スピーダー エボリューション 5 569。 フジクラの新シャフト、「スピーダー エボリューションV」を早速打ってみた!

超私的な試打インプレ スピーダー569エボリューションⅥ

スピーダー エボリューション 5 569

インパクトを最大化することで、ボールの初速と加速感を最大化。 フジクラシャフトの高い技術力の代名詞「メタルコンポジットテクノロジー」をエボリューション2、エボリューション3、エボリューション4に続いて今作でも採用。 安定感の高いしなり戻りを継承。 アウターバイアステクノロジー。 従来のシャフト設計では内側に積層するとされていたバイアス層を中間に積層する新技術。 ストレート層とサンドイッチ構造により、「ねじれ」と「しなり戻り」が一体化。 シャフトの動きにムダをなくすことに成功し、一体感を向上。 インパクトを最大化することで、ボールの初速と加速感を最大化。 フジクラシャフトの高い技術力の代名詞「メタルコンポジットテクノロジー」をエボリューション2、エボリューション3、エボリューション4に続いて今作でも採用。 安定感の高いしなり戻りを継承。 アウターバイアステクノロジー。 従来のシャフト設計では内側に積層するとされていたバイアス層を中間に積層する新技術。 ストレート層とサンドイッチ構造により、「ねじれ」と「しなり戻り」が一体化。 シャフトの動きにムダをなくすことに成功し、一体感を向上。 大満足 今まで、ドライバをヘッド:ロイヤルコレクションSuperCV S. D Loft 10. 今回ヘッドはXXIO FORGEDをヤフオクで購入し、シャフトをフジクラEVOLUTION 5 569 SRで挿してもらい昨日、 実際に使って見ました。 飛距離は今までより20ヤードは飛ぶようになり、また曲がりは一切なくなり、ねらったラインに 素直にボールが出てくれるようになりました。 大満足です。 現在もう1本ドライバを来年スペアで作ろうと検討中です。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の

スピーダー エボリューション 5/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

スピーダー エボリューション 5 569

お盆中でも生配信やります!!!マーク金井ここだけの話 全米プロゴルフ選手権の話題になるかと思いますよ(8月13日21時配信) とは言え、マーク金井が喋りたいことを喋ったら、またまたリクエスト特集かもしれませんね。 お盆中ですが観てみて下さい 世間はお盆休みに入りました。 おかげで自宅から都心に向かう道路は空いてますし、神田は無人街と化しています。 も8月16日まで夏休みをいただいてますが、は毎日がお盆休みのような日々を過ごしているので、いつも通り神田におります。 そして、いつもと変らずではコソ連、メディアの撮影、YouTube生放送 そしてクラブ、シャフトを試打しております。 8月に入ってはの、がスタジオに届き、コース、そしてスタジオでテストを繰り返しています。 Mグローレはカチャカチャ式(シャフト脱着式)ではないので、純正シャフトでテストし、とは、M1やM3でテスト中。 シャフトはどちらも50g台のSで、長さは45. 5インチに統一してます。 はになって5代目。 というシャフトを最初に打ったのは757で、今から20年以上の前のこと。 実際にテストしたをざっと上げると、757、569、660、661、652、693、白スピーダー、スピーダーエボ、、、、スピーダーTS、(白スピーダー、エボは474、569、661をそれぞれ打ってます)。 記憶から抜け落ちているモデルもあるかと思いますが、20種類以上のスピーダーをテストしています。 では、新しく登場したはどんな特性なのか? 超私的なことを言わせていただくならば、 究極の純正シャフト!!!!! 純正シャフトというのはいわゆる「つるし」の状態でクラブメーカーオリジナルシャフトのことですが、多くの純正シャフトはストライクゾーンを広げた特性をもちながらも、アフターマーケット用シャフトニ比べるとコストを抑えて作っています。 このフジクラの新製品、はストライクゾーンを広げた特性を持ちながらも、コストをしっかりかけて作られているのです。 すなはち、 はスピーダー史上、もっとも癖のないシャフト!!!! 癖がないというと面白みに欠けるという見方もできますが、癖があるとゴルファーによって向き不向きがハッキリ出ます。 例えば、は「叩けるスピーダー」。 先端剛性が高いので叩ける特性があり、叩いても左に行きづらく設計されています。 なので、叩きたくない人や、ボールを捕まえたい人にとっては、は相性が良いシャフトとは言えません。 の組上げスペックは45. 5インチ 307. 2g バランスD3. 5 振動数252cpmです。 (ヘッド重量は約200g) では、は癖がないからスピーダーらしくないかと言えば、そうではありません。 テストを何度も繰り返してますが、スピーダーらしさはちゃんと感じ取ることができます。 スピーダーの魅力は鋭いシャフトのしなり戻りにあり、それはヘッドスピードの向上、ボール初速の向上に貢献してくれます。 ボール初速が上がれば、上がった分だけキャリーが伸びます。 このに関しては、スイングしている時は「なんだこりゃ~」と驚かされるような加速感は味わえません(その分、タイミングが取りやすい)。 しかしながら、弾道計測するとヘッドスピードがちゃんと上がっており、それに呼応してボールスピード(初速)も0. 感覚としてはそれほど加速感がないのに、実際はスピーダーならではの鋭い加速感があるシャフトです。 もうひとつの特徴はタイミングの取りやすさ。 シャフトのしなり感は先中調子ですが、先端だけがピュッと動く感じではありません。 シャフトの中間部分から先端にかけて滑らかにしなります。 先端側もよりは軟らかいですが、一般的な先調子のシャフトほどは軟らかくはありません。 シャフトの挙動(しなって、しなり戻る)をつかみやすいので、切り返しのタイミング、インパクトのタイミングが取りやすく仕上がっています。 左へのミスを軽減したい人、叩けるシャフトを求める人ににとっては、は少し物足りなさを感じるかも知れませんが、そういう人は、「やで対応してますよ」というのがのスタンスでしょう。 ヘッドの性能を上手く引き出してくれるシャフトを求める人、タイミングが取りやすくて振り抜きを重視する人、そして癖のないシャフトで飛距離を伸したい人には、かなり満足度が高いシャフトに仕上がっています~。 いきなりスピーダーレボリューションと言い間違えています。

次の

藤倉コンポジット スピーダーエボリューション V 569

スピーダー エボリューション 5 569

マークさんの質問箱#5 ぜひご視聴ください、チャンネル登録も是非お願いします 土曜日は途中で寝てしまいましたが、日曜日は選手がホールアウトするまでテレビを観てました。 これまで日本人選手がメジャーの最終日に最終組でプレーした機会は何度かありましたが、3日目のバックナインを30(6アンダー)という好スコアを出した選手は一人もいません。 初海外ツアーで初メジャー、選手はこれで全米シニアプロ選手権に勝利しました。 も選手と同じく、初海外ツアーで初メジャー。 ピンの帽子を被ったスマイルシンデレラは、最終日もバックナインでバーディーを量産しのタイトルを見事に手に入れました。 最終18番のバーディーパットは約8m。 プレッシャーがかかるとパットはショートしやすくなるのですが、向こうの土手にドスンと当たる強いタッチでカップイン。 恐るべし20歳です。 今回のの優勝はまさにシンデレラストーリーですが、彼女のプレーを支えたのがピンのクラブです。 はドライバーからパターまですべてで、ボールがタイトリストのプロV1。 ドライバーはピンの最新モデルので、シャフトはまもなく発売されるフジクラの新製品、のSR。 長さは44. 75インチだそうです。 クラブ契約しているツアープロは数多く言いますが、すべての選手が14本とも同一メーカー、それも最新モデルを使っているわけではありません。 それを考えると、はまさにプロの中のプロ、契約選手の鑑(かがみ)です。 はセールスも好調ですが、これでますます売れ行きが伸びてくるでしょう。 の発売を心待ちしているゴルファーも多いかと思いますので、今回はの超私的な試打インプレッションをお届けします。 フジクラのスピーダーと言えば、インパクトゾーンでヘッドの加速感が鋭いシャフトとして認知され、またムチのような鋭いしなり戻りが味わえるシャフトというイメージがあります。 では、もそれを継承しているのかというと、これまでのスピーダーの中ではシャフトの加速感はやや控えめ。 シャフトが勝手に走るというタイプではなく、 しっかり叩ける!!!!! というのが最大の特徴。 シャフトの挙動が安定しており、特にシャフト先端側が歴代スピーダーの中では硬め。 これによりヘッドの入射角が安定するので、しっかり叩けるし、しっかり振り抜ける。 のドライバーショットはけれんみがなくいつも振り切っていますが、これはシャフトも少なからず貢献しているのではないかと超私的に思っています。 もうひとつの特徴が手元の程よいしなり感。 歴代スピーダーは手元剛性が高いシャフトが多いですのが、このは切り返した時、手元側がほどよくしなります。 手元調子のシャフトと比べたら手元のしなり量は控えめですが、手元側のしなり感がちゃんとあるシャフト。 この手元側のしなり感は、フジクラのランバックスXに相通じるなと思っていたら、にはランバックスと同じ材料を使っているとのことです。 シャフトが勝手に走るのではなく、自分のパワーをしっかり出し切り、しっかり振り切ることを誘導してくれる。 だからしっかり叩けるのです。 球筋的には程よい捕まりで、叩いた時には左へのミスが出づらい。 渋野選手はこの点が気に入っているのでしょう。 は重心距離が長く、そして重心が非常に深いドライバー。 シャフトの軸線と重心の位置のズレが大きいヘッドなので、シャフト先端側の強度が高いシャフトの方がヘッドの動きをコントロールしやすく、挙動も安定します。 G410プラスとの組み合わせは、物理的にも非常にマッチングが良いです~。 ご希望のライ角度がございましたら備考欄にご記入下さい。 mmウエッジと最高に相性がいいですよ(当たり前ですが!.

次の