フィナンシャルプランナー三級 教科書。 FP3級試験に独学合格した勉強方法まとめ

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 3級

フィナンシャルプランナー三級 教科書

1.ファイナンシャルプランナーってどんな資格? ファイナンシャルプランナーとは、節約から税金、投資、住宅ローン、 不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートのことです。 「ファイナンシャルプランナー」という資格名は聞いたことがあっても、「何かお金の勉強をするらしい……。 」というイメージで止まっている人も多いのではないでしょうか。 「お金」といっても、世の中で出回っているお金にはさまざまな形があります。 私たちのお財布の中にあるお金から銀行の預金、株式などの投資に回されるお金、国や地方公共団体が徴収する税金、企業が融資を受ける借入金など……。 ファイナンシャルプランナーは、これらの幅広いお金のうち、以下の6つの分野を扱います。 節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。 ライフプランニングと資金計画 2. 金融資産運用 3. タックスプランニング 4. リスク管理 5. 不動産 6. 相続・事業承継• ファイナンシャルプランナー(FP)になるには、必ずしも資格を持っていなくていけないというわけではありません。 しかし実際には、金融まわりの専門的な知識が求められることから、ファイナンシャルプランナーの資格を取得してから活動することが一般的です。 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格と一口で言っても、資格には2つの種類があります。 ひとつは国家資格である「FP技能士」、もうひとつは民間資格である「AFP,CFP」です。 「FP技能士」には3段階のレベルがあり、易しい順に3級、2級、1級に分かれています。 FP技能士の資格試験は日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体が実施しています。 一度合格した資格に有効期限はなく、更新の必要はありません。 「AFP、CFP」には2段階のレベルがあり、AFPの方が取得難易度は易しくなっています。 AFP、CFPの資格試験は日本FP協会が実施しています。 難易度は、AFPが2級FP技能士と、CFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準です。 FP技能士とは違い、AFP、CFPには資格の有効期限があります。 資格の認定後に定められる継続教育期間中(おおよそ2年間)に、AFPは15単位以上、CFPは30単位以上を取得することで資格を更新できます。 3.資格はどう役に立つの? 自分の生活にもキャリアにも役立ちます。 生涯にわたって考えたいお金の疑問を解決! 「結婚したら、保険に入った方がいいの?」 「マイホームを買うにはどの住宅ローンを選べばいいの?」 「子どもが生まれたら、教育費はいくらかかるの?」 「貯蓄や投資はどのようにすればいいの?」 「年金だけで老後の暮らしは大丈夫?」 など、 日々の生活から将来まで、生涯にわたって考えたいお金の疑問を解決することができます。 キャリアに役立てたい人 ファイナンシャルプランナーの知識は、ビジネスシーンでも大いに活用することができます。 特に、銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界では、業務上でFPの知識が役立つこともしばしば。 すでにこれらの業界で働いている方は仕事上の強みになりますし、社内登用でのアピール材料にすることもできます。 また、これらの業界への就職・転職を希望している方なら、FP資格を持っていれば、即戦力として採用の可能性も広がります。 さらには、知識を活かして独立開業の道、という選択肢もあります。 4.FPで学ぶお金の分野を詳しく! FP資格で扱うお金の分野は6つに分けられます。 知識は常にアップデートしていくことが大切です。 FP資格で扱うお金は6つの分野に分けられます。 年金関係など専門家ニーズの高い「1. ライフプランニング」、税金に関する知識の「2. タックスプランニング」は私たちにも比較的身近な分野です。 財蓄、債券、株式、投資信託など、選択肢が多い「3. 金融資産運用」分野の関連資格としては証券外務員などが上がられます。 素人には判断の難しい不動産取引での法律、税金についての扱う「4. 不動産」分野。 関連資格としては宅地建物取引士などが挙げられます。 また、「5. 相続・事業承継」は非課税枠などの仕組みを知ることで相続税の事前対策にもつながります。 その他、今入るべき保険などの不安を解消する「6. リスク管理」の6つです。 これらの分野は、世界情勢や市場の状況、法改正などに伴って常に変化しています。 ですから、FPとしての知識もアップデートしていくことが大切です。 日本FP協会や各教育機関では、継続研修やセミナーを随時実施しています。 定期的にブラッシュアップをすることで、より生きた知識として活用することができるでしょう。 まとめ こちらでは、ファイナンシャルプランナー資格についてとその魅力についてご説明しました。 仕事からプライベートまで幅広く役立に立ち、取得すれば活躍の場が広がりそうですね。 ファイナンシャルプランナーの合格を目指すのにおすすめなのがです。

次の

ファイナンシャルプランナーの難易度。勉強時間はどれくらい?

フィナンシャルプランナー三級 教科書

検定試験は私生活に密着した テーマばかりだから、初めての方でもチャレンジできる! 「ファイナンシャルプランナー」と聞くと、「お金の専門家だから、数字に強くなきゃ合格できない」、「計算問題が難しそう」というイメージを抱く方が多いようです。 でも、心配は不要! 検定試験は私たちが日ごろから使っているお金に関わる知識がベースになるので、初めての方でも抵抗なく学習できる内容ばかりです。 学習分野は、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継の6つ。 一見すると難しそうな響きですが、どれも私たちの生活に密着したテーマばかりです。 2.2級と3級、どちらを勉強する? まずは日常生活に密着した3級レベルから。 FP技能士の基礎的なレベルである3級では、6つの分野について基本的な知識を確認します。 「人生ではどんなイベントがある?」 「健康保険制度のしくみはどうなっている?」 「介護保険は何歳から加入する?」 「公的年金はいつから受け取れる?」 「住宅ローンの金利にはどんな種類がある?」 など、日常生活でも話題に上る内容がメインです。 こうしたテーマについて、「じゃあ自分だったらどうなる?」と踏み込んで考えるために必要な知識や、計算のスキルが問われるのが、2級レベルです。 3.FP2級試験の勉強方法は? 自分の生活や人生と結びつけて勉強することで、 無理なく2級レベルまで到達!さらに上を目指すなら1級も。 2級FP技能士の試験では、人生のイベントをまとめたライフイベント表や、お金の流れを確認するキャッシュフロー表の作成、住宅ローンの選び方や返済方法、金融商品の運用方法や利回り、生命保険を受け取るときにかかる税金などに関する知識も問われます。 なかには計算問題が出てくることもありますが、極端に難しい計算はしなくても解答できます。 また、どれも「もしも自分だったら……?」と考えながら解くので、数学の問題よりもずっと抵抗なく勉強できます。 もしもFP資格の勉強が面白くなってきたら、実務経験を積めばさらに1級までチャレンジすることも可能。 試験の難易度はアップしますが、合格すればFPとして仕事ができるほどのエキスパートレベルになれます。 まとめ こちらの記事では、FP資格は初学者の方でも目指せるのか、無理なく2級レベルに到達するための勉強方法について解説しました。 FP資格で問われる問題は、私たちの生活に密着したテーマばかりなので、自分事化すれば、抵抗なく勉強が可能です。 は、日本FP協会の認定講座。 そのため、当講座を修了(必要な課題を提出し合格)すれば「2級FP技能検定」の受検資格が得られます! 是非、チャレンジしてみてください。

次の

【2020最新】FP3級のテキスト・問題集人気ランキング10選!

フィナンシャルプランナー三級 教科書

ファイナンシャルプランナー3級は、FP協会ないし金融財政事情研究会で実施されます。 ここでは、資格学校などで対策を行っているFP協会でのFP3級試験について、確認します。 3級の学科の出題科目と形式 ファイナンシャルプランナー3級の試験のFP協会で実施される学科試験は6科目になります。 科目としては、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継になります。 問題の形式は、正誤問題と3択形式で、3択形式は文章の言葉を穴埋めする形で出題されます。 6科目のテーマの基本的な制度の理解を問う形になっています。 3級の学科の出題内容 ファイナンシャルプランナー3級の学科の具体的な出題内容は以下のようになります。 ライフプランニングと資金計画は、教育資金や住宅ローンの申し込みや返済計画、社会保険に関する内容になります。 リスク管理は生命保険や損害保険に関する内容になります。 金融資産運用は、株式投資や債券に関する仕組みや運用に関する内容になります タックスプランニングは、所得税を中心として、法人税、消費税に関する内容になります。 不動産は、土地、建物の売買や賃貸に関する内容になります。 相続・事業承継は、民法の知識を前提とする相続の内容、相続および贈与に対する税金、相続財産の評価に関する内容になります。 3級の実技の出題内容 ファイナンシャルプランナー3級FP協会で実施される実技試験は、資産設計提案業務になります。 内容は学科の6科目の知識を前提とした計算問題になります。 例えば、ライフプランニングであれば、毎年の収支計算、リスク管理で保険証を読み取り、給付金の計算を行う内容になります。 また、不動産の問題であれば、不動産の登記簿が与えられて、それを読み取る問題になります。 ファイナンシャルプランナーが実際に業務を行う上で実践的に必要な作業を計算問題を通して、出題しています。

次の