シースルー 前髪 の 作り方。 シースルーバングで前髪を可愛く作りたい&切り方を知りたい人に読んでほしい3つのこと|シースルーバング

【美容師監修】重ため前髪を薄くしたい人は必見!シースルーバングの作り方を紹介

シースルー 前髪 の 作り方

韓国で火がつき、日本でも大流行中の前髪がシースルーバング。 少し前に流行った厚めの前髪と違い、薄く作った前髪のことです。 このシースルーバングは、モデルの泉里香や女優の新垣結衣など旬の芸能人たちがこぞって取り入れているほど人気なんです。 厚めの前髪よりも断然色気がありながら、清潔感や清楚な雰囲気も出せるのがその魅力。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 韓国発の前髪!芸能人もやっているシースルーバングとは? シースルーバングは最初、韓国でその人気に火がつきました。 韓国で大人気の女優のユン・ウネがやったことから、若い女性にたちまち流行となり、その人気が日本にまで広がったのです。 日本の女優でも、憧れの女性代表の石原さとみさんや綾瀬はるかさん、新垣結衣さんなどがシースルーバングにしていたことも。 シースルーなら色っぽさも清楚さも両方叶う シースルーバングは、ぱっつん前髪ほど幼い印象もなく、かきあげ前髪に代表されるような前髪なしスタイルほどのセクシーさもない、清楚さと色気との絶妙なバランスが魅力。 子供っぽくなりすぎる心配も、逆に老けこんでしまうデメリットもありません。 そんな清楚さとかわいらしさ、色っぽさなどを併せ持ったシースルーバングは、男性受けもバツグンです。 これなら、前髪を切りすぎて「失敗した!」なんて後悔とも無縁。 ここではピンを使っての簡単なアレンジでシースルーバング風に見せるやり方を紹介します! 1.前髪の約半分をまばらに上げてピン留めるだけ 額がまんべんなく透けるよう、前髪を全体的に間引くイメージでつまんで上げます。 鏡を見ながら量を調整してみて。 2. ソフトワックスをなじませて前髪の毛束を固定 前髪のところどころにワックスをつけて束をつくると、額の透け感を長時間キープできますよ。 1. 前髪を薄く分けとる 前髪を薄めに分けとって前に下ろし、残りを後ろに向けてコテで平巻きにする。 2. 水スプレーをかけながらくずす 薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける。 3. スプレーをかけてキープする 後ろに流した前髪が戻らないよう、根元にキープスプレーをかけたら完成。 美容院ではこうオーダー!シースルーバングの切り方 透け感のある前髪で大人な表情に 長め前髪に飽きたから前髪を作りたい! そんな人にもシースルーバングはおすすめ。 サロンでどういう切り方をしてもらばいいのか、確認しましょう。 黒目と黒目の間の毛を薄く取ったら、目の上ギリギリで切ります。 サイドは頰あたりでカットし、サイドにつなげるように流しましょう。 前髪の根元を起こすようにドライしてから、軽く巻いて透け感を調整してください。 前髪のゆる〜い抜け感がポイントとなり、ふんわりフェミニンな印象を与えてくれます。 前髪は目にかかる長さを残し、おでこが透けるように調整します。 シースルー前髪はボブとの相性も抜群 直線的なボブの強さをシースルーの前髪で柔らかく 毛先を直線的に切りそろえたボブは、インパクトがあり、女らしさというよりは強さを感じさるヘアスタイル。 そこで、前髪を色気と女らしさのあるシースルーバングにすることで、女性らしい柔らかさもオン。 童顔や丸顔の人も、この髪型なら大人っぽい服も似合うようになるはず。 また、目元が隠れる程長くて薄い前髪は、流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。 シースルーバングは長めに作ると、アンニュイな雰囲気が出せる。

次の

【韓国美女風】薄め前髪・シースルーバングとは?カットなし・セットのみでできる作り方まとめ

シースルー 前髪 の 作り方

道具 はさみ ヘアカット用 コーム ヘアアイロン ブロッキング 自分が好きな薄さで、前髪を三角に取ります。 長さを切る 目の下に掛かるくらいでサッとサイドに流れるようにします。 自分が切りたい長さよりも、少し長めに切ります。 軽くする 三角に数ミリ取って、留めます。 残った髪をとかします。 一番濃いところを取ってすきバサミを半分より下を2回入れます。 髪をとかします。 濃いところを取って2回すきバサミを入れます。 薄さが均一になったらOKです。 整える 髪を手で自然に取って、目の黒目から黒目の幅の毛先の1cm~1. 5cmくらいの所をはさみを少し斜めにして、ちょっとギザギザにぼかしていきます。 ヘアアイロンで少しカールさせます。 【動画】【美容師が教える】失敗しないシースルーうざバング前髪の切り方.

次の

【セルフアレンジ】ピンで作る!かわいいシースルーバングの作り方♡

シースルー 前髪 の 作り方

ぱっつん前髪の切り方 1. コームで前髪をよくとかします。 (濡れていると長さが思ったより短くなるのでしっかり乾かしてから) 2. 前髪を3つ(右、左、真ん中)くらいに分けます。 まずは真ん中の前髪から、自分好みの長さに合わせてはさみをまっすぐに入れ、少しずつ切っていきます。 真ん中が前髪の長さの基準になるのでコームでとかしながら慎重に切っていきましょう。 次は左側の前髪を切ります。 先に切った真ん中と長さが均等になるようにまっすぐにはさみを入れ、少しずつ切っていきます。 右側も同じように切ったらぱっつん前髪の完成です。 今回ご紹介したパッツン前髪の切り方は基本的なものになっています。 ばっさりいかず、少しずつがポイントです。 シースルーバンクの切り方 1. 前髪の真ん中をとってタワー型のように上にブロッキングします。 両サイドの髪はピンで留めておきます。 コームで真ん中の前髪を真っすぐにして下ろしたら、最初は長めに目の上で切るようにします。 切った真ん中の髪に合わせて、両サイドの髪も繋がるように、少しずつ切っていきます。 カーラーやコテでふんわりカールをつけ、鏡を見ながら束のようにスライドカット入れていきます。 シースルーバンクは色々な切り方があります。 今回ご紹介したのは基本的な切り方です。 ですが、シースルーバンクはセルフカットすると失敗しやすいといいます。 まずはピンで前髪を留めることやスタイリングの仕方でシースルーバングを楽しんでみるのもおすすめです。

次の