お隣さんといけない。 『いけない』|本のあらすじ・感想・レビュー・試し読み

根は切ってもいいのに、枝を切ってはいけないのは何故か?

お隣さんといけない

タイトルが刺激的であり、tk-kubotaさんが現に不倫をしているように読み取れる文章なので、このような少し凝った文章は、特に不特定多数の人が見る掲示板では、質問の意図を伝えることが困難になってしまうと思います。 さて本題ですが、判例 参考URL 、裁判実務では、不貞行為の相手方に対する配偶者の慰謝料請求を肯定しているのはご存じだと思います。 これに対して、反対の立場の学説も少なくありません。 婚姻当事者は相互に貞操義務を負い、配偶者が不貞行為をすれば貞操義務違反として、配偶者に対して損害賠償を請求できるというのはご質問者も認めるところだと思います。 問題は、隣の奥さんの夫に対して貞操義務を負っているのは、その奥さんであって、tk-kubotaさんが、その夫に対して貞操義務を負っているわけではないということです。 貞操義務の裏返しとして、配偶者に対する「貞操を守れ」という請求権 貞操請求権 とみるのであれば、それは物権ではなく、いわば債権ですから、第三者に対する排他性はありません。 債権侵害の一般的議論とパラレルに考えて、例えば、tk-kubotaさんが夫に対して害悪を加える目的でしたような場合に例外的に損害賠償の義務を負うという説 原則否定説 や、人格権の独立性を理由に、第三者に対する慰謝料請求を否定する説もあります。 議論に興味があるのでしたら、水野紀子教授の判例評釈 法学協会雑誌98巻2号 を読まれると良いでしょう。 ちなみに、水野教授は否定説を唱えています。 」 と云う文章がありました。 そうしますと、「判例がある。 」と云うことだけのことですね。 そうだとしますと、立法化の必要があると考えます。 例えば、今回の例で「それならば、隣の独身女性ならどうなの」 または、「私が独身ならばどうなの」 更に、「双方が成人男女なら自由なの」 等々問題が山積みと思います。

次の

本当にあった恐怖体験…お墓で「絶対にやってはいけない」不吉行動 — 文・脇田尚揮

お隣さんといけない

N子さんは非常に信心深く、子供のころからよくお墓参りに行っていました。 その日も、実家に帰ったついでに自分の先祖の墓参りをしたN子さんは、墓の隣に、古くて小さいS家と書かれた昔ながらのお墓があるのに気が付きました。 その小さな墓は、花や線香もなく、ずっと誰も来ていないように見えました。 猛暑の中、このお墓もひとりぼっちで可哀想だと思ったN子さんは、S家の墓に手を合わせ、花を供えたのでした。 全く知らないおじいさんがブツブツと神棚の前で何かつぶやいているのです。 N子さんが声を掛けると、おじいさんが血走った眼をカッと見開き、そこで目が覚めるというもの。 猛暑であるにも関わらず悪寒がしたN子さん。 それから体調を崩していくことに……。 しかし、夢を見た次の日から、ズキズキとした頭痛と、グッと押さえつけられているかのような肩の重さに苦しみます。 「働き過ぎかな……」そう感じたN子さんは、有給休暇を取り、車で温泉に向かいました。 しかし、その道中で交通事故、しかも自損事故を起こしてしまい、肋骨を折り全治2ケ月の怪我を負ってしまったのです。 そのお寺はお祓いなども行っていたのです。 いつもは柔和な住職が、N子さんの姿を見た瞬間に青ざめ、「すぐに準備をしなさい」と言うやいなや、お経を唱え始めたとのこと。 その後、S家の墓にも同様のお祓いをしたそうです。 そして住職は、N子さんに一言。 「二度と他家の墓を拝んではいけない」とおっしゃったそうです……。 ご先祖様の供養のためにお墓参りをしたついでに、「向かい三軒両隣」とばかりに、お隣の他人のお墓に手を合わせる方もいるかもしれません。 手を合わせるくらい良いことのように思われますが、実はこれ、絶対やってはいけないことなのです。 他人のご先祖様が、あなたのことを身内だと誤解して憑りついてしまう恐れもあるのです。 優しさは大切ですが、他人のお墓に手を合わせるのは危険な行為。 心の中で軽く会釈をするくらいに留めておきましょう。 記事、 もチェック……!?

次の

いけない奥さん

お隣さんといけない

N子さんは非常に信心深く、子供のころからよくお墓参りに行っていました。 その日も、実家に帰ったついでに自分の先祖の墓参りをしたN子さんは、墓の隣に、古くて小さいS家と書かれた昔ながらのお墓があるのに気が付きました。 その小さな墓は、花や線香もなく、ずっと誰も来ていないように見えました。 猛暑の中、このお墓もひとりぼっちで可哀想だと思ったN子さんは、S家の墓に手を合わせ、花を供えたのでした。 全く知らないおじいさんがブツブツと神棚の前で何かつぶやいているのです。 N子さんが声を掛けると、おじいさんが血走った眼をカッと見開き、そこで目が覚めるというもの。 猛暑であるにも関わらず悪寒がしたN子さん。 それから体調を崩していくことに……。 しかし、夢を見た次の日から、ズキズキとした頭痛と、グッと押さえつけられているかのような肩の重さに苦しみます。 「働き過ぎかな……」そう感じたN子さんは、有給休暇を取り、車で温泉に向かいました。 しかし、その道中で交通事故、しかも自損事故を起こしてしまい、肋骨を折り全治2ケ月の怪我を負ってしまったのです。 そのお寺はお祓いなども行っていたのです。 いつもは柔和な住職が、N子さんの姿を見た瞬間に青ざめ、「すぐに準備をしなさい」と言うやいなや、お経を唱え始めたとのこと。 その後、S家の墓にも同様のお祓いをしたそうです。 そして住職は、N子さんに一言。 「二度と他家の墓を拝んではいけない」とおっしゃったそうです……。 ご先祖様の供養のためにお墓参りをしたついでに、「向かい三軒両隣」とばかりに、お隣の他人のお墓に手を合わせる方もいるかもしれません。 手を合わせるくらい良いことのように思われますが、実はこれ、絶対やってはいけないことなのです。 他人のご先祖様が、あなたのことを身内だと誤解して憑りついてしまう恐れもあるのです。 優しさは大切ですが、他人のお墓に手を合わせるのは危険な行為。 心の中で軽く会釈をするくらいに留めておきましょう。 記事、 もチェック……!?

次の