酢キャベツ 効能。 酢キャベツダイエットの効果的なやり方【作り方や保存方法も】

酢キャベツの効果効能4つ!ぜったい食べなきゃ損するワケとは?

酢キャベツ 効能

「酢キャベツの作り方、誰か教えて~」 「作ってみたけど、どうやって食べたらいいの?」 こんにちは。 保存期間&酢キャベツの食べ方• 寿司酢:75ml• 水:75ml• ローリエ:1枚• 黒こしょう:5粒 作り方の手順• キャベツを細く 千切りする。 お鍋に、寿司酢とお水・半分に切った黒こしょうとローリエを入れて、 ひと煮立ちさせる。 (黒こしょうを半分に切ると、 風味がよくなります。 ただし、黒こしょうを切る時は、気をつけてね)• ひと煮たちしたらキャベツを入れ、落とし蓋をして中火で 3分ほど加熱する。 (落し蓋が無い場合、キッチンペーパで代用できます)• 3分経ったらそのまま冷まし、保存容器にうつして 冷蔵庫で寝かせる。 この材料をみて、きっとこう思いませんでしたか?「 酢キャベツのために、ローリエをわざわざ買うのもね~」って…。 私も思いましたもん(笑)よーく分かります!普段は、あんまり使わないもんね。 そういう場合は、なくても大丈夫ですよ^^(1枚のために、買うのもね…) でも、 黒こしょうはあったほうが風味がよくなるかな。 黒こしょうは、我が家でよく使うんです。 最近は、 ミル付きの小さい黒こしょうが売ってるので!どんな料理にも使える黒こしょうは、あっても困らないかも^^ しかも!ミル付きだと、包丁で切らなくても大丈夫だし。 そのあとも、季節によりますが冷蔵庫で 7~10日間は、保存できます。 「 今すぐ食べてみたーい!」とは思いますが、半日寝かせた方が味が染みてまろやかになるので、ちょっとだけ辛抱してくださいね^^; 寿司酢バージョンの場合 出来上がって、 冷めたらすぐ食べられます! 保存期間は、冷蔵庫で 7日ほどです。 水分が入るため、超簡単バージョンより保存期間が短くなります。 「 なんか今日のメニューは野菜が足りないな~」って時に、 ポンっと食卓に出せるのも嬉しいですよね。 なんつったって、 野菜の王様キャベツですから! これが、 酢ごぼうだと…。 「 ん?なにこれ」って家族全員が、私の顔をジーっと見そうかなと(笑) いやいや、酢ごぼうも美味しいんですよ。 おせちの定番だし^^ でも、酢キャベツの方がまだ子供ウケもいいかなと^^;いや、本当に私はごぼうも好きですよ…。 酢キャベツの作り方はとっても簡単で、 2パターンあります。 寿司酢バージョンの保存期間は、お水が入ることで 短くなります。 加熱したときは、栄養を逃さないために お汁も一緒に残さず食べましょう。 酢キャベツは、特に お酢を入れる料理に合うのでおススメです。 どうです?酢キャベツ…ちょっと試してみようかなって思いましたか^^.

次の

【酢キャベツダイエット】簡単な作り方と効果 デブ菌・ヤセ菌の解説と保存レシピも紹介

酢キャベツ 効能

お酢は、リンゴ酢・米酢・穀物酢など、お好みのものでかまいません。 ジップ袋は大きいサイズのものよりも小さい袋のほうが使い勝手がいいのでおすすめです。 酢キャベツの作り方 キャベツを千切りにします。 キャベツが水に濡れているときはよく乾かしてから千切りにしてください。 水気をよく切っておかないと日持ちしにくくなりますので。 千切りにしたキャベツをジップ袋(チャック付きのビニール袋)に詰めます。 お酢を注ぎます。 注ぐ量の目安はキャベツが完全に酢につかる程度。 ジップ袋の空気を抜いて密封したら酢キャベツのできあがり。 冷蔵庫に入れて保存します。 冷蔵保存した酢キャベツは1週間から10日ほどで食べごろになります。 上の写真の左側が作って1週間後の食べころになった酢キャベツ。 右側が作ったばかりの酢キャベツ。 食べごろになった酢キャベツは2週間から3週間は日持ちします。 最初にキャベツを千切りにしたとき水気はしっかり取っておいてください。 キャベツが水に濡れたままお酢を注いでしまうと保存期間が短くなって日持ちしなくなります。 酢キャベツの食べ方 酢キャベツは、そのまま食べてもおいしく食べられますが、サラダに載せたり、スープや煮物に入れたり、炒め物に加えるなど、幅広いレシピに応用できます。 漬けたあとのお酢は捨てずに使ってください。 そのまま飲む場合は食前に大さじ1杯ほど飲むのがオススメ。 酸っぱいのが苦手なかたは水で薄めたりドレッシングに入れたりしてみてください。 胃腸の弱いかたは少しずつ食べてみて調子に合わせて食べる量を調節してください。 酢キャベツのアレンジレシピ 酢キャベツのアレンジレシピとしてミネストローネもおすすめです。 食物繊維も豊富に含まれているので便秘解消やダイエットにも最適。 酢キャベツを使ったミネストローネの作り方は別記事で紹介しています。 酢キャベツの効能 酢キャベツには、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に期待できるほか、お酢の脂肪燃焼効果により肥満の予防や改善にもつながります。 ただし、酢キャベツを食べるだけでは体重は減りません。 酢キャベツを食べると同時に、ご飯の量を減らしたり、間食をやめたりと、今までの食生活を見直した結果、体重も減っていくわけです。 毎日少しずつ食べ続けていくのが酢キャベツの効能を得る秘訣です。

次の

【酢キャベツダイエット】簡単な作り方と効果 デブ菌・ヤセ菌の解説と保存レシピも紹介

酢キャベツ 効能

酢の効能・効果が体に良い影響を与える理由を徹底解説!! [スポンサード リンク] 酢は料理の「さしすせそ」にも入っているほど日本人にはなじみの深い調味料ですが、効能・効果についてはそれほど知られていません。 ここでは酢が持っている体にいい影響を与える効能・効果について一つずつ解説していきます。 疲労回復 疲労には肉体的なものや精神的なものなど、原因となるものを探せば色々と出てきますが、酢は主に肉体疲労に対して効能があります。 乳酸の分解 人は体を動かす事によって疲労物質である乳酸を生み出し、その一部が筋肉内に蓄積します。 乳酸が貯まっている状態だと筋肉は酸化して筋肉疲労を起こすので、本来の力を発揮する事ができません。 そこで体は酸化している筋肉を元の状態に戻そうとするのですが、この時に役に立つのがお酢の成分である酢酸と有機酸が体内で変化したクエン酸とアミノ酸です。 クエン酸やアミノ酸には乳酸を分解する働きがあるので、筋肉の疲労回復を助長し、酸化した筋肉をアルカリ化してくれるのです。 グリコーゲンの補充促進 筋肉が活動する時にはグリコーゲンと言う糖分がエネルギー源として消費されています。 グリコーゲンを蓄えられる量には限界があるので、通常は減少した分補充されているのです。 しかし激しい運動などによりグリコーゲンが著しく減少していくと補充が間に合わなくなり、グリコーゲンが足りない状態=エネルギー源が足りない状態になるので、動きたくても体が動かないと言う事になります。 グリコーゲンの補充を促進させる為には糖分とクエン酸(酢酸が体内で変化したもの)を一緒に摂取する事が有効です。 クエン酸は糖分を効率よくグリコーゲンに変化させる働きがあるので、筋肉が活動する為のエネルギー源補充のための促進剤として役立ってくれます。 肥満防止・肥満解消 酢には肥満の原因となっている脂肪を分解する作用を持つペプチドや、脂肪の合成を防ぐアルギニンという抗肥満アミノ酸が含まれており、肥満を改善するのに良い働きをすると言われています。 高血圧予防 高血圧になる原因として有名なものに、塩分の取り過ぎがあります。 人は体の塩分濃度を一定に保つように出来ているので、塩分濃度が濃くなるとその濃度を薄める為に水分を欲してのどが渇きます。 そしてのどの渇きを潤す為に水分を体に取り入れると、今度は体にとって余分な血液が増える事になるのです。 血液が増えるとその分血管に負担がかかるので血圧が上がります。 更に悪い事に塩分(ナトリウム)は高血圧の血管に侵入しやすく、血管を収縮させる作用もある為、余計に血圧が高まる事になるのです。 これらを解消するためには塩分控えめの食事療法が効果的で、醤油の代わりに酢を使ったりする事で減塩効果を得られます。 また、酢にはナトリウム排泄作用やナトリウム代謝異常改善作用があるので、体の中にある余分なナトリウムを排除して適度な状態を作ってくれる効能もあり、高血圧予防に役立ちます。 他にも、血圧を上げる物質にアンジオテンシン変換酵素というものがあり、酢はこの酵素の働きを阻害する作用があるとも言われています。 血液サラサラ 血液の流れは血中に含まれる赤血球、白血球、血小板などの成分の状態によって左右されます。 不健康な赤血球は硬く変形しにくくなっているので、細い血管を通り抜けることが困難になり、体の隅々まで血液がいきわたらなくなるので血行が悪くなります。 白血球が不健康な時は酸化して粘着力が増し、血管の中をべたべたとくっつくので血液の流れが悪くなります。 血小板はけがをした時などには凝集して傷口をふさいでくれますが、状態が悪い時には少しの刺激でも凝集してしまうので血液の流れを邪魔します。 酢(クエン酸)にはこれら血液の成分の悪い働きを抑制する働きがあるので、血液をサラサラにして血行を良くすると言う効果が期待できるのです。 血行が良くなると新陳代謝が上がったり動脈硬化の予防にもなります。 血液をサラサラにする食品は酢以外にも青魚、チョコレート、梅干し、納豆、リンゴなどがあります。 血糖値の上昇を抑える 糖分は体を動かす為の重要なエネルギー源で、健康な状態の時はインスリンと呼ばれるホルモンが血中の糖分を上手くエネルギーに変えています。 しかしインスリンがなんらかの理由で作られなかったり糖分を上手くエネルギーに変えられなかった場合には、血中の糖分濃度が上がり、体が色々な不具合を引き起こす原因となるのです。 血糖値が上がると血圧が上がり、血管や心臓の病気の進行が速くなる他、血中の成分も異常な状態になるので血液がドロドロになり、動脈硬化の進行も速くなります。 一番厄介なのは、血糖値が高い状態が続くと糖尿病になりやすくなることです。 糖尿病になってしまうと急激に体重が減ったり、疲れやすくなったり、視力障害や性欲減退などの症状がみられるようになります。 糖尿病は一生治らないと言われているほど厄介な病気で、努力次第で改善はするもののそれを維持するためにはずっと節制し続けなければなりません。 血糖値をなるべく下げる為に日常生活の中で出来る有効な手段は食事療法です。 食前や食事中に酢を体に取り入れると食後の血糖値が下がるという研究結果はたくさん出ており、酢が高血糖に対して有効に働くことは世界中で証明されています。 酢が血糖値を下げる理由としては、酢に含まれている酢酸が食べ物を胃から腸へ送るスピードを遅くし、食後に高くなりやすい血糖値のピークをゆるやかにするからと言われています。 殺菌・防腐・洗浄・溶解・消臭作用 殺菌・防腐作用 「大腸菌」「腸炎ビブリオ」「赤痢菌」「チフス菌」「黄色ブドウ球菌」などを酢に10分~30分程度浸しておくと、ほとんど殺菌出来ると言う事が様々な研究機関で確認されています。 これを応用した例が酢飯や魚の酢漬けです。 食材の腐敗の原因として大腸菌や黄色ブドウ球菌などの雑菌やカビの繁殖などがありますが、食材に酢を使う事によって腐敗の原因菌の活動を弱くする事が出来るのです。 また、この殺菌力を使ってキッチン周りの食べ物を扱うような場所の除菌をしようとする方もいらっしゃいます。 しかし実はお酢でさっと拭くだけではほとんど効果は得られないのです。 それなりの効果を得ようとしたら酢の中に浸けておくか、酢を含ませたタオルなどで覆っておかなければなりません。 でもそれらを本当に実行してしまうと酸化や変色の原因となりますので、よく考えてから行動するようにしましょう。 洗浄・溶解・消臭作用 酢の主成分である酢酸は酸性ですので、アルカリ性を中和する働きを持っています。 コップなどについた水垢はアルカリ性ですので、酢を使って磨くときれいに取る事が出来ます。 また蛇口などの金属部分に貯まった白いもの(カルシウムやマグネシウム)も除去する事は可能なのですが、メッキされていない金属部分に酢が付着してしまうと、腐食する恐れがありますので気をつけるようにしましょう。 トイレで気になるアンモニアの匂いもアルカリ性ですので、水で薄めたお酢スプレーを一吹きすれば消臭できると言われています。 食欲増進・消化吸収率アップ 酢を味わう事によって唾液の分泌量や胃酸の分泌量が多くなり、胃腸の消化吸収の働きを助けます。 また、酸っぱい酢を味わったり嗅いだりする事で、空腹感の信号を出す摂食中枢が刺激され、食欲がわいてくるとも言われています。 カルシウムの吸収率アップ・便秘解消 カルシウムは主に骨や歯の基となるミネラルで、特に成長期のお子さんにとってはしっかりとした健康な体を作る為の重要な要素となっています。 またカルシウムには脳に情報を流している神経伝達物質の働きを活発にするという役割もあり、カルシウムが不足するとアルツハイマーや認知症などの脳障害を引き起こす危険性も高まります。 他にもイライラする気持ちを鎮めたり、体にとって不要な老廃物などを排泄するという働きがあり、カルシウムは人の健康に深くかかわっています。 カルシウムは胃酸などの消化液によって吸収しやすい形に変えられてから体に摂りいれられる為、吸収されるまでに時間がかかり、多くのカルシウムは吸収されないまま排泄されています。 酢にはこの工程を助ける働きがあり、酢に含まれている酢酸が体の中に入るとクエン酸に変化して胃酸とともにカルシウムを吸収しやすい形に変えます。 それに酢には唾液や胃酸の分泌量を増やす働きがあるので腸の動きも活発になり、更にカルシウムの吸収率が良くなる他、便通も良くなると言う訳です。 ビタミンCの破壊を防ぐ ビタミンCには美容と健康に欠かせないコラーゲンの生成を促したり、風邪などを引かないように体の免疫力を高めたり、発癌性物質の生成を抑制したり、体の酸化を防いで老化を防止するなどの色々な働きがあります。 私たちの身近にある野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれているので、他の栄養素と比べても割と摂取しやすくなっています。 しかし調理の仕方を間違えてしまうと、せっかくの良い栄養素が失われてしまうのです。 ビタミンCは加熱やアスコルビナーゼと言う酵素に弱く、アスコルビナーゼを多く含む人参、キャベツ、きゅうり、リンゴ、バナナなどと一緒に食べたり、すりおろして混ぜあわされると破壊されてしまいます。 例えばビタミンCを多く含むイチゴとアスコルビナーゼを多く含むバナナでミックスジュースを作ったとすると、飲みやすくて美味しくなるかもしれませんが、ビタミンCと言う素晴らしい栄養素は著しく減少してしまうのです。 しかしアスコルビナーゼにも弱点があり、加熱や酢に含まれる酢酸の力でその働きを抑制できるという事が分かっています。 酢を料理の味付けやドレッシングに使うなど調理にうまく利用して、ビタミンCを効率よく体に摂り入れられるように活用していきましょう。 老化防止 人の老化には酸素が体内で変化した活性酸素と呼ばれる物質の働きが深く関係していると考えられています。 活性酸素は普段の何でもない生活の中でも発生するもので、時には細菌やウイルスから体を守るために戦ってくれたりもしているのです。 役目を終えたものは体内の抗酸化酵素により除去されるのですが、活性酸素の量が多かったり抗酸化酵素の量が少なかったりすると活性酸素が除去できないまま体内に残ると言う事が起きてしまいます。 活性酸素は酸化している物質なので、除去されないでいると周りの細胞も同じように酸化(劣化)させてしまうのです。 この老化につながる酸化を予防する為に力を発揮するのがビタミンCやカテキンなどの抗酸化物質です。 抗酸化物質は他の細胞よりも酸化させられやすくなっており、自分自身が酸化する事によって他の細胞を守ると言う働きをします。 酢には体の酸化防止に役立つ抗酸化物質のビタミンCの破壊を防ぐと言う働きがある他、アルツハイマーや認知症などに影響のあるカルシウムの吸収率をアップさせたり、血液をサラサラにする働きもあるので、活性酸素に対する効能だけではなく、色々な老化防止に効果が期待できるという訳です。 スポンサード リンク.

次の