副 鼻腔 炎 痛み 止め。 副鼻腔炎による頭痛の治し方!後頭部の痛みや吐き気をすぐに緩和する方法は?

長引く「慢性副鼻腔炎」に注意を

副 鼻腔 炎 痛み 止め

もくじ• 副鼻腔(びくう)炎とは 副鼻腔炎ってどんな病気? 副鼻腔とは、鼻腔(鼻の穴)にある空洞です。 この副鼻腔の粘膜にウイルスや細菌などが感染すると炎症が起こります。 その炎症が頭痛の原因です。 また、副鼻腔と鼻腔の通り道は狭いので、粘膜が炎症を起こして腫れると通り道はふさがってしまいます。 すると、副鼻腔の換気や分泌物の排せつができなくなり、膿(うみ)が副鼻腔にたまります。 この状態を「急性副鼻腔炎」と言い、三カ月以上続いた場合を「慢性副鼻腔炎」と言います。 どんな症状がでるの? 鼻の症状は、主に次のようになります。 鼻づまり• 膿性鼻水(黄色や緑色の鼻水)• 頰の痛み• おでこの痛み• 痰(たん)がからむ咳(せき)など 頭を下げると、頭やおでこなどの痛みが強くなることもあります。 とりわけ副鼻腔内に鼻水がたまると、頭や頬に痛みを感じることがあります。 どうやって診察されるの? 診察は、細い内視鏡を鼻の中に入れて観察する他、エックス線検査やCT検査も行います。 副鼻腔に影がみられたら慢性副鼻腔(びくう)炎と診断されます。 副鼻腔炎とちくのう症って違う病気? 副鼻腔炎とちくのう症は同じ病気です。 以前は膿のような鼻水がでることから「蓄膿(ちくのう)症」と呼ばれていましたが、現在は「副鼻腔(びくう)炎」の病名が使われています。 ちなみに、蓄膿症は医学用語ではありません。 どんなお薬が処方されるの? 抗菌薬(細菌の発育を阻止する物質)、消炎薬、痰や鼻水を出しやすくするお薬などが処方されます。 ただし、抗菌薬は軽い副鼻腔炎にはあまり効果が期待できません。 抗菌薬 ペニシリン系の抗生物質「ワイドシリン」「サワシリン」などが処方されます。 これらが効かない場合や症状がひどい場合はセフェム系の「メイアクト」「フロモックス」が処方されます。 他にマクロライド系の「クラリシッド」「ジスロマック」などがあります。 消炎薬 粘膜の炎症を抑えるスプレー式の点鼻薬「フェニレフリン」「オキシメタゾリン」などがあります。 痰(たん)や鼻水を出しやすくするお薬 「カルボシステイン」「アンブロキソール」などがあります。 まとめ 副鼻腔(びくう)炎は放っておくと悪化してしまいます。 頭痛、鼻詰まりなどが長く続くと不快感も続き、生活の質が低下します。 嗅覚障害が起こることもあります。 頭痛には他の病気が隠れているかもしれません。 気になる症状があったら、早めの受診をぜひおすすめします。

次の

体のだるさは「急性副鼻腔炎」が原因かも?

副 鼻腔 炎 痛み 止め

副鼻腔炎による頭痛の治し方 副鼻腔炎による頭痛の治し方は、以下をご覧下さい。 市販の鎮痛剤を飲む• 体を温める など2つがあります。 それぞれ具体的に、説明します。 市販薬の鎮痛剤による治し方 副鼻腔炎からくる頭痛の症状は、 副鼻腔炎を治す方法しかありません。 そのためには、 病院を受診しお医者さんに診察してもらうのが1番です。 しかし、仕事などで中々病院に行けないことも多々ありますよね? そういうときは、 応急処置として鎮痛剤を飲むと治ったりします。 特に、 オススメの頭痛用鎮痛剤は、葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒です。 更に、 鎮痛剤でよく言われる副作用とする「眠気」も出ません。 なので、安心して服用できます。 ちなみに、鎮痛剤の種類によっては、 副鼻腔炎の症状を悪化させる場合もまれにあります。 そうなると、喘息や呼吸困難になる可能性もあります。 なので、「少し様子がおかしいな…」と思った時は、市販の鎮痛剤を中止し、病院へ行きましょう。 スポンサーリンク 体を温める治し方 体が冷えてしまうと、副鼻腔内に溜まっている膿が出にくくなります。 そのため、副鼻腔炎が長期にわたって続き頭痛の症状が出てきます。 そうならないためにも、 体をしっかりと温めておきましょう。 室内にいる時は、部屋の温度をいつもより少し高めにしておきましょう。 外出時は、重ね着をしたりして体を冷やさないようにしましょうね。 また、 温かいタオルを鼻の周りに置く鼻カイロもおすすめです。 生姜湯に浸したタオルを使用すると、血の流れが良くなるためさらに効果的です。 食事や飲み物も体を冷やす働きのあるものは避けて、温まるものを選びましょう。 後頭部の痛みや吐き気をすぐに緩和する方法 後頭部の痛みや吐き気をすぐに緩和する方法は、以下をご覧下さい。 首や体を温める方法• 暗くて静かな場所で休む• ツボを押す などです。 それぞれ具体的に、説明します。 スポンサーリンク 三叉神経の刺激症状からの頭痛 三叉神経とは、脳にある12個の神経のうちの1つです。 顔の感覚(痛覚・触覚など)を脳に伝える働きをしています。 副鼻腔炎になると、この「三叉神経」という神経を刺激してしまいます。 それにより 、頬や眉間、額に痛みを感じてしまいます。 また、他の症状では頭全体が痛くなったり後頭部だけが痛くなったりします。 副鼻腔炎ではない場合の頭痛 副鼻腔炎ではない場合、アレルギー性鼻炎により頭痛の症状が出ることもあります。 アレルギーの元であるアレルゲンが、鼻の粘膜に着くことによりアレルギー症状が出ます。 それにより、鼻の粘膜が腫れてしまうことがあるのです。 鼻の粘膜が腫れてしまうと、副鼻腔への入り口付近で炎症が起き、空気の通りが悪くなります。 その結果、副鼻腔内で換気できなくなるため圧力に差ができてしまい頭痛の症状が出てきたりします。 スポンサーリンク その他の病気が原因で起こる頭痛 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎以外にも、頭痛の症状が出る病気はたくさんあります。 特に、上咽頭癌には注意が必要です。 上咽頭癌は、 鼻や喉につながるつなぎ目の部分にガンができる病気です。 初めのうちは、症状などもあまりみられません。 しかし、進行してくると頭蓋底という部分に入り込み、頭痛の症状が出たりします。 そのため、 頭痛の症状がある場合は自分本位に副鼻腔炎だからだと決めつけず病院に行きお医 者さんに診てもらいましょう。 副鼻腔炎からの頭痛まとめ• 副鼻腔炎による頭痛の治し方は、 市販の鎮痛剤を飲む方法や体を温める方法など!• 後頭部の痛みや吐き気をすぐに緩和する方法は、 体を温める方法と暗い場所で休む方法、ツボ押しなど! 副鼻腔炎からの頭痛の2つの治し方で特に大事なのは、早めに病院などの耳鼻科へ行くことが分かりました。 そして、中々病院に行けない場合は、体を温めたり、暗い場所で安静にされたり、ツボ押しをしたりすることが大切です。 今後も健康に関する有力情報を配信していきます。 カテゴリー•

次の

副鼻腔炎の症状をチェック!頭痛や発熱は?歯痛や咳など症状まとめ!

副 鼻腔 炎 痛み 止め

副鼻腔炎の症状としてよくあるのが鼻づまりです。 息がしにくくなり集中力が落ちます。 他にも 副鼻腔炎になると頭痛がしたり咳がでることもあります。 副鼻腔炎になると咳が出る原因は以下の通りです。 副鼻腔炎が起こると、膿がたまります。 大量の膿は喉に落ちます。 膿はドロドロで臭い液体です。 サラサラの無味無臭の液体ではありません。 だから膿が喉に当たると、刺激で反射的に咳が出るのです。 したがって副鼻腔炎が原因で出る咳は 風邪のように喉に炎症が起きて発生しているのではありません 副鼻腔で発生する膿の刺激で起きているのです。 そのため風邪薬で使われているような咳止めのお薬はまったく効果がありません。 咳が起きる原因が違うからです。 副鼻腔炎による咳を止めるには副鼻腔炎の治療薬を飲むことです。 お薬を飲んで副鼻腔炎が治れば 膿が喉に落ちることがなくなり咳の症状がなくなります。 ばい菌が原因で副鼻腔炎が起きているなら抗生物質 アレルギーが原因なら抗アレルギー剤です。 あと、膿や痰などの物質を除去するにはムコダインというお薬も大事です。 ムコダインは膿や痰を外に出す作用があります。 膿や痰を除去すれば、喉にこれらの物質が接触する可能性が減り 咳の症状が出なくなります。 ムコダインに関する詳細はこちらの記事をご覧ください。

次の