自動車保険 三井ダイレクト 評判。 三井ダイレクトの評判レビュー

三井ダイレクト損保 「総合自動車保険」の口コミ・評判 2ページ目 | みん評

自動車保険 三井ダイレクト 評判

三井ダイレクトの自動車保険の事故対応力 事故処理拠点 3 事故当日の初期対応 2 無料レッカー距離 3 宿泊費用・帰宅費用サービス 2 面談訪問サービス 3 GPS位置情報サービス 2 もらい事故時の等級の扱い 3 外部機関の事故対応評価 3 ざっくりいうとこんな人にオススメ• ガラケー(従来型の携帯電話)を使っている方• 頻繁にガス欠を起こす方• 外資系は避けたいと思う方 三井ダイレクトのメリット• ガス欠の出動依頼の回数制限なし(ガソリン代は有料)• ガラケーからGPSで位置情報を通知できる(スマホは不可)• グリーンの免許証でもブルーの免許証と同じ保険料で割高にならない• クラブオフが使える 三井ダイレクトのデメリット• 「三井の事故解決力」というキャッチコピーで、三井住友海上が事故処理をするような誤解を与える• 事故処理拠点が東京・名古屋・大阪だけと少なめ• 自宅から50キロ以上離れた場所でのトラブルしか、自走不能時のレンタカー費用が無料サービスされない• 無料の宿泊・帰宅費用サービスがない• スマホからGPS位置情報通知ができない• ファミリーバイク特約に人身傷害の補償がない スペックまとめ 2016年2月調べ) 事故対応 事故処理拠点の所在地 東京(水道橋、日本橋)、横浜、名古屋、大阪 当日中の初期対応受付時間 0:00~19:00 事故の担当者体制 専任担当者ではなく「対人担当」「対物担当」とわかれる 無料ロードサービス・付帯サービス サポート拠点 全国約3,300ヶ所 無料レッカー距離 保険会社が指定する提携修理工場:距離無制限、顧客指定先:50kmまで JAF会員はJAFの利用を優先させられる。

次の

よくわかる!三井ダイレクト損保の口コミと評判

自動車保険 三井ダイレクト 評判

自動車保険会社はたくさんあるんだ。 同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。 私はこういった人をたちを救いたいんだ! ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それはの 無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ! 運営チームも数名試した結果、 同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。 中には5,0000円以上も安くなった人まで。 同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません! なら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。 電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。 どんな点が人気のポイントなのでしょうか。 納得できる保険料• 故障の手厚いサポート体制• 祝日でも事故対応 保険料がリーズナブルなのに充実したサービスなのが評価されています。 車が事故にあったり故障したりしたときに、全国にあるサービスセンターや整備工場で対応してくれます。 祝日でも事故の初期対応をしてくれます。 スマートフォンのアプリも機能が多彩で、使いやすい点が人気です。 com 三井ダイレクト損保の自動車保険の顧客満足度を、オリコンのランキングと価格. comのランキングで確認します。 オリコンのランキングでは、保険料と30代や50代の年代別で4位にランクインしています。 保険料にシビアな30代や50代に評価されているという事は、価格に納得しているユーザーが多いという事でしょう。 comのランキングでは、三井ダイレクト損保の自動車保険はランクインしませんでした。 しかし、その他の傷害保険のランキングでは高く評価されています。 comの口コミでは安さが魅力という点や、無料のロードサービスが充実していると評価されていました。 スーパーワンポイントコールセンターに繋がりやすいことや、ホームページの使いやすさでも評判が良いですよ。 三井ダイレクト損保に加入した方の口コミ&評判 私は長らく三井ダイレクト損保を使っています。 大手経営の安心感、ロードサービスの充実、価格の安さがオススメポイントです。 ちなみにANAの代理店を通すとスカイコインが毎年貰えます。 しかも、業界トップという企業の大きさから、ロードサービスの拠点が全国に3200箇所もあるので、日本全国のいたるところでロードサービスを利用できます。 — shigemura nakamu34 車の任意保険もう最高の20等級までいっちゃってるんだけど、なぜ何も条件が変わらないのに5千円も保険料値上がりするんだよ三井ダイレクト損保 他に変えるわ — 珍父 gsx1300rl0 三井ダイレクト損保はマジでクソ。 規約にない誤った対応をしても、謝罪も補償もしない。 三井ダイレクト損保の口コミを検索した人が一人でも多く、契約を避けることを願って記しておく。 — シャーク市屋 ichiyashark 三井ダイレクト損保ってどんな会社? 画像出典:三井ダイレクト損保 三井ダイレクト損保の正式名称は、三井ダイレクト損害保険株式会社です。 下記の会社が出資して設立した会社です。 あいおいニッセイ同和損害保険• 三井住友海上 これらの大手損害保険会社が運営している会社です。 つまり三井ダイレクト損保は大手の損害保険会社がバックに付いている企業なのです。 ダイレクト型の自動車保険をメインで扱っています。 自動車保険三井ダイレクト損保のプランと補償内容 三井ダイレクト損保の自動車保険の補償内容を、具体的に確認していきましょう。 3つの補償について覚えておいて下さい。 対物超過修理費用補償特約• 対人賠償保険• 対物賠償保険 対物超過修理費用補償特約は、事故に遭ったときの相手側に手厚く保険金を支払える特約です。 車の修理費用が時価額を上回るときに、通常の補償内容では支払えません。 それだと、相手側が納得しないので示談交渉が長引きます。 そんな事態を防ぐために、対物超過修理費用補償特約は、時価額を超えた分も支払ってくれます。 対人賠償保険は相手を死傷させたときに損害賠償金を支払うために必要です。 対物賠償保険も相手の財物の賠償責任を果たすためには欠かせない補償です。 同乗者への補償は人身傷害保険や搭乗者傷害保険で賄います。 無保険車傷害特約や、自損事故傷害特約も付帯しているので安心です。 人身傷害保険には搭乗中だけを補償する搭乗中のみタイプに加えて、歩行中も補償してくれる一般タイプもあります。 どちらかを比べて自分で選べるようになっています。 一般タイプ• 限定タイプ 一般タイプは当て逃げや、電柱に自分だけでぶつかった自損事故なども補償範囲となります。 当て逃げ事故は自損事故との見分けが付きにくく、他社では補償範囲に入れたがりません。 三井ダイレクト損保の自動車保険では補償範囲内なので安心ですね。 限定タイプは当て逃げは補償されません。 車対車の事故だけを補償します。 どちらの車両保険も全損時には、車両保険の全額が支払われます。 高速道路などを走っていると、飛び石でフロントの窓ガラスが割れることがあります。 そんな時は補償してくれるのでしょうか。 三井ダイレクト損保の自動車保険では、一般タイプでも限定タイプでも補償対象となります。 三井ダイレクト損保の保険料の割引制度 画像出典:三井ダイレクト損保 三井ダイレクト損保の自動車保険にお得に入ることは可能ですか。 インターネット割引を使うとお得に加入できます。 年間保険料によって割引率は変わりますが、4,000円から10,000ほど割り引かれます。 継続手続きをインターネットで行なうと、年間保険料に関係なく3,000円の割引があります。 証券を発行しないeサービスを選ぶ場合、500円引かれます。 継続して三井ダイレクト損保の自動車保険を利用していくと割引がされますよ。 継続している期間に応じて、1パーセントから2パーセントの割引があります。 セカンドカー割引を利用するなら、初年度から二台目の車は7等級スタートとなります。 ハイブリッド車や電気自動車を購入して、13ヶ月以内ならeco割引が適用されますよ。 三井ダイレクト損保限定の主な特約と補償内容一覧• これらの特約の補償内容について調査してみました。 搭乗者傷害Wケア 搭乗者傷害Wケアは2つの特約が1つになったものです。 どんな特約がくっついたのでしょうか。 搭乗者が死亡又は重度の後遺障害を負い、その人に小さな子供(18歳未満の未婚の子)がいた場合に育英費用として500万円の保険金が受け取れる特約• 搭乗者傷害保険の受取保険金額が2倍になる特約 通常の特約では子供を育てていくための費用までは補償されません。 しかし、この特約では500万円まで支払ってくれます。 さらに、搭乗者へ支払われる保険金が普通の保険金の二倍になります。 ファミリー傷害特約 ファミリー傷害特約は、契約している車の事故以外のものを補償します。 旅行先に行って怪我をしたときや子供がイベントに参加して怪我をしたときなどに、ファミリー傷害特約は補償してくれます。 自動車保険なのですが、普段の生活のリスクもカバーしてくれるのです。 この特約には自宅の中と外をカバーするワイドタイプと、自宅はカバーしないアウトドアタイプがあります。 2つのタイプには、家族全体を補償するものと夫婦だけに限定されているものがありますよ。 身の回り品補償特約 身の回り品補償特約は、 契約している車の中が荒らされて破損したときに、壊れたものを修理する費用を賄ってくれるものです。 車内の中にスマートフォンやタブレットを入れていて損壊した場合、その修理費用が支払われます。 もちろん車内の中だけではなくトランクの中や、キャリアの中に固定されている物品も含まれます。 高価なゴルフセットなどは修理費も高額になりますから、この特約は役立つでしょう。 ゴルフによく出かける方におすすめです。 車上荒らしが多い地域などでも役立つ特約です。 事故後の経過がインターネットで確認することが出来ます。 何か質問があったり心配事があったりすると、マイページを使って相談することが出来るシステムです。 通常事故対応の相談などは、保険会社の営業時間内でなければできません。 担当者に確認したいことがあっても、自分の仕事の都合などですぐに聞くことが出来ないことがあります。 しかし、 マイページで前もって質問しておいて、仕事の後にチェックするならいつでも経過を確認出来ます。 無過失の案件でも三井ダイレクト損保の担当者が担当してくれるので安心です。 ロードサービスには、どのような特徴がありますか。 ロードサービスの特徴 レッカーでの移動は基本的に距離の制限がありません。 但し自分が指定する工場に移動させたいときは、50kmまでが無料となります。 出先で事故に遭うと、事故の連絡をするオペレーターに自分の居場所を伝えるのが難しいことがあります。 そのようなときに便利なのが、GPS位置情報サービスです。 保険会社の方でこちらの場所を確認し、レッカー車やサービス車両を手配してくれます。 ガス欠になったときには、ガソリン10リットルを持ってきてくれますよ。 契約初年度はガソリン代は有料ですが、二年目以降は無料となります。 見積もり手続き• 見積もり結果をチェック• 申込手続き開始• 補償開始 三井ダイレクト損保のホームページで見積もり手続きをし、内容をチェックして下さい。 不要なサービスを外したり、特約を追加したりのカスタマイズが出来ます。 見積もりのプランは3つ提示されますから好きなものを選びましょう。 クレジットカードや銀行振り込みなら、最短で翌日から補償開始となります。 三井ダイレクト損保に加入するなら一括見積もり! 自動車保険を選ぶ際には、一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。 保険は命を守るために大切なものですから、安さだけで決めてはいけません。 そうは言っても、安い保険料で充実したサービスがあるなら言うことありません。 手厚いサービスがありながらも、リーズナブルな自動車保険を見つけるのに役立つのが一括見積もりなのです。 一括見積もりを利用することによって、いくつかの保険会社のプランを比べることが出来ます。 同じ条件で比べられます。 そうすると三井ダイレクト損保の自動車保険がベストなのか、それよりも安く良いサービスがあるのかを知ることが出来ます。 比較することにより、三井ダイレクト損保の自動車保険の良い点が見えてくることもありますよ。 以下が、実際に一括査定サイト「保険スクエアbang! 」を試した時の結果です。 自動車保険一括見積もりについて• 一括見積もりサイトで入力するだけ• すべて無料• 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど• たった5分ほどの入力• 見積もり結果は入力後わずか1分• 結果はメール ハガキ のみで、電話のやり取り不要 「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。 『』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。 安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。 無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。 普段忙しくてなかなかいくつもの自動車保険を比較する時間がない、そのような方でも一括見積を活用すれば、仕事の合間や、帰宅してから申し込みをすれば大丈夫です。 後は送られてくる資料を比較して、自分に合った自動車保険を選ぶだけです。 三井ダイレクト損保に加入する前には必ず一括見積もりで比較することをおすすめします。 どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入しましょう。 最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。 どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。 【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang! 』 一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表 参加保険会社 保険スクエアBang! 』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。 保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。 当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。 ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang! の方が信頼感は上です。 どちらか迷っている方は、保険スクエアbang! を選択すれば間違いありません。

次の

【口コミ】三井ダイレクト損保の対応ってどうなの?プロが評判を暴露|自動車保険

自動車保険 三井ダイレクト 評判

2020年1月更新:自動車保険を口コミ・評判から選ぶおすすめベスト3 自動車保険のおすすめはどれ? 自動車保険(任意保険)を更新する際にそんなことを考えたことはありませんか? かつて自動車保険と言えば、車を購入したディーラーやお付き合いのある保険代理店から加入するのが一般的でした(代理店型自動車保険)。 しかし近年は電話やインターネットを通じて契約者が直接、損保会社とやりとりするインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)が広がりを見せています。 選択の幅が広がったことは良いことなのですが、その一方で 「どれを選んで良いのかわからない」という悩みも出てきました。 インターネット上で評判や口コミを調べてみても情報が断片的であり、仕組みの複雑な自動車保険の良し悪しを判断するのは、一般の方には難しいのが現状です。 そこで、ここでは評判&おすすめの自動車保険を各社のリサーチなどを参照しながら述べていきます。 ベストな自動車保険選びにぜひお役立てください。 (最終更新:2019年12月) 安い保険料で近年、人気を集める「通販型」自動車保険 かつて自動車保険と言えば、車を購入したディーラーや、保険代理店を通じて加入するのがほとんどでした。 これを 「代理店型」自動車保険と言います。 しかし代理店型は中間手数料が約15%発生するため、どうしても契約者の払う 保険料が高めになるというデメリットがあります。 質の良いサポートを代理店・ディーラーから受けられていれば十分加入する価値があるのですが、「保険料はより安いほうが良い」と考える方にとっては難点でもあります。 参照 こうしたデメリットを解消するものとして、1990年代から登場してきたのが インターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険、通販型自動車保険)です。 インターネット自動車保険の一番の特徴は、インターネットや電話を通じて契約者が損保会社と直接やりとりすることで中間手数料を省き、安い保険料を実現している点にあります。 近年のインターネット自動車保険は広告展開も積極的で、ソニー損保やチューリッヒ、イーデザイン損保などCMでよく見かける自動車保険のほとんどがこのタイプとなります。 より自動車保険を安くしたい、または自分で納得して損保会社や自動車保険プランを選びたいと考える方にはインターネット自動車保険はぴったりと言えます。 かつてはインターネット自動車保険と言えば 「安いけど事故対応力が低い」というイメージが強かったのですが、近年は各社ともサポート体制には力を入れており、ソニー損保のように事故対応力満足度リサーチで1位を獲得するところも出てきています(JDパワー社リサーチ参照)。 参照 自動車保険の評価について信頼できるリサーチは? では、各自動車保険の評価、評判はどうすれば知ることができるのでしょうか? インターネット上にはヤフー知恵袋、2ch、ブログなどの口コミサイトで自動車保険についての評価・評判が色々と見られますが、どうしても個人個人の体験的な感想に限られ、総合的な評価としては見づらい一面があります。 特に自動車保険の場合、納得できない対応を受けたユーザーほど積極的に「この自動車保険はおすすめできない!」と書き込みやすい傾向があるため、契約者数の多い損保会社ほど悪評も集まりやすくなるという一面もあります。 そこで当サイトではより公平な観点からおすすめ自動車保険を判断するために、週刊ダイヤモンド誌、JDパワー社やオリコン社などの 第三者機関によるリサーチを参照しています。 これらは毎年発表されておりリサーチの母体数も十分なので、おすすめ自動車保険を評価するうえで信頼できるものとなっています。 以下に、これらのリサーチを参照して評価した当サイト独自の順位づけを示します。 総合評価 保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス おすすめトップ3はソニー損保、イーデザイン損保、おとなの自動車保険! まずおすすめしたいのがソニー損保です。 事故時の初期対応が実質的に24時間体制であったり、事故処理拠点地域も9地域とトップクラスの広さとなっているなど、その事故対応力、サポート体制は高く評価されています。 さらに近年は事故を起こした際にセコムの専門スタッフが現場まで急行で駆けつけてくれる 「セコムの事故現場かけつけサービス」を提供している点にあります。 よくある勘違いなのですが、契約者が事故を起こしても損害保険会社や保険代理店のスタッフが現場にすぐ駆けつけてくれるということは めったにありません。 事故直後にやってもらえることは、電話連絡による初期対応(修理工場や病院への連絡、代車の手配など)が中心となります。 しかしソニー損保の場合は、提携しているセコムの専門スタッフがすぐ駆けつけてくれますので、事故対応の不慣れな方にとっても安心のサポート体制となっています。 「自分の味方になってくれる人がすぐ事故現場に駆けつけてくれる」という安心感は、これまでの「インターネット自動車保険は事故対応が不安」というイメージを変えうるものであり、事故対応力を重視する当サイトでも高く評価しています。 参照 「イーデザイン損保」〜安心の東京会場ブランド!〜 次に挙げたいのが、 「安心の東京海上ブランド」のイーデザイン損保です。 イーデザイン損保は日本の三大大手損保、いわゆる「三メガ損保」のひとつ、東京海上グループ系列の会社です。 東京海上グループ(東京海上ホールディングス)は、明治時代に生まれた日本人による最初の保険会社「東京海上保険」を出発点としてずっと日本の損保業界のリーディング・カンパニーであり続けています。 安心した事故対応品質をより安く提供しようとして始まったのがイーデザイン損保であり、保険料のコストパフォーマンスにも優れています。 また最近ではソニー損保と同様に事故現場にセコムのスタッフが急行する 事故現場急行サービスも始まっており、より信頼性の高いサービスとなっています。 参照 もうひとつ挙げておきたいのがセゾン「おとなの自動車保険」です。 中年層のドライバーはもともと事故率が低いために保険料が安くなる傾向にありますが、セゾン「おとなの自動車保険」はこの年代の保険料をより安くすることで価格競争力をアピールしています。 また、セゾン「おとなの自動車保険」はソニー損保と同様に 事故現場急行サービスを提供しています。 こちらはセコムではなく警備サービス大手のALSOK(アルソック)のスタッフが事故現場に駆けつけてくれます。 セゾン「おとなの自動車保険」そのほかにも、インターネット自動車保険の中では最も充実した 個人賠償責任特約(日常生活で他人をケガさせてしまったりモノを壊してしまった場合にその損害を賠償する保険オプション)を備えているなど、他にも豊富なメリットがあります。 参照 「ローコスト&事故対応力」を重視するなら、現在の自動車保険はこの3つをおすすめしています。 当サイトで何度も繰り返し強調していることですが、自動車保険の本質は 事故対応力にあります。 インターネット自動車保険と言えば、どうしても安い保険料に目が行きがちです。 特にほとんどの場合で他社と比べて最安となるSBI損保や外資系のアクサダイレクトなどは安さ重視の方にとっては魅力的に見えます。 代理店やディーラーのサポートがないインターネット自動車保険こそ事故対応時の損保会社のサポート体制はより重要であり、その点に強みを持つ損保会社のほうがよりおすすめです。 20代、30代、40代におすすめの自動車保険は? 現在のインターネット自動車保険でおすすめの3つは以上の通りとなります。 では20代、30代、40代と年代ごとにおすすめ自動車保険の違いはあるのでしょうか? 結論から言うと、それぞれの年代で損保会社の事故対応力やサービスの質が変わるということはありません。 ただし 保険料は年代ごとに違いが出てきます。 なぜなら各社の自動車保険(任意保険)は年齢、車種、年間走行距離などドライバーの様々な要素によって事故率を想定して保険料を細かく設定するという 「リスク細分型」の仕組みを取っているからです。 年代別保険料の基本的な傾向としては、まず20代などの若年層では保険料が高くなります。 これはまだ運転経験が浅い若年層だと事故率が高いというデータに基づいています。 そして40代など中年層ではベテランドライバーが増えるために保険料が安くなります。 さらに高齢層になるとまた再び事故率が上がるため、保険料は高くなっていきます。 以上が一般的な年代別保険料の傾向ですが、そこからさらに 損保会社ごとの傾向というのも加わってきます。 例えばセゾン「おとなの自動車保険」はその名の通り、40代、50代などの中年層をターゲットにしており、この年代のドライバーの保険料がより安く設定される傾向にあります。 以下に参考として、「週刊ダイヤモンド」誌が毎年発表している保険料リサーチの結果の一部を引用します。 ちなみに繰り返しますが、安さだけで見比べるとSBI損保などが優位となりますが、自動車保険の価値は保険料の安さだけでは決まりませんので安易な判断は禁物です。 また、こうした保険料の違いというのは先にも述べたようにドライバー個々の条件でも変わってきますので、 一括見積もりサイトを利用するなどして個別に確認するのが最も手っ取り早くておすすめです。 」の一括見積もりへ まとめると20代、30代、40代と年代別のおすすめ自動車保険の違いは 保険料の差にあらわれ、それを正確に知るにはまず一括見積もりで見比べてみるのがおすすめです。 まとめ 自動車保険の本質は 事故対応力にあります。 「保険料の安さ&事故対応力」を重視するなら、現在当サイトでは ソニー損保、チューリッヒ、セゾン「おとなの自動車保険」をまずおすすめしています。 ただしこの3社以外にも、例えば走行距離によって保険料が変動しない(走り放題)のセコム損保など、様々な特徴、メリットを持った自動車保険も存在します。 ベストな保険は 契約者それぞれの予算やカーライフ、意向によって異なります。 自動車保険を選ばれる際には、ぜひ各社のメリット・デメリットを比較して選ばれることをおすすめします。 当サイトの各社の評価レビューもぜひご参照ください。

次の