ガルーダ インドネシア。 ガルーダ・インドネシア航空のご案内|バリ王

ガルーダ・インドネシア航空 機材一覧

ガルーダ インドネシア

概要 [ ] 社名の「ガルーダ」は、でもあるの神鳥から取られている。 インドネシアのいわゆる「」である。 の座席予約システム()は、が運営するを利用している。 ハッジチャーター [ ] 国のインドネシアの航空会社である為、時期によってはの為、他社から機材をリースしてチャーター便を運航(ハッジチャーター)したりするので、保有機材中にハイブリッド塗装の機体が見られることがよくあり、運航の合間に通常定期路線に同機材を投入することもある。 機内入国審査プログラム [ ] 同社は一部の長距離便で、独自の入国審査プログラム「機内入国審査プログラム」を実施していたが 、2015年1月7日で終了した。 これは、搭乗前にインドネシアの代金を支払い、機内にて到着査証の発給と入国審査を同乗する入国審査官が行い、到着後は専用ブースを通ってインドネシアに入国できた。 1990年代 [ ] 創立時からほぼ全世界に等しいほど乗り入れていたが、のによりマニラ・ホノルル経由ロサンゼルス便率いる北米線と欧州線のほとんどが廃止された。 2001-2009年 [ ] (EU)が「安全性に問題がある」として、他の全てのインドネシアの航空会社とともに2007年7月6日からのを決定されていた。 また、(FAA)も、全てのインドネシアの航空会社は安全面の水準がの基準に合わないとされ、2007年4月頃にはガルーダ・インドネシア航空の搭乗予定者(特に人)に注意を呼びかけていた。 更に加盟航空会社との提携も旅客・貨物ともすべて中止していた。 ジャカルタまたはデンパサールを起点に、をめどに再びや、への3路線への就航を計画し、2月に社に最新機材を大量発注した上、2007年以降に大きな事故がないことからEU域内への乗り入れ禁止解除を要望していた。 しかし、2008年のリリースで「安全対策がまだ不十分」として却下されたが、一年後の2009年7月14日にリスト更新で同社の管理体制が国際基準の安全性を満たしているとして、他3社と同時に2年ぶりに禁止解除され、2010年6月よりジャカルタ/ドバイ/アムステルダム線の運航を再開した。 2009年-現在 [ ] EUの乗り入れ禁止解除を受け、2009年7月に「 the Quantum Leap」という再建計画を発表した。 また同時にロゴ、制服、機体塗装、尾翼のデザインなどが一新された。 このデザインはアメリカの大手デザイン事務所によるものである。 2010年11月23日に・に加盟する契約を締結し 、2014年3月5日に加盟した。 それに合わせて、スカイチーム塗装をまとったB737-800(機体番号:PK-GMH)もお披露目されている。 2012年3月13日に日本就航50周年を迎え、4月27日にに就航した。 2013年10月16日にと相互協力協定を締結。 2014年3月30日からインドネシア - 日本路線とジャカルタ・デンパサール発着の国内線の一部で(ANA)とを開始した。 2012年3月に中止した中部国際空港への乗り入れを、発着地をデンパサールからジャカルタに変更し、3月より再開する予定であったが、2015年に経営陣が変わりこれまでの路線拡大から路線見直しに経営方針が変わったため、再開が見送られることとなった。 当初の主な理由としてからの自動車関連企業などのインドネシア進出が急増した事が挙げられた。 2017年からは経由でロサンゼルス国際空港へ乗り入れを再開する計画であった。 1997年までマニラ・ホノルル経由で乗り入れていたが、アジア通貨危機の影響で乗り入れを中止して以来20年ぶりの北米線となる予定であったが、他社とのコードシェアの活用や不採算路線の見直しなどの経営改革に着手した。 そのため、自社による北米線の再就航は見送られた。 2018年、とコードシェア提携を始めた。 2018年9月、(JAL)と提携することになり、2018年10月以降はJALとコードシェアを実施、当初は一部の路線が対象となる。 JAL運航の成田 - ロサンゼルス・ニューヨーク線も当初のコードシェアの対象となっており、それが北米線の自社運航を見送った代替となる。 その後順次対象路線の拡充が進められ、マイレージの提携も今後実施される予定。 ANAとの提携も当面の間は継続され、1年後を目処にガルーダ・インドネシア航空はJAL、ANAとの中で日本での共同事業の相手を選択する見込み。 機材 [ ] リスト [ ] 2019年3月現在、ガルーダ・インドネシア航空の機材は以下の航空機で構成される。 機 種 保有数 発注数 座席数 備 考 F C Y 計 7 - - 36 186 222 7 - - 36 215 251 6 - - 360 360 1990年代初期導入機A330-341型 モノクラス仕様 4 - 24 263 287 73 - - 12 150 162 客室737MAX8仕様へ改修予定 1 - - 8 162 170 を受けて緊急の運用停止措置をとった。 また、2019年3月14日付で、導入予定だった50機の内、既に納入された1機を除く49機全ての発注を取り消した。 2 - 8 38 268 314 8 - 26 367 393 18 - - 12 84 96 サブブランド "Explore Jet" として運航 16 9 - - 70 70 サブブランド "Explore" として運航 計 142 確認中 画像 [ ]• ボンバルディアCRJ1000NextGen なお、同社が自社発注したボーイング社製旅客機のカスタマーコード(顧客番号)は U3で、航空機の形式名は737-5 U3、737-8 U3、777-3 U3などとなる。 発注機材 [ ]• x14• x30• x30 上記の機材は2015年のにて購入する意向を示しており、エアバス A350-900とボーイング 787-9はそれぞれ30機ずつ、 ボーイング 737MAX8は最大30機発注している。 また、ボーイング 737MAX8に至っては2014年10月に50機発注を公表している。 しかし、に発生したを受け、B737 MAXの発注を全て取り消した。 A330neoは発注済みの7機のA330からの切替えで、発注数を増やし計14機を発注している。 退役機材 [ ]• 2代目塗装から3代目塗装へ移行する際に作られた特別塗装機 就航都市 [ ] ガルーダインドネシア航空 就航都市 (2016年6月 現在) 国 都市 空港 備考 メインハブ空港 ハブ空港 焦点都市 バンコク経由 休・廃止路線 2016年3月31日から寄港地をヒースローに変更 2017年成田国際空港経由で乗入再開予定。 再開すれば1997年のアジア通貨危機以来20年ぶりのアメリカ乗入である。 便名 [ ]• GA086-089: ヨーロッパ• GA100-199: 国内線(スマトラ)• GA201-299: 国内線(中部ジャワ、マラン)• GA300-399: 国内線(スラバヤ)• GA400-499: 国内線(バリ、ヌサ・トゥンガラ)• GA500-599: 国内線(カリマンタン)• GA600-699: 国内線(スラウェシ、マルク、パプア)• GA700-799: オーストラリア• GA800-899: アジア• GA900-999: 中東 機内サービス [ ] ガルーダ・インドネシア航空の、東京- 座席構成は、一部を除きビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で、ボーイング777-300ERのみ機内Wi-Fiを搭載したの設定がある3クラス制となっている。 中・長距離路線では、最新の機内エンターテイメントシステムが搭載されている。 日本発着路線のでは、インドネシア料理のほか和食・洋食が提供され、ビジネスクラスを対象に事前予約も可能である。 2016年2月1日に受領したB777-300ER(機体番号:PK-GIK)とA330-300(機体番号:PK-GPZ)には、フルフラットになるビジネスクラス「スーパーダイヤモンドシート」 と新仕様のエコノミークラスを搭載。 事故と事件 [ ] の最初の事件以来、ガルーダ・インドネシア航空は14回の死亡事故を起こしている。 主なものは以下の通り。 - (:PK-GNQ)は、悪天候下でへ進入中、により機体のバランスを崩してテレビ電波ののアンテナ塔に接触し、手前のに墜落した。 乗員8名、乗客37名の計45名のうち、乗員4名、乗客19名の計23名が死亡した。 搭乗者の中に日本人3名(在住2名と在住1名)が含まれていたが、全員死亡した。 ジャカルタ在住の2名はジャカルタ事務所の駐在員で、出張先のからジャカルタに帰る為に当便を利用し、事故に巻き込まれた。 なお、事故機は1976年に製造された機材であった。 - は、をする際にエンジンに異常が起き、機長がを超過しているにも関わらず離陸中止を決断したため、滑走路をし、第三エンジン燃料管が断ち切れ炎上し機体は大破。 275人の乗員・乗客の内3人が死亡した。 - から直行便のは、視界不良の中、の18マイル手前のシボランギットに墜落した。 222人の乗客と12人の乗員の全員が死亡。 インドネシア史上最悪の航空事故となった。 - 発アジスプチト行きのは、のなかを飛行中両エンジンが停止し、ソロ川へのを余儀なくされた。 乗員乗客60人のうち死者わずか1名という奇跡的な結果になった。 - ジャカルタから飛ぶ-400(機体記号:PK-GZC)は、午前7時、ジョグジャカルタのに着陸時にオーバーランして、水田に突っ込み炎上した。 少なくとも21人が死亡。 これにより、事故機の機長が業務上過失致死傷容疑でインドネシア警察当局に逮捕された。 出典 [ ] []• Traicy 2014年12月17日付• アマデウス・ジャパン. 2015年9月26日閲覧。 2015年9月27日閲覧。 2015年9月26日閲覧。 Garuda Indonesia• Garuda Indonesia• トラベルビジョン. 2014年12月15日. 2016年5月4日閲覧。 eTurbo News. 2010年12月9日閲覧。 (ランドーアソシエイツ公式サイト)• (ガルーダ・インドネシア航空日本語公式サイトより)• 航空2013年12月17日(火) 10時05分 レスポンス• (2013年10月23日、)• Traicy 2014年3月10日付• 2014年7月1日 夕刊一面()• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2015年6月17日 06:55 JST• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2015年6月16日 18:15 JST• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2014年10月13日 15:43 JST• Christy Rosana, Francisca. Tempo. 2019年3月14日閲覧。 - マイナビニュース 2016年4月20日• www. garuda-indonesia. com. 2019年9月16日閲覧。 FlyTeam 2016年12月8日付• FlyTeam 2013年8月2日付• FlyTeam 2014年9月8日付• James Mellon 2016年4月1日. Flightglobal. 2016年5月4日閲覧。 FlyTeam 2016年1月29日付• 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ガルーダ・インドネシア航空に関連する および があります。 (英語)• (日本語).

次の

【搭乗レポ】ガルーダインドネシア航空でバリ島へ!エコノミークラスの機内食・映画・アメニティーを紹介

ガルーダ インドネシア

ビジネスクラスご利用のお客様への特別サービス 事前座席指定 窓側・通路側など事前に座席を指定することが可能です。 ウェルカムドリンク シャンパンなどウェルカムドリンクで皆さまをお出迎えいたします。 エンターテイメント 全席にタッチパネル式のAVOD オーディオ ビジュアル オンデマンド システムを採用。 機内エンターテインメントはインドネシアの映画やTV番組、音楽などもお楽しみいただけます。 ビジネスクラス特典 各空港に専用のチェックインカウンターで搭乗手続きをしていただけます。 成田・ジャカルタ空港には優先レーンをご用意しています。 各空港にて専用ラウンジをご利用いただけます。 受託手荷物を64kgまで無料で承ります ビジネスクラス専用チェックインカウンター 成田国際空港第1ターミナル 北ウィング内Aカウンター 羽田空港国際線旅客ターミナル 3階 Lカウンター 関西国際空港旅客ターミナル 南ウィング内Fカウンター 機内食 丹精込めてお作りする自慢の機内食をお召し上がりください。 メニューは和食、洋食そしてインドネシア料理をご用意しております。 一流のレストランで味わうような贅沢なひとときをお楽しみください。 ビジネスクラスラウンジのご利用 成田国際空港第1ターミナル 「デルタスカイクラブ」 羽田国際空港 「TIATラウンジ・TIATラウンジアネックス」 関西国際空港 「JALサクララウンジ」 機内食 到着空港では航空会社に預けられた手荷物が優先的に引き渡しされます。 空港での待ち時間が短縮されます。 無料受託手荷物 機内持込手荷物を含む ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスで制限重量が異なります。 ジャカルタを経由して弊社便にて同日乗継をされるお客様でお荷物を最終目的地までお預けになりたいお客様は、 必ず日本出発空港でのチェックインの際に、インドネシア入国時に税関審査において 申告品のある課税か申告品のない免税であるかをお申し出ください。 超過手荷物料金はご利用の区間によって異なりますので、詳細はガルーダ・インドネシア航空までお問い合わせください。 詳しくは、事前にガルーダ・インドネシア航空またはご利用の旅行会社へお問い合わせください。 また、1つの重量が32kg 70ポンド を超える手荷物については、お預かりできませんので2つ以上に分けていただくか、貨物をご利用ください。 特にオーストラリア・UAE アラブ首長国連邦 へお出かけの方はご注意ください。 万一お預けになられ手荷物事故となった場合も、航空会社は責任を負いません。 また、手荷物の取り扱いには十分注意をしておりますが、 受託手荷物の未着や破損等の手荷物事故の場合は、手荷物受取りエリア内のサービスカウンターにて必ずお申し出ください。 事後のお申し出には対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。 なお、破損の原因が明らかに航空会社に起因する場合を除いては、破損のお申し出はお受け出来かねますのでご了承ください。 過重量・過容量による手荷物破損、老朽化など手荷物固有の不具合に起因した破損 着脱式のキャスター、ストラップ、フック、名札等の突起した付属品の欠損 軽微な破損 擦り傷や切り傷、へこみ、汚れ等 ペットのお持込について 機内へのペットのお持込はできません。 鍵のかかるケージに入れ、必要書類をご準備いただいた場合のみ、受託手荷物としてお預かりします。 必ず事前にガルーダ・インドネシア航空またはご利用の旅行会社へお問い合わせください。 お知らせ 現在、哺乳類 ペット並びに動物 のお預かりをしておりません 2013年5月20日現在。 哺乳類 ペット並びに動物 のお預かり再開時には弊社ウェブサイトにてお知らせします。 スポーツ用品他 ガルーダ・インドネシア航空では、旅先でスポーツやホビーをお楽しみいただけるよう、 お1人様、下記の内容に限り無料でお預かりいたします。 他の受託手荷物とは別梱包にして、チェックイン時に内容物をお知らせください。 お預入れに際してはリミテッドリリースタグ 免責同意書 にサインを頂戴いたします。 上記に記載されたアイテム以外のもの、もしくはサイズ・重さが上記を超える場合については、 事前にガルーダ・インドネシア航空またはご利用の旅行会社へお問い合わせください。 手荷物受託条件の適用について IATA新規則 IATA決議302号 の通達に準じた取り扱いとなるため、お客さまのご旅程に他航空会社運航便 含む他社運航コードシェア便 が含まれている場合は、取り扱いが異なる場合があります。 他社運航コードシェア便にご搭乗の場合は、運航会社の荷物規則が適用となりますのでご注意ください。 安全で快適なフライトの為に、お客さまのご理解とご協力をお願いいたします。 液体物の機内持込制限について 国土交通省の指示により、2007年3月1日より日本発国際線全便を対象に機内持込手荷物に関して、以下の制限が実施されておりますが、 インドネシア発着の全ての国際線航空機内への液体物持込制限も2007年3月31日より実施されます。 規制の内容は日本発と同じく、ICAO 国際民間航空機関 のルールに準じます。 液体類の機内持ち込みが以下の通り制限されます。 なお、今回導入される新ルール 概要は以下の通り は、液体物 ジェル及びエアゾールを含む をインドネシア発着の国際線機内に手荷物として持ち込む際の制限であり、受託手荷物には適用されません。 あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる 容器が100mlを超える容器に入っている場合、100ml以下の液体物であっても不可• それらの容器を再封可能な容量1リットル以下の透明プラスチック製ジッパー付袋に余裕を持って入れる。 袋のサイズは縦と横の和が40cm以内が目安• 旅客1人あたり1袋のみで、検査場で検査員に提示する。 医薬品、ベビーミルク・ベビーフード、特別な制限食は適用除外• スポーツ用品のお取り扱いについて スポーツ用品に対してのみ、お1人様スポーツ用品を1セットに限り無料でお預かりいたしております。 ガルーダマイルズは、便利でお得なサービスや特典を数多く提供。 マイルの獲得は、ガルーダ航空搭乗のご利用だけではなく、提携航空会社等のご利用でマイルを獲得していただけるマイレージプログラムです。 マイレージがご自分の口座に正確に記録され、ステートメントレターあるいは会員口座で確認できるまで搭乗券およびeチケットの控え 旅程確認書 をご自身の責任において保管しておいてください。 マイレージサービスが受けられない場合は、お申し込みの旅行会社、およびバリ王では責任を負いかねますので予めご了承ください。

次の

【搭乗レポ】ガルーダインドネシア航空でバリ島へ!エコノミークラスの機内食・映画・アメニティーを紹介

ガルーダ インドネシア

概要 [ ] 社名の「ガルーダ」は、でもあるの神鳥から取られている。 インドネシアのいわゆる「」である。 の座席予約システム()は、が運営するを利用している。 ハッジチャーター [ ] 国のインドネシアの航空会社である為、時期によってはの為、他社から機材をリースしてチャーター便を運航(ハッジチャーター)したりするので、保有機材中にハイブリッド塗装の機体が見られることがよくあり、運航の合間に通常定期路線に同機材を投入することもある。 機内入国審査プログラム [ ] 同社は一部の長距離便で、独自の入国審査プログラム「機内入国審査プログラム」を実施していたが 、2015年1月7日で終了した。 これは、搭乗前にインドネシアの代金を支払い、機内にて到着査証の発給と入国審査を同乗する入国審査官が行い、到着後は専用ブースを通ってインドネシアに入国できた。 1990年代 [ ] 創立時からほぼ全世界に等しいほど乗り入れていたが、のによりマニラ・ホノルル経由ロサンゼルス便率いる北米線と欧州線のほとんどが廃止された。 2001-2009年 [ ] (EU)が「安全性に問題がある」として、他の全てのインドネシアの航空会社とともに2007年7月6日からのを決定されていた。 また、(FAA)も、全てのインドネシアの航空会社は安全面の水準がの基準に合わないとされ、2007年4月頃にはガルーダ・インドネシア航空の搭乗予定者(特に人)に注意を呼びかけていた。 更に加盟航空会社との提携も旅客・貨物ともすべて中止していた。 ジャカルタまたはデンパサールを起点に、をめどに再びや、への3路線への就航を計画し、2月に社に最新機材を大量発注した上、2007年以降に大きな事故がないことからEU域内への乗り入れ禁止解除を要望していた。 しかし、2008年のリリースで「安全対策がまだ不十分」として却下されたが、一年後の2009年7月14日にリスト更新で同社の管理体制が国際基準の安全性を満たしているとして、他3社と同時に2年ぶりに禁止解除され、2010年6月よりジャカルタ/ドバイ/アムステルダム線の運航を再開した。 2009年-現在 [ ] EUの乗り入れ禁止解除を受け、2009年7月に「 the Quantum Leap」という再建計画を発表した。 また同時にロゴ、制服、機体塗装、尾翼のデザインなどが一新された。 このデザインはアメリカの大手デザイン事務所によるものである。 2010年11月23日に・に加盟する契約を締結し 、2014年3月5日に加盟した。 それに合わせて、スカイチーム塗装をまとったB737-800(機体番号:PK-GMH)もお披露目されている。 2012年3月13日に日本就航50周年を迎え、4月27日にに就航した。 2013年10月16日にと相互協力協定を締結。 2014年3月30日からインドネシア - 日本路線とジャカルタ・デンパサール発着の国内線の一部で(ANA)とを開始した。 2012年3月に中止した中部国際空港への乗り入れを、発着地をデンパサールからジャカルタに変更し、3月より再開する予定であったが、2015年に経営陣が変わりこれまでの路線拡大から路線見直しに経営方針が変わったため、再開が見送られることとなった。 当初の主な理由としてからの自動車関連企業などのインドネシア進出が急増した事が挙げられた。 2017年からは経由でロサンゼルス国際空港へ乗り入れを再開する計画であった。 1997年までマニラ・ホノルル経由で乗り入れていたが、アジア通貨危機の影響で乗り入れを中止して以来20年ぶりの北米線となる予定であったが、他社とのコードシェアの活用や不採算路線の見直しなどの経営改革に着手した。 そのため、自社による北米線の再就航は見送られた。 2018年、とコードシェア提携を始めた。 2018年9月、(JAL)と提携することになり、2018年10月以降はJALとコードシェアを実施、当初は一部の路線が対象となる。 JAL運航の成田 - ロサンゼルス・ニューヨーク線も当初のコードシェアの対象となっており、それが北米線の自社運航を見送った代替となる。 その後順次対象路線の拡充が進められ、マイレージの提携も今後実施される予定。 ANAとの提携も当面の間は継続され、1年後を目処にガルーダ・インドネシア航空はJAL、ANAとの中で日本での共同事業の相手を選択する見込み。 機材 [ ] リスト [ ] 2019年3月現在、ガルーダ・インドネシア航空の機材は以下の航空機で構成される。 機 種 保有数 発注数 座席数 備 考 F C Y 計 7 - - 36 186 222 7 - - 36 215 251 6 - - 360 360 1990年代初期導入機A330-341型 モノクラス仕様 4 - 24 263 287 73 - - 12 150 162 客室737MAX8仕様へ改修予定 1 - - 8 162 170 を受けて緊急の運用停止措置をとった。 また、2019年3月14日付で、導入予定だった50機の内、既に納入された1機を除く49機全ての発注を取り消した。 2 - 8 38 268 314 8 - 26 367 393 18 - - 12 84 96 サブブランド "Explore Jet" として運航 16 9 - - 70 70 サブブランド "Explore" として運航 計 142 確認中 画像 [ ]• ボンバルディアCRJ1000NextGen なお、同社が自社発注したボーイング社製旅客機のカスタマーコード(顧客番号)は U3で、航空機の形式名は737-5 U3、737-8 U3、777-3 U3などとなる。 発注機材 [ ]• x14• x30• x30 上記の機材は2015年のにて購入する意向を示しており、エアバス A350-900とボーイング 787-9はそれぞれ30機ずつ、 ボーイング 737MAX8は最大30機発注している。 また、ボーイング 737MAX8に至っては2014年10月に50機発注を公表している。 しかし、に発生したを受け、B737 MAXの発注を全て取り消した。 A330neoは発注済みの7機のA330からの切替えで、発注数を増やし計14機を発注している。 退役機材 [ ]• 2代目塗装から3代目塗装へ移行する際に作られた特別塗装機 就航都市 [ ] ガルーダインドネシア航空 就航都市 (2016年6月 現在) 国 都市 空港 備考 メインハブ空港 ハブ空港 焦点都市 バンコク経由 休・廃止路線 2016年3月31日から寄港地をヒースローに変更 2017年成田国際空港経由で乗入再開予定。 再開すれば1997年のアジア通貨危機以来20年ぶりのアメリカ乗入である。 便名 [ ]• GA086-089: ヨーロッパ• GA100-199: 国内線(スマトラ)• GA201-299: 国内線(中部ジャワ、マラン)• GA300-399: 国内線(スラバヤ)• GA400-499: 国内線(バリ、ヌサ・トゥンガラ)• GA500-599: 国内線(カリマンタン)• GA600-699: 国内線(スラウェシ、マルク、パプア)• GA700-799: オーストラリア• GA800-899: アジア• GA900-999: 中東 機内サービス [ ] ガルーダ・インドネシア航空の、東京- 座席構成は、一部を除きビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で、ボーイング777-300ERのみ機内Wi-Fiを搭載したの設定がある3クラス制となっている。 中・長距離路線では、最新の機内エンターテイメントシステムが搭載されている。 日本発着路線のでは、インドネシア料理のほか和食・洋食が提供され、ビジネスクラスを対象に事前予約も可能である。 2016年2月1日に受領したB777-300ER(機体番号:PK-GIK)とA330-300(機体番号:PK-GPZ)には、フルフラットになるビジネスクラス「スーパーダイヤモンドシート」 と新仕様のエコノミークラスを搭載。 事故と事件 [ ] の最初の事件以来、ガルーダ・インドネシア航空は14回の死亡事故を起こしている。 主なものは以下の通り。 - (:PK-GNQ)は、悪天候下でへ進入中、により機体のバランスを崩してテレビ電波ののアンテナ塔に接触し、手前のに墜落した。 乗員8名、乗客37名の計45名のうち、乗員4名、乗客19名の計23名が死亡した。 搭乗者の中に日本人3名(在住2名と在住1名)が含まれていたが、全員死亡した。 ジャカルタ在住の2名はジャカルタ事務所の駐在員で、出張先のからジャカルタに帰る為に当便を利用し、事故に巻き込まれた。 なお、事故機は1976年に製造された機材であった。 - は、をする際にエンジンに異常が起き、機長がを超過しているにも関わらず離陸中止を決断したため、滑走路をし、第三エンジン燃料管が断ち切れ炎上し機体は大破。 275人の乗員・乗客の内3人が死亡した。 - から直行便のは、視界不良の中、の18マイル手前のシボランギットに墜落した。 222人の乗客と12人の乗員の全員が死亡。 インドネシア史上最悪の航空事故となった。 - 発アジスプチト行きのは、のなかを飛行中両エンジンが停止し、ソロ川へのを余儀なくされた。 乗員乗客60人のうち死者わずか1名という奇跡的な結果になった。 - ジャカルタから飛ぶ-400(機体記号:PK-GZC)は、午前7時、ジョグジャカルタのに着陸時にオーバーランして、水田に突っ込み炎上した。 少なくとも21人が死亡。 これにより、事故機の機長が業務上過失致死傷容疑でインドネシア警察当局に逮捕された。 出典 [ ] []• Traicy 2014年12月17日付• アマデウス・ジャパン. 2015年9月26日閲覧。 2015年9月27日閲覧。 2015年9月26日閲覧。 Garuda Indonesia• Garuda Indonesia• トラベルビジョン. 2014年12月15日. 2016年5月4日閲覧。 eTurbo News. 2010年12月9日閲覧。 (ランドーアソシエイツ公式サイト)• (ガルーダ・インドネシア航空日本語公式サイトより)• 航空2013年12月17日(火) 10時05分 レスポンス• (2013年10月23日、)• Traicy 2014年3月10日付• 2014年7月1日 夕刊一面()• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2015年6月17日 06:55 JST• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2015年6月16日 18:15 JST• - Aviation Wire 株式会社旭技研 2014年10月13日 15:43 JST• Christy Rosana, Francisca. Tempo. 2019年3月14日閲覧。 - マイナビニュース 2016年4月20日• www. garuda-indonesia. com. 2019年9月16日閲覧。 FlyTeam 2016年12月8日付• FlyTeam 2013年8月2日付• FlyTeam 2014年9月8日付• James Mellon 2016年4月1日. Flightglobal. 2016年5月4日閲覧。 FlyTeam 2016年1月29日付• 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ガルーダ・インドネシア航空に関連する および があります。 (英語)• (日本語).

次の