21 歳 貯金。 22歳の平均貯金額・年収!みんな月にいくらくらい貯金している?

28歳の平均貯金額は100万円超え!独身は貯金ゼロが50%は本当?

21 歳 貯金

(2)奨学金について 半年後から返済開始。 月額1万2000円。 (3)その他の借金について 金融機関からの借り入れ。 借入額は、就活時の交通費等に約20万円。 (4)実際の生活費について 4月時の実際の生活費として、食費は2万5000円、水道光熱費は半月で5000円だったとのこと。 (5)趣味娯楽費について 交際費(遠距離交際中のため、主に交通費)と趣味のゲーム、被服費など。 ただし、あくまで想定される額だが、月によってある程度変動するとのこと。 (6)新型コロナウィルスの影響 現在、在宅ワーク中。 頼もしい限りです。 さて、現時点で茶獅子さんが第一に考えるべきは、確実に貯蓄をしていく、つまり現金を増やしていくことです。 金額にして5万円でしょうか。 合わせて、年間で約80万円となります。 しかも、大事な点は生活の中に、この貯蓄ペースを習慣づけることです。 もちろん、不定期の支出、予期せぬ出費もあるでしょうし、勤務先の業績によってはボーナスが減額されるかもしれません。 したがって、ときに貯蓄額に多少の変動はあるのは仕方がないこと。 それでも、続けることを意識してください。 貯蓄は継続してこそ意味があるのです。 そのためには何が必要か。 まず、生活コストを知ることです。 いただいた支出データは予想による、いわば仮の金額。 実際の数字を把握するために、少なくとも半年、できれば1年間は家計簿等で記録しながら、自身の支出パターンを見ていきましょう。 加えて、節約可能な費目や使途不明金が減るなど、貯蓄をしていく上で役に立つと思います。 アドバイス2 金融機関からの借り入れは年内には一括返済 気にされている借金返済はどうでしょう。 奨学金は毎月返済で構いませんが、金融機関から借り入れた就活費用は途中、一括返済してしまうのが、得策だと思います。 利息を含めて、残金十数万円ですから、時期としては貯蓄が30万~40万円に達した時点。 半年後の10月か遅くとも年内には可能なはず。 結果、毎月のコストが1万円下がりますから、半年後から始まる奨学金返済の家計負担もかなり軽減されることになります。 そして、一括返済を行っても、3年間で200万円程度は貯まるでしょう。 社会人5年目、26歳のころには300万円を超えます。 この年齢でこれだけ現金が貯まれば、十分合格。 結婚資金にもなりますし、いざというときに安心できる金額です。 ともあれ、まとまった現金があることで、人生の選択肢が増えます。 「お金がないのであきらめた」ということを回避できる。 これが現金を持つ最大の強みでもあるのです。 アドバイス3 投資は5年目以降から「つみたてNISA」を 次に投資ですが、焦る必要はありません。 先にも触れましたが、まずは現金、まとまった貯蓄を作ることが先決。 始めるなら、入社5年目以降からでいいでしょう。 スタートは「つみたてNISA」がおススメです。 配当や売却益にかかる利益が非課税というメリットはもちろん、最長20年間、積立(上限は年間40万円)で投資信託を買っていく形ですが、そのため投資の基本である長期分散投資が確実にできる点も、大きな特徴なのです。 商品は対象となる投資信託から選ぶことにはなりますが、いずれも低コストで、よりリスクを抑えたビギナー向けの商品が揃っています。 最後に保険について。 少なくとも結婚してお子さんが生まれるまでは、死亡保障は不要です。 また、貯蓄性も必要ありません。 貯蓄になりますと言われ、外貨建ての死亡保険等に加入する例がありますが、それも避けるべき。 現時点で必要なのは医療保障でしょうか。 ただし、毎月、社会保険料を支払って、健康保険に加入しています。 したがって、新たに確保する保障は必要最小限にとどめること。 具体的には、入院給付で日額5000円もあれば十分です。 しかも、掛け捨て(定期型)か、終身保障なら終身払いのタイプを選んでください。 保険料の目安は月2000円まで。 医療共済のもっともシンプルな商品でいいかと思います。 ともあれ20代は前半で貯蓄ペースをしっかり作り、まとまった貯蓄を作ること。 投資は20代後半から。 無理をせず、少額(月1万円程度)で構いません。 その間、収入アップもあり、貯蓄ペースも上がるはず。 30歳を迎えるときには、無理をせずとも金融資産で600万円は十分手の届く額です。 こうなれば、金額としても、そして貯蓄をしてきた実績、経験からも、茶獅子さんが心配されている「将来、資金的に困窮する」ことは、ほぼないと思われます。 ぜひ頑張ってください。 相談者「茶獅子」さんから寄せられた感想 緻密なアドバイスありがとうございます。 貯金と投資は1対1程度で行おうと思っておりましたが、最初は貯蓄優先の方が良いのですね。 とりあえず、負債の返済を第1に行います。 その後に月に3万円、自動積立で貯蓄していこうと思います。 もう少し余裕があれば増額していきます。 ありがとうございました。 教えてくれたのは…… 深野 康彦さん.

次の

21歳の平均貯金額・平均年収・平均月収はいくら?おすすめの貯蓄方法も

21 歳 貯金

22歳の平均貯金額・年収は? 22歳の平均貯金額・残高|60万円 ゆとり世代と騒がれている年代でもある22歳ですが平均貯金額や残高は、60万円です。 この金額が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれですが、大学を卒業して働き始めたばかりの新社会人が60万円貯金があれば結構貯まっている方と言えるでしょう。 ただ、22歳というまだまだ若い年齢なので、お金をしっかり貯めている人よりも貯金が全くない人の方が多いのも事実です。 まだ遊び盛りである年齢ということや、働き始めたばかりで自分で稼いだ給料で買い物をするのが楽しかったりとなかなか貯金まで手が回らない22歳も多いです。 22歳の平均年収|250万円 22歳の平均年収は250万円です。 男性平均年収が約260万円、女性平均年収が240万円と男女の差が少ないのが特徴です。 これは大学進学をしていた人が新社会人として働き始める時期がちょうど22歳ということが関係しています。 職種としては営業職の人が年収が高く、事務職や販売職の人が年収が低い傾向にあります。 中には年収500万円以上稼いでいる22歳の若手もいるようです。 ただ、医者や消防士など専門的な知識が必要な仕事は22歳という年齢ではまだ仕事として稼げる年齢ではないので、年収500万円以上稼ぐには、芸能人などごく一部の職種に限られてくるようです。 21歳・23歳の平均貯金額、年収について 21歳の平均年収は240万円で、平均貯金額は30万円です。 21歳だと高卒で働いている人もいればまだ大学生の人もいる21歳という時期なので、平均年収は22歳とそこまで差はありませんが、平均貯金額が22歳の半分という結果です。 貯金についてまだまだ行動に移せていない人が多いのが21歳の特徴でもあります。 23歳の平均年収は280万円で、平均貯金額は100万円です。 23歳で100万円貯めることが出来ている人はしっかり者でしょう。 23歳では22歳の結果と同じように貯金0の人もまだまだいます。 ただ、そろそろ貯金を始めようと思い始めるのが23歳で、社会人として経験を積み心にも余裕が出てくる時期でもあります。 23歳という年齢は貯金を始めるのに最適な時期といえるのかもしれません。 21歳と22歳で貯金額に差はありますが、21歳は貯金に対する意識はそこまで高くなく、23歳になるにつれて貯金に対する意識が高くなってきます。 30代に入ると年収や貯金額が変わるのかについては以下の記事も参考にしてみてください。 22歳で貯金しておくべき額1つ目は「30万円」です。 通帳にこれくらいの余裕があると22歳という年齢だと安心できるでしょう。 急にお金が必要になったとき、困らないくらいのお金だと考えるとこれぐらいがちょうど良いです。 まとまったお金が必要になる場面は意外に多いものです。 例えば、新社会人になり勤務先が遠くなるため引っ越しをしなければいけなくなったりとお金が必要になることはあります。 まだ22歳という年齢なので親に借りることもできるかもしれませんが、自分でやりくりできるくらいの余裕は欲しいですよね。 まずは30万円を目標に貯金始めてみませんか。 22歳の平均貯金額では60万円と紹介したので一番近い金額がこの50万円です。 実家暮らしだったり、学生時代にアルバイトをして貯めたお金だったりと50万円くらい貯金がある22歳も多くいるので、平均的に考え、50万円という残高です。 この50万円をベースに貯金を50万円よりも減らさないという固い意思を持てば22歳でも50万円以上の貯金をすることができます。 100万円という大きな目標を立てて目標倒れしてしまうよりもまずはその半分の50万円を貯金しておくべき額として目標にしてみてはいかがでしょうか。 通帳に残高が全くないと不安になるのが人間の心理です。 でも、満足にお金を使えないこともストレスになりかねません。 22歳でそこまで自分を追い込んで貯金をする必要はありませんが、自分の心の余裕のために貯金しておくべき額がこの20万円という額です。 今まで紹介した金額に比べて少ないと感じてしまう人も多いかもしれませんが、目標を立てることが苦手だったり、お金をつい使ってしまう人にはおすすめの方法です。 22歳で貯金しておくべき額の最低ラインとして20万円を基準にしてみてくださいね。 貯金がないと不安な気持ちになります。 その不安を解消するための方法については以下の記事で紹介しています。 貯金がないと焦らずに、できることはあるのでまずはできることから貯金を始めてみましょう。 22歳はまだまだ若いです。 将来のことをしっかりと見据えて計画的に行動できる人は少ないはずです。 まだ若いから貯金はもう少し大人になってからいいや、給料がアップすれば自動的にお金が貯まると考えている人は何歳になっても貯金はできません。 後回しにしてしまう癖を見直す必要があるでしょう。 自分でお金を稼ぐ大変さを実感する22歳は、欲しいものもいっぱいあり、友達や彼氏と遊ぶのが楽しいと感じることは全く悪いことではありません。 ただ、使えるお金と使わないお金を区別する必要はあります。 まだいいやと思わずに、小銭貯金からでも構わないので出来る範囲でお金を貯めていきましょう。 いずれお金がないと困るよりも、貯金がある方が生活も豊かになり、気持ちにも余裕が出てきますよ。 仕事が大変、お金がない、だと気持ちも滅入ってしまうのでせめてお金面では苦労しないような生活習慣を身に付けましょう。 給料が入ったご褒美に…という甘い誘惑の言葉があるように、1ヶ月仕事を頑張った自分にご褒美を…とついつい考えてしまう人は多いですが、その考えではなかなかお金は貯まりません。 気づいたら残額が足りない、毎月そうぼやいている人は自分に甘い人が多いのが現状です。 自分に甘いことは悪いことではないし、仕事を頑張った自分を褒めてあげることも大切です。 ただ、それを毎月の楽しみにするのではなく、四半期に一回に減らしたり、ボーナスが入った月だけに限定するなど自分に甘い部分だけでなく厳しい部分を作ることが必要です。 アメとムチの使い分けができる22歳になりましょう。 そうすることによって自分へのご褒美もよりご褒美感が増します。 また、きっちりとお金を管理することができるようになるのでおすすめです。 どうしても人は自分には甘くなってしまうものです。 どう厳しくするか実践は難しいかもしれませんが、自分に甘くしすぎないという意識を持つことが何よりも大切でしょう。 もし残ったら貯金に回そうと考えているとお金は貯まりません。 なぜなら、まだこれくらい残高があると思うとどうしても使ってしまうからです。 給料日間近に残高がなくなる人はこの傾向の人が多いことでしょう。 どうしても手元にお金があると使いたくなってしまうものです。 お金を本気で貯めたいのなら「もし残ったら」など安易な考えはやめた方が良いでしょう。 そのため、給料が入ったらすぐ貯金をするという習慣を身に着けることが何よりも大切です。 先回りすることで計画的な行動ができるようにもなりますよ。 22歳なのにしっかりしているね、と言われるためにも先回りは良い習慣です。 でも、どうしてもなかなかお金が貯まらないと悩んでいる人はたくさんいます。 学生や主婦の方がお金に困らないために工夫していることについては以下の記事で紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 固定費と言っても、実家暮らしと一人暮らしとでは全く違うでしょう。 今回は実家でも一人暮らしでも発生する固定費について考えていきましょう。 その代表例として、携帯料金があります。 社会人になり携帯代を自分で支払うようになった人も多いでしょう。 この機会に携帯ショップに出向き料金プランを見直してみませんか。 節約できる部分は必ずあるはずです。 その他にある固定費としては、車のローンや自動車保険、医療保険など人によってさまざまです。 車のローンは見直すことができないかもしれませんが、自動車保険や医療保険は見直すことができるかもしれません。 面倒だと放置してしまいがちな保険関係もこまめにチェックを行うことで節約できるポイントが見つかるかもしれません。 保険の範囲を狭めすぎるのもよくありませんが、出来る範囲で見直してみるのもおすすめです。 一人暮らしをしていると減らせない固定費も多いと思うのでその場合は食費を見直してみることがおすすめです。 給料が入る口座とは別に貯金用に口座を作る方法です。 給料が入ったら毎月決まった金額をこの貯金口座に移すようにしておけば、知らず知らずとお金が貯まっていくでしょう。 それだけでなく、お金が貯まっていく様子を見るのが楽しくもなります。 毎月口座に移す作業が苦手だと思う人には、銀行の定期預金を利用してみてもいいかもしれません。 毎月自動的にお金が貯まっていくだけでなく、すぐにはお金をおろせないプランがあったりと、お金があると思うと使ってしまう人にはおすすめの方法です。 ただ、貯金口座に毎月移す習慣をつけることで「貯金癖」を作ることができます。 そのため、便利な銀行の定期預金を利用するよりも貯金口座を別に作ることをおすすめします。 通帳を1つしか持っていない人はこの機会にぜひもう1つ口座を開設しましょう。 給料口座と貯金口座を一緒にしないことがお金を貯める第一歩です。 この方法だとお金が貯まってもすぐなくなってしまうので一向に貯まらないのでは?と思う人も多いことでしょう。 おすすめの目標の決め方は、欲しいものよりも高い額を目標の貯金額として設定することです。 そうすることによって、貯金は少しずつ貯まっていきます。 欲しいものを買うための貯金だと思うと頑張れる人も多いのではないでしょうか。 5万円など少ない額から始めた方が継続しやすいのでおすすめですよ。 欲しいもので目標を決めて貯金をする方法は、まだまだ遊びたい盛りだったり、欲しいものが多い22歳にはおすすめの貯金方法です。 おすすめの貯金術については以下の記事で詳しく紹介しています。 貯金ができない性格だと諦めずに他の人が実践している貯金方法を参考に今日からできる貯金方法を始めてみませんか。 22歳から貯金を始めよう! いかがでしたでしょうか。 今回は22歳という学生と新社会人のちょうど間の年齢の貯金事情や年収事情について紹介しました。 まだ若いから、もう少ししたらと後回しにせず将来貯金がなくて困らないためにも出来ることからこつこつと貯金を始めましょう。 無理に節約をして生活の質を下げる必要はありません。 玄関に貯金箱を置いて毎日ある小銭を貯金する、給料が入ったら1万円は貯金口座に移す、など自分に合った貯金方法を見つけることから始めてみませんか。 残高がない!と給料日前に毎月悩んでいる方こそぜひ実践してみてくださいね。 22歳の貯金額については紹介した通りですが、20代の平均貯金額はいくらでしょうか。 21歳と23歳についても少し紹介しましたが、以下の記事では20代の平均貯金額や効率的な貯金方法について紹介しています。 参考にしてみてください。

次の

21歳の平均貯金額・平均年収・平均月収はいくら?おすすめの貯蓄方法も

21 歳 貯金

思っているよりも高いでしょうか?それとも低いでしょうか? 年齢 平均貯金額 中央値 20歳 10万 0円 21歳 30万 0円 22歳 69万 0円 23歳 100万 0円 20歳の平均貯金額・中央値 20歳の平均貯金額は 10万円です。 20歳ではまだ貯金を考える人が少なく、貯金というよりかは給料として入ってきたお金で遊んで残ったお金が口座に入っているイメージですね。 少しでもお金が残っているのが平均なだけ、まだいいことでしょう。 中央値で考えると 貯金をしていない人がほとんどです。 21歳の平均貯金額・中央値 21歳になると、少し貯金を考え始める年です。 給料をすべて使わずに貯金をするようになります。 それでも 平均30万円なので、一ヶ月数千円の貯金ですね。 貯金をしないとな、となんとなく思い始めるものの何かあったら使って中々貯まらない年です。 まだ貯金をそこまで大切に思っていない時期ですね。 22歳の平均貯金額・中央値 22歳になると大学生の人は4回生で卒業の時期、誕生日によっては新入社員として働き始める年です。 だからこそ 初任給、ボーナスを貯めようと貯金を考え始めます。 年齢が高くなるにつれ貯金の意識が濃くなっていきます。 社会人としてデビューすることで、お金の遣い方を始めて考えるようになるのでしょう。 平均は69万円、ただやはりその中でも貯金に意識が向かない人がほとんどで、中央値は0円です。 23歳の平均貯金額・中央値 23歳の平均貯金額は なんと100万円です。 高校や専門学校を出た人は働き始めて長い人も多く、大卒の人は1年目の年です。 貯金を考えて、そこまでお金を使わない人がすべてのお金を貯金していった結果23歳には100万円を貯めています。 特に将来のことを早くに考える人や、結婚を意識する人は貯金のことも考える人が多いです。 ただそれでも中央値は0円で、ほとんどの人が貯金をしていないのが現状です。 20歳、21歳、22歳、23歳で貯金が多い人の特徴 貯金が多い人にはどんな特徴があるのか、6つの特徴をご紹介します。 先に貯金ができる• お金の使い所を知っている• 投資をしている• 計画的に使っている• 将来のことを考えている• 実家暮らしの間に貯めている 以上6つの貯金が多い人の特徴について、それぞれ詳しくみていきましょう。 残ったら貯金をしようと考える人は、今月は残らなかったから貯金をしなくていいと考え、いつまで経っても貯まりません。 先に貯金をする分を抜いておくことによって、そのお金から自分の使えるお金を考えることができます。 先に貯金をしておくだけで、 例え毎月1万円であっても継続して貯めることで1年間で12万円貯めることができます。 少額から始めて、貯金になれてきたら2万円に増やすなどすることで、貯金を確実に増やしていっています。 お金を使うタイミング、お金を使う意味を知っています。 だからこそ安いからこれ買おうと無駄なものを買ったり、コンビニで毎日無駄使いをすることがありません。 ここぞ!という時に大きな買い物をするからこそ、貯金が増えるのです。 お金の使い所を知っている人はお金の価値をわかっています。 だからこそ貯めるだけではなく、使うことでお金が貯まることを知っています。 投資信託などに積み立てることで、少額からでも始めることができます。 今のお金ではなく、自分の将来のお金を貯めることを考えているため投資を始めます。 投資はただ貯めるだけではなく、増やすことができます。 だからこそ投資にお金を回す人が多いのです。 投資は難しく考えがちですが、投資信託など銀行で扱っているものは基本的には何もせずに毎月決まった額を入れるだけなので 積立貯金をしている感覚でできます。 リスクを分散して行う、投資の勉強をしている人ほど貯金が多いです。 だからこそお金が激的になくなったり、赤字になったりすることがありません。 いくら貯めるという計画ももているので、それ以上過剰に使うことがありません。 そのため貯金が気づけば多くなっているというように、 計画性のある人は気づけば溜まっているというのが多いです。 遊びに無駄にお金を使うということもないので、どうしてこんなにお金が減っているんだろう?ということになりません。 老後を過ごすためにはいくら貯めておく必要があるのか、子供が生まれたらいくら必要なのか、若いうちから計画を立てています。 早くから計画を立てて貯めておけば、1年に多くのお金を貯める必要がありません。 また将来のことを考えて貯金をすることで、どれくらい貯金をしたらいいのかのゴールも見えるため 貯金が負担になりません。 だからこそ貯金を多く行うことができるのです。 目標金額に達してしまえば、もう貯金をしてもしなくてもいいということなので、目標にいくまでは多く貯めることを頑張れます。 もちろん早くに一人暮らしをしている人もいますが、実家暮らしの人は 自分の手元にお金が残るうちに貯金にまわしています。 多くの人は実家だから全部自分で使える、今のうちに遊んでおこうと全て使ってしまいます。 しかし、実家だから、貯められる時だからこそ貯めているのが貯金の多い人です。 一人暮らしを始めれば回せるお金が少なくなることを知っているからこそ、実家の間に貯金を頑張るのです。 それに気づくかどうかの近いだけです。 20歳、21歳、22歳、23歳で貯金する理由 貯金をする4つの理由について解説します。 いざという時の備え• なんとなく• 趣味のため• 結婚資金 以上4つの貯金する理由について、それぞれ詳しくみていきましょう。 例えば身内に不幸があったり、何か問題が起きてお金が必要になった時に困らないための備えです。 または自分が病気になってしまったり、事故にあった時の入院費であったり、仕事ができなくなった時の備えを考える人もいます。 働けないから親に頼るっていうのも嫌ですしね。 やはり何かあった時、自分のことは自分で守りたいものです。 女性は特にいざという時のことを考えて、若いうちからお金を貯める人が多いです。 そういう人は堅実で、無駄使いをする機会が少ないです。 計画性をもって、お金を使い貯めることに注力します。 なんとなく貯めているというよりかは、 使いみちがないから必然的に貯まっていくと言った方が正しいですね。 20歳近くの人たちは遊びにお金を使ってしまっている人もいれば、趣味もなく特に友達と飲みに行きまくってお金を使うということもなければ、お金を使うことがありません。 それで実家暮らしであれば、いただいた給料が丸々残るような形になります。 だからこそ気づけば必然的に貯まっていくということです。 実はこの貯まり方をしている人がとても多く、しかしこの貯め方をしているとお金をただ無駄に貯めていくことにもなるのでもったいなかったりもします。 マリンスポーツをするのが好きな人が、夏に遊ぶためにそれまでにお金を貯めたりと、 短期的な目的を持って貯金をする人も多いです。 また海外旅行に行くために貯金をしたりと、自分の好きなことのためなら貯金を頑張れる人もいます。 特にこれくらいの年の人は自分のことだけを考えられるので、好きなことのためにお金を使う人は多いです。 趣味や目的を持っている人は、それをしている時間が一番楽しいので無駄なことにお金を使ってストレス発散することがありません。 趣味のためにお金を貯めている人は貯めては使い、貯めてはまた使うを繰り返すのである意味若い時の使い方としては一番いい使い方といえます。 特に女性は考えるのが早いので、自分で何歳までに結婚したい、だから貯めておこうと考える人が多いです。 今や男性の給料だけに頼れる時代ではないことを知っているので、 女性も自分のお金を用意するようになります。 同時に男性も結婚意識が強い人は女性を喜ばせるために貯金を考えます。 結婚資金は全部しっかりと行うことを考えると、かなり多額な資金になります。 だからこそ早い段階から少しでも多く貯めて、いつ結婚する時期が来てもいいように備える人がたくさんいます。 20歳、21歳、22歳、23歳で貯金なしの割合・特徴 割合 なんと 6割の人が貯金をしていない、という驚愕のデータが出ています。 半数以上の人が貯金をしていません。 しかも、この数字なんと23歳までのデータだけではなく、30代になってようやくこの数字が逆転するくらいで、全体の年齢で考えても貯金をできていない人の割合の方が多いのです。 特徴 この歳での貯金がない人の特徴は、いつでも貯金できると思っていることが一番に上げられます。 まだ若いから貯金しなくてもいい、今は自分の経験のためにお金を使う時だ!と考えて将来のことを全く何も考えずに お金をあるだけ使ってしまいます。 一番大変なのが貯金という意識がないことです。 今月もらった給料は今月中にすべて使うことを考えています。 貯金をしなくても収入があるから大丈夫、使ってもまた稼げばいいと考えて、将来稼げなくなることや稼げなくなった時のことを考えません。 リスクへ対応するということを頭に入れないからこそ、いざという時に何もできずに困り果ててしまいます。 20歳、21歳、22歳、23歳におすすめの貯金法 おすすめの4つの貯金法を大公開します。 固定費を見直す• 無理のない節約をする• 貯金口座を作る• 小銭貯金をする 以上4つのおすすめの貯金法について、それぞれ詳しくみていきましょう。 固定費というのは案外多く払いすぎているものです。 なぜなら人は固定されて払うものに対して、どれくらいが適正かいちいち考えないからです。 携帯電話が一番大きいです。 携帯電話を安くしようとすれば SIMフリーの携帯にしたり、無駄なプランを外したりすることで大幅に下げることができます。 その他公共料金も今では安いところがたくさんあります。 安くて使いやすいものに賢く切り替えるだけで、その分をそのまま貯金に回すことができます。 元々なかったお金だからこそ、貯金い回すことに違和感なく行うことができます。 ただ、この時にやってしまいがちなのが「節約をしよう!」と意気込んで、無理な節約をしてしまうことです。 一日一食にしたり、突然食費を一食100円にしたりと、 持続することがしんどい節約をしてしまいます。 一ヶ月くらいなら頑張れることでも、続けることが難しいことをしては逆効果です。 なぜなら一ヶ月がんばった自分を褒めて豪華な食事をしたり、自分にご褒美をあげたりと反動がきます。 一ヶ月我慢したからちょっとくらい、と言って自分へのお金がいつも以上に増えてしまいがちです。 ダイエットと一緒で無理なことをするとリバウンドしてしまいます。 だからこそ無理のない範囲で節約をすることが大切です。 無理のない節約をする、 前の月よりも1万円だけ減らすという形で決めることで無理なく節約をすることができます。 浮かせた1万円をそのまま貯金に当て、できそうなら徐々に節約するお金を増やしていくことで多く貯めることができます。 大切なのは徐々に増やすことです。 少しずつやることで人は節約になれていき、やがて基準がそこになっていきます。 ついつい使ってしまっては、せっかく貯めたお金がなくなってしまいます。 そのため貯金をする口座は 給料をもらう口座と分けるようにしましょう。 この時にただただ普通口座に分けるのではなく、定期貯金に入れることによって貯まるお金が増え、またものによっては一定期間引き出すことができないようになっています。 だからこそ引き落としてしまう自分の気持ちを止めることができます。 小銭貯金は習慣にしてしまうのがいいですよ。 例えば玄関に貯金箱をおいておき、 帰ってきたら財布の中に入っている小銭をすべて入れてしまうというようにルールを決めておきます。 あるいは500円貯金というように決めて、500円が出てきたら使わずに貯金箱に入れるのもありです。 小銭貯金は地味なように見えますが、意外と一ヶ月経つと貯まっています。 また小銭貯金をすることで、今までいかに小銭だからと無駄遣いをしていたかを実感できます。 だからこそ今すぐ貯金を始めたいけれど、多くのお金は難しいと感じている人はまずは小銭貯金から始めてみましょう。

次の