劇場 版 臨場。 YESASIA : 臨場

【電影心得】黑執事劇場版:豪華客船篇(Black Butler-Book of the Atlantic) @ Prologue and Postscript :: 痞客邦 ::

劇場 版 臨場

注目のレビュー:臨場 劇場版• 2012-06-19 by 何だろう、この胸焼けみたいなモヤモヤ感やムカムカ感は。 「本当」の最後のシーンで痛感したのだが、この映画の製作陣は、テレビドラマの延長線上、二時間スペシャルの感覚で作っている。 だから、本作品の要である「真犯人」の動機や、主人公の度の過ぎた横紙破りで、作品にリアリティが感じられなかった。 映画冒頭で描かれる衝撃の事件は、このところ立て続けに発生している事件と変にタイミングが合ってしまい、逆...... 7人がこのレビューに共感したと評価しています。 2012-07-01 by TV版は見てません。 この映画版が初見。 テーマの重さに比較して、ラストがぬるすぎますね。 本作の最も重要なテーマは刑法39条です。 心神耗弱者(つまり精神異常者)はどんなに重い罪を犯しても罰されないという法律です。 この法律はずいぶん以前から問題にされてきました。 (例えば『刑法三九条は削除せよ! 是か非か』洋泉社新書、なんかが出ています。 ) この法律の問題は2つあります。 まず、責任能力という法...... 5人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

臨場 劇場版のレビュー・感想・評価

劇場 版 臨場

有好一陣子沒有看電影了,主要因為家裡發生了一些事情,所以抽不出時間去電影院看。 好不容易告一段落之後,電影就下片了。 算一算本來還想要看《奇異博士》、《星際過客》、《惡靈古堡:最終章》、《黑執事劇場版》、《海洋奇緣》…… 這些不是已經下片就是只剩下很晚的晚場了。 基本上我是秉持著要看就要省錢於是就要看早場的原則,所以非早場的時段我不考慮(當然太晚也是)。 而且可以的話,能盡量去電影院看就花錢進電影院看,畢竟一部電影(不管是真人還是動畫),都是耗費非常多的人力在拍攝、後製,不管是演員、配樂、配音、CG後製、動畫繪製,這些都是要燒錢。 這些電影是他們努力工作之下所呈現的成果,沒有人希望自己辛辛苦苦做出來的成品給人免費拿走,這又不是慈善義務工。 所以基本上上網路找載點資源不是我的首選,除非我真的沒趕上院線播映。 ……扯遠了,本來《黑執事》這一部也是想說幾乎是下片了,那麼就放棄它吧! 沒有想到在上周看到有! (日本1月底上映,台灣上映時間是2月底,進度算很快了,隔壁棚柯南劇場版都是人家日本4月上映,台灣則是暑假場) 包場有一個好處,就是你在看電影的同時可以 毫無顧忌地大叫尖叫發花癡發神經也不會有人給你白眼。 因為同場的大家也會跟著一起叫(欸 反正,既然有人揪,那就報名看看嘛!雖然說是動畫電影,不過就我對這部作品的印象,果然打鬥場面還是用大螢幕看比較刺激。 有滿滿的殭屍又有撞冰山+沈船,那個效果果然還是看大螢幕比較有臨場感。 於是二話不說就報名了。 第一次參加包場整個感覺很新鮮。 而且這次的主揪很有心,她說來參加的人會贈來場禮。 每個人收350元,我想這除了票價+包場成本以外,還有加上來場小禮的費用吧? 由於包場的地點是在信義華納威秀影城,而時間是在早上09:25,印象中威秀的早場票好像是240還是250的樣子。 把包場的成本加進去算250好了,主辦跟每個人收350元,所以剩下的100元是小禮物的成本。 雖然說主辦事前有講不要太期待小禮物,畢竟只是同好腦粉們一起發花癡(?)準備的,可是實際上收到我真的有點懷疑主辦她是不是有倒貼錢在這次包場上。 至於為什麼覺得主辦有倒貼錢這個晚點再說,總之今天一大早去影廳報到之後,拿到票&主辦很用心特別印製的邀請函(?)後,就浩浩蕩蕩的進影廳了。 再繼續講下去以前,先提一下這部動畫電影的來龍去脈好了(你這個應該要放在最前面早點講才對)。 《》是從2006年10月開始,在月刊GFantasy開始連載的日本漫畫。 然而他們家之所以被抄家,據說有個原因是因為他們伯爵家還肩負著「女王的看門狗」的職務而遭到記恨的關係。 而所謂「女王的看門狗」,就是替維多利亞女王暗地處置所有不能被社會發現,或警方沒有辦法靠正當手段解決的各種犯罪事件,靠著「黑社會」的惡勢力在檯面下執行非法正義,也是避免國內的這些黑社會勢力危及到正常社會表面的繁榮。 就像「看門狗」一樣,不讓黑社會的暴力、骯髒、迂腐來危及到大英帝國的繁榮形象。 由於故事是設計在19世紀的維多利亞時代,所以在劇情上也出現了不少與那個年代相關的改編事件與人物(比如說開膛手傑克事件、《福爾摩斯辦案全集》的作者在成名以前的案件etc) 於此同時,19世紀也是科學&醫學正蓬勃發展的時期,人不再輕易因為疾病的關係而死去。 人類靠著外在的力量,延長自然死亡的時間。 對於回收死者靈魂的死神們而言,這是很麻煩的困擾。 而這次的豪華客船劇場版,就是基於這樣子的劇情發展的。 由於近期在社會上有傳出「能夠將死人復生」的流言,而在經過近一部調查之後發現在這個流言流傳的同時,也有大量的人口走私販賣正在進行。 基於此懷疑可能有人在檯面下進行非法的人體實驗,為了避免造成恐慌,於是女王下令要伯爵去調查此事。 為了調查,伯爵與執事也上了這艘將穿越大西洋航向紐約的船。 由於死神這邊也有接獲到一連串「明明靈魂已經回收,但不知為何死去的屍體確有在活動」的相關報告,於是死神這邊也派了人前往船上去進行調查。 這次劇場版的劇情是改編自漫畫原作第51話~第65話,說實在這一段的劇情量還滿大的,除了講整起郵輪陰屍路(?)的打打殺殺過程以外,還講了當初伯爵與惡魔執事相遇的過程,以及爆笑有情緒複雜的磨合期,還有伯爵未婚妻的複雜心路歷程。 基本上這部劇場版動畫for的客群本來就是《黑執事》這部作品的粉絲,所以會去看得基本上也都是看過漫畫原作&之前的幾期動畫的粉絲(不過沒看原作漫畫的,大概是會把它當單元劇外傳看吧?畢竟說實在的原作我看不出有什麼主線劇情,真的都是單元劇在串流)。 雖然說我是原作派的,漫改動畫什麼的都是官方二創,尤其是《黑執事》之前的幾期動畫啊…… 第一季跟第二季根本就是同人黑歷史根本不忍直視啊,與原作真的就是完全的平行世界。 後來出的幾期動畫跟特別篇,像是馬戲團篇的〈Book of Circus〉,以及幽鬼城殺人事件的〈Book of Murder〉,劇情上照原作內容乖乖走編劇沒亂搞就好很多了。 所以,這次劇場版動畫的劇情沒有被亂改,我真的超感動TAT 而動畫作畫的部分,有不少的場景是用3D動畫帶過。 向是喪屍們集體暴衝這類的畫面,以及船斷兩節沉下去的部分也是。 缺點就是看了頭會有點暈。 然而,在看喪屍的畫面就沒有馬虎偷工減料了,不過…… 我還滿想吐槽這部的分級是分在保護級這件事…… 因為裡面滿滿的喪屍就算了,滅掉喪屍的方法不是支解它就是把它爆頭。 可想而知,畫面都是滿滿的番茄醬噴內臟不用錢的啊!分成藍燈保護級真的OK嗎? 不過這部原作連在已經有段時間了,看這部的粉絲其實應該都超過某個年齡層應該沒差(欸 電影結束後來講一下主辦準備的入場小禮。 因為本來預期說小禮物的預算了不起大概100元,而且主辦也說不要太期待小禮物多豪華。 我本來以為是很精緻的立體小卡or明信片or小吊飾甚至是糖果餅乾之類的。 不曉得她所謂的豪華指的究竟是多豪華,不過我想…… 她這次準備的小禮預算我覺得一定不只100元(抹臉 小禮物是用看起來很古典的玫瑰紙袋裝著的,而裡面放了…… 恩,小卡片一張,這是在預料之中,不過…… 陶瓷吸水杯墊還有……鋼筆!? 嗯……對……是鋼筆,而且是吸墨式的鋼筆。 筆的尾端還很用心的印上凡多姆海伍伯爵的姓氏。 ……光是這些成本應該不只100元了吧?(汗 不過主辦說貼錢什麼的就不管了,我想還是就……停止這個話題好了。 話說回來這還是我第一次用吸墨式的鋼筆啊!之前的兩隻都是卡墨水管的。 但我也不需要在特別去買瓶裝墨水,因為很久之前有個朋友送了我一隻玻璃筆,那個時候我興沖沖的還特地買了一小瓶墨水說要練字,結果後來被我束之高閣封印起來了。

次の

【臨場】線上看

劇場 版 臨場

概要 [ ] 「 終身」の異名を取るが主人公ので、発表された8編すべてが『』()に掲載された。 タイトルの「臨場」とは、警察組織において事件現場に臨み、初動捜査に当たることを意味する。 作画で化され、『』()に連載された。 主演により系列で連続化され、4月-6月に第1シリーズ、4月-6月に第2シリーズがそれぞれ放送、には映画化もされた。 書籍 [ ]• 単行本:光文社より2004年4月13日発売()• 文庫本:より2007年9月6日発売()• 臨場スペシャルブック:光文社文庫より2010年3月31日発売() ドラマ第1シリーズのグラビア・出演者インタビューをはじめ、上記の単行本・文庫本では未収録だった「罪つくり」「墓標」「未来の花」「カウント・ダウン」の原作を収録。 漫画 [ ]• 単行本:より2007年9月15日発売() テレビドラマ化に合わせ、が・より発売された。 「臨場 赤の名刺編」(2009年4月27日発売、)• 「臨場 黒星編」(2009年5月27日発売、) 登場人物 [ ] 倉石義男(くらいし よしお)〈52〉 L県警本部。 階級は。 「 終身検視官」の異名を取る。 鋭角なヤクザ顔で槍のように細い体躯が特徴的。 を拝命して以来鑑識畑一筋。 死体の目利きの鋭さは、歴代の検視官の中でも突出しており、僅かな痕跡や証拠の矛盾を指摘する。 上の命令をも平気ではねのけ、組織に囚われない一匹狼で、上層部からは疎まれているが若い層からは慕われており、倉石を「先生」「校長」と呼ぶ署員も多数いる。 3代前のに「余人を以て代えがたし」と評される。 L県警の内規では同じポストに5年以上いられないことになっているが、倉石に惚れ込んだL教室の教授が検視職から異動させないように裏で手を回しているため、既に5年以上検視官として活躍している。 大酒飲みで、毎晩のように飲み歩いている。 若い頃に離婚して以来独身を通している。 一ノ瀬和之(いちのせ かずゆき)〈41〉 「赤い名刺」「鉢植えの女」登場。 L県警本部捜査一課検視官心得(見習い)。 階級は。 既婚者。 「鉢植えの女」の後、へ出向するが、「黒星」では、場末の飲み屋が懐かしいと遊びに戻ってきていた。 高嶋(たかしま) 「眼前の密室」「鉢植えの女」「餞」「十七年蝉」登場。 プライドの高い捜査一課長。 組織の中枢を真っ直ぐ歩いてきた刑事部のサラブレッド。 検視官の経験者でもあり、検視官時代はミスター・パーフェクトと呼ばれた。 倉石を忌み嫌っていたが、「鉢植えの女」以後は倉石の実力を認める。 福園盛人(ふくぞの もりと) 「赤い名刺」「十七年蝉」登場。 L県警剣崎中央署刑事課捜査係長。 階級は。 刑事としての腕は良いと評判。 倉石を校長と呼ぶ。 各話あらすじ [ ] 赤い名刺 初出 - 『小説宝石』2000年6月号 倉石の下で見習い中の調査官心得・一ノ瀬は愕然とする。 おそらく自殺、と判断された遺体の身元がかつての不倫相手・ゆかりだったのだ。 2人の関係は終わっていたものの、自分との過去がバレるのはマズいと考えた一ノ瀬は、倉石に同行し現場に臨場する。 結婚すると赤いのを見せびらかしていた生前の彼女の様子からは、自殺とは縁がないように思われた。 その上、彼女の遺体からは指輪が消えていた。 自殺ではない、と思う一ノ瀬だが、そんなことを言えるはずもなく、他殺の痕跡が一切見つからないため、と判断を下さざるを得ない状況になってしまう。 相沢ゆかり〈27〉 一ノ瀬がで知り合った。 肉体関係を持つが、彼女の存在を恐れ始めた一ノ瀬が別れを切り出した。 首を吊った状態で発見される。 谷田部克典 剣崎市内の。 年齢は30手前。 父親・敦が古くから剣崎中央署のをしてきた。 父親がを悪くし引退したため、跡を継いだ。 眼前の密室 初出 - 『小説宝石』2003年1月号 の新聞記者・相崎は、ある老婆殺しの容疑者を絞り込むため、県警本部の警部の帰宅を官舎近くで張り込んで待っていた。 張り込みの最中で呼び出され、ある仕掛けをして15分だけその場を離れた。 老婆殺しの件は、帰宅した警部の表情で推理が当たりだと確信するが、警部の妻が何者かによって殺害されていた。 自分が仕掛けた装置から、最後に生きている妻を見てから警部の帰宅まで誰も部屋に入っておらず、その上、現場が密室だったことを他ならぬ自分が証明することになってしまう。 相崎靖之〈23〉 県民新聞の記者。 老婆殺しの容疑者を絞り込もうと県警本部の警部の帰宅を待ち構え、自宅を張り込む。 甲斐智子〈24〉 県民新聞のキャップの妻。 警邏中の警察官に怪しまれないようによく張り込みに協力してくれる。 鋭い推理力の持ち主 大信田 L県警本部捜査一課強行犯第四係長。 官舎に妻・加奈子と息子・豊と住んでいる。 赤石 県民新聞デスク。 張り込み最長記録を持つ。 花園愛 ・タイムスの新人記者。 夜中であろうと相手が病気療養中であろうと構わず呼び鈴を押す。 鉢植えの女 初出 - 『小説宝石』2001年5月号 家庭に疲れた45歳の主婦・裕子は、で知り合った一回りも年下の男に夢中になり、捨てられるくらいならと思い、で無理心中する。 警察庁への出向を持ちかけられていた一ノ瀬は、現場に臨場し、この事件を「倉石学校」の卒業試験と位置付け張り切る。 一方、別の現場にいた高嶋は、検視官より先に現場に着いた偶然を利用し、倉石の能力を試そうとする。 を名乗る男が書庫で死んでいるこの現場、高嶋は自殺と判断するが……。 小寺裕子〈45〉 主婦。 長年姑に孫をせがまれ、夫からはを強要され精神的に疲れていた。 出会い系サイトで知り合った男に夢中になる。 筒井道也〈33〉 サラリーマン。 単身赴任中で、東京に妻子がいる。 裕子に本気になられて困る、と同僚に漏らしていた。 上田昌嗣〈58〉 自称・郷土史家。 を早期退職し、研究の道へ進んだ。 妙なを書き残していた。 須藤明代〈42〉 上田が開いていた自分史教室に通っていた。 上田と肉体関係があった。 佐々木奈美〈43〉 自分史教室の生徒。 上田と肉体関係があった。 遺体の第一発見者。 餞(はなむけ) 初出 - 『小説宝石』2001年8月号 を控えた小松崎刑事部長は、自宅で郵便物の整理をしていて気になることを見つける。 13年前から欠かさず届いていた「霧山郡」とだけ記された、差出人不明のや。 去年の年賀状を最後にそれは途絶え、差出人が誰か分からないまま、やはり死んだのだろうかと考える。 倉石に促され、ハガキのことを相談してみると、霧山郡で昨年亡くなったのは11歳の少女と77歳の老婆だった。 差出人は老婆の方だろうと断定するが、彼女と小松崎の関係とは…。 小松崎周一 L県警刑事部長。 42年勤めた。 退職間際。 差出人不明のハガキを13年前から受け取っている。 山藤祥子〈20〉 女子大生。 小松崎の最後の事件の被害者。 声 初出 - 『小説宝石』2002年4月号 創立5周年の記念講演会で講師の男性に一目惚れした梨緒。 これまでの自分とは比べものにならないくらい積極的になれた。 正月休みに自宅に招かれ、心躍る梨緒。 だが、彼女を待ち受けていたのは卑劣な行為だった。 それから約10年後、の三沢の下に、実務修習生の斎田梨緒が自殺したと報告が入る。 現場は「死ね」と書かれた脅迫めいたFAXが床中にばらまかれており、三沢は到底自殺とは思えなかった。 斎田梨緒〈19〉 短大生。 5歳の時に両親を亡くし、叔父夫婦に引き取られた。 後に短大を中退し四年制大学へ入り直し、司法の道へ進んだ。 見供政之〈41〉 短大講師。 カウンセラー。 美形で若々しい容姿。 梨緒をレイプする。 両名とも梨緒の魅力に取り付かれていた。 真夜中の調書 初出 - 『小説宝石』2002年8月号 高校教諭殺しの犯人がスピード逮捕される。 だが、犯人の深見はの入れ知恵で黙秘を貫く。 しかし、が行ったの結果を聞くなり、全面的に犯行を自供する。 事件は解決したかに思われたが、科捜研に倉石から電話が入る、「DNAをちゃんとやれ」と。 倉石の言葉の真意を図りかねた担当刑事の佐倉は飲み歩いている倉石を訪ねる。 佐倉鎮夫 40過ぎの刑事。 スナック「猫」の常連。 美鈴 スナック「猫」のママ。 中央署刑事一課が常連で、事件が重なると客が激減する。 北沢 科捜研の若い所員。 DNA鑑定で深見を犯人と断定した。 比良沢富男〈29〉 殺害された高校教諭。 比良沢家は名家と知られる。 深見忠明〈52〉 元ホテルマン。 物盗り目的で比良沢家に忍び込み、見つかり殺してしまったと自供するが……。 どんな犯人にも黙秘しろと知恵をつける。 当番弁護士で深見の担当になる。 黒星 初出 - 『小説宝石』2002年10月号 落ち目の演歌歌手・十条かおりがホテルの部屋から転落死する。 元恋人の電撃婚約のニュースを聞いての発作的な自殺だと判断されるが、落下地点がずれていることから倉石は他殺、と判断する。 の小坂留美の元に、の同期でかつて一人の男を取り合い、10年前に警察を辞めた友人・春枝から電話がかかってくる。 「明日あたり会うかもね」そう言って電話を切るが、翌日留美は、春枝の遺体の前にいた。 現場にいた誰もが自殺と判断する中、倉石だけが自殺説を否定し、これは殺しだと断定する。 十条かおり ミニスカートでを歌うため、ミニスカ演歌と呼ばれ、一時は人気だった歌手。 疑惑で人気は地に落ちた。 元恋人の婚約を知り、発作的に飛び降りたとされる。 大磯一弥 体操のメダリスト。 かおりに大麻を教えた張本人とされる。 社長令嬢との電撃婚約を発表した。 小坂留美〈31〉 婦警。 1年だけ倉石の元にいたことがある。 男の取り合いに敗れてから1人取り残され、署内で噂の的になった。 町井春枝 留美の警察学校の同期。 男の取り合いで敗れてから警察を辞め、別の男性と結婚した。 倉石の元に3カ月ほど付いていた。 排ガス自殺する。 十七年蝉 初出 - 『小説宝石』2003年7月号 巡査拝命以来15年、これまでいくつもの部署を渡り歩いてきたL県警巡査部長の永嶋は突如、調査官心得への異動の辞令を受ける。 仕事に忙殺される中、高校生の射殺事件が発生する。 倉石の口から出たのは「十七年蝉」という言葉、十七年周期で起こる類似の事件。 17年前と34年前に起きていた類似の事件と今回の事件は繋がるのか。 永嶋武文〈33〉。 警部級のポスト・調査官心得に任命され、戸惑う暇もなく忙殺される。 朱美の死後、犯人たちをで殴打し、送りとなった。 朱美 永嶋の高校時代の彼女。 中学の同級生に騙され輪姦され、手首を切って自殺した。 早瀬あや子〈35〉 銀行員。 永嶋の友人以上恋人未満。 大崎勝也 3年生。 やを後輩に売る不良で有名だった。 射殺体で発見される。 立原真澄〈54〉 捜査一課刑事指導官。 倉石と同期。 その後の話 [ ] 以下の全4話は単行本・文庫本では未収録だったが、テレビドラマ第2シリーズの放送に合わせて、出演者のインタビューを併録した「 臨場 スペシャルブック」として刊行された。 罪つくり 初出 - 『小説宝石』2006年1月号 「十七年蝉」から1年経った、ある金曜日の夜。 L総合病院に搬送された倉石に付き添っていた機動鑑識班員の拓美は、女性が心臓発作を起こした夫を助けてほしいと懇願する光景に遭遇する。 夫の身体にはの電極パッドが貼り付けられていた。 それから数時間後、拓美の兄でL県警の刑事・一雄はラブホテル「ホテルJJ」の一室で起きた女性変死事件の捜査に加わっていた。 それは倉石から入った電話の内容を伝えるものだった……。 なお、倉石は本作の中盤からのため入院している。 敷島一雄〈26〉 L県警本部捜査一課強行犯係に所属する刑事。 階級は巡査部長。 6歳の時に交通事故で両親を亡くし、父の弟夫婦(=拓美の両親)に引き取られた。 敷島拓美 L県警本部機動鑑識班の班員。 3ヶ月遅れで生まれた一雄の義弟。 倉石のことを「校長」と呼ぶ、熱狂的な「倉石学校の生徒」。 幼い頃から一雄と「相手の『次の一言』を読む遊び」に興じている。 桐岡素子〈38〉 L総合病院で拓美と倉石が会った女性。 専業主婦。 心臓発作で倒れた夫の洋介にAEDを使用した。 洋介の後妻で、彼が先妻との間にもうけた20歳と19歳の娘を実の娘のように育てている。 桐岡洋介 素子の夫で恰幅のよい男性。 心臓発作のため、搬送先のL総合病院にて死去。 享年45。 生前はリフォーム会社を経営しており、で1度入院している。 片山小夜子〈23〉 「ホテルJJ女性変死事件」の被害者。 元キャバクラ嬢。 との前科持ち。 藤川正幸〈47〉 引越し会社の営業部長。 あと3日で48歳になる男性。 とで作った借金の返済を迫った取立屋を殺害・遺棄した容疑で、持田と一雄から取調べを受けていた。 持田 L県警本部強行犯係の係長で、一雄の上司。 立原を師と仰ぐ一方、たまに倉石学校にも顔を出している。 神田 L県警中央署刑事課の課長。 「ホテルJJ女性変死事件」を担当する。 琴平 L県警本部機動鑑識班の班長。 墓標 初出 - 『小説宝石』2008年7月号 未来の花 初出 - 『アニバーサリー50』〈2009年12月刊・光文社〉 カウント・ダウン 初出 - 『』13号〈2009年11月27日刊・〉 テレビドラマ [ ].

次の