駿台 市ヶ谷。 駿台市谷校舎(医学部専門校舎)の詳細(口コミ、学費、合格実績)|医学部予備校マニュアル

講師陣

駿台 市ヶ谷

今後、僕を含めたたくさんの受験経験者により各予備校、校舎についてまとめていきます。 今回は市谷。 市谷校舎は駿台の医学部専門校舎であり、医学部受験において他予備校とは比べ物にならない合格実績を誇ります。 僕は1年間の浪人生活を市谷校舎で過ごしました。 結果として最高の環境で勉強することができましたが、入学を検討するにあたって情報の少なさに苦労した覚えがあります。 もう1年を市谷で過ごそうと考えている人に向けて、1年間の経験をもとに市谷校舎について紹介していきます。 注意:2019年度の情報です。 20年度は少しシステムが変わるようなので、パンフレットも併せてご確認ください。 コースやクラス、合格率について 市谷校舎にはスーパー国立医系コースとハイレベルコースの2コースが設置されており、大半の医学部受験生はスーパー国医コースに所属しています。 コース間で生徒や講師のレベルにかなり差があるので、仮に私大専願であったとしてもスーパー国医コースを選んでおくのが良いと思われます。 Exを選んで。 このコースに属するためには模試の成績、もしくは診断テストによって認定を受ける必要があります。 詳しくは駿台に問い合わせてみてください。 以下では2019年度のスーパー国医コースに絞って紹介します。 以下はExに所属していた友人のコメントです。 Exの名前が持ち越されているのでわかりにくいですが、Exを選択しておくのがいいように思われます。 この様にいくつかマイナーチェンジがあるようなので、上記の内容はあくまで2019年度の様子を踏まえたものだとお考えください。 2020年度の話は駿台事務に丸投げします。 4月の頭にプレースメントテストがあり、この結果によってSA〜SFの6クラスに分けられます。 講師は基本的にSASB,SCSD,SESFのまとまりごとに変わり、当然上位クラスを人気講師が担当されます。 国公立医学部に合格できる生徒はSAで7割、SBで5割、SCで3割程度で、SD以降にはほとんどいないそうです。 SAには休み時間や食事中も勉強しているような生徒が多く、教室内での談笑は年間を通してほぼ見られませんでしたが、聞いた話によるとSD以降のクラスの中には和気藹々とした雰囲気のところもあったようです。 その中のあるクラスではいじめ等の揉め事の存在もあったようなので、勉強に集中できる環境は上位クラスの方が整っているのかなという印象です。 このように、クラス間で雰囲気や講師の質、合格率などにかなり差ができてしまうため、ここでSA,SBに入っておくことがとても重要になってきます。 プレースメンステストの内容、対策については別で記事を書くので、そちらをご参照ください。 授業について 駿台の授業時間は50分で、これが1日6〜8コマ、週約35コマあります。 市谷校舎には関東圏トップの講師たちが出講しており、どの科目も申し分ないクオリティの授業を受けることができます。 細かい講師の情報はお茶飲みwikiをご参照ください。 参考までに、2019年度の時間割を載せておきます。 全授業を受けている人もいれば、取捨選択している人もいました。 どちらが良いかは人によると思うので、何度か授業を受ける中で自分なりに考えてみてください。 受けると決めた授業についてはきちんと予復習をすることが大切です。 自分を含め、ここを疎かにして後悔している人がそれなりにたくさんいます。 散々言われるであろう予復習が大事!という言葉を聞き流さず、きちんと授業を身につけることを最優先にすべきです。 自戒 受験勉強にiPadを導入することで教材の管理や予復習の効率化がとても捗ります。 市谷にはiPad利用者が少なくありませんでした。 こちらも別で記事にするので参考にしてください。 フロンティアホールについて 通称フロホ。 休憩、談笑、食事、勉強、男女の出会いなど、様々な用途に使われます。 上手く活用できれば有用な憩いの場になるのですが、僕を含めてフロホが勉強の妨げとなってしまっている人が多いように思われました。 休憩目的で利用する場合はきちんと時間を決めて、勉強と休憩のメリハリを付けることが大切です。 自戒 こいつ自戒しかしてねぇなby rukaku 4. 自習室について 宙、桜、音、光、開放の5種類があり、好きな自習室を利用することができます。 それぞれについて二言三言コメントをば。 宙:これで"そら"と読む。 オーソドックスな自習室。 大きいぶん人が多く、通路が狭い。 桜:照明が明るめ。 通路が広い。 僕は好き。 音:音読のできる自習室という建前だけど、とてもじゃないが音読できる雰囲気じゃない。 利用者がとても少ないため自習室特有の息苦しさはない。 光:通路が狭い。 机の配置が謎。 開放:長机が特徴。 他の自習室と比べると息苦しさや静寂感はない。 情報面等のサポートについて 何かを攻略する上で、特化するということはとても有効な手段です。 特に医学部受験は他学部の受験とは性質が異なり情報戦としての側面が強く、正しい情報を集めて適切に行動することが必要になってきます。 その面において医学部専門を謳う市谷校舎は心強く、LHRや講演会などを通して必要な情報を余すことなく提供してくれます。 また、クラス担任が面談で様々な相談を聞いてくれるため、安心して受験勉強に取り組むことができます。 僕自身何度も話を聞いてもらい、とても助けられました。 担任のKさんには感謝してもしきれません。 ネガキャンも少し。 ロビーには赤本コーナーがあり、「青本が出版されている大学を除き」複数年度の赤本が揃っています。 要するに、それらの大学は駿台が青本を出しているから赤本は置かないよ、各自で青本を買ってね、って話。 なんてドケチな予備校なんでしょうね。 青本は旧帝大や東工大などの多くの生徒が志望し、また、問題演習の中で頻繁に見かけるような大学のものが出版されています。 これらの大学の過去問を参考にしたり、取り組んだりしたい生徒は多いはず。 それが出来ないのはかなり不便であり、がっかりした生徒も少なくないそう。 どうにかしてくれ。 最後に 長々と書きましたが、意欲のある浪人生にとって市谷校舎は最高の環境です。 人が多く集まる分誘惑も多いですが、負けずに勉強に取り組み、実りのある1年間にしてください。 記事は今後も更新します。 次はプレースメントテスト対策のものかな、見逃さないようにブックマーク等しておいてくださると管理人のrukakuが喜びます。 僕はあくまで協力者ですが、アクセスが増えればラーメンくらい奢ってもらおうと考えているので、今後もよろしくお願い致します。 他にも気になることが御座いましたら気軽にTwitter poniponi27 へご連絡ください。 微力ながら、質問、相談等お受けします。

次の

コメント/駿台市ヶ谷校

駿台 市ヶ谷

医学部合格を目指す受験生で市ヶ谷と聞いたとき、駿台が浮かぶ人も多いと思います。 40年の歴史と実績を誇る駿台の市ヶ谷校舎は豊富な医学部合格実績を誇っており、全国各地から優秀な受験生が集まる名門校舎です。 医学部専門校舎だけあって、学習環境が充実していることはもちろんのこと、講演会やガイダンスなど医学部に関するイベントなども沢山企画されているのが魅力。 昔から理系に強いと言われてきた駿台の医学部専門校舎である市ヶ谷は、旧帝大学をはじめ国公立大学や上位私立大学の医学部を目指す受験生におすすめです。 実は市ヶ谷駅から近い河合塾麹町校 医学部受験専用校舎は河合塾でも麹町校に設置されていますが、実は麹町駅よりも市ヶ谷駅からのほうが近いのをご存知でしょうか。 学習環境にこだわった校舎は、合格者からも落ち着いた雰囲気で勉強に集中できたと評判。 医学部を志す生徒だけが通う、医学部予備校のような環境下で勉強できるのが特徴です。 特に、現役生の受験指導に定評があるグリーンコースがあるので、現役で医学部合格を目指す高校生にもおすすめだと言えます。 それでも医学部予備校がおすすめのポイントは? 市ヶ谷には、駿台と河合の大手進学予備校の医学部専門校舎が設置されていますが、それでも医学部予備校を選ぶ理由はどんなものがあるのか。 ここでは、医学部予備校で受験対策を行うおすすめポイントを紹介していきます。 学力に関係なく専門的な医学部受験対策ができる 大手進学予備校の場合、医学部コースは選抜クラスであることが多いため、偏差値40台の受験生はまず専門コースで勉強できません。 この場合、他学部を目指す受験生と一緒に基礎コースから徐々に学力を付けていく必要があります。 いっぽう、医学部予備校の場合は学力に関係なく、医学部コースに在籍することが可能です。 多くの医学部予備校は無試験で入学できるところがほとんど。 したがって、医学部受験に必要な対策だけが実現できるため、無駄がなく短期間でも合格可能なレベルまで学力を伸ばすこともできます。 医学部予備校で逆転合格が実現できるケースが多いのはこのためです。 講師との距離が近く手厚い指導が受けられる 大手進学予備校は、大教室で授業が行われるためどうしても講師との距離が遠くなりがち。 距離が遠くなると、講師は全生徒を把握できない、生徒は集中力が散漫になりがちなどデメリットも多いです。 いっぽう、少人数クラスを採用する医学部予備校では、授業も対話形式で実施されているところも多く、講師は生徒の理解に合わせて授業を臨機応変に対応できます。 また、生徒も集中して授業に参加できるため、高い学習効果が非常に高いです。 質問などもその場ですつに聞けたり、大手のように列に並んだりする必要もないので、不明点はすぐに解決できることが医学部予備校の魅力。 自習室は個別席が用意されるなど勉強環境が充実 大手予備校に通ったことがある人は、自習室の席が空いていなかったなんてことはありませんか。 勉強しようと思っても自習室が開いていないとやる気も低下してしまいますよね。 その分、医学部予備校は固定席を自習室に用意している校舎も多く、生徒は好きな時に好きなだけ勉強できる環境が用意されています。 市ヶ谷にあるおすすめ医学部予備校ランキング.

次の

駿台予備学校(市ヶ谷校)生のための学生マンション|学生マンションドットコム

駿台 市ヶ谷

【2019年度入試 合格実績】 東京大 1,345名 京都大 1,402名 北海道大 631名 東北大 709名 東京工業大 420名 一橋大 306名 名古屋大 445名 大阪大 1,081名 神戸大 834名 広島大 339名 九州大 371名 筑波大 336名 埼玉大 145名 千葉大 490名 お茶の水女子大 88名 京都工芸繊維大 252名 奈良女子大 89名 首都大学東京 東京都立大 189名 名古屋市立大 186名 大阪市立大 350名 大阪府立大 528名 兵庫県立大 305名 早稲田大 4,163名 慶應義塾大 2,982名 青山学院大 1,033名 駒澤大 312名 上智大 972名 専修大 367名 中央大 2,634名 東京理科大 4,807名 東洋大 1,254名 日本大 2,228名 法政大 2,089名 明治大 4,108名 立教大 1,382名 同志社大 4,600名 立命館大 5,233名 関西大 2,711名 関西学院大 1,483名 京都産業大 463名 近畿大 2,523名 甲南大 278名 龍谷大 723名 国公立大医学部医学科 1,940名 私立大医学部医学科 防衛医科大学校を含む 2,724名 表記の合格者数は、2019年度入試における駿台グループ関連法人の在籍生および各講習受講生の実績であり、公開模擬試験のみの受験生は含んでおりません。 なお、一人で複数の大学・学部・学科に合格している場合も、それぞれの合格者数に含みます。 詳しくは塾までお問合せください。 駿台のコース 高卒クラスの特長 講師や環境が良いのはあたりまえ。 さらに駿台は大きく進化します。 80点 講師: 4. 0| カリキュラム・教材: 4. 0| 塾の周りの環境: 2. 0| 塾内の環境: 3. 0| 料金: 4. 0 通塾時の学年:浪人 料金 総じて高い。 季節講習も入れると出費は嵩む。 医学部志望者向けということで足元を見られているような気がする。 講師 市谷校の実績はレベルの高い生徒が集まっているだけ。 カリキュラム カリキュラムや教材は素晴らしいが、古くさい。 塾の周りの環境 坂が多いため、毎日通うのはうんざりする。 河合塾麹町校と併用。 塾内の環境 医学部志望者が集まるため母集団のレベルは総じて高い。 良いところや要望 医学部志望者のメッカということで母集団や確実なデータが集まっている。 信頼できる校舎。 80点 講師: 3. 0| カリキュラム・教材: 5. 0| 塾の周りの環境: 5. 0| 塾内の環境: 2. 0| 料金: 1. 0 通塾時の学年:浪人 講師 質問にいく学生が多く,勉強したいのに満足した学習ができず残念でした。 カリキュラム 教材は目標大学や学力別。 内容が濃くつまづくとかなり巻き返しできずなかなか厳しい授業でした。 塾の周りの環境 地下鉄、JR両方使え駅からも近く便利でした。 学生寮か本八幡にあったので乗り換えなく便利でした。 塾内の環境 学習スペースがあるのですが授業に参加せず1日そこに居すわっているグループがいてなかなか使えなかったそうです。 良いところや要望 同じ目標を持つ人が集まりまり、ピンポイントで受験対策をしてくれることが良かったです。 20点 講師: 5. 0| カリキュラム・教材: 5. 0| 塾の周りの環境: 5. 0| 塾内の環境: 4. 0| 料金: 3. 0 通塾時の学年:浪人 料金 通常授業の受講料は、平均的だと思います。 講師 授業のカリキュラム、テキストの内容、講師の質は、上位のクラスに在籍していると良い。 あとは、本人の利用の仕方による。 積極的に利用しようと思えば、質問や、精神的サポートまで充実したシステムが用意されている。 カリキュラム 前期に、基本的なところから始め、夏休みに前期のテキストを復習すれば基礎の学習方法はマスターできるようになっている。 ただ、基本的な学力がないとすぐついていけなくなり、やる気を無くす可能性もある。 塾の周りの環境 駅から近く、大通りから少し入っただけだが、緑に囲まれ、とても静かで、良い環境でした。 塾内の環境 自習室は、利用しようと思えば利用できる程度に席数がありました。 ただ、隣の席との間が狭く、隣が気になって勉強に集中できないこともありました。 良いところや要望 前期のテストの結果で、クラス分けがある制度が良いと思います。 また、クラス担任がひとりひとりと程よい距離でサポートしてくれるので、精神的にも助かりました。 その他 席が、席替えのある固定席であったのが良かったと思います。 周りの人が変わるので、席替えで、顔見知りになれます。 浪人生 授業形式• 集団指導• 個別指導• 家庭教師• 通信教育・ネット学習 特別コース• 中学受験• 高校受験• 大学受験• 公立中高一貫校• 医学部受験• 子供英語• 映像授業• 自立型学習• 理科実験• プログラミング・ロボット 校舎からのメッセージ 市谷校舎は、駿台の中でも唯一無二の医学部専門校舎として過去40年近くにわたり、圧倒的な合格実績を積み重ねてきました。 授業や入試情報などが医学部に特化していることはもちろんですが、合格を勝ち取るために必要な学力を養うためには正しい勉強を行うことが最も重要です。 それは、単に受験を乗り切るためのテクニックに終始せず、医師として働く際にも生きるであろう自ら学ぶ姿勢を身に付けてもらうことです。 市谷校舎の指導力と情報力、医学部志望者の情熱が交わる時、医師への道が開かれます。 講師・スタッフ一同、皆さんの医師への第一歩を全力で応援いたします。 ご来校をお待ちしております。 体験授業• 駅近く• 完全マンツーマン指導• 送迎あり• オリジナルテキスト• 自習室完備.

次の