シンデレラ 勇気と優しさ。 シンデレラ:勇気と優しさを持つのよ【洋画名セリフ】

勇気と優しさを教えてくれる実写版「シンデレラ」

シンデレラ 勇気と優しさ

シンデレラは世界中で愛されるディズニー映画の1つですよね。 ほとんどの方が観たことがあるでしょう。 シンデレラといえば、ガラスの靴やかぼちゃの馬車などがよく話題になりますが、実は名言もたくさんあります。 英語でシンデレラは Cinderella 今回はディズニー映画~シンデレラ~より名言を英語で 20個ご紹介したいと思います。 シンデレラの物語 継母や姉たちに召使のように使われていたシンデレラは、ある日魔法使いの助けで舞踏会に行って、王子様に出会います。 女性なら誰でも憧れるお話です。 シンデレラのように、ただの一般人が急に成功して有名になることをシンデレラストーリーとも言いますよね。 シンデレラの本名 シンデレラの本名は、シンデレラじゃないということをご存知でしたか? 本当の名前は エラ(Ella)と言います。 家を掃除するときに体中に灰がついてしまったので、灰(cinder)にまみれたエラで、 シンデレラ(Cinderella)になりました。 (彼女は君に合わないよ。 I want to study something more difficult. (私はこの内容が合わないと思う。 もっと難しいのを勉強したい。 ) 英語でシンデレラを観よう! 今回はシンデレラのおすすめの名言を 20個紹介しました。 今度は英語の音声と英語字幕で観てみましょう。 映画を楽しみながら英語で観ると、リスニング力の向上に役立ちます。 ネイティブキャンプでは7日間無料で体験レッスンを受けることができます。 24時間気軽にレッスンを受講できるので、日常英会話を伸ばすのに最適です。 ディズニー映画は世界中で愛されているので、ぜひ講師とレッスンでディズニーについて話してみてくださいね。

次の

勇気と優しさと魔法と

シンデレラ 勇気と優しさ

今と、これから ありのままのワタシを、僕を、愛してくれますか? 自分の想いに素直になって、信じていれば世界は変わる すっかり謎のプリンセス、エラに恋をした王子は、エラの行方を捜していました。 国王の言葉に背を押され、舞踏会の夜に残されたガラスの靴の片方を頼りに、エラを捜すことに決めたのです。 利益を求めての結婚はするな 愛のために結婚しろ (国王の言葉より) 出典: 王子がガラスの靴の持ち主に恋をしており、互いの気持ちが通じていれば即座に結婚したいと思っていることを知ったエラは、王子のもとに行こうと決心しました。 キットは政略結婚を迫られていた王子でした。 キットはエラと出会ってから、すべての人が幸せを掴むために必要なのは、政略結婚ではなく、エラが持っているような勇気と優しさなのだと、信じていたのです。 お互いの考えを理解しあっている二人の恋が、ようやく実るかと思った瞬間ですが、まま母が黙っているわけがありません。 まま母はエラに対して、複雑な気持ちを抱いていたので、エラにとって最後で最大のチャンスを邪魔しようとしました。 まま母は自分の過去を語り、エラが幸せになることを妬んでいる理由も漏らしました。 この機会を逃せば、キットのもとには行けない。 でも、まま母の気持ちを理解できないわけではない……。 人を恨みきれないエラとは対照的に、「お金を払わず、タダで幸せになれると思うのか」というまま母の言葉の追い打ちに、エラはこう返します。 優しさはタダだわ 愛もそうよ (エラの言葉より) 出典: 誰かに優しくすることや、誰かを愛することは、心の底からわき出る気持ち。 誰かが幸せでいることや、誰かを幸せにすることに、見返りなんて必要ありません。 優しさも、愛も無償の感情なのです。 まま母のように身なりや振る舞いを美しく見せていても、それだけでは本当の幸せを得ることはできません。 そして、どんなに辛くあたっても、決して人を傷つけないエラを見れば見るほど、まま母の心は苦しくなるばかり。 エラの「大切なもの」を信じる続ける清らかな心は、嫉妬や欲で汚れた人の心を、少しずつほぐす力があるのでしょう。 エラから大切なことを学び感じ取っていたキットもまた、名乗り出ないガラスの靴の持ち主との再会をあきらめませんでした。 必要なものは目の前にあります 勇気と優しさ それを忘れなければ、必ず見つかるはずだ (キットの言葉より) 出典: 何かに不満を言うだけではなにも叶わない。 エラもキットも行動する勇気、強さを信じていました。 エラは、大きな勇気をみせました。 みすぼらしい姿では、拒絶されるかもしれないけれど、キットの前に名乗り出ようという決意です。 君は誰だ (キットの言葉より) 出典: 穏やかに見つめるキットの問いに、はじめて名乗りをあげました。 忌まわしいあの名前を名乗ることで、本当の自分を知ってもらうことにしたのです。 シンデレラです (エラの言葉より) 出典: エラはプリンセスではありません。 灰まみれで、汚れた服を着た村娘です。 でも誰よりも優しく、勇気のある女性でした。 そんなエラをキットが受け入れないはずがありません。 恋や仕事のシーンで、どうしても背伸びをしてしまうこともあるでしょう。 でも、それは本当の自分でしょうか。 偽りの姿で愛されたとしても、それは本当の愛なのでしょうか。 富や名声に目がくらんだまま母や姉とは違います。 本当に欲しいものは真実の愛。 誰かに愛されたい、心通わせたいと思ったとき、優しさを与えることを忘れては叶わないことを、エラは示してくれます。 シンデレラが、城で生まれて、なに不自由なく育ったプリンセスだったら、世の女性たちは強く憧れていなかったかもしれません。 綺麗なドレスを着て、豪華な舞踏会に夢を見ていた小さなワタシたちも、社会に出て辛い思いをしたり、理不尽なできごとに悩みながら生きるようになりました。 シンデレラも同じように、嫌な思いや悲しい経験をしながら、自分の力で人生を切り開きます。 苦悩や葛藤をしながら人生を切り開いたシンデレラは、とても近い存在で、ちょっと遠い。 ちょっと遠いのは、勇気を持つことに少しだけ勇気がいるから。 その勇気を持ち続けられる女性だから、キットもワタシたちもシンデレラに憧れるのでしょう。 ようやく真実の愛を手にしたふたりは、勇気と優しさを分け与える力を得ました。 優しくて、勇気あるふたりがひとつに結ばれたのですから、民が幸せになれないはずがありません。 きっといつまでも、幸せに暮らしたことでしょう。 ふたりがどう惹かれあったのか……詳しくは劇場で魔法にかかった人だけが知ることができます。 シンデレラの言う勇気は、ありのままの自分をさらけ出すことだったり、嫌がらせをしていた人を許すことだったり、多くの意味を含んでいます。 不幸せになりたいと思う人なんかいません。 でも、幸せになる努力をしなければ、幸せはやってきません。 シンデレラを通して感じたことは、幸せになるための努力をするためには、まずは信じることが大切なのだということ。 「こんな自分でありたい」、「こんな仕事がしたい」とビジョンを捉えたら、その夢に向かってあきらめずに生きることが努力そのものなのではないでしょうか。 時に目を逸らすことも勇気、ペースを落とすことも勇気。 自分に優しくできれば、誰かにも優しくできる。 優しいあなたのピンチには、きっと誰かが背中を押してくれる。 あなただけのフェアリー・ゴッドマザーが見ているから。 夢はきっと叶う。 夢を叶える魔法は、それぞれの胸の中にある勇気です。 (たまさき りこ).

次の

映画実写版シンデレラの予告動画で英語を勉強する

シンデレラ 勇気と優しさ

エラと王子様 「シンデレラは昔見たことあるけど、登場人物は忘れちゃったなぁ」という方も多いのではないでしょうか? まずは、シンデレラの登場人物の復習をしておきましょう。 シンデレラ 優しく、聡明な女性。 義母と義姉のどれほどのひどい言いつけにも、母の言葉「勇気と優しさを持つ」という言葉を胸に、決して逆らわず困難に立ち向かっていきます。 「夢は信じていれば叶う」と考え、常に前向きな性格が王子の目に留まりました。 父 心やさしく、エラのことを誰よりも思っています。 貿易商のため家を空けることが多く、1人になるエラを心配し再婚。 ところが、帰宅の途中で帰らぬ人となってしまいます。 トレメイン夫人(継母) エラの父親の新しい妻。 夫(エラの父)が自分の娘よりエラに愛情をかけている姿に嫉妬し、エラをいじめるようになります。 父親のいないところを狙ってエラをいじめるなど、ずる賢い性格。 2人の娘を思う気持ちは強く、なんとしてでも娘のどちらかを王子の妃にと必死。 ドリゼラ・アナスタシア(義理の姉) 声が高く、いつも2人で騒いでいる。 姉のドリゼラは自分の頭の良さに自信を、妹のアナスタシアは自分の外見に自信を持っています。 エラが美しいことから、エラをねたみ、いじめます。 キット王子 聡明でジェントルマン、優しい笑みが印象的な、ザ・王子様。 森で出会ったエラに惹かれるが、王子ではなく「キット」と名乗ります。 エラを探しだすためなら、国中の女性を集めた舞踏会を開くことも、ガラスの靴をもってすべての家を訪ね歩くこともする、情熱的な一面もあります。 フェアリー・ゴッドマザー 最初、老婆のフリをしてエラを試します。 エラが舞踏会に行けず泣いているところを見て、自分の魔法の力で様々なものをエラに用意し、舞踏会に行く夢をかなえてくれます。 杖を振って魔法をかけますが、たまにおっちょこちょいでミスもします。 実写版『シンデレラ』:あらすじ それでは、実写版シンデレラのあらすじを紹介していきます。 ところが、新しい義理(トレメイン夫人)の母は、ほかに2人の娘(ドリゼラとアナスタシア)を連れてシンデレラの家にやってきたのでした。 父が仕事でいない間、義理の母とその娘たちはやりたい放題、わがままづくし。 エラは自分の部屋すらも追い出され、屋根部屋で1人ひっそりと眠りにつくのでした。 父が帰ってきたらと思っていた矢先、父の訃報が入り、エラは義理の母と2人の義姉との暮らしを余儀なくされます。 解雇されたメイドにかわり、すべての家事を命じられたエラは、つい寒さから暖炉の前で眠りにつきます。 次の日、灰をかぶったエラを見て、2人の義姉が笑うようにつけたあだ名が「シンデレラ」、灰かぶりのエラというものでした。 エラは、一度森で王子に会ったものの、気づかずにいました。 「私も王子様に会ってみたい」と思ったエラは、亡き母のドレスを着たものの、義姉たちに破かれてしまうのでした。 絶望を感じるシンデレラの前に現れたのは… 真っ白なドレスに身をまとったフェアリー・ゴッドマザー 「もう何も信じられない」と嘆くエラの前に訪れたのは、「フェアリー・ゴッドマザー」。 かぼちゃを馬車に、ネズミを白馬に変えて、最後にエラのドレスをブルーの美しいドレスに変身させるのでした。 「12時の鐘が鳴り終わるとき、魔法が解ける」と知りながらも、時間を忘れて王子と話すエラ。 鐘が鳴り始めて急いで階段を下りるときに、つい片方のガラスの靴を落としてしまうのでした。 アカデミー衣裳デザイン賞を受賞し、2011年には映画業界への貢献が讃えられオフィサー位の大英帝国勲章を贈られた、権威あるデザイナーです。 シンデレラが作中で着用する衣装は、 ・普段着スタイル ・母の形見のドレスを作り直したピンクのドレス ・フェアリー・ゴッドマザーによるブルーの舞踏会ドレス ・ラストシーンのドレス と大変多いです。 一番有名な舞踏会でのブルーのドレスは、女の子なら一度は着てみたいとあこがれるものですよね。 実は、主に「コーンフラワー・ブルー」という色の生地が使われているなかに、グリーンやライラック、ブルーなども入っているんです。 幾重もの生地を重ね、あの美しい1つのドレスの色ができあがるということです。 すべてが合わさって初めて、私たちが知る上品で美しいシンデレラのドレスなのです。 ガラスの靴 シンデレラがフェアリー・ゴッドマザーから贈られる「ガラスの靴」もサンディ・パウエル氏のもと作られました。 19世紀の靴をイメージして作られたといわれるガラスの靴は、ただガラスのみで作られたものではなく、クリスタルからカットし、真ん中に蝶がデザインされています。 そのため、より輝きを増した靴となっています。 純白の生地に小さな花柄の刺繍(ししゅう)がほどこされており、後ろに長いデザインが上品かつ優雅な仕上がりになっています。 上品で、優雅でシンデレラにぴったりのドレスといえます。 また、1つ1つのドレスには小さなジュエリーがちりばめられており、シンデレラが踊るときらきらと光ります。 それもそのはず。 ディズニーが力を入れているだけあって、豪華俳優陣がそろっていますよ。 リリー・ジェームズ(シンデレラ役) 1989年生まれの28歳、イギリス人。 2011年には最も美しい顔の1位にランクインしたほどの美貌の持ち主です。 主役のシンデレラをオーディションで勝ち取りました。 まさにシンデレラガール、シンデレラ役にぴったりですね! ケイト・ブランシェット(トレメイン夫人役) オーストラリア生まれ。 アカデミー賞女優。 出演作に「ベンジャミンバトン 数奇な人生」「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルノ王国」などがあります。 リチャード・マッデン(キット王子役) スコットランド出身の俳優。 「ゲーム・オブ・スローンズ」のロブ・スターク役でブレイク。 端正な顔立ちと真っ青な瞳がチャーミング王子にぴったりだと話題に。 彼自身は、ワルツが壊滅的にできずシンデレラの撮影ではとても苦労したそう(笑) ヘレナ・ボナム=カーター(フェアリー・ゴッドマザー役) 言わずと知れた名脇役。 ハリーポッターシリーズではベラトリックス・レストレンジを演じ、ディズニー映画「不思議の国のアリス」にも出演しています。 毎回、同一人物と気づかないほど変化する大女優。 最近は悪役が多く暗い役が多かったが、「シンデレラ」では主人公を助けるフェアリー・ゴッドマザーとして白いドレスを着て登場。 実写版『シンデレラ』:日本語吹き替え版の声優 ロマンチックな舞踏会のシーン シンデレラ実写版の日本語吹き替えは、2015年2月に発表されました。 次にご紹介する吹き替えの2人は歌も担当し、大変話題になりました。 高畑充希(シンデレラ役) 演技に歌にとこなすマルチな女優。 朝ドラ「とと姉ちゃん」にも出演しました。 城田優(キット王子役) スペイン人と日本人のハーフ。 近年はミュージカルに多く出演するなど歌の実力も十分。 実写版『シンデレラ』:歌 日本語吹き替え版のデュエット曲「夢はひそかに」が話題になりました。 日本語版は高畑充希さんと城田優さんが歌っています。 なんと、シンデレラ役と王子役の声優がデュエット版を出すのは、公開される国の中でも日本のみとのこと! 「夢はひそかに」は、作曲家・久石譲の娘である麻衣さんが作詞を手掛けたということで、美しい日本語が2人の声に乗せて心にすっと入ってきます。 そのため、大人には細かい設定が甘く、物語を見ていて気になる点も出てきますよね。 「シンデレラ実写版」では、原作とディズニー作品ともう一度組み合わせることで、もともとの私たちにあるディズニープリンセス像を壊さないまま、新しいシンデレラを作り出しています。 また、アニメーション版では継母トレメイン夫人を意地悪な悪役として描くのみでした。 一方で、シンデレラ実写版では、継母トレメインがどのような立場の人間だったのか、なぜエラの家に継母としてやってきたのかをしっかりと描くことで、より人間味のある悪役に成長したと言えます。 シンデレラ本人も馬に乗るなど、本来の時代なら考えられないほど活発で明るくなっています。 また、王子様と知らずに一度王子に会っているなど、大人が見ても、昔見たシンデレラの補完物語として楽しめると思います。 まとめ.

次の