそこは想像を絶するほどの各社社会なのでした。 ユインに教えを乞うが断られ、何をどうしていいかもわからない。 そこは財力があるものは上に行け、無いものはずっと底辺で生きていかなければいけないという厳しい世界。 しかしある日、指輪魔法の授業で「ヴェスぺの剣」を発現したことから彼の運命の歯車は大きく動いていくのでした。 イメージとしてはハリーポッターのような感じですね。 塔の上に行けば行くほどすごい魔導士として認められ、特権もいろいろ得られます。 なのでみんな授業を受けながら上を目指して勉強しています。 主人公も才能はありますが、決して無双するわけではなくきちんと努力して少しずつ強くなり、そして世の中の仕組みを理解していきます。 物語を読む進めていくと、様々な事が判明していきます。 なぜリンは塔に連れて来られたのか。 なぜ連れて来たユイン先生はやる気がなく教える事をしないのか。 仲の良い先輩とお金持ちで指導を受けている人との意見が違うのはなぜか。 なぜ底辺の人間は底辺のままなのか。 理不尽なルールが下界には設定されているのになぜ見過ごされているのか。 世界観が非常にしっかりと作られていて、アニメ化されてもおかしくないレベルだと思います。 俺tueeeeeeじゃないハリーポッターのような魔法の世界を体験したいならこの小説で決まり。 主人公はアルス・レーギンという16歳の少年。 この少年はただの少年ではありません。 16歳という若さで10年という軍役を満了した天才です。 通常であれば魔法師の育成学校(日本で言う高校)を卒業した後に軍に入るためこれがいかに異常かがわかります。 魔法師は世界に10万人以上おり、その強さによって順位がつけられています。 また、順位によって呼称があり、100位から999位までをトリプル魔法師、99位から10位までをダブル魔法師、そして世界に9人しかいない各国の最大・最強戦力ともいえる9位~1位をシングル魔法師と呼んでいます。 アレス・レーギンはすべての魔法師の頂点に君臨する序列第1位の世界最強のシングル魔法師なのです。 どうですか?中二病心を揺さぶられますね!設定が最高です。 主人公は10年という軍役を異例の若さで成し遂げ、そして退役を申しでます。 しかし、国が最大戦力であるシングル魔法師を手放すわけもなく、学園に入ることを条件に第一線から退くことをを認めます。 そして主人公は実力を隠したまま学園に通い、いろいろな少女たちと出会っていきます。 いやはや王道でいいですね! またまさに俺tueeeeeeを体現しており、主人公と他のシングル魔法師との実力差は埋められないほどに開いています。 どれくらい力の差があるのかというと、この世界の魔物は一番上から、SSレート、Sレート、Aレート、という順番にランク分けされていますが、Sレートの魔物はシングル魔法師の2位~9位全員で戦うと、半数以上の死を持ってやっと倒せる程とされていますが、主人公ならこれを単独撃破できます。 最初の頃は日本語の使い方にうん?と首をかしげる箇所もところどころありましたが、後半になればなるほど文章力やキャラの魅力がアップしていきます。 小説家になろうでは定番の「異世界転生」もの。 34歳の職歴無しニートがある日トラックにひかれて死んだと思ったら、前世の記憶を持ったまま異世界に転生します。 主人公の異世界での名前はルーデウス。 主人公は転生したからにはこの世界で本気で生きて行こうと決意します。 主人公は前世の記憶があるために赤ん坊の頃から魔法を身に着けるべく独学で勉強し・・・といった流れで、異世界転生からの天才少年というなろうでの王道ストーリーですね。 ライトノベル化されているだけあって非常に文章がうまく、全く飽きません。 なろうでは未完のまま終わる作品も多いだけに【完結済み】というだけで安心して読めます。 また、286話とボリュームもかなりあるため読みごたえはばっちり! 無職転生は年間累計ランキング1位の名に恥じない内容ですので、まだ読んだ事の無い方は一度読んでみて損はないでしょう。 主人公は定住地を持たないため、村の村長に村に泊めてもらえないかと頼みます。 しかし、村長は「オオカミ」が出るから滞在は許可できないと言うのです。 聞くところによると、毎年「赤ずきん」と呼ばれる子供たちがオオカミに食い殺されていて、ちょうどその時期が来ているとの事でした。 主人公は、六人の赤ずきんを守るために「魔女の塔」に1日立てこもりオオカミからやり過ごそうと決意します。 なろう系では珍しいホラー系の作品。 ホラー系はなろうではニーズがなく、作品数も少ないのですが、私はホラー系が大好きなのでずっとなろうでホラーを探していました。 そこでこの小説を見つけました。 お話の途中で、6人の赤ずきんがそれぞれ特殊能力が持っている事がわかるのですが、なぜ赤ずきんは一人一人能力を持つのか、一体どんな能力なのか。 なぜ赤ずきんはオオカミに狙われるのか、最後までハラハラドキドキ、素晴らしい作品でした。 話数自体も17話と少ないので、ちょっとした息抜きに読んでみてはいかがでしょうか。 なろうのおススメホラー作品です。 しかし、ある日突然能力を発現させます。 能力の名前は「音支配(ドミナント)」と呼ばれるものでいまだかつて世界のこの能力者はおらず、主人公が初めての能力者でした。 ところが、社会の治安を維持するための能力者が集まる行政機関「自衛軍」が能力の危険性が高いと判断、排除対象に指定し主人公の抹殺へ向かいます。 自分を守ってくれる存在である自衛軍に殺されかけてパニックになる主人公、そしてそんな窮地から主人公を救ったのは、悪の組織「Anonymous」でした。 主人公は生き残るため、Anonymousに入ることを決意します。 そして、主人公は自衛軍と命を懸けた戦いに身を投じていくのですが、この時彼はまだ知らないのでした。 親友である「御堂弦気」と幼馴染である「古谷凛」が敵対する自衛軍であるという事に。 近い作品で言うと「アカメが斬る!」ですかね。 正義と悪・・・それぞれの視点から物語が進んでいきます。 そして好きなキャラが容赦なく死にます。 それがこの作品のいいところでもあります。 死別や裏切り、そして親友との命を懸けた戦い・・・主人公がもがきながら成長していく姿を描く良い作品です。 しかしある日突然、所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶してしまいます。 次に目覚めた時に居たのはどこかの実験室。 そしてそこで行われたのは主人公への人体実験でした。 その結果、主人公は黒魔法を身に着けます。 黒魔法を使った実験を来る日も来る日も行われ、ある日いつものように人形相手だと思い黒魔法を使い相手を撃破すると・・・それは人形ではなく少年・・・人間でした。 主人公は初めて「人殺し」を行い、その行為によって自意識を深く深く閉じ込めてしまいます。 その後は淡々を実験をこなす日々。 同じ実験体の少年少女を殺め続ける日々。 この地獄は永遠に続くかと思われましたが、突如起こった大地震によって主人公は実験室から逃げ出します。 この作品は結構暗い話も多いので苦手な人は注意ですが、非常に面白いです。 特に本領を発揮するのは、ヒロインたちが出てきた後です。 最初ヒロインたちは普通ですが、徐々にヤンデレ化していきます。 ヤンデレが大好きな僕にとっては非常にワクワクする展開です。 ヤンデレヒロインたちが主人公を巡って殺しあう素敵な作品です。 もちろんヤンデレ要素以外(ストーリーとか隠された真実とか)も面白いのでおススメです。 わけもわからないまま路地裏を歩いていると3人の男に絡まれてしまいます。 その窮地を一人の美しい少女が助けてくれます。 主人公は彼女に助けてもらったお礼として彼女の探し物に協力します。 しかし探し物の途中で主人公と彼女は何者かに襲撃を受け命を落としてしまいます。 しかし、気が付くと主人公はなぜか最初に召喚された場所に立っていました。 そう、彼の能力は「死に戻り」だったのです。 この作品のいいところは、なろうの異世界転生・召喚では、転生・召喚された際に他を圧倒する最強の能力を授かる事が多いのですが、この作品において「俺tueee」は存在しません。 あくまで主人公が持っているのは死んでもまたやり直せるという「死に戻り」のみ。 主人公は浅はかで弱く、そして脆い。 しかし、度重なる死に戻りや絶望の中でそれでも何とか前に進んでいこうとします。 主人公の性格が嫌いという人もいますが、自分がもしある日突然何の能力もなく、死と隣り合わせの世界に舞い込んだら、泣きたくもなるでしょう。 悪態もつきたくなるでしょう。 愚痴も言いたくなるでしょう。 でも、一通り嘆き終わったら前を向いてがむしゃらに運命に逆らっていく。 私はこの主人公の人間らしい部分が好きです。 ES能力者は第二次世界大戦末期ごろに確認され、徐々にその数を増やしていきました。 世界各国でES能力者の発掘、育成、保有が行われ、これにより軍事バランスは大きく変動される。 ESの国家名称は「Evolution Seed(進化の種)」と呼ばれ、ESは宇宙からの隕石とも、地層から発掘された鉱石とも噂される物体であり、その形状は磨き抜かれた宝石のようなもの。 ESに適合した者、ESによって力を得たものは総じてES能力者と呼ばれ、主人公はES能力者に幼少の頃から憧れを持っていました。 憧れた理由は「空を飛ぶ事ができる」という点。 しかし、ESに適合する確率は宝くじに当たるよりも低く、主人公は半ば諦めていましたが、主人公はESに適合している事が判明し、その運命が大きく変わっていきます。 主人公はES訓練校に入学しますが、最初その成績は一番下。 他のクラスメイトができる事すらもできずクラスメイト達に馬鹿にされます。 しかし、主人公は他の誰も持ちえない能力を持っていたのです。 この作品を有名どころで例えると「NARUTO」ですね。 才能の欠片もなく弱い主人公だけれど、実は他を圧倒する最強の力が封印されている。 努力し続ける主人公に好感が持てますし、ストーリーやキャラがしっかりしていて最期まで飽きずに読む事が出来ます。 主人公は車に轢かれ死んだはずだったのですが、気が付いた時には前世を記憶を持ったまま赤ん坊として異世界に転生していました。 その異世界では、国の脅威である魔獣達に対抗するべく「幻晶騎士」と呼ばれる兵器が生み出されていました。 それは人の持つ魔道技術の結晶にして、人が手にし得る最強の力。 幻晶騎士とは、魔力を動力として動く魔道兵器の事なのです。 主人公は前世でメタオタクだったため、幻晶騎士に惚れ込み、幻晶騎士に乗るために騎士になる事を目指す。 男ならやっぱりロボットものは憧れますよね。 主人公は、作中でパイロットであり設計士でもあるため、いろいろな次世代型幻晶騎士を作り出します。 これがまたカッコイイのです。 特に、物語中盤で新型機をお披露目する模擬戦があるのですが、これがまた興奮する。 何度も読み返してしまいます。 ロボットものが好きな方なら読んで損はないと思います。 なろう定番の「異世界紹介」+「俺tueee」作品。 クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと転職を授かる中、主人公の南雲ハジメの転職は鍛冶職で、しかも魔法適性がありませんでした。 最弱の彼は召喚した王国はもちろん、クラスメイトから邪魔もの扱いされる事になります。 そして、レベルアップのために潜ったオルクス大迷宮でクラスメイトの手によって奈落の底に落とされてしまいます。 奈落の底で孤独・恐怖・絶望を味わい、必死に生きるためにもがきます。 奈落の底での地獄は、彼の髪の毛を真っ白に染め、平凡で優しい性格すら根本から変えてしまうのでした。 奈落の底から這いあがった主人公は気が付けば世界最強になっていたのです。 なろうで人気のある「俺tueee」もので、この作品を私が読んでいた頃は、「異世界召喚・クラスメイトで最弱・でも最終的に最強」的な作品が流行りランキングのほとんどを占めていましたが、私はこのジャンルでこの作品が一番クオリティが高いと思います。 最初から最後まで飽きることなく読めました。 むしろ最初からクライマックス。 「俺tueee」&「ハーレム」ものなので読み手を選ぶかもしれませんが、そこら辺に抵抗が無い方は一度読んでみて欲しいですね。 魔王の名前は「ルルスリア=ノルド」。 しかし、気が付いた時には赤ん坊として転生しています。 魔王時代の知識や魔力を有しているため、現代で最強の存在なのだが、本人にその自覚は無し。 すでに仲間は勇者によってすべて滅ぼされていたと思っていたのですが、主人公は遺跡の中でカプセルで眠るかつての親友の娘を発見します。 カプセルを起動させるとその娘は意識を取り戻します。 主人公たちは他にも魔族の生き残りがいるかも知れないと、仲間を探す旅に出ます。 この作品は非常に文章力が高く、引き込まれます。 主人公が最強キャラなのでいわゆる「俺tueee」作品ではありますが、俺tueee作品であって俺tueee作品ではありません。 なろうの俺tueee作品は時々読んでいてこっちが恥ずかしくなる事がありますが、この作品には一切ありません。 強さに嫌味が無いとでも言うのでしょうか・・・とにかく主人公の最強キャラをすんなりと受け入れる事が出来ます。 主人公にはその自覚がなく、自覚がない所がこれまた可愛いです。 かわいい系主人公です。 これほど完成度の高い作品はなかなか拝めませんので、一度読んでおくことをおススメします。 ゲームが開始されてから8760時間以内に指定されたすべての女性を攻略しないと死んでしまうという理不尽なルールを突き付けられます。 主人公が使用するのは主に「セーブ」「ロード」「アイテム」の3つ。 アイテムはいろいろ存在し、すべてに値段がついている。 手ごろな値段からめちゃくちゃ値の張るものまで様々ですが、基本的にはこのアイテムはゲームに重要なので買う事を避けては通れません。 買うために必要なお金は女性をクリアするごとに入金され、またアイテムを強化する事も出来ます。 ロードは、いわゆる、ゲームで詰んだなと思ったらロードしてやりなす事になります。 あと、自分が死に至るような傷を負ってしまった場合でもこのロードを行えば死を回避する事が可能です。 ただ、セーブ後に支払ったお金などは戻ってこないためこまめにセーブを行う事が必須の模様。 この作品ははっきりってめちゃくちゃ面白いです。 タイトルで敬遠していましたが、読んでびっくり。 ただのギャルゲーじゃない。 これ絶対にタイトルで損していますね。 もちろん、ちゃんとラブコメ要素はあるのですが、どちらかと言うとミステリーサスペンス。 様々な事件が起こってそれに攻略対象の女性たちが絡んでくる、謎解きもあるし、時には殺されかける事も。 タイトルがちょっと・・・という方も騙されたと思って一度読んでみてください。 主人公には冷たく当たっていました。 しかも、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。 家を追い出されてしまいます。 そんなライエルが家を出る前に手に入れたのは【青い宝玉】でした。 宝玉には歴代当主たちの【スキル】と【本人たちの生前の記憶】が保管されていました。 宝玉に記憶されていたウォルト家のご先祖様たちは総勢7人。 ご先祖様たちは主人公に対して情けないだのなんだと言いたい放題。 家を追放された主人公は7人のご先祖様たちとともに再び立ち上がるために旅に出る。 初めに皆様に言いたいのは序盤の物語で読むのを辞めないで!という事です。 実は私も最初、序盤の物語だけ見て面白くないなーと思って読むのを辞める寸前でした。 しかし中盤から最後にかけて盛り上がります。 7人のご先祖様たちがそれぞれの持つスキルを主人公に託すのですが、託された後どうなるのか。 なぜ両親は主人公に冷たかったのか。 なぜ主人公は無能とされていたのか。 妹セレスの強さの秘密。 などなど、秘密が徐々に判明していきます。 7人のご先祖様たちの過去ストーリーもしっかりと作られていて、非常に良かったです。 私がなろうで一番好きな作品。 ぜひ一読を。

次の