結婚退職 挨拶。 【例文コピペOK】退職挨拶メール(社長・上司・社内・社外)の書き方

【退職挨拶の文例つき!】スピーチ、メール(社内・社外)の注意点

結婚退職 挨拶

退職挨拶のスピーチやメールに盛り込みたい内容/NGの内容 まずは、退職するときの挨拶に盛り込みたい内容と、盛り込んではいけない内容をチェックしておきましょう。 退職挨拶で盛り込みたい内容 退職の挨拶で伝えたいのは、次の内容です。 退職を報告する言葉と退職理由• 感謝の気持ちを伝える言葉• 会社の発展や社員の活躍を祈る言葉 まずは、退職の報告と、簡単な退職理由を告げましょう。 次に、世話になったことに対する感謝の気持ちを述べ、最後の締めには会社の発展や社員の活躍を祈る言葉を添えるのがベストです。 別の人に仕事を引き継ぐ場合は、感謝の後でその人を紹介しておくとより親切です。 これだけ押さえておけば、退職の挨拶としては十分。 長めに話す必要がある場合は、今後の決意を添えてもいいでしょう。 具体的な理由を話す必要はありませんよ。 「一身上の都合により」とか「新たな方向に進むことになった」など簡単でかまいません。 退職挨拶にはNGの内容 退職の挨拶では、次のようなことは言わないのがベターです。 退職理由の詳細• 会社に対する批判• マイナスに受け取れるエピソード 退職理由については、詳細を話す必要はありません。 一身上の都合とするのが一般的ですので、長々と事情を語らないようにしましょう。 結婚や出産などの場合は簡単に触れても問題ありません。 ですが、社内にはいろいろな事情・状況の人がいますので、事実だけを簡単に伝えるのがおすすめです。 たとえ「辞めるのがうれしくて仕方ない」という気持ちでも、残念に思う気持ちも示すようにしてくださいね。 それは止めた方がいいですね。 退職の挨拶をするときには、「自分 対 会社全体」という図式になります。 そこで会社の批判をしてしまうと、聞いている相手をみんな敵に回してしまいかねませんよ。 自分はそこを離れるからよいですが、他の人たちはこれからもそこで働き続けます。 最後に問題提起だけして出て行くことは、相手に不快な思いをさせるだけ。 残念ですが、その発言がきっかけとなって状況が改善される、ということは考えにくいです。 退職の挨拶は、前向きに感謝と応援の気持ちを伝えるだけにとどめておきましょう。 退職の挨拶をする際は長さや伝え方、相手にも気をつけよう 挨拶をするときには、話し方など次のことに気をつけてください。 ゆっくり・はっきりと話す• 簡潔にまとめて話す• 社外の人への挨拶も忘れない それぞれ説明していきます。 ゆっくり、はっきり話すことも大切 退職の挨拶を口頭で行う場合は、話し方にも気をつけなければいけません。 みんなの前に立って挨拶をするとどうしても緊張して早口になりがちなので、ゆっくり話すことを意識しましょう。 また、せっかくの挨拶が聞こえなければ意味がありません。 フロアの遠くにいる人にも声が届くように意識してはっきり話すことも大切です。 長すぎる挨拶は口頭でもメールでも避けるべき 話が長いことは、挨拶でなくても嫌がられがちです。 感謝の言葉をたくさん伝えたかったとしても、挨拶は簡潔にしましょう。 自分にとっては退職という大きな出来事の日ですが、他の社員にとっては仕事が待っている貴重な時間。 話が長いのは迷惑になります。 メールでも同じです。 他の人は仕事の合間に読むことを考えると、長文は避けるのがおすすめです。 お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます。 私事(わたくしごと)ではございますが、一身上の都合により、本日をもって退職させていただくこととなりました。 入社して8年間、至らぬ点も多かったと思いますが、あたたかくご指導いただき、また随所で助けていただき、ありがとうございました。 ここまで仕事を続けて来られたのも、皆様のおかげだと感謝しています。 ここでの経験は、私にとっての貴重な財産です。 ) 今後は全く違う道に進むこととなりますが、ここで学んだことを生かして頑張っていく所存です。 最後になりましたが、〇〇(会社名)の今後ますますの発展と皆様のご活躍とご健康をお祈りして、退職の挨拶とさせていただきます。 本当に、ありがとうございました。 入れるべき「退職の報告」「感謝」「今後の活躍を祈る気持ち」があれば体裁としてはOKです。 また、前向きさを表すために、今後の決意を付け加えるのもおすすめです。 さらにこの例のように、「自分のために時間を取ってもらった」ことについての感謝も入れるとより礼儀正しい挨拶になります。 社内のいろんな人が関わる仕事であれば、( )で書いたように業務の引き継ぎについても話しておくとよいでしょう。 30秒程度の短めの退職挨拶例 次に、あまり時間がない場合の、30秒程度で言える短めな退職挨拶の文例です。 件名:退職のご挨拶(部署名/氏名) おつかれさまです。 〇〇部〇〇課 〇〇です。 私事ですが、一身上の都合により、本日をもって退職させていただくこととなりました。 直接お会いしてご挨拶すべきところ、メールでの失礼をお許しください。 今日までたくさんのご指導をいただき、また支えていただき、本当にありがとうございました。 いろいろとご迷惑もおかけしたかと思います。 申し訳ありませんでした。 今後は全く別の道に進みますが、陰ながら〇〇さんのますますのご活躍をお祈りしています。 お身体にはくれぐれもお気をつけください。 〇〇部〇〇課 〇〇(氏名) 一人ひとりに違ったメールを送る場合は、その人との個別エピソードなどを入れるとより温かみのある挨拶になります。 一斉メールの場合は、相手が誰でも失礼のない敬語の使い方を心がけてください。 これからもコンタクトを取りたい場合は、自分の個人的な連絡先を入れて、「いつでもご連絡ください」「またお会いしましょう」などの一言を加えましょう。 ご多忙のところ私事で恐縮ではございますが、先日もお伝えしましたとおり、本日をもちまして退職させていただくこととなりました。 力不足でご迷惑をかけたことも多々ございましたが、叱咤激励をいただいたり助けていただいたりと大変お世話になりましたこと、心より感謝しております。 何なりとお申し付けいただければと存じます。 末筆ながら、貴社のますますのご発展と、〇〇様のより一層のご活躍をお祈り申し上げます。 (署名) 社外へのメールに、退職理由を書く必要はありません。 転職先についての情報も書く必要はありません。 「退職する事実」と「いつ退職するのか」「これまでのお礼」が入っていればOKです。 急な退職などで後任の紹介ができていない場合は後任の名前も、後任が決まっていない場合は「決まり次第連絡させる旨」を伝えておきましょう。 個別にメールを送るのがベストですが、次のような点に気をつければ一斉メールを送ってもよいでしょう。 私事で恐縮ではございますが、このたび一身上の都合により、本日をもちまして退職することとなりました。 本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところ、突然のお知らせ、しかもメールでのご挨拶になってしまったことをお詫び申し上げます。 今後のお仕事につきましては、同じく〇〇部の〇〇(後任者名)が担当を引き継がせていただきます。 後日、改めまして〇〇よりご挨拶をさせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 (署名) まずは用件(退職)を伝えた上で、あらかじめ伝えておかなかった非礼を詫びるようにしましょう。 社内向け・社外向けいずれの場合にも、会社の批判や愚痴、転職先の企業名などを入れるのは避けるのが無難です。

次の

【例文あり】円満退職のカギとなる「退職の挨拶」メール・朝礼・スピーチのポイント

結婚退職 挨拶

手紙や挨拶状の決まった形式を少し解説! 例文をご紹介していく前に、 手紙やはがき・挨拶状の基本を少しご説明。 退職の挨拶時に手紙・はがき・挨拶状を出す場合は、 <拝啓・敬具、時候の挨拶> これら「挨拶文」が必須。 1月であれば新春の候 2月であれば春寒の候 3月であれば早春の候 こんな感じで何月かによって使う言葉が決まっています。 そしてその時候の挨拶の後に 「ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます」 みたいな決まり文句が続いてようやく本文を書くことが出来ます。 そして最後に、 「末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」 こんな感じの結びの挨拶を書いて終了。 当然、文頭に拝啓・文末に敬具は必須ですよ。 基本的な流れは上記の通り。 正直今からご紹介する文例を参考にしていただければ、 問題ないのですがビジネスマナー的な意味合いで知っておきましょう。 1-1. 参考!時候の挨拶まとめ! ご紹介したのはほんの一例です。 退職の挨拶文・文例集〜手紙・はがき・挨拶状編〜 手紙・はがき・挨拶状は基本的に同じ文面で大丈夫です。 手紙の場合は縦書きの方がしっくり来るような気もしますが、 縦書き・横書きについての決まりはありません。 手紙・はがき・挨拶状は、 出す枚数が多いと面倒かもしれませんが、 手書きで作成するようにしましょう。 2-1. なにとぞ今後とも より一層のご指導と末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちまして、御礼かたがたご挨拶申し上げます。 末筆ではございますが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 退職の挨拶文・文例集〜メール編〜 退職する際に必ずと言っていいほど作成することになる退職メールについては、 下記の記事で詳しく解説しています。 <> ・所属先の上司、同僚 ・社内他部署の方(関わりがあった人) ・取引先などの社外の方 などメールの送り先ごとの文例集や、 メールを送る際の注意事項やポイントまで。 是非、参考にしてみてください! 4. 参考までに!退職時の挨拶スピーチについて 最後に、 退職の挨拶で行うスピーチでのポイントと文例をパターン別にご紹介します。 最終出社日にスピーチの機会を設ける会社は多いです。 急に振られてあたふたしないために! 念のためここでスピーチについて確認しておきましょう。 ご紹介するパターンは、 ・在職期間が1年未満の方 ・在職期間が1年以上の方 ・結婚・出産で退職される方 この3つ! そのまま使用しても問題ありませんが、 独自のエピソードを盛り込むことでより深みを増すでしょう。 退職理由はどの挨拶でも、一身上の都合が基本。 結婚・出産などのおめでたい理由の場合はその理由をそのまま伝えてOKです! 4-1. だいたい 60 秒くらいを目安にしましょう。 4-2. 在職期間が1年未満の方のスピーチ文例 本日はお忙しい中、このような場を設けていただき、ありがとうございます。 私事ですが、この度一身上の都合により退職することになりました。 みなさんから、たくさんのことを教わり、学んできました。 大変なこともありましたが、とてもいい経験をすることができたと感じています。 この会社で学んだ社会人としての経験をもとに、これからも頑張っていきたいと思います。 最後になりましたが、これからも皆さまのご活躍をお祈りしています。 以上で退職の挨拶とさせて頂きます。 ありがとうございました。 4-3. 在職期間が1年以上の方のスピーチ文例 本日はお忙しい中、このような場を設けていただき、ありがとうございます。 私事ではありますが、この度、一身上の都合により退職することになりました。 入社した頃は、初めての業務で分からないことが多く、 ご迷惑をおかけしてばかりで、やっていけるのかなと不安に思うこともありました。 ですが、時には厳しく、 時には優しくサポートをしてくださったみなさんのおかげで、 今まで味わったことのない達成感を得ることができました。 どうぞよろしくお願いいたします。 本日を持ちまして、退職致しますが、 どうぞ今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。 最後になりましたが、今後も皆さまのご活躍を心よりお祈りしています。 以上で退職の挨拶とさせて頂きます。 ありがとうございました。 4-4. 結婚・出産で退職される方のスピーチ文例 本日はお忙しい中、このような場を設けていただき、ありがとうございます。 急な退職になり、みなさんには大変なご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。 一度は仕事と家庭の両立を考えたのですが、 悩んだ末、どちらも中途半端にしたくないという気持ちから、家庭に専念する決意をいたしました。 みなさんと一緒に働く中で、たくさんの経験をさせて頂きました。 またその経験が自分の成長に繋がったのだと感じています。 最後になりましたが、今後も皆さまのご活躍を楽しみにしております。 また、今後とも変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。 本当にありがとうございました。 まとめ ここでは、退職の挨拶の文例をご紹介させていただきました。 1番大事なのは、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えることです。 余裕をもって挨拶文を考えることで、伝えたいことを明確にできるはずです。 退職理由はさまざまだと思いますが、 最後にいい形で退社できるように最終出社日を迎えてください。

次の

結婚退職メール|メール例文.com

結婚退職 挨拶

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の