ドリュウズ 育成論 ブログ。 【ソードシールド】ドリュウズの育成論!汎用性・抜き性能の高いアタッカー【ポケモン剣盾】

砂パドリュウズの調整案

ドリュウズ 育成論 ブログ

育成概要 弱ホルード ホルード 型名 弱ホルード 特性 ちからもち 技構成 じしん とびはねる ギガインパクト かみなりパンチ 持ち物 じゃくてんほけん 性格 いじっぱり 努力値振り H,A,B,D,S全て個体値31とする。 (C抜け推奨) HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 努力値 4 252 0 0 0 252 実数値 161 118 97 — 97 130 役割対象が不明確なシーズン初期のため、環境がある程度固まるまでは極振り推奨。 型のコンセプト 第8世代で新たに登場した『ダイマックス』を使用することで弱点保険を発動させやすく、高火力のホルードにダイマックス権を使用することで受けへの崩しと抜きエースとしての役割を意識した型。 弱点保険ホルードを採用する利点 ノーマルタイプであるホルードを抜きエースとして採用することで現環境に多いミミッキュやギルガルドの影打ちに縛られない強みがある。 現環境でダイマックス枠として主に使用されるドラパルトはストッパーとして採用されやすいミミッキュの影打ちに縛られやすいという弱点がある。 ホルードをエースとして使用した場合その心配はなく、ダイマックス抜きエースとして採用する利点となる。 技構成と与ダメージ じしん 威力:100 ダイアース 威力:130 じしん 仮想敵 割合 HB特化ドヒドイデ 76. また、ダイアースの特防上昇によって能動的に弱点保険を発動させやすい。 草で受けられる地震との補完も良い。 ギガインパクト 威力:150 ダイアタック 威力:150 ギガインパクト 仮想敵 割合 H252 FCロトム 125. 地震が通らない浮いているポケモンに対して主に使用。 抜きエースとして使用するため、押しの火力として申し分ない力を発揮する。 お好みでのしかかりに変更しても良いがエースとして使用する場合火力に若干不安が残る。 主にアーマーガアへの崩しとギャラドスへの打点として使用する。 お好みでサブウェポンを変更しても良い。 調整案:A特化ギャラドスのダイストリーム確定耐えまでBを伸ばしても良い。 主な役割対象 ジュラルドン ドリュウズ ドヒドイデ ギルガルド バンギラス ストリンダー ヒートロトム ミミッキュ その他、火力を甘えたウォッシュロトムなどにもダイマックス弱点保険で対応可能。 使用感 ダイマックス込みで非常に広い範囲の相手を見ることができ、それらを起点としてダイジェットや弱点保険で全抜きすることもできます。 ダイアースの特防上昇と弱点保険の相性も良くシナジーもそれなりにあります。 ゴーストタイプが通らないため、ギルガルドやミミッキュに縛られづらく抜きエースとしての性能は非常に高いです。 ミミッキュの化けの皮を起点にダイジェットを積むことが可能。 ダイマックスターンを稼げるとびはねるが非常に優秀で地面技との補完が優れている点も高く評価できるポイントです。 欠点はダイマックスに依存し勝ちのため、素の耐久が脆くタイプ受け以外の受け出しができない。 そのため選出タイミングがやや難しい。 先に相手側にダイジェットで展開された場合、素早さが足りていないため腐りやすい。 YouTube 実践動画 弱点保険ホルードが活躍した対戦動画は下記からどうぞ。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!「かたやぶり」「すなかき」どっちがいいの!??

ドリュウズ 育成論 ブログ

こんにちは!です。 今回は砂かきの単体考察になります。 以下常態 ? 【砂ドリュのSそんなにいらなくね?】 調整の原点。 砂パのを考えている時にS 削って耐久に回したらなんか耐えないかなーと思い調整の考察を開始した。 この調整によりAS想定で砂下のを止めにくる多くの流れを崩せる。 砂撒きのカバやバンギでステロを撒いた前提で話をする。 【ASドリュを止める流れ】 1. ステロを巻かれていても決められる流れだ。 だか、このドリュは確定で耐える!このラインを丁度耐えるのがB180振りである。 こっちのアイへ1発で皮のないは死ぬ。 マンダので一撃やんけ! 無振りはマンダの特化で確1だ。 耐えて剣舞を積む。 最悪耐えられたとしても砂で倒せる。 意地は舞ってもASドリュを抜けないので舞ってこない。 陽気に舞われたら諦めよう。 破られたら抜かれるがらがASだった場合抜けないので相手は破れない。 カバので余裕やんけ! 何度も言うが無振りドリュなら確1だがこのドリュなら耐える。 剣舞して地面Zで粉砕だ!欠伸されたら即起きを祈ろう。 ポリ2のイカサマで剣舞の起点回避だ! 何も積んでない状態でポリ2と対面したときASなら剣舞をすると返しのイカサマで落ちる。 ASならアイへで怯みを狙い削れたところにZを叩き込む流れが多いだろう。 それだとZを消費する上にらの攻撃ランクは上がらない。 アナライズだったら死ぬのでしっかり特性を見よう。 命中考慮でまず耐える。 鉢巻ナットが環境にいるかはわからない。 【Sを削ったデメリット】 ・ドリュミラーに弱い バンドリだとドリュが絶望的に重くなるのでカバドリを推奨する。 ・最速スカガブを抜けなくなる 最速スカガブを抜けなくなるがドリュがASだった場合抜かれるので砂パ対策として最速スカガブというのは安定しない。 【総括】 散々言ったが調整によってドリュを確定で倒す物理攻撃を確定で耐えることにより役割破壊をするのがこのである。 また、相手はASを想定してくるので多少S を削っても相手は積んでこなかったりスカーフによる対策がしづらいのが強みである。 【使用感】 B振りによるメリットが発生する対面があまり起こらず、なぜかASを全く警戒しない低レートの最速スカガブに殺されまくったので嫌になって使うのやめた。 また霊獣ランドが大繁殖して環境に砂パ自体の通りが悪い。 これからほぼ使うことがないと思うので記事にした。

次の

【ポケモン剣盾】お前に何ができる?ツボツボの育成論【ソードシールド】

ドリュウズ 育成論 ブログ

カバルドン育成論• 性格: 腕白• 持ち物: オボンのみ• 努力値: H244B244D20• 主な仕事は起点作りやステロ巻き、物理受けなど。 クッション性能が高く、優秀な技を持つため、サイクル戦を有利に。 性格 ある程度物理受けできるようにしたいので腕白で確定。 ミミッキュを対策したいなら、腕白以外で採用する場合はほぼ無いと思う。 持ち物 オボンのみで確定。 他にはゴツゴツメットや混乱味という選択もあるが、 試合によってはゴツゴツメットが余り役割を果たすことがなかったり、混乱味が発動せず、確2で持ってかれることも多かったため、今回は採用しなかった。 特化玉持ちミミッキュの攻撃を受けられるように調整。 余りはDに回した。 ダイマックスされない状態なら有利。 ダイマックスされると低乱数2発。 技 欠伸 起点作り。 ステロと合わせるとさらに負荷をかけることができる。 最近はダイマックス技で対応されることが多い。 エレキフィールド、ミストフィールド時には効かないのでそこら辺は注意したい。 ステルスロック サイクル戦を有利にする。 ドリュウズなどのタスキも潰せる上に、トゲキッス、リザードンといった環境に多いポケモンにダメージを入れることができる。 怠ける この技のお陰で多くの物理相手に攻撃を受けが可能に。 またダイマックスターンを稼いだりすることも可能。 地震 基本技。 環境に多いドリュウズ、ミミッキュに主に使用したい。 他の技の採用 吹き飛ばし 身代わり持ちのポケモン相手に起点にされると面倒な場合は防止のために採用したい。 今作のダイマックスポケモンが飛ばせないのが難点。 後のポケモンが上を取れるようにできるが、カバルドンにはそれ以外にしたいことがあるような気がする…。 相性のよいポケモン ドリュウズ 一番オススメ。 砂かきとの相性は抜群で、多くのポケモンから上を取ることができるようになる。 火力も高く、上を取れるようになることで倒せるようになるポケモンも少なくない。 玉持ち特化型で全抜き狙ってみるのも面白い。 ただ、カラスが無理ぃ… ダメージ計算 与ダメ 地震 H4ドリュウズ 100.

次の