メルペイ ポイント 優先 利用。 【2020年6月最新版】「メルペイ」の注意点・落とし穴!チャージ方法やクレジットカード、上限など

メルカリ(メルペイ)のポイントをAmazonで使う方法

メルペイ ポイント 優先 利用

メルカリの「ポイント」とは?メルカリでのお買い物やメルペイでの支払いに使えるもの。 他のポイントに交換したり、誰かにポイントをあげる・送ることはできない。 シンプルですね。 ポイントと言えば1種類だけです。 ポイントという単語が出たら、とにかくメルペイの画面に出ている「ポイント」のことだと思ってokですよ。 メルカリのポイントは有効期限ありなのでサクッとじぶんで使い切りましょう! ポイントを手に入れる3つの方法(購入・プレゼント・キャンペーン還元) では、お次はポイントを手に入れる方法です。 メルカリのポイントは以下の3つの方法でゲットできますよ。 銀行口座を登録していない状態ではポイントを購入しないと売上金をメルペイで使うことができません! (銀行登録すると、売上金は自動的にメルペイ残高になるのでポイントは購入できないようになります) だんぜんしたほうが手っ取り早いですよ。 2つ目は「メルカリからのプレゼント」です。 たま〜に、メルカリからポイントがプレゼントされることがあります。 そして3つ目は「キャンペーンでの還元」です。 メルペイのキャンペーンで割引された分の金額は、ポイント付与で還元されます。 例えば2019年ゴールデンウィークの「」では、お買い物した翌日に半額のポイント還元が反映されましたよ! ポイント還元キャンペーンのときは街のお店でメルペイでお買い物すればいいだけからね。 かんたんでお得ですよ。 もしキャンペーン利用したのに「あれ、ポイントつかないじゃん!?」というときは各キャンペーンの条件を確認しましょうね。 メルペイへのポイントチャージ方法・貯め方は以上の3つです。 やは別ページで「ジャンル別・あいうえお順」にまとめて紹介しています。 ぜひ参考にしてくださいね。 メルペイ残高とポイントはどちらが優先?ポイントの使い方・有効期限について がわかったところで、実際に使ってみましょう。 メルペイのポイントの使い方・使い道を紹介しますね。 ・・・と言っても、実は使い方も何もありません。 実は ポイントは勝手にお支払いのときに交換・使用されるんです! でiD決済でも・でコード払いでもいいので、ただメルペイでお支払いしてみてください。 それだけでよりポイントが優先的に消費されますよ。 お買い物のときに、ポイントとメルペイ残高のどちらかを選びたいときもありますよね? でも、覚えておいてください。 メルペイでは ポイントはぜったいにメルペイ残高より先に消費される仕組みとなっています。 まずポイントを先に使い切って、足りない分があればメルペイ残高から使われ始めるというわけですね。 ただ、もし後でまとめて支払うので構わないのであれば「」で支払うとポイントは消費されませんよ。 上限金額の設定もできるので、もし残高優先にしてポイントを残しておきたいなら支払い方法を「メルペイスマート払い」に切り替えてみてください。 それでも、ポイントの有効期限には要注意です。 ポイントをすぐ使わずに残しておくときは、ポイントの期限切れにだけは気をつけてくださいね! まとめ さいごに、今回の「メルペイのポイント」の要点をまとめて並べておきますね。

次の

スマホ決済「メルペイ」の使い方を徹底解説!

メルペイ ポイント 優先 利用

ここでは、メルペイのポイント還元制度について詳しくお伝えしていきます。 1-1.ポイント還元期間は9ヶ月間のみ 対象期間は2019年10月1日から 2020年6月末までの9ヶ月となります。 1-2.メルペイを使って支払いを行うだけ! ポイント還元制度を受けるには、特に事前登録や手続きは必要ありません。 なおメルペイには次の3つの支払方法があります。 ・メルペイ残高からiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイポイントを利用してiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイあと払いでiD決済・バーコード払いを行う これらすべてがポイント還元制度に対応しています。 ただし、メルカリでメルペイを利用したり、通販サイトSHOPLIST(ショップリスト)等で 「かんたんネット決済」を行う方法には対応していません。 ただしメルペイの場合、還元される ポイントの有効期限は90日と短いのでご注意下さい。 1-4.還元対象の店舗|コンビニ等 ポイント還元制度に対応する店舗は、全国に約51万ヶ所が存在します。 上画像のようなマークが表記された店舗であればポイント還元制度に対応しており、特にコンビニの場合ほとんど対応しております。 ただし、上記店舗すべてメルペイが利用できるわけではありません。 あくまで電子マネー「iD」やメルペイコードに対応している必要があります。 詳しくは公式サイトの「メルペイが使えるお店」のページよりご確認ください。 そのため、メルペイ対象店舗であれば、このメルペイポイントを再利用して支払いを行うことが可能です。 また、メルカリでの買い物にも利用できます。 1-6.ポイント還元はいつ?タイミングと上限 ポイント還元のタイミングについてですが、 支払方法によって付与されるタイミングが異なります。 2.メルペイポイントの使い方とよくある疑問 メルペイは一般的なスマホ決済サービスに比べてポイント制度の仕組みが少し異なるため、「メルペイポイントは分かりにくい」という声が多かったのも事実です。 そこで、この章では、メルペイポイントの使い方や基礎知識について詳しくお伝えします。 せっかくのポイント還元制度をムダにしないよう、しっかりとメルペイポイントを理解していきましょう。 2-1.メルペイポイントとは|コード払い・ID払い両方利用可能 メルペイポイントとは、メルペイの対象店舗やメルカリで商品・サービスを購入するときに使えるポイントのことです。 獲得したポイントは、イオンやセブンイレブン、吉野家など、メルペイ払いまたはiD払いに対応した店舗で再利用することができます(1ポイント=1円)。 2019年10月現在で利用できるコンビニは下記の通りです。 ただし、おサイフケータイ機能が付いていないスマホの場合、id払いができないため、結果的にファミリーマート等では利用できないのでご注意下さい。 ・セブンイレブン ・ローソン ・ミニストップ ・ファミリーマート(id払いのみ) ・セイコーマート(id払いのみ) ・ポプラ(id払いのみ) ・デイリーヤマザキ(id払いのみ) 2-2.ポイント支払いをする方法と注意点|決済の優先順位 メルペイでは「メルペイ残高」を使って商品を購入します。 メルペイ残高とは、メルペイにチャージしたお金のことでポイントとは異なります。 たとえば、メルペイポイントが500ポイント、メルペイ残高が600円残っていたとしましょう。 この時点で1,000円分の商品を購入した場合、まず メルペイポイントから先に消化され、その後にメルペイ残高で支払う流れとなります。 そのため、ここでは、決済後にメルペイ残高が100円だけ残るイメージです。 ポイントを使わないという選択肢は今の所存在しません。 では、1,200円の商品を買った場合はどうなるのでしょうか。 この場合、ポイントとメルペイ残高を合わせて1,100円分の残金しかないため、購入代金には100円足りません。 この場合は 決済は不可となります。 現金で不足分の100円を追加で支払うこともできません。 そのため、ポイントとメルペイ残高は、商品を購入できるだけの金額を用意しておく必要があります。 その意味では、d払いやPayPayなど、他社のスマホ決済サービスとは仕組みが異なるといえるでしょう(他社は支払いするだけでポイントが貯まる)。 ただ定期的に 「ポイント獲得キャンペーン」をメルペイは実施しています。 しかし時期によってはキャンペーンが行われていないこともあるため、2020年6月までは、先ほどお伝えしたポイント還元制度を中心にメルペイポイントを貯めることになるでしょう。 また各キャンペーンで上限・付与時期が定められている場合が多いので必ず公式サイトでチェックしてください。

次の

メルペイポイントの疑問をすべて解決!|ポイント還元制度と使い方

メルペイ ポイント 優先 利用

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 また、する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する 実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。 ただ、 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。 メルペイ残高支払いに設定されていると「ポイント優先利用」と表記される なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。 iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。 使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。 パスコードやFace IDなどで本人確認をしてコードを表示します。 支払い方法がメルペイ残高とポイント支払いになっていることを確認したら、店員にコードを読み取ってもらえば完了です。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。 ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ) 現状では iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。 メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣にある[チャージ]ボタンをタップ。 チャージしたい金額を入力し、[チャージ]を押します。 チャージ金額は1円単位で指定可能です。 なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。 支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 ポイントの有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:キャンペーンごとに設定• キャッシュレス・消費者還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 ポイントとメルペイ残高の違い ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。 少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• キャンペーンでGETする• 還元事業の対象店舗でメルペイ支払いをする(2020年6月まで)• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間• 還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 なし ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。 ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。 売上金から購入したポイントとは メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。 左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する 右:ポイント購入に手数料はかからない 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。 それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。 つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。 キャンペーンで付与されたポイントとは ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。 左:口座登録が済んでいないアカウント 右:口座登録済のアカウント ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。 これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

次の