ノートパソコン 型番。 【楽天市場】【7/26 (日)まで 10%OFFクーポン&エントリーでポイント7倍】AMD A4

Windows ノートパソコン 型番の調べ方

ノートパソコン 型番

OSによって異なるノートパソコン型番・品番の調べ方 ランキング上位に並ぶ個人向け人気ノートパソコンの型番や品番は、WindowsもしくはMacOSという オペレーションシステムによって調べ方が大きく異なる実態がある。 Appleから発売されている下記のノートパソコンブランドについては、 MacOSを使って型番・品番に近いナンバーを調べていくと捉えて良いだろう。 ・MacBook• ・MacBook Pro• ・MacBook Air これに対してApple以外のノートパソコンについては、その大半が Windowsを通して型番・品番を調べる形となる。 ノートパソコンの型番・品番の調べ方(Windows編) 東芝、富士通、Lenovo、DELLといったWindows搭載のノートパソコンの型番・品番は、下記3つのいずれかの方法を使って調べるのが一般的となる。 そこに msinfo32と入力しOKをクリックすると、システム情報と呼ばれる一覧が表示される仕組みだ。 その中にあるシステムモデルが、ノートパソコンの型番・品番となる。 型番・品番調査以外にも使えるシステム情報 このコマンドで表示されるシステム情報には、見てのとおり非常にたくさんの項目が記載されている。 例えば、下方に表示されているインストール済みの物理メモリなどを確認すれば、メモリ増設すべきかどうか?などの判断も行いやすくなる。 またこの中には、 システム名や ユーザ名も書かれているため、ネットワーク内で自分のPCを特定できないといった場合においても トラブル解決に繋がる情報を得られやすい内容と言えるだろう。 本体の底 電源が入らない、OSが立ち上がらないといったジャンク品ノートパソコンの場合は、まず 本体の底面を見てみよう。 富士通や東芝などの国産メーカー商品の場合、型名や型番といった見出し付きで大変わかりやすく ナンバーが書かれている。 これに対してHPなどの海外メーカーの場合は、 Model Numberや Model Noといった記載で型番・品番をあらわしているようだ。 保証書・請求書 こうした形でジャンク品でも型番・品番を調べられる仕組みが用意されているノートパソコンにおいても、電源が入らない上に底面のシールが剥がされている場合は、調査方法がかなり限られてしまう実態がある。 この状況に陥ったら、 ノートパソコン本体の入っていた外箱や請求書、保証書などの本体以外に目を向けてみよう。 またオークションサイトやネット通販で買ったジャンク品ノートPCの外箱などを既に捨ててしまった場合は、 購入履歴のタイトルから型番・品番の手がかりになる情報を見つけてみても良さそうだ。 ノートパソコンの型番・品番の調べ方(Apple編) 良心的なサービスで定評のあるAppleでは、サイト内に「 MacBookのモデルを識別する」といった機種別コンテンツを用意している。 しかしこのコンテンツを開いてみると、 型番・品番といった言葉が一切書かれていないことに気付かされる。 Appleのノートパソコンには型番という概念がない 最初に知っておくべきなのは、Apple製のノートパソコンに 一般メーカーのような型番・品番といった概念がないことだ。 ノートパソコンシリーズ・MacBookの商品情報を調べる際には、 機種ID・ モデル名・ モデル番号・ シリアル番号を鍵に調査をしなければならない。 しかしこれまでWindowsなどの他のOSのノートパソコンを使ってきた方々は、機種ID、シリアル番号、モデル番号の違いを理解しにくい実態があるため、型番・品番を調べる際には注意をして欲しい。 このMacについて 電源が入り、OSがきちんと立ち上がる完動品の場合、アップルメニューから選択できる「 このMacについて」のウィンドウを開く方法がおすすめとなる。 この画面の中には、Apple製ノートパソコンの モデル名と シリアル番号が描かれている。 MacBookの技術仕様を確認する上でもシリアル番号は欠かせない位置づけとなるため、正常に動作するApple製ノートパソコンを持っている人は、一度このメニューから開けるウィンドウ内を見てみると良いだろう。 製品本体の裏面 MacBookシリーズの本体底にも、シリアル番号やモデル番号などの情報が書かれている。 大変小さな英数字の並ぶこの部分を確認する時には、読み間違えや見落としのないように虫眼鏡などを使ってみても良いだろう。 またそれぞれの番号の見出しは、 Serialといった英語で書かれているため注意をして欲しい。 パッケージ・レシート・請求書 ノートパソコン本体の擦れや傷によって外観のシリアル番号が消えてしまった場合は、 購入時に付いてきた外箱や領収書、請求書などをチェックするしかない。 Apple側でも推奨するこの方法を使うと、モデル番号、シリアル番号、構成内容の3つをレシートから把握できる。 また外箱パッケージには、 部品番号も記載されているため、より詳しい型番・品番を求める人はぜひ確認してみて欲しい。 東芝ノートパソコンの特徴 国産メーカー東芝のノートパソコンは、 個人向けと企業向けの2系統で展開されている。 個人向けのラインナップの中には、Tシリーズと呼ばれるスタンダードノートPCだけでなく、出張の多いビジネスマンに人気のモバイルノートPC、タブレットとして使える2in1モバイルノートPCの3種類が用意されているようだ。 東芝ノートパソコンの型番・品番 最もラインナップが充実している Tシリーズは、下記のようにT75やT55といった モデル名が型番の中に入る形となっている。 また最大で4種類から選べるカラーについては、 「-(ハイフン)」前の2英字を使って型番内であらわされているようだ。 ・PT75DWP-BJA2:(リュクスホワイト)• ・PT75DBP-BJA2:(プレシャスブラック)• ・PT75DGP-BJA2:(サテンゴールド)• ・PT75DRP-BJA2:(モデナレッド) 東芝ノートパソコンの型番はシリーズによって仕組みが異なる これに対して Vシリーズと呼ばれる2in1モバイルノートPCを見てみると、下記のように スタンダードモデルとはかなり異なる命名規約で型番が付いていることに気付かされる。 この会社では、 FMV LIFEBOOKというシリーズ内でノートパソコンを販売している。 オンラインショップ富士通WEB MART内には、カスタムメイドモデルやお買い得品も並んでいるため、カタログ商品のみを取扱うメーカーと比べて自分のPCスタイルに合ったシリーズと出逢いやすい位置づけとなるだろう。 富士通ノートパソコンの型番・品番 予め決められた構成となっている カタログモデルについては、型番の頭2文字にAH、SH、UHといったシリーズが入る形となる。 例えば、15. しかしひとつのモデルにカタログ、カスタムメイド、わけあり品の3種類を用意する富士通の場合、ほぼ同じ外装のノートパソコンであっても、 仕様や買い方によって下記のような型番の違いが生じる実態がある。 リーズナブルな価格のノートパソコンが非常に多いHPは、世界的にも非常に高いシェアがある。 オンラインショップでは、 形状だけでなくOS、液晶サイズ、プロセッサーという多彩なカテゴリから商品検索可能となっているため、カスタムメイドモデルがなくても自分のニーズに適したものと見つけやすいメーカーとなるだろう。 HPノートパソコンの型番・品番 HPのノートパソコンには、商品名と型番の先頭に下記のシリーズ名が入っている。 ここでは、型番の違いを比較するために 15. 6インチサイズのノートパソコンをいくつかご紹介しておこう。 ・HP 15-ay000:(エントリーモデル・15インチ)• ・HP 15-ba000:(エントリーモデル・15インチ)• ・Pavilion Power 15:(スタンダードモデル・15インチ)• ・ENVY 15-as100:(プレミアムモデル・15インチ)• ・OMEN by HP 15-ax200:(ゲーミングモデル・15インチ) DELLノートパソコンの特徴 世界トップクラスの販売シェアを持つDELLでは、 在庫を持たないBTO(受注生産)の直販でノートパソコンの製造販売を行っている。 BTOという理由で若干納期はかかるものの、リーズナブルな価格で自分好みのノートパソコンを購入できるブランドとして、日本国内でも注目度を高めている。 またDELL日本では、 割引クーポンや オータムセールなども開催しているため、より良いタイミングで注文をすれば更にコストパフォーマンスの高い商品と出逢いやすいブランドとなるだろう。 DELLノートパソコンのラインナップ DELLコンピュータでは、価格と性能のバランスが整った汎用モデル、高い解像度のディスプレイを備えたXPS、ハイパフォーマンスなゲーム体験に適したALIENWAREといったシリーズを用意している。 汎用モデルの中には、 3000~7000というスペックを数字であらわすタイプが並んでいる。 DELLノートパソコンの型番・品番 汎用モデルをランク別に15インチノートパソコンで比較すると、 最後に書かれた4桁の数字でシリーズがあらわされていることに気付かされる。 またInspirionの後に入っている 15という数字は、ディスプレイのサイズを示していると捉えて良さそうだ。 ・Inspirion 15 3000:(基本モデル)• ・Inspirion 15 5000:(標準モデル)• ・Inspirion 15 7000 ノートパソコン:(上級モデル)• ・Inspirion 15 5000:ゲーミング• ・Inspirion 15 7000:ゲーミング Lenovoノートパソコンの特徴 NECとのパソコン事業統合を行なったLenovoも、非常に話題性の高いノートパソコンブランドだ。 Lenovoは2016年10月に、日本政策投資銀行との資金面における協議や調整を行いながら、 富士通とのパソコン事業提携や統合を検討中であることを正式発表している。 こうした形で日本への参入に積極的なレノボは、海外ブランドの名を残しながら自然と日本市場に馴染んでいると言えそうだ。 ちなみに2017年10月現在の公式サイトには、メーカー名でもあるLENOVOブランドとともに、THINKPAD、IDEAPAD、YOGAといった4シリーズが並んでいる。 Lenovoノートパソコンの型番・品番 最も商品数の多いThinkPadのページには、下記4種類のノートパソコンが並んでいる。 ・ThinkPad X1 Yoga• ・ThinkPad X1 Carbon• ・ThinkPad X270• ・ThinkPad X250 こうしてThinkPadの商品名・型番を並べてみると、他社メーカーのように ディスプレイサイズをあらわす数字が一切入っていないことに気付かされる。 また商品名を見ただけではその仕様や違いのわかりにくいLenovoノートパソコンの場合は、 購入前にサイトを開いて詳細をしっかり確認する必要があると言えるだろう。 マイクロソフトのノートパソコンの特徴 マイクロソフトでは、 Surfaceというノートパソコンを発売中だ。 自社ブランドのWindowsを搭載したSurfaceは、無償でWindows RT 8. 1もしくはWindows 10 Proにアップグレードすることができる。 マイクロソフトのノートパソコンの型番・品番 マイクロソフトのノートPC・Surfaceには、下記4つの種類しかない。 ・Surface Pro• ・Surface Laptop• ・Surface Book• ・Surface Book(パフォーマンスベース搭載モデル) フラッグシップモデルSurface Proの型番は、下記のようにSSD容量とCPUの組み合わせによって変わる仕組みとなっている。 家電専門のフリマサイト・smama(スママ) 不要になったノートパソコンを売却したり、新たに購入するのにおすすめしたいのが、弊社が運営するフリマサイトだ。 個人ユーザーではなく、 中古品取扱い業者が出品しているため、美品や未使用品など高品質なアイテムが豊富にそろっている。 出品は、サポートチームが検品から購入希望者とのやり取りをすべておこなう 代行サービスとなっている。 申し込み後にスママ宛に売りたいアイテムを送れば手続き完了。 あとはプロが高く売るのを待つだけだ。 パソコンのように新商品が発売されるアイテムは、売り時を逃すと市場価値がどんどん下がってしまう。 家で眠らせておくなら、スママに申し込んでみてはいかがだろうか。

次の

VAIOの型名を確認する方法

ノートパソコン 型番

Microsoft マイクロソフト• VAIO バイオ• NEC エヌイーシー• iiyama イイヤマ• Panasonic パナソニック• Acer エイサー• Lenovo レノボ• 東芝 トウシバ• ASUS エイスース• Fujitsu FMV 富士通• パソコンのモデルがわからない方・買取価格表にお手元のパソコンが無い方はコチラ.

次の

ノートパソコンの型番・品番の調べ方、命名規則解説

ノートパソコン 型番

こんにちは、お部屋をキレイに気分をハッピーに!をコンセプトに部屋をキレイにする情報をお伝えしている、くりはぴです。 ふとした時によくあるお悩み。 「あれ?このパソコンの型番やスペックって何だっけ?」 パソコンにソフトやサービス利用時にパソコン環境が対応しているのか、 パソコンを買取に出す際の製品のスペックの記載... 購入した時は覚えていても時間が経つと忘れてしまいますよね。 今回は、簡単で誰でもできるパソコンのメーカー・型番・スペックの調べ方をご紹介します。 分かりやすく画像入りで解説していますので、ぜひ参考にしてください。 関連: Windowsパソコンの確認方法 確認方法はいくつかありますが、Windowsパソコンでほぼ共通で使用できるので便利で簡単な方法は、『 システム情報』で確認することです。 OSごとで多少操作は違いますがやることは同じです。 Windows7の確認方法 「スタート」ボタンをクリックします。 すると、「 プログラムとファイルの検索」ボックスが出てきます。 検索ボックスに「 msinfo32」と入力し、上に表示されたプログラムをクリックします。 システム情報が表示され、画面右側から下記項目が確認できます。 [OS名]OS(例:Windows7 Home Premium)• [システム製造元]メーカー名(例:NEC)• [システムモデル]型番• 「 msinfo32」と入力し、「OK」をクリックします。 すると、上記と同じ「システム情報」画面が開きます。 確認項目は同じです。 Windows10の確認方法 Windowsボタン横の検索ボックスから検索をかけます。 「msinfo32」と入力後、エンターを押します。 ぐらい入力すると「システム情報」が上部に表示されるので、ここをクリックでも同じです。 表示された画面から下記項目を確認しましょう。 [OS名]OS(例:Windows7 Home Premium)• [システム製造元]メーカー名(例:NEC)• [システムモデル]型番• 「 msinfo32」と入力し、「OK」をクリックします。 すると、上記と同じ「システム情報」画面が開きます。 確認項目は同じです。 BTO パソコンや自作パソコンの場合 カスタマイズされたパソコンは上記の項目の他に、グラフィックボード情報を確認しておきましょう。 Windowsボタンを右クリックし、「 デバイスマネージャー」をクリックします。 「 ディスプレイアダプター」項目の左の「>(または+)」をクリックして下記項目を確認しましょう。

次の