凱旋門 賞 オッズ。 凱旋門賞2019は、ブックメーカーのオッズに賭けよう!

ブックメーカーオッズ:2019年凱旋門賞 海外競馬発売 JRA

凱旋門 賞 オッズ

今回は 【凱旋門賞2019 】予想考察|オッズと日本馬分析についての記事です。 そして、今年はその大偉業を狙い日本からは フィエールマン・ブラストワンピース・キセキの3頭が参戦して世界の名馬を相手に戦いを挑む訳ですが、最大のライバルは異例の凱旋門賞3連覇を狙うエネイブルの存在。 ブックメーカーのオッズでは3社ともに1.6倍のオッズを付けており2番人気以下のオッズが6倍~7倍前後である点を考慮すれば完全に1強ムード。 エネイブルVSその他の馬という構図になりそうですね。 前者に登録頂けると本日から1ヵ月の間、りょう店長のフル予想が全てご覧いただけます。 ぜひ、凱旋門賞の予想のみならずこの機会に1ヵ月の期間、りょう店長の競馬新聞(完全版)をご体験頂ければと思います! sponsored link 【凱旋門賞2019】予想考察 当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。 1 エネイブル 1.4倍 2 ジャパン 7.8倍 3 ブラストワンピース 13.9倍 4 フィエールマン 15.7倍 5 ソットサス 18.5倍 1番人気は3連覇の偉業達成に注目が集まる エネイブル 異次元の強さを誇る怪物級の牝馬であり、近走の内容から5歳の秋とはいえ、能力的な衰えは一切見当たらず高い力をキープしているイメージ。 つまり、今回は普通に考えれば歴史的な快挙と言える凱旋門賞3連覇の瞬間を見ることが出来るのか?個人的には疑う予定だが、アッサリと勝たれても驚きはしないレベルの馬である事は事実。 果たして…? 2番人気はインターナショナルステークスを制覇した ジャパン オブライエン調教師&ムーア騎手のコンビで挑む同馬であり、今年の大本線はコノ馬であるはず。 今回はチーム・オブライエンでどこまでエネイブルを苦しめることが出来るのか?注目ですね。 3番人気は日本から参戦する ブラストワンピース 応援票&パリロンシャン競馬場に対する適性をイメージすればコノ馬が日本馬の中では最も売れることが濃厚であり、単勝はこの程度をイメージ。 後は日本から参戦する フィエールマンとお馴染みのクリスチャン・デムーロ騎手が騎乗する ソットサスなどに続く。 つまり、今回の凱旋門賞は舞台設定としては能力の方向性から大きくはズレていないイメージで噛み合えば好走する確率はあるはずだ。 後は鞍上の川田騎手がフランスの競馬に合わせたレース運びができるかどうか…。 数年前のハープスターでは世界中から批判を浴びた騎乗で悪い意味で注目を集めていただけにその二の舞にならないことを願うばかりです。 そして、どろどろ馬場の菊花賞を制覇しているとはいえ、基本的には摩擦の少ない高速馬場がベターでタフなパリロンシャンの馬場&クセの強いコース形態の適性は微妙な所。 今回は前回の内容からも苦戦が濃厚だ。 ・フィエールマン(ルメール) 現代競馬の申し子とも言える休み明けのローテーションを多用している馬であり、ディープインパクト産駒の初海外挑戦で鮮度は十分の状況だが、近走のレース内容から持久力よりは圧倒的に瞬発力で勝負をするタイプ。 つまり、お世辞にもパリロンシャンの舞台が合うとは言い難く道中にスタミナを消耗して最後の直線ではお釣りなし…という状況になる可能性は大。 今回は応援票を含め人気を集めることが濃厚だが、基本的には軽視すべき存在になるだろう。 【凱旋門賞2019予想考察】のまとめ 最後に 現段階の注目馬をご紹介します。 その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中! <推奨理由> 鞍上の配置面から人気が落ちそうなイメージだが、相性の良い4歳以下の牝馬でエネイブルと差のない競馬をしている点から能力的に全く足りないということはない。 つまり、今回は仮にもエネイブルが鮮度面を含めてポカ負けをするようなら漬け込む隙は大いにあるはず。 ココは手頃な頭数でスムーズなレース運びなら馬券圏内のチャンスは十分にあるだろう。 一発を期待する。 ・無料情報が少なすぎる ・どうせ堅いレースしか当てられない ・点数、レース数が多くて投資金がかさみそう そのイメージは間違っていません。 ただ・・・ 「一昔前の競馬データは」ですけどね。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 今、競馬予想サイトは驚く程の進化をしています。 「競馬予想サイトなんて使った事ないから」 「競馬予想サイトなんてどうせ儲からない」 そう思って敬遠してる人も多いと思います。 ただ、このサイトを使って美味しい思いをしている 人たちは口をそろえて、こう言います。 『うまとみらいとを使えばいくらでも稼げます』 この言葉は、他人事ではないですよ。 嘘だと思うなら、無料でためしてください。

次の

海外競馬 凱旋門賞2020ブックメーカー全オッズ!(前売り)*10月4日(日)開催

凱旋門 賞 オッズ

2020年の 凱旋門賞のブックメーカーが発表しているオッズです。 Enable(4. Japan(13. Daring Tact(15. Logician(15. Sottsass(15. Ghaiyyath(17. Love(26. Frankly Darling(26. Victor Ludorum(26. Salios(26. Star Catcher(26. Persian King(34. Ocean Atlantique(34. Stradivarius(34. Raabihah(34. Palace Pier(34. Magical(34. Military March(41. Born With Pride(41. Wonderful Moon(41. Sovereign(51. King Of Change(51. Waldkonig(51. Albigna(51. Deirdre(51. Mogul(51. Rubaiyat(67. My Rhapsody(67. Lucky Lilac(67. Blast Onepiece(67. Passion(101. 0) (William Hill参照 2020年6月17日現在) 6月17日の段階では1番人気は3度目の制覇を狙うエネイブル。 昨年の凱旋門賞4着のジャパンや日本馬のデアリングタクトが続いています。 他の日本馬ではサリオスやディアドラ、マイラプソディ、ラッキーライラック、ブラストワンピースが名を連ねています。 過去の日本馬の最高着順は2着。 1999年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、2012年・2013年のオルフェーヴルが2着に入っていた。 近年では2012年のオルフェーヴルの2着がもっとも勝利に近づいた年だった。 直線半ばで勝利を確信した人が多かったはず。 今年こそ日本馬の勝利を!.

次の

凱旋門賞の馬券購入ガイド

凱旋門 賞 オッズ

今回は 【凱旋門賞2019 】予想考察|オッズと日本馬分析についての記事です。 そして、今年はその大偉業を狙い日本からは フィエールマン・ブラストワンピース・キセキの3頭が参戦して世界の名馬を相手に戦いを挑む訳ですが、最大のライバルは異例の凱旋門賞3連覇を狙うエネイブルの存在。 ブックメーカーのオッズでは3社ともに1.6倍のオッズを付けており2番人気以下のオッズが6倍~7倍前後である点を考慮すれば完全に1強ムード。 エネイブルVSその他の馬という構図になりそうですね。 前者に登録頂けると本日から1ヵ月の間、りょう店長のフル予想が全てご覧いただけます。 ぜひ、凱旋門賞の予想のみならずこの機会に1ヵ月の期間、りょう店長の競馬新聞(完全版)をご体験頂ければと思います! sponsored link 【凱旋門賞2019】予想考察 当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。 1 エネイブル 1.4倍 2 ジャパン 7.8倍 3 ブラストワンピース 13.9倍 4 フィエールマン 15.7倍 5 ソットサス 18.5倍 1番人気は3連覇の偉業達成に注目が集まる エネイブル 異次元の強さを誇る怪物級の牝馬であり、近走の内容から5歳の秋とはいえ、能力的な衰えは一切見当たらず高い力をキープしているイメージ。 つまり、今回は普通に考えれば歴史的な快挙と言える凱旋門賞3連覇の瞬間を見ることが出来るのか?個人的には疑う予定だが、アッサリと勝たれても驚きはしないレベルの馬である事は事実。 果たして…? 2番人気はインターナショナルステークスを制覇した ジャパン オブライエン調教師&ムーア騎手のコンビで挑む同馬であり、今年の大本線はコノ馬であるはず。 今回はチーム・オブライエンでどこまでエネイブルを苦しめることが出来るのか?注目ですね。 3番人気は日本から参戦する ブラストワンピース 応援票&パリロンシャン競馬場に対する適性をイメージすればコノ馬が日本馬の中では最も売れることが濃厚であり、単勝はこの程度をイメージ。 後は日本から参戦する フィエールマンとお馴染みのクリスチャン・デムーロ騎手が騎乗する ソットサスなどに続く。 つまり、今回の凱旋門賞は舞台設定としては能力の方向性から大きくはズレていないイメージで噛み合えば好走する確率はあるはずだ。 後は鞍上の川田騎手がフランスの競馬に合わせたレース運びができるかどうか…。 数年前のハープスターでは世界中から批判を浴びた騎乗で悪い意味で注目を集めていただけにその二の舞にならないことを願うばかりです。 そして、どろどろ馬場の菊花賞を制覇しているとはいえ、基本的には摩擦の少ない高速馬場がベターでタフなパリロンシャンの馬場&クセの強いコース形態の適性は微妙な所。 今回は前回の内容からも苦戦が濃厚だ。 ・フィエールマン(ルメール) 現代競馬の申し子とも言える休み明けのローテーションを多用している馬であり、ディープインパクト産駒の初海外挑戦で鮮度は十分の状況だが、近走のレース内容から持久力よりは圧倒的に瞬発力で勝負をするタイプ。 つまり、お世辞にもパリロンシャンの舞台が合うとは言い難く道中にスタミナを消耗して最後の直線ではお釣りなし…という状況になる可能性は大。 今回は応援票を含め人気を集めることが濃厚だが、基本的には軽視すべき存在になるだろう。 【凱旋門賞2019予想考察】のまとめ 最後に 現段階の注目馬をご紹介します。 その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中! <推奨理由> 鞍上の配置面から人気が落ちそうなイメージだが、相性の良い4歳以下の牝馬でエネイブルと差のない競馬をしている点から能力的に全く足りないということはない。 つまり、今回は仮にもエネイブルが鮮度面を含めてポカ負けをするようなら漬け込む隙は大いにあるはず。 ココは手頃な頭数でスムーズなレース運びなら馬券圏内のチャンスは十分にあるだろう。 一発を期待する。 ・無料情報が少なすぎる ・どうせ堅いレースしか当てられない ・点数、レース数が多くて投資金がかさみそう そのイメージは間違っていません。 ただ・・・ 「一昔前の競馬データは」ですけどね。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 今、競馬予想サイトは驚く程の進化をしています。 「競馬予想サイトなんて使った事ないから」 「競馬予想サイトなんてどうせ儲からない」 そう思って敬遠してる人も多いと思います。 ただ、このサイトを使って美味しい思いをしている 人たちは口をそろえて、こう言います。 『うまとみらいとを使えばいくらでも稼げます』 この言葉は、他人事ではないですよ。 嘘だと思うなら、無料でためしてください。

次の