母乳 出る 人 と 出 ない 人 の 違い。 母乳で育てないといけませんか?授乳がつらい初産ママへ先輩ママたちからのアドバイスとは

母乳が「出ない」原因と「出るようになる」対処法のすべて

母乳 出る 人 と 出 ない 人 の 違い

あれ?私、経産婦なのに母乳がまだ出ない?おっぱいが全然張らない?って、予想外のことに焦っているママいませんか。 1人目を母乳で育てたから、 2人目も母乳で育てるのが当然と思っていても、いざ出産してみると、思うようにいかないこともありますよね。 一般的には、経産婦のほうが、母乳の出はよくなる傾向があるといわれています。 でも、これはあくまでも、一般的なこと。 経産婦が100人いれば、母乳の出方も100通りあります。 経産婦だけど、母乳が出ない、おっぱいが張らないのにも、理由があります。 悩んでいるのは、あなただけではありませんのでご安心を。 筆者も、1人目はほぼ完全母乳で育て、2歳近くに卒乳。 その後、2人目が生まれたときは、母乳がスムーズに出るはずだと信じていました。 が、見事に裏切られました。 今回は、2人目以降の母乳育児が思うように進まないママの疑問に、ズバリお答えしていきます。 Contents• 経産婦なのに産後に母乳が出ないー母乳はいつから出る? 経産婦でも、産後すぐに母乳が出ないのは、よくあること。 といっても、いつ頃から出るのか不安になりますよね。 そんなママに、いつ頃から出るのか目安を、筆者の体験談も踏まえてお伝えします。 経産婦さんのおっぱいのたちあがりは、1人目と比例する 2人目なのに、なかなか母乳が出始めなかった筆者は、産後3日を過ぎた頃に「いつから出るもんなんでしょうか」と助産師さんに泣きつきました。 助産師さんいわく、「 1 人目の母乳が出はじめた時期と、2人目もだいたい同じ時期に母乳が出てくることが多いから焦らなくても大丈夫ですよ」とのこと。 筆者の母乳がようやくチョロっとではじめたのは、退院当日でした。 退院後に、自宅に戻り、長女のやきもちに気を使いながらも、欲しがるたびに吸わせ続けました。 胸もなかなか張らないけど、あきらめませんでした。 そして、退院翌日の晩、ついに赤ちゃんの口から白い液体が・・うわぁ、出たぁーって感激したのを覚えています。 経産婦は乳腺の開通が早い 経産婦のママは、1人目を母乳で育てたときにすでに身体が学習しているので、 初産婦に比べて、おっぱいが、母乳の製造準備を効率よく進めることができます。 筆者は、母乳が出始めるまでには、1人目と同じくらい時間を要しました。 でも、退院翌日以降は、急に出はじめた母乳に、むせるわが子がかわいそうに思えるほど一気に母乳が生産されるようになったんです。 この日でミルクを足すのもおしまい。 夜中に哺乳瓶を洗うめんどくささから解放されてうれしかったのを覚えています 経産婦さんは、いったん母乳が出始めると、乳腺の開通が早いので、1人目よりはスムーズに母乳育児が軌道に乗り始めますよ。 まだ、母乳が出ないというママは、赤ちゃんは、しっかり乳輪部までくわえることができているか、授乳の姿勢に無理がないか、確認してみましょう。 おっぱいをあげることに関してママはベテランだけど、おっぱいを吸う赤ちゃんはまだ新人さんということをお忘れなく! 赤ちゃんも頑張っているので、母乳が出始めるまで、根気よく吸わせることが大切です。 経産婦のおっぱいが張らないワケ 1人目のときのようにおっぱいが張らないから、母乳があまり出ていないのではと不安に感じているママもいますよね。 経産婦さんのおっぱいが、1人目と違って張らないのはなぜでしょう。 初産婦と経産婦の違い 覚えている方も多いと思いますが、1人目のときは、母乳がそろそろ出てくるのではという頃、おっぱいがパンパンに張ってきましたよね。 まるで岩でも入っているかと思うほど、おっぱいがガチガチに硬くなって膨れ上がって、熱を伴いはじめます。 助産師さんにおっぱいをマッサージしてもらうと、激痛が走ることも。 初めての出産後は、おっぱいがこのような状態になる傾向が強いです。 ややこしいのは、このおっぱいは張っているわりに、あまり母乳が出ないということ。 これは、母乳を作るための血液がおっぱいに一気に集まりすぎている状態。 この張っているおっぱいの中身は、まだ母乳になる前の血液のだから、赤ちゃんに吸ってもらっても、母乳が出ない状態です。 この時期を乗り越えると、ようやく集まった血液が、乳腺内で母乳へと生成されるようになります。 でも困ったことに、 初めての出産では、ママの身体もまだ、どれだけ母乳を作ればいいのかわからないんです。 どれだけ作ったらいいかわからないから、作りすぎて、乳汁過多状態になることも。 これが、初産婦さんにありがちな代表的なおっぱいトラブルー乳腺炎を引き起こします。 初産婦さんの場合、赤ちゃんの需要に対して、母乳の供給量が、ちょうどよく分泌されるようになるまでには数ヶ月かかりますが、経産婦さんは違います。 あれ?1人目のときはおっぱいがパンパンに張ったのに、今回は全然張らないわ。 母乳しっかり出てるのかしら。 2人目、3人目以降の母乳育児では、前回のようにおっぱいが張らないと「足りていないんじゃ?」と不安になっているママもいるかもしれません。 経産婦さんのおっぱいは、無駄に張らないけど、赤ちゃんが吸うと必要量だけが、そのときに生産されて分泌されるという、とても効率のよいおっぱいに、早いうちに変化することが多いんです。 だから、おっぱいが張らなくても、それは、すでに母乳が効率よく分泌されるようになったということなので、大丈夫ですよ。 おっぱいが張らなくって、母乳が足りているかわからないと不安になったときは、赤ちゃんのサインをしっかり確認しましょう。 1人目のときには、乳腺炎などのトラブルを繰り返して苦労したママも、2人目以降は、トラブルなく、順調に母乳育児が進むことも多いので、希望を持ちましょう。 疲れがたまっているということも 経産婦さんのおっぱいがあまり張らないのには、もうひとつ理由があります。 1人目と違って、産後だからといって安静にできないですよね。 どうしても、上の子を優先して動かざるを得なくって、昼寝もまともにできていなかったりすることも多いかもしれません。 里帰りをして、家事は親に任せていればよかった1人目とは、かなり状況が違うはず。 2人目以降は、退院した直後からママは大忙しですよね。 1人目を出産したときより、高齢になって体力も落ちているのに、上の子のお世話で、ゆっくりと睡眠や食事をとっている暇もなく、おっぱいも張ってくる暇がないのでしょう。 産後すぐなのに、やっぱり無理せざるを得ないですよね。 経産婦さん、本当にお疲れ様です。 二人目以降で、母乳の出が悪いと感じているママ、そんなときは、しっかりと休むことが鉄則ですが、まずは簡単にできる対処法を紹介しますね。 経産婦の母乳の出が悪くなるのは、無理のしすぎかも ある時期に突然、母乳がの出が悪くなることは、初産婦、経産婦に関わらずあること。 ただ、 経産婦さんは特に、上の子のお世話で身体に負担のかかるな生活が続いていて、突然母乳が出なくなることがあるので注意が必要です。 筆者は、3人目のとき、いったん母乳が出始めて順調にいっているかと思いきや、4ヶ月頃になって、急に母乳の出が悪くなりました。 やけに授乳回数が頻回になったと思っていたら、4~5ヶ月の間、ほとんど体重が増えていなかったんです。 毎日があまりにも目まぐるしく過ぎていって、母乳が出てないことにも気づいていなかったほど。 ちょうど上の子が、保育園を転園して精神的に不安定で、とにかく手がかかった時期。 自分の休息が疎かになっていたことや、 下の子がおっぱいを欲しがるときにすぐにあげられなかったことも原因でした。 この頃のおっぱいは、張らないというよりは、もうヘロヘロでとても頼りない状態。 この状態から筆者の母乳の分泌を復活させた方法は主に2つです。 とにかく30分でも横になる 経産婦さんの場合、上の子に合わせて、食事はある程度栄養バランスのあるものをとっていることも多いでしょう。 経産婦さんに不足しがちなのは、とにかく睡眠時間ですよね。 睡眠と母乳の分泌は多いに関係があります。 睡眠不足だと、母乳が出にくくなる原因になりますので、休めるときは、横になってください。 上の子のお昼寝に合わせて寝られるのがベストですが、3歳を超えるとお昼寝をしないこともありますよね。 筆者は、赤ちゃんが寝たときに、「ママも休憩するねー」と、上の子にお気に入りのDVDを見せておいて、寝てしまうこともありました。 たった30分の仮眠をとるだけでも、母乳の出をよくするプロラクチンというホルモンが分泌されるようになります。 そして、仮眠をとる前には、身体をあたためておくのがベスト。 とはいっても、お風呂にゆっくり浸かっている時間はないでしょうから、 横になる前に、温かいスープやハーブティーなどを飲む習慣をつけるといいですよ。 こまめに水分補給をする 経産婦のママさんは、上の子のお世話で水分を十分にとれていないことも多くあります。 母乳育児をしているママにとって、水分補給はとても大切なこと。 なぜかというと、母乳のもととなる血液の90%は、水分でできているからです。 母乳育児をしていなくても、1日2リットルの水分を摂るのが良いと言われています。 母乳をあげことを考えると、2リットルだけではとても足りないですよね。 水分が十分とれていると、血液の流れをスムーズになります。 血液からできている母乳も、水分補給をしっかりすることによって、分泌量が回復します。 一度にたくさん飲むのは大変なので、 こまめな水分補給をすることが大切です。 常温、または白湯で飲んで、身体を冷やさないようにしましょう。 水だけでは、水分補給がしにくいというママは、ノンカフェインのお茶などで水分補給をしてみてはいかがでしょうか。 授乳中でも飲めるノンカフェインのお茶として、おススメなのは、タンポポ茶やハーブティー、ルイボスティーなど。 ミネラルやビタミンが豊富に含まれている上に、リラックス効果も期待できるので、疲れているママにはもってこいですね。 まとめ 2人目以降の母乳育児は、軌道に乗りやすいとはいえ、母乳の出かたは、やはり人それぞれ。 産後に母乳がなかなか出なかったり、おっぱいが張らなくて不安になっている経産婦さんも、 授乳経験がすでにあることに自信をもって、母乳育児を続けてください。 もし母乳が出なくなっている理由に、育児疲れがあるのなら、ちょっと横になる時間を増やしたり、水分補給をこまめにすることを生活にとりいれましょう。 1人目の母乳育児をしていた頃より、ちょっと歳をとってしまった分、疲れやすくなったというのは仕方のないこと。 2人目以降は、体力で勝負できない分、知恵を使って、母乳育児を楽しく続けていけたらいいですね。

次の

男性も母乳が出ることがある?その仕組みや理由を簡単に解説!

母乳 出る 人 と 出 ない 人 の 違い

はじめに 私は母乳育児がすぐに軌道に乗ったタイプでした。 そして私の周りにも母乳育児がすぐに軌道に乗った人たちがいます。 同じ母乳育児が出来ていたママ達と話していて、いくつか共通点を見つけました。 出なかった母乳がこうやったら出るようになった!という指南サイトは割と見かけますので、 今回は 母乳がよく出た人達側からの視点でのお話となります。 本当に悩んでいて、そういう話は聞くのが辛いという方は、読まない方が良いかもしれません。 母乳がよく出る人達はアドバイスが言いたくても言えない 実際のママ友との会話では、母乳育児で悩んでいる人がいると、 母乳がよく出てる側としては肩身が狭いというか、気を使ってあまりそういった話に加わらないようになったりします。 そして、こうやった方が良いんじゃないかなぁという意見が頭に浮かんでも、 悩んでいるママを傷つけずにどうやって言葉にしたら良いかが分からず、結局口を閉ざす事が多いです。 でももし私が母乳が出なくて悩んでいたら、面と向かって言われるのは辛いしムカムカってするけれども、本だったりネットだったりで、母乳が出る人の意見も聞けるなら聞いてみたいかも、と思ったのです。 そしてそういった事が出来るのもネットの良さでもあると思うのです。 それでは書いていこうと思います。 『私は母乳が出る!』というマインド 母乳育児がすぐに軌道に乗った人達と話していて、みんなが『そうだそうだ』と一番同調された意見があります。 それは 『私は母乳が出る!って気持ちが大事だよね』 という物。 母乳が出てない人からすると、 出てるからそう言えるんだ!と思われるかもしれないし、実際のママ友の会話では母乳が出てない人が近くにいる時には絶対に言えません。 でも母乳育児を軌道に乗せるにあたり、このマインドを占める割合は意外と少なくないと思うのです。 阪神大震災の時に母乳育児率があがった 阪神大震災の時、ライフラインが遮断され、ミルクがなかなか手に入らなかった状況下のせいか、母乳育児率があがったんだそうです。 ミルクが手に入らず慣れない避難所生活・・・。 中にはストレスで逆に母乳の出が悪くなってしまった方もいるでしょうが、それでも全体的には母乳育児率が上がったという事は、 出そうと思えば母乳って案外出るのかもしれない、と思えてきませんか? 私はこの阪神大震災のエピソードを上の子が妊娠中に知っていたので 『なるほど、母乳って出そうと思えば案外出るんだろうな』 と思った状態で上の子の母乳育児に挑戦出来たのも大きかったと思います。 『母は強しなんだな』 私の父は二人の女性に自分の子供を産んでもらってるのですが、その女性二人とも母乳育児を目指して、でもうまくいかなくて完全ミルクになりました。 そのため母乳育児にしたくて女性は凄く悩む、というのを父は理解しています。 ですから私が母乳だけで育てている事に驚いていました。 私は父に阪神大震災での母乳育児率上昇について話しました。 『母は強しなんだな、すごいな』 と父は言っていました。 ストレスフリー とはいえ、この『私は母乳が出る!』というマインドを持っていたとしても、 過度にママにストレスがかかる状況下では母乳育児を軌道に乗せる事は難しいように思います。 ママ本人の努力では限界がある、というか、どうにもならない部分もあります。 ストレスフリーと書きましたが、きちんと ママが精神的にも肉体的にも休めるかどうかという点がポイントです。 母乳育児が軌道に乗っている人達を見ると、割とストレスが少ないというか、 育児を楽しめている人が多いと思います。 健全な精神は健全な肉体に宿る、と言いますが、産後のママが健全な精神でいるには、 周囲の協力が不可欠です。 産後はそれでなくても情緒不安定になりやすく、新生児のお世話でなかなか寝られず、といった、 ストレスのかかる事だらけです。 周囲の協力がなかなか得られず、過度の負担がママにのしかかり、肉体的にも精神的にもママが休めていない状況下ではなかなか難しい事だと思います。 自分の力ではどうにもできない状況下にいるママさんは、更に母乳が出ない事でのストレスを抱えるのは辛い事も多いと思います。 ミルクにしたら育児が楽になったという人も大勢います。 ミルクで子供は元気に育ちます。 私自身はミルクで育っています。 咥えさせ方・咥え方 『母乳が出る!』というマインドもあり、周囲も比較的協力的、という状況下という前提が整っていれば、 もう大丈夫です。 多分もう出ます。 一番の難関ポイントは おっぱいの咥えさせ方です。 これは私も苦労しました。 母乳育児に割とすぐに軌道に乗った人たちも、この乳首の咥えさせ方は苦労した、という方は多かったです。 乳首の形は千差万別なので、ここは人それぞれ トライ&エラーするしかないのですが、恐らく大体の人が 咥えさせ方が浅い事が原因だと思います。 私は乳首が元々凄く小さく、更には陥没しているタイプだったので、 どうやってこんな米粒みたいなん咥えさせるんだ?!って感じでした。 乳首の根本は何回か切れてひりひり痛くて、 ランシノーには何回も助けられました。 赤ちゃんが舐めても大丈夫な保湿軟膏みたいな物。 咥えさせ方が浅いと、赤ちゃんはいつまでも吸っていられます。 疲れないんだそうです。 私も慣れなくて咥えさせ方が浅かった頃、1時間位赤ちゃんに吸い続けられた事があります。 母乳が出ていれば早ければ5分で赤ちゃんは乳首を離します。 授乳後、体重を量って増えていないのであれば、『出ていないんだ』と思うのではなくて、 『咥え方が間違っていたんだな』と思ってみた方が良いかもしれません。 乳輪全体を入れるイメージ おっぱいの咥えさせ方のコツですが、乳首を入れようとするのではなく、 乳輪の上下の端から端をぎゅっとつまんで、赤ちゃんの口に押し込みます。 うまく入ると、あとは赤ちゃんが陥没した米粒おっぱいでも吸引力で引っ張り出してくれます。 吸いやすい乳首の形になるまで少し時間がかかるので最初のうちは大変ですが、だんだん形が出来てくれば失敗も減ってきます。 母乳の分泌をよくするためにすべき事 マインドもあって、周囲の協力もあって、咥えさせ方も大体出来るようになって、 それでも母乳が出ない!って事はあんまりないと思うのですが、母乳の分泌をよくするためにすべき事を大事な順に書いていきます。 1.睡眠 疲れているとなかなか出ません。 寝るだけで母乳の分泌が復活することは自分の体で何回も体感しました。 新生児のお世話、大変だと思いますが、周囲の方にお願いして、少しでも寝ると良いです。 母乳育児がすぐに軌道に乗ったママさんの中には、 スマホやテレビのブルーライトは眠れなくなるっていうから、なるべく見ないでベッドの中でひたすら目をつぶっていた、 という方もいました。 2.体を冷やさない これも自分の体で体感したんですが、あったかい飲み物を飲むと、飲んでる途中でおっぱいが張ってくる感覚が何回もありました。 体を温める、体を冷やさないような恰好をする事も凄い大事だと思います。 3.水分補給 水分補給いっぱいしたよ~という意見も沢山出ていました。 母乳は血液で出来ているので、 水分を取る事は大事みたいです。 授乳前に赤ちゃんに 『ちょっとお水飲んでくるから待っててね!』と一声かけて、水分補給してから授乳する習慣をつけると良いかもしれません。 軌道に乗るまでは、出来れば温かい飲み物にし、冷たすぎるお水はやめた方が良いと思います。 母乳の出をよくする飲み物もあるので試してみるのも良いかと思います。 私は2人目育児の時に、母乳の出が悪くなってしまい、 AMOMAミルクアップブレンドというハーブティーと サジージュースという果物ジュースを試しました。 どちらも母乳の出をよくする飲み物として有名です。 結論から言うと、AMOMAミルクアップブレンドの方は効果がいまいち分からなかったのですが サジージュースの方は効果を実感しました。 常にスカスカしょぼしょぼだったおっぱいが適度に張るようになり、おっぱいを沢山飲めるようになったからか、 離乳食をあまり食べてくれなくなる程になりました。 これはちょっと困った症状ですが、でもそれくらいサジーの方は私には合ってたみたいです。 興味があったら良かったら試してみてください。

次の

母乳が出る人と出ない人の違いは何?手軽にできる母乳不足解消術!

母乳 出る 人 と 出 ない 人 の 違い

「吸わせる」ことで出るようになる 母乳が出るようになるたった一つのことは「 吸わせる」ことです。 詳しく解説します。 頻回授乳をしなければ出ない 母乳は 頻回授乳をしなけければ出ません。 新生児の授乳が3時間おきと言われていますが これは赤ちゃんのためだけではなく、母乳を出すためでもあるのです。 吸ったら出る。 吸わなければ出ない。 母乳を出したければ吸わせることです。 少しだけ母乳の出る仕組みについて解説しますね。 下記の図をご覧ください。 吸わせることで母乳が出るホルモンの作用で、母乳が出るようになります。 出すためには、 吸わせることが一番大切ということがわかりますね。 食事や飲み物に気をつかうのは二の次 母乳のためにたくさん食べたり飲んだりすること それ自体は悪いことではありません。 ただ、食事や飲み物に 気をつかってばかりでは母乳は出ません。 上記でもお伝えしましたが、吸わせなければ出ないのですから。 まずは吸わせる。 そのあとか、あるいは同時に食事や飲み物に気を配るようにしましょう。 吸わせたら痛い時の対策• でも吸わせるったって痛いじゃない• 吸わせすぎて血が出てきた わたしも経験あります。 対策についてお伝えします。 クリームで保護する まずはクリームで保護しましょう。 リンク ランシノーも有名な乳頭保護クリームです。 こちらの方が少しコスパがいいですね。 ラップを張って保護する クリームを塗ったら乳頭にラップをしましょう。 「なんだそれ?」と思われるかもしれませんが、これが効果バツグン。 乳頭の潤いを保ってくれ、傷を癒してくれるのです。 授乳の合間にクリームとラップをしておくだけで、乳頭が痛くなりにくいですよ。 母乳で保湿する• クリームは塗りたくない• 買ったけど、届くまでに時間がかかる• あるもので代用できる? こんな人は母乳で保湿しましょう。 授乳が終わったら、母乳を少しだけ出して乳頭に塗ります。 すかさずラップを張る。 これだけ。 母乳は乳頭を保護してくれます。 何もしないより傷の治りが早いですよ。 乳頭保護器を使う 乳頭保護器を使うのもいいでしょう。 リンク 乳頭の痛みを軽減してくれます。 ただ、 サイズが合わない場合もあるので注意が必要です。 産院で貸し出していることもあります。 買う前に、入院中などに一度聞いてみるのがいいでしょう。 マッサージをする 乳頭を鍛えることが目的です。 強くなると痛みも軽減できます。 お風呂の時など、乳頭をぐりぐり刺激してみるといいですね。 傷がある場合は、痛くなりすぎないように注意しましょう。 正しい姿勢で吸わせる 赤ちゃんに正しい姿勢で吸ってもらうようにしましょう。 正しい吸い方は乳頭の痛みを軽減します。 よく「あひるの口」になるように吸わせると言われています。 わかりにくい場合は、助産師さんなどに見てもらうといいですね。 それでも母乳が出ない時は 何をやっても母乳が出ない時の対策をお伝えします。 母乳外来を試してみる 母乳が出ない、母乳外来が強い味方になることでしょう。 母乳を出すために指導を受けることができます。 マッサージをしてくれるところもあります。 マッサージでしぼってくれ、物理的に母乳が出るようにしてくれます。 出産した産院でやっていることもあるので、チェックしてみてください。 整体に行ってみる 母乳は血液からできています。 肩こりなど、血流を悪くする原因を取り除くことで母乳が出ることもあります。 整体は姿勢の悪さなど、根本から治してくれるのでおすすめ。 わたしの友達は、整体に通って母乳が出るようになったと言っていました。 効果は個人差があると思いますが、リフレッシュもかねて試してみてもいいですね。 いっそ諦める 母乳が出なければ諦めてもいいと思います。 実際にわたしは子ども2人を完全ミルクで育てました。 何をやっても出ないものは出ませんでした。

次の