ワード ヘッダー 削除。 ワード ヘッダーとフッターを削除する

ワードで複数ページを削除する、削除できない?(Word 2010, 2013, 2016)

ワード ヘッダー 削除

リボンからヘッダー・フッターを削除する• ヘッダー・フッター部分をダブルクリックして削除する 1. リボンから削除する 1つ目の方法は、 リボンからヘッダー・フッターを削除します。 Word画面上部に表示されるリボンの「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」から「ヘッダー」または「フッター」をクリックします。 (下図は、画像を一部省略しています。 ) リストが表示されるので、「ヘッダーの削除」または「フッターの削除」をクリックします。 下図は「ヘッダー」をクリックした場合ですが、「フッター」をクリックしても同様のリストが表示されます。 画像を一部省略しています。 ヘッダーが削除されました。 フッターの場合もヘッダーと同様にリストが表示されるので、「フッターの削除」をクリックします。 下図は、画像を一部省略しています。 フッターが削除されました。 ダブルクリックして削除する 2つ目の方法は、 ヘッダー・フッター部分をダブルクリックして削除します。 ヘッダー部分をダブルクリック フッター部分をダブルクリック ヘッダー・フッター部分が編集できるようになるので、「Delete」キーや「Backspace」キーで設定した内容を削除します。 (下図は、ヘッダー部分をダブルクリックした場合です。 ) これでWordのヘッダー・フッターを直接削除することができました。 Wordのヘッダー・フッターに設定したタイトルやページ番号が不要になった場合は、このようにかんたんにヘッダー・フッターを削除することができるので、ぜひ、試してみてください! Wordヘルプ: 以上、Wordでヘッダーとフッターを削除する方法でした。

次の

ワードのヘッダー・フッターを使いこなす方法。資料…|Udemy メディア

ワード ヘッダー 削除

「報告書テンプレート」、「システムの設計書」、「稟議書や契約書のチェック」など、、マネジメント業務をしていると、ワードを使った業務に日々追われてしまうことはありませんか?ワードの知識がない中で取り組むとカンタンな作業でも数時間掛かってしまうこともあるでしょう。 そこでマネたまでは、「」として、マネジメントの皆さんにとって役立つワードの使い方をたっぷりご紹介していきます。 今回ご紹介するのは「ヘッダー・フッターの編集方法」についてです。 ワードで資料を作成する際には、社名や日付などの情報を文書内に入力する機会があります。 そんなときは、文書上部の余白部分「ヘッダー」と下部の余白部分「フッター」を使用すると文書に統一感が出るので便利です。 今回はワード2013のバージョンにて、ワードのヘッダーとフッターの編集方法について解説していきます。 2013 ヘッダーとフッターを使えば、信頼度の高い文書をワードで作成できる 部下が作成した資料を公式のものとして使用する場合に、それが公式として信頼される資料になっているか、上司として確認・指導する必要があります。 ワードで資料を作成する際には、社名や担当者名、日付やページ番号などの情報が文書内に含まれると資料の信頼度が上がります。 チーム内で使用する公式な資料を作成する際には必要不可欠です。 ワードには、そのような情報を入力することができるヘッダーとフッターが用意されており、使用すれば入力した情報を各ページに表示させることができます。 ヘッダーとフッターの編集方法をマスターし、信頼度の高い資料を作成しましょう。 ワードでヘッダーを編集する方法 まずはヘッダーの編集方法を見ていきましょう。 「挿入」タブの「ヘッダーとフッター」グループから「ヘッダー」を選択します。 文書にヘッダー部分が表示され、編集できるようになります。 文字の入力や改行を行うことができます。 「デザイン」タブの「挿入」グループから「日付と時刻」を選択すればヘッダー内に当日の日付を表示することができます。 「ホーム」タブをクリックすれば、通常の文書内と同じようにフォントや段落を編集することもできます。 以下の図では、入力した文章を「中央揃え」に変更しています。 また、日付は右揃えに変更しました。 「挿入」タブの「図」グループから「画像」を選択すれば、会社のロゴなどの画像をヘッダー内に挿入することもできます。 文書にフッター部分が表示され、編集できるようになります。 フッターにページ番号を入力したい場合には、「デザイン」タブ内の「ヘッダーとフッター」から「ページ番号」を選択し、「ページの下部」をクリックするとメニューが表示されるのでお好みのデザインを選択しましょう。 尚、ページ番号の挿入はヘッダー編集時でも行うことができます。 このようにヘッダーとフッターに社名や担当者名、日付やページ番号などの情報を入れると、信頼度の高い資料を作成することができます。 部下が公式の資料を作成する際にはこの点について指導しておくと、資料作成がスムーズに進むでしょう。

次の

ヘッダー・フッター領域を削除−ページ設定:Word(ワード)の使い方/セクション・ページ設定

ワード ヘッダー 削除

文書の上余白にあるヘッダー領域、下余白にあるフッター領域の具体的な使い方は、「」でご紹介していますが、今回のお題は、このヘッダー領域やフッター領域を、大きくしたり小さくしたりする方法。 まずは、「」でご紹介しているように、ヘッダー領域をダブルクリックし、ヘッダー領域とフッター領域を作業できる状態にしておきます。 (ダブルクリックするときのマウスポインタの形は、図のような白い矢印の形の他に、Iの形の場合もあります。 ) ダブルクリックでヘッダー領域とフッター領域を作業できる状態にすると、 リボンに[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブが表示されます。 ヘッダー領域を大きくする ヘッダー領域の大きさを変更するときに使うのが、この[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブ、[位置]グループにある[上からのヘッダー位置]。 規定では15mmになっているので、 用紙の上端より15mmのところから、本文のところまでがヘッダー領域となります。 もし、ヘッダー領域を広げたいならば、用紙の上端からヘッダーが始まる位置までの距離を短くすれば、その分、ヘッダー領域を大きくすることができるので、 試しに[上からのヘッダー位置]を「6mm」にしてみましょう。 用紙の上端からヘッダーが始まる位置までの距離を短くしたことで、ヘッダー領域を大きくすることができました! もし[上からのヘッダー位置]にちゃんと設定したのに、ヘッダー領域の大きさが変わらない場合は、設定する際の入力のコツを知っておきたいところ。 まずは焦らず「」をご覧ください。 このように、ヘッダー領域を広げることで、より多くの行をヘッダーに入力することもできます。 ヘッダー領域を小さくする 逆に、用紙の上端からヘッダーが始まる位置までの距離を長くすれば、 その分、ヘッダー領域を小さくできるので、 ヘッダーに入力した文字と、本文を近づけることができます。 スポンサーリンク フッター領域を小さくする 今度はフッター。 フッターを確認しながら操作したいので、[フッターに移動]ボタンをクリックして、 フッター領域が見えるようにしておきます。 今回の例では、フッターには既に「ページ数/総ページ数」が表示されるように設定されています。 フッター領域を広げたり狭めたりするときに使うのが、同じ[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブ、[位置]グループにある[下からのフッター位置]。 規定では17. 5mmになっているので、 用紙の下端より17. 5mmのところから、本文のところまでがフッター領域となります。 もし、フッター領域を小さくしたいのなら、用紙の下端からフッターが始まる位置までの距離を長くすれば、その分、フッター領域を小さくできるので、試しに[下からのフッター位置]を「22mm」にしてみると、 用紙の下端からフッターが始まる位置までの距離を長くしたことで、フッター領域を小さくすることができました。 フッター領域が小さくなったので、フッターに入力した文字と、本文が近づきます。 フッター領域を広げる 逆に、用紙の下端からフッターが始まる位置までの距離を短くすれば、その分、フッター領域を大きくすることができます。 試しに[下からのフッター位置]を「8mm」にすると、 用紙の下端からフッターが始まる位置までの距離を短くしたことで、フッター領域を大きくすることができました! フッター領域を大きくすれば、より多くの行をフッターに入力することができるわけですが、フッターに複数行を入力するときは少し戸惑ってしまうかも。 フッターを入力し始められる場所は、[下からのフッター位置]で設定したところ。 フッターの先頭行を入力し、改行して次の行を入力していくことで、 フッターの文字がどんどん上に上がっていくイメージです。 普段どおり、上から下に向かって入力していく感じではないので、最初はちょっと戸惑うかもしれません。 ヘッダー領域とフッター領域での作業が終了したら、[ヘッダーとフッターを閉じる]ボタンをクリックし、ヘッダー領域とフッター領域での作業が終了したことをWordさんにお知らせします。 ページ設定からでも設定できる 今回は、予めダブルクリックしてヘッダー領域とフッター領域を作業できる状態にし、そうやってはじめて表示される[ヘッダー/フッターツール]の[デザイン]タブ、[位置]グループにある[上からのヘッダー位置]と[下からのフッター位置]で操作をしました。 ですが、ヘッダー領域とフッター領域を作業できる状態にしなくても、 【Word 2016】 [レイアウト]タブ、[ページ設定]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして表示される、[ページ設定]ダイアログボックスでも設定できます。 【Word 2013・2010】 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして表示される、[ページ設定]ダイアログボックスでも設定できます。 [ページ設定]ダイアログボックスでは、[その他]タブ、[ヘッダーとフッター]の、[用紙の端からの距離]で設定できます。

次の