椎名 林檎 バック ダンサー。 椎名林檎・Mステ「公然の秘密」ダンサーAYA&MIKEYとは何者?

椎名林檎・Mステ「公然の秘密」ダンサーAYA&MIKEYとは何者?

椎名 林檎 バック ダンサー

読みたい場所へジャンプ• この病気は、食道が胃に続かないで途中で切れている病気です。 原因は明らかになっておらず、生まれつきのものと考えられています。 治療方法は外科による手術が必要となり、 離れている食道と胃を繋ぎます。 他の臓器の異常を合併することも多い病気なので、 複数の診療科と連携して治療する必要があるそうです。 生まれてすぐに大変な病気を患ったんですね・・・。 2歳の時、外資系石油会社に努める 父親の転勤により静岡県清水市移り住み、 10年間を過ごします。 小学6年生の時に 今度は福岡支店の勤務となり、 福岡県福岡市早良区へ引越すことに・・・。 あちこちの転向で可哀そうでしたね。 高校時代、自身のバンドでドラム担当であったことから、 ビートルズのドラマーだった 「リンゴ・スター」の名前を借用したと語っています。 fc2. jpg また、子供の頃はかなりの恥ずかしがり屋で、 学校で先生に指されるとすぐほっぺたが 真っ赤になってしまっていたそうで これも「林檎」の由来の一つの様です。 時間は 20:16前後。 最先端のテクノロジーを駆使し、 来るべき2020年への期待感がふくらむ 情熱的なパフォーマンスを演出するそうです。 2011年 (第62回)カーネーション 2014年 (第65回)NIPPON 2015年 (第66回)長く短い祭り 2016年 (第67)青春の瞬き どの曲もいいですね~! ところで椎名林檎の紅白出演ギャラはいくらくらいなんでしょうか? 調べてみると、そんなに高くない様ですね。 都庁が全面的にバックアップしてます。 そして ベースはもちろん、亀田誠治さん。 また「亀田音楽専門学校」やってくれないかな。 — すっぴんさん musicapiccolino これって喪服ですよね? 何で?この服をチョイスした理由はなぜ何でしょうか? これ気になりますよね? スマスマでも同じ曲 「青春の瞬き」を歌っています。 東京事変が解散した時にも この「青春の瞬き」を歌っています。 とても奥が深いメッセージが隠されていそうですね・・・。 やはり、スマップに対し、 「いつだって戻ってこれる!」 というメッセージの様な気がします。 amazonaws. com 振付師兼、ダンサーでメンバーは Aya Sato(アヤ・サトウ)とそのダンスパートナーの Bambi(バンビ)の女性2人からなる日本のダンスユニットです。 高いダンススキルと個性的なルックスdえ独特の世界観をかもし出し、 国内外の注目を浴び、各国でワークショップを行うなど多くの人を魅了しています。 ミュージックビデオ、テレビCM、広告、雑誌、 ファッションショーなど多岐に渡り活躍しています。

次の

椎名林檎が紅白で東京事変と出演!喪服の意味やバックダンサーはだれ?出演歴やギャラはいくら?

椎名 林檎 バック ダンサー

それはまさしく音楽的なイントロダクションだった。 映画「未知との遭遇」を想起させる巨大な宇宙船が浮かび上がる。 そこからレーザー光線と、デジタル音による特徴的なフレーズが発される度に、生楽器が演奏で呼応する。 宇宙船は、鳴らされた音色を解析し、楽器の名称を表示する。 全国4ヶ所で催された8公演のなかから、本稿では11月22日、24日、そして椎名40回目(=不惑)の誕生日と重なった25日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様を、ツアー終了後に椎名へ行なったインタビューからの発言を交えて振り返ってみる。 ステージ上に現れたのはThe Mighty Galactic Empire(銀河帝国軍楽団)の面々と、ダンサーのBAMBI NAKA、AI、そしてまさかのMummy-D(RHYMESTER)だった。 彼はショールカラーのタキシード姿で、椎名の楽曲に関連したワードをふんだんに散りばめたオリジナルのリリックをラップする。 椎名への愛とリスペクトに溢れたライムを呼び水に「本能」が始まると、ドレスにマント、王冠を着けた椎名が、自身を囲むガラスケースを破壊してステージに降臨したのだ。 かつてナースルックでガラスを殴り蹴り破って話題をさらった同曲のミュージックビデオを彷彿とさせる演出に、会場の熱気は序盤から最高潮へ。 そのまま連れ立って「流行」をクールにキメると、椎名とハイファイブを交わしてMummy-Dはステージを後にした。 次いで女王が披露したのは「雨傘」だった。 パワーコードを刻む名越由貴夫(Gt)を筆頭に、鳥越啓介 Ba 、ヒイズミマサユ機(Key)、みどりん(Dr)によるバンドセットと斎藤ネコ率いる総勢27名のオーケストラのアンサンブルが奏でる極上の疾走感は、続け様に「日和姫」へ。 手旗を振る椎名に呼応する観客の手旗でアリーナが壮観に彩られる。 さらに聴こえてきたのは「APPLE」だ。 本公演のオープニングを示唆する映像をバックに、椎名とBAMBI 、AIの三人が着ているのは、ブラウンカラーのボンバージャケットである。 「アレッサンドロ・ミケーレ率いるグッチが2018年に発表したクルーズコレクションを観た時、「みんなでダッパー・ダンのジャケットを着て『APPLE』をやろう」、「テーマは『不惑の余裕』でいこう」と決めました。 それが今回の演目の起点でした。 大箱(=アリーナ)という不得手な環境すら、むしろ逆手に取って活かし、大人になられたお客さま方と我々チームの人生を、丸ごと一斉に寿ぐ内容にしたくなりました。 しかし、彼をリスペクトするグッチの現クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、そのイリーガルなダッパー・ダンにインスパイアを受けてコレクションを制作した。 するとSNSを通じて両者の類似性が指摘され、グッチはダッパー・ダンが確立したヒップホップファッションに対する「オマージュ」であるとSNS上で表明し、さらにダンとの正式なコラボレーションを発表したのだ。 いずれも「真空地帯」同様、自身のワードローブからのセレクトである。 椎名の発言からも読み解けるように、今回の衣装には、自身の敬愛するあらゆるカルチャーへ惜しみない愛を注ぐミケーレに対する、椎名からのリスペクトが多分に含まれていたのだ。 そのジャケットを脱いで、王冠とオフホワイトのスリップドレス姿で彼女が歌い始めたのは「マ・シェリ」。 2016年、同名のヘアケアブランドのCM用に提供した楽曲のフルバージョンを、実演で本邦初披露したのだ。 美しいハープの音色と鏡に見立てたスクリーンが椎名と客席を映し出す幻惑的な演出に見惚れ聴き惚れる、愛好家にとって嬉しいサプライズだった。 「10年前の『余興』のように、今回の 林檎博でも未発表の曲をご用意したかった。 私とお客様との関係性を映し出すべく書き下ろしました。 そして、鏡のスクリーンにこっそりお客様を映してもらったりも」(椎名) 幻惑の時間は続く。 「積木遊び」では椎名が自ら斜に構えた姿勢からハンマーでチューブラーベルを叩く。 本公演で椎名はエレキギターを弾かなかった。 彼女曰く、「その代わりにエレキの開放弦と同じ(チューブラーベルの)E管だけを設置していた」という。 すると続いては、何とフィンガー5が1973年に歌った「個人授業」のカバーをイントロに、自身のナンバーである「どん底まで」へと、まるで組曲のように繋げていく。 王冠も脱ぎ捨て、スリップドレスのみになった姿で、あたかも感情を露わに歌い上げるような歌唱が観客の目と耳を魅了していく。 「『個人授業』は、見初めの場を描くのにお借りしました。 また10年前の 林檎博で歌ったマーヴィン・ゲイと タミー・テレル(『玉葱のハッピーソング』)のように、私がどんな作品を愛聴し、作家として何を目指してきたかを皆様へお伝えする目的も孕んでいましたから、国内のレジェンドから阿久悠・都倉俊一両先生の作品に敢えて絞って、この曲を選びました」(椎名) 椎名の攻勢は止まらない。 江戸紫色の振袖着物を羽織ると鳴り響いたのは「神様、仏様」。 六輪の花が咲いたような麗しいウォーキングは宛らコレクションのようだ。 そんな穏やかなムードのなかで流れ始めたウェルカム・グリーティングのナレーションは、何と黒猫屋の若女将、つまり椎名の愛娘の声だった。 思えば10年前の博覧会では、当時7歳になる若旦那(愛息)が椎名の生い立ちをやはりナレーションで紹介していた。 椎名によって育まれた命の尊いリレー。 「古代文明が好きな五歳」の若女将から告げられた可愛らしい謝辞に、客席からはあたたかな拍手と喝采が送られた。 やがて弦楽とハープの音色が聴こえてくると、椎名がプリーツのリボンとビスチェのラインが映えるピンクのロングドレスを着て現れた。 そして母なる星の神秘を描き出す映像をバックに切々と「カーネーション」を歌い上げると、「ありきたりな女」、「いろはにほへと」、スクリーンに映し出された猥雑なネオン、椎名の歴代のポートレイト、サンスクリット語が交錯する繁華街をバックに「歌舞伎町の女王」、さらには「人生は夢だらけ」へと、母娘、そして人生の真理を歌う物語のバトンをリレーのように繋げていった。 ステージはまた一転、スクリーンに夜景が映し出されると、「東京は夜の七時」にのってスリーピース姿の浮雲が登場する。 ピチカート・ファイブ1993年の名曲に、椎名による返詞が加えられたこの曲と浮雲の悠然とした歌声に、彼女がクリエイティブスーパーバイザー兼音楽監督を務めた2016年リオデジャネイロパラリンピック閉会式 フラッグ・ハンドオーバー・セレモニーを思い出した観客も少なくなかったはずだ。 「この歌詞は、オリジナルの歌の物語の続きが、夢のあるものであってほしいという願いから書いたものです。 野宮真貴さん演じるヒロインを、25年ぶりに迎えに行く男性の役を浮雲に託しました。 コードワークも、劇的な待ち合わせを演出すべく新たに提案しています」(椎名) 浮雲に椎名が合流して届けられるデュエットと言えば、無論、「長く短い祭」だ。 ヘッドセットマイクを装着して、ラインストーンが施されたワンショルダーの黒のマイクロミニドレスにレースのニーハイブーツを合わせた椎名が、BAMBI 、AIと切れ味鋭いヴォーギングに興じる。 暗転した女盛りは「旬」へと続く。 スポットライトのみで表現された光と闇のなか、椎名の艶やかなボーカルがこだまする。 弦楽とジャズセットのバンドはここでも素晴らしいアンサンブルを奏でる。 抑制の効いた名越のバッキング、絶妙なタメからしなやかなスイングを叩き出すみどりんのドラミング、エレキからコントラバスに持ち替えた鳥越のベースライン、そしてヒイズミの跳ねるように流麗なピアノが、ストリングス、そして村田陽一を擁するホーンセクションと合間って、眩いエンディングへと昇華していくのだった。 椎名が歌い出したのは、1982年に伊藤さやかが歌ったアニメ『さすがの猿飛』の主題歌「恋の呪文はスキトキメキトキス」だった。 またも予想外のカバーである。 もはや愛好家にとっては待望のお約束とも言えるラテンな「RINGO! 」コールは、ステージと客席がひとつになる魔法の言葉だと言ってもいいだろう。 そう「目抜き通り」だ。 22日の公演では花柄のラペルで彩られたスリーピースに身を包んだトータス松本(ウルフルズ)が登場した。 だがサプライズはこれに終わらない。 さらに24、25日は、「獣ゆく細道」で宮本浩次(エレファントカシマシ)が登場した。 トータスを迎えた観客からの声が歓喜なら、宮本を迎えたそれは「キター」とも言える悲鳴にも似た声だ。 これにはライブに先駆けて公開されたミュージックビデオと、二人が出演した11月9日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」における圧巻のプレイが下地となっていたようだ。 観客の期待を裏切るどころか、ELEVENPLAYの面々に囲まれて全身全霊で歌い踊り狂う生の宮本の姿に、場内は興奮のるつぼだ。 「私はリスナーとしても、デュエット曲がとにかく大好き。 その場に居合わせた人々の愛だけで不思議と成り立っているかのような、ラフなモータウン的ハーモニーを松本さんとご一緒したく、それを目指して、『目抜き通り』を書きました。 一方、宮本さんといつかご一緒できる日が来るなら、(レナード・)バーンスタインの壮絶さを目指そうと長年イメージしていました。 元来、彼が持つラテンフィールが解き放たれたらどうなるのか聴いてみたかった。 『獣ゆく細道』でそれが叶い、やはり感激です」(椎名) 未だ興奮が冷めやらぬステージには再びチューブラーベルが。 ここで椎名から観客への謝辞が語られる。 思えば両手にハンマーを持って観客への謝意を伝えるアーティストもちょっと珍しいが、ともかくそんな椎名の笑顔で迎えた本編のラストは「ジユーダム」だった。 同曲が主題歌を務めるNHK総合テレビ「ガッテン! 」に出演の立川志の輔と小野文恵NHKアナウンサーの姿が映し出されると、撃ち放たれた銀のテープが舞うなか、本編は華々しくも清々しいフィナーレを迎えたのだった。 祝祭の宴はアンコールも一筋縄ではいかなかった。 いずれもエレファントカシマシ)が披露されたのだ。 しかも加えて24、25日は、80年代のテレビゲームを彷彿とさせる映像に合わせてバンドが演奏する「がんばれゴエモン! からくり道中」のテーマと、椎名の番傘の舞に誘われて、紋付羽織袴姿でレキシが参上。 互いに手旗を携えて「きらきら武士」が歌われたのだ。 周年公演のアンコールにも関わらず、ゲスト曲からのフィーチャリング曲というまさかの展開だが、とは言え盛り上がらないわけがない。 椎名は〈ギュッと〉のくだりでぎゅっと身を縮め、時には縦ノリのリズムに合わせてぴょんぴょんと跳ねている。 およそこれまでの公演では見たことのなかったアクションではないか。 歌の後にはこれまた珍しく、二人で(椎名曰く)「だらだらとした」MCで観客を笑わせていた。 また今回の3公演のアンコールでは、椎名から観客へと語られた言葉がいずれも印象的だった。 「20年もこの名前でやり続けているとは」、「必ずしも、たくさんの方々に聴いていただきたいと思ってはおりませんでしたし」、「もっとぽつねんとしていると思っていました。 感無量です」(22日)。 「こちらこそお客さんを選ばせていただいてきたつもり」、「私の選んだ皆さんなんだと思うと…」(24日)。 「20年間、言葉足らずでごめんなさい。 でも(皆さんの)品位を信じていたからです。 誇らしいです」(25日)。 「坂元裕二先生(脚本家。 ドラマ『カルテット』ほか)も仰っていましたが、大衆向けに書かれたものだけがメジャー文化として認められるわけではありません。 西加奈子先生(作家。 直木賞受賞作『サラバ! 』ほか)も、むしろドメスティックに書かれたもののほうがグローバルに届くとお話しされていましたよね。 私には生き辛さを覚えていらっしゃる人のために曲を書いてきたという自負がありました。 隅っこにいる私だからこそ、隅っこにいる方々と共鳴し合えることがあるはずだ。 そう信じて実演の演目も作ってきました。 坂元先生や加奈子先生が背中を押してくれるようなことをおっしゃっていても、やっぱり作っている最中はいつも必死で不安でしたし、今年の二種に及ぶツアー中は毎回、『こんなに多くの方々と分かち合えるなんて』と、本当にピュアな感慨を覚えました」(椎名) アンコールの最後に椎名が選んだのは、東京事変の「夢のあと」だった。 〈ただ同じときに遇えた幸運を繋ぎたいだけ/この結び目で世界を護るのさ/未来を造るのさ〉という絶唱は、椎名から観客に送られた無量の感謝であり、これからも同じ時代を共に生きんという約束のようだった。 椎名が去った後のステージからはレーザービームが放射され、ミラーボールが輝き、「丸ノ内サディスティック」(neetskills mix)が流れ始めた。 現役の坊主にして空手の師範。 『熱愛発覚中』のミュージックビデオにも登場)が、エンドロールのなかで踊りまくる。 最後までユーモアとサービスを忘れない椎名とスタッフ一同のアティチュードが、あらためて誇らしげに映し出された『不惑の余裕』というタイトルへと帰結した時、「椎名が信じた」観客たちは、いま一度大きな拍手を、ステージの向こうの演者たちへと送り返したのだった。 やはり今年実演されたホールツアー「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯」で繰り広げられた、息を飲むようなある種の密室性とは好対照の演目だったと捉えてもいいだろう。 ほとばしる運動能力、みずみずしい生命力、そして軽妙洒脱なポップセンスとユーモアによって、音楽と観客各々が歩む人生の交差を照らし出した、愛と余裕の『 林檎博』だった。 最後に。 彼女のデビュー20周年イヤーは、来たる2019年のデビュー記念日 5月27日)までを指す。 この点について問うと、椎名は「何だか忙しくなりそうです」とだけ答えて笑った。 4 雨傘• 5 日和姫• 6 APPLE• 7 マ・シェリ• 8 積木遊び• 9 個人授業• 10 どん底まで• 11 神様、仏様• 12 化粧直し• 13 カーネーション• 14 ありきたりな女• 15 いろはにほへと• 16 歌舞伎町の女王• 17 人生は夢だらけ• 20 旬• 21 恋の呪文はスキトキメキトキス• 22 ちちんぷいぷい• 25 ジユーダム• E1 はいはい• 4 雨傘• 5 日和姫• 6 APPLE• 7 マ・シェリ• 8 積木遊び• 9 個人授業• 10 どん底まで• 11 神様、仏様• 12 化粧直し• 13 カーネーション• 14 ありきたりな女• 15 いろはにほへと• 16 歌舞伎町の女王• 17 人生は夢だらけ• 20 旬• 21 恋の呪文はスキトキメキトキス• 22 ちちんぷいぷい• 25 ジユーダム• E2 五右衛門• 4 雨傘• 5 日和姫• 6 APPLE• 7 マ・シェリ• 8 積木遊び• 9 個人授業• 10 どん底まで• 11 神様、仏様• 12 化粧直し• 13 カーネーション• 14 ありきたりな女• 15 いろはにほへと• 16 歌舞伎町の女王• 17 人生は夢だらけ• 20 旬• 21 恋の呪文はスキトキメキトキス• 22 ちちんぷいぷい• 25 ジユーダム• E2 五右衛門• E4 夢のあと.

次の

アヤバンビは別れた?現在のソロ活動と出演作、私生活をチェック!

椎名 林檎 バック ダンサー

、林檎博2018 の余裕に行ってきました〜〜! 林檎は前回の真空地帯に行けなかったのでぶりかな。 たまアリ規模のライブはやっぱ映像が映えて最高..... 最初グーで破ってそのあと歌いながら徐々にヒールでもぶち破ってるの最高....。 息呑んだ。 10年代にこの歌詞をつくって歌ってるのが好きすぎるんですよね 伝われ 男が仕掛ける流行のなか、私はただ泳ぐ 勝ち負けにとらわれた男が、女を泣かす 戦い争うことでヒーローになりたい男共 私はつぶれた右目だけから泪をこぼすわ 流行の和訳詞が隅から隅まで好きすぎる人間代表として生きていきたい所存。 雨傘 提供曲〜〜!!大我ちゃんのミセテクレ カバー を彷彿とさせる雨照明に英語詞が映し出されるのけっこう好きだった。 も風磨のカバーも本家も全部好き。 日和姫 ほんっとに好きこの曲。 個人的にここまでのブロック、の自我満載って感じですっっっっごいシビれた。 雑に言うとデビューから今までのダイジェスト的な。 本能始まりはねえ... ぶち上がらない人間とかいないよねえ.....。 ここでの余裕タイトルバック タイトルバック後にアップルだし、個人的にはここからが本編かな?と。 不思議なイントロ、いつ聞いても吸い込まれる。 また映像が緑と赤で林檎イメージなんだろうけどすっごい綺麗だったな...。 あとアダムとイヴの絵?が映し出されるのもすごい好きだったし、バンビちゃんともうひとりの方とダンサーの2人が林檎かじりながら踊るの、マジで.... 性癖過ぎて......。 こんなのあり?ずるい!好きだよ!の連続だった。 MA CHERIE 積木遊び こんなにお淑やかになるとは.... フリないの寂しいけど素敵ー....。 個人授業 なんかすごい思い出しちゃって、わかった!林檎さん黒岩くんというか岡田くん好きでしょ!の顔した。 まで 個人的に【操】の気分の時に聴く曲なんだけど生で聴くと当たり前に気持ちいいね。 神様、仏様 アルファベットが詰められたような映像がすごい綺麗で、あとパートの詞が手書きでメインの映像にでるのがおもしろかった 感想 化粧直し インスト ここだっけ?娘ちゃんのナレーション? 「〜〜若旦那に代わりまして若女将の五歳のお送りします。 若旦那は17歳になりました。 母の林檎博にお越しいただきありがとうございます。 繰り返し楽しんでもらいたいと母は考えております。 今後とも母をよろしくお願い申し上げます。 」 みたいな 爆裂ニュアンス のナレーション。 声が聞こえた瞬間、なにもわからないけどこれぜったい娘ちゃんの声だ!と思って聞いてたら若旦那 息子 がもう17歳ってことに衝撃を受けた..... 林檎がママでママが林檎...........。 林檎博08で息子くんがナレして、林檎博18で娘ちゃんがナレ担当してるのなんだかエモすぎる.... そして息子くんは22. 23のときの子供なの..... 娘ナレからの、わかりみが深みざわ過ぎた。 みたいな星空と川の映像に、ピンクのドレスを着たが幻想的すぎてファンタみたいな世界観だった。 母なる大地ってこういうことか.... ピンクのドレスに金パウィッグにピンヒールちょ〜〜〜〜似合う。 いつまでも綺麗とかわいいを両立してる林檎すごい。 サマパラ2017の風磨のSHAKEの映像をさらにお洒落にしたやつ。 人生は夢だらけ いやあもう人生最高!の気持ち。 東京は夜の七時 赤でデジタル時間表示されると能動的三分間か!?ってなるの私だけじゃないはず。 東京と名のつくものがすごく大好きだからめちゃくちゃ好きだった〜〜。 オンステージ、似合い過ぎ。 乗っ取ってるというにはあまりに馴染みすぎて。 サポートしにきてるというにはあまりに主役すぎて。 ビシッとスーツ着て髪をまとめたがまたかっこよくてずるいんだ。 あまりにも飄々と春の風みたいに人のステージで歌ってくからすごい。 ハッピーバースデーと言いながら登場したのも、ポケットに手突っ込みながら歌うのも、すべてがスマートでキマってて。 林檎が自分のバンドのメンバーにスカウトした男、すごい。 長く短い祭 サイコ〜〜!!!!!!PVが世に放たれた日、3時間くらいぶっ続けて見たもんね。 との掛け合いもイレブンプレイのダンスもなにもかも最高。 さんのピアノにもたれながら?歌う、オブ大賞2018って感じでしたね....。 !!、思い出した!!!がはけぎわに林檎さんとハイタッチしたの見逃さなかった!!!シビれた!!!ここ!ジャニーズだったらレポでバチクソされるとこ!ってなった! 脳がジャニオー 旬 沁みる〜〜.......。 年を取ることが怖くなくてわくわくするの、完全に林檎さんの影響なので。 誘発オルガズムかなんかで「早く30になりたい なって自由になりたい 」みたいなことを言っていた気がするから40はさらに自由なんだろうな。 まーーーたネオンの映像がめちゃくちゃツボなんだ!!!!!!わ!いつかの紅白の女の子は誰でもみたいな映像。 すごい好きー! のっぴきならない事情で途中退場したので私のの余裕はここまでです!サイコーだったー!そして出た瞬間獣ゆく細道で泣いたー!見たかったー!!みやじーーーー! メモとして残りのセトリを 獣ゆく細道 ジユーダム EC はいはい 夢のあと BGM 実録 -新宿にて- 丸の内サディスティック~歌舞伎町の女王 ソロアーティストとしてのと、ひとりの人間椎名裕美子としてのどっちもの今までの人生を全て肯定するみたいなライブで、ショーなんだけどドキュメンタリーみたいで。 その肯定感がすごく心地よくて、林檎大好きで良かったな、人生楽しいものにしよって思えた 壮大 林檎さん誕生日おめでとうございます。 なんかこう感想書いてて思ったけど、 アーティストって歌メインで直立で歌うから本人のことに関しては衣装とかしか拾う情報が少なくて ジャニーズのライブってメンバーも複数いるしビジュアルも動きもありきだから拾いたい情報がハンパないんだな... って思った。 ちょっとでもいつもと違う動きしたら知りたいしそれも記録しておきたいし。 ジャニオタの情報処理能力ってすごいかもしれない...... ? mikuric5.

次の