鬼滅の刃 面白くない。 「鬼滅の刃って言うほど面白くないな」と思ってた5話までは【アニメ感想】

なぜ鬼滅の刃が面白くてたまらないのか|三村 愛|note

鬼滅の刃 面白くない

炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで自身の人生が一変してしまう。 唯一生き残ったものの、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を元に戻すため、そして家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立に出る。 第1巻の始まりは? 時代は大正の日本。 まだ妖怪のたぐいが跋扈していた時代です。 主人公は竈門炭治郎(かまど・たんじろう)は山奥に住む大家族の長男です。 炭治郎の齢はまさに少年という表現が相応しかったが、父親は死に妹や弟たちが小さかったため一家の大黒柱として働いていました。 炭治郎は名前の通り、主に山で切った木を炭にして売っていました。 日々の生活は大変だったが、それでも大好きな家族と過ごす生活は幸せそのものでした。 ある日 ある日、炭治郎はいつものように炭を売るため街へ下山します。 その日は荷物運びなど雑用の仕事も多かったため、すっかり日が暮れてしまいました。 夜道のなか帰宅しようとする炭治郎に、ふもとに住む知り合いのオジサンが「鬼が出るぞ。 日が暮れると人食い鬼がうろつく」と警告してきます。 もちろん炭治郎はそんな与太話は信用しませんでしたが、このオジサンはつい最近家族を亡くしたばかりなのです。 きっと寂しさのあまり自分を泊めようとしているんだろう。 そうおもんばかった炭治郎は、仕事の疲労もあってそのまま一泊し翌朝帰ってあげることにしました。 しかし現実は残酷なものです。 実際オジサンのいう人食い鬼がいました。 炭治郎が帰宅すると、辺りはまさに血の惨劇になっていました。 炭治郎の家族は一人残らず被害にあっていました。 妹が被害に… 悲しいかな、炭治郎の妹・ね豆子(ねずこ)は鬼化し、そして炭治郎を食おうと襲いかかってきました。 更には鬼殺隊(きさつたい)という、古から鬼を退治している謎の組織の隊士・冨岡義勇が登場します。 本来は炭治郎の家族が襲われる前に来るはずだったが、結果的に間に合わず、鬼化した妹・ねず子の命が狙われてしまいます。 ねず子がいくら鬼化したとはいえ、いくら自分を襲ってきたとはいえ、炭治郎にとっては唯一の肉親です。 もう何も奪われたくない。 だから冨岡義勇から身を挺して守ります。 もちろん炭治郎はフルボッコ状態です。 ただ鬼化したはずのねず子が、地面に倒れる兄・炭治郎を必死にかばってみせたのです。 怪我をした鬼は親を食べてでもキズを回復させようとするものですが、ねず子はそんな重度の飢餓状態であるにも関わらず、まずは兄の命を守る道を最優先に選びました。 冨岡義勇は初めての体験だったのです。 「こいつらは何か違う」と判断して、炭治郎とねず子は生かすことにしました。 そして、妹・ねず子を人間に戻すための旅が始まります。 果たして炭治郎は家族の敵討ちはできるのでしょうか。 漫画『鬼滅の刃』面白い3つの見どころは? 鬼滅の刃という漫画はホントにオススメ、なによりも台詞回しがかっこいい。 和風アクションが好きな人は読んで損なし。 — いとそ。 itoso1025 シュールギャグが面白い! センスが独特過ぎて、この作者はどこまで狙ってやっているのか分からない。 例えば、かなりシリアスなバトルの描写。 敵の手のひらに切り傷が出来その周りにヒビが入るシーンに敵は 「痛い・・・いやこれはかなり重い」と心の中で思っているが 痛い!! いやこれは………かなり痛い!! と思います。 謎の理論もあり「すごい痛いのを我慢していた。 俺は長男がから我慢できたけど、次男だったら我慢できない。 」 痛いものは痛いです!! 長男、次男関係ないと思いますが・・・ 涙あり、笑いありの漫画! 熱いバトルの中にも切ない場面もあります。 切ないのに、熱い戦いを行う。 その「切なさの爆弾」が最初に炸裂するのが、第5話。 主人公:炭治郎は色々あって修行するのだが、修行の最後に「岩を斬れ」と師匠に告げられます。 が、もちろん岩は斬れません。 半年間修行するも無意味に終わる炭治郎の前に、狐面の男が現れる。 容赦なく襲い掛かってくる狐面の男に炭治郎は惨敗してしまう。 倒れたところに、一人の女の子が現れる。 炭治郎はここらで大体皆さん察していると思うが、かなり天然でブレない性格をしています。 そして真菰のアドバイスを受けつつ、炭治郎は何度も錆兎と戦うことになります。 半年後の修行を経た炭治郎は錆兎の面を割ったと思ったとき岩を切っていた。 絵のタッチにこだわり! 私は見た感じ嫌いではないですがネットなどでは読者を選ぶ絵と言われています。 ただ画風を見ているとのほほんとします。 スポンサーリンク 漫画『鬼滅の刃』面白い?つまらない?読者の感想・評価は? 鬼滅の刃 1〜10巻読んだ。 鬼と戦う人間達の話。 さいっっこう。 困った。 尊い上に面白い。 ハンタとか血と灰の女王とか似た感情の漫画はあるがダントツだ。 かっこいいキャラしかいない。 それに尽きる。 戦闘は上の中って感じだが絵と、セリフと、好きになる魅力がゴロゴロゴロゴロ…もう無理 — Y氏 usgY0424 面白いとの感想 NARUTOの第一話のような印象もあるが、あれのようなイラッとくるバカっぽさがなくていい。 ただ、もう少し華やかな演出があればもっといい SNSの反応もチェック! 「漫画で泣かされる」っていう経験をさせてくれるリアルタイムの漫画で個人的にお勧めなのは「イチゴーイチハチ!」と「鬼滅の刃」だよ。 アニメ化もするし、ジャンプ作品でこんなufoの作画が似合う漫画が出るとは思わなんだ。 にしてもこれ週刊は人間じゃないと思う。 今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!! 現在、 31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです! 私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ! 何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。 また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。 まとめ けっこう前に買ってたものの時間なくて読めてなかった鬼滅の刃。 やっと読めた。 この漫画おもしろいわ。 大事なのは絵の上手さじゃない、話を魅せる力だな。 ストーリーは王道だけど展開が面白いです。 暗い話でストーリーで進んでいきますがちょいちょい挟むシリアスな笑いが作品にギャップが出来面白味が深まります。 鬼滅の刃はまだ連載中の漫画の為今後の展開にも期待できますね! それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。 スポンサーリンク.

次の

「鬼滅の刃って言うほど面白くないな」と思ってた5話までは【アニメ感想】

鬼滅の刃 面白くない

鬼滅の刃って面白い場面もあるよね。 どんなシーンのギャグが面白かったかもう一度見てみてみたいな~。 まだ知らない面白いシーンを知りたいな。 という人のために鬼滅の刃のギャグシーンのベスト8ランキングを作りました。 鬼滅の刃の面白い場面・迷言シーンを集めているので、この記事を読んでいただくと面白く楽しんでいただけます。 僕は鬼滅の刃14巻まで読んでいるので、こういうシーンが面白かったっていうのをピックアップできていると思います。 何巻の何ページかも書いているので、すぐに鬼滅の刃の面白いシーンをマンガで読み返すことができるようになっていますよ。 それでは鬼滅の刃 ギャグが面白いシーンベスト8ランキングお楽しみください!• 鬼滅の刃 面白いギャグシーンベスト8ランキング 遊郭編が抜群に面白いですね。 炭治郎と善逸、伊之助のセリフなどが多いです。 天元もなにげに面白いキャラです 笑 8位 伊之助「お前なんかすごいいい感じじゃねーか!!どうした!?」 11巻50ページ第91話「作戦変更」での伊之助のセリフです。 妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)との戦いのなか、堕姫をたおすために伊之助と善逸2人が戦っている場面ですね。 善逸は鼻ちょうちんを膨らませて寝ているわけですが、なんかすごい話します。 善逸が焦る伊之助に「落ちつけ!」と言い妓夫太郎と堕姫まったく同時に斬る必要ななくて、結果的に2人が斬られた状態になればいいからあきらめずに戦おうと言います。 目が覚めている普段の善逸とまったく違う冷静さに伊之助は、 「お前なんかすごいいい感じじゃねーか!!どうした!?」 って言うんですね。 善逸は寝たまま戦っているほうがいいですよね(笑)ずっと寝ててもいいぐらい。 ずっと寝てると善逸のギャグがなくなってしまいますが。 たしか伊之助と善逸2人で一緒に同じ敵と戦うのは、これが初めてでしたっけ? 伊之助は依然から善逸は寝てたほうが強いってことは知ってはいたけれど、こんなにも戦況を分析して冷静に判断できるとまでは思っていなかったんじゃないかな。 伊之助と善逸のコンビは、これからも面白いシーンを連発してくれそうです(笑) 7位 伊之助「ド派手にな!!」 10巻136ページ第86話「妓夫太郎」での伊之助のセリフです。 これ音柱・天元の口癖に影響を受けて伊之助が真似してるんですよね。 そこが面白いです。 堕姫(だき)1人だったのが妓夫太郎(ぎゅうたろう)が出現した後、伊之助と夢遊状態(寝てる)善逸が炭治郎のところにかけつけます。 炭治郎は妓夫太郎と戦っている宇髄天元に加勢してくれと伊之助に頼んだとき、伊之助が決めの言葉を放ちます! 伊之助「任せて安心しとけコラァ!!大暴れしてやるよ。 この俺様伊之助様が」 「ド派手にな!!」 と言うんですね。 そして「影響を受けやすい男」というツッコミが「ド派手にな!!」と同じコマに書かれているんです。 これが面白い(笑) 天元の口癖の「派手」に伊之助が影響を受けて「ド派手にな!!」と決め顔をするんです。 伊之助は負けず嫌いで強くなりたい男。 負けず嫌いなんだけれど、天元のような別次元に強い人物は素直に尊敬してしまうんだと思います。 伊之助けっこういい性格してますよね。 6位 くもりなきまなこ パアァァァ 13巻150ページ第113話「赫刀(かくとう」での炭治郎のシーンです。 鬼の半天狗との戦いでの場面。 炭治郎とねずこだけでなく、鬼殺隊の不死川玄弥(しなずがわ げんや)も戦いに参加していました。 玄弥は分裂した半天狗の1人に刺されたけれど生きていたんですね。 玄弥は柱になりたくて仕方がない人物。 そのためには鬼殺隊同期の炭治郎であっても蹴落としていくつもりでいます。 玄弥は自分が上弦の鬼をたおして柱になりたいので炭治郎に手柄を横取りされるのが嫌なんです。 炭治郎を見つけた玄弥は炭治郎に「図に…乗るなよ。 上弦を倒すのは俺だ!!!」上弦を倒したのは炭治郎の力じゃないから炭治郎は柱になっていないと言います。 そんなふうに言ってこられたら伊之助や善逸なら「なんだと!!」と反発しそうですが炭治郎は違います。 炭治郎は素直に上弦の鬼を倒したのは自分の力じゃないと認めるんです。 そして玄弥が上弦の鬼を倒すために、炭治郎とねずこが援護すると玄弥に言います。 玄弥はそんな炭治郎の言うことを始めは信じませんでした。 炭治郎がそうやって自分を油断させて炭治郎が上弦の鬼を倒すんじゃないかと疑います。 でも炭治郎の目は、 くもりなきまなこ パアァァァ となっているので玄弥は炭治郎が心の底から自分を援護すると言っていることを知って、驚いたような顔をするんですね。 玄弥は他の鬼殺隊の隊員は全員ライバルだと考えていたのでしょう。 まさに炭治郎らしいシーンです。 5位「そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?」 9巻16ページ第71話「遊郭潜入大作戦」での善逸のセリフです。 音柱の宇髄天元が鬼の調査のために嫁を遊郭に潜入させていると聞いた善逸が、 「そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?」 と言うとこが面白いです。 善逸は「俺は派手を司る祭りの神だ」と宣言するようなおかしな奴に嫁がいるなんて信じたくないんですね。 それで天元の嫁が鬼の調査のために潜入しているなんて天元の妄想だなんて言ったのでしょう。 この天元の遊郭のエピソードは他のエピソードよりも面白い場面が多いです。 ギャグが面白いシーンベスト8ランキング1位にしたシーンも、この遊郭エピソードからです。 4位「姉なんです」とウソをつくときの炭治郎の顔が面白い 9巻40ページ第72話「お嫁さんを探せ」での炭治郎のシーンです。 「姉なんです。 」というセリフだけだと面白くないんですが、そのときの炭治郎の顔が面白いんですね。 女装した炭治郎が遊郭で天元の嫁についての情報を集めていました。 鯉夏花魁の部屋で天元の嫁の1人須磨の話しを聞いた炭治郎は須磨のことをうまく探ろうとします。 須磨のことをあれこれ聞いたら疑われると考えた炭治郎は須磨が自分の姉だとウソをつくことにしたんです。 でも炭治郎は素直でまっすぐな性格ウソをつくことに慣れていません。 でも任務のために疑われないように須磨のことを聞き出さなければいけません。 炭治郎は無理やりウソをつくことになり、顔の表情がおかしなことになってしまいます。 ウソをついて鯉夏花魁を騙すことがつらいんですね。 すごい炭治郎らしい面白いシーンでした。 3位 炭治郎「いや…群がられている?捕まっ…どっちだ?」 8巻179ページ第70話「人攫い」での炭治郎のセリフです。 しのぶの屋敷の女の子たちをなかばさらう形で連れていこうとする天元なんですが、その様子が子どもが大人にまとわりついて遊んでいるようにも見えるんですね。 子どもって大人と遊ぶときって手を引っ張ったり登ろうとしたりして遊びますよね。 途中でこの場面を見た炭治郎にはちょうどそんな感じに見えなくもなかったんでしょう。 それで炭治郎は、 「いや…群がられている?捕まっ…どっちだ?」 と迷うとこが面白いです。 女の子の1人が「人さらいです~っ」と言って炭治郎は天元から女の子たちを救おうとします。 天元はきっと遊郭に潜入させるために、しのぶ屋敷の女の子たちを連れていこうとしたのでしょう。 天元、女の子に「変態!!変態!!」と言われて散々です(笑) 天元が「俺は上官(炭治郎より位が上の人)!!柱だぞ!!」と言うんですが、炭治郎は天元に向かって「お前を柱とは認めない!!むん!!」と言い放ちます。 このやりとりも面白いですね。 炭治郎は正義感が強いから、女の子をさらうような奴は柱らしくないって思ったんじゃないでしょうか。 それを聞いた天元が「むんじゃねーよ!!」と返すとこでも笑ってしまいました。 炭治郎の「むん!!」いいですね(笑) 2位「見返してやるあの男…!」「アタイ絶対吉原一の花魁になる!!」 9巻34ページ第72話「お嫁さんを探せ」での善逸のシーンです。 またもや遊郭エピソードの場面ですね。 5位の「そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?」で書いたように善逸は天元に嫁がいることを悔しがっていました。 遊郭への潜入で最後まで潜入できていなかった善逸は、ようやく京極屋に入ることができます。 善逸の女装はあんまり評判が良くなかったんですが、三味線が異様にうまいという特技を獲得します。 善逸は音を聞くのが得意です。 遊郭の建物のなかの、いろんな場所で話している人の会話の内容を聞き分けることができるぐらいの耳の良さを持っています。 なので聞いた音を三味線で弾くことができるというわけです。 三味線だけでなく琴も弾けるらしいです。 善逸って楽器できたの?なんて思うんですが耳が良ければ、どこをどう弾けば思ったとおりの音がでるっていうことが分かるようになれば弾ける状態になるんでしょうね。 天元に嫁が3人もいるってことが悔しくて仕方がない善逸は、 「見返してやるあの男…!!」 「アタイ絶対吉原一の花魁になる!!」 と、なぜか見当違いの決意をする善逸が面白いです。 あの子(善逸)はのし上るね。 」 「自分を捨てた男を見返してやろうっていう気概を感じる。 そういう子は強いんだよ。 」 というところ。 いっそタダでもいいんでこんなのは」 と天元に言われてるんですね善逸。 そしてなぜかものすごい形相で三味線を弾いているという善逸(笑)面白いシーンでした。 1位「具体的には何を司る神ですか?」 9巻10ページ第71話「遊郭潜入大作戦」での炭治郎のセリフです。 もう「具体的には何を司る神ですか?」が堂々の1位ですね。 こういうのシュールギャグっていうのでしょうか。 鬼滅の刃の最初のころはシリアスムード一色だったのが善逸や伊之助が登場してから、だんだんとギャグパートも増えてきてバトルシーン以外にも面白いところが増えてきました。 鬼滅の刃の吾峠呼世晴先生はギャグのセンスもありますよね。 「具体的には何を司る神ですか?」はセンスありまくりです 笑 どういう流れで炭治郎が「具体的には何を司る神ですか?」と言うのかっていうと、まず音柱の宇髄天元(うずい てんげん)が俺は神だお前らは塵(ごみ)だと炭治郎たちに言います。 俺は神だと言った天元に炭治郎が真顔で「具体的には何を司る神ですか?」と聞くんです。 炭治郎は笑いをとろうとしているのではなくて、本当に真面目に素直な心で「具体的には何を司る神ですか?」と聞いたんですね。 すると天元は「いい質問だ。 派手を司る神…祭りの神だ」と答えます。 真顔で「具体的には何を司る神ですか?」と聞く炭治郎はすごい天然っぷりですが、それに負けじと天元も「いい質問だ」と返すとんでもない奴というシーンでした 笑 炭治郎は天然ボケのセリフだけでなく感動する言葉もたくさんあります。 それらのセリフを下記の記事でまとめています。 まとめ ということで鬼滅の刃のギャグが面白いシーンベスト8ランキングでした。 まとめると、• 8位 「お前なんかすごいいい感じじゃねーか!!どうした!?」(伊之助)• 7位 「ド派手にな!!」(伊之助)• 6位 くもりなきまなこ パアァァァ(炭治郎)• 5位「そういう妄想をしてらっしゃるんでしょ?」(善逸)• 4位「姉なんです」(炭治郎)• 3位「いや…群がられている?捕まっ…どっちだ?」(炭治郎)• 2位「見返してやるあの男…!」「アタイ絶対吉原一の花魁になる!!」(善逸)• 1位「具体的には何を司る神ですか?」(炭治郎) でした! 1位の炭治郎の「具体的には何を司る神ですか?」は破壊力ありすぎですね 笑 鬼滅の刃の作者、吾峠呼世晴先生はギャグマンガ描いても面白そうです。 ランキングにのせた以外のシーンで、こういう場面も面白いよっていうのがあればコメントで教えていただけるとうれしいです! シュールギャグ以外にも鬼滅の刃はいろいろと面白い理由があります。 鬼滅の刃の漫画を無料で獲得できるポイントを使ってお得に安く読む方法.

次の

なぜ鬼滅の刃が面白くてたまらないのか|三村 愛|note

鬼滅の刃 面白くない

鬼滅の刃がつまらない!?面白くない・嫌いの声はなぜ? 大ヒットし、漫画からアニメ化もしている鬼滅の刃ですが、「面白くない」、「嫌い」、「なぜ人気?」という声も多く上がっているようです。 なぜ面白くない、嫌いと言われているのでしょうか? つまらないと言われている理由について、まとめてみました。 炭治郎の一家は鬼に惨殺されますが、妹の「禰豆子」は鬼化して生き延びることとなります。 妹の禰豆子は最初だけは少し暴れるものの、その後は人間を食べることもなく、竹の口枷で人を喰わないようにしているという設定です。 炭治郎も鬼を殺す専門の「鬼殺隊」に入るときにも、妹の禰豆子は人を殺さないと説明すれば許してもらえるなど、ご都合主義とも言えるような展開が多いことが挙げられています。 主人公の炭治郎はかなり真面目でまっすぐな性格です。 ひねくれているなど影がないので、主人公の炭治郎が嫌い、受け付けないという声もあるようです。 鬼滅の刃はあまり見慣れない独特の絵柄だと言われます。 下手だという意見もあるようです。 そもそも絵が合わないと感じるので、つまらない、面白くないと思う人もいるようです。 しかし最初はなれないと思っていた絵柄も、慣れてきて面白くなってきたという人もいるようです。 鬼滅の刃の鬼側のいわゆるラスボスは「鬼舞辻 無惨」というキャラです。 強さとキャラデザインに関してはいい感じなのですが、中身がとにかく残念だと話題になっています。 仲間を理不尽に殺しまくったり、「鬼が人間に勝つのは当たり前」と言いつつも鬼殺隊からは逃げたりと、小物感が出てしまっていて、自分勝手な人物なので魅力的ではないとも言われています。 鬼側は「鬼舞辻 無惨」をトップに十二鬼月と呼ばれる鬼たちがいます。 炭治郎が十二鬼月のとある鬼に敵うことができないシーンがありますが、人側の鬼殺隊の最強と言われている、9人いる「柱」の1人がその十二鬼月の鬼を瞬殺してしまうのです。 これでは、炭治郎と柱9人がかりで一人ずつ十二鬼月や鬼舞辻無惨に挑んでいけば余裕なんじゃないの?とも思えるパワーバランスで、違和感があります。 一般的に過去編と言えば、本編よりも盛り上がる話もあって、かなり熱い展開が期待される部分だと思います。 しかし鬼滅の刃の場合は、鬼を倒すとその鬼の過去ストーリーが紹介されます。 そもそも急にその回に出てきた鬼の過去編といっても、その敵キャラの鬼にそれほど愛着がわきません。 鬼になる前の人としての生活や、鬼になった理由が紹介されるのですが、それほど感情移入できないという人も多いようです。 さらに鬼が強くなるためにかなり苦労したというような熱い展開もなく、ストーリー自体浅いと言われています。 鬼滅の刃は次第にギャグシーンが増えてくることでも知られています。 ギャグシーンが多くて長めなので、笑いのツボが合わない場合面白くなくなってしまうこともあるようです。 特にアニメの場合、ギャグシーンは子供向けなのでしょうが、漫画なら読み飛ばせるところもアニメだと簡単に飛ばすこともできず、つまらないと感じてしまう人も多いようです。 鬼滅の刃は原作の漫画だと、戦闘シーンの特に技を使う部分の動きがどうなっているのかとてもわかりにくいという意見があります。 そのため、戦闘シーンの盛り上がりがイマイチで迫力に欠けるので、見所の戦闘シーンがつまらないと言われているようです。 初期は炭治郎と鍛錬する話が中心で、重めの雰囲気でなかなか盛り上がるシーンもありません。 初期で面白くないなと思い、それ以降の盛り上がるシーンを見る前に見るのを辞めてしまう人もいるようです。 4巻くらいから面白くなるとも言われているので、4巻くらいまで読んでみると良いかもしれません。 例えば、鬼滅の刃はグロいシーンも結構多いので、苦手な人には面白いとは言えないかもしれません。 そして、鬼滅の刃は伏線を回収していくような漫画ではなく、複雑な考察などをして楽しいという漫画でもありません。 単純に好みが違うという人もいるでしょう。 2019年にあの「ワンピース」を超えて一番売れた漫画として話題になりました。 鬼滅の刃はかなり売れているので、期待して読み始める人が多いと思います。 ハードルを上げすぎた結果、思ったよりも面白くないなと感じる人も多いのかもしれません。 鬼滅の刃のファンの中には、過激で他の漫画に対して攻撃的な発言をする人がいるようです。 ツイッターのトレンド入りするほどの騒ぎとなり、鬼滅の刃ファンは民度が低いというイメージがついたことも原因でしょう。 大正時代の少し前から始まる時代設定と、和を感じる世界観が魅力的だと言われています。 可愛いしかっこいいキャラが多く登場し、特に我妻善逸は人気キャラのようです。 応援したくなるキャラが多いので、より作品自体も人気が出ているようです。 アニメ版では戦闘シーンにCGが使われていたりして迫力があってとても綺麗なシーンになっています。 技のシーンも綺麗で、かっこよくなっていて話題です。 漫画版では戦闘シーンに魅力を感じなかった人も、アニメなら楽しく見られるかもしれません。 鬼滅の刃にはたくさんの鬼が登場しますが、スキルが違って戦い方が違います。 蜘蛛の糸や鞠など、いろんなスキルを使ってくる鬼にどのように戦っていくのかというところが見所でもあります。 しかしながら一部では、かなり多くの戦闘漫画を読んできたような男性層にはウケが悪かったりするようなので、鬼滅の刃は初心者向けの漫画と言えるかもしれません。 好き嫌いは分かれるようですが、これだけ売れているので、世間一般的な評判としてはやはりとても面白い漫画!ということになるでしょう。 鬼滅の刃のアニメが海外で大人気!? 海外に目を向けてみると、鬼滅の刃のアニメは海外で大人気なんだそうです!なぜ海外でもそんなに人気なのでしょうか?端的に言うと、鬼滅の刃は外国人から見てかなり日本のイメージにピッタリなアニメなのです。 時代は大正時代であり、忍者のような戦闘シーン、綺麗で和のセンスが光るアニメーションに、主人公の炭治郎は愛と絆を大事にしています。 ややグロテスクで重めなストーリーではあるものの、テンポよく進んでいき、ストーリーも難しくありません。 まさに外国人が見るのにもぴったりなアニメと言えそうです。 鬼滅の刃がつまらない理由まとめ!やはり面白い? 今回は鬼滅の刃がつまらないと言われる理由について、まとめました。 鬼滅の刃は現在大ヒットしていますが、一部ではつまらない、面白くないという意見が上がっているようです。 鬼滅の刃はストーリーは単純めで、設定などややツッコミたくなる部分はあるようですが、より広い層に受け入れられやすい作品になっているようですね。 複雑で面白い作品、ガチで厳しい戦闘モノを好むような人には、物足りないという意味で、つまらないという意味で、面白くないと言われている場合が多いようです。 そういうことから特に女性に人気な作品となっていて、好き嫌いはやや分かれるようですが、大ヒットに間違いはないのでやはり面白い作品だと言えるでしょう。 今後の展開も気になりますね!最新情報をチェックしていきましょう! あなたにオススメ.

次の