炭 治郎 耳飾り。 鬼滅の刃伏線!炭治郎の耳飾りの由来や花札の意味が凄いし購入も出来る?

【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りの意味とは?亡き父と関係がある!?

炭 治郎 耳飾り

【第4巻本日発売!】 「鬼滅の刃」Blu-ray&DVD第4巻が本日発売されました! 炭治郎と禰豆子の戦いをぜひご自宅でじっくりお楽しみいただければと思います。 これは、 炭治郎の父(炭十郎 から継承されたものです。 炭治郎の家は、代々 「ヒノカミ神楽」という舞を伝承しています。 これは、新年の始まりに雪の降る山で一晩中舞、一年間の無病息災を祈ります。 父・ 炭十郎はどれだけ一晩中舞っていても、正しい呼吸が出来れば疲れず寒さも平気だと話しています。 「 この神楽と耳飾りだけは、途切れさせず継承していってくれ 約束なんだ」 と言い残した父から、長男である 炭治郎は耳飾りを継承します。 神楽も継承してるんだね。 — シロクマ radio1010cat 炭治郎の耳飾りの意味とは 父・ 炭十郎からの約束通り、継承した耳飾り。 そんな耳飾りに込められた意味。 ヒノカミ神楽の「ヒ」とは、「日」であり、「日の呼吸」なのでは? と言われています。 日の呼吸とは、始まりに呼吸と言われ、すべての呼吸の原点で、特別な呼吸法です。 つまり、 炭治郎は、日の呼吸の継承者を意味しています。 鬼舞辻無惨が、 炭治郎と対峙したとき、耳飾りに反応しています。 昔、 鬼舞辻無惨が耳飾りを付けた剣士に頸を斬り落とされそうになった記憶が残っており、日の呼吸の使い手を意識しているようです。 また、 炭治郎の夢の中に現れた「剣士」と「 炭吉」 炭治郎の祖先と思われる人と関わりがあったであろう人物です。 その剣士の耳にも炭治郎と同じ、耳飾りがありました。 炭治郎との関係や父との関係、日の呼吸とは・・・。 謎が深まるばかりです。 耳飾りがこれからのストーリーにも大きく関わってきそうですね。

次の

【鬼滅の刃】炭治郎の耳飾りに隠されていた秘密!日の呼吸と関係していた!?耳飾りに込められた父の想いとは?

炭 治郎 耳飾り

【鬼滅の刃】全ての謎を握る!?竈門炭十郎と日の呼吸の関係とは 週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画 【鬼滅の刃】。 それと同時に、日の呼吸の使い手に選ばれた者は 生まれつき額に痣があるという衝撃の事実も判明。 幼い炭治郎に、どうして父さんは体が弱いのに長く舞っていられるのかと尋ねられ「 どれだけ動いても疲れない息の仕方がある」と打ち明ける炭十郎。 実際に、炭治郎がつけている花札のような耳飾りは、この時はまだ父である炭十郎の耳にあるのが確認できますね。 さて、累との戦いの中で、炭治郎が死なないために記憶の深い部分から引き出したのは、父親の炭十郎の思い出でした。 まだ幼い炭治郎と禰豆子を優しく見つめる、やつれた父の姿…雰囲気は炭治郎とよく似ていますが、やせ細った体や目のしたのクマが目立ち、お世辞にもたくましいとは言えない 弱々しい容貌でした。 しかし炭治郎は父の言葉で死地から見事に復活し、いつもの水の呼吸ではなく ヒノカミ神楽「円舞」を繰り出します!この時点で明確な型名は決まっていなかったようで、炭治郎は ヒノカミ神楽の「呼吸」だと名言しています。 結局このシーンでますます竃門家の謎は深まり、日の呼吸とヒノカミ神楽の関係性も不明なままです。 鬼舞辻無惨によって鬼にされた十二鬼月の中には、炭治郎と戦った時に見た「記憶」に細胞レベルで反応し、畏怖した鬼がいましたよね。 しかし、額の痣、そして耳飾りという共通のポイントはありますが炭治郎の父、炭十郎の姿には見えません。 彼は一体誰なのでしょうか…?ますます謎は深まるばかりです。 炭吉さんはどれくらい上の方なんだろう。 隠れ里にたどり着いた炭治郎は、戦国時代に造られた戦闘訓練用の絡繰人形 『縁壱零式』を目にすると、以前にどこかで見た…知っている人の顔だ、との印象を抱きます。 この人形の原型は実在した剣士だそうで、 人形の腕を6本にしないと、モデルとなった剣士の動きが再現できないとまで言われる程の剣技の持ち主だったんですね。 モデルとなった人物が仮に父の炭十郎だったのであれば、それを受け継いだ炭治郎の爆発的な 戦闘センスと能力の高さにも納得がいきます。 そしてさらに、炭治郎はここで 気になる発言を残しています。 上弦の鬼たちとの戦いで昏睡状態の中、見た夢に出てきた一組の夫婦と侍…その姿は 炭治郎の祖先だと確信がもてるほど似ている男性と、額に痣のある耳飾りをした侍の姿がありました。 憂いを帯びた表情は 『縁壱零式』のものとよく似ていましたが、一体どちらが モデルだったのでしょう…。 そこで、命を助けてもらったお礼に 剣士の事を後世に伝えると申し出ますが、剣士はこれを断りました。 その理由については詳しく明かされていませんが、なんとなく 意味深な雰囲気を感じます。 剣士は夫婦の命を救い、家にしばらく匿ってもらっていた様子からすると、少なくとも血縁者ではないはず。 そしてこの剣士、普段は黒い刀身が 戦う時だけ赤くなると住吉の妻が言っていたのも気になります。 日の剣士の顔…目の感じが義勇さんっぽい。 義勇さんの御先祖様だったりするのかな。 義勇さん自身は水の呼吸の使い手だけど。 — 月見月まい FE風花雪月? そして、この剣士が 日の呼吸初代の剣士であるならば、この時住吉に耳飾りとヒノカミ神楽の舞を伝えたんじゃないか…との仮説にたどり着きました。 あなたへのオススメ記事 炭十郎は鬼殺隊なのか、それとも…? 生存説まで浮上した今後の展開に期待!! 結局のところ、炭治郎の父…炭十郎は鬼殺隊だったのかどうか、真実が知りたいところ…! しかし、体が弱かった父が鬼殺隊として活躍するのは少し難しい気もします。 日の呼吸の使い手としての特徴、額の痣などがあることか何らかの形で鬼を退治した事はありそうですが、その点についても未だ不明なまま。 また、 「竃門炭十郎生存説」が真実である可能性も0ではありません。 さらに、炭治郎の兄弟子である富岡義勇も深く関わってきそうな予感がします。 日の呼吸の存在が明らかになった今、 続いては鬼と竈門家…炭治郎と炭十郎の謎が明かされるのを待ちましょう! 関連記事をご紹介.

次の

炭治郎の耳飾りの大きさは?【花札模様】

炭 治郎 耳飾り

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】耳飾りはヒノカミ神楽を継承した証 火を使う仕事…炭売りは 神楽という舞を一年の初めにヒノカミ様を祭るために舞う風習があります。 幼い炭治郎が父に、どうして父さんは身体が弱いのに長く舞っていられるのかと尋ねました。 すると父は どれだけ動いても疲れない呼吸の仕方があるというのです。 ヒノカミ神楽を舞うための呼吸法なのか、それともヒノカミ神楽を舞うということに呼吸法の秘密があるのか…。 日の呼吸の使い手は時透無一郎ですが、 ヒノカミ神楽と日の呼吸はとても似ているようです。 炭治郎の耳飾りは 竈門家にあるもので炭治郎も父から継承しました。 神楽と耳飾りだけは必ず途切れさせずに継承してほしいと父に言われたため、耳飾りはヒノカミ神楽を継承した証だと思われます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】夢に出てきた炭吉と同じ耳飾り? 妓夫太郎との戦いが終わって倒れていた炭治郎は夢を見ました。 その中の家は炭治郎の家で、それにその家に住んでいる人は、 炭治郎と同じ顔をしています。 炭治郎によく似ている人の横には 額に痣があり炭治郎と同じ耳飾りをしている剣士がいました。 その剣士の顔は上弦の壱にとてもよく似ているのです。 しかし 痣の形や髪型も少し違うので、上弦の壱ではありません。 剣士は炭治郎にそっくりの人物のことを 炭吉と呼びました。 炭吉はこの時はまだ耳飾りをしていません。 炭吉と話していた人は、上弦の壱とよく似ているので継国縁壱ではないかと思われます。 炭吉は 縁壱に命の恩人と話しているので、二人には何らかのハプニングがあって出会ったのではないでしょうか。 炭十郎は耳飾りを付けていて、竈門家代々受け継がれているものだと耳飾りのことを話していたので、 縁壱から炭吉に譲られ、竈門家に代々伝わるようになったのではないでしょうか。 炭治郎についで言って欲しいと伝えた時も、最後に約束なんだと話していることからもやはり縁壱と炭吉の間で何か約束があったのだと思います。 ヒノカミ神楽と日の呼吸が似ていることもあり、炭吉ならお願いできると思ったのでしょうか。 剣士と炭売りというのが、なかなか結び付かないような気がします。 多分縁壱はその頃もう鬼殺隊に入隊して鬼狩りをしていたと思うのですが、ヒノカミ神楽を目にしたのでしょうか。 それともどことなく似ているので、 親族なのかもしれません。 とても大切なものであることは間違いないので、信頼できる人にしかお願いできないと思うのです。 縁壱と上弦の壱は双子の兄弟なので、炭治郎と上弦の壱の間に何らかの会話があり、上弦の壱からその耳飾りについて言及されることがあるのかと思っていましたが、今となっては知ることができなくなってしまいました。 しかし無一郎にはなぜ耳飾りがなかったのかということも気になります。 同じ日の呼吸の使い手で、上弦の壱の子孫であることがわかっていますが、無一郎は耳飾りをしていません。 スポンサーリンク まとめ 竃門炭治郎の耳飾りは 竈門家が代々継承しているものでした。 花札とよく似た形をしていて、日輪がデザインされています。 炭治郎以外の家族は誰も装飾品を付けていないため、 長男の炭治郎だけが父から受け継いだもののようです。 炭治郎の耳飾りは日の呼吸法の継承者に代々受け継がれる証でもあります。 日の呼吸法は始まりの呼吸法とも関わりがあり、瞬間的に身体能力をアップさせるという特別な呼吸法です。 竈門家で代々受け継がれているヒノカミ神楽とも似ていて、日の呼吸からすべての呼吸法が派生されているとも言われています。 炭治郎は走馬灯で亡き父の神楽を舞う姿を見ました。 その動きと呼吸法を戦闘に応用して会得したのです。 無惨が人に紛れて生活していた時、鬼殺隊に入隊して間もない炭治郎が発見します。 それは炭治郎の聴覚が優れていることからでした。 炭治郎の耳飾りはとても特徴的で人気もありグッズとして販売されています。 コスプレだけでなく普段使いもできるのでジャンプのキャラクターストアはずっと在庫切れになっています。 炭治郎がずっとつけている耳飾りについて少しずついろいろなことが解明されてきています。 これからどんな耳飾りの謎が解き明かされていくのでしょうか。

次の