テスラ スーパー チャージャー。 テスラ スーパーチャージャーV3が発表、250kW・5分間で120km走行可能に

アングル:米テスラ、EVトラック向け充電施設で顧客と提携

テスラ スーパー チャージャー

電気自動車のイノベーターであるテスラモーターズ。 彼らは、2014年7月10日の公式ブログにおいて、北米のテスラ独自の充電施設「スーパーチャージステーション」が100か所に達したことを公表した。 電気自動車の充電は、自宅で行うのが基本になる。 スマートフォンの充電をイメージすればいいだろう。 しかし、外出先で追加の充電が必要になるときもある。 そうした充電ステーションの存在が、電気自動車の普及には不可欠なものだ。 しかし、テスラのように自前の充電網を構築しようというケースはマレだ。 日本は、チャデモという方式を、自動車メーカーや充電器メーカーなどが共同で普及している。 欧米の自動車メーカーは、日本とは異なるコンボ方式を推進。 そして充電方式を巡って、欧米ではチャデモVSコンボという図式で、普及を競っている状況なのだ。 ちなみに、北米におけるチャデモの設置数は(2014年7月2日時点)もある。 そうした世界中の巨大な自動車メーカーが戦う充電器のフォーマット争いにテスラモーターズは「スーパーチャージステーション」を持って孤独な戦いを挑んでいるのだ。 スーパーチャージステーションとは テスラモーターズの「スーパーチャージステーション」は、スタイリッシュな外観だけでなく、大きな出力性能が備わっている。 なんと、その最大出力は120kW。 日本のチャデモに限らず、欧米のコンボも、その急速充電器の出力は10~50kW程度が中心だ。 つまり、テスラの急速充電「スーパーチャージステーション」は、その何倍もの出力がある。 なぜ、このような強力な急速充電器が必要かといえば、それはテスラのクルマのコンセプトに理由がある。 テスラの主力モデルである「モデルS」が搭載するバッテリーは、60kWh(もしくは85kWh)もある。 日産のリーフが24kWhであり、旧来の自動車メーカーがリリースする電気自動車の多くは、リーフ同様の電池しか搭載していない。 つまり、テスラの電気自動車は、他メーカーよりもバッテリーをたくさん積んでいる。 テスラの電気自動車に必要なこと それが何を意味するのか?というと、バッテリー容量が大きいだけ充電にも時間が長く必要ということ。 つまり、他メーカーと同じ急速充電器を使っていると、テスラ車は、バッテリーが大きい分、他よりも充電に時間がかかってしまうのだ。 それを解決する方法が「スーパーチャージステーション」だったのだ。 出力が大きければ、それだけ短い時間で急速充電が可能となる。 テスラの公式リリースによると「20分で半分以上充電できる」「40分で80%」となる。 20分で半分ならば、チャデモを利用した日産リーフと、それほど変わらない。 また、大きなバッテリーを搭載するだけテスラの電気自動車の一充填あたりの航続距離は長い(モデルSで約500km)。 行動範囲が広い分、急速充電ステーションの数が少なくてもなんとかなる。 1社のみで急速充電ステーション網を構築しようというのは、どう見ても困難なチャレンジだ。 しかし、テスラモーターズであれば、なぜか奇跡を起こしてしまいそうに思えてしまう。 電気自動車のイノベーターの動向は、やはり目が離せない! *参考:.

次の

テスラ、新急速充電「V3スーパーチャージング」発表…充電時間を約15分に短縮

テスラ スーパー チャージャー

スーパーチャージャーの超過料金に注意! テスラは充電が完了してもスーパーチャージャー 以降SC から車両を移動しない悪質オーナーを無くすべく、 「SCの超過料金制度」を導入しています。 この超過料金ですが、充電完了から5分を経過すると SCの状態 SCが半分以上利用している時 SCが満車の時 1分あたり 55円 110円 上記の超過料金が発生します。 この超過料金は制限無く加算されていき、あっという間に高額の請求となるので注意が必要です。 SCがガラガラで半分以上空いている状態なら超過料金は発生しません。 だからと言っても 充電が完了したら迅速に車両を移動するのがマナーとなります。 丸の内スーパーチャージャー(パレスホテル東京)と六本木スーパーチャージャー(グランドハイアット東京)は、この超過料金制度の対象外です。 また、デスティネーションチャージャーも対象外です。 SCのストールの多くは 「テスラ専用」もあり、これをうまく利用してSCのストールを駐車場代わりに利用する悪質オーナーもいます。 充電しないのにストールを占拠するのは大変迷惑な行為です。 充電したい方が充電できないばかりか、充電渋滞を招く可能性があります。 絶対にやってはいけません。 車両によってはドアのロックがかかっていても充電口の開くものがあります。 充電せず駐車している悪質オーナーがいたら充電プラグを挿してやりましょう!SCの利用料金or超過料金が発生するし、充電スタートの通知がオーナーのスマホに送信されオーナーが慌てて戻ってくるはずです。 ダメな場合は施設側に呼び出してもらい、車両の移動を促しましょう。 超過料金を発生させてしまった場合 うっかり超過料金を発生させてしまった場合は、テスラアカウントに登録しているクレジットカードより自動で引き落としされます。 もちろん引き落とし額の明細は通知されます。 もしクレジットカードを登録していない場合は引き落としができないので、テスラから「引き落とし不可」の通知や連絡が来ます。 この連絡を無視するとテスラ側が車両にロックをかけ、SCが利用できなくなります。 ご注意ください。 そもそもSC利用料金の引き落としは登録しているクレジットカードから自動引き落としなので、SC無料特典がある方は要注意です。 充電制限の延長 です。 SCの超過料金は充電完了の5分後から発生します。 SCを利用するほとんどの方がバッテリー保護意識から80~90%あたりで充電が止まるよう制限をかけています。 80%に充電制限して充電が完了した場合、5分後には超過料金が発生します。 「トイレや食事中ですぐクルマに戻れない!」• 「少し遠くにいるため車に戻るのに時間がかかる!」 こんな時はスマホのテスラアプリから充電制限の延長ができます。 延長すれば充電完了までの時間を稼ぐことができるので超過料金を免れることができます。 ですが超過料金は発生するようなときはSCが混雑している状態なので、 移動可能な充電量まで完了したら速やかに移動しましょう! SC利用のモラルとマナー SCはテスラオーナー全員の公共設備です。 自分も後の人も気持ちよく利用するために以下のことに注意しましょう。 SCを駐車場代わりに利用しない• 混雑時は充電が完了したら速やかに移動• 充電完了後はしっかり充電プラグを所定の位置に戻す• 充電プラグやコードを雑に扱わない• ゴミを放置しない• 他の人が充電中にプラグを抜いたり、充電をキャンセルするような行為をしない• 裏ワザの多用に注意! テスラアプリからリアルタイムのSC利用状況を見ることもできます。 混雑時は速めに充電を切り上げて次の方に譲る気持ちも大切です。 まとめ SCは充電が速くて大変便利です。 食事休憩を兼ねてSC充電するとほとんどの場合が食事休憩より速く充電が終わります。 いつでも移動できる心構えが大切です。 充電が速すぎて満足に休憩できないなんてことも。 笑 都心部などはSCの混雑も多いので、特に注意が必要です。 マナーの悪さでSNSに晒されないように。 私はしませんよ!• こんにちは!元EVアンチのEV乗り「トシ」です。 EVに乗る前は、バリバリ国産スポーツカーを乗り継いできましたが、ちょっとしたきっかけでEVに興味を持ち、EVが大好きになってしまいました。 youtube. 2019. 21 こんにちは!トシです。 2019年7月現在スーパーチャージャー 以降SC は全国各地に21か所設置されています。 東は岩手県盛岡市、西は福岡県糟屋郡と2[…]• 2019. 09 スポーツカーの大御所であるポルシェからEVの「タイカン」が発表されて、ニュルブルクリンクの走行映像も公開されました。 EVであるタイカンのニュル走行は[…]• 2019. 13 テスラが新しいステアリング機構について特許を出願しました! 今回はこの特許について詳しくご紹介します。 目次 1. 今までのステアリング機構2. つい[…].

次の

テスラ モデル3をスーパーチャージャーで充電すると料金はいくら? │ Emotionブログ

テスラ スーパー チャージャー

新興EVメーカーのテスラが、同社史上最もコンパクトでリーズナブルなEVとして発表したモデル3。 そのモデル3が2018年11月8日、日本で初めて公開された。 はたして、どんなクルマなのか? 価格は? 納期は? さっそく、テスラモデル3に迫ってみよう! 文/ベストカーWeb編集部 写真/ベストカーWeb編集部、テスラモーターズ テスラモーターズジャパンは2018年11月8日、テスラ史上最もコンパクトでリーズナブルなモデル3をテスラ・ラゾーナ川崎プラザ(神奈川県川崎市)において日本で初めて公開した。 実は、このテスラモデル3が発表されたのは2016年3月31日、日本でも同日から予約受注が開始されたが、2年あまりの時を経て、ようやく日本での初お披露目となった。 ホイールベースは2875mm。 エクステリアデザインはモデルSの縮小版といったイメージだが、ハッチバックのモデルSに対し、モデル3は独立したトランクを持つ4ドアセダンだ。 テスラの特徴ともなっているエンジンがないため、冷却に必要なエアインテークが一切ないフロント回りのデザインやCd値0. 23の空力ボディ、欧州セダンのトレンドとなっている伸びやかな6ライトのボディ形状など、テスラならではの他メーカーのクルマにない個性的なスタイリングが特徴。 実際に間近で見ると完成度が高く、クオリティはなかなかのものだった。 ちなみにフロントのナンバープレートはフロントバンパー中央に配置されるとのこと。 3秒で4輪駆動のモデルをパフォーマンスバッテリーと名付けている。 6km/h。 日本での価格は、為替相場の変動によって変わるため、発表されたアメリカ仕様の価格は参考値。 納車時期の為替レートでの価格、輸送コストおよび諸経費がかかる。 モデルSの場合、アメリカでの価格に100万円ほど上乗せした価格になるという。 日産のEV、リーフと比較してみるとどうなるか? リーフの価格は315万360〜403万2720円。 バッテリー容量は40kWhで、航続距離は400km。 気になるモデル3のCEV補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)だが、まだ認証を取っていない段階のため、正式な補助金額はまだわからないが、モデルS、モデルXともに全グレード40万円だから、同額になるのではないかと思われる。 ちなみにリーフも全グレード40万円だ。 フロントボンネット下にトランクがある。 さて、2018年11月にモデル3の予約を入れた場合、納車はいつになるのか? このモデル3の予約が始まったのは2016年3月31日と、2年半以上経っているため、相当数の受注を抱えていると思われる。 会場の担当者に聞いてみると「テスラでは受注台数を明らかにしていないため答えられません」とのことだったが、かなりの数を受注しているらしい。 ただ納車が、アメリカ、カナダ、欧州、中国の後、右ハンドルの日本という順番になり、最初に予約したユーザーの納車が2019年後半というから、「今予約してもいつになるのか答えられません」と困惑気味だった。 ちなみに正式に予約したい場合、15万円の予約金が必要になる。 正式に予約すると、ホームページで納車時期を逐一調べることができるようになる。 日本導入モデルは右ハンドル仕様となり、車両に対して4年5万マイルまでの、バッテリーに対して8年10万マイル(ロングレンジ/パフォーマンスは12万マイル)までの保証が付く。 現在、テスラの急速充電施設の「スーパーチャージャー」ネットワークが日本全国19カ所・合計90基があるが、モデルSは無料ではなく、充電には1分あたり42円が必要になる。 モデルSは30分の充電で270km走行可能だから、1充電あたりかかる費用は1200円という計算。 レギュラーガソリン1L150円として考えると8Lぶん払えば270km走れるのだから、充分リーズナブルといえるだろう。 そのほか自動運転レベル2を行う運転補助機能であるオートパイロットを標準装備。 プレゼンテーションでは実際に無人運転でモデル3が自ら駐車するシーンを動画で披露していたが、各国の法律に準じて徐々にアップしていくそうだ。 モデル3は2018年初めには日本での認可がおりて、公道を走れるようになるとのこと。 どんな走りをみせるのか、期待して待っていよう。 いや、そんなに長期間待っていられないという人はモデルSやモデルXがオススメ。 こちらの2台であれば、納車は3カ月程度で、在庫車があれば数週間で納車できるとのこと。

次の