風邪 病院 どこ。 風邪を早く治すためには何科にかかるのが正しいの?

喉が痛い!病院は何科?どのタイミングで行く?

風邪 病院 どこ

しかし初めに言ってしまいますが、 ただの風邪であるならば、早く治すためには安静にして体をやすめるのが一番効果的です。 なぜなら風邪のほとんどはウイルスが原因であり、風邪のウイルスをやっつける薬というものは存在せず、 病院で処方される薬は症状をおさえるためのものだからです。 そのことを踏まえた上で、風邪をひいたと思ったらどこの病院にかかるべきなのかということについて説明していきたいと思います。 この記事では「風邪をひいたらどの病院にかかるべきなのか」について詳しく触れます。 実際のところ病院に行ったからといって風邪を早く治すことはできないのですが、それでもつらい症状をおさえるために、またはただの風邪ではないかもしれないから詳しく診てもらうために病院にいくことは意味があります。 そして風邪でせきがでて、鼻水もひどくて、のどが痛くて勉強も仕事も手につかないというようなとき、 何科にかかればよいのか?という問題は実は簡単な問題ではありません。 また、個人の小さい開業クリニック、中小規模の病院、地域の総合病院、大学病院など病院の規模の種類も非常に多い中から選ばなくてはいけません。 そこで、ここでは、「風邪をひいて病院に行こうと思ったらどのような病院にいくべきなのか」について説明していきます。 風邪は「~ 内科」「 耳鼻科」いずれでも診てもらえる まず風邪でかかるのであればどのような規模の病院が適しているのかについてです。 結論からいってしまいますと、基本的に自分で「これは風邪だな」と思うような症状であれば、まず小さい開業クリニックで十分です。 長い待ち時間があるような大きな病院に行く必要はまったくありません。 また、何科にかかるべきかという問題ですが、これも結論からいってしまいますと、風邪でかかる場合には 「~ 内科」と内科を含んだ名前を載せている診療科であれば大丈夫です。 ほかにも大切な選択肢として、のどの症状が中心であれば(のどの痛みなど)耳鼻科でも大丈夫です。 近くにここで挙げたようなクリニックがないという場合には、「~外科」と「外科」の名前を標榜しているクリニックであっても風邪程度なら診てくれます(美容外科などの特殊な外科はのぞきますが)。 風邪を治す薬はない 病院で診察を受けたのち、医師が重大な病気による症状ではなさそうだと判断すれば、症状をおさえる薬を処方してくれます。 症状をおさえる薬を飲みながら、無理をしないですごして、体調がよくなるのを待ちましょう。 残念ながら、実際のところ 風邪は薬では治りません。 病院で処方される薬はせき止め、熱冷ましなどの症状をおさえる薬でしかありません。 よく、「風邪を治す点滴を打ってください」といわれる方がいらっしゃいますが、風邪を治す薬はないのです。 (例外としてインフルエンザのみ、ウイルスをやっつける薬というものが存在します。 タミフルやリレンザなどがそれにあたります。 ) 「風邪を治す薬」というものは存在せず、病院でもらえる薬は「風邪の症状をおさえる薬」に限られているのです。 医者は 風邪の中から重症の人を探している そして基本的に医者は、風邪といって病院に来る患者さんの中から、実はインフルエンザだったり肺炎だったりというような ただの 風邪ではない人を探しています。 これは病院の大小に関わらず、どこに勤務する医者でも同じです。 あなたが、「風邪だと思うのですが・・・」といって診察室に入ると、医者はまず「本当に風邪なのだろうか?、他の病気が隠れていないだろうか?」と考えます。 つまり、多くの医者は根本的には「風邪を治そう」として風邪の患者さんを診ているわけではないのです。 重症なら専門の 病院に紹介してもらえる ですから、医者が診て「これはただの風邪ではないかもしれない」と判断した場合、 必要であれば必ず専門の 病院に紹介してくれます。 風邪だと思っても、実は肺炎であったり、喉頭蓋炎であったり、咽頭膿瘍であったり、喘息発作であったり、などなど重症の病気が隠れている例もあります。 じゃあ最初からそういう病気を治せる専門の病院にいったほうがいいのではというとそうではなくて、そのような風邪とは別の特別で重大な病気は、種類によって紹介先の専門科も変わってきます。 症状がひどくて重大な病気かもしれないという場合にも、どの専門の病院にいったほうがいいのかという点に関して、近くのクリニックの医師に相談するのがよいでしょう。 肺の病気が心配なら 内科、のどの病気が心配なら 耳鼻科 ただし、ある程度こういった症状ならばこういった診療科のほうが、より適しているかもしれないというのはあります。 たとえば、せきの症状が強くて、 肺炎などが心配であれば、胸のレントゲンを撮影できる 内科の病院がよいでしょう。 のどの痛みの症状が強いのであれば、 のどの処置や検査ができる 耳鼻科にかかるべきです。 風邪でもおかしいなと思ったら 病院に これは風邪だなと思っても、日常の生活や勉強、仕事に支障がでるほどであれば、とりあえず近くのクリニックで相談してみましょう。 また、これはただの風邪ではないかもしれないという場合でも、まずは近くのクリニックで相談してみましょう。 必要であれば専門の 病院に紹介してもらえます。 最終的にただの風邪といわれたら、早く治すためには安静にして体をやすめるしかありません。 風邪を一刻もはやく治したい!という場合には、風邪をひいたら無理をしないように過ごすのが一番の方法です。 スポンサーリンク 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日• Facebook Page• 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日.

次の

風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

風邪 病院 どこ

しかし初めに言ってしまいますが、 ただの風邪であるならば、早く治すためには安静にして体をやすめるのが一番効果的です。 なぜなら風邪のほとんどはウイルスが原因であり、風邪のウイルスをやっつける薬というものは存在せず、 病院で処方される薬は症状をおさえるためのものだからです。 そのことを踏まえた上で、風邪をひいたと思ったらどこの病院にかかるべきなのかということについて説明していきたいと思います。 この記事では「風邪をひいたらどの病院にかかるべきなのか」について詳しく触れます。 実際のところ病院に行ったからといって風邪を早く治すことはできないのですが、それでもつらい症状をおさえるために、またはただの風邪ではないかもしれないから詳しく診てもらうために病院にいくことは意味があります。 そして風邪でせきがでて、鼻水もひどくて、のどが痛くて勉強も仕事も手につかないというようなとき、 何科にかかればよいのか?という問題は実は簡単な問題ではありません。 また、個人の小さい開業クリニック、中小規模の病院、地域の総合病院、大学病院など病院の規模の種類も非常に多い中から選ばなくてはいけません。 そこで、ここでは、「風邪をひいて病院に行こうと思ったらどのような病院にいくべきなのか」について説明していきます。 風邪は「~ 内科」「 耳鼻科」いずれでも診てもらえる まず風邪でかかるのであればどのような規模の病院が適しているのかについてです。 結論からいってしまいますと、基本的に自分で「これは風邪だな」と思うような症状であれば、まず小さい開業クリニックで十分です。 長い待ち時間があるような大きな病院に行く必要はまったくありません。 また、何科にかかるべきかという問題ですが、これも結論からいってしまいますと、風邪でかかる場合には 「~ 内科」と内科を含んだ名前を載せている診療科であれば大丈夫です。 ほかにも大切な選択肢として、のどの症状が中心であれば(のどの痛みなど)耳鼻科でも大丈夫です。 近くにここで挙げたようなクリニックがないという場合には、「~外科」と「外科」の名前を標榜しているクリニックであっても風邪程度なら診てくれます(美容外科などの特殊な外科はのぞきますが)。 風邪を治す薬はない 病院で診察を受けたのち、医師が重大な病気による症状ではなさそうだと判断すれば、症状をおさえる薬を処方してくれます。 症状をおさえる薬を飲みながら、無理をしないですごして、体調がよくなるのを待ちましょう。 残念ながら、実際のところ 風邪は薬では治りません。 病院で処方される薬はせき止め、熱冷ましなどの症状をおさえる薬でしかありません。 よく、「風邪を治す点滴を打ってください」といわれる方がいらっしゃいますが、風邪を治す薬はないのです。 (例外としてインフルエンザのみ、ウイルスをやっつける薬というものが存在します。 タミフルやリレンザなどがそれにあたります。 ) 「風邪を治す薬」というものは存在せず、病院でもらえる薬は「風邪の症状をおさえる薬」に限られているのです。 医者は 風邪の中から重症の人を探している そして基本的に医者は、風邪といって病院に来る患者さんの中から、実はインフルエンザだったり肺炎だったりというような ただの 風邪ではない人を探しています。 これは病院の大小に関わらず、どこに勤務する医者でも同じです。 あなたが、「風邪だと思うのですが・・・」といって診察室に入ると、医者はまず「本当に風邪なのだろうか?、他の病気が隠れていないだろうか?」と考えます。 つまり、多くの医者は根本的には「風邪を治そう」として風邪の患者さんを診ているわけではないのです。 重症なら専門の 病院に紹介してもらえる ですから、医者が診て「これはただの風邪ではないかもしれない」と判断した場合、 必要であれば必ず専門の 病院に紹介してくれます。 風邪だと思っても、実は肺炎であったり、喉頭蓋炎であったり、咽頭膿瘍であったり、喘息発作であったり、などなど重症の病気が隠れている例もあります。 じゃあ最初からそういう病気を治せる専門の病院にいったほうがいいのではというとそうではなくて、そのような風邪とは別の特別で重大な病気は、種類によって紹介先の専門科も変わってきます。 症状がひどくて重大な病気かもしれないという場合にも、どの専門の病院にいったほうがいいのかという点に関して、近くのクリニックの医師に相談するのがよいでしょう。 肺の病気が心配なら 内科、のどの病気が心配なら 耳鼻科 ただし、ある程度こういった症状ならばこういった診療科のほうが、より適しているかもしれないというのはあります。 たとえば、せきの症状が強くて、 肺炎などが心配であれば、胸のレントゲンを撮影できる 内科の病院がよいでしょう。 のどの痛みの症状が強いのであれば、 のどの処置や検査ができる 耳鼻科にかかるべきです。 風邪でもおかしいなと思ったら 病院に これは風邪だなと思っても、日常の生活や勉強、仕事に支障がでるほどであれば、とりあえず近くのクリニックで相談してみましょう。 また、これはただの風邪ではないかもしれないという場合でも、まずは近くのクリニックで相談してみましょう。 必要であれば専門の 病院に紹介してもらえます。 最終的にただの風邪といわれたら、早く治すためには安静にして体をやすめるしかありません。 風邪を一刻もはやく治したい!という場合には、風邪をひいたら無理をしないように過ごすのが一番の方法です。 スポンサーリンク 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日• Facebook Page• 当ブログを見ていただきましてありがとうございます。 一応医師免許もって内科医やってます。 勤務医です。 インターネット上での正確な医学情報の拡散に興味があり、ブログをやっています。 このブログでは主に病院に行く人に役に立てばと思う話や医者の本音的な話を書いてます。 このブログの目的は、「病院に行かないで済むように情報を提供する」ではなく、「病院にかかるときに知っておいた方がよい情報を提供する」ことです。 ブログおよび管理者についての詳細はもご参照ください 記事内容は専門用語はなるべく避けて一般の方にわかりやすくを心がけていますが、そうなっていない部分があったらご連絡いただけると幸いです。 メディア掲載実績 2016年12月7日.

次の

風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

風邪 病院 どこ

しかし、実際のところ風邪で早めに病院にいっても病院でしてもらえることは少ないです。 むしろ忙しいビジネスマンの方にとっては、 風邪のひきはじめに 病院にかかるのは時間的に考えてあまり利点があるとは考えられません。 風邪を治す薬は存在しない まず、病院で風邪に対して処方される薬は、咳止めや熱冷ましといった症状を抑える薬に限られます。 これらの薬を飲んだからといって風邪が早く治るわけではありません。 また、風邪に対して早めに抗生剤を飲んでおきたいという方がいらっしゃいますが、これもあまり効果はありません。 ちょうど良い記事があったので貼っておきます。 そもそも 風邪のほとんどは ウイルスによる 上気道炎であり、 抗生剤は 細菌にしか 効果がないので、ウイルスによる炎症に飲んでも効果はまったくありません。 早く治そうと思ったらとにかく休むこと 少しでも風邪を早く治したいと思ったら、無理をしないことしかありません。 忙しいビジネスマンの方には難しいかもしれませんが、先送りできる予定は先送りして、 とにかく 体を休めることに集中することです。 風邪を早く治す治療は、今日の飲み会の予定をキャンセルすることから始まります。 むしろその方が、風邪が早く治って仕事の生産性も高まるはずです。 体に無理をかけながら仕事を続けて、しかも風邪が早く治るような薬を使うという治療は、残念ながら現在の医療では不可能です。 病院にいくのは症状があまりにつらいとき 病院でしてもらえるのは先にも述べたとおり、 症状をおさえる薬をもらえるということです。 ですからあまりに症状がつらくて日常生活に支障をきたす場合、病院で診てもらって薬をもらうということであれば、選択としては間違っていません。 しかし最近では薬局でも比較的効果のある感冒薬が手に入りますから、仕事で忙しくて病院にいく暇がないという人にはこういった薬局の薬を使うことも有用だと思います。 結局風邪で病院にいっても医者がみているのは、肺炎などの重症な病気が隠れていないかという点なので、 病院にかかっても、風邪で早めにかかって早めに治そうという意図は達成できません。 ちなみにどういう時に何科にかかるかということについては.

次の