ちん カス 原因。 なんだかペニスが痒い…。亀頭包皮炎の症状、薬局で買える治療薬について調べてみた。

恥垢

ちん カス 原因

洗濯する物にはいろいろなものがあります。 主に白いカスが目立つのは黒い服などではありませんか? そういう時には分別洗いが有効です。 タオルと一緒に洗った! 黒い服と一緒にタオルを一緒に洗うと、白いカスがつく時が多いです。 洗濯好きの妻に言わせると、 タオルと普通の服は分けて洗う方がいいみたいです。 タオルはパイル生地なので、小さい毛がでやすいんですね。 それが、洗濯しているうちに、衣服の方についてしまうのが原因だったりします。 なので、面倒くさいですがタオルと衣服を別々に洗うと、我が家では白いカスがつく確率がかなり減っています。 ポケットティッシュ問題 よく息子がズボンのポケットのポケットティッシュを入れているのですが、洗濯槽に入れる時にチェックを忘れて一緒に洗うと、テッシュが溶けて衣服につく原因になります。 テッシュも結構ひどい状態になりますから、これは 忘れずにポケットチェックをした方がいいですね。 ティッシュ以外でも紙類が入っているならば、そんなこともありえるので、やっぱりポケットチェックがのちのちの面倒くさい白いカス取りをしなくて済むので、重要なチェックになります。 分別の問題の対策法 色の濃い衣類とパイル生地のものを分けるとか、洗濯表示をチェックして、その表示ごとに分けるなどをして分別洗いがかなり我が家では白いカスがつく時の対策法としては有効でした。 ちょっと面倒くさいですが、それをすることによってのちのちの面倒くささが違ってきます。 また、ポケットチェックで余計なものが入っていると白いカスの原因になることがありますから、そのチェックも怠らないようにしてくださいね。 洗濯で白いカスがつく原因:洗剤が原因の場合 白いカスでも、洗剤が原因の場合があります。 現在ではいろんな洗剤がありますが、基本的なその時の対策法を書いてみます。 粉末洗剤の場合 粉末洗剤の場合の白カス問題は、多くは溶け残りが衣類に着くことです。 これの対策法としては、 洗剤を入れすぎないことはもちろん、洗濯する 水の温度を上げると溶け残りが減ります。 また、意外な盲点としては、 衣類を詰め込みすぎも洗剤の溶け残りの原因となりますので、洗濯物の量が多い場合は、2回に分けるなどをして、確実に洗うようにしたほうが、白いカスがつきにくくなります。 柔軟剤問題 柔軟剤との相性の場合もありますので、一度柔軟剤を入れずに洗ってみるのも一つの方法です。 これで解決する場合は、柔軟剤を選びなおしてみるのもいいかもしれません。 また、柔軟剤を入れる時には規定の量を守って入れることをおすすめします。 すすぎをしっかり 洗剤の溶け残りの場合は、洗濯機の機能でしっかりすすぎなどの機能がある洗濯機の時は、しっかりすすぎで完全に洗剤をすすぎ落とすようにしましょう。 これだけでも、溶け残りを落とすことができると思います。 洗剤が原因の場合の対策法 まずは、洗剤を入れすぎないことと、粉末洗剤の場合は湯温を上げることや、先にお湯で溶かしておくなどをすると溶け残りを防いて、白いカスがつきにくくなります。 洗濯物の量も多いと水流がうまくまわりきらなくて、洗剤の溶け残りを起こしますので、2回に分けるなどをして洗うようにしましょう。 また、柔軟剤の相性の場合もありますので、それも一度柔軟剤を使わずに洗って解決するならば、柔軟剤を変えるなどの対策をしてみるのもいいかもしれません。 そして、洗剤がすすぎきれなくても白いカスがつく事がありますので、心配な時には、しっかりすすぎをしてみるのも対策法になると思います。 洗濯機が原因で白いカスがつく時があります。 その原因と対策法を書いてみようと思います。 糸くずフィルターのチェック 洗濯機に必ずついている 糸くずフィルターにゴミが溜まりすぎても、白いカスがつく原因になります。 ごみが溜まっている場合はきれいに取り除きましょう。 また、長く使っていると穴があいて、そこからゴミが漏れている場合もありますので、そこもチェックです。 穴を塞ぐか、ネットや家電量販店やメーカーに連絡して部品の取り寄せなどをすれば解決します。 洗濯槽の汚れ問題 洗濯機を長く使っていると、 洗濯槽にも汚れやカビなどが付着してきます。 そこから石鹸カスなどが出て白いカスが衣類に着く場合もあります。 そんな時には、洗濯槽クリーナーなどを使って洗濯槽をきれいにしましょう。 洗濯槽をきれいにすれば、白いカスのほかに嫌な匂いの対策にもなります。 洗濯機が原因の場合の対策法 洗濯機が原因の場合は主に2つの要因がありました。 まずは、糸くずフィルターがうまく機能していない時に白いカスがつくことが起こります。 そこをまずはチェックしてみてください。 それでもだめな場合には、洗濯槽が汚れている場合がありますので、洗濯槽クリーナーなどを使って、洗濯槽を綺麗にしてみてください。 もしかするとそれで洗濯のいろいろな悩みが解決する場合がありますよ。 まとめ こうしてみると白いカスがつく原因にはいろんな種類があることがわかりました。 ちょっと面倒くさいですが、分別したり、タオルなどは分けて洗う、ポケットチェックをするなどがまずやることでしょう。 つぎにに、洗剤量を規定通りにする、また、湯温をあげて洗剤を溶けやすくしたり、先にお湯で溶かしておくなどをすれば、洗剤残りが防げます。 心配ならば、すすぎを多くして洗剤をきれいに流してしまいましょう。 また、洗濯機が原因の場合は、糸くずフィルターのチェックや、洗濯槽をクリーナーを使って洗濯槽をきれいにしてみるなども対策法になります。 そして、もしもついてしまった場合は、洋服ブラシを使ったり、再度洗ったりして落とすようにして、洋服を綺麗な状態にしましょう。 いろいろ書きましたが、これで、白いカスの悩みが解決したのならばうれしいです。 では、またね〜。

次の

なんだかペニスが痒い…。亀頭包皮炎の症状、薬局で買える治療薬について調べてみた。

ちん カス 原因

洗濯する物にはいろいろなものがあります。 主に白いカスが目立つのは黒い服などではありませんか? そういう時には分別洗いが有効です。 タオルと一緒に洗った! 黒い服と一緒にタオルを一緒に洗うと、白いカスがつく時が多いです。 洗濯好きの妻に言わせると、 タオルと普通の服は分けて洗う方がいいみたいです。 タオルはパイル生地なので、小さい毛がでやすいんですね。 それが、洗濯しているうちに、衣服の方についてしまうのが原因だったりします。 なので、面倒くさいですがタオルと衣服を別々に洗うと、我が家では白いカスがつく確率がかなり減っています。 ポケットティッシュ問題 よく息子がズボンのポケットのポケットティッシュを入れているのですが、洗濯槽に入れる時にチェックを忘れて一緒に洗うと、テッシュが溶けて衣服につく原因になります。 テッシュも結構ひどい状態になりますから、これは 忘れずにポケットチェックをした方がいいですね。 ティッシュ以外でも紙類が入っているならば、そんなこともありえるので、やっぱりポケットチェックがのちのちの面倒くさい白いカス取りをしなくて済むので、重要なチェックになります。 分別の問題の対策法 色の濃い衣類とパイル生地のものを分けるとか、洗濯表示をチェックして、その表示ごとに分けるなどをして分別洗いがかなり我が家では白いカスがつく時の対策法としては有効でした。 ちょっと面倒くさいですが、それをすることによってのちのちの面倒くささが違ってきます。 また、ポケットチェックで余計なものが入っていると白いカスの原因になることがありますから、そのチェックも怠らないようにしてくださいね。 洗濯で白いカスがつく原因:洗剤が原因の場合 白いカスでも、洗剤が原因の場合があります。 現在ではいろんな洗剤がありますが、基本的なその時の対策法を書いてみます。 粉末洗剤の場合 粉末洗剤の場合の白カス問題は、多くは溶け残りが衣類に着くことです。 これの対策法としては、 洗剤を入れすぎないことはもちろん、洗濯する 水の温度を上げると溶け残りが減ります。 また、意外な盲点としては、 衣類を詰め込みすぎも洗剤の溶け残りの原因となりますので、洗濯物の量が多い場合は、2回に分けるなどをして、確実に洗うようにしたほうが、白いカスがつきにくくなります。 柔軟剤問題 柔軟剤との相性の場合もありますので、一度柔軟剤を入れずに洗ってみるのも一つの方法です。 これで解決する場合は、柔軟剤を選びなおしてみるのもいいかもしれません。 また、柔軟剤を入れる時には規定の量を守って入れることをおすすめします。 すすぎをしっかり 洗剤の溶け残りの場合は、洗濯機の機能でしっかりすすぎなどの機能がある洗濯機の時は、しっかりすすぎで完全に洗剤をすすぎ落とすようにしましょう。 これだけでも、溶け残りを落とすことができると思います。 洗剤が原因の場合の対策法 まずは、洗剤を入れすぎないことと、粉末洗剤の場合は湯温を上げることや、先にお湯で溶かしておくなどをすると溶け残りを防いて、白いカスがつきにくくなります。 洗濯物の量も多いと水流がうまくまわりきらなくて、洗剤の溶け残りを起こしますので、2回に分けるなどをして洗うようにしましょう。 また、柔軟剤の相性の場合もありますので、それも一度柔軟剤を使わずに洗って解決するならば、柔軟剤を変えるなどの対策をしてみるのもいいかもしれません。 そして、洗剤がすすぎきれなくても白いカスがつく事がありますので、心配な時には、しっかりすすぎをしてみるのも対策法になると思います。 洗濯機が原因で白いカスがつく時があります。 その原因と対策法を書いてみようと思います。 糸くずフィルターのチェック 洗濯機に必ずついている 糸くずフィルターにゴミが溜まりすぎても、白いカスがつく原因になります。 ごみが溜まっている場合はきれいに取り除きましょう。 また、長く使っていると穴があいて、そこからゴミが漏れている場合もありますので、そこもチェックです。 穴を塞ぐか、ネットや家電量販店やメーカーに連絡して部品の取り寄せなどをすれば解決します。 洗濯槽の汚れ問題 洗濯機を長く使っていると、 洗濯槽にも汚れやカビなどが付着してきます。 そこから石鹸カスなどが出て白いカスが衣類に着く場合もあります。 そんな時には、洗濯槽クリーナーなどを使って洗濯槽をきれいにしましょう。 洗濯槽をきれいにすれば、白いカスのほかに嫌な匂いの対策にもなります。 洗濯機が原因の場合の対策法 洗濯機が原因の場合は主に2つの要因がありました。 まずは、糸くずフィルターがうまく機能していない時に白いカスがつくことが起こります。 そこをまずはチェックしてみてください。 それでもだめな場合には、洗濯槽が汚れている場合がありますので、洗濯槽クリーナーなどを使って、洗濯槽を綺麗にしてみてください。 もしかするとそれで洗濯のいろいろな悩みが解決する場合がありますよ。 まとめ こうしてみると白いカスがつく原因にはいろんな種類があることがわかりました。 ちょっと面倒くさいですが、分別したり、タオルなどは分けて洗う、ポケットチェックをするなどがまずやることでしょう。 つぎにに、洗剤量を規定通りにする、また、湯温をあげて洗剤を溶けやすくしたり、先にお湯で溶かしておくなどをすれば、洗剤残りが防げます。 心配ならば、すすぎを多くして洗剤をきれいに流してしまいましょう。 また、洗濯機が原因の場合は、糸くずフィルターのチェックや、洗濯槽をクリーナーを使って洗濯槽をきれいにしてみるなども対策法になります。 そして、もしもついてしまった場合は、洋服ブラシを使ったり、再度洗ったりして落とすようにして、洋服を綺麗な状態にしましょう。 いろいろ書きましたが、これで、白いカスの悩みが解決したのならばうれしいです。 では、またね〜。

次の

包茎ペニスが臭い理由~恥垢(チンカス)と包茎の密接な関係~

ちん カス 原因

「恥垢 ちこう が多い」ということで悩んでいる人や、「どうやって洗えばいいのかわからない」という人もいると思います。 そもそも学校の頃にそんなこと習いませんでしたし、私も大人になってからどうやってデリケートゾーンをケアするのかを知りました。 でも恥垢が溜まってそのままにしていると、恥垢結石 ちこうけっせき といって石のように固い塊になってしまうそうです。 デリケートゾーンにそんなものができると思うと怖いですよね。 しかもニオイにまで影響してくるので、女性として何とかしたいと思います。 スカートから臭ってくるなんて周りに気付かれていないか心配になるし恥ずかしいですよね。 こういったデリケートゾーンにまつわる話しって、どうしても友達や周りの人達に相談できないのでネットで色々検索してしまうと思います。 私も以前はそうでしたが、相談しても茶化す人がいたり誤った情報があったので本当にどれが正しいのか疑ってしまいます。 というわけで今回は、そういった情報に惑わされないように実際に産婦人科へ行って聞いた話しを含めてまとめてみました。 恥垢が多かったり、どうやってとればいいのかわからなくて悩んでいるという人は是非この記事を参考にしてみてくださいね。 恥垢とは「デリケートゾーンの垢」 そもそも[恥垢]って何か知っていますか?デリケートゾーンに付いている白いカスのようなものなのはわかっていると思いますが、それが何で出来ているのかわかりますか? 答えはデリケートゾーンにある垢なんです。 汚れの塊なので臭いのは当たり前なんですよね。 では汚れといっても、どういったものが集まって恥垢になっているのかお話していきます。 知識として知っておいたほうがいいので知らない人は是非チェックしてみてください。 古い角質やオリモノが溜まっている 恥垢になるものには、身体に付いている垢と同じようなものですがデリケートゾーンにしか分泌されない「オリモノ」も混ざっています。 また生理がくると経血も混ざってしまうことがありますし、トイレへ行った時のティッシュ、SEXをしたときに出てくる分泌液や精液などもそうなんです。 どれもニオイがするものなので、それらが垢になって固まっていると思うとニオイはかなり強烈なのが想像できますね…しっかりと洗っていないと恥垢結石になるので、これは正しく洗ったり恥垢を取り除けていないか心配になってしまいます。 洗い方2つで恥垢は対処できる 恥垢が多くあることによって、痒みやニオイにまで影響していたことがわかりましたね。 少しでも取り除いて雑菌のエサを減らしていかないとずっと悩まされてしまいます。 でも先程もお話したように、恥垢が増えてしまう原因には洗い方のせいでターンオーバーが乱れていることもあるので普段からデリケートゾーンの洗い方を正しくしていれば改善するかもしれません。 そもそデリケートゾーンの洗い方なんて習ったこともないので、みんな自己流ではないでしょうか? 私もどうやって洗うのが正しいのかなんて大人になって、調べてから初めて知りました。 今更すぎて誰かに聞くのも恥ずかしいですよね。 ここでは、正しいデリケートゾーンの洗い方についてまとめましたので是非参考にしてくださいね。 デリケートゾーン専用の石鹸を使う 湯船につかったり、シャワーで流しただけでも汚れは多少は流れますがニオイが気になったり恥垢が多い場合はしっかりと落とせていません。 ニオイを消すためにボディゾープで洗う人もいると思います。 私も以前は普通に使っていました。 でも洗った後何だかヒリヒリしたりと痛みを感じていたのですが、皮膚が薄いデリケートゾーンにとっては、刺激が大きいんです。 だからこそ低刺激のデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしましょう。 洗っても刺激が少なく痛みを感じないように調整してあるので安心して使うことができますよ。 私も以前は普通のボディゾープで洗っていましたが、今では専用のものしか使いません。 ドラッグストアやドンキなどでも色々販売していますよね。 今回は色々試してみて良かったジャムウソープを、ジェルタイプ、泡タイプ、固形タイプを含めて「このタイプならこれが1番良い!」と思ったものをまとめてみました。 「どれを使えばいいかわからない」という人は是非参考にしてみてくださいね。 ゴシゴシ洗わないで泡で優しくする デリケートゾーンを洗うときは、身体を洗うボディタオルは必要ありません。 昔はそれを使ってデリケートゾーンも一緒に洗っていましたが今思うとただ傷つけているだけでした。 やっぱり皮膚が薄いので、ゴシゴシ洗ってしまうと刺激が強すぎるので自分の指の腹部分で優しく洗うようにしましょう。 爪が伸びたりしていると、誤って傷つけてしまうことがあるのでそんな時は「綿棒」でなでるようにして洗うのがおすすめです。 強めに洗っていると、傷つけるだけでなく黒ずみの原因にもなります。 デリケートゾーンの黒ずみってなかなか見せることはありませんけど、彼氏や旦那が見た時にどう思われるでしょう?ちょっと汚い印象になりますよね。 顔も泡で優しく洗うように、デリケートゾーンも刺激を与えないように丁寧に洗いましょう。 もう少しデリケートゾーンの洗い方について詳しく知りたい人はを一緒に参考にしてください。 その他2つの対処法 洗い方を変えるだけでも恥垢を落としてキレイにしてくれることがわかりました。 それでも恥垢の多さが気になるという人は、もしかしたら汚れが取り除けていないのかもしれません。 「正しく洗ってもまだダメなの!?」と思いますが、あくまでもキレイになっているのは表面部分です。 ここでは他にも知っておいてほしい恥垢を減らす為の方法を2つ紹介するので、是非一緒に参考にしてみてくださいね。 アンダーヘアをなくす ニオイの原因にもなっていると話していたアンダーヘアですが、これは毛量があればあるほど恥垢や汗が絡まってしまうのでそこから雑菌が繁殖してどんどん増えていきます。 しかもアンダーヘアがあることによって、湿気も溜まりやすいので少しでも減らすことによって通気性がよくなり雑菌が繁殖しにくい環境をつくることができます。 衛生面で考えてもこの方法はおすすめですよ。 ただ、一気にアンダーヘアをなくすのは不安だし周りもビックリするかもしれないので徐々に減らしていく方法をおすすめします。 海外では普通ですが、日本人でハイジニーナをしている人は芸能人で告白している人はいるもののまだまだ少ないです。 これから衛生面で浸透していくと、つるつるしたデリケートゾーンにしやすいですがちょっと勇気がいりますよね。 でもアンダーヘアが少なくなることによってかなりメリットが多いんですよ。 生理中の経血が付かない• 汚れやオリモノなど絡まらない• 通気性がよくなるから臭わない• 湿気もなくなって痒みもなくなる 特に私は生理中のあの不快感が大嫌いだったんですが、デリケートゾーンを整えたことによってそれが軽減されました。 自己流でカミソリや毛抜きなどで処理すると、傷つけてしまったり黒ずみの原因になるのでおすすめは脱毛サロンです。 全く毛のない状態のハイジニーナにすることもできるし、デザインを決めて整えるVIO脱毛とどちらもできます。 また、プロにやってもらうことによって衛生面でも安心できますよね。 自分でやって失敗したら絶対にあとで後悔しちゃいますよ。 デリケートゾーンの脱毛と聞くと痛そうに思いますが、最新脱毛器では肌に合わせた施術で痛みがないものもあるんです。 気になった人は大手サロンだと安く試せるコースなどがあるので、是非1度試してみてくださいね。 痛みが少ないおすすめサロン 膣内洗浄でニオイ対策 デリケートゾーンの表面をキレイに洗えても、分泌物も気をつけなければいけません。 オリモノの量が多かったりしても恥垢が増えてしまう原因になるからです。 オリモノの量なんて自分で調節できないし、どうしたらいいのかわかりませんでしたが以前産婦人科へ行った時にすすめられたのが「膣内洗浄」でした。 膣内って自分で洗うことってできませんよね。 滅多にないですけど、エッチしているときに相手の汚れや分泌液が膣内に入ってしまうことがありますが、それを取り除くことなんて自分ではできません。 自然に流れるのがほとんどですが、免疫力が低下していて膣内でキレイにする働きがないときは膣内洗浄をしてキレイにするしかありません。 でも、膣内洗浄をするとデリケートゾーンを守ってくれている「乳酸菌」までもが流れてしまうんです。 その為こまめにやるのは、すすめられていません。 そこで友達に教えてもらったのが「洗い流さない膣内洗浄の【インクリア】」です。 もしかしたらデリケートゾーンのニオイ対策などを調べていて名前は見たことがあるかもしれません。 これのどこが良いのかというと、実際に私も使ってみてわかったのですが「即効性」です。 挿入してジェルを入れるだけなんですけど、自然とそのジェルが汚れなどを含めて一緒に流しだしてくれます。 トイレへ行った時に、下着を下ろすといつもニオイが気になっていたんですが全くの無臭でした。 膣の自浄作用をサポートしてくれる、オリモノやニオイ専用の膣内洗浄なのでこれを使っていればオリモノも正常に働いて恥垢が多くなる心配もありません。 とにかくニオイが気になって仕方ないという人は是非試してみてくださいね。 インクリアの公式サイトはコチラ 多くでるのには3つの原因がある いくら垢だからといっても毎日身体を洗っていたら、そこまで恥垢が溜まるのはちょっとおかしいですよね。 「もしかしたら何かの病気なのかな?」• 「ちゃんと洗ってるのに何でだろう」• 「彼氏とエッチするのが恥ずかしい」 恥垢は汚れが集まったものなので多く出てくることによって、色々な悩みが出てきます。 しかも誰かに相談したくても、友達に話せる内容じゃないですよね… 話すことによって「ちゃんとお風呂入ってないのかな」とか「性病にかかってるんじゃないの?」なんて思われたら最悪です。 ここでは誰かに相談する前に自分が当てはまるかどうか、3つの原因についてまとめましたので是非一緒にチェックしてみてくださいね。 生活習慣が不規則になっている これが1番の原因として多いと思います。 自分では不規則だと思っていなくても、身体にダメージを与えているかもしれません。 ラーメン・肉ばかりで野菜を食べない• 睡眠時間が6時間以下しかとれていない• 水分補給をせずいつも乾燥ぎみ• 運動しないから汗をかいていない• ストレス発散できていない• 生理不順が治らない この中で当てはまっていることはありませんか?私は悲しいことにほとんど当てはまっています。 栄養不足や睡眠不足になると、免疫力が低下していくので雑菌が繁殖しやすくなります。 そうするとオリモノの分泌量が増えていって恥垢も多くなってしまうというわけです。 ホルモンバランスも崩れてしまうと、特に生理不順になりやすいので休息をとることが大切です。 オリモノと恥垢の違いはわかると思いますが、機能の低下によって皮膚常在菌であるカンジダ菌が増殖して「膣カンジダ症」にかかっている可能性もあります。 恥垢もオリモノのいつもより多いと感じたらすぐに産婦人科で診てもらうようにしましょう。 生活習慣の乱れはデリケートゾーンにも影響してくるものなので、栄養のある食事をとって老廃物のないスッキリとした健康的な身体をつくってくださいね。 洗いすぎてターンオーバーが乱れる ターンオーバーとは、わかりやすくいうと表皮が新陳代謝していることです。 デリケートゾーンを守る役割として働いて、そのうち垢となって剥がれ落ちていきます。 このターンオーバーが遅ければ垢は出にくいですが、早いと垢が出やすくなってきます。 このターンオーバーによって恥垢が多くでているのなら、恐らく「洗い方」が原因です。 「恥垢が多いから汚れを落とさなきゃ」という気持ちはとてもわかります。 私だって垢があったらイヤだし早く落としたいです。 だからついゴシゴシと洗ってしまうと思いますが、実はそれがかえって良くないんです。 洗顔もそうですが、強く擦ったりすると肌を傷つけてしまってダメージを与えやすいって聞いたことありませんか?それと同じように、デリケートゾーンを擦ってしまうことによってせっかく守ってくれているバリアを剥がしてしまうんです。 これが繰り返し起きてターンオーバーが乱れてくると、せっかくのバリア機能が低下していって保湿機能までなくなり乾燥しやすくなってしまいます。 そうするとデリケートゾーンのかゆみが酷くなったり、雑菌の繁殖が増えて臭いがキツくなったりと悪いことが増えていきますよ。 これからはデリケートゾーンの洗い方には気をつけるようにしてくださいね。 アンダーヘアに染み付いている アンダーヘアの処理をしている人って少ないですよね。 海外では毛があるということが不衛生とされていて脱毛している人が多いです。 以前海外の友達にも「日本人はアンダーヘアの手入れを全くしていなくて不思議」と言われました。 でも考えてみると、生理の時アンダーヘアすっごく邪魔だと思いませんか!?特に経血がくっついてしまっているとシャワーを浴びない限りキレイにとれないのでとても気分が悪くなります。 つまり、アンダーヘアの毛量が多ければ多いほど汚れがくっつきやすいですしムレやすい環境なので、汗や尿などの体液やオリモノを含めた分泌液が染み付きやすいんです。 考えてみると確かに毛に汚れが付いていることってありますよね。 だからこそ量を減らさないと、その汚れが溜まっていって恥垢が増えてしまうんです。 ただしカミソリで処理をすると、生えてくるまでチクチクしてかなり痒い思いをするのでアンダーヘア専用のカミソリを使用するといいですよ。 ボサボサした固いアンダーヘアは、下着の中でもゴワついてムレの原因になるのできちんとお手入れするようにしましょう。 男性も言わないけど気にしている人が多いので、面倒臭がらずにきちんと処理してふわふわで柔らかいアンダーヘアを目指しましょう。 恥垢が多いと悪臭の原因になる 恥垢が多いのには、生活習慣の乱れや洗いすぎ、アンダーヘアの手入れが原因だったことがわかりましたが更に放置していると強烈な悪臭にかわってきます。 下着の中でもムレてしまったり、デリケートゾーンは毎日洗っていてもトイレへ行く度に洗えるわけではないので確かに汚いですよね。 ここではそのニオイの原因についてをまとめましたので、気をつけたい人は是非参考にしてみてくださいね。 恥垢は雑菌のエサ 実はデリケートゾーンには雑菌がいます。 でもきちんとバリアしてくれているので、病気になったりしづらいんです。 だからこそ、免疫力の低下には気をつけなければいけないのですが恥垢が増えていくとそれと一緒に菌も繁殖していきます。 何故かと言うと、その恥垢が雑菌たちのエサになっているからです。 考えただけで気持ち悪いですが、雑菌はニオイの原因物質を放出するので、雑菌を増やす原因になっている恥垢がたまればたまるほどニオイが強くなっていきます。 雑菌はデリケートゾーンの中でも増えますが、もう1つ注意しなければいけないものがあります。 それは「ナプキン・オリモノシート」です。 とにかく菌が増えないようにしなければいけないのですが、シートをこまめに替えておかないとその中で増えていってそこから恥垢をエサに食べて更に増えていきます。 下着の中なのでムレるし湿気が溜まりやすく、菌が繁殖しやすい環境なんです。 しかも雑菌の影響で痒みを感じることがあります。 下着の擦れだと思っていたら実は雑菌のしわざという可能性もありますよ。 これ以上雑菌を増やさない為にも、1日に最低でも4〜5回は交換するようにしないとそこから増えていってその分臭くなっていきますよ。 雑菌のエサになるものを長時間放置しておくのは衛生的にもよくないので注意しましょう。 汗をかくと混ざる デリケートゾーンは汗っかきとは関係なく、湿気が溜まりやすくて通気性が悪いので知らない間に汗をかいています。 汗は「汗腺」から分泌されているのですが、これには2種類あって全身からでるのが「エクリン腺」、ニオイを出す器官と言われているのが「アポクリン腺」です。 実はこのアポクリン腺はデリケートゾーンにも多く存在しているんです。 このアポクリン腺から出る汗は、普通の汗とは違ってタンパク質や糖質、脂質などを含んだものなので粘り気があって臭いニオイなんです。 脇でいうと「ワキガ」と同じ汗と聞けば、臭い汗だというのがわかると思います。 人によってそれぞれですが、デリケートゾーンにはアポクリン腺が多くあるので汗をかくと恥垢と混ざった時にかなりの悪臭がしてしまうんです。 ただ、デリケートゾーンのニオイは雑菌や汗の他にも原因が考えられることもあります。 人には聞けないスソワキガについてはの記事にまとめてあるので良かったら参考にしてみてくださいね。 まとめ いかがでしたか? 恥垢が多いのには、「生活習慣の乱れ」「洗いすぎ」「アンダーヘアの処理」が原因だったことがわかりました。 他にも雑菌や汗などのせいで、ニオイや痒みなどにも影響してしまうので恥垢はキレイに落とさなければいけません。 正しいデリケートゾーンの洗い方で汚れを洗い流しましょう。 また、アンダーヘアは毛量を減らして雑菌が増える環境をなくして、膣内洗浄で中もキレイにしてくださいね。 デリケートゾーンはとても弱い部分なので、丁寧に扱うことが大切です。 傷つけてしまったりすると、黒ずみや雑菌が入ってしまう原因にもなるので注意しましょう。

次の