三重 大学 病院。 歯科・口腔外科 | 三重大学医学部附属病院

紹介状をお持ちください | 三重大学医学部附属病院

三重 大学 病院

日本救急医学会認定救急科専門医指定施設 日本血液学会認定血液研修施設 呼吸器外科専門医認定機構基幹施設 日本小児科学会認定小児科専門医研修施設 日本アレルギー学会認定教育施設 日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設 日本核医学会認定医教育病院 日本顎関節学会認定研修機関 日本眼科学会専門医制度研修施設 日本肝臓学会専門医制度認定施設 日本肝臓学会認定施設 日本気管支学会認定施設 日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設 日本外科学会専門医制度修練施設 日本外科学会認定医制度修練施設 日本口腔外科学会認定研修機関 日本呼吸器学会認定施設 日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設 日本周産期・新生児医学会専門医制度 (周産期新生児専門医)の暫定研修施設 日本集中治療医学会専門医研修施設 日本循環器学会専門医研修施設 日本消化器外科学会専門医修練施設 日本消化器内視鏡学会認定指導施設 日本消化器病学会専門医制度認定施設 日本小児外科学会専門医育成認定施設 日本神経学会専門医制度教育施設 日本腎臓学会研修施設 日本大腸肛門病学会専門医修練施設 日本糖尿病学会認定教育施設 日本透析医学会認定施設 日本乳癌学会認定医・専門医制度研修施設 日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練所 日本泌尿器科学会専門医教育施設 日本皮膚科学会認定専門医研修施設 日本肥満学会認定肥満症専門病院 日本病態栄養学会認定栄養管理・NST実施施設 日本ペインクリニック学会認定医研修施設 日本放射線腫瘍学会認定施設 日本麻酔科学会麻酔科認定病院 日本輸血学会認定輸血検査技師制度指定施設 日本臨床検査医学会準認定病院 日本老年医学会認定施設 日本老年精神医学会認定施設 婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構の登録参加施設 放射線科専門医修練機関 心臓血管外科専門医認定機構基幹施設 日本整形外科学会専門医制度研修施設 厚労省指定臨床研修病院 三重大学医学部教育実習施設 基幹型臨床研修指定病院 日本環境感染学会認定教育施設 日本感染症学会研修施設 臨床遺伝専門医制度研修施設 日本リウマチ学会教育認定施設 日本病理学会病理専門医研修認定施設 日本緩和医療学会専門医認定施設 日本臨床薬理学会専門医制度研修施設 日本臨床細胞学会認定施設・教育施設 日本東洋医学会研修施設 日本内分泌学会 認定教育施設 日本脳神経血管内治療学会専門医制度研修施設 日本脊髄外科学会認定訓練施設 日本脳卒中学会認定研修教育施設 エイズ治療拠点病院 地域災害拠点病院 がん診療連携拠点病院 肝疾患診療連携拠点病院 小児がん拠点病院 三重県アレルギー疾患医療拠点病院 本院は、1876 明治9 年5月に三重県医学校兼治療所 初代校長・病院長:野口安次 が安濃郡塔世村 現在の津市栄町 に設置されたことに端を発し、1889 明治22 年9月に三重県医学校廃校に伴い病院施設が今井病院長に貸与され私立今井病院となり、 1910 明治43 年4月に貸与期間満了につき津市立病院となり、1943 昭和18 年12月に三重県立医学専門学校の設立に合わせて津市立病院が移管され同附属病院 津市栄町 となりました。 1972 昭和47 年5月に三重県立大学医学部が国立移管され、1973 昭和48 年10月 私は同年4月に医学部入学 に本院が現在の場所 津市江戸橋 に開院しました。 2012 平成24 年1月には屋上にヘリポートを備えた12階建ての新病棟が稼働し、 2015 平成27 年5月に新外来・診療棟が開院し、さらに2018 平成30 年3月には駐車場・外構工事も終了して、ここに全く新しい本院が完成しました。 また2019 令和元 年9月には本院敷地内を含む三重大学構内を散歩やジョギングができるトリムコース Trim course が整備され、皆様の憩いのコースとなることを期待しています。 本院の基本理念は、「信頼と安心が得られる地域医療の拠点として、未来を拓く診療・研究を推進し、人間性豊かな優れた医療人を育成する。 」です。 これを私なりに簡潔な表現に致しますと、「安全文化のもと高度救急・先端医療の推進と地域医療への貢献」となります。 すなわち本院では、高度救急、先端医療を、心の安らぎ・癒しと共に提供できる病院環境を構築するとともに、臓器別診療体制により、ほぼすべての医療領域をカバーすることができる専門診療科を開設し、さらに専門診療科および職種の異なる医療従事者を横断的・有機的につなげるためのセンター機能 周産母子センター、血管ハートセンター、緩和ケアセンターなど を充実させることで、診療面において総合的なパワーアップが図られています。 大学病院の使命である診療、研究、教育、地域貢献ならびに国際化の活動において、大きく飛躍できる基盤が整備されています。 本院は、診療においては三重県唯一の特定機能病院 高難度手術や先端医療を提供できる医療機関として厚生労働省に承認を受けた医療機関 として、高度急性期・急性期医療に携わり、三重県の医療における最後の砦として県民、市民の皆様のご期待に沿えるよう努力して参ります。 また、がんセンターのない三重県において、県下の病院と密接なネットワークを構築し、最新かつ先進的ながん診断・治療を行えるがん診療連携拠点病院、小児がん拠点病院としての活動を進めて参ります。 また、個々のがん患者に最適な医療を提供するため、がんゲノム医療を牽引する高度な機能を有する医療機関を目指しています。 救命救急センターの機能強化やドクターヘリによる救急医療をより活発にし、3次救急のみならず、2次医療圏にもさらに救急診療活動範囲を広げ、生活習慣病、循環器系疾患に対しても、迅速にレベルの高い医療を行える病院として、診療機能を高めています。 中央手術部には、各診療科が行う高度先端医療に対応するために、ハイブリッド手術室を完備して、臓器移植 腎移 植・肝移植など 、新生児手術 複雑心奇型も含む 、ロボット補助下内視鏡手術 ダビンチ:現在2台が稼働 、腹腔鏡・胸腔鏡などの鏡視下手術、センチネルリンパ節ナビゲーション手術から、日帰り手術まで幅広い手術に対応しています。 2017 平成29 年より形成外科やリウマチ・膠原病センターの診療活動も開始し、本年度はリハビリテーション部の充実と、痛みに関連した病気に悩んでいる患者さんを総合的に診断し治療する疼痛センターも開設します。 また、社会のニーズである質の高い臨床研究、国際医療や災害医療に関する活動推進も行っています。 教育に関しては、県下唯一の医学部医学科 現在定員125名 、さらに看護学科 現在定員80名 も兼ね備える三重大学医学部の教育病院として医師・看護師養成に重要な機能を果たしています。 医師の初期臨床研修 卒後2年間 に加え、2018 平成30 年度より開始された専門医制度 3年間 においても、三重大学が中心となり医師の育成を行っています。 看護師やメディカルスタッフの卒後教育、キャリア形成教育にも力を入れ、臨床研修・キャリア支援部を中心としてこれらの活動を推進しています。 医学・医療の発展と、医療人のキャリア形成に重要な研究、特に臨床研究に関しても、本院は三重県における中心的施設です。 本院の臨床研究開発センターが中心となり、県下の診療情報データベースを繋いだ30万人規模の地域圏統合型医療情報データベース事業 Mie-LIP DB も実働が始まり、2018 平成30 年4月1日より施行された臨床研究法を遵守した質の高い臨床研究の推進にも重要な機能を発揮していきます。 さらに本院は、県内唯一の大学病院で、創立75年を超える歴史があることから、県内の多くの基幹病院などへ928名 平成29年6月1日現在 の医師派遣も行い、地域医療の充実、医師不足地域における医療の確保に貢献しています。 今後いま以上に努力を重ね、診療、研究、教育、地域貢献、国際化など、新しい時代のニーズに応えられるような病院を創生していきます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 0名 9. 0名 72. 0名/日 28. 0名/日 消化器・肝臓内科 -床 16. 0名 16. 0名 88. 0名/日 28. 0名/日 呼吸器内科 -床 10. 0名 3. 0名 50. 0名/日 23. 0名/日 腎臓内科 -床 6. 0名 3. 0名 30. 0名/日 8. 0名/日 血液内科 -床 12. 0名 8. 0名 34. 0名/日 25. 0名/日 腫瘍内科 -床 6. 0名 4. 0名 24. 0名/日 13. 0名/日 糖尿病・内分泌内科 -床 21. 0名 9. 0名 36. 0名/日 5. 0名/日 脳神経内科 -床 17. 0名 11. 0名 47. 0名/日 18. 0名/日 消化管外科 -床 17. 0名 7. 0名 44. 0名/日 28. 0名/日 肝胆膵・移植外科 -床 10. 0名 9. 0名 33. 0名/日 41. 0名/日 心臓血管外科 -床 10. 0名 4. 0名 14. 0名/日 16. 0名/日 呼吸器外科 -床 4. 0名 2. 0名 12. 0名/日 6. 0名/日 乳腺外科 -床 3. 0名 1. 0名 58. 0名/日 8. 0名/日 小児外科 -床 12. 0名 3. 0名 10. 0名/日 9. 0名/日 整形外科 -床 26. 0名 12. 0名 76. 0名/日 36. 0名/日 産科婦人科 -床 29. 0名 5. 0名 66. 0名/日 61. 0名/日 小児科 -床 13. 0名 12. 0名 30. 0名/日 44. 0名/日 精神科神経科 -床 13. 0名 7. 0名 78. 0名/日 22. 0名/日 皮膚科 -床 8. 0名 5. 0名 72. 0名/日 20. 0名/日 腎泌尿器外科 -床 12. 0名 2. 0名 83. 0名/日 27. 0名/日 眼科 -床 23. 0名 5. 0名 133. 0名/日 20. 0名/日 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 -床 13. 0名 5. 0名 69. 0名/日 35. 0名/日 脳神経外科 -床 17. 0名 9. 0名 38. 0名/日 26. 0名/日 形成外科 -床 4. 0名 2. 0名 16. 0名/日 6. 0名/日 放射線科 -床 26. 0名 18. 0名 66. 0名/日 1. 0名/日 リウマチ・膠原病センター -床 6. 0名 4. 0名 20. 0名/日 3. 0名/日 臨床麻酔部 -床 16. 0名 7. 0名 36. 0名/日 -名/日 救命救急センター -床 17. 0名 9. 0名 4. 0名/日 15. 0名/日 総合診療科 -床 1. 0名 1. 0名 2. 0名/日 -名/日 総合内科 -床 -名 -名 4. 0名/日 2. 0名/日.

次の

三重大学医学部附属病院 病院情報|民間医局レジナビ

三重 大学 病院

5月 16日に開催の採用試験は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、テレビ会議システムを利用した WEB面接となりました。 採用試験に応募頂いた方には、 5月 13日(月)に接続テストを実施する予定です。 詳細につきましては個別でお知らせします。 尚、以前のお知らせでは、採用試験に応募頂いた方には事前に本院が指定する問診票を郵送することをお伝えしていましたが、 WEB面接となるため問診票を郵送することはなくなりました。 ご不明な点、お聞きになりたい点などがある場合は下記にご連絡ください。 お問い合わせ先 三重大学医学・病院管理部総務課人事係 TEL: 059- 231-5046(直通) FAX: 059- 231-5645 E-mail: s-jinji mo. medic. mie-u. jp 採用情報 2020. 16 尚、採用試験への応募を頂いた方には、事前に本院が指定する問診票を郵送します。 問診票には、採用試験前4日間(5月12日~5月15日)の体温について確認する内容がありますので、この4日間の体温測定にもご協力ください。 ご回答いただいた問診票は試験当日に持参してください。 該当する項目があった場合は、5月16日の採用試験は受けて頂けない可能性があります。 その場合でも、2回目以後の採用試験を受けて頂くことができますので、問診票には事実を正しくご回答ください。 お手数をおかけしますが、受験者皆様の健康、安全への配慮と病院機能を維持するため、ご理解とご協力をお願いいたします。 ご不明な点、お聞きになりたい点などがある場合は下記にご連絡ください。 尚、以上のお知らせは4月14日時点のものであり、今後状況の変化により変更することがあります。 変更する情報は適宜ホームページに掲載しますのでご確認ください。 また、採用試験に応募を頂く際には、履歴書に、本院から確実に直接連絡をとることができる電話やメール等の連絡先を記載してください。 お問い合わせ先 三重大学医学・病院管理部総務課人事係 TEL 059-231-5046(直通) FAX 059-231-5645 E-mail s-jinji mo. medic. mie-u. jp 採用情報 2020.

次の

紹介状をお持ちください | 三重大学医学部附属病院

三重 大学 病院

治療方針 当科は歯科・口腔外科の高次医療機関として、下記の通り口腔外科疾患全般を対象に、三重県下の地域医療機関と連携して治療を行っております。 主な診療内容• 埋伏歯、智歯周囲炎(親知らずの炎症)• 顎骨炎、顎骨骨髄炎、薬剤関連顎骨壊死、歯性上顎洞炎など• 顎顔面外傷 歯の外傷、顎骨骨折など• 顎・口腔腫瘍:良性腫瘍、悪性腫瘍 舌がん、歯肉がんなど• 先天異常・顎変形症 下顎前突症、上顎前突症等• 嚢胞 歯根嚢胞、含歯性嚢胞、術後性上顎嚢胞、粘液嚢胞など• 口腔粘膜疾患 口内炎、口腔扁平苔癬、口腔白板症など• その他:顎関節症、唾液腺疾患、インプラント治療、顎骨再建、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の口腔内装具作成、周術期口腔ケア 当院で、手術、化学療法、放射線治療、緩和ケア等を受けられる方の口腔ケア 受診される方へ 口腔・顎顔面領域に生じる疾患は、感染症、腫瘍、嚢胞、外傷、先天異常、神経疾患のほか、顎関節疾患、唾液腺疾患など多岐にわたります。 当診療科は、これらの疾患を対象として、その治療や予防を行っています。 当科は県内の口腔外科の拠点であり、以下の3つを診療の柱に据えています。 第一に、治療成績が安定し国内で広く受け入れられている標準治療の提供を心がけています。 第二に、高次医療機関として顎顔面骨折や口腔がんなどにおいて先進的な医療を手がけています。 第三に、県内各所の関連病院と連携し横のつながりを密にしています。 このようにして、地域のニーズに応えられるよう努めています。 2020. 30 更新 月 火 水 木 金 初診 黒原一人 小泉 岳 福原大樹 磯村直樹 森裕美子 加藤千明 黒原一人 奥田悠大 古島夏子 加藤千明 福原大樹 新井直也 永田 心 奥田悠大 中村友亮 磯村直樹 森裕美子 村田 琢 清水香澄 中村友亮 福原大樹 古島夏子 磯村直樹 村田 琢 奥田悠大 休診 再診 乾眞登可 黒原一人 午後 中村友亮 午後 森裕美子 午後 加藤千明 午後 永田心 午前 古島夏子 口腔ケア 清水香澄 小泉 岳 午後 古島夏子 午後 加藤千明 午後 滝川 享 午後 中村友亮 森裕美子 永田 心 午前 奥村健哉 午後 口腔ケア 永田 心 午後 中村友亮 午後 森裕美子 午後 清水香澄 古島夏子 口腔ケア 加藤千明 黒原一人 午後 古島夏子 午後 永田 心 午前 朽名智彦 午後 加納慶子 午後 口腔ケア 清水香澄 中村友亮 加藤千明 森裕美子 永田 心 口腔ケア.

次の