ホエイプロテイン 筋トレ。 筋トレにおすすめなプロテイン人気ランキング15選【トレーニングの効果アップ!】

ホエイプロテインは効果やメリットが凄い!筋トレ以外でも最強プロテインだった!

ホエイプロテイン 筋トレ

ダイエットには色々な方法がありますが、男性ならまずは筋トレから始めるという人が多いかもしれません。 筋トレだけではなくプロテインを飲むことで効率よくダイエットができるとされています。 しかし、プロテインを飲む経験がなかった初心者からすると 「どんなプロテインを飲んだらいいのか分からない」という思いからプロテインに手を出していない人もいるのではないでしょうか。 そこで 今回はプロテイン初心者向けに、失敗しないプロテインの選び方について解説したいと思います。 筋肉に欠かせない物質のタンパク質には筋トレと合わせると有用なものがあります。 その中でも摂っておきたい代表的なものに 「ホエイ」と 「カゼイン」があります。 皆さんが目にしやすいものでいうと、ヨーグルトです。 ヨーグルトを食べる時に半透明の液体が出てくるのですが、その液体こそがホエイです。 ホエイは筋肉を作る源であるタンパク質を多く含んでいます。 また、筋肉の分解を防ぐアミノ酸であるBCAAやビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。 しかし、 ホエイは体への吸収が早いため、時間をかけて効果が持続するという効果は望むことができません。 ただ、体への吸収が早いということは、筋トレ直後の栄養補給には向いているということになります。 皆さんが目にしやすいものでいうと、ホットミルクです。 ホットミルクを作ってしばらく時間が経つと膜が浮かんでくるのですが、その膜がカゼインです。 ホエイは体への吸収が早いですが、 カゼインは4時間以上かけて体にゆっくり吸収されるという特徴があります。 まずホエイが体に素早く吸収され、筋トレ後の体に対してスピーディーにタンパク質を供給します。 そして、あとからカゼインがゆっくりと時間をかけて体にタンパク質を供給し続けます。 ホエイとカゼインはお互いの長所を生かしつつお互いの短所を補い合い、筋肉を作る源であるタンパク質を体に供給することができる最強の組み合わせなのです。 そんなホエイを多く含み、なおかつヨーグルト味で飲みやすいのが、inゼリー プロテインです。 プロテインと言えば、水に溶かして飲むイメージがあるという方もいるかと思います。 inゼリー プロテインはそんな手間をかけずに素早くタンパク質補給ができるため、運動後のリカバリーに最適なのです。 また、ホエイプロテインとカゼインプロテインについては、こちらの記事も参考にしてみてください。 その数値によると、20代~30代の人間が摂取すべきタンパク質は 1日60gだとしています。 しかし、ダイエットに向けて定期的に筋トレをしようとする人も一般の人と同じ量のタンパク質摂取量で良いのでしょうか? 定期的に運動をする人や、毎日ハードな運動をするアスリートは、体の重さ1キロにつき、毎日タンパク質がだいたい1. 2~2. 0グラム必要になります。 体重70kgの人であれば、1日あたり84~140gのタンパク質を摂らなければならないということになります。 これを食事のみで補おうとすると大変です。 どんぶり1杯分のご飯(300g相当)に含まれるタンパク質は7. 5g、コップ一杯の牛乳ですら6. 6gです。 もしプロテインを摂取してタンパク質を得ようとするなら、まずは自分の体重から1日に必要なタンパク質を算出し、その数値から食事で摂れるであろうタンパク質の量を引いた数字を摂取すれば良いでしょう。 タンパク質の必要量については下記の記事にて詳しく解説しています。 そんなにたくさんプロテインを摂取するのは難しそう…と思う方もいるかもしれません。 そういったとき、役に立つのがタンパク質補給補助食品。 inバー プロテインシリーズです。 バータイプで持ち運びしやすく、手軽に食べられるうえ、タンパク質は10gも入っているのです!味の種類も豊富で気分によっても変えられるのが楽しい商品です。 まずは筋トレをはじめとする運動をした後です。 運動をした後は筋肉が疲弊したり筋繊維が壊れたりしているので、体が回復させようとします。 その時にプロテインを摂取すれば効率よくタンパク質を使ってくれるので、 運動してからだいたい45分以内に摂取するようにしましょう。 次は寝る前です。 睡眠中は体が成長しやすくなるので、その前に体の元になるタンパク質を摂取しておけば、効率よく筋肉を成長させることができます。 しかし、寝る直前にプロテインを摂ると胃に負担がかかってしまうため、 寝る30分~1時間前にはプロテインを摂りましょう。 最後のタイミングは、朝ごはんを食べる時です。 例え眠る前にプロテインを摂取していても、寝ている間に全て吸収されてしまい、朝にはタンパク質が不足しているという状態になっています。 そこで 朝一番にプロテインを摂取すれば、体が吸収しやすくなるのです。 プロテイン初心者であれば、まずはこの3つのタイミングにプロテインを忘れずに摂取できれば合格です。 効率よくダイエットをするなら、プロテイン選びと一緒にプロテインの摂取量・タイミングも意識しながら、筋トレにプロテインを加えてみてはいかがでしょうか。 カラダづくりに適したプロテインでおすすめしたいのが、マッスルフィットプロテインです。 先ほど紹介したホエイ・ガゼインのほかプロテインの働きを強めるEMRを配合しているため、筋トレには適した商品と言えます。 プロテインの摂取タイミングについては、次の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

次の

プロテインで筋トレ効果アップ!仕組みやおすすめの摂取方法

ホエイプロテイン 筋トレ

そもそもプロテインってなに? プロテイン(Protein)は英語で「タンパク質」を意味し、ギリシア語の「一番大切なもの」が語源です。 タンパク質は三大栄養素の一つで、体にとって欠かせないものです。 市販されている「プロテイン」は、タンパク質を効果的に補給できるように構成されている栄養補助食品のことを指します。 タンパク質の役割 タンパク質は体の組織をつくる大事な栄養素の一つで、筋肉や髪、肌などの材料はもちろん、体のエネルギー源にもなります。 筋トレにプロテインは必要?効果的といわれるのはなぜ? 新しい筋肉を作るためには、その材料となるタンパク質を適したタイミングで必要量を摂取することが大切です。 プロテインは効率よく摂取できるので、筋トレをしている方には必需品といえます。 筋肉が発達する仕組み 強い負荷(刺激)のトレーニングは筋肉を疲労させ、傷つけますが、適切な栄養補給・休養(睡眠)を与えることで前回と同じ刺激に耐えられるように修復され、少し太くなります。 これを「超回復」といいます。 このとき、同じ強度・負荷でトレーニングを続けていると筋肉が重量に慣れてしまい、負荷をかけても刺激が入りにくくなります。 そのため、徐々にトレーニングの強度・負荷を上げる必要があります。 トレーニングだけではなく、タンパク質をはじめとする栄養摂取や運動後の休養をバランスよく管理し、定期的に繰り返すことで筋肉は発達していきます。 筋トレ時に必要なタンパク質量は? トレーニング時には、トレーニングをしていないときと比べて筋肉の材料となるタンパク質の必要量が増加します。 この必要量は、運動内容と強度、自身の体重に合わせて計算することができます。 運動内容・強度 体重1kgあたり必要なタンパク質量 g スポーツ愛好者(週4~5日、30分程度) 0. 8~1. 1 筋力トレーニング(維持期) 1. 2~1. 4 筋力トレーニング(増強期) 1. 6~1. 7 持久性トレーニング 1. 2~1. 4 断続的な高強度トレーニング 1. 4~1. 7 ウエイトコントロール期間 1. 4~1. 8 出典:樋口満 著編, コンディショニングのスポーツ栄養学 新版, 市村出版, 2007, p63 それでは筋肉を強化したいときに必要なタンパク質を単一食材で摂取した場合、一日当たりどのくらいの量になるのでしょうか。 男性70kg、女性50kgとしたとき、普通の生活と筋力トレーニング期(係数は1. 7を使用)を比較した例を以下の表でご紹介します。 また、単純に食事量が多くなるため食べるのが大変ということもあるでしょう。 プロテインのメリットの一つは、さまざまな種類・フレーバーが発売されているため好みのものを選びながら、脂質を抑えて必要なタンパク質量を手軽に補えるということです。 あなたの目的に合ったプロテインを選び活用してみてください。 正しいプロテインの摂取方法 プロテインを体づくりに有効活用するためには、どんなタイミングで、どのような種類を摂るのがよいのでしょうか? プロテインを摂取する適切なタイミングとは 目指す体型を実現するためには、摂取するタイミングが非常に重要です。 強靭な筋力・体を手に入れたいときは、体への栄養吸収率が高まるトレーニング後30分以内に、ウエイトアップしたいときは食事と併用し食後や補食にプロテインを摂ってみましょう。 健康維持のため、栄養バランスを整えたいときには食事前後、または疲労回復したいときは就寝前が適しています。 詳しくはこちら「」 プロテインは1種類じゃない!? プロテインには、ホエイ・カゼイン・ソイと大きく分けて3つの種類があります。 ホエイプロテイン プロテインといえばホエイプロテインを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?ホエイとはヨーグルトの上澄みにできる液体のことをいいます。 体への吸収が素早く行われるため、トレーニング後の筋肉の修復に適しています。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく、牛乳を原料としています。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いのに対し、カゼインプロテインは乳酸菌の働きにより固まる性質があるため、体への吸収はゆっくり行われます。 ソイプロテイン 大豆のタンパク質部分だけを粉末化したもので、糖質・脂肪が少なく植物性タンパク質を効果的に摂取できます。 3種類のプロテインまとめ 原料 主な効果 吸収速度(目安) ホエイ 牛乳(乳清) 高強度・筋トレ直後の補給 素早い カゼイン 牛乳 日常のタンパク質補給 ゆっくり ソイ 大豆 ダイエット・健康維持 ゆっくり プロテインを飲むと太る? プロテインはタンパク質を効果的に摂取するための栄養補助食品であり、筋肉増強剤ではありません。 トレーニング量に合った適切な量を摂っている場合は問題ありませんが、一度に必要以上のタンパク質を補給してもエネルギー過剰となって太ってしまうことも考えられます。 ご自身の運動量・食事量を把握したうえで、プロテインの種類・飲むタイミングに気を配るなどの工夫をしてみましょう。 筋トレに効果的な食事 筋トレの効果を出すために、食事の内容・質にも気を付けましょう。 通常の食事ではバランスよく食べることはもちろん、タンパク質を含むおかずを取り入れてみてください。 その際、動物性タンパク質と植物性タンパク質を組み合わせると、アミノ酸のバランスがとれて良質な筋肉の形成に役立ちます。 タンパク質を筋肉に合成するためには炭水化物(糖質)の摂取が必要です。 糖質を同時に摂取することでタンパク質の吸収を高める働きが期待できます。 糖質を摂取したときに分泌されるインスリンは新しいタンパク質作り(筋肉の合成)を促進し、筋肉の分解を抑制すると考えられています。 体を引き締めたいときでも過度な炭水化物カットはかえって逆効果となる可能性があります。 また、トレーニング開始前にはエネルギー源となる糖質と水分を補給しておきましょう。 おにぎりやバナナなど消化の良いものがおすすめです。 オレンジジュースなどでも十分な糖質が補給できます。 トレーニング終了後は30分以内にプロテインの補給を行ったうえで、できるだけ早くタンパク質と糖質を含む食事を摂取しましょう。 トレーニングと食事の間隔が短いほど、筋肉作りに有効と考えられています。 まとめ プロテインは、私たちの筋トレの効果を高めるためのサポートをしてくれます。 もちろん、プロテインだけに頼るのではなくバランスのとれた食事も大切です。 ご自身の運動量や目的にあわせてプロテインを摂取し、よりトレーニングを効果的に行いましょう。 おすすめ商品.

次の

筋トレしたら就寝前にカゼイン・プロテインを飲むのは正しいの?

ホエイプロテイン 筋トレ

連載「40オトコのための『失敗しない』プロテイン術」 筋トレのお供としてだけでなく、近年ではシェイプアップや健康維持に役立つサプリメントとしても注目される「プロテイン」。 基礎知識から活用法まで、カッコよく生きたいミドル男性が心得ておくべき、プロテイン摂取のノウハウを伝授しよう。 「ザバス」ブランドで知られる明治によれば、2019年の国内市場規模が480億円に達する見込みというプロテイン商品。 健康志向も後押しし、ドラッグストアやコンビニでも、プロテインバーやプロテイン飲料などが盛んに販売されている。 気軽に商品が手に入るのは便利だが、一方でどれを選べば良いか迷ってしまう人も多いはず。 そこで、プロテインに対する正しい理解を広めるための活動をしている山本圭一氏(プロテイン工房代表)に、商品の見極め方や、より自分にあった商品の選び方を聞いた。 【今回のアドバイザー】山本圭一さん プロテインブレンダー(株式会社プロテイン工房代表)、鍛錬家。 著書に『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』(幻冬舎)、『ゼロからはじめるプロテイン生活』(メディアバル)ほか。 現在は、プロテインへの正しい理解を広めるための活動に加え、「ソーシャルプロテイン」という考え方の普及にも努めている。 費用対効果が高いのはパウダータイプ プロテインバーやドリンクはTPOに応じて かつては、ほぼパウダータイプ一択だったプロテイン商品だが、最近では飲料に加えお菓子のようなプロテインバーやヨーグルトなど、プロテインを混ぜ込んだ商品がたくさん登場している。 プロテイン摂取に興味を持ち始めたビギナーなら、まずは、それぞれにどのような違いがあるのか、気になるはずだ。 「タンパク質を摂取するという目的を中心に考えれば、どのタイプの商品も根本的に違いはありません。 ただし、まず注意してほしいのが商品の成分表。 シンプルなプロテインパウダーに比べると、プロテインを混ぜ込んだ商品には、脂質や炭水化物が多く含まれている場合が多いんです。 つまり、プロテインパウダーに比べると高カロリーになっているというわけですね。 また、商品に含まれるタンパク質の量と価格の比率でも、割高になってしまうのは否めません」(山本氏、以下同)。 プロテインがブームになっている影響か、コンビニでも様々な種類のプロテイン商品が購入できるようになっている。 コンビニで手軽に購入できるというメリットがあるほか、味や食べやすさの好みは人それぞれなので一概にはいえないものの、タンパク質を効率よく摂取するという本来の目的や費用対効果を考えれば、やはりプロテインパウダーに軍配が上がると山本氏は指摘する。 食事とのバランスを考えながら、TPOに応じて上手に選ぶのが賢明ともいえるだろう。 タンパク質摂取の観点からみれば、実はホエイとソイに大差はない 一方、プロテインパウダーを含むプロテイン商品を選ぶ際には、プロテインの原料も注目すべきポイントとなる。 商品のパッケージを見ると、牛乳由来の「ホエイ」または大豆由来の「ソイ」にわかれているが、30~40代の男性なら、どちらを選ぶのがベターなのだろうか。 「ダイエット目的ならソイ、筋肉増強ならホエイというイメージが強いようですが、タンパク質として、そこまで大きな違いはないというのが、僕の実感からいえる意見です。 違いを強いて挙げるなら、ホエイは吸収速度が速いので運動前後にオススメ、対してソイは吸収速度が遅いものの、イソフラボンや不飽和脂肪酸が含まれているので、コレステロール低下などの健康効果が期待できるかもしれない、という程度。 牛乳に含まれる糖分を消化できず下痢や腹痛を起こす『乳糖不耐症』の自覚がある人はソイを選ぶというように、これも結局は自分の体質や好みにあわせて選べば良いと思いますね」。 ちなみに、山本氏を含めアスリート系(特にボディビルダー)はホエイを選ぶ人が多いそう。 30~40代の男性の場合、たとえば筋力アップが目的ならホエイ、コレステロール値が気になる人はソイというような選び方でも良いのかもしれない。 両方試して、自分にあうと感じられるものを選んでも良いだろう。 プロテインパウダーを選ぶ際には、成分表をよく見て自分にあったものを タンパク質を効率よく摂取できるほか、費用対効果面でもメリットがあるというプロテインパウダー。 しかし、スポーツ店やネットショップを見れば、こちらも多種多様な商品が並んでおり、どれを選べば良いか、特に初心者は迷ってしまうもの。 そこで最後に、山本氏が推奨するプロテインパウダーの賢い選び方を、ポイント別にまとめておこう。 現在、もっともよく見かけるのは『エルゴジェニック系』と呼ばれる、BCAAやクレアチン、各種ビタミンなどの成分が配合されているタイプ。 もちろん、これらの成分は筋肉や健康への良い効果が期待できるのですが、その分割高になってしまいます。 また、成分表を見ると配合量が意外と少ない商品が結構あるもの。 ひとつの商品で複数の成分が摂れるという手軽さはありますが、個人的には、それらの成分を必要と感じたら、別にサプリメントとして購入したほうがお得かなと考えています」。 よく見ると、同じ価格でもタンパク質の含有率が違う場合があるからです。 そこで注目してほしいのが、パッケージに記載されている1食あたりのタンパク質量。 この計算を覚えておけば、費用対効果の高いプロテインパウダーを選ぶことができるでしょう」。 しかし、実際の話、プロテインパウダーの原料は、すべて外国産ですから、国内製造だからと言って、外国製よりも優れていると言うことはないと思いますし、価格的にも国内製品よりも安く良質なものもあります。 ただし、傾向として外国製のほうが味が強い(添加物が多い可能性もある)場合や、どこで誰がどのように製造しているのかまでは、なかなかリサーチできませんので、本当に安心できるプロテインを望むなら、製造工場を実際に見学できるくらいの情報公開をしているメーカー(国内でも数えるほどしかないですが)のほうが安心かも知れませんね」。 山本氏のアドバイスからもわかるように、タンパク質を効率よく摂取するという観点からみれば、結局のところプロテインパウダー選びもTPOや好み次第。 いずれにしても大切なのは、普段の食事、そして運動とのバランス。 何度も言及したが、プロテインだけ摂取していれば健康になったり、筋力アップしたりということはあり得ない。 健康的な食事と運動との組み合わせこそ、プロテインの効果を最大限に発揮する秘訣なのだ。 【関連リンク】 プロテイン工房.

次の