5 11 地震 予言。 5月11日南海トラフ地震発生する予言とは?元ネタは何?

5.11日本巨大地震が予言されている/イルミナティカードとは?

5 11 地震 予言

時代の変わり目に災害は起きるのだろうか? 迷信かもしれないけど、大きなは時代の変わり目に起こるという噂もあります、維新前後や敗戦前後にも大きながあったという。 11 — Axman orenotdead 現在、により、時代の変わり目なのではないか、と思える時に僕たちは存在していると思う。 なぜ、そんなに気になるかというと、最近、テレビを見ていてもの情報がテレビに緊急速報で映し出される事が多くて、不安になってしまい、気になってインターネットで調べると不安になるような情報が出てくるのです。 よく聞くの種類として、 ・ ・首都直下型 があります。 詳しい事は分かりませんが、とにかく、そのがヤバいて感じがプンプンするようなネット情報多いです。 昨日NZでM5. 6のがあったってことは1〜2週間後くる可能性大だわ。 のカードの予言に現実味が… の時計台 オリンピックカラー 複合災害 研究家が 5月に大きいの来る確率が高いらしく、の住所が5-11だから 5月11日に来ると予想されている。 正式には『・ニューワールドオーダー』という そのカードはこんなものも予知していたのではないかと言われています ・ダイアナ妃の交通事故 ・ ・9.11 ・暗殺(これから) ・5.11(これから起きる) イルミナカードの予言について詳しく書いてあるブログを発見しました。 でも、これはカードの絵から読み解くもので、あくまで個人の推理なのではないかと思います。 言葉で明確に未来を予知したものではないから外れて欲しいと思います。 過去に起きたものも、この絵、そういえば、を表しているんじゃないか?と後からコジツケタ感じもあるんじゃないでしょうか? というか、そう思わないと、怖くて、仕方がありません。 人口説 まさか、これはコロナから始まって、全てが誰かのシナリオで作られたものだとしたら? おふざけで「この前は3.11だったから、5.11で、日にちは11で揃えてやろう」みたいに人工を誰かが起こそうとしてるんじゃないだろうか? コロナで、、その後に襲い掛かる大で、落としてやろうみたいな、 「君たちはこの暗号を解けるかい?」なんて、高見の見物してる人がいるんじゃないだろうな? みたいなネガティブシンキングに陥りそうな人が現れても、可笑しくない。 11に大予言されてるのも納得行くよなぁ カードに3. 11と5. 11って書いてあるカードがあって関係あるんじゃないかなって 567のこともカードに書いてあったしほんとにカードってなに、怖すぎる 人工なのだとしたらどういう意図があってそれをしてるのか気になる。 の前には、という、特徴のある雲が出現するという説もあります。 科学的根拠はないけれど、のときも現れたらしい。 雲の形は ・放射状 ・渦巻き状 ・直線状の雲 など様々です。 は移動せずに同じ場所で長時間見られるのも一つの特徴として上げられています。 前震 には、前震、本震、余震があると言われています。 前震の二日後に本震があるという なんか明日来そうですよね。 昨日も大きいが来ていて前震だとしたら2日後、明日ってことですよね。 の時も発生2日前に地付近で大きいが発生していたので注意しといて下さい。 もし来なかったらごめんなさい。 — やだ Zisinkowaaaai 動物の反応 ペットが興奮したり、ミミズが大量に地面から出てきたり、鳥が異常に鳴いたり、超音波でコミュニケーションをするイルカやクジラがする(の変化で方向感覚がわからなくなるのが原因ではないかという説があります) 人間も、耳鳴りや頭痛や吐き気、胸の圧迫感などを敏感な人は起こすともいわれている、科学的根拠はないらしいですが。 まとめ とか、の前兆を知ることで、ひょっとしたら、助かる事が出来るかもしれない。 イルミナカードという存在は、正直、怖いと思う。 どんな、カードゲームなのか、興味はあるけど、頭脳プレイは苦手なのでやりたくはない。 しかし、そのカードを眺めて、予知を予測するのは、不謹慎だけど面白そうだと思いました。 ただ、噂の予言は外れて欲しいし、来ないと信じています。 仮に、人工だとしたら、緊急事態宣言延期して家に皆いるから被害が少ない、そんな時に人工をするはずがない、という意見もあった気がします。 今、その、なんでもないことがある幸せを噛みしめて、このなんでもない幸せが続くことを祈っています。 もし今回が無かったとしても、いずれくる震災に備えておくのは必要なんだと言っている人が多い、ネットではセットで売っています。 家具転倒を防ぐ事も対策としては有効です。

次の

【地震の前兆?】5月10日に電波時計が乱れる現象が多発!5月11日に地震発生の予言も │ 防災の種

5 11 地震 予言

南海トラフ地震、首都直下地震などの大地震が「2020年5月11日に起きる」というデマが広がってきています。 なぜデマと言えるのか? 「南海トラフ地震5月11日説」がウソである理由は、そもそも「5月11日に大地震が起こる」というこの噂自体が、過去にいくつか存在するからです。 「2015年5月11日に大地震が起きる」 「2019年5月11日に大地震が起きる」 少なくとも、2015年や2019年にも今回と同じような大地震の噂が流れていました。 要するに、5月11日は使いまわしのネタです。 2020年5月11日がハズレたら、今度は2021年とか2022年の5月11日にも同様の噂が広がるかもしれません。 ただ、これだけは明記しておきます。 「2020年が大地震の起きる可能性のある年」というのは、まったく否定できません。 専門家の意見を参考にしてみると、確かに5月は「危ない」。 科学的な意見も後ほど見ていきますが、まずは「巨大地震が5月11日に来る」の根拠となっている都市伝説的な元ネタをまとめたいと思います。 そして、最近になって噂されているのが、銀座・和光ビルの住所が 「東京都中央区銀座4丁目 5-11」であるということ。 枝番の5-11が「5月11日を暗示しているのではないか?」と、言われているようです。 2020年5月11日に大地震は起きるのか? さて、いろいろと見てきましたが、 「5月11日大地震説」の根拠は、こういった都市伝説的なネタが元となっています。 では、5月11日に大地震は起きないのか? 安心していいのか? ・・・実は、専門家の目から見ても大地震は「否定できない状況」にあるようです。 地震の脅威は相変わらず目と鼻の先にある。 こういった噂があろうとなかろうと、2020年は大地震が切迫しており、 現実的に「5月は危ない」ということが調べていくうちにわかってきたのです。 立命館大学の高橋学教授が南海トラフ地震を予告 「2020年の東京オリンピックまでに南海トラフ地震は起こる」 そう指摘するのが、立命館大学環太平洋文明研究センター教授で、 災害リスクマネージメントを研究する 高橋学教授です。 高橋教授は2016年頃から「南海トラフ大地震が迫っている」と発信しており、東京オリンピック開催が困難だと指摘していました。 東京オリンピック開催は本来であれば、「2020年7月24日~8月9日」の予定でした。 ですから、彼の主張が正しいとすれば、残すところ「2020年の5月~7月」あたりが危ないことになります。 巨大地震の発生には「クセ」のようなものがある。 1~2ヶ月前からM2. 5~4. 5の規模の地震が2~3回続けて発生し、その後、無地震状態、そして小地震が再び繰り返され、大地震に至るという、前駆的現象がみられる ・・このように高橋教授は警告しています。 最近では各地で地震が頻発しており、異変を肌で感じている人も多いのではないでしょうか。 「2020年の5月~7月」あたりは注意が必要かもしれませんね。 台湾「地震預測研究所」所長の林湧森が日本の大地震を緊急予測 地震予測に実績がある台湾「地震預測研究所」所長の林湧森(Dyson Lin)さん。 彼は114名の犠牲者を出した台湾南部地震(M6. 4)を「前日」にブログ上で警告したり、 「20日以内に日本でマグニチュード7以上の地震がある」として、あの熊本地震を的中させたと言われています。 (18日の誤差あり) そんな彼は2020年4月17日、SNS上で「That can be the biggest quake in our life. (われわれの生涯で最大の地震になるかもしれません)」と発表。 同日、自身のブログには「日本で30日以内にM8~M9の地震が起きる」というかなり衝撃的な予測をしています。 発表された日付から考えると「5月中旬までにM8~M9の地震が起きる」ということでしょうか。 また「5月」というキーワードが出てしまいました・・。 2020年4月8日は月が35. 7万kmまで最接近した「スーパームーン」が観測されましたが、その後、各地で地震が頻発。 「月と地震」というのは、一見関係がなさそうな気もしますが、実は科学的に明らかになりつつあります。 防災科学研究所では、「断層のひずみが限界に達した状態では、地球潮汐が地震の引き金になる可能性が高い」と発表しています(2010年)。 ) 「地球が変形する」のは、数十~数百ヘクトパスカルと微力ですが、 ひずみが限界に達している状態では、この地球潮汐が「最後のひと押し」になる可能性が高いということです。 事実、東日本大震災(2011年3月11日)の8日後には「18年に1度のほぼ完璧なスーパームーン」を観測。 北海道で震度6弱(2019年2月21日)が発生した前日(2月20日)にはスーパームーンが観測されました。 ちなみに2020年のスーパームーンは「5月7日」に観測される予定ですが、 南海トラフ、首都直下など、限界に達している地域は、スーパームーンの影響を大きく受けてしまう可能性があるかもしれません。 5月7日「前後」は要注意です。 高橋学教授や林湧森さんの研究によれば、奇しくも「5月」は危ない。 地震の引き金となるスーパームーンも「5月」。 南海トラフ地震が「5月11日に起きる」という噂は、使い回されたデマなので、ウソであることは明らかですが、 偶然5月11日に大地震が発生する可能性も否定できないくらい「5月」は危険なのかもしれません。

次の

イルミナティカードによる南海トラフ5.11の #地震予言 について都市伝説系Youuberの意見は

5 11 地震 予言

無視してよいです。 予言者は予言できる人ではなく、トリックを使って予言できているように見せている人です。 人をだます仕事ですね。 トリックにはいろいろありますが、たくさん予言を出してまぐれで当たったときだけ大騒ぎする、あいまいな予言を出して何かが起きてから実はこのことを予言していたのだという、などがあります。 予言者本人以外に、周囲がもりあげるのも特徴で、その周囲の人たちもお金もうけの仲間です。 終わってから、あれを予言していたのだ、と言い出すのはウソつきです。 地震の予言を流してお金もうけをしている人たちはいますが、無視するのが一番よいです。 その予言が話題になって、予言のサイトを見に行く人が増えると、広告収入が入るという仕組みになっています。 ですから、またつまらないことを言っているな、と思って無視しましょう。 予言は全部ウソだと思っていてよいです。 当たる予言者は居ません。 Yahooなどのサイトでも表示されますが、Yahooなどは流している話題が正しいかどうかを確認していないと言っています。 ですから、検索で上位に表示されても真実だとは限らないということを知っておきましょう。 ネットで流れる地震のウワサは全部無視でよいです。 本当に警戒が必要になれば気象庁が発表してNHKで放送します。 例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。 少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。 そんなことよりコロナに感染しないよう注意してください。 その予言者は、言わないだけで外れた予言もたぶんいっぱいありますよ。 そんなもんです。

次の