残暑 お 見舞い は いつまで。 2020年「暑中見舞い」「残暑見舞い」を出す時期はいつからいつまで?文例を紹介

2020年暑中見舞いの時期はいつからいつまで?残暑見舞いはいつから出すの?

残暑 お 見舞い は いつまで

残暑見舞いの時期っていつから始まるの?暑中見舞いとどう違う? 暑中見舞いから残暑見舞いに変わる時期は明確に決まっています。 立秋に入ってからが残暑見舞いの時期になりますので、この日からは暑中見舞いではなく残暑見舞いとして出せばいいということですね。 ちなみに立秋がいつなのか?というと 8月7日頃 その年によっては8日になる なので、8月の7日もしくは8日からは 「残暑見舞い」として送るのが正解です。 しかし、なぜこの時期が暑中と残暑の分かれ目になっているのでしょうか。 暑中見舞いは一年で一番暑い時期に相手の健康を気遣って手紙を出しますし、残暑見舞いはまだまだ厳しい暑さの中元気にお過ごしですか?ということで、やはり相手を気遣って出しますよね。 これについては、後ほど詳しく説明します。 ひとまず、残暑見舞いがいつから始まるのか?ということに関しては、立秋に入る日から残暑になるので、始まる時期は「8月7日頃」から残暑となっています。 残暑見舞いの期間はいつまで?立秋と残暑の意味とは 残暑見舞いの時期は8月7日頃からですが、では残暑としての期間はいつまでか? 期間は「9月7日頃まで」です。 この日までは残暑見舞いとして出せるのですが、これはあくまでも「暦の上」です。 一般的なマナーとしては、遅くとも 【8月末 31日 まで】に出すようにと言われています。 立秋の意味とは? ちなみに先ほど立秋について詳しく説明しますと言いましたが。 そもそも立秋の意味とは?と言いますと、暦の上では「初めて秋の訪れを感じさせる頃」を指す言葉なのですが、どう考えても時期間違ってますよね。 8月7日ってバリバリ夏!どこが秋!? って思いますが、これは元々中国から伝わってきた季節の分け方に名称を付けたものなので、海に囲まれた日本では時期がズレ込んでしまうんですね。 なので、立秋から残暑になるという大きな時期のずれは「元々中国から伝わってきたため」に、夏真っ盛りにも関わらず「立秋」という表現になっているのですね。 残暑の意味とは? 秋が始まったのにまだまだ暑さが残る、または秋まで残るような暑さ、という・・・ 秋から?秋まで?どっち??と、どっちつかずな表現でした 汗 これは調べても分からなかったのですが、おそらく残暑という言葉は中国との時期のズレをなんとかするために、日本で作られた言葉なのでは・・・?と思いました。 スポンサーリンク 残暑見舞い時期が9月を過ぎたら?挨拶は何て書く? 残暑見舞いは一般的なマナーとしては8月末まで、とされていますが、暦の上では9月の7日頃までは出せることになっているんです。 ただこれは先ほども言いましたが、暦の分け方がそもそも1ヶ月単位でのズレが生じていますので、日本の感覚としても気候としても9月はもう残暑という表現はあまり合いません。 それに暑中見舞いや残暑見舞いのはがきを出す意味は相手の体調を気遣って書くものなので、その時期の気候とあっているかどうか、というのも気にするべきです。 ようは「その時期の気温と時候のご挨拶が合っているかどうか」だと思いますので、8月だから、9月だから、という事以外にも気を付けるべきでしょうね。 しかしこれは自分の住んでいるところの気温であれば分かりやすいものの、送る相手の地域によってはそこまで考えて出すのは難しいですよね。 なので一般的なマナーの事も考えると、9月も過ぎれば「残暑お見舞い」とは別のご挨拶が望ましいです。 残暑に代わる9月のご挨拶は? この時期に残暑に代わる時候のご挨拶 ~見舞いなど はないので、別の時候のご挨拶が良いでしょうね。

次の

残暑見舞いの時期はいつからいつまで?そのマナーとは?

残暑 お 見舞い は いつまで

暑中見舞いはいつからいつまでに出すの? 暦の上での「夏」に… 一般に「暑中見舞いを出す目安」となるのは、 梅雨が開ける頃からお盆に入る前までとなります。 暦の上でのタイミングで言えば、二十四節気の一つ 「小暑(しょうしょ)」から。 その年によって多少のズレがありますが、 2019年(令和元年)は7月7日からが小暑となります。 「暑中見舞いの終わりの時期」は、暦の上で秋となる 「立秋」の前日まで。 2019年の立秋は8月8日ですので、その前日の 8月7日までが暑中見舞いを出すタイミングになります。 【関連記事】 ・ ・ 簡単にまとめると、以下の期間が暑中見舞いを出す時期となりますね。 梅雨明け頃 ~ お盆に入るまで ただし暑中見舞いを出す時期は、 この日からこの日までと定められているものではありません。 多少時期が早くても、既に暑いようであれば失礼には当たりませんので、そこは臨機応変に考えましょう。 残暑見舞いの時期はいつから? 暦の上で秋になってから 次に 残暑見舞いを出すのは、いつからが適切なのでしょうか。 それは 暦の上で「秋」になってから。 「秋なのにまだ暑いですね」という挨拶となるからですね。 暦の上での秋は「立秋」。 さきほど説明した通り、2019年は8月8日が立秋となります。 実際のところは、 お盆が過ぎてから出す時に使うぐらいで問題ないでしょう。 残暑見舞いを出せる期限は、一般的には 「白露(はくろ)」までと言われています。 白露は、暦の上では空気が冷えてきて霧(露)が出来始める頃で、 2019年(令和元年)は9月8日となります。 【関連記事】 ・ ただし9月を過ぎて残暑見舞いを出すのは、受け取る側が遅いと感じる可能性もあります。 一般的には、 8月31日までに残暑見舞いを出すようにしましょう。 簡単にまとめると、以下の期間が 残暑見舞いを出す時期となります。 郵便局から 「かもめーる」の名称で、くじ付きはがきが 6月1日より発売されます。 イラストや文面があらかじめ印刷されたものもあるので、一文を添えるだけで出せて便利ですね。 一つ気をつけて欲しいのは、かもめーるについている くじの抽選は 9月初旬に行われること。 ですから、 「かもめーる」を使う場合は、 8月31日までに相手に届く必要があります。 9月のくじ抽選日以降に届いた場合、はずれたくじのはがきで送っていることになるので、失礼になってしまいますね。 かもめーるの発売期間も8月の末(25日頃)までなので、その日までに出す暑中見舞いに使うようにしましょう。 暑中見舞いの返事はいつまでに返せばいいの? 返事は忘れないうちにすぐ出そう! 暑中見舞いのはがきを頂いたら、 早いうちに返礼をしましょう。 後回しにすると忘れてしまいがちですので、頂いたその日のうちに出すのが理想的です。 とは言え、はがきが無くてすぐには出せないこともあるかもしれません。 その場合、遅くても 3日以内には返礼を出し、1週間以内に相手に届くようにするのがマナーと言えるでしょう。 返礼は暑中見舞い?残暑見舞い? 返礼を出す時に気になるのが、暑中見舞いとして出すべきなのか?、あるいは残暑見舞いとして出すべきなのか?ですね。 暑中見舞いの時期に「暑中見舞い」が届いた場合 この場合は、返礼も暑中見舞いで問題ありません。 8月に入ってから暑中見舞いが届いた場合 返礼が相手に届く時期を逆算して考えてみましょう。 白露直前に「残暑見舞い」が届いた場合 悩ましいですが、残暑見舞いで出さないほうが無難です。 残暑見舞いでは無く、 秋の挨拶の文面で、「お見舞い頂きありがとうございます」と添えたはがきで返答しましょう。 暑中見舞いは暑いうちに出そう! 【関連記事】• 暑中見舞いは 暑い事への気遣いと、近況などを尋ねるための挨拶状です。 前倒し気味になるのは問題ないのですが、遅くなってしまうのは相手に余計な負担を掛けてしまいます。 頂いた挨拶状には返答することになりますが、挨拶文に悩む微妙な時期だと相手も困ってしまいますよね。 そのためにも残暑見舞いの時期になる前に出すのが、相手も返答が出しやすいのではないでしょうか。 暑中見舞いは 暑い内に出して、相手も暑いですねと返答しやすくする気遣いを心がけましょう。

次の

暑中見舞いを出す時期・期間はいつからいつまで?残暑見舞いとのタイミングの違いは?【2020】

残暑 お 見舞い は いつまで

この記事の目次• スポンサードリンク 時候の挨拶「残暑の候」の使い方は? 最近は9~10月でも 十分暑いし、天気予報でも 「残暑が厳しく、、、」 なんて言っています。 だからついつい、9月にも 「残暑の候・・・」 って時候の挨拶を使いたく なってしまいませんか? でもそれ、実は間違いだったりするんです! そこで、「残暑の候」について 調べてみました。 「残暑の候」はいつからいつまで使えるか ズバリ、この「残暑の候」は 主に 8月に使う時候の挨拶。 使えるのは二十四節気の 立秋から白露までということで 2015年でいうと 8月8日~9月8日 になります。 ちなみに残暑見舞いもこの時期に 送るものとされています。 ちなみに二十四節気とは? 「二十四節気」とは、1太陽年を 日数や、太陽の軌道上の視位置で 24分割して、 その分割した等分ごとに季節を 表した名称を付けたものです。 時候の挨拶はこの二十四節気を 節目に、いつからいつまでと 決まっています。 スポンサードリンク 残暑の候と同じころに使える時候の挨拶 では、「残暑の候」と同じく 8月に使える時候の挨拶には どのようなものがあるか 集めてみました。 ・残暑の候 ・晩夏の候 ・初秋の候 ・新涼の候 ・立秋の候 ・残炎の候 ・秋暑の候 【文例】 ・残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・残暑の候、貴社ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 ということで お好きな「~の候」を選んで 「皆様いかがお過ごしでしょうか」 「皆様お変わりございませんか」 と付け足すと、立派な時候の 挨拶になります。 時候の挨拶も、こう考えると 難しくありませんね^^ じゃあ、9月以降の時候の挨拶は? 現実ではまだまだ暑い9月も 9月に入ると暦の上では 秋本番になります。 ですから9月の時候の挨拶は ・秋色の候 ・新涼の候 ・秋涼の候 ・野分の候 ・仲秋の候 ・爽秋(そうしゅう)の候 ・涼風の候 ・秋晴の候 ・孟秋の候 などがあります。 この時候の挨拶については こちらの記事でも紹介していますので よかったら参考にしてみてくださいね! まとめ ということで、暑い残暑の9月も 暦の上ではすっかり秋。 文面上だけでも秋の言葉を使うと 少し爽やかに感じられるような そんな気もしますね^^.

次の