500 円 玉 貯金 両替。 大量の小銭、銀行で両替できる?手数料なしで両替できる方法を解説

500円貯金の両替はATMと郵便局のどちらがお得?ベストな両替方法について!

500 円 玉 貯金 両替

500円玉貯金。 小銭としては大きすぎるので小銭入れの中がすっきりしませんよね。 それで膨らんだ小銭入れをすっきりさせるために500円玉は瓶に入れて「使ったつもり」と言って貯めている人も多いと思います。 瓶の中に結構たまってくると「お札に両替しようかな?」と思うものです。 瓶を抱えて窓口に言って両替してもらえるか不安ですよね。 抱えていくのも恥ずかしいし。 さりとてATMは小銭をお札に両替できるのかがわからない。 郵便局ならどうだろう? 瓶を抱えて悩むところだと思います。 500円玉貯金の両替の仕方について解説していきます。 ATMか郵便局のどちらにいけばいいのかなども詳しく解説していますので良かったら参考にして下さい。 【スポンサーリンク】 500円玉貯金のベストな両替方法 結論から書きましょう。 いったん自分の口座へ入金して、それをお札にして引き出す。 これがベストの両替の仕方です。 まず大前提として、郵便銀行や郵便局は両替商ではないので両替はしてくれません。 銀行のATMは大手三大銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)は500枚までは手数料なしで両替してくれます。 ATMは一度に100枚までと決まっています。 そして何よりも、またしても大前提。 硬貨を紙幣に両替はしません。 しかし郵便局は両替商ではないので、ATMでいくらでも自分の口座へ入れることはできますが、郵便局の硬貨投入口は一枚ずつしか入りません。 無駄な努力と次に待っている人の迷惑でしかありません。 銀行の窓口で両替は簡単にしてくれますが、相手は両替商。 手数料がいります。 100枚までなら手数料は100円、それ以上になると200円かかってきます。 【スポンサーリンク】 最後に 正直、500円玉貯金をしたものを両替するのにメリットはないと思ったほうがいいと思います。 と、いう訳で、最良の方法は郵便局でも銀行でもそのまま500円玉を持ち込みます。 今は機械が数えてくれるので簡単に金額が算出されます。 それを自分の口座へ預金します。 そうすると手数料は一切かかりませんし、その後ATMで入金した金額を降ろせば、紙幣になって出てきます。 「だって郵便局も銀行にも3時までには行かれないもん!」という方は、支店級の郵便局のATMは日曜日も使えます。 土曜日ならお近くの郵便局のATMは12:15まで開いています。 銀行だと、コンビニのATMの手数料無料時間を狙って入金・引き出しをすればいいと思います。 500円玉貯金をされている方は、窓口へもっていき、真面目に自分の口座へ入金してその後引き出すことをお勧めします。

次の

小銭貯金したお金を無料で両替する方法!両替で損しない裏技

500 円 玉 貯金 両替

(写真=PIXTA) 銀行で両替をする場合、枚数によって手数料が異なります。 たとえばりそな銀行の場合、窓口で両替すると1枚から500枚までなら550円、501枚から1,000枚だと1,100円。 以降500枚ごとに550円加算されます。 もし全てが1円硬貨だとしたらほとんどが手数料で引かれてしまうため、いかに手数料を節約することが重要であるかがわかります。 また、両替する場合は口座を持っている銀行へ行くのがおすすめです。 多くの銀行では、口座所有者には手数料の優遇があり、1日1回なら両替機だけではなく窓口でも無料で両替できる銀行もあります。 ただし、無料で両替できる枚数は上限があることが多いので注意しましょう。 窓口より両替機のほうが手数料が安い 小銭を両替する場合、窓口ではなく、自動両替機を使ったほうが手数料の節約になります。 例えばりそな銀行で1,000枚の硬貨を両替する場合、窓口では1,100円かかりますが、両替機を使えば600円です。 さらに窓口では待ち時間が発生する場合もあるため、両替だけが目的であれば両替機を利用することをおすすめします。 ただ、硬貨で入金して紙幣で出金すれば、入出金の機能だけで両替に代わる作業が可能です。 時間帯によっては手数料無料で入出金が可能である銀行もあるため、「数枚程度の小銭を紙幣に変えたい」程度であればATMを利用するのも一つの方法でしょう。 ただし、以下の点に注意が必要です。 硬貨を扱えないATMがある 銀行だけではなく、ショッピングセンターやコンビニなど多くの場所にATMが設置されていますが、すべてのATMが硬貨に対応しているわけではありません。 特に、コンビニに設置されているATMの多くは硬貨に対応していません。 硬貨が扱えるATMの多くは、何かトラブルがあってもすぐに対応できるように、銀行窓口などと併設して設置されています。 さらに、ATMのタイプや設置場所によって、硬貨の投入枚数に制限があったり、1枚ずつしか投入できなかったり、夜間や土日は硬貨が扱えないこともあるため、特に小銭が大量にある場合はATM利用を控え、窓口で入金したほうがよいでしょう。 特に、硬貨が極度に劣化していたり汚れていたりするとATMが正確に読み取れず、エラーを起こしてしまいます。 ATMがエラーを起こした場合、手作業での復旧を一緒に待つことになるので十分注意しましょう。 小銭が大量にある場合は窓口へ 窓口で大量の硬貨を入金する際には、別途入金手数料が発生する場合があるのをご存じでしょうか。 例えば、りそな銀行では、2019年7月から「硬貨入金整理手数料」が新設されます。 1日1回であれば500枚まで無料で入金してもらえますが、それを超えると枚数に比例して手数料が発生します。 ちなみにこの入金整理手数料は、最終的な入金額ではなく「数えた硬貨の数」によって発生するため、事前にきちんと調べて行くことが重要です。 >> ATMを使えば郵便局でも両替が可能? (写真=PIXTA) 大量の小銭を紙幣に両替したいなら、まずは口座を持っている銀行の両替手数料を調べてみましょう。 また、ゆうちょ銀行に口座がある場合は、窓口にて小銭で入金して、紙幣で引き出せば手数料をかけずに小銭を紙幣に変えられます。 キャッシュレス決済の普及により小銭の流通が減るなかで、家に貯まった小銭を上手に貯金したいですね。

次の

500円玉貯金を両替!無料でお札に!ゆうちょATMが一番簡単?!

500 円 玉 貯金 両替

このライフレシピのもくじ 【】• 小銭をコツコツ貯金している方、財布の小銭入れがパンパンになって困っている方、そろそろ両替しようかな、と思ったときにどこへ行きますか? いざ両替しようと思ったとき、大量の小銭を両替できる場所を知っておくと便利ですよね。 ここでは、両替ができる身近な場所とその方法についてご紹介します。 銀行の自動両替機 500枚まで無料!3大銀行の自動両替機 どの銀行においても両替機のある店舗での両替が可能ですが、基本的に有料で、無料の場合も50枚まで、と範囲が狭いというネックがありました。 しかし、 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、 三井住友銀行の大手3大銀行では、2014年4月からの増税に伴い小銭の需要が高まる、ということから、3月末に両替機の無料範囲をなんと 50枚から500枚へ大幅拡大しました!! 一気に10倍に拡大とは...... さすがメガバンク。 これなら小銭をたくさんを貯金している人でも、無料で一気にメガ両替することができますね! ゆうちょ銀行・郵便局貯金窓口では両替は業務ではないので両替作業は基本的に断られるようです。 銀行窓口で入金(預金)して引き出す 窓口を使って両替する際に使いたい手が、 1度小銭を入金(預金)してから引き出す方法です。 こうすれば、手数料をかけることなく両替をすることができます! ただし、注意しておきたいのが、一部の金融機関では「あるだけ入金」の方法では対応してくれないということです。 つまり、「いくらあるかわからないけど、この小銭を全部入金させて」ということができません。 メガバンク3社の場合、1度家で数え、まとめてから持っていかないとならないようです。 ゆうちょ銀行と一部の地方銀行では、今も「あるだけ入金」も対応可能なようです。 確認しておきましょう。 店舗に行く前に電話で問い合せてみると確実ですね。 ATM ATMで入金(預金)して引き出す 銀行の両替機や窓口が閉まっていたり、近くにない場合は、ATMを使う方法があります。 窓口の場合と同様、ATMに入金(預金)し、それを引き出す方法です。 ATMの無料時間帯を狙えば、手数料なしで両替できますね! しかし、ATMによっては小銭の取り扱いをしていないものもあります。 基本的に、 銀行・郵便局に併設されているATMが小銭を扱えるATMで、スーパー、ショッピングモール、コンビニなど 金融機関外に設置されているATMが小銭を扱えないATMです。 これは、無人店舗の場合小銭の入金によるエラーに対応できないからだそうです。 小銭が取り扱えるATMでも、硬貨を1度に入金できる枚数に限度があります(基本的に1回につき100枚まで)。 また、最近は硬貨が1枚ずつしか入れられないタイプのATMもあるので、チェックが必要です。 大量の硬貨を入金すると、集計に時間がかかってしまうため、一度に多くの小銭を両替したいときにはATMは不向きかもしれません。 その場合は少額ずつ入金しましょう。 他の銀行のATMよりも両替の際便利ですね! ATMを使う時のちょっとした裏技 ATMから1万円を千円札10枚に両替して引き出したい、でも両替ボタンがない。 そんなときに使えるちょっとした裏技があります! 引き出し金額を入力する画面で、 「10千円」と入力しましょう。 そうするとほとんどのATMでは千円札が10枚出てきます。 知られているようで、あまり知られていない便利な裏技です。 ATMの種類よってはできない場合もあります。 夜間にもできる!セブン-イレブンの両替機 銀行もATMも閉まっているので、夜間に両替するのはほぼ不可能…... と思われていましたが、セブン-イレブンでは、2008年から両替機の設置が進んでいます。 釣り銭に使う硬貨や紙幣を、50枚、30枚といったパッケージにまとめて両替し、1パッケージにつき50円の手数料をとる、といった仕組みになっています。 夜間、どうしても小銭が必要になった!という方は近くのセブン-イレブンをチェックしてみましょう。 おわりに 大量の小銭を両替できる場所は案外身近なところにたくさんあります。 銀行の営業時間にはどうしても行けない!という方は、近くのATMで小銭の入金ができるかどうかチェックしておきましょう。 image by 、.

次の