蕁麻疹 スピリチュアル。 体の皮膚(肌)にかゆみが出る時のスピリチュアルな意味とは?

蕁麻疹のスピリチュアルな意味とメッセージ|顔・手・足に出る意味も

蕁麻疹 スピリチュアル

何回聞きに行っても、皮膚科では 「原因不明」、ドラッグストアに行ったら 「肝機能や免疫力の問題」と言われても 血液検査では普通の肝臓だと言われました。 堂々巡りで全く意味がわからないです。 蕁麻疹の不快感は本当に耐えられないので早く治したい! 食事にはけっこう気を遣っているつもりです。 しかし薬を辞めても食事内容を変えても全く変化無しなんて・・・ショックです。 それなら視点を変えて 「霊視」で調べてみよう 笑 これが蕁麻疹治療のきっかけになるかどうかは、正直不明です。 500円程度だったらお試し感覚でできるので、大きな得はなくとも損はしません。 一体体の中で何が起きているのかを知りたいんです。 もしくは、蕁麻疹改善のヒーリングがあればやってみたいです。 効果があるかどうかは不明ですが、一応スピリチュアルなブログをやっている以上は検証する必要性がありますね。 最近クリックしたせいか、広告が全部「ココナラ」の霊視になっているので厄介です 笑 そのおかげでますます気になっています。 この蕁麻疹は本当に早く解決したいんです。 気持ち悪いし、不快感がひどいし、かゆいし、またいつ出てくるかと思うと不安だし・・・ とにかく今の堂々巡りから脱出したい! 薬では当然治らない、食事でも変わらない、検査には異常がない。 それならお試し感覚の霊視やヒーリングで見てみたくなります。 病院代や時間だって本当にもったいないです。 早く社会復帰したい! 蕁麻疹問題に決着をつけたいです。 一刻も早く終わらせたいですね。 いったい自分の体には何が起きているのか? 何をさせようとしているのか? それが気になっています。 蕁麻疹が起こる原因はいったい何? 蕁麻疹で検索すると、意外とスピリチュアル系の記事に引っかかります。 それも 好転反応・浄化と絡めて。 「霊的覚醒が~」「スピリチュアル意識の向上が~」といいつつ、自分の身に起きた変化についてはスピリチュアル的に判断できません 笑 疲労がたまっているだけ、免疫力の低下が招いているだけ、と思っていたのですから。 事実、 過労・いじめなどの人間関係のストレスや栄養失調が原因で体調不良となりました。 その経緯がありますから、スピリチュアルな理由に持っていくのに抵抗があります。 スピリチュアルな理由で蕁麻疹が出たのなら、もっと優しい経緯でなって欲しかったですね。 こんな過酷な状況まで追い込まなくても・・・。 スピリチュアル系のサイトって極端な記事もありますので、すべてを信用していません。 病気をいちいち 「これは浄化!これは好転反応!」と思い込むのは現実的ではありません。 病気になってしまったなら、病院に行って治さないと。 病気や健康について考え直さないと・・・と感じるのが先です。 ココナラで霊視診断!不動明王に聴く。 今までいろいろ蕁麻疹に関する記事を書いてきました。 しかし、今回は 「霊視」の側面から蕁麻疹の謎を解いていきたいと思います。 このためにという個人同士の売買サイトで霊視してもらいました 笑 薬を飲んでも全く効果は出てこないし、とりあえずやってみます。 ココナラの公式サイトはこちら。 1回500円ですから損得関係なく細かい事を気にしないで占えるからお得ですね。 販売実績はすでに 7,500件以上。 占いのジャンルの中でもトップクラスの実績を持っているので安心。 感想を見てみると、結構よさげです。 とりあえず質問してみました! 一体どんな答えが返って来るのか・・・?なるべく出来る限り詳細に質問文を書いてみました。 皮膚科に通ったり、ドラッグストアで薬を購入したりしていますが全く効果が現れません。 薬を辞めてしまうとまた蕁麻疹がブツブツと出てきてしまいます。 この不快感から一刻も早く逃れたいです。 蕁麻疹がほとんどが原因不明と言われています。 去年は過労とストレスに苦しめられたので、そのせいで免疫力や自律神経が乱れているのかな?と思っています。 皮膚科の血液検査では異常は無いのにも関わらず、未だに薬を辞められません。 これから何をどうすればこの不快感から脱出できますか? 今自分には何が求められているのでしょうか?どうか教えてください。 そして、翌朝このようにお返事がきました。 【不動明王の答え】人事を尽くして天命を待つ 【器の解釈】(器=今回の占い師さん) お不動様のお答えでは、 人事を尽くして天命を待つとの回答でした。 腫物は触ると治るのに時間がかかってしまったり、例えば白髪は気にすれば増えてしまうということがある。 故に、大事なことは、手を尽くしたのであれば、後は自然の成り行きに任せることである。 身体は部分で出来ているわけではない故、蕁麻疹だけではなく、身体全体に良いものを食し、そして心や精神に余裕を持つことが大事である。 気にしてしまうと、常に心にそのことがあり、またネガティブな想いなどに繋がってしまい、想いは事象を引き寄せる故、悪い循環に入ってしまう。 故に、 手を尽くした後は、気にしないということが1番である。 人には治癒力があり、気にしない間に治っているということがよくある。 故に、 あなたはあなたなりに出来ることは、すべてなさっている故、今は気にしない方が良い。 日柄ものである故、治る。 心が関係している故、心に余裕を持つようになさると良い。 なるほど・・・。 占いの返答はどうしても 「ありきたり・ありふれてる文章感」があるのですが、500円だから別に損にはなりません。 不動明王さまが言うのですから天命を待つほか無いです。 ある意味納得できました 笑 確かにこれ以上はもうどうしようもありません。 程々にあきらめるしかないですね。 できることはやりました。 今回の占いの内容を大事にします。 あとは日ごろ栄養としっかりとって休養して、この 蕁麻疹体質を改善したいです。 「蕁麻疹と好転反応」について再検索。 蕁麻疹を調べるにあたり、スピリチュアル的な側面から検索したことがあります。 でもスピリチュアルの嫌な部分も知っているので、 「どうせなんでもかんでも好転反応だ覚醒だとか言ってるんだろうなぁ」としか考えていませんでした。 そういうところが実際にあるから信用していないし、それを真に受けても自分の人生はなんにも変わりませんでした。 でもせっかくだから覚醒や浄化・好転反応について考えてみます。 元々こっちの方が好きな分野です。 蕁麻疹が出始めてからかなり時間(半年以上?)が経ちますが、まだ治まりません。 仕事や毒親で ストレスや問題を抱えると露骨に出てきます。 また、 睡眠時間や食事内容が足りないと出てきます。 いつになったら完治するんでしょう・・・。 蕁麻疹は霊的覚醒と本当に関係があるのか? また、他のサイトには 「痒みは、エネルギーを引き上げられるときに起こる・浄化の好転反応のひとつに痒みがある」という言葉を見つけました。 なぜだか心惹かれるものがあるし納得感があります。 「そういう時期」であるという事は理解しています。 「いまここで振り切らないと、いまここで突き抜けないと・・・」という衝動が自分の中に膨れ上がっていくのを感じます。 だけど今の身体が本当につらい・・・という現実も存在します。 免疫力が下がっていることは事実です。 それに対処した方法を使っていくことも有効ですが、蕁麻疹なんてほとんどが「原因不明」と診断されてしまいます。 この機会にスピリチュアル的な側面から考えてみるのもひとつの方法だと思います。 自分の健康問題についてもスピリチュアルに考えてもバチは当たらないはずです 笑 この蕁麻疹についての答えは今後じっくり考察させていただきます。 なぜか気になっている、ということは自分にとって必要な情報でしょう。 自分の直感や興味を信じます。 蕁麻疹が起きた時~自然回復?の全記録はこちら!.

次の

蕁麻疹ができるスピリチュアル的な意味は?じんましん/かゆみ/湿疹

蕁麻疹 スピリチュアル

ここ半年くらい、アトピーが再び出てきています。 に書いたように 水も空気もきれいだし、すっかり治ったー!!と思っていたのに。。 昔は腕と足だったけれど、首と顔ぜんたいに広がっています。 ステロイドを使わずに治そうとしているので 泊まりに来てくださる方には、お見苦しい姿かもしれません。 温かい気持ちで見守ってくださると嬉しいです。 アトピーの原因 外側からの刺激が原因だったり 心のストレスが原因だったり アトピーの原因は本当にさまざま。 だけど、蚊に刺されたように皮膚にかゆみの原因があるのなら 少しかいたらおさまるもの。 かく手が止まらない かき壊してしまうってことは 皮膚よりも もっと深いところに原因があることが多いそうです。 思春期の頃は 気合で首から上はアトピーの症状を出さないようにしていました。 それが、どうして今になって顔に出続けているんだろう? 今までだったら ちょっと赤みが出たらすぐに薬を塗っておさえていたけれど けっこう強いステロイド剤を使ってきて、怖くなってきたんです。 薬を塗ったらすぐ治る。 だけど塗らないと、ぐわーっとかゆみが倍増する。 原因は内側にあって いらないものを体は外に出そうとしているのに 無理やり外から抑え込んでどうなるんだろう?? これじゃあ、かゆみの原因はなくならない! 何の解決にもなってないんだよなぁと ステロイドが入った薬をやめることにしました。 アトピーの直し方を聞いてみた そもそもアトピーは私に何を伝えたいんだろう。 もっとリラックスしてってこと? たくさん休んでねってこと? 運動して汗をかきなさい? お肉とチーズ食べすぎ? うん、これらは確かに思い当たる。 だけどなんだかしっくりこなくて 私のハイヤーセルフに聞いてみました。 (ハイヤーセルフとは、私の魂。 高いところから俯瞰してみている自分自身の魂です。 ) 西洋医学じゃなかなか治らないので 試しにスピリチュアルに頼ってみることに。 笑 私のアトピーはどうしたら治りますか? 答えをもらえるかもわからなかったけど お風呂につかっているときに 目を閉じて、何度か聞いてみたのです。 返ってきた答え その2日後。 髪を乾かしているときに、ふと 《前を向いて》 という言葉がおりてきました。 それと同時に点と点が繋がっていくような感覚も。 飲食店で働いていた時は、いつもキッチンから客席を見ていたな。 自転車に乗って、目の前に広がる海に向かって走っていたな。 大好きな友達と、ウィンドウショッピングを楽しんでいたな。 前は、いつも顔をあげていた。 今は下を向いて仕込みして 下を向いてパソコンしてばっかり。 血液も、気も、下ばっかり向いていたから滞っていたんだ。 頭を支え続けて重たかったのかな。 もう疲れたよー!ってSOSを出していたのかな。 《前を向いて、視線をあげなさい。 先を見なさい。 》 ハイヤーセルフがくれたヒントから 大きな気付きを得ることができました。 これで良くなるかは分からないけれど もし本当に、半年続いている症状がおさまったら… すっっっごい発見ですよね!! 医者いらず。 笑 第一回の大人の寺子屋のとき。 何の話をしているときなんだろう?笑 この記事にも書いたのですが、 点と点がパパパーーっと線になって繋がっていく感覚。 このときって そうなんだー!とその事に初めて気づくというよりも そうだった。 と魂が思い出すような感じ。 本来は、自分自身がすべて知っているはずなんです。 だって私たちはみんな《創造主》なのだから。 えっ?どういうことなんだ?? そんなこと言われたら寝れないじゃないか。。 と モンモンとしながらノートに向かっていたことがあります。 笑 思考では分からなくても 魂が知っていることはある。 魂の声なんてふつう聞けないでしょ! なんて思うかもしれないけれど レッスンすれば、誰にでも聞こえるようになると思っています。 レッスンとは 思考ではなく、ハートの声を丁寧に拾い上げる練習のこと。 やり方はノートを通して自分と向き合うだけ。 きっと、一生 アトピー=悪いものと捉えて終わってしまう。 それよりも アトピーは自分に何を教えようとしているんだろう?と 考え方の角度を少し変えてあげるだけで その先の繁栄につながっていくはず。 アトピーに限らず 《すべては繁栄につながっている》 この視点でものごとを見てみるとどう変わるか? ぜひ一度、試してみてください^^.

次の

蕁麻疹ができるスピリチュアル的な意味は?じんましん/かゆみ/湿疹

蕁麻疹 スピリチュアル

蕁麻疹はストレスだけじゃない?身体を知ってバランスを取り戻す5つのポイント 1.原因と症状 蕁麻疹は皮膚病の一種です。 蕁麻疹と聞くと、極度の疲労とストレスを思い出されると思います。 全身に肥満細胞がまき散らされ、肥満細胞からヒスタミンが分泌され、血管に働くことで、浮腫が起こります。 ヒスタミンの働きが作用するのは皮膚だけでなく、神経にも刺激を起こすため、痛みが起こると考えられています。 蕁麻疹には急性と慢性の2タイプに分かれ、発疹が生じ1か月以内で収まれば急性蕁麻疹、1か月以上続くようであれば慢性蕁麻疹と判断されます。 また蕁麻疹にはアレルギー性と非アレルギー性に大別され、遺伝による蕁麻疹の発症もあります。 人体には60兆個の細胞が凝縮されているといわれます。 発汗、発熱、下痢、排尿・排泄など全ての生理現象は、人体のバランスを保つために、各内臓、器官、神経、細分化すれば細胞の1つ1つが働いているといえます。 アレルギー反応とは免疫反応を指し、特定の抗原(物質)を体の内部から排除する、または内部での活動を抑制するために働き、本来は自分の身を守るための活動であるはずがその反応自体が有害な反応に変わるということです。 アレルギーはI~V型までの種類があり、その中でもまた細かい種類分けがあります。 また合併症やその他の皮膚病、内臓・器官で起きる場合もあるため、アレルギーを克服することは簡単なことではありません。 【食物性蕁麻疹】 食事をして30分以内に起こりますが、人によって摂取する段階、吸収段階、消化段階など、どの段階で反応が出るかが異なります。 また健康状態、発症している病気や症状などが原因でアレルギー反応が起こる場合もあるといわれています。 【薬剤性蕁麻疹】 薬剤の服用の30分以内に起こり、抗生剤や非ステロイド性抗炎症約などで起こりやすいとされています。 ただ皮膚にできた出来物だと思っていたけれど、病院での診断により、実は食物や薬剤が原因のアレルギー反応だったとわかる方もいらっしゃるかもしれません。 3.非アレルギー 蕁麻疹はヒスタミンにより起こるアレルギー性の反応ではありますが、アレルギー性の反応ではない、何らかの刺激によって、ヒスタミンが分泌されることがあります。 代表的なものとして、神経伝達物質のアセチルコリンなどが、ヒスタミンの作用と同様に、血管透過性を亢進させることで反応を起こすといわれています。 【物理性蕁麻疹】 ・機械に接触する ・気温・体温の急激な変化 ・圧迫・圧力による皮膚の反応 ・発汗・汗の成分による皮膚の反応 ・過酷の、極度の運動・労働 【日光蕁麻疹】 体質的なもので、日光が当たった個所の皮膚の成分が変化するなどして、一時的に発疹が出る、痒み・痛みが出る、肌が赤らむなどの反応が起こります。 【コリン性蕁麻疹】 一過性の蕁麻疹で、発汗とストレス、精神不安などが関わっているとされています。 コリン性蕁麻疹もまた、アセチルコリンが分泌されることにより発疹が出るといわれ、その根本的な原因は解明されてはいないようです。 発汗にまつわるあらゆるきっかけ、場面、状況、変化、環境、精神状態が絡み合い、蕁麻疹の症状が現れるため、蕁麻疹に悩む方はご自分の生活スタイルの見直しと改善を模索することが望ましいでしょう。 4.精神 簡単にストレスといっても、たいていの場合ピンポイントでストレスを表現することは難しいのではないでしょうか? 集団行動が苦手な人にとって、人前で話すことがストレスかもしれませんし、逆に生きがいに感じる人もいるでしょう。 はたまた過去の失敗、トラウマ、苦手意識などによって、特定の人や物、場所や状況が耐えがたいストレスになることも少なくありません。 好き嫌いとは一線を画した、原因と結果の表れは、時に体調や身体などの表面的な症状や特徴、体質や反応によってはじめて自覚されることがあります。 〇精神状態のバランス バランスとは、天秤にかけた2つのもののどちらかの比重が大きく、一方に大きく傾くイメージです。 その原因を具体化してみましょう。 ・長時間労働により睡眠・栄養・休息不足である ・緊張状態が長時間続き、緊張が取れない癖がつく ・特定の人や物、状況、場所の強い印象や不快感を持つ ・仕事を辞める、転職する、就職する ・親しい人との別れ、喧嘩、揉め事 ・家庭環境、家庭間の問題、身内の病気 ・突然の休み、長期間の休暇 ・期日の締め切り、試験、スケジュールの調整 ・時間との闘い、遅刻 ・暴飲暴食、過度の夜更かし、または習慣的な悪習慣 天秤にかかる要素に善悪はなく、ただどちらの要素が強いか多いかがポイントです。 ここで注目したいのは、突然の休みや長期間の休暇が一見嬉しいことのように思いますが、逆に心身に急激な変化をもたらす可能性があることです。 人間とは不思議なもので、苦痛が長期間継続するうちに、順応し過ぎてしまい、苦痛そのものがなくなってしまうと、再度その状態に戻ろうとします。 頭ではわかっているけれど、なかなか辞められない習慣、生活ペース、買い物、人間付き合い、口癖、家族やパートナーとの口論、悲観的・非建設的な考えや思いが積もり積もって、その人の生き方を成立させているといっても過言ではありません。 このことから心地が良いという状況、状態、ペース、環境が本当にあなたの心身によって都合が良いのかは、表層的な面では決まらないということになります。 心地が良いという感覚は、心身が豊かで軽いということで、新たなことを始まることができる、やり直しをする余裕がある、目の前の出来事に一生懸命に取り組むことができるなどの状態をいいます。 その反面順応し過ぎ、決定権や主導権を奪われた状況の中で、仕方がなく動いている状態は、消極的に動けているだけに過ぎません。 その延長線上に蕁麻疹が心身のバランスの欠如として現れる可能があるのではないでしょうか? 5.ストレスの転換 人には自己治癒力があります。 症状は未病が本格的に病になる前の状態であることや、急性の病は、慢性的になり治癒が難しくなる前の状態であることを知らない方が多いように思います。 風邪をひき、熱が出たらすぐ解熱剤で症状を抑え込む対処は、内臓に負担をかけ、自己治癒力を抑えてしまいます。 蕁麻疹が急性の場合、時間が経ち、状況や環境が落ち着き、思考や精神状態が追いついた時に、自然と回復するようです。 「快復」は病が治ること。 「回復」は元の状態に戻ること。 蕁麻疹の根本原因が解明されていないとはいえ、 自然に任せること、元の心身の状態に戻ることが健康的であるということですから、自己治癒力を高めることが大切といえます。 ストレスは、感覚で自ら創り出すものや、思考が作り出すもの、感情が作り出すもの、身体で作り出すものと様々です。 感覚的にストレスを感じるということは、雰囲気や嗅覚、味覚、触覚、視覚、聴覚的な刺激が有害である場合です。 思考的にストレスを感じるということは、経験から不利な状況や苦手な人、状況、場面、課題などについて考えるため生じます。 感情が作り出すストレスは、初めてのショック体験、トラウマ、苦痛、悲しみなどの負の感情を消化できていないため、時間をかけてそれらの苦痛を緩和していくことが大切です。 しかし、それでも感情や記憶は心身に刻み込まれているため、あるきっかけで瞬時に思い起こされてしまうのでしょう。 身体的にストレスを感じるのは、身体に異物が入り込んだことを細胞から内臓、神経や脳などを総動員して身体を守ろうと活動するためです。 ストレスを転換させることで、心身の安定を図ることは一見難しいことかもしれません。 しかし必要に迫られると、人間は生活習慣を省みて、新しい発見や感動から挑戦する、考え方や受け取り方を変えようと生き方を変えていけるものです。 病を通して自然の恵みのありがたさ、人の真心のありがたさ、自分自身を省みる大切さ、無駄なものや過剰なものを取り除くことの大切さを痛感する方々がいらっしゃいます。 あなたにとってストレスになるもの、それは過去に起因しているかもしれませんし、人や物、状況、思考、感情、が引き金かもしれません。 人体・精神・思考の機能に一旦支障が出てしまうと、元の状態に戻すことはそう簡単ではありません。 しかしストレスは、塗り替えることができます。 ストレスだと感じている事柄を吟味してみてください。 ストレスだと思い込んでいる自分を認めてください。 あらゆるものを天秤にかけるのはあなた自身ですから、あなたのさじ加減で現状は大きく変わります。 創造力と勇気をもって体験し、人は成長することができ、また愛情と知恵をもって生き、人は進化することができる素晴らしい生き物です。 ストレスに足を取られ転んでしまっても、何に躓いたのかを知ることで、怖いものを取り除くことができるのですから。

次の