レーザーテック 今後。 注目銘柄ダイジェスト:レーザーテックが大幅続落、JPXは大幅続伸

【株価急上昇】レーザーテックとホロンのどっちを買う?【結果つき】

レーザーテック 今後

株価が先行しているレーザーテックの株を買う ホロン株よりレーザーテック株を買った方がよい理由は、レーザーテックの株価がホロンの株価に先行して動いているためです。 レーザーテックの株価がホロンの株価より先行して動いているのを確認できるポイントは以下の2点です。 ・レーザーテックの株価はホロンの株価より先に75日移動平均線を超えています ・レーザーテックの株価はホロンの株価より先に新高値を更新しています レーザーテックの日足チャート ホロンの日足チャート 基本的に、株価が先行している企業の株を売買した方が投資効率はあがります。 理由は、株価が先行している企業の株は、より早く新高値に到達する可能性が高いためです。 株を売る人が極端に少なくなるためです。 かなり参考になり、僕の投資効率も飛躍的に上がりました。 レーザーテックの株価がホロンの株価に先行して動いている理由 レーザーテックの株価がホロンの株価に先行して動いている理由は以下の2点が考えられます。 ・決算発表がホロンよりレーザーテックの方は早く、好決算への期待が高まっていたため ・レーザーテックは半導体検査装置で独占しており、ホロンより業績向上/株価上昇に対する投資家の期待が高いため 決算発表前には好業績に対する期待で株価が上昇する場合が多々あります。 もちろん、決算に対する疑惑で株価が下落する場合もあります。 今回のレーザーテックとホロンの場合は、好決算が期待され、決算発表前に両者の株価が上昇しています。 また、5G銘柄/半導体製造銘柄という大きなくくりの中にレーザーテックとホロンは位置付けられていますが、もっと細かい話をすると、レーザーテックは半導体検査装置の製造/販売、ホロンは超解像度顕微鏡の製造/販売をしています。 ホロンには競合他社が多数存在しますが、レーザーテックにはほとんど競合他社が存在せずシェア独占状態です。 レーザーテックとホロンの詳細は、記事「」で解説していますので、ぜひ読んでみてください。 結果的にはホロンの成績が良いが・・・ ただ、トレダビで結果を見ると・・・・レーザーテックよりホロンの方が成績がよいです。 レーザーテックは79,675円(12. トレダビの結果(レーザーテック) トレダビの結果(ホロン) 今回、ホロンの成績の方がレーザーテックの成績よりも良くなった理由は、ミクロ投資法のルールによるものです。 ミクロ投資法では「決算発表前に保有株を全て売却する」というルールを設けています。 そのため、目標株価に到達する前に、レーザーテック株は全て決算発表日(4月28日)までに売却しています。 そして、ホロンの株価はレーザーテックの好決算の煽りを受けて急上昇し、目標株価にまで到達しました。 結果、ホロンの成績の方がレーザーテックの成績よりも良くなりました。 今後、レーザーテック株とホロン株のどちらを買うべきか? 「レーザーテック株とホロン株の現状は理解できました。 とはいえ、今後もホロン株よりレーザーテック株を買った方がよいと言えるのでしょうか?」と、疑問にもたれる方もいると思います。 株式投資の基本としては、上述したとおり株価の動きが先行しているレーザーテック株を買うべきです。 ただし、2020年5月12日のホロンの決算結果によっては、レーザーテック株よりホロン株を買った方が良くなるかもしれません。 というのも、2020年4月28日がレーザーテックの決算発表日でしたが、決算結果に疑わしい点があります。 決算発表翌営業日の4月30日には、レーザーテックの株価は+940円(+14. 99%)も上昇しているので、投資家の期待は超えられています。 しかし、個人的には売上増加率が少し低く感じます。 2020年6月期第3四半期決算短信をみてみると、2020年6月期第3四半期の業績の増加率は以下のとおりです。 売上増加率:19. 「株価は半年先の業績を織り込んでいく」と言われています。 売上増加率の鈍化は株価上昇ストップの要因となりますので、注意が必要です。 そして、2020年5月12日15:00にホロンの決算が発表されます。 ホロンの決算発表の結果、翌日5月13日のホロンとレーザーテックの株価の動きをみて、今後の投資計画を立てるべきです。 ・レーザーテック株とホロン株の両方を買うべきか ・レーザーテック株のみ買うべきか ・ホロン株のみ買うべきか ・レーザーテック株もホロン株も買わないべきか 「レーザーテック株もホロン株も買わない」という選択肢もあります。 とにかく、今僕が言えることは・・・ ・ホロン株を持っているのであれば、5月12日15:00までに全て売り切りましょう ・5月13日のレーザーテックとホロンの株価の動きをみて投資計画を立てましょう と言うことです。 ここまで本ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございました。 皆さんの株式投資の参考になったのであれば幸いです。 レーザーテックとホロンに関しては、引き続き本ブログで取り扱っていきます。 今後とも、よろしくお願いします。

次の

レーザーテック(株)【6920】:株式/株価

レーザーテック 今後

ふふふ、あるにゃ。 おすすめの会社教えるにゃ レーザーテック株式会社は半導体関連装置製造業者です。 半導体マスク欠陥検査装置においては世界シェアをほぼ独占し、半導体関連装置、エネルギー・環境関連装置、 FPD関連装置およびレーザー顕微鏡の開発・製造を行っています。 1960年に X線テレビの開発を行なう「有限会社東京 ITV研究所」として創業。 1962年に日本自動制御株式会社を設立。 以後 X線テレビのみならず、幅広い技術開発を行っていきます。 1976年には世界初、 LSIフォトマスク欠陥検査装置を開発・発売。 1986年に現在のレーザーテック株式会社に社名変更。 創業以来、「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」を経営理念としており、グローバルニッチ戦略を邁進してきました。 株式市場には、 1990年に日本証券業協会に株式を登録し、店頭公開。 2004年に JASDAQ(ジャスダック)に上場。 2013年に東京証券取引所市場第一部に上場しました。 証券コードは「 6920」です。 ここからは、レーザーテックの株について詳しく紹介していきます。 株初心者向け本記事目次• レーザーテックの株式分割について レーザーテックは直近、2019年12月31日を基準日として、2020年1月1日に1:2の株式分割を行いました。 株式分割の発表があると株価は上がります。 レーザーテックも例外ではなく、発表のあった 2019年 11月 25日の終値は 8,750円でしたが、基準日直前には 11,000円を超える水準まで株価が上昇しました。 その理由は、業績が絶好調であるということに疑いの余地はありません。 業績が好調であることは間違いありませんが、株価は常に上昇している訳ではありません。 時には急激に下落することもありますし、反対に急激に上昇することもあります。 それでは、どのようなニュースがレーザーテックの株価に影響を与える可能性が大きいのでしょうか?一番株価に影響を与えそうなニュースは以下になります。 海外の政治や経済動向によって、また海外の取引先も多いため、為替の変動によって売上・利益が変わるので株価に影響する可能性が多分にあります。 レーザーテックの株に配当はあるのか? レーザーテック株式会社は毎年配当を行っています。 2019年 6月期は 1株あたり年間 47円(中間配当 16円・期末配当 31円)の配当でした。 2020年 6月期は 1株あたり 年間78円(中間配当31円・期末配当47円)の配当予想となっています。 株主優待は行っていません レーザーテックの株が買える証券会社 ここでは、レーザーテックの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。 レーザーテックは完全に BtoB向けのビジネスを行っているため、世間一般での認知度はありませんが、特定分野で世界一のシェアを誇る超優良企業です。 世界一有名な投資家と言っても過言ではない、アメリカの投資家ウォーレン・バフェットはこう言っています。 「 1本しかない橋で通行料を取るような企業に投資しなさい」と。 今後の株価の上昇に大きく期待ができる企業なのです。 1単元当たりの株価は高めではありますが、株式投資初心者にもおすすめできる銘柄の一つであることに間違いはありません。

次の

【株価急上昇】レーザーテックとホロンのどっちを買う?【結果つき】

レーザーテック 今後

ふふふ、あるにゃ。 おすすめの会社教えるにゃ レーザーテック株式会社は半導体関連装置製造業者です。 半導体マスク欠陥検査装置においては世界シェアをほぼ独占し、半導体関連装置、エネルギー・環境関連装置、 FPD関連装置およびレーザー顕微鏡の開発・製造を行っています。 1960年に X線テレビの開発を行なう「有限会社東京 ITV研究所」として創業。 1962年に日本自動制御株式会社を設立。 以後 X線テレビのみならず、幅広い技術開発を行っていきます。 1976年には世界初、 LSIフォトマスク欠陥検査装置を開発・発売。 1986年に現在のレーザーテック株式会社に社名変更。 創業以来、「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」を経営理念としており、グローバルニッチ戦略を邁進してきました。 株式市場には、 1990年に日本証券業協会に株式を登録し、店頭公開。 2004年に JASDAQ(ジャスダック)に上場。 2013年に東京証券取引所市場第一部に上場しました。 証券コードは「 6920」です。 ここからは、レーザーテックの株について詳しく紹介していきます。 株初心者向け本記事目次• レーザーテックの株式分割について レーザーテックは直近、2019年12月31日を基準日として、2020年1月1日に1:2の株式分割を行いました。 株式分割の発表があると株価は上がります。 レーザーテックも例外ではなく、発表のあった 2019年 11月 25日の終値は 8,750円でしたが、基準日直前には 11,000円を超える水準まで株価が上昇しました。 その理由は、業績が絶好調であるということに疑いの余地はありません。 業績が好調であることは間違いありませんが、株価は常に上昇している訳ではありません。 時には急激に下落することもありますし、反対に急激に上昇することもあります。 それでは、どのようなニュースがレーザーテックの株価に影響を与える可能性が大きいのでしょうか?一番株価に影響を与えそうなニュースは以下になります。 海外の政治や経済動向によって、また海外の取引先も多いため、為替の変動によって売上・利益が変わるので株価に影響する可能性が多分にあります。 レーザーテックの株に配当はあるのか? レーザーテック株式会社は毎年配当を行っています。 2019年 6月期は 1株あたり年間 47円(中間配当 16円・期末配当 31円)の配当でした。 2020年 6月期は 1株あたり 年間78円(中間配当31円・期末配当47円)の配当予想となっています。 株主優待は行っていません レーザーテックの株が買える証券会社 ここでは、レーザーテックの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。 レーザーテックは完全に BtoB向けのビジネスを行っているため、世間一般での認知度はありませんが、特定分野で世界一のシェアを誇る超優良企業です。 世界一有名な投資家と言っても過言ではない、アメリカの投資家ウォーレン・バフェットはこう言っています。 「 1本しかない橋で通行料を取るような企業に投資しなさい」と。 今後の株価の上昇に大きく期待ができる企業なのです。 1単元当たりの株価は高めではありますが、株式投資初心者にもおすすめできる銘柄の一つであることに間違いはありません。

次の