エクセル セル 入力 制限。 「入力した値は正しくありません。」と表示される・エクセルトラブルQ&A

Excel 特定のセルにだけ入力できるようにする

エクセル セル 入力 制限

Excel 2016でドロップダウンリスト以外の入力を可能にしたい 入力規則 :エクセルの使い方• Excel 2016でドロップダウンリスト以外の入力を可能にしたい 入力規則 スポンサードリンク• 入力規則のリストから選択して入力する方法は をご覧ください。 このページではリストから選択するだけではなく、ドロップダウンリストに入力したものも入力できるようにします。 つまり、リストに登録したデーター以外も入力できるようにしたいときの設定方法です。 リストからデータを入力するセルを選択します。 入力規則を設定するセルを選択します。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 元の値にリストに表示する値のセル範囲 D2:D9 を指定します。 [OK]ボタンをクリックします。 入力規則を設定した B3セルをダブルクリックして、「岡山県」と入力して、[Enter]キーを押しました。 「この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。 」と表示され、入力できません。 このページではこの設定を変更して、入力できるようにするのが目的です。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 [エラーメッセージ]タブの「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」のチェックを外します。 リストにないデータを入力することができました。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 [エラーメッセージ]タブのスタイルで「情報」を選択します。 必要に応じて、タイトルやエラーメッセージを入力します。 入力規則を設定した B3セルをダブルクリックして、「岡山県」と入力して、[Enter]キーを押しました。 「この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。 」と表示されました。 [OK]ボタンをクリックすると、入力されます。 リストにないデータを入力することができました。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 [エラーメッセージ]タブのスタイルで「注意」を選択します。 必要に応じて、タイトルやエラーメッセージを入力します。 入力規則を設定した B3セルをダブルクリックして、「岡山県」と入力して、[Enter]キーを押しました。 「この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。 続けますか? 」と表示されました。 [はい]ボタンをクリックすると、入力されます。 リストにないデータを入力することができました。 スポンサードリンク |||Excel 2016でドロップダウンリスト以外の入力を可能にしたい 入力規則.

次の

エクセルのセルで全角数字のみ入力させたい! 字数も制限させる データの入力規則の設定方法 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

エクセル セル 入力 制限

入力する文字数を制限する方法 下の「社員コード」を6文字ピッタリでしか入力できないように制限してみます。 表示した一覧から、 [文字列(長さ指定)]を選びます。 次の値の間• 次の値の間以外• 次の値に等しい• 次の値に等しくない• 次の値より大きい• 次の値より小さい• 次の値以上• 次の値以下 かなり細かく分かれていますね。 言葉の意味そのままなので説明は必要無いと思いますが、「より大きい小さい」と「以上以下」の違いだけ。 「6文字」より大きいと言われた場合は、「7文字」から。 「6文字」以上と言われた場合は「6文字」を含みます。 今回は [次の値に等しい]を選びます。 表示されたのが下の画面。 選んだものによって、入力できる場所の画面は少し異なります。 [長さ]に 「6」と入力して [OK]をクリックすれば完了です。 メッセージの作成 さて、この入力規則ですが、他にもできることがあります。 まずは「入力メッセージ」。 隣の [入力メッセージ]タブに移動すると、入力時に ポップアップでメッセージを表示することができます。 今回は[タイトル]に「社員コードに関して」、[メッセージ]に「6桁で入力して下さい。 」と入力してみました。 結果がこちら。 その場所に選択が移動するとポップアップメッセージが表示されます。 誤入力が事前に防げそうですね。 さらに、右側の [エラーメッセージ]タブに移動すると、誤ったデータを入力された際のメッセージも変更できます。 今回は[タイトル]に「無効な入力」、[エラー メッセージ]に「6桁で入力して下さい。 」と入力してみました。 設定後、間違った 7桁の数字を入れてみると、 下のような位置でタイトルとメッセージが表示されます。 このエラーメッセージは、最初は[停止]というスタイルになっていますが、 他に2つの種類が用意されています。 [注意]の場合は、黄色いアイコン。 無効なデータを入力した際のメッセージボックスも少し変わります。 [情報]の場合は、青いアイコン。 こちらで無効なデータを入力した際のメッセージボックスはこちら。 大きな違いはありませんので、アイコンの形で選んでも良いかもしれませんね。 設定した入力規則の削除 設定した入力規則を削除したい場合は、設定時の[データの入力規則]ダイアログボックスを表示して、 [すべてクリア]をクリックすれば簡単に削除できます。

次の

Excel 特定のセルにだけ入力できるようにする

エクセル セル 入力 制限

書類を作成する際、入力する値が決められており、そのルールを確認しながら作業しなくちゃいけないことがある。 セルへの入力値の制限をポップアップ表示させると親切だ。 入力できる値を メッセージで案内 経費精算書や在庫一覧表などを作成していると、入力できる科目名の種類やコード、金額の範囲など、厳密に決められている場合も多い。 とはいえ、そういったルールをすべて覚えるのは難しい。 入力する値のルールを確認する手間が省けて便利だ。 エラー時に表示するメッセージは、それに加えて、エラーの種別を示すアイコンを設定する。 なお、データの入力規則では、セルを選んだ際の日本語入力の初期状態も設定が可能だ。 Step. Step. メッセージを確認しながら値を入力できて便利。 Step. Step. 選んだスタイルによりアイコンが変化する。 Step. メッセージは225文字まで入力可能。 設定しておいた警告文を表示する。 22,900円• 2,030円• 1,490円.

次の