マイ ナンバーカード 5000 円。 マイナンバーカード25%還元!最大5000円分還元

マイナンバーカードで25%還元!5000円分もらえる「マイナポイント」とは

マイ ナンバーカード 5000 円

マイナポイントとは? マイナンバーカードを持っている人が活用できるポイント還元制度マイナポイントです。 ポイントでの還元にはマイナンバーカードの取得と、マイキーIDの取得の2つが必要。 2020年9月よりスタートする。 マイナンバーを活用したポイント還元システム。 マイナンバーカードを現在持っていても事前に登録が必要 1)マイナンバーカードを発行する。 マイナンバーカードの交付申請から市区町村が交付通知書発送するまで、約1か月間かかる。 9月からポイント還元が始まるので8月は混雑するので7月には交付申請がお勧め。 2)事前にマイキーIDに登録する マイナンバーカードを取得してから、 事前にマイキーIDに登録する。 3)一定額をチャージして前払い 電子マネーやスマホ決済、QRコード決済などのキャッシュレス決済に、 一定額をチャージして前払いすることで、国からポイントが付与されるというシステムです。 4)キャッシュレス決済に使用する。 Suica、nanacoなどの電子マネーやPayPay、LINE PayなどのQRコード決済で使用する。 5)最大25%還元される 還元率25%で、ポイント上限は、1人当たり最大5,000円。 最大で、20,000円を支払えば、25,000円分の買い物が可能。 付与されたポイントは、店舗やオンラインでの支払いに充当ができます。 マイナポイントのデメリット マイナンバーカードが交付されるまでに時間がかかる 申請から交付まで約1か月かかる。 マイキーIDの作成が必要で難しい!面倒である マイナンバーカードの取得に加え、マイキーIDと呼ばれるIDの取得も必要。 このマイキーIDは、マイナポイントを付与する際に、本人を認証するキーとして必要。 住んでいる自治体で作成・登録のコーナーがあればそこで登録。 なければネット登録。 マイキーIDは専用のアプリやソフトをダウンロードして登録するのが手間である。 マイナポイントが使えるのは約7か月間 7か月以内に使用しなければマイナポイントは消滅する。 まとめ.

次の

マイナンバーカードで25%還元!5000円分もらえる「マイナポイント」とは

マイ ナンバーカード 5000 円

今回はマイナンバーカードとマイキーIDでマイナポイントが貰えることについて説明します。 少し面倒ですが理解して手続きをすれば1人5000円のマイナポイントがもらえます。 わかりやすく解説しますので、参考にしてください。 マイナポイントはマイナンバーカードで5000円分もらえる制度 2020年に国はマイナンバーカードを持っている人を対象にポイント還元(キャッシュバック)を実施する予定です。 消費活性化策の一環としてポイントを付与して買い物をしてもらうとともに、マイナンバーカードの普及を目的としています。 このときに還元されるポイントを「 マイナポイント」言います。 1人あたり最大5000円受け取れる制度で、国はマイナポイントのために2020年度の予算に2500億円を計上する予定です。 マイナポイントがもらえる時期 マイナポイントをもらえる条件• マイナンバーカードを持っている• マイキーIDを設定している マイナポイントをもらうのに所得などの要件はありません。 マイナンバーカードを持っていて、専用のID(マイキーID)の設定を済ませていればOKです。 (マイナンバーカードの取得方法や、マイキーIDの取得方法はあとで説明します。 ) マイナンバーカードの発行には 申請から1ヶ月程度かかることもあります。 ポイント還元が始まる2020年9月に近くなると、カード発行希望者が増えることが予想されますので、早めに申請した方がいいと思います。 ちなみに、マイナンバーカードを発行するのに手数料などはかからず 無料で発行されます。 マイナポイントの受け取り方 マイナンバーカードを取得してマイナーIDを設定したら、ポイント還元を受けたいキャッシュレス決済のアプリなどで設定します。 (例えばPayPayでポイント還元を受ける場合は、PayPayのアプリでマイナポイントを設定します。 ) 準備する書類• 通知カード• 個人番号カード交付申請書 この2つは2016年にマイナンバー制度ができたときに、全員に郵送されたものです。 通知カード(見本)出典:マイナンバーカード総合サイト 交付申請書(見本)出典:マイナンバーカード総合サイト これらは、基本的に住民票に基づいて世帯分が郵送されています。 この通知カードや交付申請書が見つからないという人は、再発行の手続きが必要です。 再発行の手続きについては、お住まいの市町村に問い合わせてください。 再発行の手続きは面倒なので、見つからないという人も、まずは徹底的に探した方がいいと思います。 マイナンバーカードの交付申請 通知カードと個人番号カード交付申請書を用意できたら、マイナンバーカードの交付申請をします。 交付申請には、書類とともに顔写真が必要です。 顔写真なしのカードにすることはできません。 お子さんのマイナンバーカードを作るときでも必要になります。 交付申請は郵送、パソコン、スマホのいずれかですることができます。 スマホの場合は交付申請書のQRコードから申請することができます。 出典:マイナンバーカード総合サイト スマホからだと、写真撮影を申請の途中でできるのでオススメです。 パソコンから申請する場合は、あらかじめ撮影した写真をアップロードすることになります。 写真についてはこちらを確認してください。 交付申請は個人番号カード交付申請書に基づいて行いますが、交付申請書の申請書IDが必要です。 このIDはパソコンやスマホから申請する場合に入力します。 郵送や窓口で申請する場合は、写真は書類に貼り付けることになります。 そのほか、証明写真機からマイナンバーカードを申請することもできます。 専用の証明写真機での申請となりますが、交付申請書を持っていくことで申請できます。 マイナンバーカードを受け取る 交付申請をすると、交付通知書(はがき)家に届きます。 通知書が届いたら以下のものを持って役所へ受け取りに行きます。 マイナンバーカードの受け取りに必要なもの• 交付通知書(はがき)• 通知カード• 運転免許証などの本人確認書類• 住民基本台帳カード(持っている人のみ) 受け取りの際に暗証番号を設定することになるので、 マイナンバーカードは郵送で受け取ることはできません。 暗証番号は最低2種類設定します。 設定の必要な暗証番号 署名用電子証明書 英数字6〜16文字で設定します。 英字は大文字で、英字と数字は1つ以上必要。 利用者証明用電子証明書 数字4桁 同じ暗証番号でもOK 住民基本台帳 券面事項入力補助用 署名用電子証明書は、確定申告(e-tax)やコンビニで住民票などを取得する際に使います。 役所で暗証番号を設定するときに記載した書面は持ち帰ることができますので、忘れないようにきちんと保存しておきましょう。 暗証番号を記載する書類の画像 なお、家族の人などに代理でマイナンバーカードを受け取ってきてもらうこともできます。 本人の確認書類や代理人の確認書類など、必要な書類が多いので忘れないようにチェックしてから出かけましょう。 これで、マイナンバーカードが取得できます。 マイキーIDの作成 マイナンバーカードを取得したら、次にマイキーIDを作成する必要があります。 マイキーIDを作成することで、ようやくマイナポイントがもらえる準備ができることになります。 マイキーIDの作成にはスマホかパソコンが必要になります。 また、役所でもマイキーIDを設定支援のサービスを行なっているところもありますので、確認してみてください。 パソコンでの取得方法 自宅のパソコンで取得する場合は、「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールする必要があります。 パソコン用ソフトの動作環境• ウィンドウズ7,8. 1,10のいずれか• ブラウザはInternet Explorer11 そのほか、 公的個人認証サービス対応のICカードリーダライタが必要になります。 今のウィンドウズでは MicrosoftEdge がデフォルトのブラウザになっているものが多いので、切り替える必要があります。 他のブラウザやMacでは利用できませんが、今後は対応する予定になっています。 パソコンでの取得はカードリーダライタが必要で、持っていなければ購入しなければなりません。 2000円から3000円程度しますので、持っていない人はパソコンで取得するのはやめた方がいいかもしれません。 ただし、今後確定申告を自宅のパソコンからできたりしますので、そういう目的がある人は購入してもいいと思います。 スマートフォンでの取得方法 スマホでの取得はAndroid端末のみ対応していて、 iPhoneは未対応です。 (今後対応予定) Google Play からマイキーマイページアプリを検索してインストールします。 アプリを起動してマイキーIDの発行をクリックして、指示とおりに操作していけば、マイキーIDが発行できます。 iPhoneを使っている人は、対応するまで待ってから申請した方がいいと思います。 役所で設定 基本的にマイキーIDはパソコンかスマホで発行しますが、そういった操作に慣れていない人のために、役所が支援している場合があります。 市町村によって対応は異なりますので、お住まいの市町村のHPなどで確認してみてください。 自治体ポイントのデメリット• ポイントは自治体単位• 買い物できる場所やものがすごく限られている• 対応していない自治体の方が多い 自治体ポイントに対応している自治体は少なく、利用できるお店も限られています。 現時点で利用するメリットは薄いと思われます。 マイナンバーカードは作った方がいいのか? マイナポイントは魅力的ですが、マイナンバーカードとマイキーIDの取得はかなり面倒です。 通知カードや交付申請書が見当たらない場合には、マイナンバーカードの作成までかなりハードルが高くなります。 ただし、今後はマイナンバーカードを健康保険証として使うなど、生活の上で必須のものとなる可能性が高いです。 また、マイナンバーカードがあれば、現在でもコンビニで住民票や証明書を取得することができるのです。 作っておいて損はありませんし、どうせ作るなら、お得なマイナポイントをもらえる時期に作っておく方がいいと思います。 まとめ マイナポイントを取得するための手続きについて説明してきました。 マイナンバーカードを持っていない人は、カードの取得から始めなければいけないので、面倒だと思いますが、持っていることでメリットもありますので、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。 ゴリFP(管理人) 公務員として地方税に20年間携わってきたが、脱サラして起業。 広い税の知識をもとにファイナンシャルプランナーとして副業や節税方法を教えている。 (FP1級技能士・日本FP協会認定CFP) あきら 3年目のSE。 仕事が大変でどうにかして転職か起業をしたいと思っているが、何をしていいかわからず悩み続けている。 学校の先輩のゴリFPからいろいろな教えを受けているところ。 成長できるか? なな 40代前半の主婦。 子どもがまだ小学生なのでパートに出るのも厳しい。 できれば在宅で稼げる仕事がほしい。 もともと、一流起業に勤めていたが、結婚と妊娠により退職。 その後、少しパートをしたが、仕事時間があわずあまり働けていない。

次の

マイナンバーカードで最大5000円還元の「マイナポイント」とは

マイ ナンバーカード 5000 円

もくじ• マイナポイント事業の背景 マイナンバーカード普及はたったの16% 現在、マイナンバーカードの普及率はたったの16%です。 まだまだ持っていない人が多いのが現状。 この普及をすすめようと総務省がキャッシュレス決済事業者と連携し、マイナンバーカード保有者を対象にポイント還元を行うわけです。 最近では10万円の給付を受け取るために、オンライン申請するのに「マイナンバーカード」が必要でしたね。 今後も窓口への殺到を避けたり、スムーズに対応できるよう、オンライン手続きは増えていくでしょう。 ちなみに次回の確定申告からは、「これまで通り、青色申告の65万円控除を受けたい」という場合はオンラインでの申告が必須になります。 予算2000億円 国は、この5000円キャンペーンに2000億円の予算を組んでいます。 マイナンバーカードの普及とともに、消費を促したい狙いがあるわけですね。 これはコロナ対策の取り組みではなく、もともと計画されていたキャンペーンです。 本来であれば、2020年は東京オリンピックが開催されるはずの年でしたね。 オリンピック後の「消費の落ち込み対策」として計画されていました。 結局はオリンピックどころではなくなってしまったワケですが…背景としてはそういうことです。 マイナンバーカードで5000円もらう5つのステップ 【Step1】マイナンバーカードを取得する マイナンバーの通知カードとともに送られてきた、交付申請書を用意します。 交付申請書に記載のQRコードなどを使い、「スマホ」「パソコン」「郵便」「指定の証明書写真機」のうちのいずれかの方法で申請できます。 「交付申請書を紛失してしまった!」 という場合は、市区町村の役所に本人確認書類を持参すれば再発行してもらえますからね。 3回連続で間違えるとパスワードにロックがかかり、自治体の窓口で再設定の手続きが必要になる。 【Step2】マイキーIDを設定する PCもしくはスマホから手続きできます。 PCの場合:カードリーダーが必要 スマホの場合:アプリのインストールが必要 (App store もしくはGooglePlayで「マイナポイント」と検索) 【Step3】マイナポイント事業へ申し込む 登録できるキャッシュレス決済サービスはかなり多いです。 例)Suica、nanaco、PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天カード、エポスカード、イオンカードなど 【Step4】選択したキャッシュレス決済で買い物、チャージ 申し込んだキャッシュレス決済サービスでお買い物、もしくはチャージしましょう。 還元率は25%、最大金額5000円相当の還元を受けるには2万円のお買い物が対象です。 【Step5】最大5000円相当もらう 買い物、チャージ利用の2か月以内に25%、最大5,000ポイント 5000円相当 が還元されます。 申請の注意点 予算2000億円、上限いっぱいで締め切りになる可能性あり。 話題沸騰する前に、まずはマイナンバーの発行から準備をしておくのがオススメです。 1つのマイキーIDにひも付けられる決済サービスは1つ。 一度ひも付けると基本的に変更はできないので、どのサービスが自分にとって利用しやすいのかを考慮して選択したほうがよいでしょう。

次の