ソーラー 時計 寿命。 腕時計を買うならソーラータイプと電池タイプのどっちがおすすめ?寿命や費用は?

ソーラー腕時計は電池交換の費用がお得なのか?

ソーラー 時計 寿命

ソーラー時計も二次電池交換が必要。 国内のどこのメーカーソーラー電波に力をいれていますよね。 カシオだとタフソーラー、シチズンはエコ・ドライブやセカンドラインのソーラーテックにも力をいれています。 価格の安いセイコーのエコテックソーラーも人気です。 これら今売られている新しいソーラー時計は二次電池を使って時計を動かしてしています。 二次電池とは充電式電池の事です。 一回限りの電池ではなく充電を行うことにより電気を蓄えて繰り返し使用することが出来る電池です。 ソーラー時計は、基本的には文字盤に太陽電池(ソーラーセル)が付けられています。 その太陽電池から集めた光エネルギーを電気エネルギーに変換して時計を動かしています。 この電気エネルギーをためておく電池が二次電池です。 ソーラー時計が夜に動いているのは、光のエネルギー二次電池に昼間に充電していた為です。 二次電池の充電は無限にできない。 ソーラー時計の二次電池も、いつかは同じように充電がされなくなってしまいます。 5~6時間日光の当たる窓際で充電したのに• 室内に入って1,2時間で止まる• 光に当てても動かない こういった事は二次電池の劣化が原因の事が多いです。 二次電池が劣化してしまった場合メーカーで電池の交換をしてもらう事になります。 メーカーにもよりますが3,000円前後で行ってもらえます。 ソーラー充電が出来なくなったから故障かな?寿命かな?って思ってしまう方も多いですが、二次電池を交換する事で再び充電をできるようになります。 二次電池の寿命年数は使い方で異なる為どのメーカーも明記していませんが、5年〜10年前後で蓄電効率が大分落ちるといわれています。 電池交換の煩わしさ方にはソーラー時計がおすすめ!!みたいなキャッチーなフレーズを使ってるブランドもありますが実際には二次電池の交換がソーラー時計には必要という事を覚えておきましょう。 二次電池は楽天やAmazonで手軽に手に入り価格も安いです。 自分で電池交換をしてしまう人もいます。 こちらセイコーの二次電池になりますが、価格も形もだいたい同じです。 対応出来る電池かは品番とてらし合わせる必要があります。 安いソーラー時計や古い物は二次電池を交換できない。 一世代前のソーラー時計や安価な物は二次電池を使っていない物があります。 この場合キャパシタという部分にエネルギーを貯める事になりますので二次電池のように交換ができません。 キャパシタが劣化した時点で時計の寿命となります。 この場合、おそらくムーブメント(時計の中身)を丸ごと交換という修理になります。 ソーラー時計の本当の寿命は太陽電池の劣化 ソーラー時計は光エネルギーを集める部分にアルファモスシリコン太陽電池というも使っています。 このアルファモスシリコンは、太陽光意外にも室内の蛍光灯などの弱い光でも吸収できる性質があり時計や電卓に使用されています。 アルファモスシリコンの利点は軽さと薄さなのですが、その薄さと軽さゆえに劣化が早いのが難点です。 仕様から10年後で12. 20年、30年使えれば十分という人も多いですが、30万円を超える高額なソーラー時計もありますので気になる人も多いと思います。 あまりシビアになる必要はないと思いますが、太陽電池は一生使える物ではありません。 部品保有期間がメーカー毎に決められている。 カシオでもシチズンでもセイコーでも、部品の保有期間という物が決められています。 セイコー7〜10年• シチズン7〜10年• カシオ7年 このように販売終了した時点から、ある程度の時間がすぎてしまった物は修理パーツを処分してしまいます。 ソーラー時計は新しい技術で今後さらに進化していく物になります、充電スピードも早くなり、容量も大きな物になり、劣化しにくく物へと進化していくはずです。 今後10年後、現在つかわれいる太陽電池が一般的ではなくなった時に メーカーがいつまで修理対応をしてくれるか、つまり部品の保有期間が本当の寿命になるかと思います。 太陽電池の劣化意外にも配線の腐食、パネルの剥離、断線など故障に繋がる原因はいくらでも考えられます。 壊れたら買い替えると割り切って使うなら良いですが、メーカーで修理できる期間は決まっていると言う事は気にしておいた方が良い点だと思います。 ソーラー時計寿命はメーカーが修理部品を廃棄しメンテンスや修理、オーバーホールを受け付けなくなるまでといっても良いかもしれませんね。 新しいソーラー時計か、昔からあるゼンマイ機械式時計か ゼンマイで動いている時計の場合もメーカーで部品の保有期間が決められている為、古いモデルはメンテンスサポートセンターでは修理が出来なくなってしまいます。 しかし メーカー意外の時計修理店で部品を製作し再び動かす事が可能です。 この点がソーラー時計や電池式時計とゼンマイ機械式時計の大きな違いだと思います。 ソーラー時計の場合、 歯車を使った部分は時計修理技師により修理する事はできますが、太陽電池や電気回路部分の修理はできません。 ソーラー時計を長持ちさせるには? ソーラー時計は使わない時にでも、 月に一度、5~6時間日光の当たる所で充電が必要になります。 充電のさいは車のダッシュボードのように高温になる場所に置いてしまうと、部品の劣化に繋がり事があるので気をつけましょう。 また、 セイコーもシチズンも推奨していますが針で時刻を示すアナログ時計の場合、歯車に注油されている潤滑油が蒸発、または劣化しますので定期的にオーバーホールを行い良い状態を保つ事が大切です。 潤滑油の状態が悪いと、歯車同士がスムーズに動かず互いを傷付けあってしまい摩耗が起こってしまう、最悪部品交換という事もありあます。 安価なソーラー時計は使い捨てと考える人が多いですが、20万、30万のアナログソーラー時計は出来るだけ長もちさせたいですよね。 8〜10年に一度くらいは、定期的な分解掃除(オーバーホール)をおすすめします。 メーカーでオーバーホールを受けてもらえますが、私がおすすめする 時計修理工房はメーカーより2,3万円価格がやすく技量が高い修理技師が分解を行っているのでおすすめです。 こちらの記事も参考にして下さい。 Share この記事が役にたてばシェアして下さい public.

次の

ソーラー腕時計の寿命、修理、長持ちの秘訣……質問が多いのでメーカーに聞いてみた

ソーラー 時計 寿命

腕時計の中枢とも言えるには、主に機械式とクオーツ式の2種類があります。 一方、近年ではソーラー電池を搭載した電池交換が不要なタイプも販売されており、機能面の進化に伴って高い人気を得るようになっています。 このソーラー腕時計、何となくわかるような気はするものの、どのような仕組みで動くのかなど、詳しいことをご存じの方は意外と少ないのではないでしょうか。 そこでこの記事では、ソーラー腕時計に関する基礎知識や環境による充電効率の違い、充電時のポイントについてご紹介します。 【目次】 1. ソーラー腕時計の基礎知識 日光や蛍光灯などの光を動力に変えて動くソーラー腕時計ですが、仕組みや寿命、使い方のポイントまでは、あまり知られていません。 ここでは、ソーラー腕時計に関する基礎知識をお伝えします。 ソーラー腕時計には光エネルギーを貯めておく二次電池が搭載されており、蓄積した光エネルギーを消費することで、夜間や光のない暗い場所でも使用できます。 一般的な電池式の腕時計を長く使うには、2~3年に一度の頻度で電池を交換する必要がありますが、ソーラー腕時計は光に当てれば動作するので、基本的には電池交換が不要です。 この現象により太陽電池の半導体の電子が動き、電気が生まれるという仕組みです。 ただし、潤滑油が劣化して動かなくなる場合があるので、5~6年を目処に購入したお店や修理専門店などに分解掃除(オーバーホール)を依頼すると良いでしょう。 また、部品のチェックなどのメンテナンスを定期的に行うことで、より長く愛用できます。 ソーラー腕時計は充電が切れたまま放置すると、復活時にしばらく日付や時刻が合わなくなるケースがあります。 気づかないうちに止まってしまうことを防ぐために、使っていなくても、定期的に日光のよく当たる場所に置いて充電しましょう。 環境によって異なるソーラー腕時計の充電効率 ソーラー腕時計は環境によって充電される早さが変わります。 では、どのような環境で充電すると効率が良いのでしょうか。 ここでは、環境別の充電効率をご紹介します。 そのため、太陽光が差し込む家の窓辺で充電するのがおすすめです。 ただし、長い時間日に当てるとケース内が高温になり、変形やムーブメントの故障につながることもあります。 直射日光の下で充電するときは、定期的に腕時計の状態を確認するようにしましょう。 ただし、直射日光の10分の1程度の充電効率なので、電池が切れかけの状態で使用するときは、充電不足にならないように注意が必要です。 20~30センチメートル離れると、充電効率は曇りの日の3分の1程度まで下がります。 オフィス内で充電が不十分なソーラー腕時計を使用するときは、電力消費の激しいストップウォッチなどの機能はできるだけ使わないようにしましょう。 ソーラー腕時計を充電するときの注意点 ソーラー腕時計を充電するときは、ただ強い光に当てれば良いというわけではありません。 充電時の注意点をお伝えします。 そのため、ダイヤル面が下になっていたり、装着時に腕時計が洋服の袖で隠れたりしていると、ほとんど充電されません。 ソーラー腕時計を充電するときは、ダイヤル面が光源に向くようにしましょう。 そのため、充電時に腕時計を放置する場合は、その場所の温度が高くなり過ぎないように注意が必要です。 直射日光が長時間当たることを防ぎつつ、例えば窓際の机や棚の上など通気性が良く、熱くなりにくい材質の上で充電すると良いでしょう。 Knotがおすすめするソーラー腕時計 ソーラー腕時計を購入するときは、実用性の高さだけでなく、デザインや機能性も考慮した上で、好みの1本を選ぶと良いでしょう。 ここでは、Knotが販売しているソーラー腕時計を2つご紹介します。 5グラムを実現したソーラー腕時計です。 わずか47分で1日分の充電を行えるハイスペックなソーラームーブメントを使用しています。 また、インデックスには視認性を高め、10分ほどの採光で3~5時間発光する蓄光塗料スーパールミノヴァを採用しています。 実用性はもちろん、デザインと機能性に優れた逸品です。 幅32ミリメートル、厚さ7ミリメートルというコンパクトな外寸でありながらも、高い視認性を実現しています。 また、重さを20グラム以下に抑え、快適な着け心地に仕上げました。 500ルクスの一般的なオフィス内で70分間充電すれば1日分の電力を蓄えられるハイスペックなムーブメントを採用。 ケースには耐腐食性の高いステンレススティール316L、風貌には高級時計にも用いられるサファイアガラスを使用するなど、細部までこだわり抜いた1本です。 普段使いには電池交換不要のソーラー腕時計がおすすめ ソーラー腕時計のメリットは、光を当てれば使い続けられることです。 日常的に使用している人なら、日中身に着けていれば意識して充電せずとも針が止まることは滅多になく、電池交換も基本的には不要です。 ただし、電力を貯めておく二次電池は長く愛用するうちに劣化することがありますので、故障を未然に防ぐためにも定期的にオーバーホールをするように心掛けましょう。 ソーラー腕時計の購入を検討している人は、お近くの、またはをご覧ください。

次の

ソーラー腕時計の仕組みとは?使用時のポイントと充電時の注意点

ソーラー 時計 寿命

定期的な電池交換が必要ない• 電池交換代がかからない• 使い捨ての電池でないので地球にやさしい メリット1:定期的な電池交換が必要ない 上でも少し説明しましたが、ソーラー腕時計の中の電池は普通の使い捨ての電池とは違うので、光を当てることで充電を繰り返すことができます。 なので、電池がきれるたびに時計屋さんに行って、 電池交換をしてもらう手間が省けるのがメリットです。 メリット2:電池交換代がかからない 電池交換をすると、安価な腕時計でも1,000円くらい 費用がかかりますよね。 防水機能のあるものや高価なタイプだと、もっとお金がかかるので、交換が不要なソーラー機能があると気分的に楽になります。 メリット3:使い捨ての電池でないので地球にやさしい 普通の電池は使い捨てですよね。 日本中、世界中で電池を使い捨てしていることを考えたら、エコからは程遠いです。 その点、ソーラータイプは何度も使える電池なので、 地球にやさしいといえます。 光に当てないと動かなくなる• 充電不足で機能が働かない場合がある• 少しだけ腕時計の値段が高い• 夜中に時間合わせをする デメリット1:光に当てないと動かなくなる ソーラー腕時計は、太陽光や蛍光灯の光をエネルギーにして充電します。 ですから、 長期間光が当たらないと動かなくなってしまいまうのが最大のデメリットです。 また、腕時計が充電不足になると、時計についている機能がしっかりと働かなくなる場合があります。 たとえば、電波を受信して時刻を合わせる機能がついている場合、電波を受信できなくなったり、その影響で日付がずれてしまったりすることがあります。 普通の電池タイプであれば、引き出しの中など光の当たらない場所に入れておいても、電池がある限り動きます。 もちろんソーラー腕時計も一度しっかりと充電すれば、すぐに電池切れになってしまうことはありませんが、やはり 意識して光に当てて充電する必要があります。 デメリット2:少しだけ腕時計の値段が高い 大幅に変わるわけではありませんが、ソーラー機能がついていることで、通常の電池の上で時計よりも、 価格が少し高い設定になっていることが多いです。 電池交換料金がかからなくても、腕時計本体の価格が上がるので、これもデメリットと言えそうです。 デメリット3:電池には寿命がある 一般的な電池の腕時計よりも寿命は長いとはいえ、 ソーラー腕時計の電池にも寿命があります。 寿命はだんだん長くなってきていますが、目安としては10年くらいと考えておくとよさそうです。 デメリット:夜中に時間合わせをする 時計の種類にもよりますが、電波時計は夜中(2時とか4時とか)に電波をキャッチして、時計を正しい時間に合わる場合が多いです。 なので、夜の仕事などをしていて、その時間に腕時計を使う人は、支障がでてしまうかもしれません。 スポンサーリンク ソーラー腕時計の評判と使ってみた感想 ネットでソーラータイプの腕時計を使っている人の評判をチェックしてみると、ほとんどがポジティブな意見で、ソーラータイプにしてよかったと感じている人が大半でした。 わたしもソーラー機能のある腕時計を使っていますが、 変えて本当によかったと思っています。 やはり 手間とお金がかからなくなったのが一番ですね。 以前は電池切れになると、わざわざお店に行って交換しないといけなかったので面倒でした。 もちろん交換料金も安いところを探したりしていたので、煩わしかったです。 ただ、今のソーラー腕時計を使っていて、一度だけ、 充電不足になったことがあります。 意識して光の当たるところに置いていたつもりだったのですが、物の影になっていたようです。 ソーラー腕時計が合っている人はこんな人 最後に、ソーラー腕時計が向いている人はどんな人かを見ておきます。 電池交換の手間や料金を省きたい人• 充電を忘れないでできる人• 昼間外に出ていることが多い人• 時計を変えない人 まずは、ソーラー腕時計の一番のメリットである、 定期的な電池交換の手間や交換料金が面倒な人におすすめ! また、一番大事なのが太陽光や蛍光灯の光に当てて、ちゃんと充電されている状態にしておくことですから、 意識して充電できる人に合っています。 他には、腕時計をつけたまま 昼間に外に出ているような人も、その間に充電できるので向いています。 そして、 時計を付け替えていかない人にも合っています。 複数の時計を持っていて、その日の服装に合わせて変えていく場合、光の当たるところに置いておくのは面倒ですよね。 時計を変えないで使う人のほうが上手に使えそうです。 ソーラー腕時計のメリット・デメリット まとめ わたしは面倒くさがり屋なので、ソーラー機能の時計がとても気に入っています。

次の