つぶより野菜。 つぶより野菜3人口コミ|CM新聞で話題|お試し2,000円を申し込み飲んだら

カゴメ「つぶより野菜」のお試し。格安なモニター価格の店舗情報

つぶより野菜

販売累計数が1,000万本を突破したつぶより野菜は、一般的な野菜ジュースと違い製法にすごくこだわっています。 美味しいとの感想も多いので、すぐにでも近くのお店で買って飲んでみたいところですが、通販限定です。 スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどの実店舗では販売していません。 通販限定で、通販ショップ大手の楽天やアマゾンでも取り扱っています。 取り扱っているのですが、お試しの方には損です。 というのもかなり高いのです。 アマゾンは30本7,776円。 楽天も同じく30本7,776円になっています。 ではどこの通販ショップが一番安くお試しができるかというと、カゴメの通信販売「健康直送便」です。 お店では買えない特別のカゴメを取り扱っているネットショップになります。 ここはお試し15本セットがモニター価格の税込み2,160円。 しかも送料無料です。 どれだけ安いか比較してみるとこうなります。 どこが安いか一目瞭然ですね。 アマゾン 楽天 カゴメネットショップ 本数 30本 30本 15本 価格 7,776円 7,776円 2,160円 1本当たりの値段 260円 260円 144円 送料 0円 0円 0円 ただし、このつぶより野菜のお試しモニター価格のキャンペーンは、いつまでやっているか定かではありません。 この記事を書いているときはやっていましたが、あなたがこれを読んでいるときにまだ格安キャンペーンをやっている保証はないのです。 なのでまずは、カゴメのサイトへ行って、お試しモニターをまだやっているかチェックしてください。 健康にいいと言われる青汁にしても野菜ジュースにしても、大切なのは継続して摂ることです。 飲んだり飲まなかったりすると、効果は期待できません。 だから定期購入が望ましいわけですが、いきなり定期購入するのはリスクが大きすぎます。 いくら「こんな野菜ジュース飲んだことがない」と評判のつぶより野菜でも、人はそれぞれ好みがあって、あなたがつぶより野菜を飲みやすくておいしいと感じるかどうかは、実際に飲んでみないと分かりません。 だから、お試しで味や匂い、食感をしっかり確認しましょう。 定期購入すると1か月(30本)7,000円ほどかかります。 これを高いとみるのか、安いとみるのか、適正価格とみるのかは、お試し15本を飲んでから判断してみてください。 野菜ジュースは健康にいいと分かっていても、なかなかきっかけがないと飲み続けられないものです。 そのきっかけも日常生活の中では、何か行動を起こさないと生まれてきません。 健康のための第一歩を「つぶより野菜」のお試しモニターから始めてみませんか? カゴメ「つぶより野菜」が買える通販店舗と実店舗 もう一度、つぶより野菜が買える店舗をまとめてきます。 つぶより野菜はコンビニやスーパーで買えるか? コンビニやスーパーでは、たくさんの野菜ジュースが並んでいます。 つぶより野菜もきっと販売しているはず、と期待する人が多いかもしれませんね。 しかし残念ながら、つぶより野菜はコンビニやスーパーでは販売していません。 通販限定なのです。 似ている商品もありますが、つぶより野菜ではありません。 店頭販売はしていないことを知っておけば、間違えて購入することは避けられます。 つぶより野菜はアマゾンで買える? お店では販売していなくても通販限定で、ネットでなら購入できます。 大手ショッピングサイトのアマゾンはどうでしょう?多くの商品が揃っていますからね。 調べてみると、つぶより野菜も販売されています。 今の時点で販売されているのは、15本入りのつぶより野菜です。 価格は税込4,555円。 送料は無料です。 今後、値段が変わったり、販売本数のバリエーションは増える可能性はありますが、現時点ではこうなっています。 この価格だと、30本入りのつぶより野菜を定期便で購入した場合と比べても、かなり高額です。 アマゾンのギフトカードなどを持っていない限り、他で買った方がお安く買えます。 つぶより野菜は楽天で買えるでしょうか? 続いて楽天市場です。 アマゾン同様、楽天でも購入できます。 楽天の場合は今のところ、つぶより野菜が5本セットで販売されています。 価格は5本セットで、税込1,620円。 1本で計算すると、1本あたり324円になります。 カゴメの通販サイトで購入した場合は、通常価格でも1本259円。 それを考えると、やはりこちらも割高です。 商品代金にプラスして、送料も800円発生します。 商品代金と送料を合わせると、2,420円です。 つまりつぶより野菜1本が、484円という計算になります。 つぶより野菜をカゴメ通販サイトで買ったらお得な理由 つぶより野菜を正規価格で購入する方法は、カゴメ通販サイトで購入すること。 価格は、どのショッピングサイトよりもお得です。 通常価格の場合、税込で30本7,776円。 送料の441円をプラスしても、1本あたりで計算すると274円です。 定期便だともっと商品価格がお得になります。 送料もかからないことから、1本あたりの価格が216円です。 他の通販店舗は、商品価格だけで最低でも1本300円以上になります。 お得なのは一目瞭然ですよね。 さらに定期便の場合は、価格がお得なだけでなく様々な特典も付きます。 カゴメ通販サイトでは、お試し商品も購入可能 お試しモニターは通常の半分15本となりますが、1本あたり税込144円とかなりお得な価格でつぶより野菜を試すことができます。 定期便同様、送料もかかりません。 お試しにも関わらず、梱包も丁寧です。 2重の固い段ボールで、商品ががっちりガードされています。 またパンフレットも同封されているため、商品についての知識をより深めることができます。 何よりつぶより野菜を製造販売しているカゴメの公式販売サイトです。 安心感が違います。 何かわからないことがあった際も、相談センターが用意されています。 フリーダイヤルで、電話料金の心配もありません。 電話以外では、FAXやメールで問合せすることもできます。 モニターを利用する場合も定期継続する場合も、カゴメ通販サイトが1番安心でお得です。 カゴメ「つぶより野菜」の価格 カゴメの通販サイトで買うのが、お得だ分かったと思います。 それではもう一度価格について整理してみましょう。 30本1回のみの価格 つぶより野菜を購入する際は、1本単位ではなく1ケース単位です。 1ケースには、つぶより野菜の紙カートン缶が30本入っています。 基本的な買い方として、「1回のみのお届け」と「定期便」の2つの購入方法のうち、どちらかを選ぶことになります。 1回のみの購入は、通常価格の税込7,776円です。 商品代金の他に送料も発生します。 1ケース購入した場合の送料は、全国一律で税込441円。 2ケース以上購入すると、送料無料になります。 定期便の価格 定期便の価格は通常価格よりも16%お得です。 通常価格だと税込7,776円のところ、税込で6,480円になります。 送料もかかりません。 さらに1度定期便を注文すると、再度注文しなくても毎月指定した日に届きます。 注文のし忘れを防ぐことができるわけです。 一度注文を忘れると、そのまま止めてしまう確率は大ですからね。 発送してもらう曜日や日にちの他、ペースなども自分の都合に合わせられます。 予定していたペースで飲み切れないときは、休むことも可能です。 もしくは、他の家族や友人の家に送ってもらう方法も選べます。 どうしても続けられなくなったときは、3回継続購入した後であれば自由に解約できます。 また健康直送便に掲載されているお店では販売していない、カゴメの他の商品もお得な価格で購入できるなど、特典が豊富です。 15本お試しセットの価格 初めて購入する場合は、自分に合うか不安な人も多いでしょう。 30本購入したはいいものの、飲み切れなかったのではすごくもったいない話です。 だからと言って、1本だけを購入することはできません。 そういう初めての方には、つぶより野菜お試しモニターが用意されています。 本数は通常の半分の15本。 価格は税込で2,160円です。 30本入りで計算すると、税込4,320円。 お得な定期便よりも、さらに割引率が高くなっています。 これは初めての人限定のスペシャル価格。 1世帯で1回しか申し込むことはできません。 かなりお得な価格なので、気軽に試してみてください。 初めて挑戦する人は、まずお試し商品をおすすめします。 カゴメ「つぶより野菜」のこだわり カゴメ「つぶより野菜」は一般的な野菜ジュースに比べて、強いこだわりがあるので、通販限定にしているといいましたが、どんなこだわりなのか解説していきます。 製造方法のこだわり つぶより野菜は、それぞれの野菜に合った製造方法にこだわっています。 例えばニンジンは、フレッシュスクイーズ製法という独自の製造方法を採用。 熱をかけずにゆっくり絞っていくのが特徴です。 それにより雑味の少ない味に仕上がっています。 熱をかけないため、酵素も守られています。 トマトは時間をかけずに絞る方法と、強めに絞る方法の2つの方法でトマトの個性を引き出しています。 レタスやプチベールなどの葉野菜も、それぞれの野菜に合った製造方法を採用。 絞り方の強弱なども、葉野菜の種類によって変えているのです。 製造方法によっては、加熱することもあります。 そのためビタミンCは少なめです。 味や食感のこだわり つぶより野菜は、トマトとニンジンの味が引き立つ仕上がりになっています。 砂糖を加えていないことから、特別な甘さは感じられないかもしれません。 でも独自製法により、野菜本来の甘さやおいしさを感じられますよ。 葉野菜の主張は少なめです。 トロリとした見た目とは裏腹に、さっぱりした味を実現しています。 食感は、野菜の繊維を感じられるのが特徴的。 わかりやすく言うなら、ジューサーで絞ったような食感です。 あえてニンジンの繊維などを残すような製造方法で製造していることに関係しています。 野菜を飲んでいるというよりも、食べている感覚を味わえるでしょう。 6種類の国内野菜のこだわり 毎日飲む野菜ジュースです。 野菜の産地も気になりますよね。 つぶより野菜は、野菜の産地にもこだわっています。 6種類の野菜は100%国内野菜です。 季節なども見ながら、そのときに最適なものを混ぜて使用するという徹底ぶりです。 しかも野菜の甘みや栄養価がピークを迎える旬に収穫したものがほとんど。 えぐみが少なく、さらりとした仕上がりになっています。 季節などにより組み合わせが変わるため、産地は使用する可能性のある産地が記載されています。 環境に優しい紙容器へのこだわり こだわりは容器にまで至ります。 つぶより野菜のパッケージは、紙容器を使用。 缶のような形で、手にフィットします。 軽いことから、飲む人を選びません。 飲み口も広め。 ストローを差さなくてもそのまま口をつけて飲むことができます。 紙素材とストローを使わなくていいことから、容器は丸ごとリサイクル可能です。 また国産材が含まれていたり、成長過程で間引いた間伐材を使うなど、森林保護の観点から環境のことを十分に考えられています。 見た目以上に環境に優しい紙容器なのです。 カゴメ「つぶより野菜」に使われている原材料 続いてつぶより野菜に使われている原材料について、それぞれ見ていきましょう。 にんじんの特徴と産地 つぶより野菜ジュースに入っているにんじんは、このジュースを作るために選びぬかれたニンジンです。 品種は五寸人参。 15〜20cmほどの五寸サイズで、ある程度の太さがあります。 つぶより野菜に使われている五寸人参の産地は、北海道や青森の他、茨城や埼玉などの関東4県。 北海道を除く地域では、12月〜2月頃に収穫をします。 五寸人参は繰り返し品種改良を重ねきました。 それによって、クセが少なく食べやすくなっています。 冬に収穫されたにんじんは、さらに甘みが豊かです。 トマトの特徴と産地 トマトは独自品種の凛々子を使用。 カゴメジュースのために品種改良されたトマトです。 手作業にこだわり、芯まで赤くなったトマトを使っています。 トマトの色素はリコピンという成分。 つまりリコピンがたっぷりということです。 赤いトマトはリコピンが豊富なだけでなく、甘みも増すと言われていますが、凛々子は少し酸味があり、さっぱりした甘さになっています。 産地は北海道や東北、関東などの13の地域。 7月下旬〜8月末の、夏に収穫したものを使用。 生産地の中から、季節によって最適な地域のトマトを組み合わせています。 セロリの特徴と産地 つぶより野菜に使われているセロリは長野県と静岡県、愛知県が産地です。 夏から秋にかけて収穫されたセロリを使っています。 一般的なセロリではなく、トップセラーという品種。 農家さんの工夫を取り入れながら、カゴメと二人三脚で作り上げたセロリです。 トップセラーセロリは、一般的なセロリよりも緑色が濃く肉厚なのが特徴。 匂いも一般的なセロリより、強めです。 セロリはカリウムやビタミンEがたっぷり。 カリウムはキュウリと比較すると2倍、スイカの3倍以上です。 またBカロテンも含まれています。 ほうれん草の特徴と産地 ホウレンソウの産地は、長野県と茨城県。 9月に種蒔きをして4月に収穫しています。 つまり冬越ししたホウレン草とです。 スーパーでは1年中ほうれん草が販売されていますが、旬は冬です。 寒い冬を越したホウレン草は、えぐみが少なく糖度が高くなります。 身を守ろうと、エネルギー源の糖分を蓄えようとするためです。 特に鉄の含有量は、他の野菜と比較してもかなり多いです。 プチヴェールの特徴と産地 ケールやプチヴェールなどの、アブラナ科の品種開発を行っている増田採種場。 その増田採種場とカゴメが共同開発をして誕生したプチヴェールを使用しています。 芽キャベツとケールの交配によって誕生したプチヴェールは、花のような見た目をしています。 つぶより野菜に使用されるプチヴェールの産地は、長野県と山梨県、静岡県。 この3県のプチヴェール農家で、11月頃に収穫しています。 11月頃に収穫されたものは、葉が霜に当たってえぐみがなくなります。 ケールの苦みは少なく、味にクセがないのも特徴。 加熱するとより甘みが増します。 レタスの特徴と産地 標高1000m以上の長野県川上村で育てられた高原レタスを採用しています。 この地域は日本最大のレタスの産地で、1年を通して気温が低い日が多く、日中と朝や夜の寒暖差が激しいところ。 冷涼を好むレタスにとっては、育ちやすい環境なのです。 気温が高かったり日が長かったりすると、花芽ができて開花してしまうことがあります。 レタスの葉がキレイに巻かれるためには、やはり気温が大切なのです。 また昼夜の寒暖差は、甘さを増す要因にもなります。 カゴメ「つぶより野菜」の栄養成分 含まれる栄養成分 つぶより野菜には、1日に必要な野菜の目安量と同じ350g分の野菜が入っています。 生野菜だと両手いっぱい、火を通した野菜だと片手いっぱい分程度の量です。 緑黄色野菜と淡色野菜も両方入っています。 つぶより野菜に使用されている野菜で緑黄色野菜に分類されるのは、「ニンジン」「トマト」「ホウレンソウ」です。 「レタス」「セロリ」「プチヴェール」は淡色野菜になります。 また「ビタミンE」「ビタミンK」などのビタミン類のほか、「カルシウム」「カリウム」などのミネラルも摂取できます。 トマトには、リコピンも豊富に含まれています。 淡色野菜からは、水分や食物繊維を補給できます。 含まれる栄養成分から期待できる効果 野菜は旬に栄養価がピークになります。 抗酸化力とは、体内が酸性に防ぐのを阻止する力のこと。 粘膜を健康的に保つ働きや、免疫力を高める働きも期待できるわけです。 リコピンは加熱したほうが吸収力が高まる特徴があります。 カルシウムなどのミネラルも、免疫力の維持に役立ちます。 カルシウムは、骨や歯を丈夫にする働きがよく知られていますよね。 それ以外にも、免疫細胞が機能するのに重要な働きをしているのです。 以上のことからつぶより野菜の栄養成分は、風邪などの予防にもよさそう。 ただつぶより野菜の栄養成分は、6種類の野菜の全成分を含むものではありません。 例えば加熱処理をすることから、ビタミンCなどは少なめです。 なので食事で野菜を摂取することを心掛けながら、不足しがちな野菜を補って飲むのが理想的。 また摂り過ぎると体によくない食塩や砂糖、保存料などの添加物は入っていません。 野菜に含まれる栄養成分だけが入っています。 食塩や糖分などを気にすることなく、安心して飲めますよ。 仕事が忙しく、コンビニ弁当やインスタントラーメンで済ましている人が増えました。 そういった場合は野菜ジュースだけではなく、宅配弁当で健康管理するのも一つの方法です。 最近の宅配弁当はしっかりとカロリーや塩分、そして栄養も考えて管理栄養士さんが献立を考えたりしています。 なかなか受け取れないという方は、が日持ちして重宝しますよ。 カゴメ「つぶより野菜」を使った料理レシピ つぶより野菜は飲むだけではなく料理にも使えますから、料理に使うのもいい考えです。 食塩や砂糖が不使用な分、料理のレパートリーが広がり、自在に自分好みの味にすることができます。 スープは定番のレシピです。 寒い季節でも、温めることで抵抗なく飲めます。 つぶより野菜を下味にして、味を付け足すのもいいでしょう。 下味として使用しても、野菜本来のおいしさが感じられます。 メインメニューやサイドメニューにも使えます。 つぶより野菜は、どちらかと言えばトマトやニンジンの味が濃厚です。 オリーブオイルなどの良質な油を使い、洋風料理やイタリアン風料理を作るとレパートリーは一気の広がります。 またトマトに含まれるリコピンは、温めたり油と一緒に摂ったりすると吸収力がより高まりますよ。 野菜のつぶつぶの食感はあるものの、普通にカットしたときのような野菜の存在感はありません。 アイディア次第で、色々な料理に使えます。 つぶより野菜を使ったメインディッシュ系の料理レシピ つぶより野菜とミートボールを使った、メインディッシュ系のレシピを紹介します。 まずハンバーグを作る要領で、ミートボールを6個作ります。 次に玉ねぎ2分の1個を色紙切りのように四角く切り、しめじは小房に分けてください。 フライパンにオリーブオイルを入れて熱したら、ミートボールを入れてこんがり色が付くまで焼きましょう。 焼けたら、1度お皿にミートボールを取り出し、もう1度フライパンにオリーブオイルを敷き、玉ねぎとしめじを入れて炒めます。 ある程度炒めたら、つぶより野菜1本を入れてください。 さらに洋風固形スープ1個と、水1と2分の1で作ったスープを入れます。 先程お皿に移したミートボールも入れましょう。 沸騰させ、灰汁が出るようであればすくってください。 たまに混ぜながら、弱火寄りの中火で10分ほど煮込みます。 塩、コショウをして、水溶き片栗粉を入れたら完成です。 ワンランク上の味を楽しみたいのなら、つぶより野菜を入れるときにローリエを入れみましょう。 仕上げにパセリを振りかければ、華やかな印象になります。 つぶより野菜を使ったスープ系料理レシピ ニンニクを使ったイタリアン系のスープ 鍋にオリーブオイルを入れ、スライスした2かけ分のニンニクを炒めてください。 香りがたったら、パプリカを入れてさらに炒めます。 次にフランスパンをスライスしたものを1枚入れ、パプリカパウダーも一緒に投入。 水1カップと洋風スープの素2分の1個で作ったスープとつぶより野菜1本を加え、沸騰したら弱火にしましょう。 2〜3分コトコト煮込み、溶き卵をふわっとかけて完成です。 じゃがいもを使ったレシピ 水1と2分の1カップを鍋で少し温めたら、洋風スープの素1個を入れて溶かします。 そこにつぶより野菜を入れて煮立たせましょう。 じゃがいも1個をすりおろしたものを入れて、たまにかき混ぜながら弱火に近い中火で6〜8分温め、塩、コショウで味を整えたら完成です。 どちらのスープも、仕上げにパセリをのせればよりオシャレに仕上がります。 (注)メイン系の料理もスープ系の料理も、2人分の分量です。

次の

カゴメつぶより野菜をコンビニで買いたいあなたへご報告

つぶより野菜

カゴメ「つぶより野菜」のとは カゴメ「つぶより野菜」は、素材を厳選し、レシピを追求し、長い月日を経てついに完成した、とてもおいしい野菜ジュースになります。 そんなこだわって作られたカゴメ「つぶより野菜」は、3つの特徴があります。 1日分の野菜350グラム分使用• 飲むたびに感じる野菜の新食感 こだわりを持って作られた分だけ、本当に飲みやすい野菜ジュースになっています。 野菜ジュースは毎日飲みたい飲み物なので、こだわりを持って作られたカゴメ「つぶより野菜」が、今すごく人気になっているのです 関連記事 カゴメ「つぶより野菜」の成分 今人気のカゴメ「つぶより野菜」ですが、成分も気になりますよね。 野菜ジュースは毎日飲むものなので、安心に飲めるものを選びたいものです。 そこで、カゴメつぶより野菜の成分を調べてみました。 kagome. 本当にこだわって、厳選された日本の野菜を使用し、その野菜のおいしさを最大限に引き出せるような製法を使って作っています。 カゴメさんは 安心も譲れないこだわりの1つとして考えているそうです。 毎日野菜ジュースを飲みたい私たちにとっては、すごく嬉しいことですよね。 野菜ジュース1本で、これだけの野菜の栄養を取れることを考えると、かなり優秀な野菜ジュースですね! 評判&口コミまとめ それでは、カゴメ「つぶより野菜」の評判や口コミを見ていきましょう。 良い口コミ 美味しくて定期購入したいけど、30本で月6. 000円はきつい 評判&口コミまとめ 評判としては、めっちゃ 高評価!! いろいろ口コミを探したけど、ほとんどの人が 「美味しい」と褒めていました。 「まずい」って言っている人が見つからないくらい、評価が高いと感じました。 また、目立った意見としては、野菜ジュースやトマトジュースは苦手だけど、カゴメ「つぶより野菜」なら飲める!という意見。 それだけ、飲みやすい野菜ジュースになっていることが分かりますね。 ただ、やはり否定的な意見もチラホラ…。 それは味に関する事じゃなくて、 値段に関することでした。 1箱30本入りで、6. 000~7. 000円は少し高いと感じる人が多いようでした。 たしかに私もその気持ちは分かります。 汗 でもその分、本当に飲みやすい野菜ジュースになっていて、かなり満足できる1本になっているのも事実です。 少し金額はお高めですが、健康や体の事を気にしている人には、かなりオススメしたい野菜ジュースになっています。 気になる方は、まずお試しセットを! まだカゴメ「つぶより野菜」を一度も試したことのない方限定ですが、お試しセットをお安く購入することができます。

次の

つぶより野菜は糖質制限中は飲まない方がいい?その真相とは?

つぶより野菜

CMでおなじみのつぶより野菜はどこで購入するのが一番安いの? CMでおなじみの粒より野菜!さっそくどこで購入したら一番お得なのかを調べてみました。 アマゾン、ヤフー、楽天、公式サイトでそれぞれの価格を調べてみました。 ショッピング=Yahoo! ショッピングでは取り扱いなし ヤフオクで取り扱いがありますが、値段が変動し商品の賞味期限の観点からあまりおすすめはしません。 公式サイトが一番安い価格で購入する事ができます。 実際につぶより野菜を飲んだ感想をベジタブルアドバイザーがレポートします! はじめまして。 このブログをご覧いただきありがとうございます。 私は管理人のsaiです。 少し自分の自己紹介をすると、2児の母でスーパーで働いているごく普通の主婦です。 担当は野菜売り場で、ベジタブルアドバイザーの資格を活かしながら毎日新鮮な野菜をお客様に提供できるように頑張って働いています。 職場で働いていると、よく聞く言葉に 野菜ジューを飲むことで野菜を摂取したことになるのかな? 野菜ジュースを飲み続けると身体に悪いことってないのかな? 野菜ジュースに書かれていることって本当なのかな? 野菜ジュースで不足しがちな栄養素を補えるのかな? と言った疑問を持っている人も多いみたいということをチルドドリンクを担当するスタッフがお客さんに聞かれることが多くなってきたという話も聞きます。 そこでベジタブルアドバイザーの知識を活かし野菜ジュースについていろいろ調べてみることにしました。 自分が得た知識がお客さんに反映したらうれしいですし、野菜ジュースに対して疑問を持つ方の参考になればいいかなと思います。 よくある疑問:野菜ジュースを飲めば野菜を摂取したことになるの? 野菜ジュースを野菜代わりに飲もうという人は多いようです。 ママ友の中にも、 子どもが野菜が嫌いだから、せめて野菜ジュースで野菜を摂らせているわ。 という声を聴くことがあります。 OL時代は私も日ごろの野菜不足を野菜ジュースで補おうと思ってよく飲んでいたという経験もあります。 ですが、 野菜ジュースを飲んだからといって野菜を摂取したことには決してならないんです。 野菜ジュースをよく見ると、多くのケースで「濃縮還元」という文字を見ることが出来ます。 この濃縮還元というのはどのようなものなのかというと、一度野菜や果物から果汁や野菜汁を絞った後、水分を飛ばすという濃縮加工を施します。 多くのケースで熱を加えた加工を行うことになります。 濃縮加工を行った果汁や野菜汁を、今度は水を加えることで液体の状態に戻します。 この段階で、 野菜に含まれている大事な成分がずいぶんと損なわれてしまうんです。 酵素やビタミンCといった栄養素は、熱に弱く加熱することで壊れてしまうんです。 また、野菜に含まれている食物繊維のうち、不溶性食物繊維と言われている水に溶けない食物繊維は果汁や野菜汁を絞る段階でほとんど失われてしまいます。 水に溶ける水溶性食物繊維についても、多くのケースで失われてしまいます。 国民生活センターが実際に調べた内容では、 一般的に売られている200ml入りの野菜ジュースに含まれている食物繊維は、一日に必要と言われている緑黄色野菜120gに含まれると推定される食物繊維に比べると半分以下の量しか含まれていなかったんです。 野菜ジュースのパッケージには 一日に必要な350gの野菜を摂れると思わせる記載がありますが、残念ながら野菜を350g食べたことにはならないということになります。 つまり、野菜ジュースを飲んだからと言って、野菜を摂取したことにはならないということになってきます。 よくある疑問:野菜ジュースを飲み続けると身体に悪いことってないのかな? 野菜ジュースは野菜そのものを食べるよりも飲みやすく、小さな子供でも野菜は嫌いだけど野菜ジュースなら飲めるという子もいますよね。 ママ友にもこの野菜ジュースで子どもが苦手な野菜をとりあえず撮らせているという人は実際に多いんです。 ですが、野菜ジュースのパッケージに記載されている原材料表示には、次のような原材料が含まれているものがあります。 ・砂糖 ・塩 ・酸味料 ・香辛料 ・デキストリン(食物繊維) ・ビタミンC(VC) ・着色料 ・保存料 というものです。 これらは食品衛生法によって定められている食品添加物です。 味わいを良くして飲みやすくする目的や、栄養素をプラスするため、また野菜ジュースを長持ちさせるためなど様々な目的で食品添加物を野菜ジュースにプラスしているケースがあります。 子どもが野菜ジュースなら飲むというのも、野菜ジュースには甘味があり美味しいと感じるためで、もしかしたら砂糖などが入っている可能性もあります。 野菜ジュースの中には完全無添加といって、 食品添加物を全く使っていないものなどもありますが、このような食品添加物が含まれている野菜ジュースを飲み続ければ、身体にとって悪いことが起こってしまう危険性はゼロではないといえます。 例えば小さな子供が野菜の代わりに砂糖や塩が入った野菜ジュースを飲み続ければ、砂糖の摂りすぎや塩の摂りすぎになってしまう事もあります。 もちろん、飲み続ければという話しなので、そこまで危険性が高いということはありませんが、 一日に何杯も「身体に良さそうだから」と飲み続けることはやや危険であるということができます。 よくある疑問:野菜ジュースに書かれていることって本当なのかな? 野菜ジュースのパッケージによく見かけるのが、 「一日に必要な350gの野菜」 「一本で一日に必要な野菜」 「〇品目の野菜が入っている」 といったキャッチコピーです。 このキャッチコピーに書かれていることが本当なのかどうかという点については、 間違えではないけど、かなりうまい書き方であるということが言えます。 例えば、「一日に必要な350gの野菜が摂れる」とは決して記載されていません。 実際に野菜ジュースで野菜そのものを350g摂取した時と同じ栄養素が摂れるということがないということは、先ほどもご紹介しています。 「一日に必要な350gの野菜」を「使用しています」と後に続くと考えると、このキャッチコピーは決して間違えではないけど、消費者にとっては誤解を与える可能性が高い記載方法になっているということが分かってきます。 つまり、野菜ジュースに書かれていることは決して嘘ではなく本当だけど、実は消費者を勘違いさせてしまう記載がとても多いということになってきます。 これだけ調べてみただけでも、野菜ジュースってどうなんだろう?という疑問が出てきてしまいます。 よくある疑問:野菜ジュースで不足しがちな栄養素を補えるのかな? いろいろな疑問を見ていると、野菜ジュースってあまり意味がないのかもと思いますが、野菜ジュースが野菜の代わりにならないとしても、 不足しがちな野菜を補うという考え方で飲む分にはおススメできそう。 ということはできます。 昔に比べると今の野菜は同じ量の野菜を食べたとしても、実は栄養価は低めになっていると言われています。 また季節によって手に入らない野菜などもありますし、どうしても野菜が苦手でたくさん食べることが出来ないという人もいます。 小さなお子さんの場合には、そもそも量を食べることが出来ないので、野菜不足になりがちです。 その不足している部分を補うために野菜ジュースを活用するという意味では、おすすめできる点は多くあります。 ただ、不足しがちな栄養素を補うために野菜ジュースを飲むのであれば、身体にとっていいものを選んで飲むということが大切になってきます。 つぶより野菜のCMが目に入り実際に買ってみました! インターネットで野菜ジュースについていろいろ調べていると、いくつか特別な野菜ジュースの情報を見かけることがあります。 身体にとっていい野菜ジュースを探す上で、この特別な野菜ジュースの存在というのはちょっと興味深いものです。 この特別な野菜ジュースというのは ・つぶより野菜は美味しい ・特別感がある ・他の野菜ジュースは飲めなくなる といった声が次から次に出てくるため、ものすごく気になりました。 そこで今度は「つぶより野菜」について調べてみることにしました。 「つぶより野菜」に含まれているのはたった6種類の野菜 カゴメが80年間、つくりたくてつくりたくて仕方のなかった野菜ジュースです。 というやっちコピーを持つこの「つぶより野菜」はスーパーで売られている沢山のカゴメの野菜ジュースとは違う特徴を持っています。 それが、たった6種類の野菜で作られているという点です。 よく見かけるタイプの野菜ジュースは、10種類~21種類の野菜を使い、さらに3~9種類の果物などをミックスして作られていることが多くなっています。 沢山の種類や果物を効率よく摂取できるタイプの野菜ジュースが多いと感じました。 パッケージなどにも野菜や果物が何種類あるかということが記載されています。 ですが、 つぶより野菜はたった6種類の野菜です。 ただ、この6種類の野菜は、非常にこだわりを持った素材が使われているそうです。 「つぶより野菜」に使われている野菜とは? つぶより野菜に使われているこだわりの野菜というのはどのようなものなのでしょうか? カゴメの公式通販サイトであるカゴメ健康直送便のつぶより野菜のサイトをチェックしてみると、このような記載があります。 契約栽培などで農家とカゴメが二人三脚で丹精込めて育てています。 スーパーでは四季を通じてにんじんもトマトもセロリもプチヴェールもレタスもほうれん草も手に入れることが出来ますが、つぶより野菜に使われている野菜は、最も栄養価が高く、味わいも豊かになる「旬」の時期にこだわって栽培・収穫されているということです。 この特別に栽培された野菜を、それぞれの野菜の特徴に合わせた搾汁方法で製造しているそうですよ。 >> 「つぶより野菜」の気になる成分は?どんな効果が期待できるのか 使われている野菜にこだわりがあることは分かってきました。 でも、気になるのはやはり成分の部分ですよね。 つぶより野菜の栄養成分表示をチェックして、それぞれの成分からどのような効果を期待できるのかを調べてみました。 こちらがその成分です。 [栄養成分 1本/195g当たり ] エネルギー 73kcal、たんぱく質 1. 9g、脂質 0g、糖質 15. 4g、食物繊維 1. 7g、ナトリウム 30mg、カルシウム 45mg、カリウム 840mg、鉄 0. 5mg、マグネシウム 26mg、ビタミンE 1. 7~15mg、ショ糖 5. 9g リコピン 9mg この中から気になる成分をチェックしてみます。 食物繊維 1. 7g 食物繊維は、胃や腸の中の不要なものを吸着して排出させる効果があるため、腸内環境を改善させたり、便秘を改善・予防する効果が高い第六の栄養素として知られています。 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、成人の男性であれば一日20g、女性の場合には18gを摂取することが勧められていますが、実際には食事からは「国民健康・栄養調査結果の概要」をチェックすると、12~13g程度しか摂取されておらず、摂取基準を満たしている人はとても少なくなっています。 つぶより野菜を飲むことで1. 7gの食物繊維を補うことが出来れば、腸内環境改善効果や便秘改善・予防効果が期待できそうです。 カルシウム 45mg 骨や歯の材料として知られているカルシウムは、実はストレスを沈めたりイライラを沈めたりするなど、精神的な安定を得るために必要なミネラル分です。 それだけではなく、筋肉を動かすためにも必要ですし、身体の浸透圧を保つためにもつかわれています。 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、成人の男性であれば一日650~800mg、女性の場合には650㎎を摂取することが勧められていますが、「国民健康・栄養調査結果の概要」をチェックすると、497㎎ほどしか摂取できていないそうです。 つぶより野菜を飲むことで45㎎のカルシウムを補えば、 多少イライラを収める事が出来そうです。 カリウム 840㎎ カリウムは細胞内液の浸透圧を一定に保つことができるように調節する働きを持っているミネラル分です。 余分な塩分や水分を排出するために必要なミネラル分としてしられていて、むくみ予防などに効果的なミネラルとも言われています。 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、成人の男性であれば一日2500mg(3000㎎以上が理想)、女性の場合には2000㎎(2600mg以上が理想)を摂取することが勧められていますが、「国民健康・栄養調査結果の概要」をチェックすると、2000㎎ほどしか摂取できていないそうです。 理想とする数値には届いていません。 つぶより野菜を飲むことで840㎎のカリウムを補えば、 むくみ解消などの効果を実感することが出来そうです。 ビタミンE 1. 3㎎ ビタミンEはお肌のためのビタミンと言われ、生活習慣病の予防や老化を防ぐ効果もあるビタミンになっています。 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、成人の男性であれば一日6. 5mg、女性の場合には6. 0㎎を摂取することが勧められています。 「国民健康・栄養調査結果の概要」をチェックすると、ほぼ必要な量を摂取できているようです。 ただ、上限量となっている男性800~900㎎、女性650~700㎎にはだいぶ不足しています。 つぶより野菜を飲むことで1. 3㎎のビタミンEを補えば、多少 美肌効果を感じることが出来そうです。 美肌効果や免疫作用を高める効果などがあります。 つぶより野菜を飲むことで3. やはり強力な抗酸化作用を持つ栄養素です。 つぶより野菜を飲むことで9㎎のリコピンを補うことで、 美肌効果や病気になりにくくなるといった効果を感じることが出来そうです。 >> さっと成分をチェックしてみましたが、これをみるとつぶより野菜を飲むことで期待できそうな効果としては ・美肌効果 ・むくみ改善効果 ・便秘改善効果 ・ダイエット効果 ・病気予防効果 などがありそうということが分かってきます。 ただ 野菜不足を補うだけと思っていただけに、なんだか期待できそうな効果を見てみると飲んでみたくなりますよね。 「つぶより野菜」を取り寄せて飲んでみよう! 飲んでみたい気持ちが盛り上がってきたので、早速カゴメの健康直送便のサイトからつぶより野菜を購入してみることにしました。 初めての購入なので、 まずはお試し15本セットを購入してみました。 このように段ボールで送られてきます。 中にはつぶより野菜の説明が書いたパンフレットが入っています。 さっそく中を開けてみました。 パッケージが可愛いですし、紙容器に入っているので持ち運びも楽です。 飲んだ後の片づけについても缶やペットボトルに比べてとても楽です。 ブリックパックのような四角い紙パックではなく、円筒形の紙容器なので、手に持った感じも持ちやすさを感じました。 こだわりの野菜ジュースということでちょっと中身も気になったので、カップに開けてみたところ、にんじんのオレンジ色が強いと感じる色合いです。 小学1年生の子供にも飲んでもらい感想を聞きました! 学校から帰ってきた子供に開けてもらいました。 紙容器なので1年生の子供でも開けやすいです。 「いただきまーす!」といってまさかの一気飲みしてしまいました。 もう少し味わって欲しかったのですが・・・。 笑 「どんな味だった?」と聞いてみると・・・ 「うん、おいしかったよ!」とかなりシンプルな回答が返ってきました。 (うぅ・・・ん、そうじゃなくて。 ) ちょっと質問を変えてみて「どんな野菜の味がした?」と聞いてみると 「トマトと人参の味がしたよ!つぶつぶが入っていて甘くておいしかったよ!」と答えてくれました。 私の子供にはつぶより野菜の特徴は特に伝えていないのにこんなにはっきりと、特徴も味も分かるので驚きです。 そして何より野菜を自分からあまり食べようとしない子供なのですが、 つぶより野菜は甘いと進んで飲んでくれるようになったので子供の野菜不足の心配が少し減りました。 次に他の野菜ジュースともの飲み比べしてみました! 食事と一緒に飲むサラダと緑黄色野菜飲むサラダとつぶより野菜の3つを比較してみます。 それぞれ飲み口はこんな感じです。 つぶより野菜だけが、ストローがついてないです。 ツブツブが入っているのストローだと飲めないからですね。 それぞれの野菜ジュースをコップに入れて比較してみました。 まずは、食事と一緒に飲むサラダです。 白くて清潔感のあるパッケージです。 コップに入れた感じからサラサラな感じが分かります。 味は個人的には酸味が少し強いように思います。 でも飲みやすい野菜ジュースだと思います。 次に、緑黄色野菜飲むサラダです。 黄緑色のパッケージで、先ほどの食事と一緒に飲むサラダと比較するとかなりドロドロな印象があり、飲んだ時のに食物繊維の繊維感を感じます。 味はトマト味が強く濃いい野菜ジュースといった感じです。 野菜好きの人が好んで飲む味なので少し好き嫌いがはっきりする味です。 最後につぶより野菜です。 ちょうど口当たりは、先ほどの食事と一緒に飲むサラダと緑黄色野菜飲むサラダの間といった感じです。 少しツブツブした触感が個人的には凄い好きで子供にも好評でした。 味はトマトより人参の甘さが強く飲んだ一口目の感想は「野菜の甘さ!」という感じで自然の甘さを感じます。 他の2つのジュースについてはトマトの酸味が強いのですが、 つぶより野菜に関してはニンジンの甘味が強く飲みやすいです。 イメージで言うと冷製ポタージュを飲んでいるようなイメージです。 飲んだ後のコップを見てみると、食事と一緒に飲むサラダ以外は、コップに飲んだ残りが付着している事からドロドロな触感が伝わるかと思います。 食事と一緒に飲むサラダと緑黄色野菜飲むサラダと比較すると、 つぶより野菜は酸味が少なく野菜の甘さが引き立っていて飲みやすく、ツブツブとした触感がさらにおいしく感じます。 今までは食事と一緒に飲むサラダが好きだったのですが子供も私もつぶより野菜の方が好きなのでこれからはつぶより野菜を定期で購入する事にしました。 少し言葉だと伝わりにくいので分かりやすく表にしてみました。 つぶより野菜を飲み続けた感想です! 美肌効果、実感できるといいなと思って、一気に飲み干してしまいました。 「つぶより野菜」を15本飲んでみて感じた効果とは? さて、お試しの15本をすべて飲んでみて、感じることが出来た効果について公開してみたいと思います。 カサカサしていた肌はどう? 私はもともと左手首にちょっとぶつぶつしておりカサカサがひどい時期がありました。 この左手首の写真は、つぶより野菜を3本飲んでみたときに思い立って撮影しておいた写真です。 15本飲んでみた後の写真はこちらです。 どうでしょうか? 想像していたよりもキレイに肌のカサカサとぶつぶつが収まってきているように感じます。 特段普段と異なるケアをしたり、お薬を塗ってみたりしたわけではありませんが飲む前と飲んだ後でこんなに違うんだと驚いています。 私の一番の敵!お腹の中の3日以上毎回溜まっていたう〇ちの行方は? 実はもともと 食べたものをお腹で溜めやすくお腹がハリがちではありました。 外出が続くと特にになりやすく、おやすみ明けなどはう〇ちが2~3日ほど出ない状態が続いてしまい、普段はするりと履けるはずのジーンズも、ちょっときついかなと感じることが多くありました。 実はつぶより野菜を飲んで一番最初に感じることが出来たのが、つぶより野菜を飲んだ翌日には、トイレに行くとするっとう〇ちが出る事でした。 笑(表現汚くてすみません・・・でも一番驚いたので。 )、 そのあと3日間も毎日今までの事が嘘のようにするってう〇ちが出ます。 しかも、お手洗いでじっと頑張ることなく、するっと出る感じです。 この違いがつぶより野菜を飲む前と後で一番違いを感じました! トイレでこれ以上力む必要ないんだと実感です。 「つぶより野菜」はでも高い・・・でも本当に高いのか? 女性にとってはうれしい効果を実感できたつぶより野菜ですが、実は続けるには一つ大きな問題があります。 それが、お値段です。 もともとこのつぶより野菜はカゴメの健康直送便という公式通販でのみの取り扱いということもあり、特別感がある野菜ジュースです。 そのため、実は価格についても普通に販売されている野菜ジュースに比べると特別高めになっているんです。 今回はお試しセットだったので、15本入りのひと箱が2000円プラス消費税という価格で購入することが出来ましたが、普通に購入すると30本入りの1箱が7200円(税抜き)で、さらに送料もかかるという高級野菜ジュースなんです。 毎月届く定期便で購入すれば送料無料の6000円(税抜き)で購入することが出来るとはいえ、野菜ジュースに6000円支払うというのは、かなり難しいと感じられる価格になります。 ですが、ちょっと冷静になってみましょう。 某コーヒーチェーン店で飲むことが出来るショートサイズのドリップコーヒーの価格は280円です。 駅などで見かけることが出来るフレッシュジュースを販売しているジューススタンドで購入した場合なら、1杯350円くらいするジュースは沢山あります。 ダイエットや美肌効果が高いと言われているコールドプレスジュースの場合には、1杯1000円くらいするものも実はざらにあるんです。 それに比べると、 つぶより野菜は1日1本飲むとすれば、わずか200円で済んでしまうということんです。 一日当たりにすれば、毎日某コーヒーチェーンのドリップコーヒーを飲むより80円も安いんですよね。 プラス健康にも美肌にも便秘改善にも効果的ということであれば、決して高い野菜ジュースではないのではないでしょうか? 一杯のコーヒーを一杯の野菜ジュースにすれば、1ヶ月で2400円もお得になってしまうんです。 なんだ以外につぶより野菜はコスパがいい野菜ジュースということになりますよね。 >> 「つぶより野菜」をおすすめしたい3つのポイント 美味しくこだわりを持って栽培された野菜から作られた野菜ジュースである「つぶより野菜」を飲んでみて、私なりにこれは友達にもおすすめしたい野菜ジュースであるということが出来ます。 私がおすすめしたいと思う3つのポイントとしては ・こだわりの国産野菜を100%使い、こだわりの製法で作られている点 ・紙容器なのでごみ処理がとても楽な点 ・なによりもおいしい味わいである点 です。 健康を考えれば安心・安全な国産野菜を使っているという点はとてもいいですし、野菜それぞれのうまみを引き出し、野菜ごとにこだわった圧搾方法で搾汁しているという点も、カゴメのこだわりを感じさせるポイントになってきます。 それに、ごみ処理が楽という点は、やはり重要なポイントになりますよね。 缶タイプの野菜ジュースやペットボトルタイプの野菜ジュースはどうしてもごみ処理が大変ですし、地域によってはいつまでも処理が出来ずに困ってしまうというところもあります。 せっかく野菜ジュースを飲むのであれば、やはり美味しいという点は絶対的に必要なポイントです。 ただ、どんなにいいと思う野菜ジュースでも、人によっては魅力を感じないという人もいます。 私が考える「つぶより野菜」が不要・とらない方がいいと思う人はどんな人なのかを少しご紹介したいと思います。 こんな人は「つぶより野菜」を取らない方がいい つぶより野菜だけで野菜を摂ったつもりになる人 つぶより野菜はあくまでも野菜不足を補うという目的で飲んだだ方がいい野菜ジュースです。 野菜を食べたことと同じような栄養素を取ることが出来るわけではありません。 つぶより野菜だけで野菜をとったつもりになってしまう人は、栄養不足になってしまう危険性があるので、つぶより野菜ではなく、まずはちゃんと野菜を食べる習慣をつけることが必要です。 腎臓に疾患がありカリウムの摂取に制限がある人 つぶより野菜の中には、カリウムという成分が含まれています。 実は腎臓に疾患があり、カリウムの摂取量に制限があるという人もいます。 つぶより野菜を飲むことで制限を超えたカリウムを摂取してしまう危険性があるため、できればカリウムの摂取に制限がある人はつぶより野菜は取らない方がいいですね。 価値より価格に重きを置く人 一日当たりで考えれば、つぶより野菜は決して高い野菜ジュースではありませんが、やはり30本をまとめて購入すると価格は高く感じます。 少しでも安いものを買いたいという人は価格にたいしてストレスを感じてしまいますので、やはり買わない方がいいと思います。 こんな人は「つぶより野菜」をぜひおすすめしたい 逆につぶより野菜をぜひにおすすめしたい人はこのような人です。 ・地道に野菜不足を補いたい人 ・子どもに野菜を好きになってもらいたい人 ・価格よりも価値に重きを置くタイプの人 です。 つぶより野菜の特徴をしっかりと理解して、野菜不足を補っていきたいという方には本当におすすめしたい野菜ジュースです。 また野菜はどうしても苦手という子どもに野菜のおいしさを知ってもらうために飲ませてみたいという方には、非常におすすめです。 つぶより野菜の価値をしっかりと理解することが出来るタイプの方は、一日200円という価格に納得して購入することが出来ると思います。 やはり納得した上で購入することが得きるというのは、非常に大切な部分ですよね。 おまけ!つぶより野菜のCM情報 カゴメのつぶより野菜のCMについて気になっている方もおられるかもしれませんので、おまけでCM情報をご紹介しておきます! ちなみに、「つぶより野菜」のネーミングは、コピーライターのこやま淳子さんです。 カゴメ 健康直送便 「つぶより野菜 日本の風土」篇 30秒 「野菜ジュースってここまで美味しくなれるんだ」 カゴメの100%を、この野菜ジュースに込めました。 「なにこの美味しさ」 「野菜は国産だけなんだ」 カゴメ、つぶより野菜。 通販だけのお届けです。 明日の朝刊折り込みで。 カゴメの公式サイトに掲載されているCMは、「つぶより野菜 日本の風土」篇のみです。 以前は、元テレビ朝日アナウンサーの小宮悦子さんが出演されているCMがあったようなのですが、見つけることはできませんでした。 つぶより野菜のCMには、自然豊かな日本の風土が映し出されており、本当に野菜にこだわっているということが伝わる仕上がりになっています。 通販限定となっているあたりも、何か特別なものを感じます。

次の