昆布 の 栄養。 昆布

栄養満点!馴染み深い昆布のヒミツ『知って得する昆布の成分と保存方法』

昆布 の 栄養

昆布に含まれる栄養成分について 昆布には多くの栄養成分が含まれています。 まずは有名なのがうま味成分の「 グルタミン酸」です。 みそ汁の出汁に昆布が使われておいしくなるのは この成分のおかげですね。 「 味の素」の成分も グルタミン酸です。 そして 昆布にはもうひとつ「 マンニトール ( マンニット)」といううま味成分もあります。 これは昆布の表面についている 白い粉のことです。 カビと思う人も多いかもしれませんが 実はうま味成分だったのです。 マンニトールは水に溶けやすいので 水洗いではなく、表面を軽くふくようにしましょう。 昆布やワカメなどの海藻類には 水溶性食物繊維が多く含まれていますが 代表的なものは昆布のネバネバのもとである 「 アルギン酸」です。 また、最近注目されている成分は免疫細胞を 活性化させる「 フコイダン」と「 ラミナリン」です。 これらの成分は 多糖類(炭水化物)の一種ですが 水溶性食物繊維に分類されることもあります。 その他には褐色の色素成分でカロテノイドの一種である 「 フコキサンチン」、 ミネラルでは「 カルシウム」や「 マグネシウム」、 「 カリウム」が多く含まれています。 スポンサードリンク 昆布の効果や効能について これらの昆布の栄養成分には健康や美容などに どのような効果や効能をもたらすのでしょうか? うま味成分グルタミン酸やマンニトールの効果や効能 うま味成分の グルタミン酸ですが食べ物をおいしくする 働きだけではなく 胃腸の調子を整えつつ 過食が防げる、塩控えめでも おいしいから無理をしないで 減塩ができるといった 効果があります。 もうひとつのうま味成分である「 マンニトール」は 利尿作用があり消化されにくい糖の一種です。 昆布の出汁がダエイットに良いと言われるのは マンニトールや グルタミン酸など、 出汁に溶け出す成分の総合的な作用により 内臓脂肪の蓄積や 血糖値の上昇を抑えていると 考えらえています。 アルギン酸の効果効能 アルギン酸は昆布の約1割を占める 水溶性食物繊維です。 食物繊維には水溶性と不溶性の2種類ありますが 多くの食べ物は不溶性の割合が多く 食物繊維が豊富な食べ物を食べても水溶性よりも 不溶性の割合が極端に高くなることが多く その結果腸内環境が悪くなり逆に便秘になりやすくなる 場合があります。 昆布などの海藻類はほとんどが 水溶性食物繊維なので そのような心配がなく、 便秘を改善して腸内の環境を整える効果があります。 また食物繊維は腸内に溜まった不要な老廃物を 体外へ排出する働きがあるので その結果肌の調子も良くなり、病気にもかかりにくくなります。 アルギン酸は食事に含まれる脂質に吸着して 吸収を妨げる作用が非常に強いだけでなく、 肝臓での脂肪の合成を抑えて脂質の代謝を 正常化します。 また体内にほとんど吸収されることがないため、 摂取カロリーを下げる効果や 長時間にわたり 満腹感を感じることもできるので ダイエットに最適なのです。 そして最近の研究ではグルタミン酸を食事でたっぷり とっている人は 大腸がんのリスクが 4割減になるという 調査結果も出ています。 フコイダンの効果や効能 水溶性食物繊維とも言われる多糖類の一種である フコイダンはサプリメントにも使用されるなど 最近注目されている成分です。 フコダインは消化されて体内に吸収されることは ありませんが、 腸の中を通過するときに NK(ナチュラルキラー) 細胞」や 「 マクロファージ」といった 免疫細胞や 腸管細胞を活性化する 働きがあることがわかっています。 NK細胞は体内にウイルスや病原体が入り込んだり、 異常な細胞が発生した際に、まっさきにそれらに攻撃を始めます。 つまりNK細胞の活性化することで免疫力を高まることにより カゼやインフルエンザなどの病気にかかりにくくなったり 病気にかかっても軽い症状ですみます。 一方で免疫が過剰に活性化されると食物アレルギーや 小腸、大腸などの消化管に炎症を起こして 潰瘍性大腸炎や クローン病などの原因になりますが フコダインは炎症を抑えることで過剰な免疫を 正常化して アレルギーや 自己免疫疾患などの 病気に対抗してくれます。 フコイダンのその他の効果や効能を順番に紹介します。 それにより胃からピロリ菌が除去されて胃が守られます。 血栓症とは血管内に血の固まりが詰まってしまい 血の流れを止めてしまう病気です。 血栓が出来た場所によって 脳梗塞や 心筋梗塞などを 引き起こすこともあります。 エコノミークラス症候群として知られる 「 肺塞栓症(はいそくせんしょう)」は、 飛行機などに長時間座っていたことによってできた 足の血栓が肺の動脈まで移動して血管を 塞いでしまうことで発症する病気です。 ラミナリンの効果や効能 ラミナリンも フコイダンと同じ多糖類で 水溶性食物繊維に分類されることもあり ラミナリンの効果も フコダインと似ています。 ラミナリンは腸内の免疫細胞に接着すると 腸内の乳酸菌が増えて、 そのことにより腸内環境が整えられて 腸内の炎症が抑えられます。 そのことによりラミナリンと同様に アレルギーや自己免疫疾患などの病気に 対抗してくれるわけです。 その他の働きとしてラミナリンは血液の流れを 良くする働きがあり、 血液をサラサラにする事で 血圧やコレステロールを 低下し安定させてくれます。 フコキサンチンの効果や効能 カロテノイドの一種である フコキサンチンは 濃いオレンジ色をした色素の成分です。 フコキサンチンにはや病気の予防に 効果がある 抗酸化作用や 抗炎症作用があります。 フコキサンチンが持つ抗酸化力は体内に必要以上に 発生した活性酸素の増加を抑えてしみ、シワなどの 老化を予防する 美容効果のほか、 動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など心臓血管系の病気の 予防に役立ちます。 そして最近注目されている効果が 脂肪を分解して燃焼を促す タンパク質「 UCP-1」の 発現を高める作用です。 実際に人を対象した研究で 体脂肪や体重の減少が確認 されています。 また、 フコキサンチンは 糖の代謝を促進し、 血糖値を減少させることがわかっており、 この働きが 糖尿病の予防に効果があると 言われています。 ミネラルの効果効能 最近の日本人の摂取量が減っていると言われる ミネラルも昆布には豊富に含まれています。 特に カルシウムやマグネシウム、カリウムが 多く含まれています。 カルシウムといえば骨や歯の成分ですが 骨粗しょう症の予防や高血圧、動脈硬化の予防、 イライラの解消にも効果があります。 マグネシウムはカルシウムと深くかかわる成分で 骨や歯の発育や強化などの働きがあります。 カリウムはナトリウム(塩分)の排出を促す成分で 高血圧の予防やむくみの予防・改善 筋肉を正常に保つ働きがあります。 このように昆布には健康や美容、ダイエットに最適で 普段の食事では摂取が少ない成分が多く含まれています。 昆布の栄養成分を摂る効果的な食べ方 昆布は色々な食べ方がありますが 豊富な栄養成分を効果的に摂るには 「 出汁」と「 煮込み」がポイントです。 先程紹介したように昆布には内臓脂肪を たまりにくくする成分の 「 アルギン酸」や「 フコキサンチン」がありますが 出汁がら昆布や 煮込んだ昆布の方が 乾燥昆布よりも 内臓脂肪を減らす量が 多かったことが動物実験でわかっています。 出汁ならなんとなくわかるのですが、 煮込んだ昆布でも内臓脂肪を減らす作用が 強いのですね。 これは煮込むことで細胞壁が壊れて アルギン酸などの 機能性成分が溶け出し、 腸の中で作用しやすい状態になっているの可能性が 高いと言われています。 つまり昆布をおいしく効果的に食べるには 「 料理に昆布の出汁を使用する」 「 昆布はじっくりと加熱調理して丸ごと食べる」 ことがポイントです。 出汁は「 昆布水」がおすすめです。 出汁を引くお湯の温度が高くなると昆布の粘りが 出てしまってうまみが感じられなにくくなってしまいます。 昆布水は1リットルの水に10gの出汁昆布を浸けて 一晩置けばできあがりなので簡単です。 昆布水は汁物全般の他に煮物、炊き込みご飯に おすすめで、 昆布水の中の出汁がら昆布はそのまま煮物に使い 切って結び昆布に使用できます。 煮込み料理には適当な大きさに切った昆布を入れる 差し昆布を使用しましょう。 和食だけでなく、洋食や中華に使っても うまみがグッと深まります。 塩やコショウのようにいつでも使えるように 常備しましょう。 わざわざ水に戻す必要もないのでとっても 便利ですよ。 まとめ 昆布にはダエイット効果があるアルギン酸や フキコサンチン、 免疫力をアップするフコダインやラミナリン、 そして日本人が不足しているミネラルを 多く含む貴重な食べ物です。 食べ方には色々ありますが 出汁には昆布水をそいて煮込み料理などには 短冊状に切った差し昆布を使用しましょう。 毎日食べるのは難しいと思いますが 色々な食べ物に合うので 健康や美容、ダイエットのためにも 積極的に食べるようにしましょう。

次の

昆布と栄養価・効果効能

昆布 の 栄養

昆布茶について 昆布茶と言えば一般的には昆布の粉末にうまみ調味料や食塩などで味付けされているものを指します。 「茶」とは言いますが、食事の後で飲むお茶とは違って昆布茶自体が調味料として料理に使われたり、時短料理に活躍したりして嬉しいアイテムですよね。 今回紹介する昆布茶はうまみ調味料など添加物の入っていないものを指し、昆布を乾燥させて刻んだものか粉末にしたものにお湯を注いで飲む昆布茶について紹介していきます。 昆布茶から得られる効能は? 昆布茶のもと、昆布からどのような効能が得られるのでしょうか。 昆布には食物繊維、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などの栄養成分が多く含まれています。 食物繊維について フコイダンはヘパリンと似た作用があるとされています。 ヘパリンは血栓を形成させない作用(血液凝固阻止剤)があり、その分子の中には硫酸基というものが含まれています。 [硫酸基:劇薬の硫酸のもとになるもので単体の場合は無害な成分。 特徴としてネバネバを作り出すということがあげられる。 胃の中にも硫酸基は存在していて、胃酸から胃を守っている。 ] 血液凝固阻止剤には硫酸基が大きく関わっていると考えられていて、フコイダンにも硫酸基が多く含まれていて強い作用があります。 このことからヘパリンと同じ、もしくはそれ以上の効果が得られると考えられています。 また、免疫細胞の活性化、アポトーシス(癌細胞を自滅させる作用)、癌細胞の成長にあたっての血管形成を抑制するなど、癌の予防に期待ができます。 便秘解消:食物繊維は善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。 善玉菌から産み出される有機酸が腸壁を刺激し、便通が良くなると言われています。 肥満防止:食物繊維を多く含む食べ物を摂ることでよく噛んで飲み込むということが自然に起こります。 そうすることで消化液の分泌が増加、食物繊維は水分を含み膨張し、満腹感が得られる他過食を抑える効果があります。 コレステロールの低下:水溶性食物繊維は腸内で糖質・脂質の吸収を抑制し、余分な脂肪やコレステロールを蓄積しにくくします。 胆汁酸(コレステロールを体に戻そうと働く)を抑制し、便から排出させる働きをします。 血糖値の上昇を抑える:食物繊維を常習的に摂っていることでインスリン(膵臓から出る体内ホルモン、血糖値を下げる働きがある)の感受性が高まり、糖質・脂質の代謝を向上させ、末梢神経でグルコース(脳や体を動かすエネルギー源)の代謝を高める働きがあります。 ビタミン不足の予防:ビタミンB群は腸内で合成されるのですが、必要な腸内細菌を増殖させて合成しやすい環境を整えます。 胆石の予防:胆石の原因は二種類[コレステロール系][ビリルビン系]に分けられます。 先程コレステロールの低下で説明したようにコレステロールを吸収抑制、排泄を促すことから胆石の可能性を低くします。 アミノ酸について 【スポンサーリンク】 昆布茶の飲み過ぎで体に害? 昆布茶(昆布)には多くの栄養成分が含まれていたのでたくさん飲んでその効果を手に入れたいところですよね。 ですが、先程紹介した「 ヨウ素」を摂り過ぎると体に悪影響になってしまいます。 ヨウ素は昆布だけではなく、海藻類や魚介類に多く含まれています。 これらの食べ物を一回の食事で多く摂ったとしても一時的なものであれば不必要なヨウ素は尿と一緒に排泄されます。 また、甲状腺ホルモンがたくさん作られるということもありません。 ですが、 便秘予防やダイエットのために昆布にわかめ、ひじきにもずく・・などとヨウ素を含む食べ物を毎日習慣にして食べることで、ヨウ素の過剰摂取の可能性が出てきます。 どのような症状が出るかと言うと、一時的に甲状腺ホルモンを作る機能がストップしてしまいます。 通常であればその機能は再び動き出しますが、甲状腺に以上のある人は障害が起こってしまい、「甲状腺機能低下症」を発症してしまうことがあります。 症状はむくみ、倦怠感、便秘、体重増加などで酷い場合ですと甲状腺腫になってしまいます。 ヨウ素の一日の摂取量の上限は? 健康を維持するために必要な量は130マイクログラムと定められています。 ですが、現状私達の食事からの摂取量は約1000~3000マイクログラムと言われていて、不足することはないようで必要な量は満たしています。 健康を損なわないための上限は18歳以上の男女ともに3000マイクログラムと決められています。 現状の私達の摂取量のことを考えると、ヨウ素の摂取には気を付けたいところです。 ちなみに昆布1食分(4㎝角1g)は1590マイクログラムのヨウ素が含まれています。 昆布茶の効能と飲み過ぎに関するまとめ 昆布には栄養成分が多く含まれていて、たくさんの効能が得られることがわかりました。 ・血圧を下げる ・消化促進 ・血液凝固阻止 ・癌の予防 ・便秘解消 ・肥満防止 ・コレステロールの低下 ・血糖値を抑える ・ビタミン不足の予防 ・胆石の予防 ・減塩の食事の補助 ・新陳代謝を活発にする ・体や脳の成長 ・疲労回復 ・止血を助ける ・骨と血管を健康に保つ など、多くの効能から昆布茶(昆布)は栄養の宝庫と言えるでしょう。 昆布茶の飲み過ぎに関しては通常の範囲なら問題はありません。 注意すべきは長期間、連日大量に飲み続けることです。 甲状腺に異常が起きてしまう可能性があるので、ヨウ素が体外に排出されるように間隔をあけて飲むなど、他のヨウ素を含む食べ物も摂取には十分に注意することを心がけておきましょう。

次の

昆布とわかめとの違いは?!気になる栄養成分や効果とは?

昆布 の 栄養

昆布でだしの「つゆ」はやはり美味しいです。 だしの素を使っても、つゆは作れますがやはり、昆布だしにはかないません。 昆布とかつお節を使うことで、相乗効果が出て旨味が出ます。 最強の旨味コンビでしょうか。 昆布水も有名で、手軽に昆布の栄養をとれる飲み物として知られています。 そんな美味しいだしが取れる昆布ですが、昆布だしにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。 栄養面から言えば、一番だしを取った出がらしの昆布には、どんな栄養が残っているのかも気になることろです。 では、昆布だしの栄養と効能と、だしがらの栄養を見てみましょう。 昆布だしの栄養と効能 昆布の名産は北海道といわれています。 昆布の種類もいくつかあり、昆布だしに適している種類があります。 昆布の種類 日本の昆布の9割は北海道産で、日本海側とオホーツク海側のそれぞれの海で育つ昆布の質や味も違います。 そんな昆布のなか、昆布だしに向いているのは、• 真昆布• 羅臼昆布• 利尻昆布• 日高昆布 の4種類と言われています。 またこれらの種類も大事ですが、昆布の品質は種類が同じでも、採れた浜の場所や、海岸線の形状などで、昆布の品質に差が出ていると言われています。 真昆布は簡単に柔らかくなります。 ラオス昆布は、幅広で味に深みがあります。 肉厚のある昆布は、やはりいいだしが出ると思います。 買った昆布をいい状態で保存して栄養を摂りましょう。 では、昆布の栄養を見てみましょう。 昆布の栄養 昆布だしは、鍋でお湯を沸かして作っても、昆布水を使っても取れます。 どちらでとっても、だしには昆布の栄養が染み出ます。 糖質や脂質の吸収を抑えるのと、コレステロールを上昇を抑える働きがあります。 血圧を調整し、また骨や歯の形成に役立ちます。 塩を沢山摂取するとナトリウムが増えて、血圧上昇がおこります。 それを抑制することと、筋肉の働きをよくします。 殺菌作用もあります。 また筋肉や免疫力を強化するたんぱく質を構成する働きもします。 これはグルタミン酸と同じ旨味成分です。 【参考資料】 なんとも万能な昆布です。 では昆布だしを作るときに、大体10グラムを使うと仮定して、その栄養を見てみたいと思います。 昆布の10グラムの量 スーパーに売っているだし昆布です。 幅が、約3センチ、長さが約10センチです。 このような昆布なら、通常4枚か5枚になり、約10グラムになります。 では栄養成分です。 昆布の栄養成分 昆布が10グラムとして、先ほどの栄養成分の含有量を表にしました。 4mg 6mg ナトリウム 270mg 600mg カリウム 530mg 2000mg 食物繊維 3. 骨粗しょう症対策にカルシウムを摂取ができます。 またカリウムも大事な要素です。 何かと塩分が多いものを食べてしまいがちですが、カリウムは、塩分を体の外に出す働きがあります。 では、昆布をバクバク食べてもいいのかというとそうではなく、「ヨウ素」の摂取は過剰摂取に注意しないといけません。 厚生労働省のホームページでヨウ素の1日の摂取量の説明があります。 世界の中でも、日本人は小さいころから海産物を日常的に豊富に摂取しています。 体大、海外では海産物の昆布とかわかめは食べないので、ヨウ素不足で悩む国もあり、パンや塩にヨウ素を入れて商品を販売している国もあるくらいです。 日本ではその点、昆布の他にもわかめやヒジキなども食べますので、不足の問題はありませんが、過剰摂取になる人もいます。 浜の漁師の人達とか、海産物が好きな人です。 ヨウ素 ヨード は、主に昆布・わかめ・のりなどに含まれている体になくてはならないミネラルです。 そこで、ヨウ素の入った食品は体に良いとされて、健康食品の中に大量に入っていたりします。 しかし、体に必要なヨウ素はわずかで一日0. 095〜0. 15mg 昆布:40~60mg相当 と言われています。 引用先 : 1100と150では約8倍の差があります。 中年になって骨密度を上げるのに、昆布はカルシウムを沢山含んでいますので、昆布を沢山食べたいところですが、ヨウ素の過剰摂取には気をつけないといけません。 ヨウ素の推定平均必要量の個人間変動を20%としている144)。 この考え方を採用し、推奨量は、推定平均必要量に1. 4を乗じた数値(93. 4= 131. 15mgになります。 ただ体調は個人差があり、普段昆布を日常的に食べていて体調が良いという方もいますし、ケースバイケースで、食べ方を調整して、昆布だし料理を作るのがいいと思います。 管理人は、北海道に生まれたこともあり、小さいことから海産物は日常的に食べていましたので、そう摂取のし過ぎにはこだわっていませんが、甲状腺ホルモンで悩んでんでいる方は注意をしたほうがいいということです。 では、だしがらとなった昆布は、どう食べていけばいいのでしょうか。 だしを取った後の昆布の食べ方 だしを取った後の昆布には食物繊維が豊富に含まれています。 捨てないで、ご飯を炊く時に入れて食べると美味しくいただけます。 ご飯と一緒に炊く つくだ煮にするのが良いともいいますが、つくだ煮にすること、塩分が多くなります。 そうすると高血圧や心筋梗塞など、循環器系の病気になって困ります。 それで、塩を使わないで、だしを取った昆布の食べ方では、ご飯炊飯器に入れて、炊いてご飯と一緒に食べるのが良いなと思ています。 昆布だしを取った後の昆布をタッパーに入れておいて、翌日でもごはんを炊くときに小さく切って、ジャーで炊きます。 または、切り干し大根などの、煮つけに入れます。 出がらしの昆布には食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘対策にも有効です。 食物繊維が多い食品は、消化に時間がかかる食品で、GI値が低いのです。 GI値については、こちらの記事にまとめました。 昆布だしの旨味は、かつお節だけでも摂れません。 同じ海産物で、かつお節と昆布が織りなす絶妙なだしです。 美味しいですし、カルシウムを含むミネラルがバランス良く摂れる食品ですので、管理人は日常的に食べています。 切り干し大根と混ぜてもいいですし、リゾットなどの隠し味としても、一味上げてくれる素材です。 うどんも、そばだしも自分で作ると美味しいですし、美味しい昆布だしつゆで頂きたいです。 ただ一つ、過剰摂取にならないように気を付けるのはもちろんですが、出がらしの昆布をごはんと一緒に食べると、柔らくてそのままするっと食べられてしまいます。 食物繊維も大事な栄養要素ですので、うまく生活に取り込んでいければ嬉しいですね。 meringuefine.

次の