コック カワサキ 声優。 宮廷シェフ・カワサキ

アニメ:星のカービィで1人10役以上演じる男性声優 [ニコニコあっぷる]

コック カワサキ 声優

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 姿 カービィを縦に長くしたような体格で、体色はオレンジ。 コック帽と真ん中にポケットが付いたを着ている。 ゲーム版でのコックカワサキ 中ボスとして登場。 を投げてきたり、で掴んできたりする。 倒したあとに吸い込むとコックをコピーできる。 また、「刹那の見斬り」の3番目の挑戦者として出てくる。 「刹那の見斬り」ではを着ている。 5-3の途中でクイズの出題者として登場。 SFC おはなしモードに登場。 ほしのかけらを料理の具材としている。 スーパーデラックスの「刹那の見斬り」のアレンジ版、「刹那の見斬り 改」で3番目の挑戦者として出てくる。 シールとして登場。 また、カービィの最後の切り札としてカワサキの所持コピー能力「コック」が使われた。 スーパーデラックスのリメイクなので同様に登場。 グラフィックがアニメ版に近くなった。 また、「タッチ! 早撃ちカービィ」「タッチ! 刹那のカルタ取り」で絵柄が存在する。 CMにも登場したが、ナレーターに「 コックのカワサキさん」と呼ばれていた。 アニメ版でのコックカワサキ 概要 声優は。 ではプププランド唯一ので「レストランカワサキ」のオーナー兼シェフとして登場。 の方言で話す。 キャピィ族ではなく、種族は不明。 出身地は兄弟弟子のコックナゴヤ曰く「寂れた、カワサキ星出身」。 一人称は「オレ」。 宇宙的に有名なシェフであるコックオオサカの弟子で、愛用のフライパンは彼から貰った物である(しかし後述のようにカービィに吸い込ませたことが何度かある)。 料理の腕前 基本的には料理は「不味い」といわれることが多いが、慣れると美味しく感じるらしく(とでも言うべきか)、話が進むにつれ住人たちは文句を言わず普通にカワサキの料理を食べるようになっていき、100話ではデデデがカワサキの作ったを「美味い」と言いながら美味しそうにガツガツと食べていた(ちなみにデデデはそのレバニラ炒めをカスタマーサービスにも食べさせたが、「これほど不味いとは…」と歯磨きをしながら言われた)。 初期は店が繁盛している様子もあったがしだいに作る料理はとても不味く、には「の料理の方がマシ」と言われたるようなキャラへと変わっていった。 ボルン署長・パーム大臣に至っては 「カワサキの料理を食べるくらいなら投獄のほうがまだマシ」・ 「食べると命の危険がある」と酷い評価をされている。 カワサキの料理が不味いのは、調味料の分量を正確に計ったことが無いなど、かなりずさんな調理をしているからだと思われる。 さらに根本的な原因として、昔の授業をさぼっていた経歴がある。 それ故か料理の知識にも乏しく、ケーキを作ったときは塩と砂糖を間違えたことがあるらしい。 たいていの場合、美味しそうな表情で食べているのはカービィだけである。 ただし、21話では魚をあっという間に捌いて寿司を作り、さらにその寿司が「美味しい」と言われた事や(更にこれを言ったのは他国の王族であるローラ王女だった)、92話では極安料理として具を重ねても透けるほど全ての具が薄いサンドイッチを作るなど、技術だけはかなりの物らしい。 幾度と無く「まずい」と言われ続けられ自分の料理に自信を失ったためなのか、最終的にはに積んであったを楽だと言って喜んでいた。 その他人物像 魔獣との戦いの時、カービィがピンチの時はフライパンを投げ、カービィに吸い込ませた(ちなみに「コック」の能力を得られる)。 このこともあって、フーム達の様な主要人物を除けばププビレッジの中で一番多くカービィに加勢した貴重な人物となっていた。 カービィに加勢する時の大半はカワサキに視点をおいたストーリーであるが、99話の様に大して目立った活躍を見せずともカービィの力になれる美味しい人物としても見られている。 他のキャラクターに比べて強烈な台詞回しが多い人物でもある。 デデデのでっち上げた嘘の緊急報道に全く踊らされる 洗脳される 様子も無いフームに対し、棒読みで「 アンタテレビヲミテナイノカ」(6話)と発言したことや 他の洗脳された住民は通常と変わらない口調だった 、最近姿を見せなくなったデデデの話題になると、平然とした顔で「 死んだんじゃないの〜? 」(61話)と返したことなどがその一例。 本人は発言する前によく考えるといったことを殆どしていないため、たまに自ら失言して客足が離れてしまう事がある。 そんな時は大体「だよ〜」と言って誤魔化している。 その他• 42話で過去に大臣夫妻に「変なもの」を食べさせた事が判明。 言おうとしたが大臣夫妻に「言わないで」と言われ、結局何を食べさせたかは不明。 声優がカブーと同じのことから第49話で劇中のアフレコの際、コックカワサキがカブーの声を担当しフームに「うまい」と評された。 コックから声優に転身しては、と言われ、「そうしようかな」という旨の反応をしていた。 最終回辺りでは敵の弱点を見つけたり、効率の良い作戦を考えたりと意外な活躍を見せた。 「を食べ鐘の音を聞きながら年を越す」という故郷の慣わし、店ののれんが「キサワカ」と老舗の表記であることから日本人に近い風習を持つようである。 ワドルディの料理に飽きたデデデ大王からデデデ城のに任命された事もあったが、即日でクビになった。 漫画版でのコックカワサキ プププランドの料理の鉄人。 基本的にはデデデ大王の料理番だが、レストランのシェフ、ケーキ屋等を営んでいる描写もある。 初期では「おいどん」「ごわす」等、で喋っていたが後に普通に敬語で喋るようになった。 また、単行本第6巻の「プププランド人気者ランキング」では第1位だった。 デデデ大王の食事係。 食堂のシェフも兼任。 初期では「 - グー」が口癖だったが、単行本第15巻以降からその口癖は言わなくなり、了解した時や料理がおいしい時にその言葉を言うようになった。 フライパンを持つと性格が激変する(第4巻のみ)。 一方、自分の料理を食べてもらえないとものすごく落ち込む。 第21巻では「プププお料理コンテスト」の審査員。 「カワサキ堂」のオーナー兼シェフとして登場しているが、アニメや他のカービィ漫画ほど濃いキャラとしては描かれていない。 また、語尾に「 - ネ」をつけるなど、中国語訛りの川崎弁で喋る。 料理の鉄人コックンの登場により、登場しないと思われていたが、行列のできるレストランの3つ星シェフとして、春のパン祭りに登場。 非常に嫌味な性格に描かれており、語尾に「 - ある」をつける等、協和語で喋る。 関連キャラクター ゲーム コックン 『』に登場するコックの姿をした敵キャラ。 を投げてきてカービィを料理しようとする。 コックカワサキとの相違点は一頭身であること、中ボスではなくザコキャラということなどである。 コックカワサキ同様「コック」をコピーできる。 コックワドルディ 『』にて、ゲームモードのひとつ『激突! グルメレース』の初心者の部屋に登場 本作の基となったスーパーファミコン版『スーパーデラックス』には登場しない。 カワサキと同じコック帽を頭に被っており、ベルトコンベア上を走るカービィとデデデ大王に食べ物を提供する。 ゲーム本編には登場しない。 アニメ コックオオサカ(声優:) コックカワサキとコックナゴヤが尊敬する、ただ一人の恩師。 でしゃべる。 その料理の腕は素晴らしい物で、いくつかのグルメ本を出版している。 最初に登場したときは偽者(魔獣ポポンの変装)だったが、その後本物がプププランドを訪れた。 しかしながら、弟子であるカワサキのひどい料理を食べて愕然とし、店の営業禁止を言い渡し、のれんを奪って行く。 それを見たデデデは、カワサキの店を潰してオオサカの店を作るために料理対決番組を企画し、そこでオオサカとカワサキの師弟対決を行わせる。 その最中、オオサカのカバンから食べ物をおいしく感じさせる、「ギジラエキス」が見つかり、オオサカ本人も使用を認めるが、それはカワサキの名誉を守るための嘘で実際には薬は使っていなかった。 その後、店のをカワサキに返し、さらに修行を積む様言い渡してプププランドを去った。 英語版での名は「シェフ・ Chef Shiitake 」。 コックナゴヤ(声優:) カワサキのライバルにして最愛の友。 の名物料理が得意。 やがあるナゴヤと言う遠い星からやってきた男で、料理の腕はカワサキより断然上。 またもやデデデはカワサキの店を潰してナゴヤの店を作るために、料理番組を企画し対決させる。 しかし、結局その番組内でデデデによるインチキ(デデデが一番被害を受けていたため、エスカルゴンの独断の可能性もある)が発覚し、ナゴヤ本人は負けを認める(その時カワサキも不正を行っていたが、なぜか言及されなかった)。 カワサキの店はまたしても守られた。 「ナゴヤ」という名前や声優からも分かるように、名古屋に本社を置くが地元アピールのために作ったキャラクターである。 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

【アニメ 漫画 星のカービィ】名言・名シーン!試し読みも【星のカービィ】

コック カワサキ 声優

概要 [ ] 『星のカービィ』の一部の作品に登場するキャラクターで、その名のとおりのキャラクター。 ゲームではミニゲームなどにおけるサブキャラクターとしての登場が多数を占めるが、アニメ版やマンガでは準レギュラーの一人としてかなりの頻度で登場している。 姿はカービィを縦に長くしたような体格で、体色はオレンジ。 コック帽と真ん中にポケットが付いたを着ている。 作品によってさまざまな調理器具を使用するが、どの作品でも必ず使っているものはであり、後述のようにアニメ版では重要な設定が与えられた。 「カワサキ」の由来は、バイクメーカーの「」および同社のバイクからで、デザイナーのバイク好きから取られた。 ゲーム版でのコックカワサキ [ ] 初登場作品で、中ボスとして登場。 を投げてきたり、で掴んで、カービィ達を料理したりする。 倒すと顔が潰れ、倒したあとに吸い込むとコックをコピーできる。 また、「刹那の見斬り」の3番目の挑戦者として出てくる。 「刹那の見斬り」ではを着ている。 5-3の途中でクイズの出題者として登場。 SFC おはなしモードに登場。 ほしのかけらを料理の具材としている。 スーパーデラックスの「刹那の見斬り」のアレンジ版、「刹那の見斬り 改」で3番目の挑戦者として出てくる。 シールとして登場。 また、カービィの最後の切りふだとしてカワサキの所持コピー能力「コック」が使われた。 基本的にスーパーデラックスと同じだが、攻撃方法がフライパンに変わった。 また、グラフィックがアニメ版に近くなった。 さらに、新規追加されたサブゲーム「タッチ! 早撃ちカービィ」「タッチ! 刹那のカルタ取り」とCMにも登場し、ナレーターに「 コックのカワサキさん」と呼ばれていた。 ミニゲーム「カービィマスター」の敵キャラとして登場。 ミニゲーム「ガンガンバスターズ」のレベル2でコックカワサキを模したロボットが登場。 コックのフレンズヘルパーとして登場。 シリーズで初めて操作可能キャラクターとなった。 伸びるおたまや食器を投げつけたりし、敵を鍋で煮込んで回復アイテムを生み出すこともできる(一度使用すると次に使用可能になるまでのタイマーが表示される)。 また中ボスで2体のカワサキが同時に出現する「 ツインカワサキ」が登場する。 アイテム「アシストフィギュア」で出演するキャラクターの1体として登場。 皿を投げつけて攻撃する他、伸びるおたまで捕まえたファイターを』におけるカービィの「最後の切りふだ」のように、他のファイターを鍋で煮込んで攻撃した共に、たべものアイテムを生成する。 アニメ版でのコックカワサキ [ ] 声優は。 プププランド唯一ので「レストランカワサキ」のオーナー兼シェフ。 村の住人の中で唯一キャピィ族ではなく、種族は不明。 出身地は兄弟弟子のコックナゴヤ曰く「寂れた、カワサキ星出身」。 一人称は「オレ」。 宇宙的に有名なシェフであるコックオオサカの弟子で、愛用のフライパンは彼から貰った物である。 極めていい加減かつ自己中心的な性格。 レストランでは家庭料理を出している 86話参照 ようだがそれはとても不味く、「赤魚のパイナップル和え」(デデデ大王が試食したが、食べた瞬間激怒してカワサキを城から放り出した)「ビールで煮込んだイチゴのリゾット」(村の男性陣に作り方を教えたが、途中で全員帰ってしまった)など、とんでもない創作料理を出すこともある。 周囲からも酷い評価をされており、食べ物であれば何でも喜んで食べるカービィだけが店の常連である。 カワサキ自身も味音痴ながらも自分の料理が一般的には不味いと自覚している。 しかし66話では、店に客が来ない状況で「味のわからない連中を相手にしても駄目だ」と一人愚痴をこぼしている。 また99話ではハルバード戦艦内で「ここのキッチン楽だぁ、料理が全部レトルトだもんねぇー」と大喜びしていた。 料理のレパートリーは豊富で、和・洋・中全てのジャンルの料理を作ることができ、本人も「レパートリーだけはちょっとしたもの」と語る(93話)。 また調理技術そのものは非常に優れており、魚を素早く丁寧におろしたり、パンとハムを1万倍の薄さに切ったサンドイッチを作る(92話)という恐るべき包丁捌きを披露したこともあるが、味が悪すぎるためそれらの能力が評価されることはなかった。 当初は普通に客が入っており、カワサキも「仕事きついよ給料安いよ休み無いよ」とぼやくこともあったが、あまりの料理の不味さに客はどんどん減っていき、最終的には客が一人もいないこともしばしばあった。 しかし、慣れると美味しく感じるらしく、住人たちは文句を言わず普通にカワサキの料理を食べるようになっていき、100話ではデデデがカワサキの作ったを「美味い」と絶賛しながら食べていた。 なお、21話で寿司を作った時はプププランド外から来たローナ王女に絶賛されていた。 の授業をさぼっていたらしく、調味料の分量を正確に計ったことが無いなど、シェフらしからぬかなりずさんな調理をしている。 11話でのメームの台詞では過去に「砂糖と塩を間違えたケーキ」や「出汁を取ってない味噌汁」をパーム大臣一家に出した事があるほか、42話ではどさくさに紛れて「変なモノ」(何かは不明)を間違えてパーム夫妻に食べさせたことがあると暴露している。 料理人としての誇りが無い訳でもないが、味を良くする努力を全くと言っていい程しない上、33話ではゴミとして捨てられていたフライパンで料理しようと考えたり(サモ、タゴ、モソから指摘され、ギャグと言って誤魔化した)、92話では誇りよりも儲けを優先したり、健康への配慮を捨てて利益に走るなど、コックとしては問題のある言動が多く、結果的に大損することが多い。 34話では取り上げられた暖簾を取り返そうと奮起したりはしたが、客入りが悪くなると、それを改善しようともせずすぐに店を畳もうかとボヤき、村人達を「味の分からない連中」と呼ぶなど誇りに関しても怪しい部分がある。 料理の唯一の理解者であるカービィとは良き友人であり、デデデの策略でカービィを食材として料理するように仕向けられた時も最後の最後で思い留まった。 魔獣との戦いの時はカービィがピンチの時はフライパンを投げ、カービィに吸い込ませた。 また、魔獣ムッシュ・ゴーンによってカービィが窮地に立たされた時は「カワサキホットスペシャル」(フォークに一滴つけた分だけで辛さで、辛さにかなりの耐性があるカービィですら炎を吐く程の超絶激辛カレー)をカービィに食べさせ、魔獣の撃破に貢献した事がある。 またヘビーロブスターとの戦いの際「伊勢エビもロブスターも凍らせば動きが鈍くなるねぇ」とカービィに氷を投げてアイス能力を与え、戦いのアシストをしていたこともある。 このこともあって、フーム達のような主要人物を除けばププビレッジの中で一番多くカービィに加勢した貴重な人物となっていた。 自らの料理をネタにした不謹慎な発言が多く、「メーベルの占いより、オレの食中毒の方がよく当たるよ」 第62話 「(料理を出しながら)風邪ひいちゃって、くしゃみすると鼻水が料理に垂れるんだよね~」(第74話)などと言ったのち、「ギャグだよ~」と誤魔化すことが何度かあった。 その他にも、しばらく姿を見せないデデデ大王についての会話の中で「死んだんじゃないの~?」と発言する(第61話)など、毒を吐くこともある。 ナイトメアとの最終決戦では給仕担当として戦艦ハルバードに搭乗。 時限爆弾を仕掛けて脱出する作戦を立案し、トッコリ、ダコーニョと共に時限爆弾を設置し、ホーリーナイトメア社の壊滅に貢献した。 漫画版でのコックカワサキ [ ] プププランドの料理の鉄人。 基本的にはデデデ大王の料理番だが、レストランのシェフ、ケーキ屋等を営んでいる描写もある。 初期では「おいどん」「ごわす」等、で喋っていたが後に普通に敬語で喋るようになった。 また、単行本第6巻の「プププランド人気者ランキング」では第1位だった。 デデデ大王の食事係。 食堂のシェフも兼任。 初期では「 - グー」という語尾が付いていたが、単行本第15巻以降からは語尾がなくなり、了解した時や料理がおいしい時にその言葉を言うようになった。 フライパンを持つと性格が激変する(第4巻のみ)。 一方、自分の料理を食べてもらえないと非常に落ち込む。 第21巻では「プププお料理コンテスト」の審査員。 彼が登場する以前はバウンダー、ローリングタートルがシェフを務めていた。 「カワサキ堂」のオーナー兼シェフとして登場しているが、アニメや他のカービィ漫画ほど濃いキャラとしては描かれていない。 また、語尾に「 - ネ」をつけるなど、中国語訛りのカワサキ弁で喋る。 行列のできるレストランの3つ星シェフとして、春のパン祭りに登場。 非常に嫌味な性格に描かれており、語尾に「 - ある」をつける等、協和語で喋る。 一人称は「ミー」。 レストランカワサキを経営しているが、アニメ版同様料理はとても不味く、カービィとデデデ大王しか食べない。 関連キャラクター [ ] ゲーム [ ] コックン 『』に登場するコックの姿をした敵キャラ。 を投げてきてカービィを料理しようとする。 コックカワサキとの相違点は一頭身であること、中ボスではなくザコキャラということなどである。 コックカワサキ同様「コック」をコピーできる。 コックワドルディ 『』にて、ゲームモードのひとつ「激突! グルメレース」の初心者の部屋に登場。 カワサキと同じコック帽を頭に被っており、ベルトコンベア上を走るカービィとデデデ大王に食べ物を提供する。 ゲーム本編には登場しない。 アニメ [ ] コックオオサカ 声 - コックカワサキとコックナゴヤが尊敬する、ただ一人の恩師。 彼らより小さな、1頭身。 でしゃべる。 その料理の腕は、カワサキの料理がなぜ不味いのか理解に苦しむほど素晴らしく、宇宙一のコックの称号に相応しいものである。 料理の研究のために沢山の星を訪れており、その過程でいくつかのグルメ本も出版している。 口調は辛辣だが気さくでノリのいい性格で、同時に弟子に対する愛情も深い。 最初に登場したときは偽者(魔獣ポポンの変身)だったが、その後本物がプププランドを訪れた。 しかしながら、弟子であるカワサキのひどい料理を食べて愕然とし、店の営業禁止を言い渡し、のれんを奪って行く。 その後、カワサキの評判を失墜させようと企んだデデデに城に招かれる。 デデデに乗せられる形でププビレッジの住民に無償で手料理を振る舞い、テレビ越しにカワサキを呼び出して突き放すように料理を作らせる。 その最中、悩むカワサキに「味覚などちょっとした事でどうにでもなる」と言う事を教える為に持ってきた薬品「ギジラエキス」をフーム達に発見され、一方的にこの薬品を使用したと疑われるが、カワサキの名誉を守る為に使用したと証言し料理人として最悪とも言える汚名を被る。 そしてデデデ達の魔獣騒動の後、店のをカワサキに返し、さらに修行を積むよう言い渡してプププランドを去った。 当のフーム達は濡れ衣を着せた事について直接の謝罪は行わなかったものの(村人たちの誤解を解いた描写が無いが、誤解がその後どうなったかは不明)、弟子の為なら自身の名が傷つくのも厭わないその度量の深さに感服していた。 英語版での名は「シェフ・ Chef Shiitake 」。 『』にも登場する。 コックナゴヤ 声 - カワサキのライバルにして最愛の友。 頭身はカワサキと同じで、猫のような顔をしている。 でしゃべる。 カワサキのフライパンに対し、ナゴヤはを師匠から貰っている。 の名物料理が得意で食べた客は「うんみゃー」と感動する。 やがあるナゴヤという遠い星からやってきた男。 オオサカの下で修行していた頃はカワサキと不味さを競い合う程度だったが、現在の料理の腕はカワサキより断然上。 また、料理人としてのプライドをあまり見せないカワサキと違って、料理人として立派な誇りの持ち主である。 まだ自分の店は持っておらず、修行の旅を続けている。 ナゴヤの存在を知ったデデデとエスカルゴンはカワサキの店を潰す為に料理番組を企画し対決させる。 エスカルゴンが停電を起こしてカワサキの料理に唐辛子を混入させて審査員が辛さを感じたアクシデントもあり、一度は圧勝したかに見えたが、実はエスカルゴンの悪戯を早くも目撃しており、自分の料理にも唐辛子を入れてその不正を明かす。 さらにナゴヤの料理よりもカワサキの料理を美味しく感じるカービィを見てプププランドではカワサキの方が大衆料理だと評し、自ら負けを認めて再び修行の旅に出た。

次の

星のカービィ (アニメ)

コック カワサキ 声優

飛田展男とは、所属のである。 概要 系、系、狂気系、、変人系など、様々な質や演技を巧みに使い分け、 内面に狂気を隠した危険なの演技にも。 のをやっているかと聞かれたらまず「丸尾くん」と言えば納得するであろう。 においては、本人が担当するで呼ばれる事が多い。 「」「」「」「(=)」等。 一部では「」「」とも呼ばれる。 く、顔立ちや物が似ているからと言うことで、催であるタでもを披露していることがある。 ちなみに業界での称は「飛ちゃん」である。 は飲めず、少し飲んだだけで顔をっにしてしまうとっている。 を2匹飼っている(種類はとソ)。 の半分で構成されているでは、様々なのを多く披露しており、本人演のも披露していた。 また、としても活躍している。 に所属しており、こちらは年に一回の定期演を行っている。 カミーユ・ビダン役のオーディション もともと富野を見ていたは、の新が始まると聞いて抵抗があったという。 そんな心での役のに参加し、 そこで時間が1分程余った為、何でも良いから喋ってくださいと言われる。 この時にはに対し、 「あんなに良い終わり方をしたのに、続編なんか作らない方がいいと思います」 と言ってしまった。 しかしその生意気さが富野に気に入られ、見事役に決定した。 総の富野は当時を振り返って、「のは、使えないと思った」というを述べたこともあったほか、彼から『』出演者に対し、「の生死は、演じるあなたたちのにかかっています」といった趣旨の言葉を言われた際には、「が死ぬもんか」と思って1年間でを演じたという。 に置いては、は「一般に混じったへの参加によって再度獲得した」と言している。 富野も当初はを落とす前提でに呼んだとっている。 ただし、これは富野が版から約20年の時間を経たの演技を再確認し、定された作品のにそれが見合うか、そして覚悟を量るためのものだったといわれており、富野もその実を認めてのことである。 出演作品 アニメ• (ペ、)• (崎拓)• (セイローム)• (スチュワート、)• (、田よしき、他)• (ダ 他)• (バタケ・セイヤ)• (・ワー)• ()()• (木魂の一郎)• ( )• (一)• 奪還屋(屍蔵人)• (クロヴィス・ラ・)• (人)• (カラクサ、メエメエ、らの)• (拳・功、)• (あの方)• (堂)• 新()• (・・)• 続 (先代)• (小俊夫)• (丸尾末男、たまえの、はまじの祖、他)• (田敏男)• 生命体()• (・)• (マ式)• (屋満)• (昭人)• (ナイト)• 、ゼツ• (姚君)• (テラザ)• (テラザ、イク)• (郎)• (辺)• 版(004(=・ンリヒ))• ((=)、、、長モソ、囚人ドロ、、オーサー卿、他)• (、他)• (虎峰)• (裕也)• ( アーデルト・フォン・シュー)• (一郎)• (石土門)• (ほか) OVA• (一郎)• (カリウス)• (の)• () ゲーム• (リュミ)• イ00(猛)• (、)• ィ オプス(シュナー)• (孫)• (レル・ベルス)• (・カルダス・ソリ)• (、ット) 特撮• () 吹き替え• 2(・)• ザ・ズ om ()• (・、I・Q・ネイ・フ・ 〈初代〉、・リ、ー 他)• シュレック()• :ド・(、パナカ 他)• :・・(、パナカ 他) 関連動画 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の