シャドウバース 攻略。 シャドウバース(シャドバ)攻略Wiki

Ratings for シャドウバース

シャドウバース 攻略

詳しくはこちら• 8月アップデート新情報!• メインストーリー 新章追加• 2Pick実装• ミッション 累計BP報酬• カードスリーブ/リーダースキン• リーダースキンは全クラスに追加! New! 後攻時初手ドローが2枚に• 一部カード性能の調整 詳しくはこちら• JCGの大会種目に採用。 追加開催決定。 大会は『Shadowverse』初の公認大会として、オンラインを介して行われる。 7月24日にテスト大会が行われ、64名の募集に数百もの応募があった。 それ受けてかテスト大会なのにvol. 2の開催が決定。 vol. 2は7月30日開催。 応募締め切りは7月27日18時。 8月6日からは定期的に大会を実施していくとのこと。 非公認の大会も活発に行われている為、気になる人は下記ページをチェック!• 更新情報• のページを更新• を更新• 対ヴァンパイアに関しての記述を追加• を更新• のレシピを公開• 上記デッキのの作成 ひとまずビショップのみで順次更新とのこと• おすすめデッキページをクラス毎に一新 おすすめのページ• おすすめデッキ一覧• 初心者向けガイド• ゲームガイド• カード一覧• クラス別カード一覧• 能力別カード一覧• 収録パック別カード一覧• クラス紹介• 攻略 メインストーリー• ミッション• 掲示板• リリース前情報• 外部リンク 公式関連• 攻略ブログ• ニコニコミュニティ• Twitter• (ちょもす氏)• (ミズシナ氏)• (当wikiTwitter) Wiki編集に困ったら•

次の

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドウバース 攻略

基本的なカードの選び方 2Pickでビショップデッキを作る場合、 フォロワーとスペルを中心にピックしていくのがおすすめ。 アミュレット主体のカウントビショップデッキは、カウントを進めるカードとアミュレットの両方がそろわないと使いづらく、 アグロタイプのデッキに弱いためアリーナにはあまり向いていないといえるだろう。 とはいえ、アミュレットを避け続けるのは難しいので、その中でも使いやすいアミュレットを覚えておいて、デッキのバランスが悪くならないようにカードを選ぼう。 各レアリティの最強カードはこれだ! ここでは、Game Deets編集部が選んだ、各レアリティの最強カードを紹介していく。 使い方をしっかりと覚えて、ほかのカードとうまく組み合わせてみよう。 【レジェンド】ムーンアルミラージ その他のおすすめカード• 教会の護り手:序盤の守りが格段にパワーアップする。 アグロタイプのデッキは、このカードを出されるだけで序盤に手を出せなくなることもよくある。 クレリックランサー:中盤の守りはクレリックランサーにおまかせ。 攻撃能力はほとんどないが、相手はかなり攻めづらくなる。 時間を稼いで後続につなげよう。 守護の陽光:ビショップ最強と名高い「陽光サタン」のキーカード。 サタンがなくても非常に便利で、終盤の守りが圧倒的に強くなる。 詠唱:二対の炎:コスト4のフォロワー2体を、コスト5で召喚できてしまう。 通常よりも除去されにくいアリーナで真価を発揮するカードだ。 死の宣告:どんなに強い相手でも確実に2体倒せる。 先手を取って置いておけば、相手にかなりプレッシャーをかけることができる。 【ブロンズ】漆黒の法典 その他のおすすめカード• アーデントシスター:相手のターンに攻撃力が上がるので、有利なトレードをされにくい。 ロイヤルが得意なフェンサーからの流れでも盤面を取られにくい。 マイニュ:平均的なステータスに加えて、単体が対象のスペルなどを回避できる。 特に、ウィッチ戦ではこの能力が非常に便利で、効率的にダメージを与えられる。 ダークプリースト:相手のターンに「必殺」をもつ。 ガーディアンシスター:相手のターンに攻撃力が5になるため、有名な4コストフォロワーの進化に対して相打ちにもっていける。 破邪の光:敵の強さに関係なく消滅させられる。 モルディカイなどの強力なラストワード持ちを完全に無効化できるので、状況によっては温存したい。 詠唱:清浄の狐:1ターンでガーディアンフォックスを召喚できるので、中盤の守りに便利なカード。 アミュレットの中では格段に使いやすい。 詠唱:天馬召喚:出せるカードが少ないビショップの1コストの中では、特におすすめ。 1ターン目に置ければ、中盤で有利な展開にもっていきやすい。 人気がないカードの使い方を伝授! カードをピックしていると、どうしても普段はあまり使われないカードがデッキに入ってきてしまう。 そんなときのために、人気がないカードの使い方もしっかりチェックしておこう。 デッキのアミュレット集めが難しい:祈りの集約 フォロワーを守護持ちにするスペル。 一応ステータスもアップするのだが、コスト3を払ってまでほしい効果ではないというのが正直なところ。 「守護の陽光」と役割は同じになってしまうが、中盤以降に召喚した強力なフォロワーに守護を持たせるために使うのがおすすめだ。 ほかに出すカードがないからといって、序盤で適当に使ってしまわないようにしよう。 全カードの評価一覧 上で紹介できなかったものも含めて、ビショップの全カードの評価を一覧にしてみた。 通常のバトルでの評価とは異なるところもあるので、2Pickをプレイする前に覚えておこう。 除去されなければ強い! ジャンヌダルク A 状況によっては、全体ダメージで一気に形勢逆転。 スカルフェイン B アミュレットが多ければ採用もあり。 1枚はデッキにほしい。 光輝ドラゴン A 除去スペルを使わせてから召喚すれば無双できることも。 詠唱:夢想の白兎 A 守護持ちが出てくるので、置いておけば便利。 ダークオファリング B 効果自体は強いが、使うタイミングには注意。 詠唱:神域の守護者 B ピンチになるほど強くなる。 対アグロに便利。 アークビショップ・レリア C 専用デッキにしないとあまり活躍できない。 愛の福音 C 回復でしのいでも、そのまま押し切られることが多い。 詠唱:天喰らう聖竜 C カウントの重さ(5)がネック。 カウントを進めるカードがほしい。 祈りの集約 C アミュレットが多めのデッキなら活躍できるかも可能性はある。 進化最有力候補。 教会の護り手 A 序盤の守備はお任せ。 攻撃力が低いフォロワーは何もできない。 シュラインナイトメイデン A 味方全体が能力の対象にされなくなる。 タイミングが重要。 クレリックランサー A 中盤の守備はお任せ。 有利な盤面を取りやすい。 詠唱:二対の炎 A コスト5でトラが2体は強力。 カウントダウンも早めで使いやすい。 守護の陽光 A とりあえず置いておけば終盤の守りが強力になる。 詠唱:死の宣告 A どんなに強い相手でも2体倒せる。 相手へのけん制にもなる。 序盤で有利な展開を作りやすい。 プリズムプリースト B アミュレットの種類が少ないほど、狙い撃ちがしやすくなる。 詠唱:聖獅子の牙 B カウントダウンは長いが、守護持ちが出てくるので活躍させやすい。 ホワイトナイト C フォロワー全回復は、活躍できる状況が意外と少ない。 ホーリーメイジ C アリーナでは、アミュレットによる強化がしづらい。 高位プリースト C アミュレットを並べるよりも、フォロワーを並べたいところ。 レディアントシャーマン D 進化前提の能力だが、進化は使いたくない。 信託の貴族 D リーダーに攻撃できないデメリットが厳しすぎる。 残忍な修道女 D アミュレットを進めるのに進化を使うのは効率が悪い。 複数枚デッキに入れたい。 アーデントシスター A 相手に先行を取られた場合でも、有利なトレードをされにくい。 大修道女 A 回復5はかなり便利。 ステータスは低いが、ピンチに強い。 ダークプリースト A 必殺があるので、相手に有利なトレードをされることがない。 マイニュ A 対ウィッチ最終兵器。 これがあるかないかでかなり変わる。 ガーディアンシスター A 先行でPP4の時に置ければ、相手の進化で盤面を返されにくい。 破邪の光 A 1枚入れておくと便利。 強力なラストワードも防げる。 詠唱:清浄の狐 A カウントが早く、体力5の守護持ちで守りもバッチリ。 詠唱:聖獣への誓い A よく使われるアミュレット。 カウントが早く使いやすい。 詠唱:聖なる願い A 手札不足を解消できる。 コスト1なので、どのタイミングでも出しやすい。 スネークプリースト B 序盤の壁役に最適。 とりあえず入れておいても問題ない。 ディバインアーマー B 使いやすいが、シュラインナイトメイデンのほうがいい。 ラビットヒーラー B 本体は弱いが、回復2は意外と便利な場面が多い。 見習いシスター B アミュレットが出ている状況なら非常に便利。 気高き教理 B アミュレットをある程度使うなら、ぜひ入れておきたい。 詠唱:異端審問 B なかなか強いが、対象がランダムなので確実性に欠ける。 詠唱:白竜降臨 B カウントを進めるカードがあれば使いやすくなる。 詠唱:神鳥の呼び笛 B 疾走持ちなので比較的使いやすい。 ステータスは低め。 詠唱:天馬召喚 B 1ターン目に置ければ、中盤で有利な展開にもっていきやすい。 マスクジャイアント C 大型の守護持ち。 コストが高すぎる。 ヒールプリースト C 回復量は1とかなり少ない。 活躍できる状況はあまりない。 敬虔な修道女 C レリアや守護の陽光と合わせてなら使える。 守護の力 C 使ってもなかなか有利な展開にもっていけない。 治癒の祈り C 気高き教理や見習いシスターのほうがいい。 詠唱:白翼への祈り C 体力が1なので低コストのフォロワーに倒されやすい C Cygames, Inc.

次の

過熱する『シャドウバース』有料攻略記事 「note」に限り認める方針へ

シャドウバース 攻略

今回、Shadowverseというスマートフォン向けアプリのカードゲームの前情報から感じたことは、やはりその手軽さです。 従来のカードゲームは自分がゲームで使用するカードや対戦相手、プレイを行う場所などの環境が揃わなければプレイが困難でした。 しかし、スマートフォンでプレイできるこのゲームは、ネットワーク上に前述の要素を配置することで、 いつでもどこでもプレイできる手軽さを獲得しています。 更に、 電子端末を使用するのでカード一枚一枚に音声を付けたり、それぞれ異なった演出を付加することも期待できます。 このゲームの 機能として期待することはマッチング機能についてです。 対戦形式が主にオンライン対戦であることが予想されるので、オンライン対戦時にランクのステータスを加え、より自分のランクと近いプレイヤー同士を対戦させることができれば、 それぞれのプレイヤーがギリギリのバトルを楽しめるような、良いプレイ環境が生まれると思われます。 美麗カードを操り敵を倒す爽快なカードゲーム 進撃のバハムートの美麗カードを余すところなく使ったこの「Shadowverse」は 単に美しいというだけでなく、カードバトルゲームとしても爽快感がありそうでとても楽しみにしています。 カードゲームといえばデッキを組み立ててそのモンスターで敵を倒していくという単純なローディングだけだったのですが、この「Shadowverse」はそこに 派手なエフェクトを盛り込み、アクションゲームのような戦闘をカードゲームで体感できるようにしてくれております。 プレイは一人だけなのですが オンラインで他のプレイヤーと対戦したり、カードのトレードなんかも可能になればその面白さ、楽しさは無限に広がると思いますし、出来たら追加してほしい要素です。 進化するという育成要素もあるカードゲームというのも新鮮で、その要素によりデッキの組み合わせも色々考えられそうなのが実に面白い。 スマホゲームは、カードゲームはここまで進化したのか。 と驚くPVを見つつ、期待したいです。 ついにやってくる日本産本格TCGゲーム! Shadowverseがいよいよ始まりそうです。 TCGカードゲームが好きな身としては期待せざるを得ません。 過去に遊戯王をプレイしていて現在ハースストーンをやっている私ですがShadowverseももちろんプレイします! カードゲームはさくっと遊べますし、 デジタルTCGだとなにより対戦相手に困らないっていうのがいいですよね。 対戦時間も10分ほどのようなので空き時間にさくっと遊べそうです。 そしてShadowverseの魅力はやはり美麗なイラストでしょうか。 ハースストーンの洋ゲーチックな濃い絵柄もかっこいいのですが知り合いに勧めても絵柄が…といわれることが多かったので、その点 Shadowverseは日本人向けのイラストが多いので勧めやすいかなと思っています。 初期から400種類以上のカードが実装されるそうなのでカードを眺めているだけでも楽しめそうです。 現在テスト中なので正式サービス開始間近だと思います。 早く始まって欲しいですね! サイゲームスの新アプリ「シャドウバース」が最近気になる。 サイゲームスから新しいTCGアプリがでるらしいですね。 別にそれだけだったらふーん……って感じなんだけど、なんと 「神撃のバハムート」のカードゲームらしいじゃないですかっ! バハムートファンとしてはかなり気になる! 全部バハのカードなんかな?気になる…え、1万種類…ヒャッホーイ! 相変わらず綺麗なイラストですね~。 進化もあるみたいですね、でも対戦中の進化で戦闘が終わったら戻っちゃうみたい。 コミカライズとWebラジもあるみたいだからそっちもチェックと。 バハもアニメ化したし、こっちもアニメ化して欲しい。 ああ、バハムート卒業したと思ったのに……嬉しいやら悲しいやら。 いや、嬉しいに決まってるじゃないか! クラスで遊び方が変わる!?新作カードゲームShadowverse Shadowverseは色々なクラスがあり、 それぞれのクラスで使えるカードが違っています。 それによりクラスで戦い方がまったく変わっています。 例えばエルフなどは小型のフェアリーを手札に加えるカードが多く数で押していく戦い方が主流になると思います。 ドラゴンクラスは文字通りドラゴンを使うクラスなのですがこちらはとにかく大型のドラゴンを召喚していくようになるでしょう。 このように クラスによって戦い方がまったく変わってくる、というのは面白いですよね。 強いデッキが1つだけ、というのはやはり寂しいものです。 各クラスバランスが取れて色々なデッキを見ることが出来ればとても楽しくなると思います。 ちなみに クラスはエルフ、ドラゴン、ロイヤル、ウィッチ、ヴァンパイア、ビショップ、ネクロマンサーと豊富です。 春開始ということでもうまもなく始まるShadowverse、事前登録もまだ受け付けていますので興味を持った方はぜひ事前登録をしておいてくださいね。 あなたの自慢のデッキを当サイトで記事にてご紹介!デッキ投稿フォームからどしどしご応募下さい!• パック別カード一覧• 第1弾 スタンダード• ガチャシミュレーター• 構築済みデッキ一覧• 最新情報• おすすめツール• 戦歴記録ツール第1号として登場してから現在も絶えず進化しているブラウザツール! 登録されている戦歴データをなんと毎日更新で過去3日間の統計データを見ることが出来るので、よりリアルタイムに近い状態で環境調査が可能に!• 戦歴を記録できるブラウザツールで、カラフルで見易いグラフ化されたデータや、毎週行われるクラスごとのリーダー・デッキの使用率などはかなり便利!• シャドウバースをプレイしながら画面の端に戦歴記録アプリを常駐させることが出来るという超便利アプリ! Android限定ですが、いちいちタスクでブラウザを起動しなくてもワンタッチで自分のリーダー・デッキ、相手のリーダー・デッキ、先攻後攻、勝敗を記録出来ます!.

次の