アプラス デンタル ローン。 アプラス デンタルローン 評判

デンタルローンは審査が甘い?

アプラス デンタル ローン

「美容整形やアンチエイジングなどの治療をこれから受けたい」 「レーシックなどの視力回復などの治療を受けてみたい」 生活の中でそう考える方も少なくないでしょう。 しかし、これらの治療は 「自由診療」とされており、 健康保険の適用外となってしまいます。 そのため治療を受ける 本人が費用を全額負担する必要があり、治療を受けることで大きな負担がかかります。 そこで、一括で大きな治療費が払えない場合に利用したいのが 「メディカルローン」です。 一言でメディカルローンと言っても、現在ではさまざまな金融機関が取り扱いを行っています。 お得なメディカルローンを選ぶためにも、それぞれのメディカルローンの特徴は申し込み前にある程度掴んで置きたいものです。 今回紹介するのは、 オリコ・アプラスなどの信販会社と銀行のメディカルローンです。 それぞれ比較し、詳細を解説していきます。 担保不要でお金借りる!最短60分• 20~35歳の方におすすめ• 36~60代の方におすすめ• メディカルローンを取り扱う金融機関は信販会社と銀行 メディカルローンを取り扱っている金融機関には大きく分けて 信販会社と 銀行があります。 信販会社とは、クレジットカードなどを発行する会社のことでオリコカードでおなじみの オリエントコーポレーションや、ジャックスカードでおなじみの ジャックスなどが信販会社にあたります。 銀行も数は少ないのですが、メディカルローンを取り扱っているところがあり、銀行から 自由診療のための融資を受けることも可能です。 ただし、カードローンなどの取り扱いのある 大手消費者金融などではメディカルローンの取り扱いはありません。 また、通院するクリニックによってはすでにメディカルローンと提携しているところも多く、 病院の窓口でローン契約を行うことが可能な場合もあります。 それでは、次項から信販会社と銀行にはそれぞれどのようなメディカルローンがあるのかをみていきましょう。 信販会社のメディカルローン 信販会社のメディカルローンには、主に以下のようなところがあります。 オリコ• アプラス• ジャックス• セディナ 病院やクリニックなどで紹介されることの多いメディカルローンは上記の4つでしょう。 それぞれの金利や限度額の早見表は以下の通りです。 ローン名 金利 限度額 オリコ メディカルサポートプラン チケット制 8. オリコ メディカルサポートプラン チケット制 オリコの公式サイトからメディカルローンに当たるものを探してみると、 「メディカルサポートプラン チケット制 」というものが見つかりました。 このメディカルサポートプランは、事前にオリコから配布されたチケットを利用し、診療や治療を受けた後の会計時にチケットにて支払いを行うというタイプのローンです。 病院側がチケットを受け取ると、オリコが一時的にそのチケット分の治療費を立て替えるというシステムになります。 利用者は、病院やクリニックに支払いを行う必要がなく、オリコにローン分を分割にて支払っていきます。 手数料の 実質年率は年8. アプラス 多目的プラン アプラスでは、「メディカルローン」や「医療ローン」などの名称のローン商品を公式サイトから見つけることができませんでした。 しかしアプラスには 「多目的プラン」というローンがあり、このローンは インプラントやレーシック、エステなどの美容関係でも利用できるという記述があります。 そのためメディカルローンとして利用するのであればこの「多目的プラン」を利用することになります。 貸付金利は 年7. 2〜14. また返済回数は最大で84回まで分割することができますので、月々の支払額を低めに設定してゆっくり返済していくこともできます。 返済方法には、毎月の返済に加えてボーナス加算返済なども利用できるようになっていますので、ボーナスを利用して早めに返済することも可能です。 ジャックス メディカルクレジット ジャックスで取り扱っているメディカルローンで公式サイトで見つけることができたのが、 「メディカルクレジット」です。 メディカルクレジットは、病気医療とは異なる美容整形外科の 各種美容整形施術やインプラント、歯科矯正、審美歯科の治療費に利用することができます。 こちらは金利や最高利用限度額など具体的な表記がなく、利用の詳細は不明です。 しかし支払い回数は利用者から提案できるため、比較的月々の支払額を抑えて長期的に支払っていくことが可能なようです。 病院やクリニックとの提携先も多いので、取り扱いがあるクリニックであれば、詳細を確認することができます。 また、直接ジャックスに問い合わせをして、金利や限度額について相談してみるのも良いでしょう。 セディナ ショッピングクレジット セディナに関しては、公式サイトを確認してみましたが「メディカルローン」や「医療ローン」と呼ばれるようなローン商品は見つけることができませんでした。 しかし、利用できそうなサービスとしてセディナの 「ショッピングクレジット」というサービスがありました。 セディナのクレジットカードがなくても利用できるという記載があるため、名称は「クレジット」となっていますが、セディナのローン商品と言えるでしょう。 またこのセディナのショッピングクレジットでは、 利用例としてメディカル 医療・眼科 やデンタル 歯科 などが記載されているので、医療費にも利用できることがわかります。 金利や最高利用限度額の詳細な記載はありません。 そのため、こちらもジャックス同様に利用するためには一度セディナに詳細を問い合わせてみることをおすすめします。 銀行のメディカルローン 銀行にも医療ローンが用意されているところがありますが、多くの銀行では 医療費に利用するのであればカードローンやフリーローンをオススメしています。 そのため、メガバンクなどでは美容外科やレーシック、審美歯科などを専門に利用できるローン商品の用意がありません。 ここでは、専門のメディカルローンがある銀行としてスルガ銀行のメディカルローンを紹介していきます。 スルガ銀行のメディカルローン早見表は以下の通りです。 ローン名 金利 限度額 メディカルローン 7. メディカルローン• レディースクリニックプラン• オルソケラトロジープラン 名称にはそれぞれ違いがありますが、メディカルローンは自由診療全般、レディースクリニックプランは美容整形などの整形外科専用、オルソケラトロジープランはレーシック専門のローン商品名称となっているようです。 名称には違いがありますが、利用条件は基本的に同じとなっており、 金利は7. 0〜11. 信販会社と銀行のメディカルローンはどちらがお得? 信販会社と銀行のメディカルローンの特徴がわかったところで、次にそれぞれのメリットデメリットをみていきましょう。 信販系メディカルローンのメリット・デメリット まずはオリコ・ジャックス・アプラス・セディナなど信販系デンタルローンのメリット・デメリットです。 スルガ銀行のメディカルローン早見表は以下の通りです。 メリット デメリット 医院やクリニックなどと直接提携しているところが多く申し込みしやすい 融資額が銀行メディカルローンに比べて低めに設定されている 銀行のメディカルローンのメリット・デメリット 次にスルガ銀行など銀行メディカルローンのメリットデメリットを見ていきましょう。 メリット デメリット 利用限度額が高めの設定になっている 金利の幅が広く高めの金利が設定される可能性がある 自分に合ったメディカルローンを利用しよう 今回は、メディカルローンを信販会社と銀行の2つに大きく分けて紹介をしてきました。 実際には各信販会社や銀行によっても細かく特徴が別れています。 そのため、自分で利用する際には、金利や限度額また月々の支払額などを入念にチェックした上で返済できるかの確認をしっかり行なっていくことが大切です。 自分に合ったメディカルローンを利用して、お得に返済していきましょう。 消費者金融• ネット銀行• いろいろな金融機関・借り方• お金を借りるための基礎知識• お金の借り方• 目的別ローン• 事業性融資ローン• 用語集• お金のトラブル• 検索キーワードで探す.

次の

アプラス デンタルローン 評判

アプラス デンタル ローン

病院の費用は高額なものもありますが、特に歯医者は高いと感じている人も多くいます。 それは歯科治療の中には保険適用外のものも多く、保険がきかなければ全額自腹で払わなくてはならないからです。 しかし治療を待つわけにもいきません。 保険がきかないないものとしては、歯科矯正、ホワイトニング、先進医療などがあります。 そんなときに利用できるのが「デンタルローン」です。 デンタルローンは歯の治療をするためのローンで、銀行などの金融機関で契約することができます。 歯科医によってはローンのあっせんを行っているところもありますので、わからないことがあっても詳しい説明を受けることができるでしょう。 デンタルローンにはどのようなメリットとデメリットがあり、審査はどのように進められるのでしょうか。 今回は、低い金利で借入できるデンタルローンを比較しておすすめを紹介していきたいと思います。 またデンタルローンとカードローンではどちらがお得に利用することができるのかについてもお話していきます。 デンタルローンはどんなローン?• 医療ローンの1つで、歯の治療をするために存在しているローン。 デンタルローンは大きく分けると医療ローンの1つで、 金融機関で「デンタルローン」として提供していれば、そのローンは歯の治療に関する支払いにしか利用することができません。 金融機関に医療ローンやデンタルローンがなければ、フリーローンや多目的ローンで代用することができます。 こうした目的があるローンでは、見積もりを出して必要な費用をまとめて借り入れることになります。 本来の目的以外のことに資金を利用することはできませんし、カードローンのように追加で好きな時に融資を受けることもできません。 デンタルローンを契約するためには、さまざまあるローンの中から自分に適したものを選ばなくてはなりません。 金融機関によって金利は異なりますし、限度額も違います。 デンタルローンの利用条件 基本的には 20歳以上の安定した収入のある人が利用することができます。 限度額や申込内容 主婦・年金受給者など によっては連帯保証人が必要になることもあります。 高額なものであれば200万円近い融資を受けることも可能です。 金利は金融機関によって大きくことなりますが、基本的には融資額が大きいほど金利は低くなります。 ただし金利が低いローンは審査が厳しく行われることも多く、 申込者の今までの他社での利用実績や収入によっては契約できないこともあります。 デンタルローンを利用しない場合は自腹でまとまった費用を払わなくてはなりません。 ローンを利用することで、一時的に立て替えをしてもらっている状態になります。 支払いは歯科医にではなく、毎月ローンを提供してくれた金融機関に返済を行います。 ローンを組むことによってお金のことを心配せずに最後まで治療をすることができます。 クレジットカードで支払いをすることも可能なケースが多くあります。 同じように分割で払うのであれば、カードを利用するよりも選択肢の広いデンタルローンを利用したほうが負担が少なく済むでしょう。 デンタルローンのメリット・デメリットは? まず、お金を借りることを前提とした場合、デンタルローン以外にもクレジットカードやカードローンがあります。 クレジットカードでもキャッシングができれば、新しくローンを組まなくても費用を集めることができるでしょう。 しかしクレジットカードもカードローンも、金利が非常に高いものが多くあります。 デンタルローンのメリットは、まず金利の低さです。 メリット…デンタルローンは金利が低い それはデンタルローンが返済専用のローンであるということも関係しています。 クレジットカードのキャッシングやカードローンは、自分の好きな時に追加融資を受けることが可能です。 そのためお金を借りることに慣れてしまっていると、なかなか完済することが難しくなってしまうのです。 場合によっては借金癖がついてしまったり、返済を後回しにして買い物をしてしまうこともあります。 自由度が高いことが売りのカードローンですが、使い方を誤ってしまうと大きな負担となってしまい、生活に悪影響を及ぼすこともあります。 デンタルローンの場合はそういった心配はありません。 計画通りに支払いを進めていけば完済することが可能です。 デメリットは契約までの手間や追加融資が必要になった場合です。 見積もりが必要なローンですので、何にいくらかかるのかを金融機関に証明しなくてはなりません。 デメリット…追加融資の手続きがめんどくさい あらかじめ契約するということができませんので、契約までの手順がカードローンと比較すると複雑です。 そして 追加融資を受ける場合は再度審査が必要になり、必ずしも融資を受けられるとは限らない点です。 治療を途中でやめてしまうわけにもいきませんので、別の方法で資金を工面しなくてはならないこともあります。 また、カードローンやキャッシングは好きなタイミングで返済できるのもメリットですが、こうした目的のあるローンでは随時返済が制限されていることもあります。 随時返済ができる場合も別途手数料がかかることがあります。 金融機関にしてみれば計画的な返済をすることで一定の収益を見込んで契約しているわけですから、途中で返済となれば融資しても収益につながりにくいのです。 ただし金融機関によってはローンの繰り上げ返済ができたり、すでにある他のローンをひとまとめにすることができるものもあります。 そうしたローンでまとめることによって金利を引き下げて有利な返済計画を立てていくこともできます。 デンタルローンを契約する場合はさまざまな金融機関から適した商品を選びましょう。 デンタルローンの審査について 引用元: デンタルローンの審査でも他のローンの審査でも、基本的な審査の流れは一緒です。 まず「WEBで事前審査」を受ける場合か受けない場合で変わってきます。 受けない場合は歯科医で見積書を出してもらった上で、正式な申し込みを行います。 この場合審査に通る確実性は事前審査をした場合よりも低いので、見積書を出してもらっても契約できるとは限りません。 事前審査の場合は歯科医に見積書を出してもらう前に契約可能な状態かどうかを判断してもらうことができます。 結果、契約できるとなれば歯科医で再診をしてもらい、見積書を送ることになります。 こうした目的のあるローンでは見積書が非常に重要で、それによって限度額が変わってきます。 申込書にはさまざまな項目がありますが、どういったものが重要視されるのでしょうか。 デンタルローンの申込書の記載内容 まず記入するのは• 生年月日• 電話番号• 他社の借入件数や残高• 会社規模• 住居形態 こうした申込内容は他のローン商品でも同様ですが、この内容をもとに返済能力があるかどうかを判断します。 他社での利用件数や残高が多いと、見送りとなってしまうことが多くなります。 また、ローンの申し込みでは信用情報の確認が行われます。 信用情報には他社での利用履歴が残っていますので、現在も延滞中の利用があれば審査に通ることはできません。 必ず延滞は解消しておく必要があります。 頻繁に延滞を繰り返している場合も契約が難しくなったり、金利が高くなることがあります。 金利が低いローンほど慎重な審査が行われます。 事前申し込みをしておかないと、申込書を書いても融資ができないことがあります。 確実に融資を受けたいのであれば、事前審査を受けて契約ができる事を確認してから診察を受けるようにしましょう。 審査結果で契約が可能となれば手続きが完了し、治療を開始しても良い状態になります。 資金はまとめて全額振り込まれますので、歯科医に支払いをしましょう。 そして毎月の返済はローンを組んだ金融機関に行っていくことになります。 返済方法については回数を決めたり、ボーナス払いをいれたり、ある程度融通を利かせることが可能なものもあります。 早めに元金を減らすことで利息負担を圧縮できますので、無理のない程度に早いうちに支払いを進めていくと良いでしょう。 金融機関によってはどのくらいの利息がかかるのかシミュレーションできるツールを公開しているところもあります。 一度計算してから検討するのも良いでしょう。 デンタルローンおすすめ比較!低金利なのはどこ? デンタルローンを提供している金融機関をいくつかピックアップして一覧にまとめてみました。 金融機関 利用限度額 金利 返済期間 イオン銀行デンタルローン 10万円~700万円 年3. 8%~年8. 8% 1年~8年 千葉銀行デンタルローン 最大500万円 年5. 0%~年5. 2% 最長10年 筑波銀行つくばデンタルローン 10万円~500万円 年5. 0% 6ヶ月~10年 新生銀行グループ アプラスデンタルローン 10万円~500万円 年5. 8% 最長7年 デンタルローンは、さまざまな金融機関が提供しています。 銀行は、「目的別ローン」の一種として用意していることが多いようですね。 では、この中でおすすめのデンタルローンはどこになるのでしょうか? 金利で比較!おすすめデンタルローン 利用限度額は、 イオン銀行のデンタルローン「アシストプラン」が 最大700万円と高額融資にも対応しています。 それに伴って金利も下限が 年3. 8%と他社と比較すると低めに設定されていることがわかります。 基本的に金利は、利用限度額に応じて設定されますので高額融資が実現しないと下限金利では適用されないケースがほとんどです。 そして高額融資を受けるためには、 それなりの高年収を得ている(=返済能力を有している)必要があります。 いくら借りたいかにもよりますが、そこまで高額の借入を考えていない場合は、 上限金利を比較してみてデンタルローンを選ぶと良いでしょう。 そうなってくるとおすすめは、上限金利が一番低く設定されている 筑波銀行のつくばデンタルローンです。 筑波銀行のつくばデンタルローンは、借入額に限らず固定金利で 年5. 0%ですので、返済計画なども事前に立てやすいです。 次いで 千葉銀行デンタルローン、 新生銀行グループのアプラスデンタルローンという順におすすめです。 デンタルローンVSカードローンどっちがお得? デンタルローンとカードローンでは以下のような違いがあります。 デンタルローン カードローン 金利 平均5%程度 平均10%程度 使い勝手 デンタルローンのみ 自由に利用可能 融資までの時間 2~3週間 最短で即日融資 申込の手間 手間がかかる カンタン 歯科治療だけの目的なら絶対にデンタルローンがおすすめです! 理由は金利が低いからです! ただ以下の場合はカードローンの方がお得になります。 少額だけ借りたい• 急ぎでお金が必要• 1ヵ月程度で全額返済見込みがある カードローンは「1ヵ月無利息期間」などいったサービスが存在し、お金の利用目的も自由なので「5万だけ借りたい!」といったときには無利息で借りることが可能だからです。 申込から融資までの時間も短い為急いでいる人でも簡単に利用することができます。 )はもちろんあるのですが、他社では契約した翌日から無利息の期間がスタートするため「今利用する予定はない!」という人はその恩恵を利用することができないパターンがあります。 ですがプロミスでは実際に現金を引き出すまでは無利息期間が発生しないため、万が一の備えの為だけに契約することができるのです。 「少額だけ借りたい・急ぎでお金が必要・1ヵ月程度で全額返済見込みがある」といった人にはプロミスで借りる方がお得に済むでしょう。 デンタルローンのまとめ 歯の治療はすぐに命にかかわらないため、保険適用外となってしまっている治療もたくさんあります。 そして深刻に考えずに長年放置してしまっている人もいるでしょう。 しかし長期的に見れば歯の健康は寿命につながることもありますので、治療が必要な個所があれば長期間放置するのではなく、ローンを組んででも早めに治していくと良いでしょう。 保険や自費で費用を賄うことができれば問題ありませんが、最先端の治療をしたり、美しさを保つための治療の場合は、高額になるものが多くあります。 そんなときにはクレジットカードやカードローンよりも金利の低く、計画的な返済をすることができるデンタルローンがオススメです。 デンタルローンは金利は低めですが、返済期間が長くなる場合は負担が大きくなることもあります。 随時返済が可能なローンを選んだり、あらかじめシミュレーションをしておいて、負担がどのくらいかかるのか把握しておくと良いでしょう。 デンタルローンを利用すれば最後まで治療を進めることができますので、お金のことを心配しないで治療に専念をすることができるでしょう。 ただし治療を開始するためには審査に通過して契約ができないといけません。 審査の厳しいローンにも契約ができるよう、クレジットカードを利用している人は、日ごろの利用方法にも注意し、その消費活動1つ1つが審査に影響することがあると認識しておくことも必要です。 「デンタルローン」という名前のローンを提供していない金融機関でも、さまざまなケースに対応することができるローンは用意されています。 もし手ごろなローンを見つけることができなかった場合は、日ごろ利用している金融機関に相談に行ってみるのも良いでしょう。

次の

アプラスのデンタルローンについて インプラント福岡県北九州市のインプラント情報室

アプラス デンタル ローン

アプラスデンタルローン 審査 お勧めの歯の治療ローンはアプラス デンタルローンといったかなり特殊なローンを組んでいる会社は数少ないのが事実ですが、 消費者金融のフリーローンで、デンタルローンが活用できます。 アプラスローンは、デンタルローンを扱っている会社の一つです。 新生銀行グループが運営しているアプラスデンタルローンは非常に信用度の高い金融会社です。 アプラスのデンタルローンでは、主に保険適用外の治療(インプラント、強制歯科、審美歯科など)を対象にしているローンで、分割の返済の回数も最大で84回まで可能です。 実質年利も5.8%とかなり安い金利でご利用することが可能となっています。 また、審査方法については、一般的に提携医院で申請する方法があるのですが、アプラスのデンタルローンではその方法はなく、WEBでの申請方法のみとなりますので、このあたりはちょっとその他のデンタルローンとは手段が違います。 注意が必要であります。 ですが、審査おときには基本的に必要書類は原則不要であり、 契約時に口座振替依頼書が必要なだけですので 審査時の手間はかなり少ないデンタルローンであるといえましょう。 利用限度額は10万円から500万円で、その他のデンタルローンと同じような条件の部分もありますが、 アプラスの審査は連帯保証人も基本的には不要です。 高額の歯科治療の負担を減らしたい方は、アプラスデンタルローンを利用してみるのもいいと思われます。 スポンサードリンク 【アプラスローン以外のおすすめデンタルローン】 ・ ・ ・ アプラスのデンタルローンで歯の矯正ができた 30歳の女性です。 私はこの間、審美歯科に行き歯の矯正をしました。 私は自分の歯並びに悩みを持っていました。 特に下の歯の並びが悪く、他人から見ると不快に見えるようです。 30代の大台に乗ったこともあり、この際だから歯並びの治療をしようと決めました。 無事に私の歯は治りましたが、歯並びの治療にかかったお金が45万円でした。 これでももっとかかる人がいるので安い方だと思います。 もちろん虫歯ではないので、健康保険が使えません。 支払いに不安を感じていた時に、アプラスのデンタルローンを知りました。 デンタルローンとは歯の治療専門のローンです。 私が選んだのはアプラスという会社でした。 新生銀行グループの傘下にあるので、得体の知れない消費者金融ではありません。 信頼もできます。 デンタルローンを電話で申し込み、書類が送られてきて返送しました。 銀行に通う必要もなく、1週間くらいでローンを組むことができました。 金利も約8%と、私なら十分に返しきれる金額でした。 歯の治療も無事終わって、痛い思いもせずおいしい食べ物を食べています。 歯並びが良いと仕事にも差し支えません。 新生銀行グループ・アプラスのデンタルローンのおかげで、支払いも終わりました。 歯の治療を考えている人にはアプラスのデンタルローンをおすすめしたいです。 審美ローンなどにもアプラスは使われています。 スポンサードリンク アプラスデンタルローン審査基準 在籍確認とキャッシング情報 歯を治すときに保険治療ではできることが限られますし、修繕に使うことができる素材も限定的です。 多くの方が経験しているのが治療の詰め物で銀を使用することですが、奥歯などではある程度強度が必要でさびないなどの点も必要なため、それに合った銀が保険治療では認められています。 最近では歯の見える部分には白い修繕素材も使えるようになっていますが、単色の白で周りの歯の色と合わせることはできませんし、決まった歯にしか使えません。 そのため、自然な口元にしたいという方は保険外の自費診療を受けることになります。 そうなると保険のように3割負担ではありませんし、保険の点数制のように均一な料金ではないので高額になってしまうことが多いです。 しかも、現金払いだと一度にまとめて支払いになるので手元に用意しておく必要があります。 1本の歯でも高くなりますが、これが複数本やブリッジ、前歯などになるとさらに高額になるので一気に現金で支払うと普段の生活に支障が出てしまう、他のことにお金を回すことができなくなってしまうなどしわ寄せがきてしまいます。 分割で支払えたらいいのにと感じる方も多いでしょう。 実はそれが可能なのです。 アプラスのデンタルローンを使えば歯の治療代を分割で支払えるので、美しい歯と日々の生活にかかるお金と両方で無理なく希望を叶えることができるのです。 ではアプラスデンタルローンとはどんな流れになるのでしょうか。 申し込み方法は一般的なローンと変わりません。 専用の申込用紙に名前や住所、勤務先などの個人情報を記入してアプラスに送って審査してもらうだけです。 ただし、デンタルローンですので歯の治療費だけしか対象になりません。 審査は厳しのかというと審査基準は特に難しくハードルが高くなっているわけではありません。 チェックされるポイントとしては本人で間違いないかの確認と支払いが確実にできるのかという支払い能力がメインです。 ローンを組む目的は歯の治療と明確ですのでローンを組むことにマイナスには審査されにくいでしょう。 支払い能力の審査で定期的で一定の収入があることは大きなチェックポイントです。 そのため勤務先が本当に存在するのか、本人はそこで働いているのかを調べることは欠かせません。 その調査方法の一つとして在籍確認という、勤務先に電話して本人が在籍しているかを調べることが行われます。 しかし、個人の偽名を使ってただいますかと聞くだけなのでアプラスの名前も出ませんし、ローンの話も一切出しません。 あくまでも個人がコンタクトを取りたくて電話してきたとなるので周りにばれる心配は不要です。 アプラスのデンタルローンで昔からの悩みが解決 23歳の女性です。 私はこの間、歯列矯正をしました。 子供の頃から悩んでいて、やっと直すことができました。 会社員になって定期的な収入ができたので、今のうちに直せると思いました。 歯列矯正は時間がかかりましたが、治療を終えることができました。 心配なのは治療費です。 私の場合は65万円がかかってしまいました。 私の貯金はそれほど多くなかったので、支払いに困りました。 そんな時に歯科医院で置いてあったパンフレットに、アプラスのデンタルローンが載っていました。 デンタルローンという存在を今まで知りませんでした。 歯科治療のためのローンです。 私が選んだ会社はアプラスデンタルローンでした。 新生銀行グループなので安心してローンを組めます。 アプラスデンタルローン金利もそれほど高くなく、 私の場合年率で8. 0%と、あまり問題にならない金額でよかったです。 審査に通るか不安もありました。 私には定期的な収入があったので無事にデンタルローンを組むことができました。 無事に熾烈矯正が終わりました。 歯列矯正にはお金がかかります。 お金がかかるのでどうしても治療を先延ばしにする人もいると思います。 デンタルローンという大きなサポートがあるので、安心して歯列矯正をしてほしいです。 アプラスローンなら安心してデンタルローンが組めると思います。 大口ローンとは ローンの利用金額を表す言葉に、小口、大口という言い回しがあります。 大口のローンとは、一回の借入金額が大きいローンです。 ローンの目的が、海外旅行や、自家用車の購入であれば、どうしても金額は大口になります。 この他、大口のローンとしては、入院費用や、大規模な家のリフォームなど、様々なものがあります。 デンタルローンやインプラントローンも大口ローンに分類されます。 急にお金が必要になるという時は、誰にでもある事で、大口ローンを利用する場合はいろいろと考えられます。 借り入れ金額の少ないローンは、比較的簡単な審査で手軽に借りることのできるものですが、 大口のローン場合は審査だけでも手続きが異なってきます。 金融会社によっては、そもそも、大口ローンを扱っていないところもありますので、 大口での融資ができる金融会社はどこか見つけることも重要です。 消費者金融会社や、銀行の中には、大口の融資も可能なところがありますが、 金利面もよく確認して、金利の低い金融会社を選びたいものです。 最初の借入金が大きくなると、完済にまで必要な金額は、ちょっとした金利の違いで大きく異なります。 可能な限り低金利のところを探したほうが、返済が楽になります。 金利の違いは少しだけのように見えて、返済をしてみたらかなり大きかったということもありますので、 試算をして、確認をしておくことが必要です。 大口のローンの申込みをするのであれば、融資することができる金融会社を探す事も大切ですが、 それにプラスして金利が少しでも安い所を探してみましょう。 大口ローンの組む事ができる金融会社を探すならば、比較サイトなどを使うと良いでしょう。 返済条件や、金利など、大口の融資が見込めるかどうかの他にも、 比較サイトでチェックできる内容は色々ありますので、ぜひ調べてみてください。 インプラントの支払いにアプラスのデンタルローンは最適 45歳の男性です。 私はとても歯が悪いです。 子供の時から虫歯が多いです。 40代になってさらに悪くなり、結局インプラントをすることになりました。 インプラントは大きい手術のためどうしてもお金がかかってしまいます。 そんな時に便利だったのが、新生銀行グループのアプラスのデンタルローンでした。 デンタルローンとは聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと歯科治療に特化したローンのことです。 様々な金融機関がデンタルローンを宣伝していますが、 銀行系列なので信頼のできるアプラスを選びました。 ローンを組む際に一番重視したのは信頼感です。 アプラスなら申し込みから審査まで、スピーディーに終了します。 私の場合は電話で申し込みましたが、約1週間でローンを組むことができました。 私の場合金利が1年間に約7%と低かったです。 無事に65万円が借りることができました。 とても便利だと感じました。 インプラントが終わった私の歯は、大変調子がいいです。 硬いもの食べても平気です。 アプラスのデンタルローンのおかげで支払いも済ませることができました。 歯の治療で迷っている人には、 新生銀行グループのアプラスがサポートしてくれることを覚えておいてほしいです。 高額な歯科治療ならアプラスのデンタルローン 28歳の男性です。 東京都内に勤務している男性です。 子供の時から歯並びが悪く、思春期の時から悩んでいました。 歯並びを気にしていると、仕事をしている時でも気になります。 最近は職場に女性が増えてきたので、なおさら見た目に気を使わなければいけません。 私には歯列矯正がどうしても必要でした。 歯列矯正を歯科医院に行って受けることになりました。 しかし問題なのは支払いです。 審美歯科の歯列矯正は、思っているよりも値段が高いです。 虫歯と違い保険がききません。 私のような男性でも、40万円の治療費がかかってしまいました。 まとまった貯金がなかったので、どうすればいいのかないみました。 歯科治療にはパンフレットが置いてあり、そこに新生銀行グループのアプラスのデンタルローンがありました。 これを使えば支払いができると思いました。 私の場合はインターネットから申し込みをしました。 手続きは簡単でした。 まずインターネットから申し込んで、書類が届けられました。 その書類に記入して終了です。 定期的な収入があった私は、審査にも通ることができました。 40万円のローンを組むことができました。 アプラスのおかげで、無事に支払いを済ませることができました。 歯列矯正など高額な歯科治療で悩んでいる方は、アプラスのデンタルローンをおすすめします。 大きなサポートになってくれるでしょう。 アプラスデンタルローンの審査 無利息キャッシングでお金をかりたいなら 会社連絡ある? アプラスデンタルローンは、歯科治療の支払いの際に利用できるローンです。 歯科治療は自費治療になっていることも多く、自費治療の場合に一括で支払うことが難しいというケースもあります。 また、自分で治療費を用意しても突然の出費などで治療費を用意することができなくなるというケースもあります。 そうしたときに、このデンタルローンを利用することでお金を一度立て替えてもらうことが可能です。 審査の流れについては、インターネットから申し込む場合はお申込ボタンの上にお申込コード入力欄があります。 医院備え付けの「デンタルローンのご案内」に記載されている8桁のお申込コードを入力したうえで個人情報や返済情報を入力して送信します。 何事もなければ、審査通過となります。 審査通過までのかかる時間については基本的には申し込みが終わってから24時間以内となっていますのでまずは待ちましょう。 審査に通過したら口座振替の手続きをとったあと返済開始となります。 分割については基本的にある程度自由に設定することが可能です。 アプラスのデンタルローンは通常の金利よりも低い8%ほどの年利で利用することが可能ですので便利です。 魅力的な点としてはほかにも、アプラスデンタルローンはご利用の金額200円ごとにTポイントと呼ばれる買い物に使えるポイントが1ポイントたまる仕組みとなっており、うまく活用していけばお得といえます。 さらに、自分自身や家族のためにもしも医療費を支払った場合においては一定の金額であれば所得控除を受けることが可能です。 医療費控除は、所得金額から一定の金額を差引いてくれます。 控除を受けた金額に応じた所得税が軽減される仕組みとなっているため利用することは有効でしょう。 ただ低金利ではあるといっても金利を多く支払う必要があるため、もしも無利息キャッシングでお金を借りたいのであれば、デンタルローンではなくクレジットカードを利用するという方法もあります。 クレジットカードを利用することによって、返済を開始してからかなり長期間まで無利子で返していくことが可能となります。 さらに、クレジットカードを利用することによって独自のポイントやマイルがたまることもあります。 審査において会社連絡があるかどうかについてですが、必ずしも会社連絡をするものではなくなりました。 以前は、アプラスに限らずどの金融機関においても在籍確認のための電話を行っていましたがクレジット会社による自動審査システムの普及などに伴って在籍確認抜きでも借りることができるケースが出てきたのが理由です。 とはいえ、返済能力に問題がある場合や借金の支払いが滞ってしまった場合などにおいては在籍確認は必要となっています。 ですので、不誠実な態度をとっていない限りにおいては会社への連絡がされることはありません。 注意点としては、まずアプラスデンタルローンを利用することができる歯科医院はすべてのクリニックではありません。 アプラス加盟歯科医院でのみ利用することが可能です。 一度、自分がかかっている歯科医院にデンタルローンについて問い合わせをしておいたほうが良いでしょう。 それから、申込みを行ったときの内容や利用状況については、必ずしも希望通りに行くとは限らないという場合もありますのでその点も留意します。 年収や治療の内容によって条件の一部変更をお願いするケースもあります。 審査の内容については、教えられませんのでこの点も注意します。 デンタルローンを利用するのに適している人については、歯科医療以外にお金を使う予定がない場合に適しています。 医療関係にも借り入れを考えている人については、カードローンを利用する方法も有効です。 ただ、いずれのローンについても計画的にお金を借りるようにしましょう。 スポンサードリンク.

次の