通販 売上。 ネットショップ売上を伸ばす4つのリピート施策|EC・通販担当者必見

通販・EC売上ランキングまとめ【2018年夏版】300社合計7.1兆円、トップはAmazonで1.3兆円

通販 売上

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛によるアパレル企業の店舗販売への影響が鮮明になっている一方で、ネット通販は堅調に伸びている。 帝国データバンクが4月15日に発表したリリースによると、上場アパレル企業の3月度売上高は9割超の企業で既存店・全店ともに前年同月の月次売上高を下回った。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によるもので、影響が大きかった企業では月次売上高が4割以上減少している。 消費者の外出控えのほか、営業短縮、最終週の都知事による外出自粛要請などで臨時休業の対応をとったこと、訪日外国人観光客の減少などが背景にある。 集計対象23社のうち、2020年3月の月次売上高が既存店で前年同月を下回ったのは21社(構成比91. 3%)、上回ったのは2社(同8. 7%)。 全店においても前年同月を下回ったのは21社(同91. 3%)、上回ったのは2社(同8. 7%)だった。 上回ったのは西松屋チェーンとワークマンで、独自の特色を持った衣料品および衣料品以外の商品の取り扱いが業績に寄与した。 営業短縮、臨時休業の影響は大きい。 ファッション・アパレル業界専門の人材派遣・紹介のiDAでは、4月10日時点で派遣スタッフ6000人のうち、半数の約3000人が店舗閉鎖の影響を受けて休業。 4月16日に緊急事態宣言が全国に広がったことで今後、休業となるスタッフが増えることが想定されるとしている。 多くのアパレル企業でECは前年実績超え 一方、多くのアパレル企業で3月度のEC事業は伸びている。 ユナイテッドアローズの3月度における全店のネット通販売上高は前年同月比23. 8%増、既存店は同23. 9%増だった。 買い上げ客数は全店と既存店ともに同48. アダストリアは外出を控えた人の利用増によりEC販売が伸長、自社・他社販売ともに3月度EC売上は前年同月比10%超の増加となった。 ナルミヤ・インターナショナルの3月度EC売上高も同2桁増だった。 ワールドの3月度EC売上高は同12. 2月に続いて自社サイト中心に顧客流入の傾向が強まり堅調に推移したという。 レナウンの3月度におけるEC売上高は、店舗への動員策を自粛した一方、販促策を強化したため2ケタ増。 ジーンズメイトでは、NB(ナショナルブランド)のカットソーやバッグを中心に好調を維持し、3月度のEC売上高は前年実績を上回ったとしている。 一方、TSIホールディングスの3月度EC売上高は、全店で同0. TOKYO BASEの3月度EC売上高は全社で3. 実店舗の臨時休業に合わせて販促施策を行ったが、実店舗の売上未達分を補えなかったという。

次の

ジャンル別通販売上高ランキング 注目市場の通販の状況は?

通販 売上

そのように成長を遂げたこの1年間だが、昨年からの宅配便運賃の引き上げが通販業界を直撃。 成長を続ける通販市場にとって、課題となっている。 顧客から徴収する送料を値上げすることなどで対応する通販企業も増えているが、運賃コストの吸収に加え、今後、 安定的に宅配便で商品を届けられる手立てを整えることも通販企業に求められるようになっている。 売上高ランキング調査の上位60社を見ると、 増収は3分の2に当たる40社(減収11社、不明等9社)で、昨年より7社増加。 2桁増も2社増えた16社になっている。 トップとなったアマゾンジャパンも2桁増になった。 売上高は1兆33600億円で、2位以下を大きく引き離している。 2位は3000億円台のアスクルで、3位が今回3000億円台に達したミスミグループ本社が続く。 4位はジャパネットホールディングスがランクインし、今期は2期連続の2桁増で2000億円台を見込んでいる。 一方、1000億円台はジャパネットホールディングスを加え10社。 そして900億円台だったスタートトゥデイと800億円台のMonotaROが今期に1000億円台達成を見込んでいる。 昨年(2兆7826億円)と比べ9. この階層の企業はすべて例年と同様に1000億円以上の企業で占めている。 同階層は600~1000億円台の老舗の通販企業と成長著しいネット販売企業がランクインしており、うち3社が1000億円台の売上高になっている。 1000億円未満の企業で今期に1000億円台を見通す企業も見られる階層になっている。 各社とも取り扱い商材は多様だが、比較的安定した売上規模を維持するところが多いが、30位のオイシックス・ラ・大地はらでいっしゅぼーやとの経営統合を控えており、今期も大幅な増収で600億円台を見通している。

次の

店頭売上が大幅減のアパレル企業、消費者のネットシフトでECは堅調に推移[新型コロナの影響](ネットショップ担当者フォーラム)

通販 売上

そのように成長を遂げたこの1年間だが、昨年からの宅配便運賃の引き上げが通販業界を直撃。 成長を続ける通販市場にとって、課題となっている。 顧客から徴収する送料を値上げすることなどで対応する通販企業も増えているが、運賃コストの吸収に加え、今後、 安定的に宅配便で商品を届けられる手立てを整えることも通販企業に求められるようになっている。 売上高ランキング調査の上位60社を見ると、 増収は3分の2に当たる40社(減収11社、不明等9社)で、昨年より7社増加。 2桁増も2社増えた16社になっている。 トップとなったアマゾンジャパンも2桁増になった。 売上高は1兆33600億円で、2位以下を大きく引き離している。 2位は3000億円台のアスクルで、3位が今回3000億円台に達したミスミグループ本社が続く。 4位はジャパネットホールディングスがランクインし、今期は2期連続の2桁増で2000億円台を見込んでいる。 一方、1000億円台はジャパネットホールディングスを加え10社。 そして900億円台だったスタートトゥデイと800億円台のMonotaROが今期に1000億円台達成を見込んでいる。 昨年(2兆7826億円)と比べ9. この階層の企業はすべて例年と同様に1000億円以上の企業で占めている。 同階層は600~1000億円台の老舗の通販企業と成長著しいネット販売企業がランクインしており、うち3社が1000億円台の売上高になっている。 1000億円未満の企業で今期に1000億円台を見通す企業も見られる階層になっている。 各社とも取り扱い商材は多様だが、比較的安定した売上規模を維持するところが多いが、30位のオイシックス・ラ・大地はらでいっしゅぼーやとの経営統合を控えており、今期も大幅な増収で600億円台を見通している。

次の