雅子さまいじめ。 雅子さまイジメの主犯は美智子さま…時系列で振り返る陰湿行為まとめ

美智子さま「4億円衣装に雅子さまいじめ疑惑」乳がんも「引っ越して」の声

雅子さまいじめ

上皇后・美智子様の体調不良報道 ストレスの原因となったのはどの週刊誌? 上皇陛下お誕生日おめでとうございます㊗️🇯🇵 上皇后陛下と共に穏やかな日々を過ごされることを祈ります🙌🙌🙌 — katy1953 6WxVjkfC4Ea8TEC 上皇后の美智子様は最近、体調不良の発表が続いています。 2019年9月に 乳がんの摘出手術を受けられた美智子様ですが、乳がん手術の前には 白内障の手術を受けられ、 心臓の不調も発見されたと言われています。 それに加えて今日報じられたのが、数回の血液が混じる嘔吐と、心不全の診断の指標であるBNP値が6月に悪化して以降、下がらないということ。 こうした美智子様の体調不良の詳しい原因は不明としつつ、宮内庁は上皇ご夫妻についての事実と異なる週刊誌報道にストレスを感じられ、胃に負担が掛かった可能性もある と指摘。 どの週刊誌のどんな報道が美智子様にストレスを与えたのでしょうか? 美智子様のストレス原因となったのは、どの週刊誌のどのような報道だったのかについては、「」をぜひご覧ください。 スポンサーリンク 美智子様に意地悪した人は誰でなぜ? バッシングの理由は民間出身? 昭和34年の前天皇と美智子様ご成婚の日に、甲子園では岐阜県立岐阜商業高等学校と中京商業(現・中京大中京高校)の決勝 やっぱりご成婚のパレードを優先の為にテレビ、ラジオ中継もなかったらしい。。。 — シバズケ shibazuk002ddt2 皆さんご存知の通り、 初めて民間出身の皇族、そして皇太子妃、皇后となった美智子様には、結婚前からさまざまなバッシングが寄せられていました。 こうした人が美智子様に意地悪した人なのでしょうか? 当時は「(将来の皇后となる)皇太子妃は皇族か五摂家(伯爵以上)といった特定の旧華族に属する女性から選ばれる」ということが習わしとされており、民間出身の美智子様と上皇様の結婚は 旧皇族・旧華族らに強く反対されました。 旧皇族身で美智子様の姑ともなる 昭和天皇の皇后・香淳皇后は、高松宮妃、秩父宮妃らを招き、 「 平民からとはけしからん」と当時の侍従と数時間懇談し、皇太子妃を美智子様から変更するように訴えたと言われています。 旧皇族の梨本伊都子氏 は、上皇様と美智子様の婚約が発表された日の日記に、「 朝からよい晴にてあたたかし。 もうもう朝から御婚約発表でうめつくし、 憤慨したり、なさけなく思ったり、色々。 日本ももうだめだと考へた」と記し、明らかに美智子様を快く思っていないのが分かります。 美智子様に意地悪した人だらけで四面楚歌状態だったのかもしれませんね。 今日は平成最後の日 1959年4月10日 ご成婚当日 正田家ご出発の美智子様 ご成婚パレード 親戚で当時新聞記者を やっていた方から 頂いた写真 — すいすいちゃん suisui0220 美智子様は批判や意地悪な発言を乗り越えて上皇様と結婚されましたが、上皇様の結婚相手の候補者に元皇族の令嬢がいたことなどの理由から、結婚後も一部の皇族・女官に受け入れられず、 元皇族・元華族の婦人らからもさまざまな非難を受け、意地悪されたと言われています。 美智子様は1969年に、昭和天皇の侍従に 「(昭和天皇の皇后・香淳皇后は)平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがあるのか」と尋ねたと言われるほどですから、姑である香淳皇后も美智子様に意地悪した人である可能性が高いですね。 皇太子妃となった美智子様に仕える女官長は、秩父宮勢津子氏の母・松平信子氏が推薦した牧野純子氏でした。 信子氏は、女子学習院のOG会・常磐会(ときわかい)の会長で、明治以来、皇族妃・元皇族を中心にした常磐会は、皇室内における力は絶大なものがあったと言われています。 ということで、学習院出身でもなく、民間出身の美智子様へのバッシングは強く、 常磐会の面々や牧野女官長も美智子様に意地悪した人である可能性が高いですね。 ただ、平成の終わりに放送された再現ドラマ「美智子さま物語」では、 牧野女官長が美智子様と徐々に距離を縮め、相変わらず美智子様に意地悪した人から美智子様を守る発言をした様子が描かれていましたので、牧野女官長は意地悪した人ではなくなったのかもしれません。 美智子様に意地悪した人はたくさんいたと思われますが、メディアによるバッシング報道もそれを加担しました。 1993年に美智子様を失声症に追いやったバッシング報道の詳細は「」でぜひご覧ください。 今でも週刊誌報道が原因で体調を崩されるぐらいですから、美智子様にはずっとストレスが付きまとっていたのが分かりますね。 美智子様へのバッシングのひとつが「意地悪で性格きつい」というものです。 美智子様はとても穏やかなイメージですし、何より自分が結婚前から意地悪をされ続けてきたわけですから、「意地悪で性格きつい」と言われるのはなぜなのか気になるところです。 美智子様がなぜ「意地悪で性格きつい」と言われるのか調べてみると、そこで主に言われているのは、 雅子様との嫁姑関係でした。 2004年に天皇陛下(当時の皇太子様)が記者会見で雅子様への人格否定について訴えましたが、その主犯格が美智子様だというのがその理由です。 雅子様に対する人格否定発言については「」もぜひご覧ください。 スポンサーリンク 美智子様は雅子様に冷たいから雅子様への意地悪婆さん? 御成婚パレードから26年経っても綺麗な雅子さま — 【速報】 TakasimaAkihide 美智子様が「意地悪で性格きつい」と言われるのは、雅子様に冷たいことが原因とされており、ネットには美智子様のことを「意地悪婆さん」と揶揄する声もあります。 美智子様が雅子様に冷たい上に、 愛子様にも意地悪しているという声があったり、 インデックスさんのところのコメントで、美智子様が雅子様や愛子様に対して酷い意地悪をしていると書いてありましたが、何故、愛子様を可愛がらないのか疑問。 私が美智子様なら自分に似て美人で優秀な愛子様を誇らしく思うことでしょう。 宮内庁職員で虐められて辞めた人も沢山居るみたい。 歴代でも最悪だったんですね! 慈愛の人を演じていた美智子さん! 恥ずかしくて、普通の人はでてこれないわ! — 夢みる年寄り QK26GCpa0QlHOgS >それも美智子様の意地悪じゃないですか?笑 すべてが雅子さんの意地悪とすれば、雅子さん入内以降のあらゆる不思議な事象の整合性が取れる筈なんですけどね笑 — ふぁじあるにゅ fajiarunyu12 美智子様は雅子様に冷たいので、 即位パレードの馬車を貸さなかったのだと言われたり… 馬車パレードの馬車、また意地悪して貸してくれなくても、良いんです国産車でも、雅子様の、輝きで華麗なるパレードになるでしょう。 とても楽しみです美智子様の最後の、きつい意地悪やね。 ! — 夢みる年寄り QK26GCpa0QlHOgS 雅子様は、馬アレルギーではないのに、美智子さんは、自分の思い出を、雅子様に汚されたくないから、絶対馬車は貸さない!意地悪婆 早くくたばれ!もっと罰を美智子様へ——! — 夢みる年寄り QK26GCpa0QlHOgS 雅子様に冷たい、意地悪婆さんと散々な言われようの美智子様に同情を覚えてしまいますね… ただ、普通に考えると、 初の民間出身皇族で「平民」と散々意地悪されてきた美智子様が雅子様に同じような意地悪をするとは考えにくいですし、雅子様に冷たい意地悪婆さんというのは、噂に過ぎないように感じます。 皇室ジャーナリストも「女性自身」の中でこう語っています。 「美智子さまは皇太子妃になられて以来、皇室のしきたりの中で大変な思いをされてきました。 ご自分がやられておつらかったことを、後進になさるような方ではありません。 雅子さまを長い間見守ってこられた美智子さまが、バッシングを受けているという事実は、たいへん嘆かわしいことです」 出典:女性自身 美智子様と雅子様の確執のひとつと言われたお世継ぎ問題については「」もぜひご覧ください。 スポンサーリンク まとめ ストレスによる体調不良が報じられた美智子様に意地悪した人は誰なのか、「性格きつい」「雅子様に冷たい意地悪婆さん」といった噂はどういった内容なのかご紹介しました。 初の民間出身の皇族で皇太子妃となった美智子様には、旧皇族・華族からの反発が強く、 意地悪した人は旧皇族・華族、美智子様に仕えた牧野女官長、そして姑であった香淳皇后の名前が挙がっています。 美智子様が性格きついと言われるのは、雅子様に冷たい意地悪婆さんだからだとされるようで、雅子様に意地悪を繰り返してきたと一部で言われていますが、個人的には噂レベルに留まっているように感じます。 美智子様もご高齢ですから、数々のバッシングからは距離を置いて、心穏やかに過ごしていただきたいですね。

次の

紀子様の怖い正体 したたかな皇位簒奪計画を雅子皇后は防げるか

雅子さまいじめ

宮内庁の上皇職が衝撃的な発表をしたのは、12月13日の夕方に開かれた会見でのことだった。 皇室担当記者が語る。 「上皇侍従次長の説明によれば、美智子さまは今年に入ってから体調を崩されていました。 御代替わりを直前に控えた4月ごろから急激に体重が減少し、現在も体重は戻らないまま。 また6月の検査では心不全の判断指標となるBNP値が上昇していました。 この数値もいまだに改善がみられないそうです。 その原因についても言及があったという。 「上皇侍従次長は今回の会見で、詳しい原因はわからないものの、週刊誌報道にストレスを感じられた結果として胃に負担がかかった可能性があると説明しています。 美智子さまは毎朝、新聞に目を通されます。 その際に週刊誌の新聞広告をご覧になったり、気になった記事は取り寄せてお読みになったりすることもあるのです」(宮内庁関係者) 昨年の5月、宮内庁のホームページで「眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について」と題された文書が発表された。 一部の週刊誌で、眞子さまの結婚についての美智子さまの発言とされる文言が掲載されていることについて、宮内庁は《これまで両陛下は共に首尾一貫このことに関し一切発言を慎まれてこられました》と反論。 当時、新しい御所の建設が計画された際に、昭和天皇が愛された自然林が美智子さまのせいで丸坊主になった、といった内容でした。 しかし、実際には美智子さまはこの建設場所決定にいっさい関与していなかったのです。 たとえば即位パレードの延期について《上皇后美智子さまのご意向が強く反映されていた》などと、宮内庁は雅子さまより美智子さまの意向が優先される「二重権威」状態であるとの報道も散見された。 さらに、御代替わり後にはインターネット上でも心ないコメントが急増している。 ツイッター上には次のような信じがたいツイートも見られた。 《皇后雅子さまは上皇夫妻に25年間いじめられてきたの、本当に理不尽だったと思う》 《雅子皇后陛下の活躍をもう妨害したり口出ししたりしないで、静かに隠居生活をしていただきたいと心から願います》 さらに、今回の美智子さまの嘔吐を伝えた記事にさえ、ヤフーニュースのコメント欄には、ご体調を気遣うどころか、目を疑うような文言が並んでいる。 《もういいよ、そういうの。 そういった趣旨の書き込みが、ネット上にあふれているのだ。 ご友人がフェイスブックに綴っていた介護日記を閲覧されるなど、美智子さまは以前からインターネットを利用されている。 「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載.

次の

美智子さま「4億円衣装に雅子さまいじめ疑惑」乳がんも「引っ越して」の声

雅子さまいじめ

経緯と概要 [ ] 騒動直前の状況 [ ] の第一女子、敬宮愛子内親王は、当時2年に在籍していたが、2010年(平成22年)2月下旬からによる体調不良のため「不規則な通学 」が続いていた。 東京新聞は、「2月22日から26日の間、25日以外を欠席した」と報じた。 なお、2月27日 - 28日は土日である。 同年、 愛子内親王は体熱は下がったものの、や強い不安感を訴えたため欠席。 予定通り3月2日に4時間目の授業のみ出席し、給食は食せずに早退。 その後、3月5日まで3日間連続して欠席した。 [ ] 側はに学習院にファックスで連絡を取り、翌日の会見内容に了承を求め、学習院はそれを受けて欠席原因の調査を開始した。 ただし、この話し合いでは、欠席原因に対する双方の主張と見解は平行線をたどったという。 この状況を取材していた編集部は、3月8日に発売され、その前に見出しが宣伝されるAERA2010年3月15日号に「愛子さま「不登校」の真相」を掲載する準備を始めた。 数日間の欠席を不登校ととらえたのである。 そのため、この段階で学習院と東宮職の間で穏便な解決を探るチャンスは失われてしまった。 東宮大夫による発表、学習院による記者会見 [ ] 3月5日、東宮大夫のが定例会見にて、先述のように「愛子内親王の学習院初等科の欠席が続いていること」を明らかにし、原因の調査結果について、「学習院初等科の男子児童が(愛子内親王を含む複数の)他の児童に乱暴していることが原因であるということが判明しました」と発表。 さらに、野村は乱暴の具体的な内容を話さなかったが「(愛子内親王)本人も乱暴な行為の対象になっているのだと思う」と発言した。 野村が使用した「」という言葉が与えた影響は大きく、国内で大きな話題となったため、同日夜、学習院も記者会見を開いた。 会見には常務理事: と総合企画部長:があたった。 同校は騒動になったことを謝罪しつつ、愛子内親王と別のクラスに物を投げる、廊下を勢いよく走る、大声を出すといった「乱暴な男子児童」が過去(2009年11月頃)に存在したことを認めたが、内親王に対する「直接の行為」と「」の存在は否定した。 また、3月2日に早退しようとした愛子内親王は、外履きに履き替えた後に同級生の居る廊下に戻り、そこで飛び出してきた隣の組の男子児童2名とすれ違った。 その際に、先述の「乱暴な男子児童」のことを思い出し「不安を感じたと拝察」したとしている。 このように、東宮側と学習院側には• 敬宮愛子内親王に対し、直接の暴力行為が行われたか否か。 他の生徒にも被害があったか否か。 「乱暴」が意味する行為。 と言った点に食い違いが見られた。 反響の広がり [ ] これらの会見は国内のみならず海外でも取り上げられ、話題となった。 学習院には、学校の対応を批判する電話・FAXが多数寄せられた。 学習院初等科では、以前より「授業中に堂々とを使用する児童が存在している」など「が起きていた」という報道もされた。 3月8日、愛子内親王は母の(当時)の同伴により6日ぶりに登校。 ただし3月2日同様、4時間目のみで給食も食しなかった。 翌9日も同様 、10日は5時間目のみ 、11日は4時間目途中のみと、母の皇太子妃雅子(当時)同伴のもと不規則ながら11日の授業最終日まで登校を続けた。 も終業式には欠席した ものの、ホームルームには出席した。 この間、愛子内親王の父のは、会見の翌3月6日にへ出国し、15日に帰国した。 こうした一連の騒動について、当時のの()は、3月9日「問題にどう対応し、改善させるかは学習院初等科が基本的にやること」と述べ、問題に介入しない姿勢を明らかにした。 同じく、野村東宮大夫は愛子内親王の欠席についての経緯や状況、今後の対応を愛子内親王の祖父母にあたる・(当時)に説明した。 天皇・皇后は「いずれかが犠牲になる形で解決が図られることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う。 」と話したという。 天皇・皇后の意向が示されると、学習院に対しては逆に激励の電話が多数寄せられるようになった。 、定例記者会見にて野村は学習院の発表内容と食い違いがあったことに関し、「学習院と十分認識が共有できていなかった。 心苦しく思います」と述べ、学習院側との認識が共有できない状態での発表だったことを認めた。 またの定例記者会見では、野村は皇太子夫妻のコメントを発表した。 コメントでは、国民に心配をかけたことについて「心を痛めている」とした。 『』はこのコメントに対し、「児童らに配慮した直接の言葉はなかった」という評価をした。 騒動後の報道 [ ] 、野村は定例記者会見で、6月10日号に掲載された「イジメっ子対策で『給食にを混ぜては』と提案した『東宮』」と題された記事が「事実無根だ」として、同誌編集長に訂正と謝罪を求めたことを明らかにした。 記事は、「東宮側が「イジメっ子対策」として、と似た作用を持つである()の薬をに混合させ学習院初等科の児童らに飲ませることを提案した」と報じている。 野村は「医師法違反になるような行為を提案するなどあり得ない。 東宮職はもちろんのこと、皇太子ご一家の名誉を著しく損なう記事で大変悪質」と批判した。 週刊誌の記事について東宮職が謝罪まで要求するのは極めて異例であり、各報道機関によって一斉に報じられた。 一方、週刊新潮・編集部は、「記事は確実な根拠に基づいて書かれたもので自信を持っている」とした。 学校の様子の報道としては、乱暴な男児のために、2009年冬の時点で学習院教師による「見張り」が行われていたこと、それが2010年の初夏に復活していることなど、いじめの事実を裏付ける記事が出ている。 ジャーナリスト友納尚子の取材によれば、「具体的な男児たちの行動は、授業中にを振り回す、椅子を担ぎ上げてごっこをするといったもので、愛子内親王に対しては下駄箱に頭を突っ込もうとするという直接の暴力があった」とされた。 また、いじめの中心と推察される、暴れるA少年、言葉のいじめのB少年の存在も報道された。 このB少年は学習院大学の元教員の孫であったため、「学校側が箝口令を強いた」とも言われ学習院側の不備も指摘されている。 報道に対する批判 [ ] また、を取材するマスコミの姿勢にも疑問が投げかけられた。 騒動後、2012年の3学期になっても愛子内親王の不登校が続いているかのように雑誌では記述されたが、はこれを「完全にお一人で登校されている」と強く否定している。 久能とらは対談で、「は一方的な報道に対し反論できない立場にあり、また特に皇室バッシング記事は『売れる』ため、反論が来ないのをいいことに皇太子妃雅子の診断を疑ったり離婚を薦めるなどの敬意を欠いた報道が横行し、もはや皇室に対するとなっている」と指摘した。 この背景には、宮内庁内の幹部を含む関係者や、学習院の関係者が(とくに皇太子家に関して)偏った情報を意図的に流していること、宮内庁幹部が他の官庁からのであり、任期中に事を荒立てることを嫌い自己保身に走っていることを挙げている。 そして本騒動においては、「マスコミは普通の児童に同様の事態が起きれば学校側を追求すべき状況にも関わらず、小学生の愛子内親王に対して的に陰湿ないじめに耐えることを求める異常な状況だ」といい、自分の子供を守るために授業を参観する母・雅子妃の姿勢を擁護した。 また友納尚子は、「愛子内親王に対する取材は、誕生時からメディアに注目された父の皇太子と比べても過剰で、登校時にも父の頃よりはるかに多数のカメラや記者が貼りつく状態であるといい、彼女の幼少時に事実に反する自閉症の疑い説が流されたことも含め、子供のことは悪く書かないといった最低限のルールが守られない状況にある」と指摘した。 その後 [ ] 愛子内親王はその後、「不登校を克服し、小学6年生の時点では友人も多く下級生の面倒もよく見て、学業の成績はほぼオール5のトップクラス、英語や日本史の家庭教育を受けるなどして、優秀な生徒に成長した」と報じられた。 脚注 [ ]• 2010年3月6日 東京新聞「愛子さま登校できず「乱暴な子」見て不安訴え」• 2010年10月25日, at the. いずれもMSN産経• 元掌典長:の長男で、曾孫にあたる(基政の母が家の)• 2010年3月7日 スポーツ報知「「愛子さま不登校」世界を駆けめぐる…海外メディア一斉報道」• 2010年3月10日 日刊スポーツ「愛子さま 連日の4時間目登校」• 2010年3月11日 日刊スポーツ「愛子さま 5時間目のお楽しみ会出席」• 2010年3月16日 朝日新聞「愛子さま、修了式欠席」• 2010年3月9日 MSN産経「」 2010年3月12日, at the. 2010年3月12日 読売新聞「「誰も犠牲にならぬ配慮を」 両陛下、愛子さまの問題で」• 2010年3月13日 読売新聞「学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める」• 2010年3月20日 読売新聞「愛子さまの問題「学校と相談し解決したい」 皇太子ご夫妻談話」• 2010年3月19日 47NEWS「」 2010年8月6日, at the. 週刊朝日 2010年4月2日号「待望の皇太子さまのお言葉を読む 愛子さま通学問題」• 2010年6月17日号 週刊文春「雅子さまご結婚18年目の正念場」• 「座談会 大御心を拝察せよ-まったなし! 女性宮家創設と皇室の未来」『』第30巻、、2012年3月、 17-26頁。 2010年6月10日号 週刊新潮「日常になった雅子さま一人参観」• (2013年10月28日)、2013年11月9日号、2016年3月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - -•

次の