先進医療。 先進医療とは|保険・生命保険はアフラック

先進医療とは? どれくらい費用がかかる?|公益財団法人 生命保険文化センター

先進医療

はじめに|先進医療特約とは 先進医療特約とは、「先進医療」にかかる技術料を、一定の限度額まで、全額保障してくれるものです。 多くの保険会社では限度額を2,000万円に設定しています。 なぜこのような特約があるのでしょうか。 これを付ける必要性・メリットはどれほどあるのでしょうか。 そもそも「先進医療」とは何かということから説明します。 先進医療とは 先進医療とは、厚生労働省がその治療効果と安全性を認めた新しい治療法・手術法です。 治療の効果が高い、身体への負担が少なくて回復が早いといった理由で、医療機関からも大きな注目を集めています。 具体的な先進医療の種類については、厚生労働省の公式サイト(「」)で確認することができます。 2019年11月15日時点で88種類あり、先進医療A(29種類)と先進医療B(59種類)に分かれます。 先進医療Aと先進医療Bの区別は以下の通りです。 「未承認の医薬品・医療機器を使うか」と、「人体への影響が懸念されるか」の組み合わせで決まります。 先進医療A• 未承認の医薬品・医療機器を使わない医療技術(安全性・有効性が高い)• 未承認の医薬品を使うが、その医薬品による人体への影響が極めて低い医療技術 先進医療B• 未承認の医薬品・医療機器を使う医療技術 医薬品による人体への影響が極めて低いものは除く• 未承認の医薬品・医療機器を使わないが、安全性・有効性について今後も慎重な観察や評価が必要とされる医療技術 1-1. 先進医療は「技術料」が全額自己負担となる 先進医療と認められた治療法は、今後、公的な医療保険の対象にするかどうかのテストをしている段階にあります。 そのため、先進医療を受ける場合、「技術料」が全額自己負担となります。 では、先進医療を受けたらどの程度の額を自己負担することになるのか、入院して先進医療を受けるケースで見てみましょう。 以下の費用が発生するものとします。 A 先進医療の技術料:100万円• B 先進医療の技術料以外の費用 診察・検査・投薬・注射・入院など :100万円 このうち、「 B 先進医療の技術料以外の費用」は公的医療保険の対象なので、一般成人なら3割の負担となります。 さらに、が適用され、1ヶ月あたりの自己負担額の上限があるので、医療費の負担は大幅に軽減されます。 これに対し「 A 先進医療の技術料:100万円」は公的医療保険の対象とはならず、その全額を自己負担しなくてはなりません。 この例では A 先進医療の技術料を「100万円」としましたが、決して大げさな額ではなく、種類によっては数百万円にもなる場合もあります。 なぜこのように高額になってしまうことがあるのか説明しましょう。 先進医療の種類によっては、全国でごく限られた数か所、特殊なものになると1か所でしか受けられないものもあります。 仮に医療技術として有効性が認められたとしても、一部の施設でしか実施できず全国的な普及が難しいのであれば、公的医療保険の対象にはできません。 なぜなら、公的医療保険の対象は、多くの国民が等しく受けられる治療でなければならないからです。 一方で、全国的に普及する可能性が高いと判断されれば、先進医療から公的医療に転換され、公的医療保険で補助してもらえるようになることもあります。 1-2. 先進医療を受けるには高額な費用が必要となることもある このように、先進医療は、その技術料の全額が自己負担となってしまいます。 しかも、治療の種類によっては非常に高額です。 以下、先進医療の種類(一部)と平均費用をまとめた表をご覧ください。 いずれも有効なガンの治療法として注目されています。 また、年間実施件数が最も多い「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は、白内障によって悪化した視力を回復させるための手術法であり、陽子線治療などと比較すると費用は安くなるものの、こちらも決して軽い負担ではありません。 一方、表にもある通り「先進医療=高額」というわけでもない点にも注意してください。 たとえば、表に挙げた中で「神経変性疾患の遺伝子診断」は、平均費用が17,783円とそれほど高くありません。 また、この表には含まれていませんが、厚生労働省の資料「」によれば、大腸がんの治療の1つでがんの再発予防などのために行われる「術後のアスピリン経口投与療法」は、平均費用が244円ときわめて安価です。 とはいえ、紹介した陽子線治療・重粒子線治療・多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術をはじめとして、年間の実施件数が多い治療法・手術法は数十万円・数百万円という負担になることが多くなっています。 1-3. 確率は低くても、誰もが先進医療を受ける可能性がある 先進医療は、基本的には、受ける可能性が低いものと言えます。 なぜなら、担当の医師が合理性・必要性を認めた場合にしか受けられませんし、実施している医療機関の数自体が限られていることが多いからです。 たとえば、上で紹介したがん治療の「陽子線治療」「重粒子線治療」の実施件数は2つ合わせても年間2,671件にすぎません。 厚生労働省がまとめた「平成29年 2017年 患者調査の概況」の「」によればがん 悪性新生物 患者の数は178. 2万人なので、このうち2017年に陽子線治療・重粒子線治療を受けた人の割合は単純計算で 0. また、先進医療全体で見ると、上述した厚生労働省の資料(「」「」)によれば、2017年7月1日~2018年6月30日の1年間に行われた先進医療の件数は28,539件です。 日本の総人口は約1億2,615万人(総務省統計局「」参照)なので、1年間で先進医療を受けるのは0. このように、先進医療を受ける確率自体は決して高くはありません。 ただし、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」については注意が必要です。 上の表にあるように、年間約2万3千件行われており、年間約3万件行われている先進医療の大半を占めています。 また、白内障は、長生きすればいずれは発症する病気とも言われており、誰でもこの治療を受ける可能性があると言っても過言ではありません。 したがって、誰しも、先進医療を受ける確率は低いとはいえ、受ける可能性があることは否定できないのです。 先進医療特約は付けるべき 以上を踏まえ、先進医療特約を付けるべきでしょうか。 結論から言えば、これから医療保険やがん保険に加入するならば、ぜひ付けるべきです。 特約自体の保険料負担は大変軽く、どの年代でも、月額100円程度です。 先ほど、先進医療の技術料が高いとお伝えしたので、意外に思われるかも知れません。 なぜこれほど安いかと言うと、やはり、先進医療を受ける可能性自体が非常に低いためです。 ただし、低いとは言っても、たとえば「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」白内障になる可能性はがんなどの病気になったとき、万が一先進医療を受けることになっても特約で高額な技術料を負担してくれることが分かっていれば心強いでしょう。 神的な負担も軽減できます。 そのため先進医療特約は、医療保険やがん保険に加入するならば、ぜひとも付けることをおすすめします。 今の保険に先進医療特約を追加できるか 中には、現在医療保険やがん保険を契約しているものの、先進医療特約を付けていないという方もいるでしょう。 保険会社によっては、加入中の保険に先進医療特約を追加できることがあります。 「中途付加」と言います。 では、先進医療特約を中途付加できない場合はどうすれば良いでしょうか。 その場合は、現在の医療保険やがん保険を乗り換えは慎重に考えなければなりません。 なぜなら、医療保険やがん保険は契約した年齢によって保険料が大きく変動し、場合によっては年齢が10歳上がるだけで保険料が2倍程度に跳ね上がってしまうことも珍しくありません。 そのような場合、先進医療特約を付けるために保険を掛け替えるのは、合理的とは言えません。 一方、現在加入している医療保険・がん保険が10年間の定期契約でちょうど見直すタイミングであったり、先進医療特約の有無だけでなく他にも契約内容などに不足を感じていたりする場合には、掛け替えを検討しても良いでしょう。 まとめ 医療保険やがん保険に付けられる「先進医療特約」は、先進医療にかかる技術料を、一定の限度額まで、全額保障してくれるものです。 先進医療は、技術料が国の公的医療保険の対象外で、自己負担になる治療法です。 統計上、先進医療を受ける確率自体は非常に低いのですが、誰もが受けることになる可能性があります。 仮にその必要が生じた場合には技術料が全額自己負担となり、その負担は非常に高額となることが多いのです。 保険料は月額100円程度と非常に安価なので、万が一の際に備えて付けしておくことをおすすめします。 ただし、先進医療特約を備えたいがために既存の保険を解約して掛け替える場合は、年齢がアップしたことで保険料が上がることがあるので、慎重に検討するようにしてください。

次の

先進医療

先進医療

最近よく「先進医療」や「先進医療特約」と言う言葉を耳にしませんか? 何となくイメージはついているとは思いますが、 詳しく内容を理解している方は少ないのではないでしょうか。 「先進医療」「自由診療」「重粒子線治療」「陽子線治療」「オプジーボ」など、 単語は知っているけれど内容は理解していない方も多いと思います。 この記事では• 厚生労働省が定める「先進医療」について• 医療保険やがん保険などにも特約で付帯することが出来る 「先進医療特約」について この2点を重点的に解説して行きたいと思います。 先進医療特約って付帯をした方がいいの?• 先進医療ってそもそも何なの?• 厚生労働省はどのような治療を先進医療と認めているの? 上記のような疑問をお持ちの方は、是非最後まで読んでみて下さい。 「先進医療」とは厚生労働省の 厚生労働大臣が定めた高度な医療技術 )を使用した自己負担の治療のことを言います。 通常、日本国籍を有し健康保険証をお持ちの方は公的医療の範囲内であれば、 現役世代の方だと3割負担で医療行為を受けることが出来ます。 対して 「先進医療」とは将来的に保険導入が期待されている医療技術ですが、 現段階では治療費が全て 自己負担であるものを言います。 そのため 「先進医療」を受ける場合、治療費の請求が高額になるケースがほとんどです。 ただし公的医療保険との併用が認められているため、診察料や検査料などの医療費は公的医療保険の対象になります。 全額自己負担で尚且つ、保険診療との併用が認められていないものが 「自由診療」と呼ばれるものになります。 分かりやすく分類すると• 先進医療…厚生労働省が認めている最先端の医療技術。 自由診療…厚生労働省の認可を受けていないが成功事例などがある最先端の医療技術。 大事なのは、 厚生労働省が認めているのかどうかと言うところです。 陽子線治療 都道府県 実施している医療機関の名称 千葉県 国立がん研究センター東病院 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター 静岡県 静岡県立静岡がんセンター 茨城県 筑波大学附属病院 福島県 一般財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター 鹿児島県 一般財団法人メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター 福井県 福井県立病院 愛知県 名古屋市立西部医療センター 北海道 北海道大学病院 長野県 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 岡山県 津山中央病院 北海道 社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院 大阪府 医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター 愛知県 成田記念陽子線センター 奈良県 社会医療法人高清会 高井病院 ここまで、先進医療と先進医療特約についてご説明をして来ましたが いかがでしたか? この記事のポイントは、• 厚生労働省が定める先進医療とは何か?• 先進医療にかかる費用はどのぐらいか?• 先進医療特約は必要なのか? でした。 最後に一つ情報提供をしたいと思います。 実は先進医療特約や医療保険、がん保険に加入することで 保険会社が提供するオプションサービスを受けられることがあります。 そう言ったサービスを使用するために、保険に加入をされる方も少なくはありません。 様々な医療技術が日々進化を遂げて行きます。 厚生労働省も次々に新しい技術を認可して保険適用へと促しています。 しっかりと情報収集をして、後悔のしない治療を受けられるようにしておくことが 一番大事ではないでしょうか。 その際には是非、自分自身だけではなく 「家族がその選択を迫られたら?」 あなたはどうするか?と言う視点を一つ持ってみることをおすすめします。 ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

次の

白内障「多焦点眼内レンズ」が先進医療から外れる?!

先進医療

先進医療は一定ではない (公的医療保険の適用になったり対象から外れたり) 先進医療のそれぞれの医療技術は、有効性や安全性が確認できて公的医療保険の適用になれば先進医療から外れます。 取り下げたり削除されたりする医療技術もあります。 また医療技術の進歩により、評価が必要な医療技術が新たに出てきて、先進医療に加わることもあります。 そのため、先進医療の技術数や内容は一定ではありません。 先進医療の費用はどれくらい? 先進医療にかかる費用は全額自己負担 先進医療技術については全額患者の負担ですが、将来的な保険導入のための評価を行うものとして、先進医療以外の部分については保険診療との併用が認められています(保険外併用療養費制度)。 先進医療の具体的な費用は医療技術の種類や医療機関によって異なります。 先進医療技術ごとの実施件数・費用・入院期間 技術名 年間実施件数 件 1件当たりの額 円 平均入院期間 日 陽子線治療 2,319 2,765,086 12. 6 重粒子線治療 1,558 3,149,172 7. 0 歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法 240 65,870 - 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 14,433 581,224 1. 2 MRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法 207 110,223 2. 1 重症低血糖発作を伴うインスリン依存性糖尿病に対する脳死ドナー又は心停止ドナーからの膵島移植(重症低血糖発作を伴うインスリン依存性糖尿病) 3 3,669,346 38. 7 オクトレオチド皮下注射療法(先天性高インスリン血症) 1 5,410,269 - 陽子線治療(肝細胞がん) 11 2,821,909 16. 2 重粒子線治療(肝細胞がん) 4 3,075,750 9. 5 重粒子線治療(非小細胞肺がん) 9 3,140,000 3. 1 ゲムシタビン静脈内投与及び重粒子線治療の併用療法(膵臓がん) 8 3,140,000 20. 資料:厚生労働省第61回先進医療会議資料「平成29年度実績報告」 先進医療は300万円を超える医療技術も多くあります。 ただ、実施件数から中心となっているのは陽子線治療と重粒子線治療です。 陽子線治療とは、放射線の一種である陽子線を病巣に照射するがんの治療方法、重粒子線治療とは、放射線の一種である重粒子線(炭素イオン)を病巣に照射するがんの治療方法のことです。 「先進医療特約」で自己負担を軽減しよう 先進医療特約とは 先進医療保障はやに特約等で付加できます。 しかし医療保険にある先進医療保障と、がん保険にある先進医療保障では保障内容が異なります。 医療保険の先進医療保障……病気・ケガで所定の先進医療を受けたとき がん保険のがん先進医療保障……がんの治療を目的として所定の先進医療を受けたとき 先進医療の保障額は、医療保険の場合でもがん保険の場合でも、「先進医療にかかる技術料相当額」としている保険が多いですが、なかには1回につき定額(5万〜15万円)や技術費に連動(技術料の10〜20%)相当額の一時金を上乗せで保障する場合もあります。 先進医療特約の必要性 先進医療の技術数や全患者数、先進医療費用の総額について、過去10年分の実績をまとめてみました。 先進医療実績 技術数 全患者数 先進医療費用の総額 2007年度(平成19年度) 117種類 14,179人 約49億円 2008年度(平成20年度) 91種類 9,579人 約47億円 2009年度(平成21年度) 107種類 20,013人 約65億円 2010年度(平成22年度) 110種類 9,775人 約78億円 2011年度(平成23年度) 123種類 14,505人 約98億円 2012年度(平成24年度) 102種類 14,479人 約100億円 2013年度(平成25年度) 107種類 20,665人 約133億円 2014年度(平成26年度) 95種類 23,925人 約174億円 2015年度(平成27年度) 108種類 28,153人 約205億円 2016年度(平成28年度) 100種類 24,785人 約184億円 2017年度(平成29年度) 102種類 32,984人 約207億円• 資料:厚生労働省先進医療会議資料• 年度の期間は、前年7月〜当年6月(例:2007年度は2006年7月〜2007年6月) 全患者数は徐々に増えており、2017年度(平成29年度)は3万人を超え、10年前の2倍以上になっています。 先進医療費用の総額も全患者数同様に増えており、2017年度(平成29年度)は約207億円で、10年前の4倍以上にもなっています。 先進医療を受けるときの注意点 先進医療の対象は随時見直される 先進医療の技術は随時見直されるため、治療を受けようとしたときには先進医療ではなくなっている可能性もあります。 もし保険診療になっていれば負担割合は3割等で済むので、経済的負担をかなり抑えることができます。 もしになっていれば保険診療との併用分も全額患者負担になるので、経済的負担は逆に増してしまいます。 常に新しい情報を得るようにしておきましょう。 先進医療を受けられる医療機関は限定されている 先進医療を受けられる医療機関は、先進医療Aでは28種類の先進医療技術を延べ947の医療機関で、先進医療Bでは65種類の先進医療技術を延べ723の医療機関で実施しています(2018年9月1日現在)。 以下はそれぞれの先進医療を実施している医療機関の例です。 陽子線治療(先進医療A)を実施している医療機関 都道府県 医療機関 千葉県 国立がん研究センター東病院 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター 静岡県 静岡県立静岡がんセンター 茨城県 筑波大学附属病院 福島県 一般財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター 鹿児島県 一般財団法人メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター 福井県 福井県立病院 愛知県 名古屋市立西部医療センター 北海道 北海道大学病院 長野県 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 岡山県 津山中央病院 北海道 社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院 大阪府 医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター附属神戸陽子線センター• 資料:厚生労働省先進医療の概要について 重粒子線治療(先進医療A)を実施している医療機関 都道府県 医療機関 千葉県 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター 群馬県 群馬大学医学部附属病院 佐賀県 九州国際重粒子線がん治療センター 神奈川県 神奈川県立がんセンター• 資料:厚生労働省先進医療の概要について 他の医療機関では先進医療として受けることはできません。 先進医療を受けるには同意書が必要 先進医療に限ったことではありませんが、手術など医療行為を受ける場合は同意書に署名することが必要となります。 領収書を保管する 先進医療を受けた場合の技術料等は一般的に医療費控除の対象となるので、技術料や食事標準負担額等の記載された領収書は大切に保管しておきましょう。

次の