リュウ キュウ ツヤ ハナムグリ。 リュウキュウ : トンボの日々

生き物調達など H2(エイチツー)

リュウ キュウ ツヤ ハナムグリ

日本のコガネムシたち その1 Fig. 116u1B レクトゥス マグソコガネ Fig. 116u2B レクトゥス マグソコガネ マグソコガネ Aphodius rectus 日本、北海道室蘭岳 日本、北海道札幌市栄町 体長 7mm 体長 6mm Fig. 182uB ニグロテッセッラトゥス マグソコガネ Fig. 154uB ウニフォルミス マグソコガネ セマダラマグソコガネ エゾマグソコガネ Aphodius nigrotessellatus Aphodius uniformis 日本、長野県海尻 日本、沖縄県西表島 体長 4mm 体長 5〜5.5mm Fig. 99uB キオトエンシス クロコガネ Fig. 132uB ピケア クロコガネ Fig. 204uB ロオコオアナ クロコガネ Fig. 166uB パラッレラ クロコガネ クロコガネ コクロコガネ リュウキュウクロコガネ オオクロコガネ Holotrichia kiotoensis Holotrichia picea Holotrichia loochooana Holotrichia parallela 日本、山梨県十島 日本、北海道室蘭東室蘭 日本、沖縄県石垣島 日本、山梨県十島 体長 19〜20mm 体長 17〜19mm 体長 20mm 体長 21〜22mm Fig. 228fB カワダイ ヒメクロコガネ オキナワヒメクロコガネ Sophrops kawadai 日本、沖縄県本島 体長 14mm Fig. 176mB ビカリナタ カンショコガネ ナガチャコガネ オオカンショコガネ フタスジカンショコガネ ヤエヤマカンショコガネ Heptophylla picea Apogonia major Apogonia bicarinata 日本、福井県敦賀 日本、静岡県天城山 日本、静岡県天城山 日本、沖縄県西表島 体長 12〜15mm 体長 12〜12.5mm 体長 11mm 体長 10.5〜11.5mm Fig. 107u1B オブドゥクタ ヒメアシナガコガネ Fig. 107u2B オブドゥクタ ヒメアシナガコガネ Fig. 107u3B オブドゥクタ ヒメアシナガコガネ Fig. 107u4B オブドゥクタ ヒメアシナガコガネ ヒメアシナガコガネ Ectinohoplia obducta 日本、岡山県鷹の巣山 日本、岡山県鷹の巣山 日本、静岡県沼津市愛鷹山 日本、静岡県沼津市愛鷹山 体長 7.5〜9.5mm 体長 7.5mm 体長 8〜9.5mm 体長 9.5mm Fig. 148uB ルフィペス ヒメアシナガコガネ カバイロアシナガコガネ Ectinohoplia rufipes 日本、北海道礼文島 体長 9.5〜11mm Fig. 198u1B モエレンス アシナガコガネ Fig. 198u2B モエレンス アシナガコガネ Fig. 198u3B モエレンス アシナガコガネ クロアシナガコガネ Hoplia moerens 日本、山梨県甘利山 日本、山梨県甘利山 日本、宮崎県内海 体長 6〜9.5mm 体長 7.5mm 体長 8.5mm Fig. 134uB ヤポニカ ビロウドコガネ Fig. 81uB オリエンタリス ビロウドコガネ ハイイロビロウドコガネ ビロウドコガネ ヒメビロウドコガネ Paraserica gricea Maladera japonica Maladera orientalis 日本、北海道札幌市定山渓 日本、北海道室蘭岳 日本、大分県湯平 日本、山梨県本栖 体長 7.5〜9mm 体長 7.5〜8.5mm 体長 7.5〜9.5mm 体長 7.5〜8.5mm Fig. 184uB カミヤイ ビロウドコガネ Fig. 186uB カスタネア ビロウドコガネ カミヤビロウドコガネ アカビロウドコガネ Maladera kamiyai Maladera castanea 日本、宮城県中山平 日本、北海道札幌市定山渓 体長 8mm 体長 8〜9.5mm Fig. 160uB オータケイ チャイロコガネ Fig. 188uB ミミカ チャイロコガネ Fig. 65uB テヌイマクラトゥス コイチャコガネ Fig. 196uB シニクス コイチャコガネ オオタケチャイロコガネ ナエドコチャイロコガネ コイチャコガネ シナコイチャコガネ Sericania ohtakei Sericania mimica Adorebus tenuimaculatus Adorebus sinicus 日本、岐阜県打保 日本、山梨県甘利山 日本、静岡県沼津市愛鷹山 日本、沖縄県石垣島 体長 9mm 体長 10〜11mm 体長 9.5〜11mm 体長 11mm Fig. 96u1B ヤポニカ マメコガネ Fig. 96u2B ヤポニカ マメコガネ Fig. 234uB レウィシ マメコガネ マメコガネ オキナワマメコガネ Popillia japonica Popillia lewisi 日本、新潟県佐渡島 日本、長崎県対馬 日本、沖縄県本島 体長 10〜13mm 体長 11.5mm 体長 9.5mm Fig. 156u1B インテルミクシタ ウスチャコガネ Fig. 156u2B インテルミクシタ ウスチャコガネ Fig. 210u1B インテルミクシタ ウスチャコガネ Fig. 210u2B インテルミクシタ ウスチャコガネ アオウスチャコガネ キスジコガネ Phyllopertha intermixta Phyllopertha irregularis 日本、岡山県坂根 日本、北海道札幌市定山渓 日本、長野県海尻 日本、山梨県甲府 体長 11.5mm 体長 9.5〜12mm 体長 9.5〜11mm 体長 10mm Fig. 146u1B オリエンタリス セマダラコガネ Fig. 146u2B オリエンタリス セマダラコガネ Fig. 146u3B オリエンタリス セマダラコガネ Fig. 146u4B オリエンタリス セマダラコガネ Fig. 146u5B オリエンタリス セマダラコガネ セマダラコガネ Blitopertha orientalis 日本、鹿児島県屋久島 日本、北海道札幌市定山渓 日本、福井県敦賀 日本、北海道札幌市定山渓 日本、静岡県天城 体長 9〜13.5mm 体長 11.5mm 体長 10.5mm 体長 11.5mm 体長 10mm Fig. 194uB コンスプルカタ セマダラコガネ カタモンコガネ Blitopertha conspurcata 日本、山梨県下部 体長 8.5〜9.5mm Fig. 119uB スプレンデンス コガネムシ Fig. 164u1B フラウィラブリス コガネムシ Fig. 164u2B フラウィラブリス コガネムシ コガネムシ ヒメスジコガネ Mimela splendens Mimela flavilabris 日本、静岡県天城 日本、山梨県本栖 日本、静岡県沼津市愛鷹山 体長 17〜19mm 体長 14〜19mm 体長 16mm Fig. 130uB ディフィキリス コガネムシ Fig. 220u1B コスタタ コガネムシ Fig. 220u2B コスタタ コガネムシ Fig. 220u3B コスタタ コガネムシ ツヤスジコガネ オオスジコガネ Mimela dificilis Mimela costata 日本、神奈川県丹沢 日本、静岡県駿河徳山 日本、北海道札幌市定山渓 日本、静岡県沼津市愛鷹山 体長 14〜15mm 体長 16〜23mm 体長 19mm 体長 20mm Fig. 101u1B テスタケイペス コガネムシ Fig. 101u2B テスタケイペス コガネムシ スジコガネ Mimela testaceipes 日本、北海道札幌市藻岩山 日本、北海道札幌市川沿 体長 16〜17mm 体長 17mm Fig. 40uB エサキイ スジコガネ Fig. 128u1B アルボピロサ スジコガネ Fig. 128u2B アルボピロサ スジコガネ Fig. 128u3B アルボピロサ スジコガネ Fig. 162uB クプレア スジコガネ エサキドウガネ アオドウガネ サキシマアオドウガネ ヨナグニアオドウガネ ドウガネブイブイ Anomala esakii Anomala albopilosa Anomala cuprea 日本、沖縄県西表島 日本、静岡県沼津市五月町 日本、沖縄県西表島 日本、沖縄県与那国島 日本、山梨県十島 体長 21〜26mm 体長 22〜24mm 体長 20〜22mm 体長 18〜19mm 体長 21〜24mm Fig. 202uB マトスムライ スジコガネ リュウキュウスジコガネ Anomala matsumurai 日本、沖縄県西表島 体長 13.5mm Fig. 178u1B ルフォクプレア スジコガネ Fig. 178u2B ルフォクプレア スジコガネ Fig. 178u3B ルフォクプレア スジコガネ Fig. 178u4B ルフォクプレア スジコガネ ヒメコガネ Anomala rufocuprea 日本、山梨県甘利山 日本、北海道札幌市石山 日本、北海道札幌市石山 日本、北海道札幌市元町 体長 13〜16.5mm 体長 16mm 体長 16.5mm 体長 15mm Fig. 172uB トゥベルクラトゥス ヒラタハナムグリ Fig. 110uB アングスティコッリス ヒラタハナムグリ Fig. 212u1B ヨナクニエンシス ヒラタハナムグリ Fig. 212u2B ヨナクニエンシス ヒラタハナムグリ トゲヒラタハナムグリ ヒラタハナムグリ ヨナグニヒラタハナムグリ Dasyvalgus tuberculatus Nipponovalgus angusticollis Nipponovalgus yonakuniensis 日本、山梨県下部 日本、山梨県甘利山 日本、沖縄県西表島 日本、沖縄県西表島 体長 7〜8.5mm 体長 6〜7mm 体長 5.5〜7mm 体長 6mm Fig. 180uB ヤポニクス トラハナムグリ Fig. 144uB スッキンクトゥス トラハナムグリ トラハナムグリ ヒメトラハナムグリ Trichius japonicus Trichius succinctus 日本、北海道北見相生 日本、山梨県下部 体長 14〜17mm 体長 12〜13mm Fig. 142u1B ユクンダ コアオハナムグリ Fig. 142u2B ユクンダ コアオハナムグリ Fig. 142u3B ユクンダ コアオハナムグリ コアオハナムグリ Gametis jucunda 日本、神奈川県丹沢 日本、山梨県甘利山 日本、北海道札幌市定山渓 体長 12〜15mm 体長 15mm 体長 13mm Fig. 208u1B フォルティクラ コアオハナムグリ Fig. 208u2B フォルティクラ コアオハナムグリ Fig. 208u3B フォルティクラ コアオハナムグリ Fig. 208u4B フォルティクラ コアオハナムグリ オキナワコアオハナムグリ Gametis forticula 日本、沖縄県与那国島 日本、沖縄県石垣島 日本、沖縄県本島 日本、沖縄県南大東島 体長 13〜16mm 体長 13〜16mm 体長 13.5〜16mm 体長 15mm Fig. 22uB ファルウィステッマ クロハナムグリ クロハナムグリ Glycyphana fulvistemma 日本、山梨県武川 体長 13〜15mm Fig.

次の

ボルネオカフェ

リュウ キュウ ツヤ ハナムグリ

また販売やオークションへの出品も自粛しております。 お問い合わせを頂きました方々には大変申し訳ございませんが、元来輸入禁止の外国産ブンブンですのでコンプライアンス上問題の有る可能性が捨て切れず已む無く飼育の継続を諦めました。 素晴らしい甲虫の世界、画像だけになりますがお楽しみください。 美しさではブンブンのナkでもピカイチですが、これだけ産むようになると価値は下がってしまいますね。 所詮虫の価値などは何万円も出す様なものではないと思いますが、幼虫一匹1000円以上で購入した頃を考えると多少残念な気もします。 が、沢山のカナブンファンに飼育して頂けるかと思うと嬉しくもあります。 世界一美麗なハナムグリ・・・。 恐怖の羽化ズレの可能性が恐いですが、2度と入荷しないであろうこの貴重なコガネムシを是非累代して残したい物です。 素晴らしい自然の造形美、気品の有る色合い、コガネムシ類の中でも一二を争う美しさです。 実物にかなうものは有りませんが、精一杯の画像でこの美しさを伝えられたら幸せです。 オオヨツボシサスマタカナブン タンザニア産F3 です。 ってことは・・・恐怖の羽化ズレが起こりそうです。 無事に羽化しましたら立派なサスマタをお見せしたいです。 クボミオオツノカナブン、通称クボミです。 大型のアフリカのカナブンです。 ホログラム系の緑が大変美しい種類で、丈夫で多産です。 すでにりっぷるの飼育ケースの幼虫は何匹居るのか見るのも恐い状況です。 これだけ多産だと放虫したら危ないです。 マット管理も慎重が必要です。 待望のマックレーツヤカナブンが羽化して来ました。 ミンダナオの小さな動く宝石マックレーツヤカナブンが羽化しました。 太陽光の下ではホログラム様に輝きます。 この緑色はストロボの光を当てるとオレンジ色になります。 ホウセキカナブンよりは大きいです。 これから未だ羽化が続きますので是非累代を成功させたい種類です。 リュウキュウオオツヤハナムグリが羽化しました。 りっぷる家に来てから累代2代目です。 日本にこんなに大きくて美しいハナムグリが居たとは知りませんでしたが、都会でも良く見かけるシロテンハナムグリより一回り大きく、その輝きは極めて美しく見とれてします。 久米島ダルマ山産のF3です。 現在ブリード中です。 シロヘリとHBにしようかな?なんて考えています。 シロヘリミドリツノカナブン ブルー&グリーン!! 以前購入したブルー血統と言うシロヘリの幼虫、どうやら亜種コンラドシとのハイブリッドではないかと詳しい方に教えて頂きやはりそれが結論の様です。 光を当てた時の美しさは又格別です。 結構大型のカナブンで日本では普通見られない大きさです。 赤い毛が腹の端の方に生えていて綺麗です。 こいつもブリードできるでしょうか?? タイワンツノカナブンが羽化しました! 親はブルー系だったようですが羽化したのは綺麗なホログラム系のグリーン。 光の当て方で怪しく光る姿はとても美しくて魅了されてしまいます。 初めて見たイタリアのブンブン。 そう珍しい物では無さそうですが、オークションなどでは見た事が有りません。 光に当てるとオレンジ色に輝く美麗種です。 是非とも累代を成功させたい欧州のブンブンです。 頭とお腹が美しい紫色です。 サバゲが来ました。 ミイロオオツノカナブンです。 カメルーン産のサバゲF3です。 以前に比べると安価になったので累代に挑戦です。 縞模様が面白い中型カナブンですが幼虫から羽化までの飼育はそう簡単な種類ではないようです。 さて、まずは幼虫が採れるか乞うご期待!! 似ていますが違います。 シュルツサスマタカナブン カメルーン産シュルツサスマタカナブン F3 がペアで羽化しました。 ヒラズカナブンに似ていますが名前の通りツノがサスマタです。 面白い自然の造形美ですね。 ちょっとキンイロヒラズカナブンに似ています。 こちらもホログラム系の緑に輝く美しい種類です。 多頭飼育でしたが問題無く繭が上の乾燥した部分にセリ上がり、殆ど無事に羽化いたしました。 初齢幼虫から約5ヶ月の飼育でした。 今回は全てブリードに回したいと思っています。 このコガネはインカツノコガネ。 インカを思わせるような文様の有る南米エクアドルの中型コガネです。 しっかりとした角が魅力です。 シックな模様とビロードの色合い。 何とか累代に挑戦です!! アフリカ・ウガンダの至宝、ウガンデンシス! 既に何頭か羽化させて飼育していますが、現在もペアリングして産卵セットに投入しているところです。 種々の模様や色合いが美しい大型のメキロリーナですが、繭を作った頃から結構気難しい面もあります。 決してブリードが簡単な種類ではないと思います。 何度見ても美しい!世界一美しいハナムグリ 世界一美しいハナムグリと言われるスペキオーサ・ジュッセリーニ。 それにしても見れば見るほど美しいハナムグリで幼虫を手配して頂いた大阪のM様には感謝です。 ムネスジブトツヤハナムグリが羽化しました。 繭まで行っても中々成虫にならない種類が多いですが、何とかまず1頭繭から自力脱出を果たしました。 ツヤが有って綺麗なハナムグリです。 大きさも結構大きくて気に入ってしまいました。 光に当てると怪しく緑に光ります。 パプアニューギニアからやって来ました。 到着した時は冷えて仮死状態でしたが、暫く温めたら活動を開始しました。 いやはや美しいカナブンです。 ロリカータヒラズカナブン飼育開始!! アフリカはジンバブエ、コンゴなどに生息する中小型のカナブンですが、日光に当てると怪しく輝きます。 頭が赤く、平べったいのでヒラズと名前が付いているようです。 ブリードは難しくなさそうです。 って、産卵セットする前に既にプリンカップの中に卵を産んでいました。

次の

リュウキュウツヤハナムグリ(奄美亜種)

リュウ キュウ ツヤ ハナムグリ

ハナムグリ : : : : (鞘翅目) : (多食亜目) : : : : ハナムグリ亜科 : : : : (独立属とすることも) : ハナムグリ C. pilifera Catonia Eucetonia pilifera , Eucetonia pilifera ハナムグリ(花潜) 英名 ハナムグリ(花潜、 Cetonia(Eucetonia)pilifera pilifera)は、・・・・・に属するの一名()である。 春から秋にかけて各種のに飛来し、背面は緑色で、体長は14-20mmほど。 花のに深く関わっている昆虫の一つでもある。 和名の由来は成虫が花に潜り、花粉やをすることによる。 また同時にこの名は、コガネムシ科の内、 ハナムグリ亜科、 トラハナムグリ亜科、 ヒラタハナムグリ亜科、 ヒゲブトハナムグリ亜科に属する昆虫の総称としても使用される。 以下は総称としてのハナムグリについて記す。 総称としてのハナムグリ [ ] 他の亜科との違い [ ] ハナムグリ類のは、、等の食葉性「」類に比べ、前胸背板後端〜上翅背が平面となる。 またハナムグリ亜科では前胸〜中胸が幅広く角張り両側に突出する。 ハナムグリ亜科、ヒラタハナムグリ亜科、トラハナムグリ亜科は、左右の前翅は羽化後にそのまま融合してしまい開くことができず、上翅側縁の中央からやや前方がえぐれることによって後翅を羽ばたく際の可動範囲を確保している(後述、飛翔様式を参照)。 色彩は様々であるが、、等の小型のものから(旧ムラサキオオハナムグリ)のような大型のものまで、顕著なを有する種が多い。 一方、山地に生息する訪花性の小型種では状の微毛が鮮やかな斑点や幾何学模様を形成する種が目立つ。 中にはのようにほぼ真っ黒のつや消しという種もある。 もハナムグリ亜科に属する広義のハナムグリの一種であるが、この名称は金属光沢に富んだコガネムシ科の昆虫の俗称的総称でもある [ ]。 Protaetia属、 Oxycetonia属などの成虫は広葉樹の、果汁、花蜜、花粉を後食するが、後食をおこなわず成虫の寿命が数日〜数週間程度しかない種も多い。 また、は飼育下では果汁等を吸汁するが、野生下ではおもに何を後食しているのかよく分かっていない。 訪花については、他の多くの昆虫と同様、紫外線目標定位によって、白い花弁の細かい花が好まれる。 一般的なコガネムシ類が植物の葉を齧るものが多いのに対して、など [ ]の植物の花に飛来して花粉や蜜を摂取するものや、樹液、発酵したなどに集まってこれを吸汁するものが多い。 ハナムグリは昼行性で昼間に活発に飛翔する種類が少なくない。 Protaetia属、 Cetonia属、 Oxycetonia属等は他のほとんどの甲虫のようにを展開せず、外側を僅かに持ち上げることによって腹部との間に隙間を作ってここから後翅を広げる。 これによって多くの甲虫に比べて格段に機敏な飛翔をすることが可能になっている。 ただ、アシナガハナムグリ属やヒゲブトハナムグリ亜科等はこのような飛翔様式をとらない。 灯火にも飛来することがある。 幼虫 [ ] は、、といった質を食物として育つ。 その形は、一般にと呼ばれるもので、硬い頭部以外は柔らかく薄い外皮に包まれ脂肪に富んでいるため、多くの動物の餌になる。 胸部、腹部の区別なく円筒形に近いが、腹面は平らになっている。 胸部にある三対の歩脚は硬い外骨格があってしっかりしているが、短いため体を支えるにはほとんど役にたたない。 は(もも)存在しない。 このような形態はコガネムシ科甲虫の全種、またのともほぼ共通である。 ただ、興味深い特徴として、ハナムグリの名を冠する亜科群のうちハナムグリ亜科の幼虫は、前述のような近縁のグループの幼虫に比べて、著しく移動力に富む種が多い。 餌に潜り込んでいる状態では他のコガネムシ上科の昆虫の幼虫と同様に体をC字形に曲げて生活しているが、地中の餌を食い尽くした場合や、潜り込んでいる餌の中から人為的に掘り出され場合などには、地表で背面を下にして体を真っ直ぐ伸ばし、背面に密生する剛毛を地面に引っ掛けながら蠕動し、かなりの速さで歩行する。 つまり、 背中で歩くわけで、実際に見てみるとユーモラスな動きである。 ハナムグリ類の幼虫のこうした歩行は、農村地帯の道路や都市郊外の畑などで、稀に日中でも目撃されることがある。 幼虫の生息場所は、上記に挙げた一般的なものの他に、同様に樹洞中に形成、堆積した軟らかい腐植土(ハナムグリ亜科のミヤマオオハナムグリ、トラハナムグリ亜科のなど)、の永年使われたの下部の排泄物がしみこんで腐朽した巣材( )といった特殊な環境のものも知られる。 その他 [ ]• - 世界最大のハナムグリ。 - 市街地でも見られる樹液食性ハナムグリの最普通種でシラホシハナムグリと混生する。 - 市街地でも見られる訪花性ハナムグリの最普通種であるが近畿以南ではオキナワコアオハナムグリと混生する。 1997年(平成9年)11月28日発売の10円の意匠になった。 - 頭部と前胸背に長い角を持つハナムグリ。 名前の由来 [ ] 訪花性の生態に由来し、では「花潜り」(はなむぐり)と表記する。 ギャラリー [ ] シロテンハナムグリ 脚注 [ ] []• 石川均・新井真 2004 「アカマダラハナムグリの一生態について」 Coleopterist's News 148 :13. 佐藤隆士・鈴木祥悟・槙原寛 2006 「アカマダラハナムグリのハチクマ巣利用」 昆虫ニューシリーズ 9 2 :46-49. 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 参考文献 [ ]• 『学生版日本昆虫図鑑』 外部リンク [ ]• - (2019年3月30日アーカイブ分).

次の