に の 結婚 相手。 優良物件でも避けるべき! 「結婚相手」に向かない要注意男の特徴7つ(1/3)

結婚相手の見極め方のポイント!本当にその人と結婚していいの?

に の 結婚 相手

彼の気前のよさは恋人の私にだけではなかった。 案の定、貯金はない…こんな男とは結婚しない方がよいでしょう 離婚・ライフアップカウンセラーの岡野あつこです! さて、毎年ひとつ歳を重ねると、「今年こそ結婚!」「何が何でも結婚する!」と密かに決意したり、もしくは家族や友人に宣言して自分にコミットしたりしている人が毎年たくさんいるのです。 たしかに、たとえ現時点で交際している相手がいなくても、「ヒラメキ婚」「ビビット婚」「スピード婚」「できちゃった婚」「駆け込み婚」……など、今年中に「電撃結婚!」ということはいくらでもあり得ます。 しかし、あせりは禁物! お互いに「なるべく早く結婚したい願望」を強く持っていて、恋愛が一気に盛り上がっているケースこそ最も注意が必要です。 東日本大震災の後にも心の問題がクローズアップされて、1人で乗り越えるのは辛い、こんな時こそパートナーがいてほしいと「震災婚」といわれて結婚が増えたのです。 弱っている時や疲れている時には「あばたもエクボ」の状態で、欠点さえも長所に見えてしまいます。 こんな時期に結婚を決断してしまうと、結婚後に欠点が見えた時にどんどん最初のイメージが壊れ、後悔したり、離婚を検討したりすることにもなりかねません。 だからといって、交際期間を長くとればいいというわけではありません。 「長すぎた春」というように、上手くいかないケースも多くありますので、交際期間に関わらず、冷静に相手をしっかり見極める目を持てばいいのです。 良いところも悪いところもあえて見つけ出し、いいところが上回っていれば、そこからスタートすればいいのです。 でも「本当にこの人でいいのかな?」「恋人としては問題ないけど、結婚相手にはふさわしくないかも……」など、迷いがあるのなら「ちょっと待った、その結婚!」です。 「彼からプロポーズされた」「彼が結婚しようか?モードに入ってきた」「結婚前提で真剣交際を申し込まれた」という方、嬉しい気持ちはわかるけど、次なるステップ、彼は「結婚してはいけない男」ではないか、要チェックです! 高価な贈り物に惑わされてはいけない…… 知り合った彼は、交際中の彼は、どんな男(ひと)? 好きになってしまうと、つい欠点も許せてしまうけれど、ここが「結婚の落とし穴」となるのです。 また、相手もあなたに好かれたい一心で、欠点隠しに必死になっているかも知れません。 実は「結婚したとたん豹変した」「2~3年はいい人だったのに、子供ができたとたんモラハラするようになった」などというケースも少なくないのです。 まさか、以下の「こんな男」と最初からわかっていて結婚しようと思われる方はいないとは思いますが、恋は盲目です。 彼が「こんな男」ではないか、もう一度勇気を持って恋は盲目にならないように気をつけて観察してみましょう! 結婚してはいけない男の特徴10個.

次の

結婚相手に求める条件ベスト10と男女の本音とは?

に の 結婚 相手

このデータから綺麗事ではない、本当に結婚相手に求めている本音の部分が垣間見えてきましたのでご紹介します。 (内閣府発表ののデータより) 男性が結婚相手に求める条件ベスト10 男性が結婚相手の女性に求める条件を順番に並べてみました。 調査対象は未婚で将来結婚したいと思っている人20-30代です。 女性が結婚相手に求める条件ベスト10 こちらは女性の方が結婚相手に求める条件のベスト10です。 調査対象は未婚で将来結婚したいと思っている人20-30代です。 おもしろいことに、男女とも同じような条件を求めていることが分かります。 そして、同じような条件を相殺した時に、本来の「相手に求める条件」が見えてきます。 結婚相手に「本音の条件」とは 男女ともベスト10で共通で入っているもの以外に色を付けてみました。 これが、男女で求めるものが全然違うことが分かります。 これが、本当に相手に求めている本音の結婚条件ではないでしょうか。 男性が結婚相手に求める本音の条件2つ• 容姿が好みであること やっぱり男性は女性の容姿に重きをおいていることがわかります。 順位も4位と高位置にあることからもそれが読み取れます。 家事や家計を任せられること ワンオペ育児、イクメン等の言葉が取り上げられることからも分かりますが、日本では「家事は女性がやるもの」という価値観が健在です。 データ結果からも、まだまだ男性は「女性に家事をしてもらうこと」を条件にあげていると読み取れます。 夫婦協力して家事や育児をやる世の中になるのはいつの日なんでしょうね。。。。 ため息が出ます。 男性は結婚相手に「かわいらしい家事ができる女性」を求めているですね。 では、女性の方はどうなのでしょうか? 女性が結婚相手に求める本音の条件2つ• 経済力があること 約半数の女性が結婚相手に「経済力」を求めていることが分かります。 女性も共に働いて家事分担していくことが本当の意味での男女平等なのですが、女性の方の意識もまだ「男性に食べさせてもらう」意識が強いのでしょうか。 親が同意してくれること 意外にも37. 結婚は2人だけのものではなくお互いの「家族」がつながるという意識が高いのかもしれません。 女性の方が男性より現実を解っている結果とも言えます。 女性は結婚相手に「お互いの親も認める経済力がある男性」を求めているということでしょう。 結婚したいなら、「家庭的アピール」は有効 以上の結果から、女性が結婚したいなら男性に「家庭的」であることをアピールすることが有効と言えます。 婚活の場合は特に、身なりにも「かわいさ」を演出しておいたほうが良い。 (残念ながら)「清楚で家庭的な女性」は男性ウケでは鉄板ということがデータから読み取れるのです。 そして、男性は(またまた残念ながら)「稼げる男」になることが結婚の近道かもしれません。 とはいえ、結婚はいつまでもラブラブな時期が続くわけではありません。 長年結婚生活を共に過ごして「離婚を考える」を考える時期もやってきます。 そんなに時ほんとうの意味で必要だった「結婚条件」が見えてくるものです。 下記の記事も参考にしてください。

次の

どう見極めるべき?「結婚相手にピッタリ」な男性の特徴

に の 結婚 相手

しかし、結婚を決める前に相手を見極め、問題点をクリアにしておけば、結婚してから予想もしなかった問題が出てくるということは少なくなるかと思います。 相手の問題点を見つめて、自分がその問題点を許せるかどうかについてしっかりと考えてみましょう。 結婚相手を見極めるポイントは? 人によって結婚相手に求めるものは様々です。 よく結婚相手に求める条件、などと言われたりしています。 結婚相手に求める条件とともに、これは確認しておきたい、知らないままに結婚するのは危険なポイントというのもあります。 離婚事由にもなりやすいポイントなので、どのようなものがあるのか確認してみましょう。 暴力 まず、暴力は完全にアウトです。 「私が怒らせたから…」「いつもじゃないから…」なんて考えていてはいけません。 浮気はした方よりもされた方が心に傷を残します。 結婚したら浮気をされた後も一緒に生活を続けなければいけないので、付き合っている時の浮気よりもつらいものがあります。 多少の浮気は許せる、という人でなければ、付き合っている段階で浮気をする相手とは別れた方が賢明です。 お金の使い方 お金の使い方が派手な人は、結婚して子供が生まれたからといっても同じようなお金の使い方をしようとします。 お金の使い方が派手だったり、無理なローンを組もうとする人には注意が必要です。 下手をすると借金問題にもなりかねないので、相手のお金の使い方には注意してみてください。 ギャンブル パチンコやスロット、競馬などギャンブルは様々あります。 できれば1年程度はお付き合いをして、相手のことを色々と知ってから結婚に踏み切ったほうが、後からこんなはずでは…となる可能性は低いかと思います。 遠距離恋愛などでなかなか会う機会が少ない場合は、その分いろいろな話をしたりして相手のことを十分に知るようにしましょう。 結婚には覚悟が必要 相手のことをよく知らないまま結婚してしまうと、後々「こんなはずでは…」と悩むことになってしまいます。 多少の欠点は人間誰しもあります。 結婚相手を見極めるということは、要は相手の欠点を自分が許せるかどうかを見極めるということです。 付き合っている時は彼氏との時間は非日常ですが、結婚すると日常となります。 彼氏との時間が日常になり生活基盤が一緒になった時、相手の欠点が許せるかどうかよく考えてみましょう。

次の