パキシル やばい。 そこが知りたい!ジェネリック 「飲んではいけない」は本当か?

images.tinydeal.com:カスタマーレビュー: 抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟

パキシル やばい

パキシルとは パキシルとは、抗うつ剤です。 パキシルは、パロキセチン パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate を主成分とする、抗うつ剤です。 憂うつな気分をやわらげて、意欲を高めてくれる作用があります。 パロキセチンは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発された、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)で、パキシルは、この薬の商品名です。 また、セロトニン再吸収阻害以外にも、抗パニック作用や、抗不安作用としても利用されています。 日本では、SSRIとしては2番目に、2000年の9月に承認されましたが、薬事法で、劇薬指定されております。 作用としては、上記の、うつ病やパニック障害の他に、強迫神経症や、月経前不快気分障害、摂食障害にも利用されます。 パキシルは、SSRIと言う、第3世代の抗うつ薬なので、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。 但し、劇薬指定されていることもあり、過剰投与には注意が必要です。 パキシルを過剰投与した場合、激しい眠気や、幻覚、錯乱、せん妄、及び、痙攣等が現れることがあります。 私も実際に体感しグッスリ眠れる様になりました。 是非おためしください。 パキシル副作用 上記にも記載しましたが、従来の薬に多くみられる、口の乾きや便秘等の副作用は少なくなっております。 しかし、劇薬指定されているだけに、副作用は、あります。 中には、自殺念慮や、暴力情動と言う、重大な副作用も稀に発生していると報告されております。 個人差もあるため、一概には言い切れませんが、一般的に、以下の副作用が報告されております。 重大な副作用には、以下のものが報告されております。 ・セロトニン症候群:不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、 取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。 ・悪性症候群(Syndrome malin):急激な体温上昇、 筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識朦朧。 ・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 SIADH :だるい、 のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、 気を失う。 ・肝臓の重い症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、 発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。 ・幻覚、せん妄、錯乱、けいれん:現実でない人や物が 見えたり声が聞こえる、取り乱す、混乱、興奮、けいれん ・希死念慮(死にたいと思うこと) これ以外の副作用には、下記のものがあります。 ・吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢。 ・眠気、めまい、頭痛、だるい、ふるえ、 不安感、イライラ感。 ・発汗、動悸、光がまぶしい、排尿困難。 ・発疹、かゆみ、発赤。 ・性機能異常(射精遅延、勃起障害)。 ・性欲の低下。 ・胃痛、口腔内の渇き、ドライアイ。 ・便秘、下痢。 ・一時的なうつ状態発現、及び増幅。 ・食欲増大、食欲減退、これに伴う体重増減。 投薬中止時(主に突然の中断時)には、下記の副作用が報告されています。 ・めまい ・知覚障害 ・睡眠障害 ・激越 ・不安 ・嘔気 ・体の震え ・発汗等(頭がシャンシャンする、耳鳴りなど) ・フラッシュバックのようなうつの再来(揺り戻し) 頭痛、眠気、吐き気等の副作用は、アルコールと一緒に飲んだ場合、発生しやすいと言われています。 をご参照下さい。 注意事項 妊娠中、または、その可能性のある女性や、将来、妊娠を計画されている女性は、医師に相談の上、服用を検討しましょう。 又、自病やアレルギーのある方も、医師と相談の上、服用を決める様にしましょう。 若い人や子供に服用させた場合、かえって悪化させたり、自殺願望が高まる可能性もありますので、適用には、十分な注意が必要です。 てんかん、緑内障、躁病、出血性疾患などの経験のある方は、注意が必要です。 高齢者は副作用が出やすいため、少ない量から開始しましょう。 腎臓や肝臓が悪い方も同様に少ない量から開始する必要があります。 自殺念慮のある方の服用には、十分な注意の上、慎重な適用が必要です。 以下の方への服用は、禁忌です。 ・パキシルに対し過去、過敏症を示した方。 ・MAO阻害剤を服用中の方、又は、服用を中止後 2週間以内の方。 ・塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)を服用中の方。 ・ピモジド(商品名:オーラップ)を服用中の方。 ・塩酸セレギリン(商品名:エフピー)を服用中の方。 以下の薬との併用は、注意が必要です。 飲酒は、可能な限り控えましょう。 又、H2受容体拮抗薬であるシメチジンと併用した場合、パキシルの血中濃度が上昇します。 パキシルは、薬事法で劇薬に指定された薬です。 服用後の副作用や注意事項について、事前に医師から十分に説明を受けておきましょう。 特に飲み始めは、眠気やめまい等を起こす可能性がありますので、車の運転や、危険な仕事、高所作業等は、十分注意してください。 パキシル離脱症状 パキシルの服用を、自分の判断で中止するのはやめましょう。 パキシルの服用を突然中止した場合、血中濃度が低下し、反動で離脱症状が現れます。 離脱症状の報告として多いのは、吐き気、嘔吐、ふらつき、めまい、不眠、頭痛、疲労感などです。 また、治療効果も低下する可能性があります。 この様な離脱症状の発生を防止するためにも、医師と相談の上、段階的に服用量を減らす必要があります。 最近、私の周囲で睡眠薬を使わずに眠れると話題になっているサプリをで、ご紹介しております。 私も実際に体感しグッスリ眠れる様になりました。 是非、ご参考にしてみてください。

次の

images.tinydeal.com:カスタマーレビュー: 抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟

パキシル やばい

パキシルとは パキシルとは、抗うつ剤です。 パキシルは、パロキセチン パロキセチン塩酸塩水和物、Paroxetine Hydrochloride Hydrate を主成分とする、抗うつ剤です。 憂うつな気分をやわらげて、意欲を高めてくれる作用があります。 パロキセチンは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社によって開発された、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)で、パキシルは、この薬の商品名です。 また、セロトニン再吸収阻害以外にも、抗パニック作用や、抗不安作用としても利用されています。 日本では、SSRIとしては2番目に、2000年の9月に承認されましたが、薬事法で、劇薬指定されております。 作用としては、上記の、うつ病やパニック障害の他に、強迫神経症や、月経前不快気分障害、摂食障害にも利用されます。 パキシルは、SSRIと言う、第3世代の抗うつ薬なので、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。 但し、劇薬指定されていることもあり、過剰投与には注意が必要です。 パキシルを過剰投与した場合、激しい眠気や、幻覚、錯乱、せん妄、及び、痙攣等が現れることがあります。 私も実際に体感しグッスリ眠れる様になりました。 是非おためしください。 パキシル副作用 上記にも記載しましたが、従来の薬に多くみられる、口の乾きや便秘等の副作用は少なくなっております。 しかし、劇薬指定されているだけに、副作用は、あります。 中には、自殺念慮や、暴力情動と言う、重大な副作用も稀に発生していると報告されております。 個人差もあるため、一概には言い切れませんが、一般的に、以下の副作用が報告されております。 重大な副作用には、以下のものが報告されております。 ・セロトニン症候群:不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、 取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。 ・悪性症候群(Syndrome malin):急激な体温上昇、 筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識朦朧。 ・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 SIADH :だるい、 のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、 気を失う。 ・肝臓の重い症状:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、 発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。 ・幻覚、せん妄、錯乱、けいれん:現実でない人や物が 見えたり声が聞こえる、取り乱す、混乱、興奮、けいれん ・希死念慮(死にたいと思うこと) これ以外の副作用には、下記のものがあります。 ・吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢。 ・眠気、めまい、頭痛、だるい、ふるえ、 不安感、イライラ感。 ・発汗、動悸、光がまぶしい、排尿困難。 ・発疹、かゆみ、発赤。 ・性機能異常(射精遅延、勃起障害)。 ・性欲の低下。 ・胃痛、口腔内の渇き、ドライアイ。 ・便秘、下痢。 ・一時的なうつ状態発現、及び増幅。 ・食欲増大、食欲減退、これに伴う体重増減。 投薬中止時(主に突然の中断時)には、下記の副作用が報告されています。 ・めまい ・知覚障害 ・睡眠障害 ・激越 ・不安 ・嘔気 ・体の震え ・発汗等(頭がシャンシャンする、耳鳴りなど) ・フラッシュバックのようなうつの再来(揺り戻し) 頭痛、眠気、吐き気等の副作用は、アルコールと一緒に飲んだ場合、発生しやすいと言われています。 をご参照下さい。 注意事項 妊娠中、または、その可能性のある女性や、将来、妊娠を計画されている女性は、医師に相談の上、服用を検討しましょう。 又、自病やアレルギーのある方も、医師と相談の上、服用を決める様にしましょう。 若い人や子供に服用させた場合、かえって悪化させたり、自殺願望が高まる可能性もありますので、適用には、十分な注意が必要です。 てんかん、緑内障、躁病、出血性疾患などの経験のある方は、注意が必要です。 高齢者は副作用が出やすいため、少ない量から開始しましょう。 腎臓や肝臓が悪い方も同様に少ない量から開始する必要があります。 自殺念慮のある方の服用には、十分な注意の上、慎重な適用が必要です。 以下の方への服用は、禁忌です。 ・パキシルに対し過去、過敏症を示した方。 ・MAO阻害剤を服用中の方、又は、服用を中止後 2週間以内の方。 ・塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)を服用中の方。 ・ピモジド(商品名:オーラップ)を服用中の方。 ・塩酸セレギリン(商品名:エフピー)を服用中の方。 以下の薬との併用は、注意が必要です。 飲酒は、可能な限り控えましょう。 又、H2受容体拮抗薬であるシメチジンと併用した場合、パキシルの血中濃度が上昇します。 パキシルは、薬事法で劇薬に指定された薬です。 服用後の副作用や注意事項について、事前に医師から十分に説明を受けておきましょう。 特に飲み始めは、眠気やめまい等を起こす可能性がありますので、車の運転や、危険な仕事、高所作業等は、十分注意してください。 パキシル離脱症状 パキシルの服用を、自分の判断で中止するのはやめましょう。 パキシルの服用を突然中止した場合、血中濃度が低下し、反動で離脱症状が現れます。 離脱症状の報告として多いのは、吐き気、嘔吐、ふらつき、めまい、不眠、頭痛、疲労感などです。 また、治療効果も低下する可能性があります。 この様な離脱症状の発生を防止するためにも、医師と相談の上、段階的に服用量を減らす必要があります。 最近、私の周囲で睡眠薬を使わずに眠れると話題になっているサプリをで、ご紹介しております。 私も実際に体感しグッスリ眠れる様になりました。 是非、ご参考にしてみてください。

次の

いつまで飲み続けますか?~抗うつ薬の危険性について~|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

パキシル やばい

薬は病気だから飲むもの。 では「薬を飲んでいる限り病気」なのでしょうか。 それは違います。 逆は必ずしも真ならず。 再発防止のためにも薬を飲み続けることが大切です。 1年経過すると約半数は服薬をやめてしまう 精神科では、もう少しで安全域に入ると思われるのに、薬をやめてしまう患者さんがいます。 こうした事例は少なくないようです。 名古屋大学病院老年科の梅崎らの報告によると、長期間服用が必要な抗認知症薬ドネペジル塩酸塩(商品名アリセプト)では、1年後は約半分以上の患者さんが薬の服用をやめていたそうです。 写真=iStock. com/Ca-ssis なぜ薬をやめてしまうのか。 これは「病気だから薬を飲む」行為が、いつしか「薬を飲んでいる限り、病気である」という考えに変わってしまっているからではないでしょうか。 「病気だから薬を飲む」という発想が、逆転しているわけです。 こうした逆命題は、高校数学で「逆は必ずしも真ならず」と教わりました。 これがよく当てはまります。 必ずしも「薬を飲んでいる限り病気は治っていない」というわけではないのです。 さて、さまざまな薬は、服用期間によって、やめられる薬、当分やめないほうがいい薬、半永久的に必要な薬の3種類に大別されます。 まず「やめられる薬」の代表例は抗生物質です。 抗生物質は、原因(細菌など)が消失すればやめられます(医師は投薬を中止します)。 またビタミン剤やホルモン剤などは、一時的な不足を補うため、 数日から数週間の服用期間が標準です。 2番目の「当分やめないほうがいい薬」では、精神科や生活習慣病の薬があげられます。 慢性化しやすく 数年~数十年かけて付き合っていく病には、悪化や再発予防のための最小限の薬を服用し続けるほうがいいと考えられています。 これは専門家の中ではほぼ意見が一致しています。 うつ病のように回復に月~年単位が(回復は三寒四温だよね、と説明する精神科医もいます)必要で、この間に再発しやすい特徴を持つ病気には、減薬しつつ、数年間は当初の3分の1~4分の1程度の量で服用することを私は勧めています。 また健康診断で「コレステロールが高いですね」と注意を受けた経験のある人がいるかもしれません。 LDL(悪玉)コレステロールは、動脈硬化の危険因子のひとつとされており、年をとるにつれて分解力などが低下し増加していきます。 生活習慣の見直しなどで改善がみられない場合、現在はLDLコレステロールの体内合成を阻害する薬を用います。 ただし、至適な血中濃度を維持するためには、ほぼ一生、この薬を服用することが必要になります。 服用をやめると、ほとんどの人が再び異常値まで血中濃度が上がってしまうからです。 このように慢性疾患モデルの病気は、薬によって悪化・再発を防ぐことは重要な対策のひとつであり、食事療法などの生活習慣の改善により減薬はできても、薬が不要になると考えるのは危険が大きいと思います。 3番目の「半永久的に必要な薬」は、何らかの原因で自己免疫性疾患やホルモン失調症(甲状腺機能失調症など)、パーキンソン病などの神経伝達物質が不足する疾患にかかった患者さんは、自然治癒でもしない限り、 半永久的に少量のステロイド剤やホルモン剤などの補充が必要です。 この補充療法によりほとんど健康な人と同じように活動ができます。 この2番目と3番目の薬の使い方は、の説明を引用すれば 「(薬を服用しつつの)寛解をめざす」というものです。

次の