夏のボーナス 病院。 「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

3割の医療機関で夏のボーナス減、『不支給』の病院も 「気持ちの糸が切れかねない」と危機感 【新型コロナ】

夏のボーナス 病院

来院数が激減した影響で6月が怖い(写真はイメージ) 5月1日に日本医師会と四病院団体協議会(四病協)が加藤勝信厚生労働相に提出した「新型コロナウイルス感染症における診療体制に関する要望書」は、コロナ治療対策についてだけでなく、日本の医療を支える存在が崩壊する危機を訴えたものだった。 その訴えによれば、コロナ禍で患者数が激減した4月の診療報酬の支払時期にあたる6月は大幅な収入減となり、日本全国の医療機関で、そこが大病院でも町医者でも、すべてが経営危機を迎える可能性がある。 コロナ治療の有無に関わりなくほぼすべての医療機関が経済的危機に直面しているというのだ。 この困難な時期、少しでも出費を抑えたい小さな医療機関のもとに、高額なアルコール消毒液が届いた。 ライターの宮添優氏が、苦境にありながらそれを訴えづらい医師たちの実態についてレポートする。 * * * 「多くの医療従事者が、まさに不退転の決意で新型コロナウイルスと戦っている。 同じ医師として誇らしい気持ちでいっぱい、私も医療従事者の端くれとして何かしらお手伝いしたい、協力したいという思いはあるのですが……」 福岡県内のクリニック院長・澤田義彦さん(仮名・40代)が漏らすのは、自身が医師であるにもかかわらず、新型コロナウイルスに関する医療に全く寄与できていないという喪失感、そして何より「生活が立ち行かなくなってしまう」危機感だ。 澤田さんが経営するのは、内科と整形外科の外来診療のみを行う小さな「町医者」。 3月の下旬ごろから患者数はガクッと減り、4月は日に数人、5月に入っても患者数は、以前の水準の2割ほどだという。 「こういう時期ですから、患者さんにも週一だった通院を二週間に一度に、月に一度にと減らすように勧めてはいるのですが、そもそも緊急事態宣言下の自粛要請のおかげで、通院控えする患者さんが多い。 感染拡大のために患者さんも苦しい思いをしているし、それが世のためだというのはその通り。 ただ、私どもの生活は苦しくなる一方」(澤田さん) 言うまでもなく医療機関は生活に必要不可欠な機関であり、当然「自粛要請」の対象には入っていない。 医療機関が閉じてしまえば、持病を持った患者、急に体調を崩したり怪我をしてしまった患者は路頭に迷う。 ただ、世の中の医療機関のうち、コロナ患者に対応できるような病院は、実はほんの一握り。 「医者」といえば、景気や社会情勢に左右されず、高い収入が維持できる仕事、というイメージが根強い。 そのためパンデミック下において、ほぼ全ての産業が大ダメージを受ける中で、医療機関だけは「儲かっているのではないか」と考える人も少なくなく、だからこそ「医療機関の救済」などとは声高に語られることもなかったのだ。 「医療機関は、商売というより社会奉仕的なイメージが強い。 だから金の話は特にしづらいんですが、他の商売と同様に経営が成り立たなければその社会奉仕すらできない」(澤田さん) 多くの医療機関は、このコロナ禍でも市民の健康や命を守るために業務を続けているが、その台所事情は真綿で首を絞められるように悪くなっている。 4月の落ち込みについても「外来・入院ともに大幅に患者が激減」とあり、従業員の給料を確保することが難しく、新型コロナウイルスの感染終演後に地域医療が崩壊するかもしれないという懸念にも触れられている。 「はっきり言ってきついですが、患者さんに通院してください、とは言いにくい。 病院が3密になってしまえばそれこそ元も子もないですから」 こう話すのは、東京都世田谷区内の診療所に勤務する内科医・田中亮介さん(仮名・30代)。 普段はと言えば、朝から高齢者が診療所の前に列をなし、夕方の診療終わりまでひっきりなしに患者が訪れる。 「病院がまるで高齢者の憩いの場になっている」などと揶揄される光景ではあったが、こうした患者のおかげで「食えていた」とも吐露する。 「高齢の患者さんの多くは、コロナを恐れての診療・通院控えをされています。 高齢者がコロナに感染すると重症化する、といった報道がなされた4月以降、患者がゼロの日もあるほど。 しかし、患者が来ないからと言って診療所を休みにすることはできません。 看護師やスタッフを減らすこともできず、とにかく開け続けているのですが、それだけでも現金は出ていきます」(田中さん) そんな苦境の中、田中さんの下に突然「大量のアルコール剤」が届いたのは、ちょうどゴールデンウィーク明けのことだった。 「地域の保健所を通じて、厚労省から医療機関・福祉施設などに消毒用のアルコールが優先販売されるという案内が届きました。 それが4月の上旬くらい。 当時はアルコールだけでなく、マスクも全く足りていない状況で、アルコールは薄めて、マスクは同じものを一週間も使い回しました。 5リットルほどを注文したのはよかったのですが、それ以降何の音沙汰もなし。 ゴールデンウィーク中に何とかアルコール消毒剤は入手できたのですが、ゴールデンウィーク明けに宅急便でいきなり5リットルの消毒剤が届きました。 そもそも、供給できる状態になったら事前に連絡するという説明も書かれていましたのに連絡無し。 届いたものの価格は市価の2倍近くでした。 アベノマスク同様、もはやいらないものを高額で押し売りされたようなもの。 ただでさえ大切な手元の現金が減ることに、不安を感じます」(田中さん) この件については、すでに一部マスコミでも取り上げられている。 国の斡旋で販売された消毒液が市価の数倍もし、しかも注文した医療機関らが「忘れた頃」、およそ1ヶ月後に届けられたということで、現場が混乱しているという。 日本医師会もすでに実態調査を進めているというが「頑張っている医療従事者のために」と、政府は事あるごとに「配慮の姿勢」をほのめかすものの、消毒剤の件といい、医療機関の現実をしっかりと把握しているのか疑わしい限り。 さらに田中さんが恐れるのは、業界では「6月危機」とも呼ばれる、経済的な要因による「医療崩壊」の可能性だ。 「診療報酬は、約2ヶ月後に医療機関に支払われます。 患者が激減した4月分の診療報酬は6月に支払われるのですが、現状で言えば完全な赤字。 概ね6月から8月にスタッフに支払っている夏ボーナスについても、出どころを確保できていない医療機関も多いと聞きます。 当たり前ですが、人がいなくなれば医療機関も無くなります。 医療機関がなくなれば、人が死ぬんです。 恥も外聞も捨てて、金をくれというしかない。 」(田中さん) 世間からの「医療従事者は頑張れ、応援してます」という声は、彼らにとっても嬉しいだろうし、励みになるものだろう。 ただ、そのおかげで弱音を吐けなくなっているという医療従事者、医療機関が増えている現実にも目を向けなければならない。 コロナ後の世界が、医療機関が減り、医療従事者が職にあぶれる、というものであれば、今以上の苦しみが世界を再び襲うことも確実なのだ。

次の

公務員の夏のボーナスカットが決まりました。西日本新聞で私の地域は、公務員は...

夏のボーナス 病院

コロナでボーナスはどうなる!?リーマンショック時に匹敵する大幅減額か 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、2020年夏のボーナスは大幅減少になる見通しです。 前年比でー7. 内訳としては、製造業:493,650円 -4. 一方、 国家公務員の2020年夏のボーナスは、687,600円と前年比1. ただし、こちらは昨年から夏よりも多かった冬のボーナスを均等に支給しようとした結果増えたにすぎず、実際には伸びは鈍化しているといいます。 関連記事 中小・零細企業でより業績悪化の影響を強く受けるか 特にコロナウイルスの影響によるボーナス減少の影響が大きいのが中小企業です。 大手企業と比べて、直近の業績がボーナスに反映されやすい中小企業では、足元のコロナウイルスの影響を強く受けて、ボーナスの支給打ち止めや大幅減額を行うところも多いことが予想されています。 ボーナスだけではなく、残業代等の減少も悪化 また、ボーナスだけにとどまらず残業代なども大幅減少の可能性が高いと見られています。 コロナが拡大しはじめた3月以降、営業時間短縮や工場の停止といった動きがみられ、さらに緊急事態の発令によってこのような動きは一段と加速していく見通しです。 景気の急激な悪化に伴い、所定外給与の減少や失業率の上昇なども見込まれています。 もし給料が減っても、将来のためにどうにか貯蓄はしたい コロナが終息して、すぐに景気が回復してくれればいいですが、この先の経済状況がどうなっていくかは、不安は続きますよね。 もし景気がさらに悪化すらば、直近のボーナスだけでなく、その先のボーナスや月収も下がる可能性はあります。 そんな最悪な状況に備えて、今のうちに貯蓄は増やしておきたいという方も多いと思います。 自分の収入や年齢、家族構成を考えて、どのくらい貯金をしていけばいいか分からない方は、一度 お金のプロであるファイナンシャル・プランナーに無料相談してみるのもおすすめです。 ファイナンシャルプランナーの無料相談サービスでは、• いまの年齢・家族構成でどのくらい貯蓄が必要なのか?• 今の収入のうち、貯金にいくら回すのがいいのか?• そもそも無駄な出費や、過度な保険プランに入っていないか? など、お金に関する悩みをファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれます。 税金、貯金、保険などお金に関する専門知識を持ったプロからのアドバイスは、今のような先行きが不透明な経済状況下では、とくに役立つと思います。 おすすめは、株式会社リクルートが運営しているです。 日本全国で対応していて、厳選されたファイナンシャルプランナーがあなたの貯金計画をサポートしてくれます。 何度相談しても費用は一切かかりませんので今後の貯蓄計画に不安な方や、一度プロのアドバイスをもらいたい方は、一度相談してみることをおすすめします。

次の

看護師のボーナスまとめ!【※夏と冬の違いや貰える時期は?】

夏のボーナス 病院

そろそろボーナスの時期ですね。 うれしい!! 医療事務のボーナスはいくらくらいもらえるのが普通なんでしょうか?ニュースでは大手企業5ヶ月分!!とか不景気のためボーナスカット!!とか。 様々な情報が溢れています。 医療事務のボーナス事情はあまりニュースになりませんが、多くの医療機関でボーナスは支給されています。 ぼくは何年も医療事務として働いていますが毎回ボーナスが支給されています。 これは医療事務をやっていて良かったことの一つになります!! 下手な中小企業よりも病院の方が経営的に安定していることが多いです。 一度もボーナスカットになったこともなければ、何月までに〇〇円の売り上げが必要だ!!みたいなことを言われたこともありません。 なので、今日はそんな医療事務のボーナスについて書いておきたいと思います。 医療事務のボーナスはいくらなの?何ヶ月分が支給されるの?という素朴な疑問について実際に働いているぼくの経験談を書いておきます。 もちろん病院の規模や経営状態にもよりますが。 病院に入社してからは定期的にちゃんと支給されています。 ぼくは過去の会社で ボーナスが無い年俸制や業績不振でボーナスカットも体験しています。 ボーナスカットって超かなしいですよ。 友達がボーナスで贅沢しているのにぼくにはボーナスが無いんです。 車検や旅行を考えていたのにお金が入ってこないんです。 ボーナスで大きな買い物をして贅沢を推奨するわけではありませんが、ボーナスの支給があるかギリギリまでわからないような会社に勤めるのは精神衛生上よくありません。 10月や4月に「このままだとボーナスの支給が困難です!営業は売上アップ!!事務はコストダウン!!」みたいな会議をされてもねぇ…。 医療事務のボーナスは4ヶ月分が支給される。 病院やクリニックの経営状態によりますが、勉強会などで他院の人からリサーチしたところによると、基本的には3ヶ月から5ヶ月くらいの間に収まります。 ボーナスが無い病院はありませんし6ヶ月など多額の病院もありませんでした。 美容クリニック系の自費診療は違うのかもしれませんね。 ぼくが働いている病院は4ヶ月分が基本的には支給されます。 夏2ヶ月、冬2ヶ月。 決算の具合が良ければ決算賞与が追加されます。 決算賞与は3万円や5万円という寸志の時もあれば1ヶ月分の時もあります 病院によっては夏1. 5ヶ月、冬1. 5ヶ月、春1. 5ヶ月というのもありました。 4ヶ月毎に1. 5ヶ月分のボーナスがあるのはちょっとうらやましい。 ほかには夏1. 5ヶ月分で冬2. 5ヶ月なんてこともありました。 つまり、支払い方はいろいろありますが 病院のボーナスは年間で3ヶ月から5ヶ月くらいの間になります。 ここは変えてほしい! 毎回ちゃんと支給されるのは良いのですが、ぼくが働いている病院ではどれだけ黒字でも4ヶ月分なんです! 赤字ギリギリの時も黒字でウハウハの時もしっかり4ヶ月分です。 前職では春闘で基本ベースが決定しました。 景気が良い時は5. 5ヶ月、悪い時は3ヶ月分とか。 基本給がベースになるので部長より多くもらった!みたいなことはありませんが、頑張った分がお金になって反映される方がうれしいです。 いつも同じというのは頑張っている人が損をするシステムなんですよね。 頑張っても頑張らなくても同じならサボってラクをして4ヶ月分もらったほうがお得ですから。 人事考課の弊害なのか差があまりつかない。 人事考課はボーナス金額の判断材料にも使われます。 査定により• A評価:プラス5%• B評価:プラスマイナス0%• C評価:マイナス5% みたいになります。 支給する総務は管理が容易いですけどね。 前職の時は頑張った人は報われる賞与体系でしたので少々納得がいきません。 A評価を取得すればプラス20%なんてこともありました。 昇給にも差がない病院なので先輩より頑張っても多くをもらうこともありませんし、テキトーにやっている後輩とも大きな差がないんです。 ボーナスの考え方。 半年分の成果が出てくる。 病院によってボーナス支給の考えは違いますが基本的には同じです。 夏のボーナス:10月〜3月の成果に対して支給• 冬のボーナス:4月〜9月の成果に対して支給 4月とか5月に一生懸命頑張っても夏のボーナス支給で影響は無いです。 6月に頑張っている分は12月の冬のボーナスに影響があります。 ちょっとだけズレているので頑張る時期を間違えないようにしましょうw 個人的なオススメは評価する時期の最後の方にアピールすることです。 上記のような病院なら3月と9月です。 上司が評価をするのは10月や4月の半期が終わったタイミングになりますので直前に成果を出すと印象に残りますからね。 ボーナスの使い道。 少しくらいは仕事関連に使って欲しい。 40歳くらいまではドンドン成長できる大事な時期なので自分への投資は積極的に行った方がいい考えてきます。 25歳の100万円と55歳の100万円の価値は絶対に違いますからね。 リフレッシュできるなら旅行なんかもいいです。 本当は仕事で使用するパソコンも個人用に欲しいのですがセキュリティーの関係上病院で用意されたものを使用しています。 それくらい自分の使用するアイテムは自分専用のものを用意したいです。 診療点数早見表だって個人用があればマーカーを引き放題だし付箋を貼り放題です。 折っても文句を言われません。 調べたところを振り返るものラクです。 そうやって少しずつスピードアップすることで、結果的には大きなスピードアップになります。 楽しいことやワクワクすることが増えるといいですね。

次の