国電 無線 アンテナ。 列車無線アンテナ

KH Train Factory

国電 無線 アンテナ

検証結果 速度の測定はfast. comで行いました。 子機アンテナ数 速度 1本 250Mbps 4本 390Mbps 有線LAN 810Mbps 結果としては、1本のアンテナに比べ 4本アンテナになると、1. 56倍速くなりました。 そして、この検証では有線LANも測定していますが、 有線LAN接続がいかに速いかもお分かりいただけると思います。 WI-U2-433DMSの特徴 アンテナ数1本のWI-U2-433DMSは、とにかくコンパクトです。 (わたしのノートパソコンに装着時の写真も載せておきます) ノートパソコンに装着しても、かばんで持ち運ぶときには少し邪魔になるかな?という程度で、そこまで邪魔には感じません。 家の中でも持ち運ぶノートパソコンなら、こちらのモデルが良いかもしれません。 Archer T9UHの注意点 気になった点として、内蔵無線子機だとパソコンを起動するとすぐに無線につながる感じですが、 外付け無線子機(Archer T9UH)だと、私PCの場合起動して3~5秒ぐらい待ってつながる感覚です。 そのうち慣れましたが最初は「あれ?」っと思いました。 でも、内蔵無線を使用するよりインターネット速度は速くなりましたので満足しています。 また、別のノートパソコンでも検証したのですが、 内蔵無線のアンテナが2本のモデルの場合、Archer T9UH(アンテナ4本)よりも速度が速かったです。 それで、 内蔵無線がアンテナ2本の場合は、あえて外付け無線にするメリットがないというのがわたしの意見です。

次の

KH Train Factory 国電無線アンテナ

国電 無線 アンテナ

列車無線アンテナ(逆L型アンテナ)の拡大() 列車無線アンテナ(れっしゃむせんアンテナ)は、に装着して列車無線の送受信に使用されるアンテナである。 屋根上、特に上部に設置されるものはによるに使用されるが、簡易的な設置方法として運転台の中に取り付けられたものもある。 一方、等で主に使用される用のは車体妻面や床下、屋根上に複数設置される。 アンテナはその車両が走行する路線の周波数に合ったものが設置されるが、をする車両には、複数の種類のアンテナが設置される。 例えば、のは、自社の誘導無線のほかに、用と用のそれぞれの空間波無線の計3種類のアンテナを搭載している。 逆に、直通先が自社と同一の無線システムの場合は、1つのアンテナを共用する。 例えば、と、同線に乗り入れる、、、の各社は、2種類の周波数を乗り入れ境界駅で切り替える同一の誘導無線システムであるため、直通運転する車両には屋根上に設置された1組のアンテナを共用している(無線機も1種類)。 空間波無線の場合、通常は1本のアンテナが設置されるが、(JR東日本)のの後期車両やなどの新型車両には、デジタル化対策として安定した送受信が出来るようにとして2本アンテナを設置している。 これ以外の首都圏のJR東日本の車両には、従前のアンテナとは別に、運転台に新たにアンテナを設置してダイバーシティとしている。 通常、運転台のある車両には必ずアンテナが設置されており、両運転台の車両はそれぞれの運転台で使用するアンテナが設置されているが、一部事業者の車両は編成の片側の先頭車両にのみアンテナが設置されている。

次の

列車無線アンテナ

国電 無線 アンテナ

ご案内• エリエイ様「」誌:「N GAUGE EURO REMIX」コーナー(不定期掲載)を担当させていただいています。 イカロス出版様「」誌:209~E233系列の新情報連載記事を担当させていただいています。 イカロス出版様より発売中の「 AA 」:全般的な監修や本文記事執筆等を行いました。 イカロス出版様より発売中の「 AA 」:901~E531の各形式の形式紹介および各部品の解説、全般的な監修等を行いました。 ご質問等はTwitterでも受け付けています。 March 28, 2020 サーバー移転のお知らせ(4月10日:内容更新) DSAir2をJMRIで使えるようにするためのアダプタ ソフトウェア「DStoJMRI」Ver0. 0を公開しました。 テスト版としての公開で、Windows向けバイナリ配布のみとなっていますが、プログラム的にはクロスプラットフォーム設計としており、macOSやLinuxへの対応も可能です。 また、GitHub等でのオープンソース化を計画しています。 DSAir2との接続はFlashAirではなくUSB経由で行いますので、FlashAirが無くても動作します。 また、同じアーキテクチャである他のDS製品(DSmain、DSshieldなど)でも動作する可能性がありますが、検証は行っていません。 [投稿時刻:11:35 PM ] January 8, 2020 LocoTouchアプリ(Android版)をバージョンアップ 安価な自作型DCCデコーダ「ワンコインデコーダ」シリーズを頒布されている「」さんで、KATO機関車基板タイプの新作デコーダの開発が行われています。 今回、この試供品をいただけることになりましたが、日本型機関車への搭載検証は他の方々が進められているようなので、当方では外国型機関車への搭載を試みてみることにしました。 開発の進行具合などについては、をご参照ください。 基板の形が異なるだけで、性能面および使用部品は通常のワンコインデコーダと変わりありません。 前照灯LEDがオンボード搭載となっているため、実装部品としてはLEDとチップ抵抗が増えています。 なお、写真のタイプは少し基板が厚かったことやLED関連の配線が逆だったことなどにより、改良版を再設計しているとのことですので、最終的には外観が少し異なる(薄くなる)ものとなりそうです。 写真では屋根裏側を一部切り取っていますが、実際にはこの加工は不要で、ほぼそのまま納まるようです。 ただし、LEDをライトプリズムが上から抑え込む構造になっているため、取り付けるLEDのサイズによってはプリズムが干渉する可能性があります。 こちらはデコーダ側の部品が一部干渉したため、屋根裏板を写真のように切り取りました。 最後に米国型、Amtrak ACS-64です。 車体側はこのようにICと干渉する部分を切り取りますが、これだけでは不充分でした。 というのも... ACS-64の屋根は車体ギリギリの高さになっており、さらに屋上部品が別パーツで車体側に出っ張っています。 これらがICと干渉してしまうため、電動リューターを用いて写真のように大きく削り込みました。 これでなんとかギリギリ納まるようですが、屋根に穴を開けないように慎重な工作が必要です。 今回の検証は以上です。 ワンコインデコーダは安価に製作できるため、高価な機関車型デコーダーと比べてDCC化を進めやすいメリットがあります。 検証が済めば一般頒布が始まるとのことですので、期待したいアイテムです。 2018. 10 追記 ワンコインデコーダ for KATO Locoは、その後基板を薄くした改良品となり、こちらの版が正式頒布開始となりました。 [投稿時刻: 7:25 PM ] July 25, 2017 DMM. make クリエイターズマーケットへ出品(AU725Bクーラー)• 3Dプリント出力品を発注できる、にし、試験的に出品を行ってみました。 第一弾は、各社未製品化の、トランスポーテック製「AU725B」クーラー(10個入り)です。 KATO準拠の取り付け足を付けてありますので、KATO製E231系には無加工で搭載できます。 上記画像(1枚目)は出力した現物ではなく、3Dレンダリングプレビューです。 実際の出力品は3Dプリンターの特性上、表面に荒れなどが見られます。 取り扱いには、3Dプリント出力品の素材特性・下地処理・加工などに関する知識が必要です。 AA や、過去のRM Models記事などを参照してください。 (当サイトでも3Dプリント関連の情報を公開していく予定です) この他にも欧州型関連の出品を行っています。 そちらの詳細はで公開していきます。 [投稿時刻:11:25 AM ] April 25, 2017 ギャラリー追加(305系) LocoTouch Android版アプリをメジャーバージョンアップ(Ver2. 00)しました。 LocoTouch Hostを使用している場合についても、ファンクション制御をF28までの全ファンクションに対応化したほか、FastClockの全画面表示に対応するなど機能強化されています。 また、Android搭載型DCC制御スロットルである「ESU Mobile Control II」をデバイスとして使用している場合、スロットルノブ(速度調整)や追加ボタンによる各種操作が可能となりました。 詳しくはを参照してください。 なお、旧版LocoTouchをインストールしている場合はGoogle Playにより自動アップデートが行われますが、機能強化のためアプリの権限を変更しているため、完全に自動ではアップデートされず、権限の確認が必要となる場合があります。 [投稿時刻: 2:35 PM ] March 8, 2016 LocoTools Ver4. 00を公開 奥付 サイト情報• サイト内容や作品についてのご意見・ご質問等ございましたら、最新日記エントリへのコメントとして(日記内容には関わらず)受け付けております。 トップページおよびブログはで構築されています。 で更新時刻をチェックできます。 当ウェブサイトで掲載している改造・加工方法について、それを実行したことによるいかなる損害や問題に対しても、管理人および関係者は一切の責任を負わないものとします。 リンクについて 本ウェブサイト内リソースへのリンクについては一切の制限を行っていませんが、画像・記事の無断転載は固くお断りします(著作権法に基づいた正当な「引用」はもちろん問題ありません)。 プライバシーポリシー 本サイトでは、サイトの分析と改善のためにGoogleアナリティクスを使用しています。 そこでデータ収集のために生成されるCookieを通じて、利用者のIPアドレス等の情報の一部をGoogleが読み取る場合があります。 利用者は本サイトの閲覧にあたって、以上のGoogleが行うデータ処理について許可を与えたものとします。 このようなアクセス情報の収集方法および利用方法については、「」「」によって定められています。 製作・著作 Copyright C 2001-2020 橋本孔明 Koumei Hashimoto , all rights reserved.

次の